その他エッセイ

2017/05/15

大当たりだった山田うどん期間限定メニュー

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/kikan.html

先日、山田うどんのHPを見たら、期間限定メニューであおりとあさりのかき揚げ丼が現在販売されている事を知りました。山田うどんは何回か店内またはテイクアウトで利用した事はあったけど、HPではテイクアウトについて言及されておらず・・・・・・・ダメもとで県内某店舗に行ってみて、テイクアウトできるか聞いたら可能との事だったので、買いました。

1


かき揚げ丼もグッド!で何度か食べたけど、これも期待できそうだ?実際醤油をかけて食べてみましたが・・・・・・・・・・ベリーグッド!!でしたね。あおさの風味が香ばしく、食欲をそそり、あさりも凄い多かったわけじゃなかったけど、くどくはない適度な食感で良いアクセントを効かしていました。山田うどんはクオリティよりも比較的安い金でがっつり食えるのがコンセプトな様ですが、これは大当たりでしたね。かき揚げ丼だけでは物足りないけど、うどんまたはそばとセットでは重い・・・・な人は餃子やパンチ等サイドメニューも頼むと良いでしょう。期間限定メニューなのが惜しいぐらいです。レギュラーメニューは無理でも、日替わりメニューだったらイケるんじゃないですか?まだ食べた事ない人は是非一度食べてみて損はしないとも思うけど、一考の価値は大いにあるのでは?です。

| | トラックバック (0)

2015/02/15

山田うどんとはなまるうどん

http://www.yamada-udon.co.jp/

最近も、たまにかき揚げ丼はテイクアウトで取って食べている山田うどんですが、今度は一時レギュラーメニューだった肉豆腐丼も日替わりメニューとして復活したかと思いきや、夕食メニューも揚げ餃子の黒酢あんかけ定食ととり皮旨煮定食が加わったようですね。まあ値段が高めなのは、あんまり安いと従業員が安給料で酷使されていないか心配になってしまうし、それはまだ良いのですが、どうせ玉子スープをうどん・そばまたはラーメンに変更できるのなら、ご飯&玉子スープかうどん・そばまたはラーメンとで選択できるようにする方が良いかもですね。うどん・そばまたはラーメンが付けば、ご飯はいらないかも・・・・・・・まあ山田うどんって特にセットメニューは炭水化物大量摂取メニューだし、そうして比較的安い値段でガッツリ食えるのがコンセプトな様ですから・・・・・・・今度は豆腐玉子丼でもテイクアウトで頼んできますかな?

http://www.hanamaruudon.com/

一方で、こちらははなまるうどんですが、流石丸亀製麺共々本場讃岐うどんにこだわっているだけあって、そのうどんのメニューは山田うどん以上に豊富、丼ものは3種類(カレーも含めれば4種類)ですが、その丼やカレーとセットで頼めるうどんもぶっかけ・温玉ぶっかけ・ざる・かま玉・釜あげ・明太子おろし醤油・まるごとわかめ・ゆずとろろ昆布と8種類もセットで頼める。まあ、他のメニューのうどんも丼・カレーとそれぞれ単品で頼めるのだろうけど、山田うどんと比べると丼もののメニューは少ないし、そのボリュームもそんなに多くは無いっぽいですね。ご飯の量は山田うどんのミニカレー丼・玉子丼・豚丼と同じぐらいでしょう。セットで頼むとすれば、温玉ぶっかけかかま玉がうどんのメニューの中でも美味しそうですし、またトッピング品は北海道の男爵コロッケやヘルシーかき揚げ、とり天が良さげそうですが、茨城県内はあそこしかないんですね・・・・・・・・各種うどんと、ご飯に各種トッピングメニューを色々入れてバラエティ丼みたいにして食べるのもありかもしれませんね。例えばきつねうどん&ご飯+とり天・さつまいも天・えび天等のバラエティ丼として。勿論そうしたトッピング品は各種うどんの方に入れたって良いし、さらに色々な食べ方な選択肢があるのは、山田うどんも、はなまるうどんも、丸亀製麺も同じなのでしょうが。

| | トラックバック (0)

2014/12/21

山田うどんと丸亀製麺

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/new.html

早いものであと10日で2014年も終わります。最近食べた豚キムチ丼はまあ味的には中の上かなあで、やっぱかき揚げ丼の方が美味しかったなあでしたが、1・2ヶ月毎に期間限定メニューを出している山田うどん、今度は年越し天ぷら・年越し天丼(うどんまたはそばとのセット有り)を販売するらしいですね。たぬきうどんまたはたぬきそばは税込240円らしいですが、もう最近はこういう低価格なメニューを見ると、「人件費とかどうなんだろうなあ。結構ギリギリのところなのかなあ。」と心配せずにはいられません。実際吉野家の牛丼は380年に値上げされたようですが・・・・・・・・

http://www.toridoll.com/shop/marugame/menu.html

対する丸亀製麺は、つくば市内だけでも3店舗もあるようですが、釜揚げまたはぶっかけうどんは280円だから山田うどんのたぬきうどん・たぬきそばの方が安い。カロリーを見ると前者は300カロリー前後で後者は320~330カロリー程度なようです。丸亀製麺の場合は余計な油とか使ってない分若干低いようですね。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/yuusyoku.html

過去エントリーでもふれた山田うどんの夕食メニューは、茨城県内では古河中田店や岩瀬店等5店舗限定ですが、2ちゃんでも「値段高いよ!!」と突っ込まれてましたね。それぞれ単品で頼むよりも90円安い値段で、うどん・そば・醤油ラーメンに変更する事も出来るようですが、さば味噌煮はまだともかく、他のメニューだったらこれならご飯要らないですね。生姜焼きorかつ煮or肉茄子味噌炒め+うどんorそばor醤油ラーメンで丁度いいぐらいかも。これならうどん・そばの価格を少し上げて、その分この夕食メニューのそれを下げても良いかもですが、それではメニューのバラエティも味もそれ以上(と一般的には言われているらしいけど)なのに価格も丸亀製麺並みでは勝てる点が全く無くなってしまいますか。

山田うどんのメリットって、「ブルーカラーの人でも気軽に店に入る事」が出来、「比較的低価格でガッツリ食べられる」事らしい。中には某ブログで「もうそういう方針を転換した方が良いんじゃないか。」と言っていた人もいましたが、まあもう何十年もそういう方針やっているし、なかなか難しいでしょうね。まあ画像検索しても、結構過去にも個性的なセットメニュー(丼+うどんorそば)販売していたようだし、実際夕食の他にもラーメン・パスタ等色々やっているようですが、もっと「ここでしか食べられない」ようなメニューも販売して欲しい所かもしれませんね。

| | トラックバック (0)

2014/11/03

山田うどんについて少し思うこと

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/index.html

関東1都6県でチェーン展開している山田うどんですが、最近かき揚げ丼を食する事が何度かあります。それまでも、ホントに昔1・2回程度県内の店舗で家族と食しに行った事があったのですが、これが結構な美味ですね。大きいかき揚げとタレがご飯によく染み込んでいて、食が進む絶妙な味だと思います。山田うどんは「そんな不味いわけではないが、ずば抜けて美味しいわけでもなく、コストパフォーマンス(値段の割にガッツリ食べられる)こそにメリットがある」と言うのが一般的な評価らしいですが、このかき揚げ丼は人気メニューなのも頷けるかなです。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/atatakai_men.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/tekemen.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/side.html

うどんやそば単品も、バラエティあるようですが、どうやら上半期(4~9月)と下半期(10~3月)で大きくメニューが入れ替わるようですね。上半期は冷やし五目(コロッケ等が載っている)や辛味噌等変わったメニューも見られるようである。サイドメニューも半田屋みたいに結構あるようですが、最も特徴的なのはセットメニューでしょうね。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/set.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/set02.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/set03.html

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/day_set.html

http://www.yamada-udon.co.jp/collabo/collbo.html

丼もの+うどん(またはそば、ざる)のメニューで、それぞれ単品で頼む時よりも値段が何十円か安く済むのですが、生姜焼き丼と焼肉丼って似たようなメニューな様な。上半期には肉豆腐丼があって、生姜焼き丼がそれに変わったようですが、炭水化物多すぎなメニューですな。これは糖尿病の方は・・・・・・ですが、山田うどんって結構丼ものも強いですよね。画像を見た限りでは吉野家やすき家等大手牛丼チェーン店にも負けない程「美味しそう・・・・・」と思えますが、他にも現在は販売されてないメニューとしては鳥唐揚げ丼やメンチカツ丼等もあるらしく、またその日でしか頼めないセットメニューや吉田山田というアーティストとのコラボメニューもあると言う。前者は、2014年10月現在では月曜の豚玉丼と火曜のネギ塩豚カルビ丼が特に美味しそうな気もしましたが、土日祝日のパンチ(モツ煮込みのこと)セットはいかに山田うどんがこのパンチを目玉商品の1つにしているかというのが伺えようというものです。かかしカレーは味は可もなく不可もなくならしいですが・・・・・・後者は、牛肉としめじのしぐれ煮、豚キノコ(うどん等)、鮭マヨ唐揚げ丼、パンチ焼きそば、あさりの焼きうどん等結構個性的なメニューばかりですが、現在期間限定メニューのカキフライセット(または定食、丼)も過去にも同じように販売された事があったあたり、結構人気メニューなのか。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/yuusyoku.html

そしてラーメンやパスタだけでなく、やはり店舗限定ながらも夕食時の定食もサービスしているようですが、他のメニューはともかくとしてさば味噌煮定食はこれだけではボリューム的に物足りないかも。何か1つサイドメニューもつけたら丁度いいボリュームになるかもしれませんね。基本的に外食とかしないんで、うどん・そばやセットメニューを口にする機会はなかなかないですが、もし何かそういう機会にありつけたら・・・・・・・です。

| | トラックバック (0)

2014/03/12

温暖化・寒冷化どちらかを主張しあうよりも?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1134919701;_ylt=A2RAEEjjSiBTSEcAFPPy.fN7?fr=rcmd_chie_detail(①)

昨日在住地の県内某所では氷点下5度近くまで下がりましたけど、今日は春本番みたいな陽気でしたよね。何だか彼岸まではこのまま暖かめの日が続くようですが、2010年や2011年みたいに彼岸後寒さがぶり返した年(2009年も前期年ほどではなかったけど、そうだった)もあるのでまだ分かりません。2013年も、東京・関東を中心とした3月高温化を強調していたあるブログも目にして、確かにこの年の関東甲信の3月は2002年に匹敵する異常高温で、春全体も暖春でしたが、北日本は3年連続の寒春と地域差は大きかったんですよね。全国的な暖春は2009年が最後のようですが、果たして今年は?

http://earthoffuture.kagennotuki.com/kozin.html(②)

何でも、温暖化厨とか寒冷化厨とかのレッテル張りも見られ、本当に地球は温暖化しているのか寒冷化しているのか?今年は欧州は暖冬で、3月になってもブリュッセルとか20度まで気温が上がった日も見られている一方、アメリカなんてゴア氏が皮肉られる程の記録的な寒波に見舞われる等どちらか分かりませんが、ネットやテレビ(TVタックル等。タックル自体見る気はしないですけどね。)でのお互いの主張等は全く不毛ですよね。いい加減見ているこっちが疲れます。この上記①の、Yahoo知恵袋のベストアンサーに選ばれた人の意見は、冷静な意見で確かにそれに値するアンサーでしたが、たとえ温暖化が進んでいて、それにCO2が関係しようがしまいが、上記②ですが、ネットで言いたい事言うよりこの②みたいな事をまずやってみる事がよほど建設的じゃないかなあと言うか、その時その時のデータとかに惑わされないで、自分なりに後に生まれた人達が普通に暮らせるように心がけて行く事が大切だと思います。何だかちょっと強い違和感を感じたので、また言ってみましたが・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)