軍事

2020/05/30

これからのアルゼンチン軍は本当に少将が最高階級となるのか

https://www.infobae.com/politica/2020/05/29/el-jefe-del-ejercito-la-pandemia-es-una-oportunidad-que-tenemos-para-revalorizar-a-los-militares/

El jefe del Ejército, General de Brigada Agustín Humberto Cejas, afirmó que romper el estereotipo del militar que la Argentina arrastra de la época de la dictadura es una obligación de las fuerzas armadas. "Nosotros debemos mostrar cuáles son nuestras aspiraciones y qué es lo que podemos hacer por la sociedad”, enfatizó. No sólo esto. Cejas cree que la lucha contra la pandemia del COVID-19 puede ser una oportunidad que tiene hoy el Ejército para“abrirse y mostrar cómo se puede servir para que haya una revalorización de los militares por parte de la sociedad en general”.

Este viernes se cumplen 210 años del Ejército Argentino y está claro que a Cejas le gustaría festejarlo de otro modo, sin pandemia mediante y en otra situación del país. Por esto no dudó un segundo en expresar sin vueltas: “Es lamentable que tengamos que vivir circunstancias extremas o negativas como estas para que se generen espacios donde se advierte la importancia de la capacidad del Ejército”.

Cejas asumió en febrero pasado y está abiertamente alineado a la conducción del ministro de Defensa, Agustín Rossi. En diálogo conInfobaeel jefe del Ejército no ocultó esto cuando deslizó una velada crítica al gobierno de Mauricio Macri. “No hay bases para sustentar que en la administración anterior haya habido una aproximación con las Fuerzas Armadas que se haya materializado con la asignación de recursos”.

Con larga trayectoria en el ámbito académico, Cejas fue formado en el Colegio Militar de la Nación como Subteniente de Artillería. Se graduó en 1984. Ocupó cargos relevantes en la Escuela de Artillería del Ejército, el Colegio Militar de la Nación y la Dirección General de Educación del Ejército.También tuvo una formación en el Ejército de los Estados Unidos y en la OTAN. Además posee varias especializaciones de combate entre las que se cuentan el ser paracaidista militar y especialista en asalto aéreo.

Cejas recibió a este medio en el tercer piso del Ministerio de Defensa, en un amplio salón desde donde graficó que en materia de defensa “la Argentina hoy no tiene todas las capacidades que debiera tener”, aunque aclaró que “vemos que existen posibilidades de desarrollar proyectos que hacen al fortalecimiento de las Fuerzas Armadas”.

Para Cejas, "la pandemia es una oportunidad que tenemos para revalorizar a los militares"

-¿Cómo está preparado el Ejercito frente a la panademia y qué reflexión hace en el día del Ejército Argentino frente a esta situación que se vive en el país y el mundo?

-Este es el día quizás más importante porque podemos reflexionar acerca de nuestra historia porque vamos a cumplir 210 años y nuestro lema es queel Ejército nació con la Patria en 1810.Esta conmemoración en el contexto de la pandemia realza aún más la importancia que tiene el Ejército como un instrumento al servicio del Estado, con personal motivado para llevar adelante estas cuestiones. Para nosotros el festejo es importante y empatizamos con lo que les pasa a los conciudadanos. Estamos consustanciados con las tareas que hacemos.

- ¿Cómo los recibe la gente en las recorridas y los operativos de ayuda en los barrios vulnerables?

-Sabemos lo que la gente piensa y siente por el Ejército y nuestras Fuerzas Armadas.En momentos de necesidad la gente está mucho más sensibilizada y cuando llega la ayuda –que es neutral y desinteresada– nos recibe muy bien. No es una sorpresa sino una ratificación de una sensación que existe en el pueblo por su Ejército. Esto no se da sólo en esta campaña. También estamos desarrollando un trabajo que consiste en la distribución de agua en Salta en una zona donde viven los wichis. Cuando tuve la oportunidad a un grupo de soldados encontré dos particularidades que emergen de este nivel de compromiso que tiene esta gente y como nos reciben. A través del juego, los soldados enseñaban a lavarse las manos y luego vi esto mismo en un banner en lenguaje originario. Así, vemos un pequeño ejemplo de lo que puede hacer una misión.

- ¿Cree que la pandemia es una oportunidad para superar las diferencias con la sociedad?

-Es una gran oportunidad. Lo que es lamentable es que tengamos que vivir circunstancias extremas o negativas como estas para advertir la importancia de la capacidad del Ejército para proporcionar apoyo.También está vinculado con un estereotipo que está instalado en el inconsciente colectivo de mucha gente. Hay una gran diferencia entre la relación de las Fuerzas Armadas en el interior, donde se ve un vínculo más cercano con los vecinos que trabajan en el cuartel, con las grandes ciudades. Romper con esto es nuestra obligación. Demos mostrar cuáles son nuestras aspiraciones y qué podemos hacer por la sociedad.En la medida en que nos abramos, habrá una revalorización por parte de la sociedad en general.

- ¿Es un gran desafío ese?

- Es un desafío enteramente nuestro, pero también de la conducción, de los políticos, de los intelectuales. Hay que poner en agenda lo que significa la defensa para el país. No solo lo que se puede hacer en caso de catástrofes sino también lo que pueden hacer las fuerzas armadas como un instrumento militar yque el ciudadano argentino camine por las calles con un sistema de defensa que es respetado.

- ¿La política que lleva hoy el Gobierno acompaña este sentir del Ejército?

- Claramente sí. Lo veo, lo escucho e interactúo con el ministro de Defensa (Agustín Rossi) y tengo en claro que lo está haciendo. También vemos un grado fuerte de involucramiento en los operativos que estamos llevando adelante. En la interacción diaria se preocupa por saber cómo estamos y claramente conoce cuáles son nuestras necesidades.

- ¿Qué aspectos se deberían plantear como urgentes o necesarios ante una eventual reforma militar?

- Hay un tema central: los haberes.Hoy muchos militares desarrollan las mismas tareas y no perciban el mismo haber. Eso genera una situación injusta.También aspiramos a introducir una perspectiva más nueva y moderna de derechos y garantías.

"En momentos de necesidad la gente está mucho más sensibilizada y cuando llega la ayuda –que es neutral y desinteresada– nos recibe muy bien"

- ¿Cree que esas desigualdades de haberes se contraponen con los salarios que cobran hoy los miembros de las fuerzas de seguridad federales?

- En líneas generales hemos expuesto objetivos que hay que alcanzar y marcan una continuidad en el Ejército que no son personales.Estas diferencias de haberes se podrían solucionar con la reorganización o el llamado blanqueo.Esta es una aspiración de la conducción política y está en la agenda del ministro y del Presidente de la Nación.

- En los últimos años hubo una baja importante de uniformados tanto de la Armada, la Fuerza Aérea y el Ejercito, ¿a qué lo atribuye?

- En este caso diferenciaría bajas e incorporaciones. En el Colegio Militar se incrementó la cantidad de postulantes en los últimos seis años. Antes cada dos postulantes ingresaba uno y ahora hemos llegado a tener cinco postulantes por cada ingresante. Claramente la profesión militar parece atractiva para los jóvenes. Cada vez que hacemos convocatoria para soldados tenemos ocho veces la cantidad que vamos a incorporar pero no podemos hacerlo por una limitación presupuestaria.

En cuanto a bajas, lo veo positivamente en comparación con años anteriores donde mucha gente se iba a otras fuerzas de seguridad o a policía de la Ciudad. En el 2015 y 2016 el Ejército perdió mucha gente.Lograr que un piloto de helicóptero o de aviación termine su carrera lleva mucho tiempo e inversión para el país, entonces cuando migran no solo impactan por el número sino también por lo que deja.

- ¿Cómo se revierte esto?

- Es una situación compleja que tiene variables a evaluar. Un sueldo equivalente a las fuerzas de seguridad y los recursos para desarrollar la capacidad profesional a pleno, es importante y hace a que nosotros consolidemos un espíritu de pertenencia. Esto hace a la revalorización de la profesionalización militar. El haber militar está compuesto por un respeto y reconocimiento y esto ayuda mucho. Creo que en este camino estamos marchando.

- También hubo una revalorización de la mujer en las Fuerzas Armadas…

- Tanto mujeres como hombres tienen oportunidades similares y esta profesión no pone límites. Cuando uno va a desarrollar una operación militar analiza los medios y opciones para lograr el objetivo. Nunca nadie pregunta si el que la ejecuta es una mujer o un hombre.Cualquiera puede acceder a un puesto sin limitaciones siempre y cuando cumpla la exigencias para el cargo.

- ¿Cuál es el nivel de la inteligencia militar? ¿Se aprendió de los errores del pasado?

- Tenemos una estructura legal. Hay una ley de inteligencia que regula las actividades. La Dirección Nacional de Inteligencia forma parte de esa estructura y tiene claramente una función dividida en inteligencia de combate para la fuerza operativa. Es decir, hombres que se deben adelantar al sistema militar en terreno para obtener la mayor cantidad de información de este enemigo para ver las armas con las que cuenta y, a la vez, darle al comandante la mejor situación de cómo uno ve al oponente. Esto forma parte del sistema general del Ejército como el área de personal, logística y operaciones. No hacemos diferencias.Cuando digo que 32 años es la edad promedio de un hombre del Ejército, me refiero a que todos estos nacieron después del 24 de marzo de 1976. Con lo cual nosotros desacoplamos esta carga y nuestra inteligencia militar cumple la situación de combate sin otra consideración.

- Cuáles son los nuevos enemigos en la Argentina: ¿el terrorismo? ¿el narcotráfico?

- Hoy vivimos en una zona de paz con una relación muy positiva con nuestros vecinos a nivel regional.Pero un país que tiene una extensión territorial enorme como la Argentina –la octava extensión territorial mundial con diversidad de recursos– nos hace apetecibles a futuro por otros que necesiten esos recursos.No solo en el suelo sino también en el Mar Argentino. Como país necesitamos desarrollar un instrumento militar que sea respetado para darnos una seguridad de defensa de nuestros recursos.

Nos preparamos con una característica disuasiva, pero no tenemos enemigos. Esto es como una casa que tiene un buen sistema de alarmas y rejas. Una buena forma de disuadir al enemigo. Ese es el concepto.

Cejas: "Tenemos un nivel aceptable de seguridad en cuanto a ciberdefensa"

- ¿Está preparada la Argentina para la defensa de sus recursos?

-No tiene todas las capacidades que tendría que tener.Estamos equipados y disponemos de los recursos que la Nación puede dedicar a fortalecer el instrumento militar, pero vemos que hay posibilidades de desarrollar proyectos que hacen al fortalecimiento de las fuerzas armadas. Lo que sí tenemos es un concepto que llamamos núcleos de modernidad. Transpolamos a escalas más pequeñas desarrollos o posibilidades tecnológicas aplicadas al instrumento militar que permiten mantener a nuestra gente adiestrada, motivar a nuestros jóvenes y en la medida que presupuestariamente podamos, equiparnos.

- ¿Cómo se prepara el Ejército en materia de ciberdefensa?

-Esta es una de las incorporaciones más adelantadas que han hecho las fuerzas en su conjunto. No reemplaza a ningún otro medio sino que es un complemento para cumplir nuestra misión. Estas son medidas de protección para nuestras redes y sistemas críticos. Esto requiere una inversión permanente.Tenemos un nivel aceptable de seguridad en cuanto a ciberdefensa.

- ¿Cree que se debería actualizar los planes de estudio militares?

- Habiendo invertido 10 años de mi carrera en el ámbito educativo este aspecto está superado en relación a la ley de reestructuración de las fuerzas armadas. Gratamente soy un producto de este cambio en el sistema educativo del Ejército.Desde 1992 los oficiales que egresan del Colegio Militar obtienen un titulo terciario y posteriormente de grado. Formamos gente que pueden vincularse al mundo.Obviamente que la formación académica es lo mas solido que tenemos y el activo critico que tenemos.

- ¿Cree que la visión que tiene el gobierno actual es diferente a la de Macri respecto a las fuerzas armadas?

- No podría aseverar su pregunta. No hay bases para sustentar que en la administración anterior haya habido una aproximación con las Fuerzas Armadas que se haya materializado con la asignación de recursos. Si quizás recibimos una serie de materiales y adquisiciones que se habían hecho en gestiones anteriores a la administración que se fue. De hecho encaramos un proceso de reconversión de nuestra Fuerza y esa transformación requería recursos que nunca llegaron. A su vez, se vendieron activos de las Fuerzas y no todo el producto de la venta se destinó al equipamiento de Ejército.

Respecto a esta administración política, trabajamos en proyectos que están enmarcados en un planeamiento de máximo nivel conjunto y esto derivará en una estrategia militar. Hay un montón de ideas e iniciativas. Hay un alto grado de expectativas. El ministro (Rossi) llevó al Congreso un proyecto de ley de fondos de la defensa que nos va a permitir ver el largo plazo y dar previsibilidad en las inversiones. Necesitamos tiempo y una mirada a futuro para que este cadete que hoy recibe la bandera cuando sea jefe del Estado Mayor disponga de capacidades mucho más fuertes.

- El año pasado los Estados Unidos hizo una objeción a la estación espacial de China en Neuquén –que depende del Ejército Popular– y que tendría fines duales, ¿qué dice el Ejército de estas objeciones?

- No puedo ser imprudente en las manifestaciones que haga porque nuestra política está atada a la visión del Poder Ejecutivo y la política exterior que el Presidente marca. La decisión de haber instalado la estación en Neuquén fue tomada en un marco político y no tengo ninguna apreciación institucional que hacer al respecto.


これスペイン語だけど、アルゼンチン陸軍の新陸軍参謀総長であるアウグスト・ウンベルト・セハス氏についての記事ですね。階級は、アルゼンチン軍も独特で、本来陸軍中将を意味するはずの「Teniente General」が陸軍大将相当となっているのですが、少将です。その他それまで中将以上のポストも、今年の新任者は海軍・空軍各参謀総長も国軍参謀総長(10年やった人もいた)も少将のまま据え置かれています。前にも陸軍は一時将官は全員少将だった時期も(なお、南米の各国軍は准将が無い国が多い)ありましたが、これからはホントにアルゼンチン軍では少将が最高階級となってしまうのでしょうか。ブラジルやチリ、ペルー等近隣国は、各軍のトップは大将としている国もいくつもあるのに・・・・・・ですが・・・・・・・・ただ、セハス少将はまだ55歳(誕生日は広末涼子氏らと同じ7月18日である)なので、数年後には大将になっている可能性もゼロだとも言えないです。アルゼンチンも、先進国グループからは脱落しながらも地域大国である事には変わりないから、まさか・・・・・・ですが・・・・・・・・・・

|

2020/05/05

ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その17

約10か月ぶりのこのシリーズだけど、2020年も連邦軍将官軍事で色々異動があったらしい。ポイントは①連邦軍副総監も陸軍出身者に②アフガニスタンでの軍事経験者が陸軍総監に③前陸軍総監はブルンスム統連合軍司令官に。ですね。

連邦軍は2020年4月時点で大将が3人、中将が25人、少将が47人いるらしいけど、少将は誕生日は全く無視した場合平均年齢は59.04歳で、中将の60.40歳と大きな差は無いですね。連邦軍の将官定年は2009年頃より62歳(連邦軍総監等大将は事実上64歳になっている様である)だけど、今年で定年を迎えるまたは既に迎えていた人(つまり、1958年以降生まれの人)は中将は14人、少将も9人います。中将最年少は1966年生まれのカルステン・ストウイツキ海軍中将で、少将最年少は1967年生まれのイェルグ・ゼー陸軍中将ですね。ゼー中将はこれまで国防省勤務やNATO勤務、旅団長等を経験して現在はNATOで勤務中らしい。

空軍総監のインゴ・ゲアハルツ空軍中将も比較的若く、今年55歳ですが、大佐から中将昇進まで僅か3年で、過去エントリーでも述べた通り、空軍総監は少将が起用される例も珍しくはないのですが、彼もそうらしい。空軍副総監の方が年上で、今月17日に定年に達するのですが、海軍なんか総監・副総監共に就任から5年以上経っていて、既に定年にも達している様だ。現在連邦海軍には他に中将がいますが、ストウイツキ中将以外は既に定年が近いです。海軍総監・副総監も共に次の人は少将から起用されるかもしれないですね。連邦軍総監は1960年生まれだから、2024年までの在任となるだろうけど、さすがに次の連邦軍総監は海軍か空軍出身者が任命されるでしょうね。多分・・・・・・・・・

|

2020/03/07

「獣医学部に生物兵器」ネタが先行した新聞記者の3冠で日本アカデミー賞の価値に疑問

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000036-tospoweb-ent

“コロナ失策”安倍政権さらなる逆風?反安倍映画「新聞記者」が日本アカデミー賞3冠


3/7(土) 17:10配信

東スポWeb



 新型コロナウイルスに対する“失策”で叩かれまくっている安倍政権には、さらに逆風か――。

第43回日本アカデミー賞」授賞式は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場に観客や報道陣を入れずに行われた。加計学園問題など実際の政治スキャンダルをモチーフにして話題になった「新聞記者」が、最優秀作品賞など主要3部門を制した。

 同作で最優秀主演男優賞を初めて獲得した松坂桃李(31)は、エリート官僚役を好演。壇上のスピーチでは「実現するまでに二転三転、四転五転。それでもこの作品をしっかり見てくださる方に届けたいという人が集まって、撮りきることができました」と、公開までに紆余曲折があったことを改めてほのめかした。

 最優秀主演女優賞は、同作で政権の闇に立ち向かう女性記者を演じた韓国人女優シム・ウンギョン(25)が初受賞した。

「新聞記者」は“反政権の問題作”とのレッテルを貼られた。同作の原案は、菅義偉官房長官の“天敵”である東京新聞・望月衣塑子記者が執筆した同名ノンフィクション。昨年6月に公開されたころには同作の公式サイトが何者かからサイバー攻撃を受けたと報じられて話題になった。

「日本アカデミー賞で、反政権色が強い映画が作品賞を取るとは思わなかった。主演男優・女優賞まで」と目を丸くするのは永田町関係者。同作に関わり、加計学園問題の当事者の一人でもあった元文科事務次官の前川喜平氏はツイッターで「アベ政権が最も嫌う映画が日本アカデミー賞!」と賛辞を贈った。

「主要3部門を制したことで、昨秋にリリースされた『新聞記者』のDVDとデジタル配信は、さらにセールスが伸びるはず。新型コロナウイルスの感染拡大で世間の人々は外出が難しくなっているから、自宅でこの作品を見ようと需要が急増するかもしれない」(映画関係者)

 コロナ対応に苦慮する安倍政権にとっては泣きっ面にハチ!?



たまたま直前にこの新聞記者、目にする機会があって、某所でも拙文ながらも感想書きましたが・・・・・・・・・・

ヤフコメでもコメントしたけど、松坂氏の主演男優賞には納得だけど、シム・ウンギョン氏(当初は蒼井優氏が吉岡を演じる予定だったのだろうが、政治色が強いという事で逃げられたのだろう)は韓国人だからしょうがなかったけど、日本人が喋る日本語じゃなかった。田中哲司氏も多田の様に「民主主義なんて形だけで良いんだ。」とか口には出さなくても内心そう思っている現実の政治家・官僚だって絶対一定数いるのでしょうが、失礼ながらこの人が演じても冷徹さも重厚感も欠いていて、小者感がぬぐえなかった。結局は「獣医学部に生物兵器」なセンセーショナルなネタが先行していて、民主主義のありかたとか改めて強く訴えかけられたものなんてなかった、こんなアカデミー賞を何部門も受賞する様な映画だとは思えなかったですよ。私からは・・・・・・・・・・・・

4月ドラマは続編ものが多い。ハケンの品格もその一つで、この東スポやアサ芸が、篠原涼子氏がたまたま最近は民衆の敵とか出演ドラマが低視聴率なのを蒸し返して、映画では日本アカデミー賞で優秀主演女優賞&優秀助演女優賞のダブル受賞を果たした快挙をスルーして続編も高視聴率を取れなかったらもう篠原涼子はオワコンだという様な記事を書いて叩いたのも、もうそういうのが彼らの仕事だってえの分かっていながらもちびまる子ちゃんの藤木よりも全然卑怯だろ!!お前らの方が彼女よりも全然終わっているよ!!とツッコみたくなったけど、新聞記者程度の映画が3部門も制覇する様では日本アカデミー賞もその価値に疑問を抱かざるを得ないです。綿矢りさ氏の蹴りたい背中が芥川賞を受賞してしまった時の様に。

でも、しょうがないか、今の日本映画って漫画や小説を安易に実写化したものが目立つものね。キミスイも、その内他の作者の作品も実写化されるかもしれないとも思ったけど、青くて痛くて脆いがホントに実写化される事になって、彼ら彼女らがそれぞれ持っている良さまで否定するつもりは毛頭ないけど、同じ役者ばかりで、彼らにも合わせる為に変に設定も変えているしね。中には漫画の実写版でも翔んで埼玉みたいに面白かったのもあるけど、結局製作スタッフや大手芸能事務所およびその所属タレントの為の実写版になっているもの。ホントに映画または原作が好きな人の事なんて見ていないんですよ。そんな作品が目立つもの、実態は左翼の出来損ないで却って政権を補完してしまっている有様なのに、センセーショナルなネタも見せて、反権力ぶった映画でも高尚に見えてしまうのでしょう。別に無理して狙う必要も無いけど、これじゃあ日本映画はこの先もパラサイトの様に本場のアカデミー賞を受賞するなんて夢のまた夢ですよ。ヤフコメでも言ってた人いたけど、日本映画はどんどんガラパゴス化していくでしょうね。

|

2019/07/13

ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その16

折角の3連休だけど、ジョジョが28日に最終話との2話連続での放送となって、今週は黄金の風感想がお休みとなってしまったので今回は約10か月ぶりのこのシリーズです。

連邦軍総監はさすがに今度は海軍か空軍出身者だろうと思いきや、エバーハルド・ゾーン陸軍大将が就任となりましたが、ゾーン大将は1960年2月生まれで、連邦軍は2009年頃に将官の定年が一律62歳までに引き上げられたので、2022年2月まで、延長で64歳までの任期なら2024年2月までとなる見込みです。

連邦軍では大将ポストはこの連邦軍総監だけですが、前にも話した通り、ドイツ連邦軍はNATOに兵力を供給させられて事実上連邦首相にも国防相にも指揮権がない代わりにそのNATOでの大将ポストに就いている人も数人いて、1955年の創立以来大将が1人しかいない時期は殆どありません。大抵は2人か3人いるのですが、2019年5月末の人事でエアハルト・ビューラー陸軍大将がブルンスム統連合軍司令官に就任して、これで欧州連合軍参謀長、変革連合軍副司令官と合わせて大将が4人となりました。ブルンスム統連合軍司令官は1960年代後半以降はほぼドイツ連邦軍将官のポストとなっていたのが、近年はイタリア軍の将官が続けて就任していたのですが、ビューラー大将も1956年1月生まれなので、連邦軍総監同様64歳まで定年延長してもあと半年までしか務められませんね・・・・・・・でも、今までの歴代司令官は最低でも1年は在任しているし、連邦軍初期にはアドルフ・ホイジンガ―とかみたいに67歳あたりまで現役だった例もあるので、2020年5月までの任期として、後任はまた同じドイツ連邦軍の将軍が充てられると思われます。

欧州連合軍参謀長も変革連合軍副司令官も既に62歳を超えているので、この2つのポストも近々交代となる可能性が高いですが、他にも相変わらず定年延長となっている将軍が目立ちますね。

https://de.wikipedia.org/wiki/Liste_der_Generale_der_Luftwaffe_der_Bundeswehr

そんな中でも、最近ドイツ語版wikiでは空軍の現役将官リストのページが作られて、これによると中将10人、少将14人、准将38人の計62人いる様ですが、そんな中でもインゴ・ゲアハルツ中将は出色の出世ぶりです。空軍総監や海軍総監の場合は少将からの抜擢例も珍しくないのですが、ゲアハルツ中将は将官になってから僅か2年半少しでの就任で、空軍中将では最年少です。なお、空軍の最年少将官はホルガ―・ネウムマン中将かと思われて、1968年9月生まれだから50歳ですが、陸軍総監も現任者のイェルグ・ボルマー中将が1957年9月生まれなのでもう少しで定年を迎えます。

後任者は誰になるかですが、陸軍中将の中では比較的若い、カブール支援任務参謀長のアンドレアス・マルロウ中将やドイツ・オランダ軍団長のアルフォンス・マイス中将は現職に就任して間もないので彼らが抜擢される可能性は低いでしょう。陸軍副総監のヨハン・ランゲネッガー中将も1958年5月生まれで歳があまり離れていないので、このまま2020年5月まで務めて退役となるでしょう。ボルマー中将の定年時点で現職就任1年以上となる、共に国防省部長のクラウス・フォン・ヘイメンダール中将かマルクス・ローベンタール中将のどちらかが後任の陸軍総監になるかもしれない。特に後者は海外での任務経験もあるので、そういう所でも有利でしょう。まあ前任者同様ボルマー中将の定年が1年延長か、少将の将官からの抜擢となる可能性も¥ありますが・・・・・・・・・・

|

2019/04/14

台湾軍陸軍司令が国防大学校長に転ずる

https://tw.nhttps://tw.news.yahoo.com/%E7%8E%8B%E4%BF%A1%E9%BE%8D%E4%B8%BB%E6%8C%81%E5%9C%8B%E9%98%B2%E5%A4%A7%E5%AD%B8%E5%B1%A5%E6%96%B0%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E6%8C%87%E5%B0%8E-160000839.htmlews.yahoo.com/%E7%8E%8B%E4%BF%A1%E9%BE%8D%E4%B8%BB%E6%8C%81%E5%9C%8B%E9%98%B2%E5%A4%A7%E5%AD%B8%E5%B1%A5%E6%96%B0%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E6%8C%87%E5%B0%8E-160000839.html

王信龍上将(大将)は1960年生まれで、2004年に少将、2010年に中将、2016年に陸軍司令就任に伴って上将となったのですが、昨年末時点で張哲平空軍司令と並んで最年少の上将でした。上将の定年は64歳で、実際はそれより早く退役または総統府戦略顧問に就任する例も珍しくはないのですが、国防大学校長に転じた様で・・・・・・・・・・・1990年代にも陸軍司令(当時は陸軍総司令か)が前身の三軍大学学長に転じた例はあったらしく、他にもブラジル等国防大学の学長または校長が大将ポストとなっている国はありますが、三軍のトップと同格な国は珍しいですね。海軍出身の李喜明上将が今年定年を迎えるのですが、次の参謀総長は空軍出身の張空軍司令で、その次に王校長が就任するのですかね。年度初めの将官人事では、他に劉志ブ(変換できず)海軍副司令が副参謀総長兼執行官に転ずると同時に最年少の上将となりましたが、2016年7月に中将となってから3年弱の昇進です。少将ポストも6つも歴任したらしいから将官になったのも早かったのでしょうね。王氏の次はこの人が参謀総長になるかもしれないですね。基本参謀総長は各軍種での持ち回りらしいですし。

|

2019/03/23

ロシア地上軍総司令官が上級大将に昇進

https://pronedra.ru/glavkomu-suxoputnyx-vojsk-prisvoili-zvanie-general-armii-354151.html

これロシア語で書かれたページだけど、地上軍総司令官であるオレグ・サリューコフ氏が先月22日付で上級大将に昇進したらしいですね。これで現役では9人目の上級大将が登場したけど、地上軍総司令官の上級大将はウラジーミル・ボルドゥイレフ氏以来9年ぶりの事です。もう各軍の総司令官は大将で定着するのかと思っていただけに意外に感じました。地上軍副総司令官も大将ですが、他軍種は総司令官は大将で、副総司令官または参謀総長は中将なままな様ですが・・・・・・・・・・自衛隊でも、退任予定な統合幕僚長は3度も定年延長となったけど、ロシア連邦軍は近年大将の定年が65歳に引き上げられたらしい。サリューコフ氏は1955年生まれだから、来年の2020年に定年を迎える予定でしたが、プーチン大統領からの信頼厚いのですかね。上級大将の定年は知りませんが、大将が60歳定年だった時は61歳で、ボルドゥイレフ氏も定年により退役となったから66歳?まあサリューコフ氏の退役ももうそう先の話ではないかもしれないですね。


|

2018/09/01

ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その15

約9か月ぶりのシリーズで、今更な感がありますが、今年3月ついに連邦軍総監が交代となりました。

今度は3代続いて陸軍出身者はないだろうと思っていましたが、今度も陸軍中将だったエバーハルト・ゾーン氏が就任しました。(階級も大将に)ゾーン氏の前職は国防省人事部長でしたが、以前にも中将ポストな国防省部長からの抜擢例はあった様です。ゾーン氏は1960年生まれで、今年で58歳となりますが、連邦軍の将官定年は一律62歳(2009年頃より)ながらも、64歳まで延長になるのが通例化しつつある様なので2024年まで在任する見込みなのでしょう。その頃はさすがに首相もメルケル氏ではなくなっているでしょうが・・・・・・・・

前回に続いて中将と少将の平均年齢も調べてみたけど、今日2018年9月1日時点で中将は24人で平均年齢は60.96歳、少将は2人生年不明者の他に生月日不明者も何人かいたけど、前者は除外して、後者は既に誕生日を迎えていると仮定して計算したら、全47人いるけど、平均年齢58.53歳と前回の60.04歳、58.02歳よりもさらに高くなっていました。しかも62歳となったのに定年延長となっている面々も相変わらず多く、12人もいます。また、少将面々の中には大佐から准将になるのに10数年以上かかった人もいますが、それもさもありなんでしょう。

ただ、そんな将官の高齢化が進む中でも若くして中将になった人もいます。1人はカルステン・スタウィツキ海軍中将で、名前からしてポーランド系かと思われますが、まだ52歳です。以前にも言及しましたが、52歳の中将自体連邦軍では久々ではないでしょうか?もう1人は、これも予想はずれてしまったけど、空軍総監となったインゴ・ゲルハルツ空軍中将です。将官(准将)となったのが2015年10月で、ゲルハルツ中将は1965年12月生まれだからこの時49歳でしたが、3年以内で3階級昇進しています。以前にも話した通り、陸海空各総監は中将ポストながらも、同副総監も中将ポストで、その他中将ポストよりと比べればやや別格な印象もありながらも少将からの抜擢例も珍しくはなかったのですが、ゲルハルツ中将の空軍総監就任は少将昇進(2017年10月)からもまだ1年足らずの事です。自衛隊ではあり得ないと言うか、大抜擢なレベルでしょう。さすがにゾーン氏の次の連邦軍総監は今度こそ海軍か空軍出身者でしょうが、この2人は将来の有力な連邦軍総監候補かもしれません。

| | トラックバック (0)

2017/12/29

スイス軍の2018年組織改編

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-f4f9.html
(関連エントリー「スイス軍の将官の人数」)

3年近く前にも取り上げたけど、スイス軍についてですね。2018年1月に大規模な組織改編が行われる様です。一言で言えば、元々スイスは内陸国だから海軍は無いですが、要するに統合軍方式となる様です。今年1月1日にフィリップ・リボード軍団長(建前上はスイス軍の平時における最高階級は大佐で、正確には軍団長たる大佐だが、実質的には中将である)が国軍参謀総長に就任したばかりなのが、新たに国軍司令官のポストが創設されて、誰が就任するかはスイス軍の公式HPではまだアナウンスされていない様だけど、参謀総長はポストは残るものの師団長(実質的に少将である)ポストに降格となり、作戦司令部、訓練司令部、兵站支援司令部、軍物流司令部がその参謀本部の直属機関、陸軍・空軍は作戦司令部の下部組織となり、各軍司令官は軍団長から師団長ポストに降格、陸軍は軍管区(4つあり、司令官は師団長ポスト)と旅団(旅団長は准将に相当する旅団長ポスト)の内、旅団が作戦司令部の直属部隊となるらしいです。

作戦司令官は空軍司令官だったアイド・カルロ・シェレンベルグ軍団長が、訓練司令官はダニエル・バウムガルトナー軍団長が就任するらしく、軍団長(中将)が3人なのは変わらない様です。師団長(少将)はHPで確認できた限りは8人で、陸軍司令官は旅団長だったけど、まあ来年早々に組織改編に合わせて師団長になるのでしょう。でも、連邦国防省勤務の将官もいるだろうし、現国防相は右派・保守政党のスイス国民党出身者(大統領は1年交代制だけど、女性で中道政党のスイスキリスト教民主党出身、ちなみにスイスには自由民主党もあるけど、我が国日本の同名の政党と同じく中道右派政党である。えっ?日本の自民党は世界基準では中道左派だろ?バカ言っちゃいけないよ。55年体制時の宏池会は確かにそうだったかもしれないけど、今の自民も中道左派ならば私なんか左翼ですよ)らしいけど、もう少しいるかもしれない?

スイスは平和国家という事になっているけど、その実民兵が有事に備えていて、徴兵制もあって、銃の所持も認められてそれを用いた自殺率も高い等防衛に向けた努力及びその弊害もある様ですが、置かれている状況は違えど、日本もこれからはそうしたスイスの国防体制を良い意味で参考にしたいですね。そう言えば陸上総隊も来年3月に創設予定で、中央即応集団廃止にしても将が1人、将補が3人増えてしまう様ですが、方面隊か師団どちらかは廃止にして、指揮階梯を陸上総隊-方面隊(総監は少将相当の将補に格下げ)または師団-旅団(旅団長は新たに創設する准将で)-大隊にすべきだったのではですが・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2017/11/26

もし中華民国国軍(台湾軍)に准将階級があったら

参謀総長は、李喜明海軍上将が舌禍事件で白紙かと思いきや、邱國正陸軍上将が陸軍司令から短期間の横滑りし、彼から譲られる形で就任したらしいですが、もし准将階級がある場合は各軍種等ごとに以下のポストに充てられるべきでしょう。

陸軍・・・60人程度

司令部部長または副部長(中国語では處長と呼称される)
軍官学校副校長、同教育長
軍(中国語では軍団)参謀長、同政治作戦(以降政戦と表記)副主任
装甲及び機械化歩兵旅団長(兵科により旅団長は階級が異なり、これら以外の兵科の場合は大佐相当の上校が旅団長)
砲兵指揮官、地区指揮部副指揮官(いずれも少将でも良いかも?)
地区指揮部政戦主任
防衛指揮部参謀長、同政戦主任
航空作戦指揮部参謀長、同政戦主任
航空旅団長
教育訓練準則発展指揮部参謀長、同政戦主任
各兵科指揮部副指揮官
後勤指揮部地区支援指揮官等

海軍・・・30人程度

司令部部長または副部長
司令部副督察長
造船発展中心副指揮官
通信系統副指揮官
大気局局長
軍官学校教育長(副校長もか)
海軍艦隊参謀長、同副政戦主任
副艦隊長
陸戦隊(米軍の海兵隊に相当)参謀長、同政戦副主任
陸戦隊旅団長
教育訓練準則発展参謀長、同政戦主任
保修指揮部副指揮官

空軍・・・35人程度

司令部部長または副部長
作戦指揮部参謀長、同政戦主任
直属連隊長または副連隊長
防空飛弾指揮部参謀長、同政戦主任
保修指揮部及び松山基地副指揮官
航空技術学院副校長、同教育長・政戦主任
軍官学校副校長、同教育長
戦術副連隊長

国防部・・・少なくとも45人以上か


国防部各司(局に相当か)直属設置處長(部長相当か)
政治作戦局部長または副部長
軍備局部長または副部長
直属医療機関副院長
参謀本部部長または副部長
憲兵副参謀長
憲兵政戦主任、同副督察長・部長
憲兵地区指揮官または副指揮官
憲兵訓練中心主任


以前は台湾将軍という中国語のサイトがあったのですが、今はパスワード制になって見れなくなってしまった。それでも調べられればもっと正確な数字分かっただろうし、実際もう少しいそうですが、台湾軍の将官は(二級)上将8人、中将54人(来年元旦付けでの昇進者も含む)で、全将官は300人弱程度ですが、史実は上校ポストなのもいくつか含むので少将80~90人、准将170~180人ぐらいになると思われます。2000年に民進党が初の与党になった時は実際上将の一・二級分離を止めて代わりに准将を創設する話もあったらしいですが、日本の自衛隊同様自然消滅となってしまった様で?台湾軍の場合は国共内戦時に中独合作で、ドイツから軍事顧問も招いて提携していた縁で階級も旧ドイツ軍風にしたのが、第二次世界大戦後は軍服と階級章は米軍風にしたのが、階級はそのままにしたのだから独特になっているのですが、2016年に政権奪回を果たしてももう再検討する気もないのですかね?

モンゴル軍は非共産化されて、将官階級がソ連式(少~上大)から英米式(准~大)になった(但し、過去エントリーで言及した通り、戦後のドイツ連邦軍と違い、人民共和国時代の将官達は★を1つ増やした階級章をつけた軍服を着用する事を許されている。例えば人民共和国時代に少将だった人は現在も准将に格下げになったわけではないのである)し、ウクライナ軍は実際最近准将階級が創設された(ただし、例えば陸軍旅団長の階級は大佐であり、中将以上は台湾軍より少ない)らしいですが、そうなると上校ポストも一部准将ポストにする必要が生じる以外にも一級上将達の扱いが難しいから、それなら変えない方が・・・・・・という事になったかと思われますが、前にも言った通り蒋介石のみ昇進した特級上将は★★★★★★の民国元帥、一級上将は★★★★★の各軍元帥または元帥上将(旧帝国陸海軍にも元帥大将階級があったが、元帥格の上将という意味)とし、少将~上将は★を1つずつ増やす方が他国軍との整合性が取れて良いと思います。まあ、台湾(中華民国)と正式な国交を結んでいる国は少ないですが・・・・・・・・・まあフランス軍なんかもっと星多いし、イギリス軍も米軍とかとはスタイル違う。南米各国軍も准将階級ない国全然珍しくない(あってもアルゼンチン軍みたいに将官ポストに空きが無くて昇進できない大佐に充てられる名誉階級だったりする)し、ボリビア軍も少~大将の階級章はそれぞれ★、★★、★★★ですが、将官ポスト自体、同じ事を自衛隊でやったら発狂される事間違いなしだろうなぐらい近年削減した様なので、実現したとしてもまだ当分先、今の総統の次か次の次の代あたりになるでしょうね。

| | トラックバック (0)

2017/11/19

ドイツ連邦軍の階級と陸軍軍服その14

2か月ぶりのこのシリーズだけど、もう一度ドイツ連邦軍の現役中将及び少将の平均年齢及び人数を調べてみました。

今年11月中旬時点で、中将は26人で平均年齢60.04歳、少将は不明が1人いて、推定を2人含みますが、48人いて、不明者を除いた47人の平均年齢は58.02歳です。やっぱ高いですね。自衛隊とかと比べると。しかも、連邦軍は将官の定年、2009年頃に60歳から62歳に延長されたらしいですが、62歳の誕生日を過ぎても延長になっている面々が中将が6人、少将が7人で計13人もいます。これでは余計高くなるのも当然というものでしょう。

https://m.bundesregierung.de/Content/Infomaterial/BMVg/Das_Bundesverteidigungsministerium_stellt_sich_vor.pdf;jsessionid=560DC0F695D08CE4EFCB9DF4BB7E9528.s1t1?__blob=publicationFile&v=6

当然彼らの中には国防省勤務者も何人かいて、これは最新版ではない(2016年時点での)ですが、国防省の組織についてのページです。国防省勤務の中将は5人いて、abteilungsleiter~の肩書が明記されていて、文官もいるけど、ドイツ語で局長という意味らしい。国防省勤務の高級将校は局長が中将、部長が少将または准将、課長が大佐ポストとなっている様ですが、このページを見ると制服組部長は准将の方が多い様です。

国防省でのポストは残っていても、米軍なら統合参謀本部、自衛隊なら統合幕僚監部に相当する様な組織は今のドイツ連邦軍にはない?かっては全軍指揮幕僚監部が存在して、それがその統合参謀本部に相当したと思われますが、指揮効率化等を図ったのか2012年の組織再編で陸空軍指揮司令部や海軍艦隊司令部(海軍副総監が新たに設立された海軍副司令官及び艦隊司令官を兼ねる様になっている)等共々廃止されてしまった様です。東西冷戦は過去の事、過剰な将官ポストは無駄遣いになるだけだし、要らないポストを削るのは良いですが、全軍指揮幕僚監部は残しても良かった様な気はします。

その代わり、将官の定年を延長したわけでもないのだろうし、ならばでもないのだろうけど、陸海空各総監も以前にも話した通り基本いきなり少将からなるわけではない様だし、大将ポストに格上げしても良い様な気も(救護業務軍副総監及びサイバー及び情報副総監は中将ポストに)しますが、そうはしないのは兵力の大半をNATOに出している(事実上首相にも国防相にも指揮権はないが、実際これも前に話した通り連邦軍総監以外にもそのNATOで大将ポストに充てられている人も若干名いて、大将が1人しかいなかった時期はごくほんの一時期に過ぎない)のもあるのでしょう。

来年定年を迎える面々は中将は6人、少将は2人いますが、その1人のカール・ミュルナー空軍総監は就任したのが2012年4月25日で、生年月日が1956年2月18日、62歳の誕生日を迎える日まで留任してやっと前々任者のクラウス=ペーター・スティーグリッツ氏の5年9か月17日を更新する見込みな様です。最後にミュルナー氏の後任が誰になるかですが、彼以外の現役空軍中将は6人います。少将からの就任例も皆無ではない(連邦軍創立直後はガンで亡くなった前任者の後任として、師団長から陸軍総監に抜擢された例もあった)ですが、かなり高い確率でこの6人から選ばれるでしょう。もう結論言いますが、空軍副総監のアンスガール・ライクス中将が昇格の形で就任すると予想します。何故かと言うと他の5人は定年間際または退役延長中か横滑りの例がない戦略基盤軍またはサイバー及び情報総監に就いているからです。まあサイバー及び情報総監は新設されたばかりのポストなので当然と言えば当然なのですが、ライクス中将は1959年5月生まれなので、ホントに来年2月に空軍総監に就任したとしても、2021年、あと3年強はやれます。戦略基盤軍総監であるマルチン・シェレイエス空軍中将も同じく1959年生まれで、中将に昇進したのも54歳だった2013年と比較的早かったのですが、2021年の定年までそのまま留任か、マンフレート・ネルソン海軍大将の後任でNATO変革連合軍副司令官に就任か、局長として国防省に異動かのいずれかになるでしょう。まあ大将または陸海空各総監は定年62歳でも良いだろうけど、それ以外の将官は60歳で丁度良いと思います。もっとも、ドイツも日本同様年金問題がある様で、69歳まで受給開始年齢を引き上げるべきな意見もある様ですが・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧