声優

2017/08/19

30間近の妻子持ち男を「くん」呼びなんてないだろだけど

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00010004-spht-ent

落合博満氏の長男・福嗣くん、生涯声優宣言!〈その1〉

8/19(土) 16:00配信    

    

スポーツ報知

 プロ野球・ロッテで3度の3冠王に輝き、監督として中日を4度リーグ優勝(日本一1度)に導いた落合博満氏(63)の長男・落合福嗣(29)が、一流声優を目指して着実に歩みを進めている。専門学校を経て、「機動戦士ガンダム」アムロ役の古谷徹、「ドラゴンボール」孫悟空役の野沢雅子、「ONE PIECE」ルフィ役の田中真弓ら、多くの有名声優、ナレーターが所属する業界最大手「青二プロダクション」に所属。3年目を迎えた「今」を語った。

【写真】中日監督時代の落合博満氏

 

 吹き替え、ナレーションなどで披露される声の評判は上々。奔放な言動で注目を集めた福嗣クンは立派な社会人になり、表情にも声優の仕事への充実感が漂う。

 「すごく楽しいです。“好きこそ物の上手なれ”じゃないですが、やらなきゃいけないことはありますけど、それが全部楽しいと思えるので。苦労を感じることはありません」

 プロになってからこれまで60以上の作品に出演し、経験を積み重ねている。

 「初めての仕事は劇場版アニメ『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』でした。緊張も何も…初めてだったので(苦笑)。地上波でのテレビアニメ最初の仕事は『それが声優!』、一番印象に残っているのは初めてメインどころをやらせていただきました『灰と幻想のグリムガル』です」

 声優業の楽しさは。

 「自分が絶対なれないものになれる所が一番の魅力だと思います。顔出しの役者さんは姿が出る以上、色々と制限がかかる。でも、声優は動物にも、怪獣にも、無機物にもなれる。それはすごいことだと思います」

 

 声優に興味を持ったのは早かった。

 「小さい頃、テレビの野球番組で(事務所の先輩声優)小野坂昌也さんが父に声を当てていたんです。衝撃を受けました。なんで父ではない人がしゃべってるんだろう、と思ったのが最初です。あと、映画を見ていて、外国の人って日本語ペラペラだなあ、って思っていたんです。そしたら父が『日本人が(吹き替えを)やってんだよ』と。『お前の好きなアニメの声も声優さんってのがやってんだ』と。そこで、へ~、面白そうと思いました」

 その後、まね事が遊びになった。

 「小学校に入った頃から、遊びで、気に入った映画のシーンのセリフをノートに書いて、巻き戻して自分の声で合わせるってことをやってたんです。漫画を音読するとか。その頃決めた“1日1本、映画を見る”っていうのは、今でも続けています」
日頃から行っている「役作り」とは。

 「僕はお酒を飲まないんですが、居酒屋なんかに行くと、隣に座った人に話しかけるんですよ。そして、この人はうれしい話をする時にこういう風に笑うんだ、とか、言いよどむときはこうだな、とか(観察する)。日常生活でもいろんな所にアンテナを張って、そういう役が来た時に引き出しを開ける。声を乗せる時に意識して。そういう役作りをしています」

 両親の作品への反応は。

 「母はガンガン見てますが、父はこっそり見てるみたい。母が『面白いって言ってたよ』って。出たやつは大体チェックしてるみたいです。アドバイス? それは言ってこないですね。専門学校の時は言われましたけど。今は『オレは(声優の)プロじゃないから、アドバイスしたら失礼になる』と言ってくれてます」         

 2010年、一般女性と結婚した。

 「妻のバックアップは大きいですね。今日の格好も髪形も妻のコーディネート。僕が練習しているのを見て『今度の仕事、結構叫ぶんだ。少し喉が疲れて帰ってくるね』って、喉にいいレンコンのポタージュを作ったりしてくれます」

 2人の子宝にも恵まれた。

「妻も子供も完成したものを楽しみにしてくれています。ただ、(3歳の)娘は幼稚園で僕の仕事を聞かれた時に『パパは毎日、テレビとおしゃべりしてるの』って。すごく語弊があるんですよ。間違いじゃないんですけど(笑)」

 

 野球への興味は。

「今年は、開幕前特番のナレーションをやったオリックスを応援しています。頑張ってほしいなー」

 声優は天職―。かなえたい夢は尽きない。

 「父に関することをナレーションするっていう夢が今年(テレビ番組で)かなって、すごくうれしかった。僕の夢はシャボン玉みたいなんです。ふーっと吹くといっぱい出てくる。それが一つ一つ消えていくように、一つ一つ夢を消化していきたい。死ぬまでこの職業をやっていきたいと思うので、少しずつこなしていければと思います」(続く)

まあ30間近(明日誕生日だよね)で、しかも妻子持ちの彼を「福嗣くん」なんて呼ぶのはないだろともツッコミそうになったけど、頑張っているみたいですね。彼。

かっ飛ばせキヨハラくんにも、オチアイが当時生まれたばかりの彼の子守をしていた所、キヨハラ(とクドウでしたっけ)がお宅訪問して、手伝おうとしたけど、バカやって追い出されたエピソードの話とか印象に残っていて、子供の頃の傍若無人ぶりには「こいつ、真っ当な大人になれるのか?」だったけど、まあ分からないものですね。原嘉宏氏(某高級料理店のオーナーも今も続けているのかね?)や桑田次男なんか・・・・・・・・・ですけどね。グリムガルとか実際見てみて、普通に聞ける演技しているなあ~と思って、その後も端役・脇役も多いながらも着実に出演作増やしているみたいですね。

http://d.hatena.ne.jp/rikuzen_gun/touch/20110217/p3

これは事務所の先輩でもある稲田徹氏のツイートのまとめページだけど、2年目に受けた戦隊のオーディションってビーファイターカブトの事?稲田氏と言えば、特撮で第一に挙げられるべき代表作はやはりデカレンジャーのドキーとかでしょうが、ジュニアからの昇格条件、年収500万を1回でも記録しないとダメなのが特に厳しいよね。今の人気声優で、年収500万以上の人なんてごく一部でしょう。(全体の10%程度らしい)

http://seigura.com/senior/road/20131119_117/1.html

櫻井孝宏氏も、2012年時点で300万台後半だと聞いて、私も「下積みもせずに、最初から売れて、その後も二枚目の役ばかり演じている」と勝手に思い込んでいた一人でしたが、それでも売れたのは比較的早い方だっただろな草尾毅氏でさえも、いくら実績あるベテラン揃いだとは言え、ジュニアから正所属昇格まで5年もかかったのも正直意外でしたね。赤い眼鏡での死体役とか、人形劇団での着ぐるみの仕事とかも間違いなく今日の役者人生への貴重な財産となったのでしょうが、福嗣氏が査定を受けるのは来年ですか。去年はジュニアから昇格したのが8人いたらしいでですが、アニメよりギャラが良いナレーションの仕事もこなしているのは有利な点か?前述の年収とか。何気に今年の大河ドラマにも出ているあの人とか歴史上の人物も何人も演じているらしいけど、これからも頑張ってほしいですね。

| | トラックバック (0)

2017/07/20

浪川大輔不倫疑惑と進む文春砲の「劣化」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170719-00003334-bunshun-ent

“日本一忙しい声優”浪川大輔に不倫疑惑を直撃

7/19(水) 16:00配信    

    

文春オンライン

“日本一忙しい声優”と呼ばれる浪川大輔(41)が、自身が経営する個人事務所の契約社員・A子さんと長年にわたり不倫関係にあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

 浪川は、少年時代には映画「E.T.」「グーニーズ」「ネバーエンディング・ストーリー」などの主人公の吹き替えを担当し、最近ではアニメ「君に届け」「HUNTER×HUNTER」「東京喰種」といった人気作品に出演、「ルパン三世」では石川五ェ門を演じる人気声優だ。

 浪川は2001年に20代半ばで結婚。夫婦関係は現在も続いているが、A子さんとは04年に不倫関係が始まった。A子さんは当時、10代の少女だった。

「六本木のキャバクラで出会って、交際が続き3年ほどで一度別れたが、互いに未練があるようだった」(A子さんの親友)

 14年、浪川は所属事務所を辞めて独立すると、A子さんに声をかけた。A子さんは契約社員として勤めた。その前後から関係は復活したという。

 A子さんは「週刊文春」の電話取材に「少し前まで男女関係があったのは事実です」と認めた。一方の浪川を直撃すると過去にA子さんと親密であったことは認めたが、「会社をやるようになってからは関係は絶対にない」と一部を否定した。

 7月20日(木)朝5時公開の「週刊文春デジタル」では、不倫の証拠である2人の親密写真や、浪川を直撃取材した際の動画なども公開する。

別に不倫しても今までの、海外でも活躍した俳優としての業績(まあ確かに日本人というだけで持ち上げすぎなきらいはありましたが、昨今ではイチロー選手とかの方がもっと酷いと思う。何度も言う様にメジャーでも歴史の新しい1ページを開いたし、殿堂入りにも議論の余地はないとも思うけど、マスコミも信者も神格化しすぎで、あと30年経ったら長嶋氏みたいに道徳教科書でも信仰を押し付けるのであろう。あたかも「親の仇」みたいな豊浦叩きも異常だったし)までチャラになるわけでもなく、この人よりもディレクターの暴行事件(何でNHKってこうも職員の不祥事多いの?とも言うか、大河を半ば私物化した事もあったけど、受信料徴取廃止にすれば支持率20%アップ硬いんじゃないの?安倍総理!!)の方が印象悪いし、来年の西郷どんは見ませんが・・・・・・・・松居劇場全開中に謝罪した渡辺謙氏の話も記憶に新しい所ですが・・・・・・・・・

そう言えばまた、子安武人氏も2001年夏頃に噂の真相で写真まで撮られた特集記事書かれてしまった事もありましたが、今度の文春砲のターゲットになったのはまさかの(?)浪川大輔氏だった様で・・・・・・・・・浪川氏は好きな声優さんの一人で、子供時代はポケットの中の戦争が自分の見たアニメ作品では一番の名作ですが、演じられたキャラの中でも好きなキャラはツバサクロニクルのファイ(実際こういう人がいたらマジで友達になりたいと思えるほど)で、彼の声で原作者を口説いたエピソードには「あんた既婚者でしょ」と苦笑しながら突っ込みたくなったけど、マジで女好きで、それは以前から有名だった様ですね。

2004年から付き合い始めたと言うけど、一時は半ば開店休業状態だったのが仕事が増えだした頃ですね。その一方でギャラは最低ランクだったと斎賀みつき氏にバラされてしまった(まあバラす斎賀氏も斎賀氏ですが・・・・・・・)事もありましたが、仕事が無くなって、大学在学中心理学まで学んだ経験も忘れてしまったのでしょうかね・・・・・・・・ルパンでも共演している小林清志氏とか先輩名優が多数いる俳協やめてまで独立したのも、最初から不倫相手と関係復活する目的もあったからなのか。ヤフコメでも、結婚式の二次会に参加した時に浪川氏にナンパされた事を明かしたコメントも見られたけど、ホントかよ。

決して褒められた事じゃないけど、そんな態々ターゲットにするほどの人なのか?と言うか、この記事書いた人はそもそも浪川氏の事以前から知ってたの?でもありますね。まあ文春はまた・・・・・・・・・・ですね・・・・・先日も秋篠宮邸に4時間もいたのも「『お義父さん、何でたかが大雨で婚約発表延期しなければいけないんですか?お天道様なんかどうにもならないじゃん。早く眞子と結婚させて!!』とか必死こいて頼み込んでいたのかい?」ですが、TPOを弁えない無礼な服装(と言うか、婚約延期もホントは秋篠宮と紀子さまの意向でしょ?で、私が秋篠宮の立場なら絶対門前払いするが、天皇陛下も日本ゼオンに続いて横浜港でもノースーツ姿だったのだから示しつかないよね~いくらクソ暑くてもそんなの言い訳にもならないと言うか、だからこそこの人もご学友にも「あんな奴が将来の天皇だと思うと憂鬱だ。」とも言われてしまったのだろうけど、もう生前退位も手放しでは賛成できない)していた小室圭氏(ぶっちゃけ在日でも創価でもないとしても、彼には一時金の100分の1すら払うのも勿体ないし、「どーしても結婚したいのなら、その後の夫婦生活共々自分達の金だけでやってね。そして皇室にはもう金輪際関わらないでね」ですが。駄目な皇室配偶者一族なんか既に小和田&江頭両家で満員だし)の事を持ち上げていたのだから「所詮はマスコミ、所詮は週刊誌」と言うか、文春砲に少しでも期待していたのが浅はかだったと痛感させられていたからもはや・・・・・・でもありましたが・・・・・・・・

この女性宮家、さらに女系天皇誕生を企む連中(7世紀後半~8世紀の女帝達の登場とその末路も良き反面教師である)が絶対背後にいる眞子さま婚約報道に関しては週刊新潮の方が文春よりいい仕事しているとも言えて、特に天皇・皇后両陛下と皇太子一族(実際特に皇太子妃及びその親族が酷いとは言え、そのウソや誇張、印象操作を指摘しているサイトもいくつもある)を叩いているいくつかの皇室ブログも決して鵜呑みには出来ないですが、一般大衆から注目を浴びやすい他人のプライベート暴露とか一時的な成功に溺れ、ますます元から高くはない品位を自分達自身で貶めている様に見えます。もうどういう配給で攻めるか読めてしまう文春砲の劣化ぶりを見ていると。まあこの話については、あとは第一に浪川氏の奥さんと子供さんが、それぞれ納得いく様な方向に持っていけば良いんじゃないですか?慰謝料をもらって離婚するか、浪川氏を許すか、そんなのは文春は勿論のこと、私らもギャーギャー言う事ではないです。

| | トラックバック (0)

2016/07/17

中畑清ばりに超絶好調な声優、神谷浩史も結婚していた!!

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/16/kiji/K20160716012981000.html

声優の神谷浩史 ラジオで結婚報道に言及「報告のタイミングを逸した」

   アニメ「おそ松さん」のチョロ松役などで知られる人気声優の神谷浩史(41)が17日放送の文化放送「神谷浩史・小野大輔のDearGirl~Stories~」(土曜深夜1・00)に出演。週刊誌で報じられた結婚という言葉は出さなかったものの「お騒がせして申し訳ありません」と語った。

 今月12日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が、漫画家・中村光氏(32)と結婚していたと報道した。

 それを受け、番組冒頭で「まずは僕、神谷浩史からリスナーの皆さんにお話したいことがありまして、実は今回のラジオのオープニングを録りなおして、お届けしております」としていきさつを説明。「ご心配をおかけしたり、なかにはお心を痛めていらっしゃる方がいらしたりしたら、まずはお詫び申し上げます。本当にすいません」と謝罪した。

 続けて「いつもの軽口を許していただけるなら…あの写真、もっといい写真はなかったのかということなんですけども~。普段声優雑誌などで見かけられる、メイクした上に修正までしていただいている僕とは似ても似つかない、サエないオッサン…僕は見慣れてるんですけども…」と笑いを交えながら「まあそれを見たら、僕が、プライベートなんて見せたくもないし、しゃべりたくもないっていうのは、まあなんとなく解っていただけると思うんです」と語った。

 さらに、「まあ僕には、品行方正ではないかもしれないし、誇れるものではないかもしれないんですけれども、プライベートというものが存在しています。でも、僕にとっては、守るべきプライベートです。そのプライベートという土台の上に、皆さんが知っている声優の神谷浩史は、存在しています」と言い切り、「僕個人の考え方として、プライベートを、お仕事やエンターテイメントにはなるべく持ちこまない、そして、自分がやりたいと思うことよりも、皆さんに楽しんでもらうことを優先する、あとは、嘘はなるべくつきたくない…そういった、漠然とではありますが、強いポリシーがあります」とした上で、「プライベートが介入する隙間がなくなって、報告のタイミングを逸したまま、現在に至った」と説明した。

 所属事務所は12日、公式サイトで「所属タレントのプライバシーに関わること、プライベートなことに関して、 弊社としてはお答え致しかねますので。ご了承ください。所属タレントがより良い仕事をしていくためには、プライベートを含め、人として充実した生活が大切であると考え、日々指導およびマネジメント致しております」とコメントを発表。神谷の名前は出さなかったものの、報道に言及。否定も肯定もしなかった。

 神谷は「僕個人として発言する場、ブログやツイッターなどをやっていないということもあり、今回、文化放送並びにスポンサーの了承を得た上で、今回お時間をいただきました」と、対応がこの日になったことを説明。最後に相棒・小野大輔(38)が、待ちかねたように「いやもう、本当にでも…目の前にいるオジサンは、いつものサエない人です」とコメント。2人でひとしきり爆笑したのち、神谷が「う~ん、ホント、そう、まあ…そうな~本当に、すまんな~サエナイおっさんで本当にスマンが…これからもよろしく頼むわ~」と、いつもの調子に戻って締めくくった。

 神谷は「ワンピース」のトラファルガー・ロー役や「進撃の巨人」のリヴァイ兵長役などを担当。声優アワード最多得票賞を5年連続受賞し、殿堂入りしている。一方、中村は代表作「聖☆おにいさん」「荒川アンダー ザ ブリッジ」などで知られており、2011年11月に第1子を出産したと発表している。

そう言えば、今少しずつ各話見ています。おそ松さん。まあ現時点では100点満点なら65点前後かなあで、兄弟役で共演されていて、同じジョジョの岸辺露伴先生も演じた事もある櫻井孝宏氏ですが・・・・・・・

http://sky.geocities.jp/sakurai_mondai_hp/framepage120070226-kojinsaito.html
http://hatiji.up.seesaa.net/html/joy2006.html

まあアレは言葉のあやと言うか、既にコマンドミッションで声優を担当されていた時に起きた事件でもあったけど、別に櫻井氏にしろ、ベッキー氏にしろ、舛添氏にしろ、吉本復帰の話もあるらしい山本圭壱氏にしろ、反省されているのなら某巨大掲示板でもスレ立てていて、パクライとか酷い罵倒しているアンチの人達みたいにいつまでもギャーギャー言うつもりはないです。水に流します。常日頃から色々御熱心に指摘してくれるある方からちょっとした話を聞いて、蒸し返すつもりはないながらもホントはどうなのかちょっと調べてみて、yahoo知恵袋からこの上のページを目にしました。100パーホントがどうかは分からないけど、まあ少なくとも櫻井氏だけがクロじゃないというのは確かな様ですね。まあもう10年経った事だし、声優さんのアレなエピソードではもっと初めて知ってドン引きさせられたのもあるけど、まあ貴重な情報提供どうも有難うございましたと言った所ですね。

その櫻井氏、主演は久しぶりな印象もあって、彼と結婚されているらしい水樹奈々氏某AKBアイドルに随分失礼な事言われてしまった様ですが、チョロ松役の神谷浩史氏も結婚されていたんですね!!最近見た魔法少女まどかマギカでも有名な虚淵玄氏のサイコパス劇場版での適度にクセの強かった好演も印象的で、このアニメ自体見ていて面白かったのですが、神谷氏はTVアニメ版(こちらは未見)でもオーディションを受けたのが落選となってしまって、見る事も出来ないほどのショックを受けたらしいですが、劇場版でも腐らずに改めてオーディションを受けて今度は役を勝ち取ったという!!神谷氏ほどの人気声優でもそれぐらい必死に頑張らないと生き残れないという声優業界の競争の厳しさを改めて痛感させられた様なエピソードで、事務所の後輩でもある某プロ野球球団GMの倅も彼の姿もお手本にして頑張ってくださいなのですが、ちょっと報告が遅れたぐらい大した事じゃないです。神谷氏は実はバツイチらしく、20代の時にも結婚された事があるようですが、これを一層励みにして、中畑清さんどころか、25年ぶりの優勝に向けて大きく貢献している広島東洋カープの野村祐輔さん以上な絶好調!!な活躍を見せていただきたいですね。おめでとうございます。

| | トラックバック (0)

2015/11/29

落合福嗣、2016年からアニメ初レギュラーを務める!!

http://news.mynavi.jp/news/2015/11/04/483/

落合福嗣]声優で主要キャスト初抜擢 “存在感”で1月アニメ出演 

  [2015/11/04]

 

 

 
 

 プロ野球・中日の落合博満ゼネラルマネージャー(GM)の長男で、声優の落合福嗣さんが、2016年1月から放送されるテレビアニメ「灰と幻想のグリムガル」の主要キャストに抜擢(ばってき)されたことが4日、明らかになった。福嗣さんは今年4月に青二プロダクションに所属したばかりで、今回が初のテレビアニメのメインキャスト起用となる。

 福嗣さんが演じるのは、「グリムガル」という世界で主人公・ハルヒロらとともに冒険する「モグゾー」という男性キャラクター。体が大きく、おっとりしていて、料理が上手、チームの盾役として変わった叫び声をあげる……という設定で、事前の候補選びのオーダーからは外れた声のゾーンだったが、キャラクターに合うこと、存在感などを考慮して再考し、起用を決めたという。

 中村亮介監督は「キャスティングの決め手は存在感です。(存在感は)狙ってできることではないですね。モグゾー本人としか思えない説得力に、先入観を外して再考しまして。あらためてモグゾーは彼だと思いました。そう思わせるだけの何かがあったのだと思います。プロデューサー陣は驚いていました」と話している。

 「灰と幻想のグリムガル」は、「薔薇のマリア」「第九シリーズ」などの十文字青さん作、白井鋭利さんイラストのライトノベル。「グリムガル」という世界に迷い込んでしまった主人公・ハルヒロが、仲間とともに過酷な環境の中で冒険する姿を描く。

 発表された主要キャストは6人で、主人公のハルヒロ役は細谷佳正さん、お調子者のランタ役は吉野裕行さん、リーダー的存在のマナト役は島崎信長さん、天真爛漫(らんまん)なユメ役は小松未可子さん、引っ込み思案なシホル役は照井春佳さんが担当する。

残念ながら、中島くんまたは出木杉くん役の白川澄子氏が天国に旅立たれてしまった(ご冥福をお祈りします)のもまだ・・・・・・・で、まあ今更なニュースですが・・・・・・「ダイヤのA」「ちびまる子ちゃん」とかの他にも劇場版アニメや吹き替えでも数作出演し落合福嗣氏、いよいよアニメ初レギュラーゲットですか。

http://blog.esuteru.com/archives/8396445.html

他にも、能登麻美子氏関智一氏とも共演するようで、上記HPでも色々反応の声はある様ですが、まあ確かに親が選手としても監督としても一流(GMとしては微妙ですが)なネームバリューとも全くの無関係ではないだろうし、放送期間も1クールでしょうが、好評ならば2期・3期も有り得ますしね。今年の夏アニメは、周囲が絶賛していたから見てみた「監獄学園」が出色と言うか、良い意味で異色の学園コメディーもので面白かったですが、テニプリの跡部様が中の人な某右翼サブカル自衛隊アニメ(第2期)共々要再注目アニメと言うか、この「灰と幻想のグリムガル」見てみようかなあですね。「それが声優」での演技も、端役ながらも演技それなりに上手かったですしね。ホントに純粋な実力だけでもやっていけるか?今が大きな勝負どころでしょう。

| | トラックバック (0)

2015/01/31

TOLOVEるの春菜もついにゴールインする‼

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/oricon-20150131-oric2047998/1.htm

声優・矢作紗友里が結婚発表「明るく誠実で優しい方」

2015年1月31日(土)16時59分配信 ORICON STYLE

 声優の矢作紗友里(28)が31日、一般男性と結婚したことを所属事務所の公式サイトで発表した。

 同サイトで矢作は「私事ではございますが、この度、私 矢作紗友里は、素敵なご縁にめぐり会い入籍いたしました」と報告。お相手については「業界の方ではなく一般の会社にお勤めの男性で、明るく誠実で、私の事をいつも応援してくれる優しい方です」と紹介した。

 声優の仕事は結婚後も「自分らしくマイペースに続けていきたい」とし、「これからも矢作紗友里を応援していただけたら幸いです」とファンにあいさつした。

 矢作は2005年にテレビアニメ『かりん』の主人公・真紅果林役で声優デビュー。『To LOVEる -とらぶる-』の西連寺春菜、『生徒会役員共』の萩村スズなどの声を担当した。

いやー、TO LOVEるダークネスもついにアニメ版第2期決定して、スクエア3月号の話も楽しみですが、春菜もリトと結ばれる日はやってくるのか。最近では例のイスラム国による日本人拘束事件の影響で放送自粛も余儀なくされた暗殺教室にも出演されているらしいですが、ぜひこれも励みに、ダークネスの方でも他のヒロイン面々に負けない存在感を見せつけてほしい所です。おめでとうございます。

| | トラックバック (0)

2014/11/09

椎名へきる、ついに幸福なるゴールイン!!

http://news.nifty.com/cs/entame/moviedetail/cnmtoday-N0068018/1.htm

伝説のアイドル声優・椎名へきる電撃結婚!一般男性と都内で挙式

2014年11月9日(日)0時58分配信 シネマトゥデイ

 アニメ「魔法騎士(マジックナイト)レイアース」の獅堂光役などで知られる声優・歌手の椎名へきるが8日、一般男性と結婚し、都内で挙式を行ったことがわかった。所属事務所が発表した。

 椎名は、1990年代を代表する声優アイドルとしてブームを牽引。歌手としても精力的な活動を展開し、声優として初めて日本武道館単独公演を実現させた。

 また音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)にも出演。数々の伝説を打ちたて、現在もアニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」「ガールズ&パンツァー」など声優活動を続ける一方、今年で歌手デビュー20周年を迎える。

 結婚とデビュー20年という記念の年を飾るシングルとして、ニューシングル「Hello Goodbye」を通販サイト「ワーナーミュージック・ダイレクト」限定でリリース。さらに12月29日に大阪・なんばHatch、12月30日に東京・国際フォーラムホールCにおいて、20周年ライブが開催される。(編集部・入倉功一)

そう言えば直前に再婚された清水健太郎氏はレコード会社クビになってしまったらしいですが、ついにかな感じですね。最近見たアニメ等では「ガールズ&パンツァー」が印象に残っていて、もしあと10年早くこのアニメが放送されていたらヒロイン系の役を演じられていたのでしょうが、確かに人を惹きつけるカリスマ性はありました。椎名へきる氏には。そう言えば山寺宏一氏とも結婚された、マリアちゃんでもあり、ラクスちゃんでもあり、「ロックマンゼロ」シリーズ(時間に余裕があればこれも・・・・・だけど)のシエルでもある田中理恵氏も再婚された山寺宏一氏との間にお子さんを出産された話とか聞きませんが、高齢出産された、事務所の先輩だった横山智佐氏みたいに今度はお子さんを授かられれば、これに勝る幸福はないでしょう。某主演実写映画についてはどんなものだったのかな?ですが、横山氏のご出産共々おめでとうございます!!です。

| | トラックバック (0)

2014/10/02

茅野愛衣、プロフィットを退所する

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/141001858213/1.htm

『あの花』めんま役の茅野愛衣 事務所退社 今後については不明

2014年10月1日(水)13時51分配信 クランクイン!

 

 
 
 

 

 大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のヒロイン・本間芽衣子(めんま)役などで知られる人気声優・茅野愛衣が、9月30日付けで所属事務所「プロ・フィット」を退所していたことが明らかとなった。

 プロ・フィットの公式サイトでは、「この度当社所属『茅野愛衣』が9月30日を持ちまして当社を離れる事となりました。これからも暖かく応援して頂ければ幸いです」と発表。

 茅野は現在、ブログやツイッター等は利用しておらず、今後の展開は不明。茅野の事務所退所を受けて、ネット上では「かやのんに何があったんや…」という心配する声や、「どこで活動するとしても応援し続けることは決して変わらないけどね」といったエールなどを含めファンからの様々なメッセージが寄せられている。

 初のヒロイン役に抜擢された『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で一躍有名となり、その後も途切れることなく出演作品が続いていた茅野。今期のTVアニメでは『テラフォーマーズ』に出演しており、これからの動向に大きな注目が集まる。

所属されていたこのプロ・フィットという事務所ですが、設立自体が今年で11歳(2003年設立)の若い会社だけに、所属タレントも30代以下の若い人たちばかりなようですね。

男性では「青の祓魔師」等に出演されている岡本信彦氏、女性ではこの茅野愛衣氏は悠木碧氏と並ぶ、看板タレントだったかと思われますが、確かに最近のアニメを目にすると、「あの日~」以外にも「ガールズ&パンツァー」、「氷菓」、「めだかボックス」とよく彼女の声も耳にします。それだけ実力を評価されているという事なのでしょうが、それだけに今回事務所を退社されたのは、彼女なりの何か「チャレンジ」したいものとかがあったからなのか。

他の元所属者の経歴とかを見るとなかなか仕事に恵まれない人も珍しくなく、声優という職業も結構大変なようです。そういう意味では、故・永井一郎氏からサザエさんの波平役を引き継がれた直後、茶風林氏の悪口が書かれていた記事も目にして、特に「俺は滝口さんよりも安くやりますよ」と故滝口順平氏の声真似して自分を売り込んでいたのもあながち非難されるような行為だったとは言い切れないかもしれない。(流石に、先輩に媚売って、後輩には厳しい態度は擁護しかねますけどね。本当だとすれば)まあ茅野氏が自ら選択されたであろう決断なのだし、この先どうなるか自分もわからないけど、頑張っていただきたいです。

| | トラックバック (0)

2013/08/25

中原茂と塩沢兼人

http://www.nakaharashigeru.com/tamasii.htm

早いもので今年2013年で名優だった塩沢兼人氏が亡くられてからもう13年経ちます。wikipediaでも紹介されていた、中原茂氏とのエピソードですが、いかにも大の酒好きだったらしい塩沢氏らしいエピソードですよね。奥さんもサンドイッチをご馳走してくれたらしいですが、この奥さん(馬場はるみ氏)も、よく再放送で見ていた銀河鉄道999でゲスト出演されていたのを見た事があります。塩沢氏も確か砂山兄弟の兄役でゲスト出演されていて、この頃既にご結婚されたかどうかは知りませんが、奇しくも・・・・・・・でしたね。

「その後レギュラーで一緒となった事は無かった。」と中原氏は振り返られていましたが、確かに超獣機神ダンクーガ以外の、お互いレギュラーとして共演された作品、なかなか思いつかないですね。片方がレギュラーで片方がゲスト、または両方ともゲスト等の作品はありますが・・・・・・・ドラゴンボールZや聖闘士星矢、ルパン三世(風魔一族の陰謀)、アーシアンとかですね。ドラゴンボールZもそうだったけど、アーシアンではそれぞれ狂気に駆られたマッドサイエンティストだった芦野博士、黒色癌におかされていたのが痛々しかったクリフと佐々木望氏や井上和彦氏にも負けない存在感をそれぞれ見せていました。故・鈴置洋孝氏演ずる宮城が思った程話に絡まなかったのはちょっと残念でしたが。

中原氏も、その鈴置氏や声質が似ている飛田展男氏、そしてデビュー作のアクロバンチでもお互い兄弟役だった強力若本(若本規夫氏)等とは共演作多いですよね。(若本氏とは最近では「戦国BASARA」とかが記憶に新しいか)しかし、1995年でのエピソードですが、それでも塩沢氏は中原氏を高く評価されていたんですね。生きておられた時は正直そんな意識していませんでしたが、まさか芸名の由来だった新藤兼人監督より先に天国に行かれる事になってしまったなんて・・・・・・と言うか、塩沢氏の好演はもっと見たかったと改めて思います。

| | トラックバック (0)

2012/06/18

二代目デスラー、ラクス・クラインと「愛のゴールイン」を果たす!!

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/06/18/kiji/K20120618003492860.html

山寺宏一 51歳誕生日に18歳年下の田中理恵と結婚「巡り会えた事に感謝」

 

声優の山寺宏一(51)が18日、同じく声優の田中理恵(33)と結婚したことを自身のツイッターで発表した。                  

 「公式ブログが無いのでこちらで報告させて頂きます」という山寺はツイッターで「私、山寺宏一は昨日6月17日に声優の田中理恵さんと入籍致しました」と発表した。

 「人生を共に歩んで行く素晴らしいパートナーと巡り会えた事に感謝します。互いを信頼し、支え合い、笑顔あふれる家庭を築いて行こうと思います。暖かく見守って頂けたら幸いです」と2人のこれからをつづった。

 山寺は再婚で、入籍日は51歳の誕生日。田中は人気の美人声優として知られる。

前妻であり、アンパンマン等でも共演されているかないみか氏との間には子供はいなかったらしいですが・・・・・・・

宇宙戦艦ヤマト新作でも、デスラー役に内定したらしいですが、めでたい事が続いてますね。山寺氏は。(伊武雅刀氏はピンピンされているのにとも突っ込みそうにもなったけど、スケジュールの都合がつかなかったとかの理由でもあったのですかね。)ヤマトと言えば、残念ながら実写映画版の方は褒められた出来ではありませんでしたが。

田中理恵氏もまだまだ女盛りですし、お子さんが出来ると良いですね。何はともあれ、おめでとうございます。

| | トラックバック (0)

2011/08/13

ホスト部のハルヒ、ついに光と結婚する!!

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/geinou/geinou_news/contents/hot_20110813_050.html

「マーヤ」こと人気声優の坂本真綾(31)と同じく人気声優の鈴村健一(36)が8日に結婚した。13日、両者が自身のブログで報告した。坂本は、結婚を決心した思いを「そうしたいと心から思えるときが自然と来たのでその気持ちに従いました」と表現している。鈴村について「心休まるパートナーが側にいてくれること、とても頼もしく思います」と綴っている。鈴村は、坂本について、「柔らかな時間を届けてくれるかけがえのない方」と説明。声優人生を振り返り、「これからの新しい人生はまた大きな糧をもたらしてくれるはず」と期待に胸を膨らませている。坂本は、小学生の時から児童劇団に所属。96年にテレビアニメ「天空のエスカフローネ」のヒロイン神崎ひとみの声を務めて一躍声優として知られるようになった。鈴村は高校卒業後、専門学校などを経て94年のテレビアニメ「マクロス7」のモーリー役でデビュー。代表作には仮面ライダーシリーズなどがある。

前日に続いて声優関連ニュース(しかも、名前はどちらも「ハルヒ」)だけど・・・・・・・・

坂本真綾氏は、私もエスカフローネ(悪役は未来少年コナンのおじいだった)で知ったクチで、しかし当時は声優よりは歌手としての印象の方が強かったけど、桜蘭高校ホスト部での好演でその実力を再認識いたしました。現在も幅広い活躍をされていて、声優としても、歌手としてもトップクラスの実力を持っています。

一方の鈴村健一氏は、あのガンダム種死で折角主役の座を射止めたというのに、扱い悪過ぎ(話によっては、一言しか台詞のない時もあり、しかも最後は・・・・・・・・)だったのには気の毒としか言い様がなく、その後もそんな不遇にもめげないで代表作を重ねるも、最近はやや迷走していた所もなかったわけではなかったが・・・・・・・・まあ何はともあれ、流石に環先輩の方はもうできちゃった結婚(宮野真守氏についても、伸び悩み傾向で歯がゆさを感じていたが、最近見たウルトラマン某シリーズでは、役に段々なりきっていて好印象だった。これからも頑張って欲しいです)しているから、アレだけど、ご結婚おめでとうございます!!これからも末永くお幸せに・・・・・・・・

| | トラックバック (0)