矢吹健太朗

2019/11/17

ダーリンインザフランキス第56話ー「ついに最終章へ?ヒロはゼロツーの後を追い、戦場に向かう・・・・・・」

Df561 Df562

ヒロはしばらく眠っていた様ですが、その間にとうとう叫竜の本拠地を包囲して、最終戦争に突入した様です。

Df563_20191117010001  

ハチはあくまで冷静に状況を伝えましたが、意識が回復し、あの時消された記憶も戻ったかと思いきや、ヒロの頭には角が生えていた。特にイチゴが驚いていたのも無理もなかったのですが・・・・・・・・・・

Df564

ゼロツーとの過去の出会いについても皆ヒロから聞かされて知る事になりましたが、イチゴはホントにヒロの事が大好きだったんだね。その入り込む余地のなさについてはホントの所、もう前から薄々気づいていたのだろうけど、改めて現実を知らされた時の悲しみはホント痛々しい・・・・・・・・・・・・・

Df565

 
一方で、ミツルの方はさすがにそういう事情も聞いてもうヒロに対するわだかまりは解けただろうけど、フランクス博士が某千葉県知事みたいに変な言い訳とかしないで自分の「罪」を認めていたのはまだ救いにもなっていたか。ナインズの生き残り組も、αだけでなくδも元気になった様で、くどいながらもこの2人も最終的には可哀そうな死に方だっただけに最後まで生き残ってほしい。そしてこの2人だけでなく、13部隊の面々もヒロを送り届けてくれる様で・・・・・・・・・・・・・

改めてヒロと彼らの友情が伝わって、ヒロが涙を流すのも全く当然でしたが、次の更新は12月15日・・・・・・・ちょっと先ですね。今年中には関係しない可能性がかなり高くなってきたけど、さあ果たしてヒロとゼロツーは愛の絆も持ってどの様な戦いを見せてくれるのか・・・・・・・・To Loveるに続く、新時代・令和における漫画界の伝説をまた起こしていただきたいものです。大げさかもしれないけど・・・・・・・・・・・・・

|

2019/11/03

ダーリンインザフランキス第55話-「過去にあった確かな出会い!!今明かされる秘話!!」

スマホで撮影した画像をメールに送れる様になったので、またこのブログでもその画像も張り付けていきますが・・・・・・

11031

11032

今回はヒロとゼロツーの過去話で、こういう「実は主人公とヒロインは過去にも会った事がありました」な話も最近のアニメやラノベ等では良く見られますが、まものと王子様の絵本を与えられたエピソードはまさにヒロとの出会いを暗示していたといえましたね。

11033

11034

2人とも脱走した様で、担当者は矢吹先生とは別の人である絵本イラストも辛い現実も忘れさせてくれる様なロマンチックなものが感じられましたが、このまま逃げ続けられればホントに良かったかもしれません。

11035

しかし、現実は甘くなかった様で、ヒロは自分とは違う存在である事実を受け入れざるを得なかった様だけど、ゼロツーの抵抗も空しく・・・・・・・と思われました。

11036
11037

しかし、ここでもサービスショットを見せてくれて、ファンサービス精神も矢吹先生は決して忘れていなかったという事だったのだろうけど、ヒロも漸く過去の出会いを思い出した。しかし、負傷して、かって捕まってしまった時の様に血を流して・・・・・・・・・・さあ、ヒロとの愛の行方は果たして・・・・・・・・・


捕まった直後、記録を消されてしまったけど、ヒロがミツルとのあの約束も忘れてしまったのもこれが影響していたのですかね?記憶は曖昧だけど、確かヒロには物事を忘れやすくなっていた設定があったと・・・・・・・・・・2人が改めてどう絆を深めていくかですね。

|

2019/10/20

ダーリンインザフランキス第54話-ますます暴走するゼロツー!!そして明かされるヒロとのアーリーボーイミーツガール

δはアニメ版ではε共々VIRMの兵器の襲来で戦死してしまいましたが、この漫画版ではまだ存命で、叫竜の姫(?)が感応波を中継、増幅しているらしい。ヒロが懸命になって、このδを殺さない方法でゼロツーを助けようとしましたが・・・・・・・・・・

すっかり我を失っていたのですが、ここで過去回想です。フランキス博士らの実験体にされていたのですが、「まものと王子様」の本はどんなにオトナに読むのを止めさせられそうになっても絶対手放す事なかったのはせめてもの抵抗だったのでしょうね。この時点ではミツルがエリキシル注射を打つ事になったのもしっかり覚えていた様ですが、ただコドモとしてオトナ達を守るロボットではヒロは決してなかった。ついにゼロツーのいた部屋に入り、脱走しようとしたのですが・・・・・・・・・・

主人公とヒロインが、実はもっと前に出会った事があった「アーリーボーイミーツガール」も近年のアニメやラノベではしばしば見られるパターンエスが、今回はあっという間に終わってしまいましたね。他の13都市部隊の面々も、イチゴとゴローが、ヒロの対応ぶりに驚いていた姿が見られた程度でしたが、果たしてδもどうなるか?ですね。せめてα共々この漫画版では最後まで生き残ってほしい所だが・・・・・・・・・・

|

2019/10/06

ダーリンインザフランキス第53話-「ゼロツー、自分を見失うな!!どんな事になっても俺と君は一心同体!!」

https://matome.naver.jp/odai/2153873342010813601

先日地上波放送された某映画、主人公の犬のメイン飼い主の青年期の役は、アニメ版ゴロー役の梅原裕一郎氏でしたが、活動再開後新規の仕事も普通に得ている様だし、病気が治って良かったですね。その一方で、NAVERまとめではヒロ役の上村氏やα役の斎藤氏と共に「業界でも性格が悪いと評判な声優」の一人とされてしまいましたが、斎藤氏とかブサイクとかな容姿なんか性格の悪さと必ずしも関係あるのですかね?いや、自分だってこのブログでもしばしば毒はいて、有名人とか厳しく批判する事だってあるし、NAVERまとめなんて積極的に見る事は無いけど、そういうまとめを作った人や容姿を貶している人だって他人の事なんか言う資格なんかない程性格悪いだろとつっこまずにはいられない(ヤフコメにもいたけど、いくら安倍総理や松井大阪市長が嫌いだからと言って、卒業大学の偏差値をバカにしている学歴厨はハッキリ言ってもっとクズですが。政治家としての能力と出身大学の偏差値なんか必ずしも関係あるのか?と言うか、どーでも良い、興味ないわです。どうして彼等はそういう学歴とか自分の価値観を他人にも当てはめ過ぎているのかね?学歴厨もそういう価値観が理解できないと言うか、ヤフコメ民やネトウヨも大好きな韓国よりも全然大嫌いな人種だけど)のですが、やっぱマトモなサイトではないと改めて認識させられましたね。

それはそうと、第53話ですが、ゼロツーは元々人間になりたがっていた事もあってか、ストレリチアを全くコントロールできていなかった模様。ヒロをめぐって恋敵みたいにもなっていたイチゴが彼女を止めようとしたのも全く当然で、サービスショットも相変わらずセクシーでしたが、あくまで第一に「仲間である事」を意識していた様です。

そんな彼女の心もゼロツーに伝わったのか?で、ここでどうしてゼロツーが生まれたのかも描かれる事となりましたが、確かにフランクス博士が元凶でしたね。片腕を失っても懲りるどころか、ますます欲深くなっていった様ですが、これではゼロツーじゃなくても、誰でも「今までの自分は何だったんだ?」と虚無感や絶望感にさい悩まされるのも無理なかったでしょう。しかし、ここでヒロが・・・・・・・・さあ彼は果たしてゼロツーを救う事が出来るのか?

このダリフラももう終盤である事は確かで、次は矢吹先生はどんな漫画を描かれるのかですが、金色の闇や美柑のフィギュアも今度発売されるみたいですね。そう言えば、今日地元の古本屋に行った時も、ブチャラティのフィギュアも目にして、基本フィギュアには興味は無いながらもブチャラティだったら買ってみようかなと思わないでもなかったですが、高いですからね・・・・・・・・・・

ましてやまた消費税が増税されて、この先日本はどうなっていくのかですが、ヒロは自分達の住む世界の運命も、ゼロツーも救って、自分で切り開いてほしい所です。アニメ版では最後は・・・・・・・・・・・だった様ですが・・・・・・・・・・・

|

2019/09/22

ダーリンインザフランキス第52話-「ヒロ最大の試練?ゼロツーを止められるのは君しかいない!!そしてδの行方は・・・・・・・」

https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156689416630

残念ながらαはまだ療養中、δも依然行方不明なナインズ、6巻で表紙を飾ったのは既に死亡したメンバーにはいくらか慰めにもなったのかなあですが、第52話です。

ただでさえ、状況が良くなかったのにストレリチアも暴走してしまった様ですが、叫竜の姫に操られてしまい、すっかり我を失っていた様だ。ゼロツーは。イチゴとゴローもフランキス博士から説明聞いていたけど、ゴロー最近あまり目立っていなかったのが今回漸く・・・・・・・でしたね。アニメ版声優の梅原裕一郎氏も、活動再開後も仕事を色々もらっている様だから再開できて良かったですけどね。

今回はイクノも「自分達とナインズは仲間を想う気持ちは変わらないんだね。」という様な事を言っていて、αも聞き捨てならなかった様ですが、彼は改めて何を思ったのか・・・・・・・・・・・・・・ココロも懸命に探してあげて、今の髪型のほうが全然似合っているミツルも付いて行ってあげた等フトシというライバルもいながらもすっかり相思相愛な関係になった模様?

ゼロツー(ストレリチア)の暴走は止まらず、ついにゴロー&イチゴのコンビが彼女を迎え撃つ事になってしまいそうだったけど、ヒロも主人公らしく間に合い、彼女の暴走を止められるのか・・・・・・・・・・・果たして・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2019/09/08

ダーリンインザフランキス第51話-「ついに最終章突入?叫竜の姫、ゼロツーに接近する!!」

ダリフラも単行本6巻まで行きましたが、表紙はナインズの面々・・・・・・・αとδ以外は残念な事に・・・・・・・ですが、これで少しは浮かばれるというものでしょうか?

本編ではまずヒロもゼロツーとの広がる距離感に違和感を隠させなかった様ですが、逆にそういうのもなく全然似合っている髪型にイメチェンしたミツルも加わって、皆が探していたδはどこに行ったのか・・・・・・・・・αも当然心配していた様ですが、叫竜の姫はこのδと接触している様で、若い頃は長髪に無精ひげを生やしていてあまり研究家とかには見えなかったフランキス博士もその脅威を身をもって認識していた様だ。

ゼロツーにも接近し、彼女も自分の意のままにしようとしていた様だけど、あの呟きからも、今回はエロシーンこそなかったものの、ヒロの事は忘れていなかった様だ。さあどうなる?ゼロツーは。

ナインズの面々がどうも可哀想な目に遭っているのはアニメ版と同様ですが、あっさり退場させられたδは結構重要な役どころを担っていて、そういう点は意外に感じますね。基本アニメ版に沿った展開となるのかと思いきや、やはり別ルートとなっている様ですが、さあ果たしてどうなるのか。もうすっかり隔週公開となっているし、今年中にはまだ終わらないかもしれませんが・・・・・・・

|

2019/08/25

ダーリンインザフランキス第50話-ヒロに現れた新たなる異変!!そしてδの運命やいかに・・・・・・・・・

山の日でもあった8/11に配信予定だった外伝の話は、イラスト公開に変更されて、今回は普通に第50話の配信となったけど、何があったのですかね?

何があったのかと言うと、先日ゲーセンで遊んできた帰りに埼玉県幸手市にある権現堂堤を散歩してきたけど、ヤギが放牧(午前10時~午後4時の間らしい)されていたのも目にしました。こっちが、一般人は入れない柵に近づいてなでてあげても構わず草を食べていたけど、角が切られているのを目にしました。

事故が起きない為に飼育しているヤギは角を切ってしまう様ですが・・・・・・・・・何ダリフラと関係ない、お前なんかのどーでも良いプライベートの話してんだと思うかもしれないけど、主人公・ヒロがそのヤギみたいな(?)角が生えてきていたのです。ヤギってまた、根元から角を切るとまた生えるなんて事は無い様ですが、ヒロだけでなく、ゼロツーも角が生えてきていた。妖怪人間ベムかよでもありましたが、早く人間になりたかったが故に焦りを隠せなかった様だ。マジでこの時のゼロツー怖かった。

ミツルの方はまだヒロに対するわだかまりが残っていながらもイメチェンもして、取りあえず大きな前進は出来た様で、フトシの、「もしココロに無理な戦いをさせたら」のペナルティ、デザート没収ってつくづく食い意地張ってるな(笑)でしたが、フランキス博士とハチもしっかり2人の角が生えているのを把握・分析していた様だ。

竜化値とやらが増加しているのが、その角が生えている原因らしいけど、フランキス博士がαとδを匿っていたのもお見通しだっただけでなく、δが叫竜の姫と接続してしまった事実も判明しました。オトナ達の街を見たのも影響していた様だけど、そりゃ今まで彼等を守る為に戦ってきたのが、使い物にならなくなったと見なすやお払い箱にしようとしたのだから不信等に陥るのも無理は無かった。ゼロツーもなお焦っていた様だけど、最後の最後でしっかりサービスショットも見せてましたね。さすがは矢吹先生と言った所ですか。


ナインズは残念ながらアニメ版では皆可哀想な最期を遂げてしまって、漫画版では今の所生存しているこの2人もそうだったのだけど、果たしてどうなるのか、次回は9/8配信予定だけど、外伝の話はこのまま無かった事に?ゼロツーもどうなるのか気になるけど、単行本第6巻もその次回配信の少し前の9/4に発売予定だし、それも読みながら、ゼロツーらのエロも期待しようという事で良いですかね?

|

2019/07/28

ダーリンインザフランキス第49話-「ココロは女神そのもの!!今始まる、新しいミツルの戦い!!」

すっかり隔週連載となってしまっているダリフラですが、いきなりココロが全裸で乳首も見えた姿で・・・・・・・・・

人の負の感情も含めて、あらゆるものを受け入れる包容力がある女神の様にも見えましたが、さすがは矢吹先生!!でしたね。ミツルの黄血球値も安定して、これにはハチとナナも驚きを隠せなかった様ですが、ココロもまさに奇跡を起こしたとも言えます。ゼロツーも人間の持つ「可能性」(?)には驚かずにはいられなかった様ですが、その他メンバーも呼応して反撃が始まって、最後は主人公らしくヒロが・・・・・・・

見事叫竜もせん滅して、ナナも意味深な事を言ってましたが、ハチはどうやってコドモからオトナになったのか・・・・・・・・・・

最後はココロに手によりミツルがイメチェンして、ミツルは髪の毛下ろした方が似合っているよでもありますが、山の日(日曜と重なるので翌日に振替休日が発生)でもある次回の8月11日に配信予定の番外編はこのハチとナナメインの話となるのですかね。どうやらミツルはアニメ版みたいにフトシに殴られたなんて事も無かった様ですが、改めて楽しみですね。

|

2019/07/14

ダーリンインザフランキス第48話-「ココロの作戦!!ミツルはわだかまりを乗り越えて・・・・・なのか?」

ジョジョ黄金の風はついに再来週28日に最終回を迎えるけど、このダリフラコミカライズ版はあと何話続くか・・・・・・・・

ココロを止めようとしたイチゴでしっかりサービスショットも見せていて、さすがにココロの方は・・・・・・・・でしたが、普段はおっとりしていて優しくてもやる時はやる!!ミツルはそんなココロがどうしてそこまで人を信じられるのか戸惑いを隠せなかった様ですが、ここでミツルの過去が明らかになります。

まあこのくだりもアニメ版で目にしたんで、知ってはいましたが、確かに生存率が低い手術を受けたのに-これにも勿論ワケがあったのですが-ヒロが何事もなかったかの態度を取ったとあっては人間不信に陥ってしまったのも無理は無かったでしょうね。加勢しようとしても他の叫竜達に阻まれてなかなか上手くいかなかったヒロ達でしたが、深く傷ついていたミツルの心は漸く癒された様だ。これフトシが見ていたらショックな事間違いなしだっただろうけど、ここで愛の大逆転劇が起きるのか?

ヒロが忘れてしまっていたのもちゃんとした理由があったからで、ミツルは彼とは漸く和解できるかもしれないですが、今度はフトシにアニメ版同様殴られてしまいそうですね。ココロのサービスショットも見られるかでもありますが、次の話もどうなるか色々な意味で要注目・・・・・かもですね。

|

2019/06/30

ダーリンインザフランキス第47話-「新コンビ早くも危機!!ミツルはもう駄目なのか・・・・・・・」

パートナーをシャッフルしてココロと組んだミツルでしたが、黄血球の低下が止まったわけではありません。

なかなか攻撃が当たらなかったのですが、依然強いわだかまりがあったヒロ(とゼロツー)に助けてもらって尚更心穏やかではなかったのですが、今回の叫竜も今までとは違い、彼らを足止めしつつ目的の設備の破壊を狙っていたのだから叫竜のくせに(?)頭良かったですね。

ここでココロがこの叫竜を、砲撃する事でコアを露出させ、その時皆で破壊する作戦を提案しましたが、ヒロが難色を示した事で後先考えず突っ走って捕縛されてしまった!!ナナとハチもこの状況を見ながら、意味深な事を言っていましたが、ヤバいです。完全に空回りしています。ミツル。

それでも、叫竜をこの先1匹でも多く倒せる様に自分を犠牲にしてでもココロを助けようとしたのですが、ココロは海辺の廃墟で助けてもらったのも忘れていなかった様で、このピンチを乗り切るべくアクションを起こした。果たしてその策は・・・・・・・・・・・・・・


元々適性が無かったのが、生存率の低い注射を打ってもらってまで・・・・・・・・・だったのだから、ミツルがヒロにわだかまりをいだいていたのも無理なかったのですが、結果自分で自分達の状況をもっと悪くしてしまった彼の葛藤はいつヒロに伝わるのだろうか・・・・・・・・・特にこのピンチはフトシが一番泣きたくなる様な(?)状況でもあって、今回流石にまた、サービスショットは見られなかったけど、果たしてどの様にピンチを乗り切るかですね。

|

より以前の記事一覧