国内・世界政治一般

2020/09/21

女性政治家が少ないのは良い事ではないが、マスゴミの菅内閣ネガキャンには騙されない

https://news.yahoo.co.jp/articles/a50f725de5dbfdfe50347220af48d4796c48e68a

「男性政治家ばかり」違いは何? 日本とフィンランド、平均年齢も



配信










  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信




フィンランドのマリン首相(左から2人目)と閣僚。4人が30代(フィンランド大使館提供)

 「この違い、何だ」。日本とフィンランドの政治風景をそれぞれ象徴する比較写真がツイッター上で話題になっている。1枚は菅義偉自民党総裁(首相)を中心に、男性ばかりの党幹部が並ぶ写真。もう1枚は、フィンランドの30代女性首相と女性閣僚がそろって写ったものだ。2枚を並べ、女性の政治参画の遅れを嘆くツイートが国内で広がる。

 

 日本側の写真は菅氏が党4役と横並びに。5人の平均年齢は71歳を超え、女性は一人もいない。「日本は何周遅れなの?」との声もある。

 

 フィンランド大使館職員の堀内都喜子さんは「国の将来に若い人、女性の力が欠かせないことを皆が理解している」と話す。

 


確かに、女性政治家が少ないのは良い事ではありません。何より日本は世襲議員が多すぎます。そして年功序列で、一定以上の当選回数を重ねたら専門的知識もないのに派閥の力学で大臣にして、しかも1年で交代させるバカな事もしている。中には親よりも出世して総理大臣になった人も(橋本氏、小渕氏、安倍氏等)いますが、世襲政治家達自身だけでなく、民主的な選挙で政治家を選ぶ事が出来るのに彼らを利権とかも絡んで担ぎ上げたり、彼らを選んだりした一般国民にも問題があります。(この下記HPでも何故女性政治家が少ないか述べられていたけど、良い事言っていたので勝手に紹介させていただきます)

https://note.com/nanaehasegawa/n/ne08d76b6cff9

そういう意識をいい加減変えて、志ある女性も国政に進出していける環境を作らないといけない、これも間違いないとも思いますが、この共同通信とかマスゴミが、「十八番」の一つとして自分に都合の良い時だけ海外の事例を出して、フィンランド素晴らしい!!日本全くダメ!!と、最初から大して期待しているわけでもなければ支持しているわけでもないですが、菅政権をネガキャンするのも全く同調できません。

まあマスゴミはとにかく自民・政権をあら捜しして批判できれば良いのであって、そういう女性政治家が少ない問題の本質もそもそも理解しているとも思えないし、フィンランドの女性首相は同じ女性な台湾の総統やニュージーランドの首相共々良いコロナ対応していますが、その一方で何度も言っている通り、アメリカ・・・・経験豊富なはずでマスゴミの後押しも得ていた筈なのに政治経験もない対立候補に大統領選で敗北、フランス・・・・日本侮蔑発言した首相がいて、退任後不正が発覚、イタリア・・・・ローマ市長が無能、カナダ・・・・民主主義国家では例のない、下院選挙で大敗。本人も他にはインドとオーストラリアぐらいでしか例がない「現役首相なのに落選」を経験してそのまま過去の人に、ブラジル・韓国・・・・前任者に続いて不正等がバレて逮捕される(韓国ではまた、タマネギ男の後任者も不正が発覚したよね?)とあまり例がない残念エピソードを残した女性政治家だって何人かいたし、このフィンランドも現任者はどれぐらい首相やれるか分からないけど、過去の女性首相はいずれも短命だった事とかはスルーですか?

https://togetter.com/li/793786

また、政治家ではないですが、ノルウェーでは2003年に40%割当制を導入して数合わせに拘った結果、業績が悪化したり、上場廃止したりした企業が増えてしまったらしいですが、全く本末転倒ではないですか。それでも、人口が500万そこそこしかいないから幸福度も日本より上でやっていけるのでしょうが、人口数千万人以上の国でこんな事やったら年経済成長率マイナスとか恒常化するでしょうね。どうして殊更女性を特別視するのか理解できない。女性が管理職に出世するのもちゃんとそれ相応の働きを見せた結果でなければいけないけど、男だろうが女だろうが、能力があるのなら年齢とかに関わらずどんどんそれ相応の仕事を任せば良いだけな、別に難しくも何ともない話だけど、それは逆差別になり、結局女性を貶める事になるのではないですか?そもそも男性と女性は身体の作りだって違うのだけど、これも何度も言う通り、そもそもまた政府だろうが一般企業だろうがそこにいる女性の能力が男性と同等かそれ以上になる保証なんかも全く無いのに現実まで無視した男女平等を追求するのも愚の骨頂、いたずらに社会を混乱させるだけです。違うというのなら、まず共同通信とか文句言っているマスゴミが積極的に役員も女性を起用して、それでもちゃんと給料相応の、国や国民の為の仕事をしている事を証明してごらんなさい。そもそも今だって国や国民にとって害になる事しかしていないし、マスゴミの辞書には進歩とか反省とかなんか無いから太陽が西から昇る事と同じぐらいあり得ないでしょうが!!

|

2020/09/19

別にシン・ゴジラから防衛について大真面目に語っても良いだろ

https://news.yahoo.co.jp/articles/a101b2763f0e076dcce8d05537e0b3b88952a77e

東国原英夫 「シン・ゴジラ」を大まじめに語る石破氏に「総理の座は遠いかな」



配信




  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポニチアネックス




東国原英夫

 元衆院議員のタレント東国原英夫(63)が18日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演し、自民党の石破茂元幹事長(63)が映画「シン・ゴジラ」を国防の観点から語ったエピソードを明かした。

 

 番組では、前防衛相の河野太郎行革相(57)が、未確認飛行物体に遭遇した際の対処法として、「遭遇した場合に報告に万全を期す」、「可能な限り写真撮影などの記録に努め、必要な分析を行う」と防衛省や自衛隊に指示したことを伝えた。コメントを求められた東国原は「マジでしょうね。自衛隊は国民の生命財産を守ることが使命ですから。何か飛行物体が来たらチェックしないといけない」と、河野氏の本気度を推察した。

 

 また東国原は、過去に石破氏が2016年公開の映画「シン・ゴジラ」に関連して、ゴジラが日本に出現した際に想定される対策について私見を語ったことを紹介した。同氏は、自衛隊の防衛出動、治安出動、災害出動にいずれにも当たらないとし、自衛隊の出動は不可能と分析したという。東国原は「石破さんは一生懸命考えて、『これは出動できないな、今の法体系では。法律を変えないといけない。法改正しないといけない』って、まじめに答えた」とコメント。「だから…総理の座は遠いかな」と、自民党総裁選に敗れたことを引き合いにオチを付けていた。

 


個人的に以前レビューした通り、シン・ゴジラは駄作認定で、東国原氏本人よりも記事を書いたスポニチが「フィクションなのに真面目に防衛について語るなんてダサい。」と言わんばかりでしたが、別に良いじゃないですか。

http://blog.livedoor.jp/okanemotida/archives/83835690.html

個人的に石破氏に総理・総裁になってほしいとかは思えないですが、ゴジラの歴史は不幸にも喧嘩を売っちゃいけない相手と喧嘩をしてしまって負けてしまった日本が戦後再出発し、繁栄を現出していった等の歩みともほぼ重なっているし、ゴジラもきっかけにして不測の事態にどう備えるかを考えるのも決して無駄では無いと思います。と言うか、東国原氏は以前は石破氏を推していたくせに総裁選で負けた後になって総理の座は遠いって・・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/484cc240ef2b2c2e32b420d9efc0fc1728903ad7

https://news.yahoo.co.jp/articles/20a18d8132d415101edcd48ce1b1c37a68361be0


石破氏が総理・総裁になれないのは別に大きな理由があり、ネットでも繰り返し指摘されていますが、手のひら返しだよね。これも。実際は平均視聴率一桁またはギリギリ二桁のもいくつもあったのにナギサさんがたまたま好調なのを見て、多部未華子氏を「新・視聴率の女王を目指す」とか持ち上げた時には「どうせお前らは彼女に何かあったら手のひら返しするんだろ?」と思っていたのが、それから一か月半後には、経費で落ちません降板はNHKの方が非があったのに「扱いにくい女優になると懸念される」と予想通りやりやがったフライデーとも大差ないレベルじゃないですか。

まあ東国原氏が大した見識なんか無いのは顔見たって分かるし、そもそもテレビなんか基本的に見ませんが、マツコ・デラックス等共々「テレビはバカ製造機」である事を証明している人物の一人です。この程度の人物を県知事にしてしまった事についても宮崎県民は猛省すべきですね。別に私は決して大きな存在なんかじゃない、このブログだって1日の閲覧数なんか平均数百のマイナーブログに過ぎないながらも、フライデーのこの多部氏への手のひら返しぶりもこれからも彼らが真摯に反省しない限りは事あるごとにずっと言い続けるつもりですが!!

|

2020/09/05

安倍晋三の残り任期を務めるに過ぎない総裁選で党員投票やらない事に文句を言うマスゴミの必死さ

https://news.yahoo.co.jp/articles/96724ebb8e8cef0a04eb82096b9e5b035ae9823e

古舘伊知郎 自民党総裁選に違和感「公開する隠れ家レストランみたいだよ」



配信










  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポニチアネックス




フリーアナウンサーの古舘伊知郎

 フリーアナウンサー、古舘伊知郎(65)が4日放送のニッポン放送「古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD」(後10・00)で、安倍晋三首相(65)の後継を決める自民党総裁選(8日告示、14日投開票)に対しての違和感を明かした。

 

 総裁選は菅義偉官房長官(71)、石破茂氏(63)、岸田文雄政調会長(63)の選挙戦となるが、既に党内7派閥のうち5派閥が菅氏支持に回り優位な情勢となっている。

 

 古舘は政治の話題は総裁選一色とした。「メディアも喜々として総裁選、総裁選ってやっているけど、一方でどっか変な感じしない?菅さんで決まりって言うのはほとんど知っているわけじゃない」と指摘した。

 

 2000年、小渕恵三首相が脳梗塞で倒れ、当時政権幹部だった「5人組」が集まり後継を森喜朗氏(83)に決め、「密室政治」と批判されたことを引き合いに出し、「『何なんだ』って森さんの時さんざん言われたトラウマがあるから。(今回の総裁選を)こうやってお祭り騒ぎにしているんだけども」と持論を展開。「総裁選が全く決まっちゃっていて、盛り上がっていないようで盛り上げている」ところが「むずがゆい」とした。

 

 「結果的には永田町の論理で決まっているわけだからね」と古舘。2日に細田派、竹下派、麻生派の3会長が共同記者会見を開き、菅氏への支持をそろって打ち出した。そのことに触れた上で、「だからなんか、公開する隠れ家レストランみたいだよ。密室政治、永田町の論理で結果的にトントントンって決まっていることを外にはそう見せたくないので、公開する隠れ家レストランで」と、独特の表現を交えて語った。

 

 3人の共同会見については「麻生さん、細田さん、竹下さん、と見ていると何か『集まれ森の長老たち』みたい」とも。サラリーマンは60、65歳で定年するとし、「すごくない?永田町特有の時空間の流れ方って。それを外に向けて公開しているから気持ち悪いんだよ俺は」と話していた。

 



ヤフコメでも指摘していた人いるけど、議員は世襲だろうが何だろうが一応直接選挙で選ばれていますが、党員は選挙で選ばれたわけではないです。それに第一次の安倍氏や福田氏が1年で辞めた時も党員投票はしていません。

まあ安倍氏が死んだわけじゃないし、国会も開いていないのだから党員投票もすべきだとは思いますが、マスゴミの偏向報道には全く同意できません。2007年や2008年の時もマスゴミはおかしいとか批判したんですか?そんな記憶ないのだけど、安倍氏の残り任期1年を引き継ぐに過ぎないのに随分必死だよね。マスゴミって。

よほど石破氏を総理・総裁にしたくてしょうがない様だけど、党員投票やっても勝てるとか本気で思っているんですか?2018年総裁選でも地方票で善戦したと言うけど、2012年よりも明らかに得票率下がっているじゃないですか。ネットでも挙げられている「裏切りの歴史」については衆議院選初出馬は同じ鳥取全県区では同じ田中派だった候補者がいたから、角栄氏の計らいで中曽根派から出馬させた説もあるから100パー鵜呑みにしているわけではないですが、1000歩譲ってそういう裏切りの歴史を置いといても以前より支持を得られる様な実績も成果も残していないではないですか。客観的に。

あと、菅氏が民主党政権時代に民主党代表選で党員投票やらなかったのを批判したのをブーメランだとか女性週刊誌とかが批判しているけど、これも的外れでしょう。だって、今回の総裁選の投票方法は自民の総務会で決まった事だけど、菅氏は幹事長でも同代行でも同代理でもなければ、総務会のメンバーにすらもなっていません!!全くではないかもしれないけど、殆ど投票方法決定に関わっていないのですよ!!二階氏や鈴木氏とかが言ってたのなら確かにブーメランとなっていたでしょうが。それよりも、派閥の力学で、そういう分野に詳しいわけでもない、それ相応の能力もないのに箔をつけたいが為に大臣になってしまう人がしばしば見られて、なっても1年程度で交代してしまう方がよほど問題だし、共産党なんか安倍氏が官房副長官だった頃から20年近くも志位氏が党首じゃないですか。万年与党と万年野党の違いもありますが、仮に共産党が与党になったとしても任期とか自民と同じルールにするとは思えないですもの。実際共産党が政権を握った事のある国の例を見れば良く分かるじゃないですか!!

そんなに総裁選での投票方法に不満があるのなら、マスゴミはホントにもっと良い政治家に焦点を当てた報道をして、ユーミン氏に暴言を吐いたのもまたまた本性を表したと言える和製左翼・リベラルも含む国民が次の衆議院選で自民の政治家よりもっと良い政治家を選んで自民を下野させれば良いのです。どんなに既存の政治家に不満があっても、特にマスゴミや和製左翼・リベラル自身がまず変わらなければいくら与党党首の選挙ルールに文句をつけても、彼らが望む政治家が多数派になる事はまずあり得ません。悪夢とまで騒ぐのも、別に日本を焼け野原にしたわけではないのだから全くバカバカしい、愚の骨頂ながらも民主党政権が期待外れだったのだから猶更、そんな事態を招くほど日本人はバカではないです!!

|

2020/08/29

辞任表明から一夜明けたが、ポスト安倍は誰になる?

https://news.yahoo.co.jp/articles/3e6282995572f70a1153e33bc5ec4920ee8df9f2

「ポスト安倍」動き活発化 誰が出馬? “キーマン”の姿も



配信





  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
フジテレビ系(FNN)



FNNプライムオンライン

29日、都内のホテルには、岸田政調会長や二階幹事長が姿を見せたほか、「ポスト安倍」候補の1人、河野防衛相が初めて総裁選に言及している。

 

一方、安倍首相の親族が、最近の首相の体調について口を開いた。

 

29日午前11時前、岸田政調会長を乗せた車が、赤坂の議員宿舎を出た。

 

安倍首相の辞意表明を受けて、突然幕が上がった「ポスト安倍」をめぐる動き。

 

岸田政調会長がホテルから出て来た。
関係者らと、打ち合わせをしていたとみられる。

 

早速、活発に動いているのは、総裁選出馬に強い意欲を示している岸田政調会長。

 

岸田派の議員は、今回出なければ政治家・岸田文雄は終わると強調。

 

同じホテルには、総裁選のキーマンの1人でもある二階幹事長の姿もあったが、岸田氏とは接触していないという。

 

29日は、都内の別のホテルで、石原派が会合を開いた。

 

自民・石原派の石原伸晃会長「今回はできる限り早く、速やかに次のリーダーを選んでいくべし」

 

菅官房長官と石破元幹事長は、29日は表だった予定がなく、都内で過ごしているという。

 

党内からは、出馬に言及していない菅氏について、総裁選に出るだろうとの声が複数出る一方、出馬に意欲を示す石破氏の派閥からは、まだ誰が手を上げるか決まっていないと、各派閥の動向を慎重に見極めるべきだとの見方も出ている。

 

また、アメリカのグアム島を訪れ、エスパー国防長官と会談した河野防衛相は、会見で総裁選出馬について聞かれ、「これから、そういうことについて考えていきたい。仲間と相談していきたいと思います」と答えた。

 

29日は公務はなく、自宅で静養しているとみられる安倍首相。

 

日本時間の29日午前、アメリカのトランプ大統領が遊説のあと、専用機内で安倍首相の辞任について、アメリカメディアに「彼は偉大な友人で、わたしたちは素晴らしい関係を築いてきた。彼は日本をとても愛していたので、辞任を決心することはとてもつらいことだっただろう。本当に気の毒に思う。どういう思いだったのか、わたしには想像もできない」と話した。

 

また、最大の敬意を表したいと繰り返したという。

 

2人は、31日に電話会談を行う方向で調整が進められている。

 

安倍首相を辞任に追い込んだ病「潰瘍性大腸炎」。

 

安倍首相の弟・岸信夫議員は先週、兄からこんなことを打ち明けられたという。

 

岸信夫衆院議員「先週、一度電話で話したが、非常につらそうな、しんどそうな感じだった。最悪の事態も考えないといけないと話していた」

 

潰瘍性大腸炎は、大腸の内側にある粘膜に、原因不明の潰瘍ができる炎症性の病気。

 

辻仲病院柏の葉・竹内健IBDセンター長「この30年で大幅に増えていて、今現在22万人以上いると推定される。(中等症以上の)典型的な症状は腹痛、下痢、下血。腹痛が強くなるとトイレに行く回数も増えるので、常にトイレのことを考えないといけない」

 

10代や20代で発症する人が多いものの、最近は高齢になってから発症する患者も増えているという。


昨日、職場の製造社員も休憩時にスマホで中継聞いていたけど、やはり健康状態は芳しくない様ですね。安倍総理。

ハッキリ言って功と罪だったら普通に罪の方が目立つし、安倍政権支持するつもりはないですが、他にも患っている有名人何人もいて、甥もフジテレビ社員なのに民衆の敵で持病の潰瘍性大腸炎を揶揄した描写には全く共感できない、とりあえずお疲れ様、国会議員を辞めてでもゆっくり静養してくださいですね。

来月15日の両院議員総会で国会議員でのみ新総裁を選任するつもりらしいですが、誰になるのか・・・・・・・・・・・たまたま誕生日だからと言って、日露外相会談時にラブロフ外相にケーキを振舞ったり、女系天皇容認発言したり、党四役経験が無かったりとマイナス点もいくつかありますが、河野防衛大臣が一番良いかなあと思います。菅官房長官も実務能力は高く、安倍政権との連続性という点では良いのですが、高級ホテルとかの件や菅原前経産相の途中辞任等こちらも最近マイナス点が目立つ上にGOTOとかこれまたロクな事をしない、古いタイプの政治家である二階幹事長ともズブズブだからやはりどうしてもなってほしいとまでは思えない。石破元幹事長?マスゴミは推していて、別にどんなに不細工でも国や国民の為に政治してくれるのなら基本的に問題視しないけど、韓国が納得するまで謝れと言っていたし、レーザー照射事件の時も韓国に行ってたのに何の講義もしなかった。韓国だけでなく、習近平国家主席の国賓来日を推進していたし、内政でも緊縮財政主義だから財務省の言いなりになりそう等とてもじゃないですが、この人も無理でしょう。

緊縮財政主義は岸田氏も同じで、この人も給付金の件とか最近残念エピソードが目立ちますが、まあ岸田氏が次の総理・総裁になるのでしょうね。でも、誰が総理・総裁でも今の情勢では苦労するでしょう。野党もあの有様だからまだ当分は自公政権は続くだろうけど、またポスト小泉~民主党政権期みたいに1年で総理が変わる事態になるかもしれない。ホントに人がいないのかと言うか、明るい未来を想像できないのだから困ったものだですね。

|

2020/08/15

安倍晋三の戦争式辞に良い事を求める事自体がそもそも間違い

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6368409

首相式辞から「歴史」消える 今年も加害責任は言及せず

配信

朝日新聞デジタル

全国戦没者追悼式で式辞を述べる安倍晋三首相=2020年8月15日午前11時54分、東京都千代田区の日本武道館、迫和義撮影

 安倍晋三首相は15日、政府主催の全国戦没者追悼式に参列し、式辞を述べた。今年の式辞では、昨年まで繰り返し用いてきた「歴史」という文言が消えた。一方で、首相が外交・安全保障戦略を語る時に使う「積極的平和主義」が初めて盛り込まれた。アジアの近隣諸国への加害責任には今年も言及せず、戦後75年の節目のメッセージは「安倍色」が強くにじんだ。

 

【動画】追悼式には天皇、皇后両陛下も参加

 

 首相は天皇陛下の「おことば」に先立ち、式辞を述べた。式辞の構成や内容は、少なくとも過去数年、ほぼ同じだ。2019年に「歴史の教訓を深く胸に刻み」としていたくだりは今年、「世界をより良い場とするため」と変わった。12年末に発足した第2次安倍政権では昨年まで「歴史」が式辞に入り、「謙虚に向き合う」「教訓を深く胸に刻み」などと組み合わせて表現していた。

 

 また、近隣諸国への加害責任については8年連続で触れなかった。1993年に細川護熙氏がアジア諸国への「哀悼の意」を表明し、94年には村山富市氏が「深い反省」を加えた。その後の自民党の首相も踏襲し、安倍首相も第1次政権時の07年には使っていたが、第2次政権では一貫して式辞で言及していない。

 

 積極的平和主義は13年秋、首相が集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更に意欲を示し、国家安全保障戦略(NSS)を議論した有識者会議の中で浮上した用語だ。直後の臨時国会の所信表明で首相は「我が国が背負うべき21世紀の看板」と演説した。

 

 13年12月に閣議決定したNSSの基本理念に据え、「国際社会の平和と安定及び繁栄の確保にこれまで以上に積極的に寄与していく」ものと説明。貧困削減や国際保健といった分野での取り組みの強化なども含むとしている。14年以降の通常国会の施政方針演説にも盛り込まれている。

 

 積極的平和主義を掲げる政府は現在、首相の今年6月の提起に基づき、NSSの改定を議論している。配備を断念した陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策や、敵のミサイル基地などを直接攻撃する「敵基地攻撃能力」の保有などを検討中だ。

 

 ある省庁の幹部は「(21年9月の自民党総裁の)任期満了まで約1年で、政治信条を表現したかったのではないか」とみる。

 

 立憲民主党の枝野幸男代表は終戦の日に合わせ、「安倍・自公政権は戦後のわが国が育んできた立憲主義、平和主義を脅かす動きを強めており、こうした動きは断じて容認できません」などとする談話を出した。共産党の小池晃書記局長も「軍拡競争の悪循環を生み、北東アジアの緊張をさらに激化させるのは明らか」と政権を批判した。(菅原普)


丁度75年となったけど、今年も終戦の日を迎えました。閣僚も4人靖国に参拝したらしく、戦争の所為で犠牲になられた方々の魂がこれからも安らかなる事を願い、未来にもこの悲劇を活かしていくつもり、過去の歴史を美化・正当化しないつもりならば別に誰が靖国参拝しようが何とも思いません。

中国や韓国が文句を言うのも分かり切った事であり、その中国・韓国や左傾マスゴミの文句に過剰に反応して、自主憲法がどうだとか騒ぐのも正直強い違和感を感じます(個人的には改憲派だが、改憲はあくまで米軍の補完ではなく、平和の維持の為になされなければいけないし、押し付け憲法論には断固反対である)が、この首相式辞もですね・・・・・・・・・・菅官房長官が釈明せざるを得なくなった被爆地あいさつもそうで、勿論明らかに「太平洋戦争はアジア解放の為の聖戦だった。」とか言ったのなら批判されても全く当然ですが、自分の言葉で話してないじゃないですか。日頃から安倍総理って。

そもそも、ヤフコメでも指摘されていたけど、朝日新聞だって戦争を煽った張本人じゃないですか。まあマスゴミや和製左翼、アンチ巨人とかが他人の事を言う前に自分がどうなのか客観的に顧みる事が出来ない人種なのも分かり切った事ですが、今とは真逆で右翼的だった戦前・戦中から日本や日本人の為にやってきた事なんて殆ど無いじゃないですか。和製左翼の言う平和とか平等とかというのも私は信用していませんが、今度はまたカシミールにもちょっかい出している中国の脅威にも対抗しつつ、戦争の記憶をこれからの世代の人達にも伝え続けられなければならないとも心より願います。それと終戦75年とは関係ない話ですが、亡くなられてしまった名優・渡哲也氏のご冥福もこの場を借りてお祈りさせていただきます。

|

2020/08/11

こうなるのは分かり切った事だが、国民民主は生き残れるか

https://news.yahoo.co.jp/articles/5ad65562e5dc48791221ac828ed784dd98120375

国民民主、立民との合流賛否で分党へ



配信

共同通信


 国民民主党の玉木代表は11日、記者会見し、立憲民主党との合流への賛否を巡って党内の意見がまとまらないとして、分党する方針を臨時執行役員会に提案し、了承を得たと明らかにした

 

最初この話を聞いた時は「やっぱり」でしたね。こうなるのも全く分かり切った事じゃないですか。でも、民主系って何年も政治家やっているくせに「1+1=2になるとは限らない」事もわからないのですからね。ネトウヨでも無ければ、右派・保守文化人でも無い、こいつら民主系政治家こそが「一番の安倍応援団」になってしまっているのも当然だと言えます。

玉木代表その人は立憲民主との合流には参加しない様ですが、提案型野党として存在を見せるべきでしょう。まあ今までの中道政党または第二保守政党なんて国民協同、民主(芦田均や田中角栄らがいた党の方だけど、この党も分裂)、改進(1954年以降は日本民主が結党されたので中道もしくは第三保守政党だが、間もなく自由民主党の結党に参加)、民社、新自由、新進、保守、日本のこころETCと公明(実際は1970年代までは左派、80年代以降は中道左派だろうが)以外は殆ど長続きしなかったのですが。民社も愛知とか一部の地域では強い地盤を持っていたけど、ついに結党時の勢力が最大なまま解党する事となった。

国民民主も前途は明るいものではない想像は容易、だって失礼ながら玉木代表は小者、他の主要国だったら政党幹部も無理なレベルで、それでも小者は小者なりに頑張っているのも理解は出来ますが、私の住む選挙区でも2017年衆議院選で比例復活当選した某政治家はどっちの方に行くのでしょうね?まあ立憲に合流しなかったとしても、小池都知事(旧希望)について行った「前科」があるし、今度の衆議院選でもこの人に入れる事は無い、消去法で共産党に入れるつもりですが・・・・・・・・・

【以下同日追記】

何でも、玉木氏の分党構想は彼本人のものであり、他政党幹部と口裏合わせしたものではないらしい。ダメじゃん。そういうの、同じ事考えている人達も集めて足並み揃えないと。

https://wpmu.hidezumi.com/?p=14072
https://wpmu.hidezumi.com/?p=15385

このブログでも、「動くたびに誰かを怒らせる稀有な才能がある。」と評されていたけど、改めて「その通りだわ、あんた人を見る目があるわ。」でしたが、やはりこの人はよその主要国だったら政党の幹部になるのも無理だったでしょうね。仮に合流慎重派が分党しても次の選挙で大きく躍進できるとは思えないです。現状維持か微増が良い所でしょう。

|

2020/07/19

与党を助けてしまっている民主系はもう要らない

https://news.yahoo.co.jp/articles/5206c23ff99813250e31cb87da5e2676cda4cdbf

立国合流急ぐ枝野氏 党内の突き上げに焦りも 鈍い玉木氏にしびれ



配信

産経新聞




横浜市内で記者団の質問に答える立憲民主党の枝野幸男代表=18日、横浜市内(千田恒弥撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表が国民民主党との合流を焦っている。枝野氏は新型コロナウイルス対策や東京都知事選で存在感を発揮できず、党内から次期衆院選を見据えた動きを加速するよう求める声が出ていた。旧民主党勢力の糾合をテコに“野党の盟主”として求心力回復を狙うが、仮に合流がうまくいっても険しい道が待ち受けている。

 

【写真】餃子が風評被害に?物議醸した枝野氏のツイート

 

 「15日に福山哲郎幹事長から国民側に申し上げたことに答えてもらっていない。答えをいただいた上で検討したい」

 

 枝野氏は18日、横浜市で記者団の質問に答え、国民に対し、合流条件を逆提案する前に立民の提案内容に回答するよう求めた。立民は15日に両党が解党して新党を立ち上げた上で新党名を「立憲民主党」、略称を「民主党」にすることなどを提案したが、国民の玉木雄一郎代表は党名を民主的な手続きで決めるよう主張している。

 

 国民に合流を提案した翌日の16日夜、枝野氏は都内で党の若手議員らと会食した。自らが立ち上げた「立憲民主党」の党名維持にこだわる枝野氏はその場でも「党名は絶対に譲らない」と繰り返した。「早々に決着をつける」とも語り、玉木氏が持ち掛けてくる条件闘争に応じない考えもにじませたという。

 

 昨年末からの国民との合流協議では条件が折り合わず、1月に頓挫した。だが、立民の若手・中堅からは現状のままでは与党だけでなく、日本維新の会やれいわ新選組にも対抗できないとして協議を再開すべきだとの機運が高まっていた。合流に再びかじを切った枝野氏の心境ついて、国民中堅は「立民の政党支持率も頭打ちで焦っているのだろう」と推測する。

 

 一方、今回の合流協議で新党への参加が見込まれる野田佳彦前首相ら旧民主党政権の重鎮も水面下で動きを活発化させている。野田氏を慕う勢力は今も両党内におり、新党結成後の代表選で野田氏を担ぐ案も浮上する。立民の最大グループを率いる赤松広隆衆院副議長も執行部への不満を募らせており、「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる。(千田恒弥)


来週22日から実施予定のGO TOキャンペーン、東京は対象の除外となるらしいですが、東京だけでなく、コロナ感染者数が比較的多い千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫、それに豪雨被害を受けている熊本も対象外としなければだめでしょう。確かに経済を回すのも大事ですが、その為に日本政府は必要な対策をしたのですか?どうも梯子をかけないで屋根に登ろうとしている様に見えますが、情勢も無視して自分達が決めた原則を変えないって、「自称」最高傑作2という過去の成功をいつまでも絶対視して、それに頼っているカプコン開発スタッフとロックマンの一部ファンと同じですよ。またコロナが感染拡大しているのにVRを予定通り昨日から稼働開始したのにはそれぐらいもう自己責任と言うか、別に文句言うつもりはないですが・・・・・・・・・・・・

しかもこのGO TOキャンペーンって1兆7000憶も金をかけたらしく、そんな金があるのならワクチン開発とかオンライン授業体制の確立とか他にいくらでも使い道があるはずです。主要国のそれで日本の政治家ほど金の使い方が下手なのなんていない、これももう世界でも有名だけど、第一野党の立憲民主が、党首がコロナ対策についてもつっこんだ話も出来ないまままたこんな話している様では、自民がどんなに失政を繰り返してもよほど国辱的なものではないかぎりは安泰でしょうね。この先も。

思えば民主党も、中道右派から極左に近い左派までバラバラ(西村眞吾氏なんて中道右派よりももっと右な政界最右派だったけど)で、これでよく20年近く持ったなだったけど、大きなまとまり作ってもそれが長続きしたためしなんてないじゃん。遅くとも2012年の政権交代以降は。何年も政治家やってるくせにどうして1+1=2になるとは限らない程度の事も分からないのかね?仮に合流になっても、私の選挙区でも国民民主で比例復活当選した人がいて、その人には別に恨みなんかないけど、その人と民主系の政党なんか次の衆議院選挙も絶対票なんか入れないですよ。それならまだ共産党の方がマシです。

|

2020/06/28

憲法改正とかよりももっと大事な事

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200628-00000007-jij-kr

揺らぐ米韓同盟 トランプ氏、半島撤退示唆 朝鮮戦争勃発70年



配信

時事通信




25日夜、ソウル近郊の空軍基地で開かれた朝鮮戦争勃発70年の式典に臨む韓国の文在寅大統領(中央)とハリス駐韓米大使(右)(韓国大統領府提供・時事)

 【ソウル時事】朝鮮戦争(1950~53年)が勃発してから今年で70年。

 

 国連軍を主導して戦争に介入した米国は、戦後も在韓米軍の駐留を通じて地域の安定に目を光らせてきた。だが、「米国第一」を掲げるトランプ米大統領は在韓米軍の縮小や撤退への意欲を隠さない。米韓同盟と在韓米軍の意義が改めて問われている。

 

【写真特集】北緯38度線

 

 「韓国国民は米国をはじめ22カ国の国連参戦勇士の犠牲を決して忘れない」。文在寅大統領は朝鮮戦争勃発からちょうど70年に当たる25日、ソウル近郊の空軍基地で開かれた式典でこう強調した。文氏の背後には北朝鮮で戦死し、米軍から引き渡された韓国人兵士の遺骨147柱が置かれ、トランプ氏は参戦兵への感謝を表明するビデオメッセージを式典に寄せた。

 

 米韓国防当局は25日の共同発表文で、「70年を経ても韓米同盟は韓(朝鮮)半島と地域の安全保障、安定、繁栄の基軸としての役割を変わりなく果たしている」と強調した。発表文には「血盟」との表現も盛り込まれたが、結束をアピールする言葉とは裏腹に米韓同盟への懸念は募る。

 

 「米韓軍事演習は挑発的で時間と金の無駄だ」。トランプ政権の内幕を暴露したボルトン前大統領補佐官の回想録によると、トランプ氏は2018年6月、シンガポールで初会談した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長にこう伝えた。トランプ氏は実際、会談後に演習凍結を発表。日韓だけでなく、米当局者の間にも困惑が広がった。

 

 ボルトン氏はまた、在韓米軍駐留経費の韓国側負担をめぐる交渉で、トランプ氏が韓国側に19年比5倍の50億ドル(約5350億円)を要求し、応じない場合は米軍撤収で脅す考えを披露したと明らかにした。事実なら、トランプ氏は「血盟」を担保する在韓米軍を外交成果への「取引材料」として利用していることになる。

 

 米軍は朝鮮戦争中、30万人以上の兵力を投入。戦後の55年、在韓米軍は8万5500人規模となり、その後は増減を繰り返し、現在は2万8500人規模に減少した。米国では昨年12月、在韓米軍削減の場合に韓国との事前協議を義務付ける法律が成立。米議会がトランプ氏の縮小圧力を受け入れない姿勢を示した形だ。

 

 だが、非核化をめぐる米朝交渉が決裂し、韓国では米国への不満が高まる。文大統領の補佐官を務める文正仁氏は26日、記者団に対し、ボルトン氏の回想録に触れ、「トランプ氏は正恩氏を気に入っていた」と指摘。決裂の原因は実務協議を担った米政府当局者に責任があると批判し、いら立ちを隠さなかった。

 

 南北関係が再び緊張モードに入り、軍事大国として台頭した中国の存在感が強まる中、北東アジアの要として在韓米軍の重要性はむしろ高まっていると指摘される。日韓防衛当局筋は「在韓米軍が縮小、撤退すれば影響は日本に及ぶ。対中の前線が日本まで下がることになる」と述べ、朝鮮半島情勢への危機感を強めている。 

 


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11186020046

この知恵袋でのベストアンサー通り、スルーするのが一番なのでしょうが・・・・・・・・・

この記事のコメントでも「核武装しろ」とか「憲法改正しろ」とか「核武装している近隣国がいくつもある現実を見ろ」とか「敵基地先制攻撃を可能にしろ」とかおそらく戦争の怖さも知らないで(自分も戦争負けた時点でも生まれてすらいないけど)尤もらしいコメントしている人が何人もいるけど、何度も言う通り核武装については技術だけ見れば十分可能だろうけど、イージスアショア配置よりも金はかかるわ、核拡散防止条約から脱退となって経済制裁を受ける可能性も高いわ、日米関係も悪化しかねないわと弊害の方がはるかに多いのだけど、そういうのを考えた事が一度でもあるのだろうか?

https://core.ac.uk/download/pdf/35427459.pdf

敵基地先制攻撃については、先日も河野防衛大臣が基地先制攻撃の定義そのものをまずハッキリして、その上で議論すべきとも言っていたけど、攻撃の定義だけでなく、攻撃する判断の基準とかもどうするのか?この上記URのページの澤喜司郎氏みたいに「反日」とか「売国」とかすぐ言う人間も信用できない。ネトウヨは喜ぶかもしれないけど、そういう安易なレッテル張りする人間こそが日本や日本人を貶める反日だよ!!で、ヤフコメ住民にもそこまでツッコんで話した人を見た事が無い(自分もそのヤフコメ住民の1人でもあるけど、絶対安易に迎合なんかしない)けど、菅官房長官も言った通り現行の憲法の範囲でまずは議論していくしかないでしょう。

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20190627-00131905/

何せまた、このURのページでも古谷経衝氏が憲法改正が絶対不可能な理由を述べていて、「なるほど」と素直に思ったけど、私も憲法改正自体は賛成です。改憲派です。しかし、ダーウィンの進化論を誤用したエピソードを見ても、今の自民党にはやらせたくないです。憲法改正自体が目的みたいになっていて、何故改正しなければいけないのかホントに分かっているのか疑問だもの。それよりもイージスアショアは配備中止になりながらも既に200億近くも金を無駄にしてしまって、アベノマスクも含めればこの2つだけでもう700億近く無駄金を作ってしまったけど、金の使い方が下手すぎる事と実際脅威ではある北朝鮮のミサイルがもっと脅威に感じてしまう最たる理由だけど、アメリカの言いなりになり過ぎている現状を変えなければいけません。

まあ日本にも情状酌量の余地があったとは言え、喧嘩を売ってはいけない相手に売ってしまって、原爆まで落とされて負けた過去はもう変えられず、日米同盟を否定するわけでは決してないですが、そういう悪い点を改善した上で北朝鮮問題ではまずアメリカとの連携は必要最小限にとどめて、日本は日本で独自でも北朝鮮に金が入らない様にする。前述の敵基地先制攻撃についても議論するのもダメだとは言いませんが、スパイ防止法を制定したり、対馬に自衛隊の基地を作った(これもヤフコメ住民でも言ってた人がいた)り、他主要国には普通にある情報機関を設置して拉致問題解決のための外交カードも作れる様にするとか憲法改正しなくても、国防の為にもっと出来る事はいくらでもある筈です。

そういうのをやっていくべきです。もっとそもそも言えばですが、安倍総理程度の代わりもロクに出せない日本人に憲法改正なんか絶対無理でしょうから。特にこの国の右派・保守は第二次世界大戦で散々痛い目に遭ったのにアジア解放の為の聖戦とかアメリカ言いなりの現実も無視して正当化して、歴史に学ばず、自国や自国民を過大評価している。百田尚樹氏や八幡和郎氏も、戦前・戦中日本の軍事・外交については今の価値観で批判するべきではないと思っているであろうくせに江戸時代の鎖国についてあれが無ければ日本はアジアの盟主となって、欧米にも対抗できる勢力圏を築けたという妄想もしつつ、後の時代の価値観で批判していたけど、特に憲法改正議論も含む国防・安全保障や歴史認識について、別に日本人は皆好き好んで日本人として生まれたわけでは無いのに国と自分を同一視しすぎて物申すのは愚の骨頂以外の何物でもありません。

https://ameblo.jp/tkma-fkng/entry-12195370564.html?frm=theme

そういう安倍総理程度の代わりも出せない現状は急には変わらないだろうから、国防・安全保障に関する議論も並行して続けなければいけませんが、いい加減日本人、特に右派・保守は自国や自国民を過大評価(日本国憲法については過小評価)するのを止めて、少しずつでもそういう現状を変えなければいけないと思います。それなくして、国の平和や国民の幸福の為の憲法改正なんて絶対実現しません。国防・安全保障に関する考えは違いますが、度々見ていたこの上記URのブロガー主が提言している「しあわせ大国」にはなれません。これもそう強く断言できます。

|

2020/06/13

コロナが収束しようがしまいが今日も平常運転な時事通信

https://news.yahoo.co.jp/articles/e03c3d92d3f715a0de3c41c35639f6699d040301

安倍首相、連続執務140日 新型コロナに対応 夜の会食そろそろ解禁? 

配信

時事通信

 新型コロナウイルス対応で陣頭指揮を執る安倍晋三首相の連続執務日数が13日、140日に達した。

 

 土日や祝日も首相官邸に入り、関係閣僚や各省幹部らとの「連絡会議」に出席するなどしてきた。夜の会食は3カ月近く控えているが、そろそろ解禁の運びだ。

 

 公務が入らなかったのは1月25日が最後。中国・武漢の邦人帰国支援に始まり、緊急事態宣言発令、給付金支給などに追われた。疲れもたまっているようで、周辺は「少し休んでほしい」と語る。

 

 首相は従来、夜の会合を頻繁に開いていたが、「3密」回避を呼び掛ける立場を考慮。確認できた範囲で自民党の岸田文雄政調会長と会った3月18日以降、途絶えている。

 

 ただ、首相の行動パターンは近く元に戻りそうだ。政府は19日にも行動自粛要請をさらに緩和する予定。同日には早速、麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官らとの会食日程が入っているという。 



「コロナ対応でも頑張っている、叩いているのは無知な国民だ。」等擁護コメントが多いですが、実際首相動静を見たら、土日は夕方1時間前後、官邸でコロナ感染の報告を聞く等な程度ですね。一般人が同じ様に土日も1時間だけでも会社に出勤したらそれは気が休まらないでしょうし、安倍総理も休むなとは言いませんが、政治家と一般人は違いますからね。国や国民の平和と幸福を守る責任があるのですからね。

コロナ対応だって、私の家にも届いたアベノマスクなんかいらねーよ!!(苦笑)ですが、日本人の防疫意識の高さや医療関係者の頑張り等で死亡率も感染者数も抑えられているのであって、アベノマスクだけでも何百億も無駄にした政治家の対応なんて及第点をつけるには問題ありすぎ、東京都都知事だって、あの東京アラートなんか子供だましな政治的パフォーマンスだろですが、時事のこの記事もねえ・・・・・・・・・・・・

トランプ大統領も嫌いな様で、最近共同通信の方が叩かれているけど、早くもっと叩く材料が欲しくてしょうがないと言わんばかりの記事なのが分かりやすいですね。擁護自体には決して同意なんかしないながらも反感を持つ気持ちは理解できますが、さすが時事通信!!コロナが収束しようがしまいが今日も平常運転ですね!!アベノセイダーズだけでなく、マスゴミもこんな有様では、安倍晋三程度の代わりも出せないのも無理もないですが・・・・・・・・・・

|

2020/02/11

上田新党を結党しても「第二の民社党」となるだろう

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00000508-san-pol

現・前埼玉知事が対談 前知事の上田氏は「新党構想」披露 立民と国民合流後の「受け皿」必要


2/11(火) 0:07配信

産経新聞



 前埼玉県知事で無所属の上田清司参院議員(埼玉選挙区)が「新党構想」を披露した。立憲民主党と国民民主党の合流が実現した場合、政策の不一致に反発する議員が出ると予測した上で「受け皿」を作る必要性に言及したのだ。

 「合流したら、何人か飛び出したりあふれ出したりする人が出るかもしれない。その時は何らかの形で受け皿を作らないといけないこともあるかな」

 上田氏は7日、昨年8月の埼玉県知事選で応援した大野元裕知事とさいたま市内で対談し、こう語った。

 立憲民主党と国民民主党の間には、憲法やエネルギー政策をめぐって埋めがたい溝が横たわる。仮に一つの党になったとしても、政策や理念のすり合わせが十分でないという不満が一部所属議員の間でくすぶるのは明らかだ。

 知事就任前は国民民主党の参院議員だった大野氏にとっても、上田氏の構想の行方は気になるところだろう。ただ、現在は行政のトップという立場もあってか、この日の対談では論評を避けた。

 もっとも、上田氏は両党の合流自体に否定的な立場のようだ。「無理に合体すると内部の路線闘争が話題になる」と指摘した上で「丁寧に議論していけば、国民民主党も立憲民主党も別々でも一緒の仕事をできると思う」と語り、異なる政党のまま協力関係を維持すべきだとの認識を示した。

 対談では、上田氏が、自身の実質的後継者である大野氏を「高い見識と的確な判断力を持っている。私も他人に自慢ができてうれしい」と称賛し、大野氏も「県庁の職員の質は上田氏が残してくれた大きな財産だ。しっかりと使わせていただきたい」と“先輩”を持ち上げた。(竹之内秀介)



この話とは関係ないですが、まずノムさんが早くサッチー夫人や金田氏の後を追ってしまった事についてご冥福をこの場を借りてお祈りさせていただきます。

時事通信も立憲と国民の合流破談について自民を助けたと評していましたが、特に国民の方は旧民進と右派を排除した希望が合流しても107人になる筈が、62人しか集まらなかったではないですか。現在も60人ぐらいで大して変わりないのですが、どうして彼らって、いつまで経っても「1+1=2になるとは限らない」、ちょっと政治に興味関心を持てば誰でも分かりそうな事も分からないのですかね。

ヤフコメでもコメントしたけど、考えの違う立憲と国民が合流したって、旧社会党や旧民主党の失敗を繰り返してせいぜい最大野党である事を維持するのにとどまり、いずれまた分裂します。実際社会党については、離脱者が出て、民社党や社民連も結党されて、後者なんかついにその出身者も首相になってしまいましたが、上田新党は55年体制時の民社党的ポジションなのでしょうね。

野田グループや政党要件を失った希望の面々も参加するのだろうけど、民社党は社会民主主義等を抱えながらも55年体制時の自民が表向きは保守でもそういう政策を実行していたから結局自民も社会も嫌な人達とかから支持を得られた程度で結党時の勢力を超える事はついに出来なかった。塚本氏とか自民に近い人もいた様では尚更で、末期に、その自民での権力闘争に敗れた人達やかって袂を分かった社会とかと一緒になって短期間ながらも与党の仲間入りは果たしたけど、結局この上田新党がホントに結党されても、他にも新自由クラブや保守党等自民との明確な違いを打ち出せないまま党勢が伸び悩んで他の政党に合流・・・・・・という事になると思います。まさに「歴史は繰り返す」ですね。

立命館の上久保誠人氏も言ってたけど、確かに日本に一番必要な野党は、中途半端な保守・右派でも和製左派でもなく、極右政党かもしれないですね。現実的に自民が分裂しない限りは近い未来に政権交代が起きる可能性はかなり低いのだから、彼らが台頭する事で、自民が危機感を持って、中道寄り(経済政策では左派・リベラルな面も一部見られるが、だからと言って自民が中道左派なんて一部の事実を全ての事実であるかのように飛躍しているだけである。自民が中道左派なら私なんか左派になってしまう。政党座標テストや本場ポリティカルコンパスでは中道寄りの中道左派~中道左派程度なのに)に戻り、もっと国民の為になる政策に転換するのを期待するしかないかもです。他の野党は、共産党は政権取ってしまったら大変ながらも、やはりある程度の議席も持った方が良いとも思いますが、民主系はホントに「一番要らない」です。だって、却って自民を助けてしまって、IRや桜を見る会とか腐敗している自民の自浄を促す事すら出来ていないのですから。爆報THEフライデーでも、通常国会開会前に枝野夫妻を取り上げていたのも「凄い胡散臭い」でしたが、ここまでダメではイメージアップの仕様もないでしょう。

|

より以前の記事一覧