国内・世界政治一般

2017/04/29

小泉次男はそういう人種ではないのだろうが

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000137-sph-soci

小泉進次郎衆院議員、党内緩みに苦言「野党時代を忘れてはいけない」

スポーツ報知 4/29(土) 17:45配信    

 

 自民党の小泉進次郎衆院議員(36)が29日、閣僚の失言や女性スキャンダルに苦言を呈した。

 幕張メッセ(千葉市)で行われた「ニコニコ超会議」を視察した進次郎氏は自民党が「ピリ辛宣言 私は辛党」のコンセプトで党本部のカレーなどを販売していることを踏まえ「初めての選挙が野党時代の時だった。あの時のことを決して忘れてはいけない。辛党な有権者のみなさんがあれだけ自民党に辛かったことを決して忘れてはいけない」と指摘した。

 今月に入り、中川俊直衆院議員(46)は女性スキャンダルで経済産業政務官を辞任、今村雅弘衆院議員(70)は東日本大震災を巡る失言で復興相を辞任した。党内の「緩み」も指摘される中、「党内の甘さが目立ってしまうのは自民党の責任。日頃、言うべきことを言わないといけない時もある」と述べた。

 この日は最新技術と伝統芸能を組み合わせた「超歌舞伎」を観劇。「世界に持って行けるエンターテインメント。今後は“超政治”を実現できれば、政治に関心を持ってくれる。『何かできそうだな』と考えながら、見てました」と感想を語った。民進党のブースでは蓮舫代表(49)から追及される疑似体験ができる「VR蓮舫」を設置されていたが、進次郎氏は「いやいや、私は実際に追及されてましたから。野党時代は追及してましたし。あの空気はリアルでしたので…」と苦笑した。

親父も弟子バカ的な発言しているけど、次男もこども保険が足立康史氏に「アホ」、「女性票を失うから」と酷評され皮肉られてしまった様ではいささか説得力に欠けるかも?まあ結局彼らは学校での狭い意味での勉強とか基本一つしかない答えを導くのは凄い上手いけど、それ以外の面では「子供」なのですよ。官僚的で、権威や形式とかありきで現状や展望を把握するのは凄い下手。

かっての陸軍大学校は卒業者の8割が将官になれたらしいけど、たとえば先の戦争でのインパール作戦や大陸打通作戦だってそういう「官僚的な子供」が作戦指揮(前者は言う事を聞かなかった部下もいたが、彼は上司達自身がお互い庇い合う為にキ〇〇イという事にされた)を執っていた。結局どうなったか?勿論「日本=悪のファシズム枢軸国家、英米=正義の民主主義国家」なのもスゲー単純だけど、朝鮮統治だけでも大赤字で、身の丈不相応なジャパンファースト(まあ当時は朝鮮も台湾もそのジャパンの一部だったのであり、あくまで国家としては国益の為にやったのだから感謝しろとまでは言わないけど恨まれても困る)という本質では同じなのに兄貴として東南アジアの独立を助けてやったなんて思い上がりも甚だしい(こういう正当化する人達って、決まって1943年5月の御前会議とかスルーしているのも気のせいだろうか?野球とかの監督も「〇〇の遺産」と言うけど、その〇〇に入る人達も殆どはそういう遺産と決して無縁ではない事とかも然りで、これも全くの詭弁ですが!!)だろうですが、周知の通り・・・・・・・・・・・

原爆まで落とされて、ノモンハンでも実際ボコられた(相手の損害も小さくはなかったけど)けど、ナチスドイツの序盤の快進撃の影でフィンランドやポーランド、バルト三国をいじめていたソ連の本質も見抜けず、北方領土まで取られて散々痛い目にあって戦争負けたじゃないかですが、そんな痛い目に遭って、先日も安倍総理も訪露した筈なのに70年以上経ってもなお、そういう「官僚的な子供」が大臣にまで出世してしまう。原発いじめ等での事なかれ主義や部活動顧問もさせられている教諭の時間外労働とかも問題の本質は同じだと思うけど、日本人のメンタリティーが未だムラ社会的なのも相まって、PTAカーストも馬鹿馬鹿しいけど、余計この問題は根深いものがあると言えます。

山本大臣も「学芸員はガン」って、そういうのに詳しくない私でも、実はその分野のスペシャリスト達で、決して誰でも就ける様な仕事ではないぐらい理解できるのですが、今村前大臣も一度目はまだ酌量の余地があったけど、二度目は「ダメだこりゃ」でしたからね。二階幹事長も庇いたい気持ちは分からないでもないし、確かにマスコミの偏向報道も酷いし、何より今現在の日本国民がそういう人達を政治家にしてしまっているのですが・・・・・・・・

https://matome.naver.jp/odai/2147649826797407301
http://president.jp/articles/-/21459

森友問題や道徳教科書検定、豊洲問題等の小池劇場、これらはそんな現在もそのツケを払いきれないでいる戦争に負けて、再出発した筈だった戦後日本の民主主義の絶望的な閉塞を象徴しているのですが、農林部部長である小泉次男も農協改革は思ったほどは進まず、ソ連最高指導者時代のゴルバチョフ氏みたいな板挟みにもなっているらしい。彼はそういう「官僚的な子供」とは違うのでしょうが、「正直、本当にショックを受けた。そこまで農協マインドは根深いのかと・・・・」には、実際自分が関わっているわけじゃないから言えるのだろうけど、「そりゃそうだろう。どんなに現状にそぐわなくなってもそれで飯食っている連中がごまんといる。改革と言えば聞こえが良いのだろうけど、彼らにとっては改悪で、皆100%納得出来るなんて有り得ず、相当なエネルギーが要るのだから。」でしたね。

だからと言って、父の愛弟子(?)みたいに父以上に強引に敵を作って、火のない所にも煙を立たせられても困るのですが、世襲政治家故の打たれ弱さも幾分感じられた様な発言に見えました。文藝春秋なんかマジで彼が近い未来総理になれるかの特集を組んだ事もあって、正直私は出てきた当初は冷ややかな目で見ていたのが、「もしかしたらこの人はやってくれるのかな?自民を支持するかどうかとは別だけど。」でしたが、困難ないばらの道も乗り越えて、総理への道も大きく前進な政治力を養っていくのか?それとも結局はその政治力とは全く関係ない個人的な容姿もウリにしたアイドルに毛が生えた程度の存在で終わってしまうのか?まさに今が正念場でしょう。こども保険の件もそうだけど、変に首を突っ込んで却って墓穴を掘る時間はあなたには無いはずです。

| | トラックバック (0)

2017/04/24

小池百合子、ホントは森喜朗にもビビってる?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000063-jij-pol

移転補償金の支払い開始=豊洲問題で9億円―東京都

時事通信 4/24(月) 17:06配信    

 

 築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転延期をめぐり、東京都は24日、4月中に市場業者への損失補償金の支払いを始めると発表した。

 築地市場で営業許可を受けている約900事業者のうち、補償申請が整った52事業者に5月初旬までに約9億円を支払う。

 今回対象となったのは、3月31日までに発生した損失で、豊洲市場に整備した新たな設備の価値消耗分や人件費など約8億円の他、築地市場で営業を続ける上で必要になった設備修繕費など約1億円。 

まあさあ、もう一々この話題をこのブログで取り上げるのも野暮にも感じられるけど・・・・・・つい先日、言い訳にもなってない能書き垂れながら、豊洲への「早期」移転批判したのって何処のどなたさんでしたっけ?日本郵政が巨大損失計上したのも彼には知ったこっちゃないのだろうけど、かって郵政劇場とかで沸かせた、某元総理大臣の忠実なるお弟子さんな・・・・・・・だった筈ですが。

オリンピック費用問題で敗北した、もう一人の「天敵」が著書で自分を批判していた(実際私も日経新聞の広告欄で一部引用箇所を目にしたが、正論だと思う)のを見て、いくら失言(中には正直カチンときた発言もいくつかはあったけど、「沖縄は共産党や日教組の息がかかっているから何でも反対」という様な発言は最近も米軍の訓練にも一々嚙み付いている等のニュースを見ると、改めてそんな的外れでも無かったとも思う。ただ言い方がちょっと悪かっただけで)が多く、支持率も低迷していたとは言え、総理経験者である事には変わりないから、ビビッてもっと「頑張ってますアピール」しなきゃとか思ったのかどうか知らんけど、歯切れ悪いパフォーマンスですね。また山本太郎氏も変なパフォーマンスしていたけど、東京都民は決して一方的な被害者ではなく、彼女を選んでしまった責任もあるとは言え、全く建設的でない、無駄金の浪費だもの。つい最近も料亭で会ってきた某総理の10億慰安婦合意(韓国のダメっぷりを世界に発信する為の費用と言っている人もいるけど、その1/10でも高すぎるわ)も批判する資格ないでしょう。

TIME誌の影響力のある100人に選ばれて光栄だという様な事言ったのも、スターリンやヒトラーとかもパーソンオブザイヤーに選ばれた事があって、ビンラディンも田代祭りが無かったら・・・・・だったし、金正恩も表紙を飾った事がある。まさか彼らが何したかも知らないわけでもあるまい?どれだけ自分大好きなんだ?だけど、確かに何処にでもいる様な凡人には、下手な小国よりも大規模な、総人口の1/10強の人間が住む首都の政治をメチャメチャに混乱させて、膨大な額の無駄遣いするなんて望んでも「出ー来ないよ!!僕にーは!!」(鈴木雅之風)ですものね。ディオみたいにしびれたりもあこがれたりもしませんが!!間違ってもね!!

別途エントリーで定期感想述べますが、まだ井伊直虎の方がマシな仕事出来ていたんじゃないか?彼女のやっている事もポピュリズムな人気取りが目立つけど、それなり以上に周りの家臣たちの意見(まあ戦国武将なんか、元就も井上氏を粛清した事もあった一方、形式的には家臣達と対等の立場という事にしていたし、信長の様な独裁者の方が全然例外なのだけど)も聞いているし、今回の話では結局政敵だった筈なあの人の意見までも受け入れてしまいましたが。

そう言えばまた、同じ女性が極右政党の党首で有力候補なフランス大統領選挙も予想通り決選投票となって、彼女も、この人が勝ったとしてホントにフランスも欧州も良い方向に進んでいくのか?移民には反対ながらもそういう素朴な疑問(しかし、国民戦線って政策とか見たら、ホントに極右なの?と言うか、案外マトモだよね)が頭を離れず、もう既にこの人の事は見限っていますが、まだ一ミクロンでも政治家としての「矜持」が残っているのなら一旦自分が主役な舞台から降りて(知事を辞めろという意味ではない)、頭を冷やして、移転の是非もそうだけど、その他都議選で仮に都民ファーストが勝った後のビジョンとか耳が痛いであろう他人からの意見も受け入れながらよく考えていくべきです。同じく強くてカッケ―自分万歳!!なスティーヴン・セガール氏主演の「沈黙」シリーズはそういうキャラなんだと割り切れればそこそこ以上は見れる作品もいくつもあるけど、この人の劇場は師匠(北朝鮮に行った事とか成果だっていくつもありましたしね)やその「沈黙」シリーズよりも数段以上酷い三文芝居で、ボロを取り繕うとすればするほどそれが目立っていく一方だもの。このままでは間違いなく都制施行以来最悪の黒歴史になりますよ。フランス国民は勿論彼らなりに真剣にルペン氏なりマクロン氏なり選んだのでしょうが、東京都民の皆さんも、自分達、引いては日本という国そのものの「これから」がかかっているのです。今度の都議選には。

| | トラックバック (0)

2017/03/27

戦後民主主義の「深刻な行き詰まり」を象徴する森友学園問題と道徳教科書検定(※3/29に追記しています)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000011-jct-soci

民進党の「二重基準」をネット指摘 メディアに「(籠池側情報)拡散するな」

J-CASTニュース 3/27(月) 20:05配信    

 民進党の辻元清美衆院議員が幼稚園に侵入しかけたなどというのはウソだから、報道で情報を拡散しないように――。森友学園の問題を巡り、民進党や辻元氏がこうマスコミに求めたことに対し、ネット上で反発の声が渦巻いている。

  「辻元清美が幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」
  「嘘の証言した男は辻本と仲良しの関西生コンの人間でした さしむけたようです」

■幼稚園に侵入しかけたことは事実無根と主張

 自民党の西田昌司参院議員が2017年3月24日に安倍昭恵首相夫人と森友学園の籠池泰典理事長の妻とのメールを公表し、籠池夫人のメールにこんな文面があることが分かった。

 「幼稚園侵入」については、保守派を名乗る人の2月28日のブログが導火線らしい。証拠は示されていないが、辻元氏が森友学園運営の幼稚園に勝手に入ろうとしたなどと断言し、そのことを糾弾していた。この日は、辻元氏は、民進党調査チームのメンバーとして現地を視察していた。

 ツイッターでも、同様な情報が流れ、辻元氏は、3月1日のブログで事実無根だと反論した。視察のときは、調査チームの車の周囲を出ておらず、各メディアもそのことを知っているというのだ。

 籠池理事長も証拠を示さずに9日にユーチューブ動画で同様な発言をし、このときも、辻元氏はブログで反論した。さらに、籠池夫人が前出のメールで指摘すると、民進党は同じ24日、マスコミあてのファックスなどで「幼稚園侵入」についてはウソだと訴えた。また、「嘘の証言した男」についても、「(敷地内に埋められたゴミを扱った)作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根です」(カッコ内は編集部記入)と主張している。これは、ネット上の噂を籠池夫人が信じたためではないかという。

 ファックスでは、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」と最後に締めくくっている。

ネットでは、辻元氏らに説明を求める声相次ぐ

 すると、ネット掲示板などでは、民進党や辻元氏に対する反発や批判が相次いで寄せられるようになった。民進党などは、籠池理事長側の根拠を示さない発言をもとに昭恵夫人らを追及し、証人喚問まで求めているのに、なぜ身内に対してはかばうのかということだ。

  「自分等に都合の悪いことだけ揉み消そうとする」
  「マスコミに対する言論弾圧だよね、これ」
  「ブーメラン戻って来るの早すぎわろた」

 民進党などの要請を受けたかは不明だが、3月25日の新聞各紙では、籠池夫人のメールは、辻元清美氏に触れた部分がカットされて掲載された。松井一郎大阪府知事は、この日のツイッターで、「これって、民進党の要請を受けた忖度でしょ」と皮肉ったほどだ。

 一方、民進党の玉木雄一郎衆院議員は、26日のツイッターで、辻元氏は、「逃げも隠れもいたしません」として、翌27日に公式に記者会見する予定であることを明かした。これを受けたのか、菅義偉官房長官は、この日の会見で、辻元氏に触れた籠池夫人メールについて、民進党が説明するのではないかとの見方を示し、「承知はしているがコメントしない」とした。

 しかし、玉木氏は、ツイッターで「会見は行わず従来どおりの対応といたします」と前言を翻した。その理由としては、「党として公式コメントを出しており、また、本件で問題をすり替えようとうごめいている方々がいらっしゃる」ことを挙げている。

 辻元氏の国会事務所では、J-CASTニュースの27日の取材に対し、会見の予定は元々なく、玉木氏が勘違いをしたとの見方を示した。

 しかし、ネット上では、辻元氏らに説明を求める声が相次ぎ、根拠の不明な憶測も流れ出して、2ちゃんねるのスレッドの数が27日夕現在で300以上に達する記録的な状態になっている。

http://dslrcamera.hatenablog.com/entry/kobetopan


どうやらこの事件は安倍昭恵氏は巻き込まれた面も多々ある様で、それでも、私人も苦しい弁護(だったら、秘書だってなおさら5人もいらねーだろだし)な総理大臣夫人としての自覚が足りず、軽率だった誹りは免れませんが、辻元氏もつくづくトラブルの「総合商社」ですよね。どうして彼女の関与もマスコミとか報道しないのだろう。またいつもの、自分達に都合の悪い事実だけ「報道しない自由」を発動か?森友学園って理事長夫妻も精神疾患者なのだろうなあと言うか、100万の寄付よりも、8億強も払い下げた方が問題だろと言うか、当初は盛り土が焦点だった筈の豊洲問題(もう7億近く金消えているぞ?猪瀬元知事の5000万の10倍以上だぞ?どうするんだ?なあ、小池さんよ?)同様どんどん話がズレていってるよねでもありますが・・・・・・・・・

そしてこのはてなブログでも指摘されていて、その他ツイッターとかでも非難轟々な様ですが、道徳教科書の検定ですね。検定の言い訳がスゲー頓珍漢で、マトモに突っ込む価値すらあるのかでもありますが、郷土愛も愛国心も家庭や学校での日常的な生活とかを通して各々反映させ、自然と培っていくもので、上から一方的に押し付けられる様なものではないでしょう。そんな押し付けしないと根付かない郷土愛や文化に一体何の意味があると言うのか。それならば、チョー極論だけどいっそ無くしてしまった方がまだマシです。中国の文化大革命みたいな事やってね!!そうすればこんなくだらない事自体考えつかないでしょう。

そういう「上に都合の良い、『同じであるもの』」って、いじめを引き起こす要因にもなってしまうだろうでもあり、そう言えば、職業差別(勿論この教科書検定も該当するのだが)をやってはいけない事の一つに挙げ、貫いた手塚治虫先生晩年の名作である「アドルフに告ぐ」も神戸が主な舞台の一つで、アドルフ・カミルの実家がパン屋という設定でしたが、本多大佐の息子の「他人に憎まれたり蔑まれる様な愛国心なんて真っ平ごめんだ!!」(という様な)名言も右翼・保守の人達には何度読んでも理解できないでしょう。何故なら、彼ら(勿論ネトウヨも含むが)は自分の国について思い通りにならない点はアメリカや彼らが大嫌いであろう特亜とかの周辺諸国や思想の違う同胞のせいにして、歴史から謙虚に学ぼうとせず、悪い点も何でも良い様に見せようとしているからです。森友学園の「首相頑張れ」や教育勅語の朗読(教育勅語自体は悪くはない。それを自分達に都合の良い、個人の人格をも否定される思想コピーロボット製造の為に利用するのが悪なのであり、教育者として全く失格行為なのである。それが第二次世界大戦とか数々の悲劇も産んでしまったと言うのに)もそうだけど、彼らのやってる事って、その大嫌いであろう特亜と、程度の差こそあれ、ベクトル的には大して違いないのですがね。

特亜にせよ、ロシアにせよ、愛国心で必ずしも飯を食えているか?そんな事ないでしょ?ロシアなんてそれでクリミア併合して経済制裁食らって経済苦しいから自分達の都合の良い様に北方領土の経済協力とか取り付けてきているじゃん。エリツィン氏が大統領だった時にせめて2島でも返してもらうべきだったのに。
勿論彼らを全否定しているわけでもない。中には櫻井よしこ氏みたいに必ずしも共鳴するわけではなくても、その人なりの強い信念とか伝わる人もいます。しかし、最近そういう思想の人達はどうも江沢民氏風に言えば、too simple、sometimes naiveな人達ばかり目立ちます。

しかし、そういう有様になっているのも、自衛隊員を侮辱する様な発言をした某宮古市議も全く言語道断ですが、靖国参拝問題とか慰安婦問題とか、同じ日本人であるはずなのに火が無いのに無理に煙を立たせていて、自国を貶めている人も色々悪行を重ねてきた反動故であるとも言えるのです。本来何が正しくて何が間違っていたか、正しい歴史認識などが出来ていれば彼らの様な天皇制ファシズムの亡霊の落とし子達もそうそうは出てくる筈はないし、現実逃避して、自分達のチンケなプライドを独り善がりに満たしているだけの「日本スゲー」なテレビのバラエティ番組やイチロー選手や錦織圭選手等マスコミが「彼らも凄いから自分達日本人も凄い」と錯覚している様な異常な礼賛報道も発生するはずがないのです。

何度も言っている通り、原発いじめ等も記憶に新しい、ムラ社会的思考と右が左かどちらかに大きく偏っている歪な近現代の歴史認識が今の日本人達の進歩を妨げていると強く思う(右か左かならばまだ左に偏っている方が辛うじてマシかなあとも思うけど)のですが、この森友問題と道徳教科書検定事件を見ると、戦後再スタートした筈の日本の民主主義はかなり深刻な行き詰まりを見せていると評さざるを得ないです。後者も酷いけど、前者も、民進は本来汚名挽回の大チャンスな筈が、自分で自分達の首を絞めているブーメラン現象またまたですからね・・・・・・・・のだめ幹事長は「解散総選挙も受けて立つ!!」とか言っていたらしいけど、自民総裁・総理交代の可能性はあっても、政権交代なんてとてもじゃないですが、無理ですよ。だって民進って存在自体が日本にとって全く害悪なのだから。

しかしそれなのに第一野党となっているのだから、一部の人達みたいにネタにする事はとてもじゃないながらも出来ない。暗澹たる気分でありますが、イデオロギーにも囚われない有権者各々の意識改革や政治・選挙制度の改革とか何とか少しずつでも変えていかないとこの国は一度痛い目に遭った筈なのに戦前にも回帰してますますダメになってしまう気がします。そういう意味では今度7月の東京都議選もそのきっかけになれば・・・・・・ですね。マスコミ報道とかに惑わされず、小池知事や都民ファーストの会にホントに東京都政を任せる事が出来るのか?百条委員会の不発ぶりでいくらか流れが変わってきている感もありますが、真剣に考えてくださいです。

【以下3月29日追記】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000132-jij-pol
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20170329-00069245/
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-01799257-nksports-soci
 

中国の王毅外相が「心の病を治せ!!」ねえ・・・・・・・確かに前述した様に、こういう道徳教科書の検定を見たって精神が正常ならばこの様な検定なんかしない(某所でも安倍昭恵なんて洋菓子作っている某有名メーカーの社長令嬢じゃんとか突っ込んでいた人いたけど、確かに巻き込まれた面もある彼女に愛国心とかなかったらこういう問題自体起こらなかったかもだし)し、大部分の人達は「中国には言われたくないわ!!」と思うだろうし、私もそう思うけど、一方で、昨今の我が国のこういう話題を聞くと、強く反論する気力すら半ば失せてしまいますね。正直な話。

中国とか周辺手国に対しての好悪もまず置いといて、ホントに私達日本人皆皆危機感もって、自分で出来るベストの選択とかしていかないといい加減ダメだよだけど、そう言った傍からねえ・・・・・・・・さすがに小池都知事も百条委員会が、音喜多氏が思っていたよりも無能で不発に終わってしまって、流れが変わってきた事も分からないほどバカでもないという事なのでしょうが、平慶翔氏とやらは秘書(しかも小池氏の政敵の)としての能力はどれほどだったのかね?結婚もかなり話題になった姉夫婦にも応援演説とかに来てもらうつもりなのか?まあ蓮舫氏や山本太郎氏だって当選してしまうのだから、彼もまあ容姿もイケメンだし、当選しちゃうのだろうけど・・・・・・・・豊洲市場の話も、これから落としどころを考えれば考えるほど墓穴を掘る格好になるよだけど、これだって他所の国だったらデモ起こされたっておかしくないのでは?まあ別に自分は東京都民じゃないし、自分達で最も良いと思う選択すればいい。それは自由です。パンか和菓子を食う事とか、アスレチックか和楽器で遊ぶ事とかと同じ様にね。その結果理不尽な目に遭っても、てるみくらぶの内定もパーになってしまった人達や気象状況を無視した栃木登山講習で亡くなった人達に対しての様に同情なんか全くしませんが。

| | トラックバック (0)

2017/03/20

小池百合子は都民を騙すにしても何故こんなに下手なのか(※元は3/18エントリーをその後追記しています)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000554-san-soci

築地市場で海水濾過設備が故障 小池百合子知事、老朽化は「都のほったらかし」が原因と批判

産経新聞 3/17(金) 20:30配信    

 築地市場(東京都中央区)にある海水の濾過(ろか)設備が17日早朝、故障し、濾過した海水が市場内で使用できなくなった。都が同日発表した。

 濾過した海水は床洗浄や魚の水槽などに使用しているが、市場の主要な建物である水産仲卸売場(約1500店舗)全棟で海水の配水が止まった。現在、水道水利用に切り替えて対応している。

 老朽化した土中の配管から漏水したのが原因とみられ、都は復旧を急いでいる。

 小池百合子都知事は同日の会見で、豊洲市場(江東区)移転が都の前提になっていたとして「築地改修がほったらかしだった。汚い、古いなどと指摘されて、18年間放置されてきた」と指摘。築地では、耐震基準を満たさない建物や土壌の有害物質の存在が相次いで明らかになっているが、今回の故障も含めた老朽化の原因を、対応を怠ってきた都の「不作為」にあると批判した。

 その上で、「企業なら問題があればリコールや株価下落になる。市場について万全の信頼を得るべきだが、信頼を得ることは本当に大変だ」と強調した。

 都によると、築地では専用設備から海水を取水して濾過し、滅菌。土中の配管を通じて水産仲卸売場の各店舗などに配水し、床洗浄や魚の水槽用に利用されている。

 17日朝、蛇口から海水が出ないとの苦情が業者から都に寄せられた。

 設備の配管は昭和36年に整備され、その後補修を繰り返しながら利用を続けてきたという。修理には時間がかかる見通し。

 また、豊洲問題を検証する都議会百条委員会は、18日に担当部局の中央卸売市場の歴代市場長4人ら、19日に東京ガスとの用地買収交渉を担当した浜渦武生元副知事、20日に移転を決断した石原慎太郎元知事の証人喚問を行う。

稲田大臣も、森友学園やPKO文書等「冗談抜きでまだ真紀子の旦那の方がマシだったんじゃね?」(まあ、この人が同じ立場に立たされて、稲田氏以上に良い対応出来たのかな疑問も無きにしも非ずですが)で、蓮舫代表も求心力低下等指摘されている(自分が目立てば良いのであろう彼女に元々そんなものあったのか?でもあるけど)様ですが、この人もなあ・・・・・・・・大昔には推古天皇(晩年の、あの叔父でもある蘇我馬子との某エピソードも100パー鵜呑みには出来ないとはいえ)や持統天皇みたいな有能な人もいたけど、何故最近の女性政治家は・・・・・なのだろうか?

まあこの件についても、決まって小池氏を的外れに擁護する人も出てきてますが、青ポチより赤ポチが圧倒的に多い人達の意見に同意です。石原慎太郎氏の豊洲問題についての発言も、ピート・ローズ氏その人がイチロー選手の通算安打世界記録を認めなかった(実際、2016年シーズン終了時点でそれぞれマイナー、NPB2軍での安打数を足した場合、まだ後者は前者の安打数を越していないし、ギネスには確実な証拠がなかったのに泉重千代翁をいったん世界最長寿認定して、後に取り消した「前科」だってある。それでもイチロー選手の殿堂入りには、ジーター氏やプホルス選手等共々議論の余地はない等の意見にも変わりはないですが。MLB挑戦以降は過大評価されている事を差し引いてもね)のがアンチイチロー以外の人達の共感を得る事がおそらく難しかった(ファン公言したポール・モリタ―氏みたいに適当にリップサービスでもすれば良かったのである)様に、それ自体は全く的外れではない(石原氏が当時持っていた都政についての責任は最大であっても、唯一ではないのである。御本人はそれほど興味もなかったとは言え、議会を通して決めた事なのだから)ながらも石原氏がそれ言ったらもう言い訳になってしまう面もあるでしょう。全てではないながらも、多くが。

だから石原氏ももう変に売られた喧嘩買わないで、態々休日にご苦労様なこっただけど、今度の証人喚問でももう覚えている範囲で良いから、籠池氏もそうだけど、正直に洗いざらい話してくださいですが、小池都知事もホント困ったものですね。東京都民、いや日本国民があなたに求めているのは、評論家みたいに起きてしまった事、終わった事についてあーだこーだ批評する事などではない。東京都政の最高責任者としての、諸改革の実行ですぞ?都議選での都民ファーストの会の議席獲得もあくまでその為の有効的な手段の一つに過ぎないのです。

都議会特別予算委員会関連記事でのヤフコメでは、彼女が支持されるのは然るべき背景があるとかドヤ顔で発言していたコメントも見られて、確かに自民都議にも問題がないとは決して言わないし、私も有権者になって自民及びその擁立候補者に票を入れたのなんて片指で数えられるほどしかないですが、「ある意味その通り」ですよね。だって都民は山本太郎氏も議員にしてしまった(例の「アッキード事件」には不覚にも笑ってしまったけど)けど、同じ劇場型政治を展開していた小泉元総理の郵政民営化騒ぎの事もまだ10年そこそこしか経っていないのに忘れてしまっているのだから。小泉氏も功罪両面共にハッキリしながらも今思えば、日本最後の大物政治家であるとも思いますが、郵政民営化って何か国民に実感できるようなメリット有りましたか?私はあの当時から普通に疑問を感じていましたが。(「人生色々、会社も色々」なんて言っていた事もあったし、愛読していた「噂の真相」でも総理就任直後から「この男も永田町の常識に染まっている事を忘れてはいけない。」なんて批判されていて、読者投稿欄では、母校というだけで慶応義塾大をディスっていた投稿も採用されていたのも正直「時の権力者を叩けば取りあえず良いのか」でしたが。なお余談ながら、この読者投稿欄では小林よしのり氏を度々批判してきたある読者の投稿がしばしば採用されてもいた。)

もうこの小池都政についても一々このブログでも取り上げるのも何の意味があろうかでもありますが、最近の小池氏の言動を見ていると、「どうしてこの人は自分の野心を満たす為に都民を騙すにしても、もっと上手く騙す事が出来ないのだろうか?どうして築地、豊洲の安心安全の基準とか小学生にも突っ込まれる様な辻褄の合わない発言もしてしまうのだろうか?」です。まあ政治家なんてバカな上司の下で働いた事ない人だって決して珍しくなく、プレミアムフライデー(今月の最終金曜も月末じゃん)の件からもお察しの通り元々我々一般国民と感覚が違うのでしょうし、森友学園問題もお偉方の発言は信用できないですが、それにしても・・・・・そもそも都民ファーストもセンスの良さとかは感じられない凡庸なキャッチコピーですが、国政勉強会や築地市場で色々出ているボロ、例の9回目のサンプルとか、まだ都議選まで3か月以上もあるのに化けの皮が剥がれるの早すぎでしょう。同世代の有名人でもあるユーミンも政治利用していたみたいだけど、こうした自分にとって都合の悪い事実についても見え透いた論点反らしか責任転嫁でその場しのぎしているから、余計理解に苦しむのです。これでは至極真っ当な記事を書いた有本香氏だって本来出番がない。この人がそういう記事書かなくても騙せない人は騙せないからです。(豊洲ってまた、最新鋭の地下水浄化装置もあるんでしょ?小池氏やマスコミの口からは全く聞いた事ないけど)

まあその代表的な擁立候補である音喜多氏も、「アレ」は1000歩譲って置いとくとして、容姿もまあ一応イケメンだし、何とか都議選までは賞味期限持つかもしれない。予測通り都民ファーストの会が過半数の議席を獲得できるかもしれない。しかし、石原都政は確かに公私混同も酷く、問題点や中途半端に終わった政策も目立ったけど、評価点だっていくつもあった。対して小池氏は・・・・・・・・実務能力とか高いとは到底思えないと言うか、最終的な目的が総理大臣になる事だとしても現時点ではそれは「全く分不相応な野心」でしょう。他県の借金を倍にして逃げた人にも都知事が務まるとは思えませんが、豊洲の風評被害等都議選勝利の為の道具として過剰な問題提起に走り、1日で上場企業社員の平均年収がパーになる損失も出している等前任者達とはまた違ったベクトルで都政を停滞させている人とその取り巻き達にどうして国政など任せられようか。このままでは小池劇場が失速、終了するのもそう遠い未来の事ではないでしょう。役者はジャンヌ・ダルクがモデルであろう正義の味方と悪人達を中心に色々揃っていても、大手芸能事務所所属(しかも特定の幹部に取り入るのは上手く、移籍を繰り返すも必ずしも従順でもなく、独立しようともしている)という事で起用された主演女優の演技力が低く、脚本も作り込まれていないのなら態々金払ってまで映画館に見に行く意味は無いのだから。


【以下3月20日追記】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-01795152-nksports-soci

小池知事、石原氏の証人喚問バッサリ 内容なかった

日刊スポーツ 3/20(月) 16:04配信    

 東京都の小池百合子知事(64)は20日、豊洲市場の移転問題を検証する都議会の調査特別委員会(百条委員会)で20日、石原慎太郎元都知事(84)の証人喚問が行われたことを受け、都庁内で報道陣の取材に応じた。

【写真】証人喚問中に天を仰ぐ石原氏

 小池知事は、石原氏の証人喚問について、映像を断片的にしか見ていないとした上で「責任の所在であるとか、これまでの会議の出席や(土壌汚染対策の)瑕疵(かし)担保責任については、前回の記者会見をなさった時と(比較して、新たな内容が)あまり出ていなかったのではないかと思います」と感想を語った。

 石原氏が証人喚問の中で、早期の豊洲移転を実現すべきだと繰り返したことについて聞かれると、豊洲市場の地下水の9回目のモニタリング検査の結果、有害物質のベンゼンが最大で環境基準の100倍も検出されたほか、基準の最大3・6倍のヒ素や、検出されないことが基準のシアンも複数箇所で検出されたことを前提に上げた。その上で「(検査は)もともとは安心を確保するために、万全を期しての措置ということで、石原都政から決まっていたことであります。それを途中で打ち切るということが、安心の確保につながらないのではないか、という考えから、移転を延期したという経緯。私自身は、決められた法的基準にプラスした基準だと言えるかと思いますが、それの確保のために作業を進めてきた。私が新たにハードルを上げたわけではありません。その結果が出て、専門家会議が行われたということ。その結果を踏まえて、新たに出てきた今回の数字の新たな分析、今後の対策を考えていきたい」として、石原氏の主張を退けた。【村上幸将】

「部下がやりました」とか、「やっぱ豊洲に移転しましょう」とかで済む単純な話じゃないですし、石原氏本人が言ったら決して賞賛なんかされないだろうけど、現実問題そんなものでしょう。都民ファーストの会の追及も拙劣ならば、自民都議の質問も温情見え見えだった様で、石原氏には知っている事全て話してくださいと言ったけど、ほぼ予想通りの展開でした。と言うか、厚化粧とか私怨丸出しの口喧嘩なんて誰もいない山奥でやって下さいだし、これでホントに豊洲問題前進するの?あと都議選まで3か月強もあって、次はどんなカード切る気なの?まあ豊洲は選挙の争点では断じてないけど、あとは東京都民皆さん方がこの人と音喜多氏等取り巻き連中にホントに残り任期都政を任せられるか判断すればいいのです。私が都民だったら絶対都民ファーストの会の連中には入れないですがね。

【以下3月24日追記】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00010000-tokyomxv-pol

態々折角の3連休に開催した百条委員会が、太鼓持ちの音喜多氏も石原、浜渦両氏と比べると小者である事が如実になってはかばかしい成果を得られず、相対的に森友学園問題の影にも隠れてしまって化けの皮が剥がれ始めてきたから、取り合えず「やるやる」アピールしたわけですか。そう言えば、全然注目されていない様だけど、広尾病院の件もどうなったのですかね?いずれにせよ、今まで無駄になった約7億が返ってくるわけではないのですが、「国民のレベルを超えた政治家が出てくる事などあり得ない」な授業料としては高すぎるでしょう。偉そうな事を言うけど、品川区長と小金井市長も自民から都民ファーストに寝返ったらしい今、東京都民の見識が改めて問われているのです。税金を無駄遣いされても何とも思わない、政治に関心も持たないのならばその人は精神的に死んだ人間以外の何者でもないし、お隣の国の事も笑えません。

| | トラックバック (0)

2017/03/01

誤算だったとしてもまだまだ・・・・・であろう(※3/3に追記しています)

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170301-00000248-fnn-soci

「築地も汚染」か 広がる困惑

フジテレビ系(FNN) 3/1(水) 20:53配信

豊洲新市場だけでなく、築地市場にも浮上した土壌汚染のおそれ。移転問題はどうなるのか、困惑が広がっている。
3月1日の東京都議会。
小池知事は、築地市場について、「築地市場は、豊富な品ぞろえと確かな品質を確保して、まさしく、日本の食文化の発展に貢献しているものと考えております」と話した。
豊洲新市場への移転が、地下水からベンゼンなどが検出されたことで暗礁に乗り上げる中、今度は、築地市場でも、土壌汚染のおそれがあることがわかり、波紋を広げている。
築地市場の新しい理事長に就任した、移転慎重派とされる早山 豊氏は1日、「築地での土壌問題が問題視されるとなると、日常性そのものが、われわれにとっては、非常に困った問題になる」と述べた。
また、築地の場外市場に来ていた人は、「『いまさらなんで?』っていう感じがある。ちょっと信じられないっていうのは、大きいと思う」、「本当だったら、豊洲に決まりかけていた。二重苦になってるかなって思う」などと話した。
82年前の昭和10年、1935年に開場し、長年「東京の台所」と呼ばれてきた築地市場。
しかし、1945年の終戦後、進駐したアメリカ軍が、築地市場の敷地内に、ドライクリーニングの工場などを建設していた。
築地市場の青果門前。
この建物の奥、今は野菜や果物が売られている場所に、戦後、ドライクリーニングの工場があったという。
終戦から2年後の1947年に撮影された、築地市場の航空写真。
アメリカ軍のドライクリーニングの工場やガソリンスタンドがあったとされ、クリーニング工場の隣には、「ソルベント」と呼ばれる有機溶剤のタンクも作られたという。
それらの場所は、現在の築地市場では、青果部の建物となっているが、ここで、かつて使われたソルベントによる土壌汚染のおそれが指摘されている。
昭和大学薬学部毒物学部門の沼澤 聡教授は「(『ソルベント』について)代表的なものが、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレンという。これが、トリクロロエチレン、液体。揮発した蒸気を吸い込むと、毒性が出てくる」と話した。
また、築地市場の敷地内には、ほかにも、自動車整備工場や複数の給油所などもあったことが確認されていて、さらなる土壌汚染のおそれがあるという。
今回、発覚のきっかけは、移転したあと、築地市場の跡地を通る予定の環状2号線。
東京都が2016年3月、建設予定地の履歴を調べた際にわかり、その後、土壌汚染のおそれがあるとの報告をまとめていた。
2月28日夜、小池知事は「基本的に、あそこはコンクリートとアスファルトでカバーされているところ。基本的には、汚染という観点、もしくは、法令上の問題はないという認識」と述べた。
これまで、築地市場については老朽化を指摘する声もあったが、豊洲市場のような、大規模な土壌調査はしていない。
今回の報告を受けて、今後8カ所で土壌調査をするとしているが、もし汚染が確認された場合、移転問題は、さらに混沌(こんとん)とするとみられる。

まあ私に限らず、多くの方も思っているでしょうが、「何を今さら」ですね。

https://dot.asahi.com/wa/2017021400048.html

ヤフコメ民では、「都議選の後に築地の問題点を噴出させて~」のmch氏の意見もその通りだとも思いますが、絶対小池都知事は就任直後からこうした築地が抱えた問題も知っていたのでしょう。知っていて、政敵叩きや都議選での勝利の為に故意に情報公開しなかったのです。そして今回とうとう隠し切れなくなってしまった様ですが、小池氏はまだまだ「ちゃーーーら~へっちゃらーーーー」な気分だと思いますよ。その政敵の一人である石原慎太郎氏の記者会見及び参考人招致も近々決行される予定だし・・・・・・・・ある人は「政敵叩きとかレベルの低い人達がレベルの低い話に持ってこうとしているけど、そうではなく、決定プロセスを透明化するために(石原慎太郎の参考人招致などは)必要なのだ。」とか言っていて、確かにそうしたプロセス云々の目的自体は間違ってはいません。しかし、この人は小池都知事に近い石川千代田区長や前川練馬区長も豊洲利権に関わっている疑惑がある事も知っているのだろうか?まあ知っていてもスルーだろうねだけど、別に小池氏はまた、こうした参考人招致とかで真実が是非明らかになってほしいとも思っていませんよ。おそらく。実際自分が都知事になった時から豊洲ありきだったとか言い訳していて、対応も拙いけど、小池氏にとっては石原氏がそうした言い訳とか繰り返して、世間からの非難をますます浴びた方がなお都合が良いのです。小池氏がまた「元気になったり」云々とか挑発しているのも、石原氏の人間性を知った上での計算されたパフォーマンスです。都議選に向けて時間稼ぎできるし、先週の定例記者会見で、中にはマトモな記者もいて、さすがにこうした恣意的な政敵叩きも指摘されちゃった様ですが、今回改めて明らかになったこの築地の実態も一時的ではあっても目を反らす事が出来る。賞味期限が近づきかけたら、今度は夕刊フジでも報道されていた様に内田氏を百条委員会とかに呼ぶなりまだまだいくつもカードがあるのです。

そういう意味では、漸く(?)大きく取り上げられるようになった、極右思想コピーロボット製造所、天皇制ファシズムの残滓な森友学園問題も、自民党はまだどのカードで火消しするか選択しかねている(?)感じですが、国政では安倍自民しか選択肢がない様に、都政でもまだ完全に見限ったわけじゃないとも言ったけど、この小池氏しか選択肢なかったのですかね?いや、別に都民ファーストじゃなくて、まずは自分ファーストでも良いんですよ。政敵を叩いても良いんですよ。実際彼らは散々既得権益等で私腹を肥やしてきたのだし。でもそれは改革の為の手段であって目的ではないですからね。功罪両面ハッキリしながらも日本最後の大物政治家だとも思う某元上司(ハンセン病患者問題にケリをつけた事や北朝鮮に行った事、別に戦犯まで祀られているのを積極的に肯定するわけではないけど、変に周辺諸国の顔色を窺わないで靖国に毎年参拝した事とかは評価点です。次男も注目された直後は冷ややかな目で見ていたけど、まあ頑張っている様だし)も、郵政民営化もあれだけ騒いだの何だったの?ホントに何か国民に明確なメリットあったの?で、そもそも選挙で自民またはその擁立者に票を入れたのなんて片指で数えられるほどしかないですが、これでホントに豊洲問題解決するの?オリンピックまであと3年強だけど、3年なんてあっという間ですよ?で、人間は忘れる動物だとも言うか、郵政とかたかだか10年そこそこ前の事ももう忘れてしまっているのかなあですが、残された時間も金も決して多くはありません。石原氏や内田氏の責任追及はやるなとは言いませんが、あくまでサブです。いい加減「その先にあるもの」をそろそろもう少し見せてほしいです。誰が自分達の住む地域の発展と幸福に貢献してくれるか?東京都民だって各々なりに考えて、多くは小池氏を選択したのでしょうし。小池チルドレンとかまた悪い意味で歴史が繰り返す事になったら、それこそ森友学園の幼児洗脳や富田さんの刺傷事件共々日本という国の新たなる不幸です。

【以下3月3日追記】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000070-asahi-soci

さすがにドタキャンとかはしなかった様ですが、まあほぼ予想通りの弁でしたね。石原氏。彼の発言も果し合いに行く侍らしかぬ言動ではありましたが、ヤフコメでも石原氏に対する非難だけでなく、小池氏の知事としての力量に疑問を呈する発言もいくつも見られた等まだそこまでバカじゃないのかなあですね。今度はそもそもそういう取引自体乗り気じゃなかったらしい東京ガスも標的にした様だけど、一体小池知事も豊洲問題も何処に行くのですかね?今のままじゃあその「人の責任」云々も民進(旧民主)みたいにブーメランになる可能性だってあるんですよ?あなたは果たしてそれがお分かりで?これじゃあ単純な比較できないけど、是非はともかく、決断力と実行力があるトランプ氏の方がまだマシに見える面もありますよ。この人も公私混合の酷さは石原氏の事を笑えないレベルだけど。

| | トラックバック (0)

2017/02/24

プレミアムフライデーと小池都知事の定例記者会見

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12177-02243/

小池百合子都知事が快適通勤ムーブメントの実施を発表 民間企業などに時差通勤を促す

記事まとめ

  • 東京都の小池百合子知事が定例会見で快適通勤ムーブメントの実施を発表した
  • 満員電車の混雑の緩和に向けての実施で、快適な通勤を体験してもらうことが目的
  • 2020年の東京五輪を見据えて継続的に実施、民間企業などに時差出勤を促す

小池知事定例会見2月24日(全文1)快適通勤ムーブメントを今年の夏から実施

 

小池知事定例会見2017年2月24日(THE PAGE編集部)

 東京都の小池百合子知事が24日午後2時から定例会見を行う。

 22日に開会した都議会での施政方針演説で、小池知事は2020年東京五輪・パラリンピックの仮設施設の整備費について「都も負担する」ことを検討すると表明。豊洲市場問題では、都議会が百条委員会の設置を決め、石原慎太郎元知事らの証人喚問の日程を協議する。

 今夏の都議選をめぐっては、小池氏系の候補が過半数に迫るとの見方が報じられている。

快適通勤ムーブメントの実施について

朝日新聞:ただ今から小池知事の定例記者会見を始めます。では最初、知事からお願いします。

小池:皆さん、こんにちは。それでは定例記者会見、始めさせていただきます。まず、ご協力いただいております東京大会オリンピック・パラリンピックのメダルの材料となります都市鉱山。8日間でこういう形ですけれども、4600個を超えるご協力をいただいております。そしてお持ちいただいた方には、こういう私からのお礼状というか、お礼カードをお渡しするということでございます。引き続き、ご協力のほどお願いを申し上げます。

 今日は私のほうから5つ、ご報告をまずさせていただきたいと存じます。まず満員電車の混雑の緩和に向けまして快適通勤ムーブメント、これを実施することといたしました。この満員電車の混雑緩和というのは社会の生産性向上のための重要な課題であります。そこで多くの方々に快適な通勤を体験してもらう、効果を実感してもらうということを目的に快適通勤ムーブメント、これを今年の夏から実施をすることといたします。このムーブメントへの参加について広く呼び掛けを始めていきたいと思います。2020年の大会を見据えて継続的に実施をしていくことといたしております。

 これは具体的には鉄道を利用する方々、民間企業の皆さんに時差出勤、フレックスタイム、テレワークなどをお願いすると。それと、鉄道事業者の方々には、例えば協力してくださる方にはポイントを付与して、それで豪華景品が当たるとか、いろいろ工夫をされておられます。それから混雑の見える化などに取り組んでいただくということを期待しております。

 またこうした取り組みに積極的に参加される鉄道事業者や民間企業の皆さまに対しては表彰制度を設けると、こういったことを考えております。ゴールデンウィークの前後に快適通勤プロモーション協議会、これは関係者の方々にご参加いただいて、それをベースにしていろんな知恵を出し、そして快適通勤ムーブメントへの協力を呼び掛けてまいります。

 それから物理的に輸送力の増強などのハードの整備も重要であります。例えば小田急さん。小田急線では来年3月に都の連続立体交差事業で、これと一体となりました複々線化が完成するということ。それから西武鉄道ではベビーカーなどをお使いの方々が、そのまま安心・安全に利用できるパートナーゾーンというそうなんですけれども、ベビーバギーを押しながら、そのまま入れるといったような新型の通勤車両が今年3月、もう来月ですけれども導入されるということで、ハードとソフトと、それから利用者と事業者、それから企業や組織ですね。例えばフレックスタイムを導入するであるとか、テレワークを導入するであるとか、主体となる方々が非常に多いんですけれども、そこをつなぐ協議会をつくるという、こういうご報告でございます。

東京都総合教育会議開催について

 2番目でありますけれども、教育に関してであります。3月の9日に今年度で3回目の東京都総合教育会議を開催いたしますので、そのお知らせであります。テーマが教育管理職の確保についてということであります。これは実は結構、深刻な問題となっておりまして、都内の公立学校、特に小、中ですね。副校長のなり手が不足をしているという事態であります。女性教員が今、全体の5割強を占めるようにもなりました。一方で管理職選考の受験者が少ないと。先生、教師はするけれども、でも管理職にはなりたくないという方も多いという現実であります。

 そこで通常のメンバー、つまり私と、それから教育委員会のメンバーに加えまして、現場の方々からもお話を聞こうということで5名の都内の公立小中学校の校長、副校長、教員の方々にご参加いただくということで教育現場についてお話を伺うこと、それをベースにして解決策を、方向性を見いだしていきたいというものでございます。ちなみに、東京大改革の一環で都庁の職員のご意見、ご提案を伺うという目安箱にも、これは都庁の職員としての先生なので、ほとんどが都立高校になりますけれど、そこからも目安箱に寄せられる件数は極めて多いですね。教育現場におけるさまざまな悩みというのを直接、私のところに届いております。教育の現場、教育の中身もさることながら、やっぱり教職員の人たちが働く環境、これをしっかり整えていくことが必要かと思います。

 3番目でありますが、今度は島嶼、島の課題であります。東京には素晴らしい島々、宝物のようにあちこち位置しているわけでありますけれど、そこをもっと磨きをかけようということで、東京宝島推進委員会を開催いたします。あの素晴らしい景観であるとか、ホエール、イルカ、ホエールウオッチングができるとか、海洋資源にも恵まれておりますし、くさやとか、特産品などもあります。こういった宝物にあふれている、その宝島をもっともっとブラッシュアップをしていこうということで、ブランディング、マーケティングなどの専門家からなります、東京宝島推進委員会を立ち上げることといたします。これによって島嶼の活性化を図るというものであります。

 メンバーについてはご覧のとおりでございまして、1回目の委員会は3月の9日の木曜日、都庁で開催することといたしております。島の方々は素晴らしい自然であるとか、素晴らしい、いろんな文化っていうのは毎日住んでいると意外とこんなものだと思われがちですけれども、それは実は大変な宝物だというふうに、いろんな専門家から、そういった宝物を掘り出して、そしてそれを磨いて、マーケティングして、ブランディングをしてということで島嶼地域を活性化していきたいという考え方であります。

 ちなみに私、沖縄担当大臣をしておりまして、39かな、有人諸島があるんですけれども、それぞれからやはり同じように名産品を掘り起こして、そこに磨きをかけてということはすでに行ってたところでございます。チーズとか、それからミミガーとか、なんかいろいろ本当に沖縄の素晴らしい物産を、より磨きをかけて販路を確保するといったようなことをこれまで、沖縄担当時代にやっておりました。それの東京の島版であります。

市販車での燃料電池バスによる都営バスの運行開始について

 それから今度はがらりとテーマが異なりまして、日本で初めての市販車での燃料電池バスによる都営バスの運行開始についてお知らせをいたします。交通局でありますけれども、これまで燃料電池バスの技術開発に協力をいたしてまいりましたが、それがいよいよ実を結ぶということであります。それで市販化される、燃料電池バスを2台導入したところでありますけれども、これを運行開始に先立って3月6日の月曜日、バスの整備場、そして水素ステーションなども視察すると同時にこのバスに私も試乗しようという、皆さんもどうぞお乗りください。で、営業の運航日ですけれども、3月の21日の火曜日から、東京駅から銀座、勝ちどきなどを経まして東京ビッグサイトに至るルートとなります。

 で、この燃料電池バスの導入の今後の見通しでありますけれども、2020年、つまり東京大会までに都営バスを含めまして、都内で100台以上の燃料電池バスの導入を目指しております。まさしくスマートシティの実現の一端を担ってくれるかと思います。都営バスについては最大70台の導入を考えて、目指しております。

公立大学法人、首都大学東京の理事長の人事について

 5番目でございますが、公立大学法人、首都大学東京の理事長の人事についてお知らせをいたします。これまで勤めてこられました川淵三郎現理事長ですが、任期が今年の3月末をもって満了ということになっております。そこで後任といたしまして、慶應義塾大学の名誉教授の島田晴雄先生を任命することといたしました。島田先生は国際派のエコノミストとして幅広く活躍されておられ、そしてまた千葉商科大学の学長のご経験もお持ちでいらっしゃいます。大学の経営についても優れた見識をお持ちであるということから今回の就任への要請になりました。

 学長さん、上野学長ですね、などと協力をしながら国際都市東京としての強みを生かして首都大学東京ならではの魅力をさらに高めていくことを期待するところであります。なお川淵現理事長ですが、この4年間大変ご尽力を賜りました。あらためて感謝を申し上げたいと存じます。担当は総務局でございます。

 以上、私のほうからのご報告は以上の5点とさせていただきます。じゃあ幹事社さんどうぞ。

週末ですね。皆さんはどうお過ごしになられる予定で?プレミアムフライデー?旦那、うちの職場にはそんなの関係ない話ですぜ。吉野家は牛肉・豚肉半分ずつの牛豚半丼メニューを販売したらしいですが・・・・・・・・・その企業努力を否定するわけではないけど、このメニューにそこまでのプレミアムな価値があるとは思えないです。山田うどんのパンチ&カレーセット同様、普通に土日祝日限定で販売すれば良いだろですね。関係ないと言ったけど、自分がもし15時に帰れるとすれば、私用をその分早いうちに済ませますね。特別旅行や外食しに行きたいとは思わないし、外食行くにしても吉野家さんにはこう言うとつくづく悪いけど、もっと普段食べられないものが食べられる様な店に行きますね。Sガストとかどれも美味しそうなメニューだけど、茨城には営業店舗無いんですよね・・・・・・つくばか守谷あたりに今度開店してくれないかい?

http://pet-self.com/economy/1922


と言うか、ネットでもやはり否定的な意見が大半で、某巨大掲示板ではやけにサービス業従事者を見下した様なレスが目立ちましたが・・・・・・・・・・まあ誰しも就きたい職業とそうでない職業はあるでしょう。販売職もネットではタクシー運転手等共々底辺と見做されている様で、別に「職業に貴賎なし」とかなんて陳腐な綺麗事いうつもりもないけど、親を殺された恨みでもあるのだろうか?そういう人達もいなかったらあなた方自身の生活がかなり不便なものになる、困るのはあなた方なのだですがね。かの手塚治虫先生も「やってはいけない事」の一つとして挙げていた様で、今のこのご時世、心に余裕がないから自己中心的になってしまいがちで、ちょっと考えれば出来る想像も出来なくなってしまうのでしょうが、よほど人から後ろ指差されるようなのならまだしも、こういう特定の職業従事者を見下す言動にどうして賛同など出来ようかと言うか、可哀想な人達だです。

http://blog.knak.jp/2016/08/imf-3.html
http://japan.cna.com.tw/news/aeco/201701020007.aspx

ホントに真剣に個人消費を活発化させたいのなら、根本的にこの上の方のURのブログでも指摘されている様な、アベノミクスそのものの改善策を実行すべきだとも思いますが・・・・・・・・勿論、これも契機に「どうすれば効率よく業務をなるべく時間内に終わらせる事が出来るか?」とか考え、努力していく必要はあるとも思いますが、まあまずは台湾みたいに休日は何曜日だろうが、あらゆる業種・企業が完全週休二日となる様指導徹底した方が良いです。(その代わり祝日は減らされてしまい、これに抗議するデモもあった様です)

https://zuuonline.com/archives/120517

と言うかまた、このプレミアムフライデーってもしかしたらこの中国で実験されているらしい週休2.5日がモデル?しかし、嫌中論者を中心に公式経済成長率は嘘だとも言われている様で、中国が公務員完全週休二日になったのは日本より3年遅れの1995年5月の事らしいですが、また経済面等の状況違いますものね。一方で、朝9時から夜9時まで週6日残業代なしで働く、996勤務を強いている企業もインターネット業で見られ、日本でもこれやったら間違いなく大問題になるだろうですが・・・・・・・

特に3・4・6・9月なんて月最後の平日でもあるのに余計忙しいだろで、焼け石に水でしょうが、引用記事はそのプレミアムフライデーにおける小池東京都都知事定例記者会見の一部始終を記したものです。それについてもコメントしますが・・・・・・

>快適通勤ムーブメント


反対はしないけど、それが出来るのなら、とっくに実現できていると思いますが・・・・・朝早くの電車を無料にしたり、二階建て電車を導入したりと改善策自体は色々あるようですが、採算合わなくなっちゃいそうですね。

>東京都総合教育会議

休日も部活動の顧問として取り仕切ったりと負担が重すぎるし、モンスターペアレンツ対策も面倒で、今や学校教諭もブラックですものね。このページで言及されているいくつかの事例も参考にして、よーく話し合ってください。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/1324313.htm

>島の課題

http://www.betanagi.jp/dhb/access/

沖縄での経験をそのまま活かせるかはまた別問題だろうけど、まあ良いんじゃないですか。実際クジラと泳ぐツアーもあるらしいけど、三宅島とか東京都所属の離島への交通アクセスの現状及び改善点とかやはり色々煮詰めていくべき点はあるでしょう。

>燃料電池バスによる都営バス

一番の課題は水素ステーションの確保でしょうね。茨城県にもつくば市春日に水素ステーションがあるけど、週二日二時間の短時間営業らしい。東京都には10か所ほどあるらしいけど、目標達成には足りないでしょう。普及補助とか予算にどれだけ割けるかですね。

>首都大学東京の理事長

現任はバスケのBリーグにも関わったあの川淵三郎氏な様ですが、後任者は小泉政権時代に内閣府特別顧問を務めていたらしいから、環境大臣等を務めていた事もあった小池知事の知る相手でもあるのでしょう。しかし、千葉商科大学の学長を健康上の理由で退任したらしいけど、大丈夫?理事長って名誉職らしいからそれでも問題ないのか。


この他、この定例記者会見では「石原氏の責任追及ばかり」と指摘されて苦笑した一幕も見られましたが、笑っている場合ではありません。石原氏は極端な男尊女卑主義者でもある様だけど、今までの暴言だけ見ても、まだ森元総理の方がマジに感じられるほどの酷い発言のオンパレードで、擁護するつもりは全く無い(作家としての代表作、「太陽の季節」も映画版見た事あるけど、「あの時代だったから受け入れられていたのだろうなあ。」と言うのが正直な第一感想だったし)ですが・・・・・・・・豊洲移転しない間にもどんどん税金無駄になっているし、韓国の大統領みたいだけど、このまま都議選まで豊洲問題をダラダラ引っ張る様ならば、小池氏も退任後に百条委員会に呼び出される可能性だってあるけど、その覚悟はおありか?正直特にこの件で小池氏の、都知事としての手腕には強い疑問を抱く様になっていて、都民ファーストの会には強姦疑惑を抱えている人もいるらしいけど、まだ完全に見限ったわけではない(私が都民なら、今度の都議選でも都民ファーストの連中には票なんかいれませんが)ので計画倒れにならない様せいぜい頑張って下さいです。ユーミンの某番組にも出演する暇があるのなら。

【以下2月25日追記】

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-376753/


特段驚く様な事でも何でもないですが、ご参考なまでに。

| | トラックバック (0)

2017/02/20

マスコミ報道の異常性を指摘するのなら・・・・・・・チャンスをモノにできない民進党

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000518-san-pol

ニュース女子問題で民進党議員と高市総務相がバトル 「政権寄りの番組を守るのか」

産経新聞 2/20(月) 12:51配信    

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビの番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、高市早苗総務相と民進党の本村賢太郎衆院議員が20日午前の衆院予算委員会で応酬を繰り広げた。

 本村氏が「政権に厳しい放送に対しては厳しい姿勢で臨み、政府と同じ方向である(ニュース女子のような)番組は守るようなイメージを与えかねない」と指摘したのに対し、高市氏は「自民党の選挙に有利になる報道をした放送局に対しても行政指導がなされている」などと反論した。

 主なやりとりは以下の通り。



 本村氏「番組は(編集の際の政治的公平などを求めた)放送法4条に抵触するか」

 高市氏「東京MXテレビからは、総務省に対して、『取材や放送での取り扱いに問題がなかったか社内で検証中である』ということで、自発的に報告をいただいた。総務省としては、個別の番組にかかわる問題については、まずは放送事業者における自主的、自律的な取り組みによって適切な対応が行われることが重要だと考えている。なお、当該番組については、2月10日にBPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会が審議入りを決定していると聞いていたので、こういった自主的な取り組みについても見守っていただき、改めてMXテレビからご報告をいただけるものと思っている」

 本村氏「MXテレビから取りまとめの話があった後には、大臣としてさまざまな判断をするか」

 高市氏「放送事業者の、まず自主的、自律的な取り組み、そしてまた、必要があれば、改善をするといったことによって報告を受けるケースはある。その取り組みによって、必要があれば、総務省のほうからも助言をしたりさらなる取り組みを求めるということは想定できるかと思う。現在、まだ報告をお待ちしている状況だ」

 本村氏「大臣はNHK『クローズアップ現代』をめぐって、大臣名で初めて行政指導を行っている。今回の番組も、事実に基づかない報道があったと新聞でも報じられているし、ずいぶん報道が偽りも多いことが社会問題となっている。何らかの対応を検討するつもりはあるのか」

 高市氏「NHKの『クローズアップ現代』のお話があったが、放送事業者から報告も受け、放送事業者側が不適切な点があったことを認め、そして『再発防止策を作ります』ということで長い時間をかけて報告を受け、協議もしてきた。その後に、ずいぶん時間がかかって再発防止策が手元に来たが、それを私自身がすみからすみまで読んで、『だれがいつまでに何をするのか』という具体的な改善策が十分でなかったということによって、さらに具体化するように行政指導をした。ただ、行政指導というのは、法的な行政処分ではなく、あくまでも助言といった類いのものだ。今回の場合は、事実に基づかなかったかどうかということも含めて、現在検証中であると承知しているので、その結果を待ちたいと思っている」

 本村氏「行政指導なども慎重に行っていく必要がある。『クローズアップ現代』をはじめ、テレビ朝日やTBSなど、政権に厳しい放送に対しては厳しい姿勢で臨んでいるにもかかわらず、政府と同じ方向である番組は守るというイメージを与えかねないような感じがする。偏向した二重基準ではないか」

 高市氏「私が総務大臣に就任する以前のことだが、自民党が与党であった時期に、自民党の選挙に有利になる報道をした放送局に対しても行政指導がなされている。今の委員のご質問は『自民党に対して有利な放送をしたところに行政指導を』『自民党に対して有利な放送をしないところに対して行政指導をしない』というように聞こえてしまうが、それはない。法律に基づいて、しっかりと基準を決めてやらせていただいている」

高市大臣は個人的にはあまり好きではないけど、「こんな事で態々説明してあげなければいけないのだからつくづくお疲れ様だね~」ですね。同情したくなってくると言うか、ここまで民進がムキになって嚙み付いているという事は、ニュース女子は見た事すらないから何とも言えない所も多々ありますが、まあ事実なのだろう・・・・・・と言うか、ちょっとそういう話題に関心を持てば、反対派の連中もいかに異常なのかもマトモな神経の持ち主の人ならば分かるのではとも思うけど・・・・・・・・・

そもそも予算委員会で議題として挙げるべきなのか疑問ですが、政府に関するマスコミ報道に一石を投じるつもりならば、ニュース女子の沖縄基地反対運動に関する報道よりも、安倍総理の奥さんが小学校の名誉校長で、学校法人の理事長がガチガチの右翼な日本会議のメンバーである森友学園国有地払い下げ事件を何故かどのTVニュース番組も報じない事の方が何百倍も異常でしょう。たまたま同時期に金正男氏が暗殺されてしまったのも、安倍夫妻的にはラッキーだと思っているのかどうかは知らんけど・・・・・

http://matomame.jp/user/bohetiku/9e30168c896e515139b1
http://mainichi.jp/articles/20170218/k00/00m/040/131000c

この森友学園のHPもちょっと目にしてみて、まあ教育勅語はアデナウアー西ドイツ初代首相もドイツ語訳したものを執務室に飾っていた様で、それ自体は普通に良い事書かれていますが・・・・・・・別に日本人は皆好きで日本に生まれたわけじゃない。日本会議の連中だって全くそうでしょ?で、そういうのは日常的な生活を過ごしていきながら、色々自分の周りの世界の事とか見聞とかも広げて、「当たり前である事」の大切さも噛み締めながら、引いては各々の視点から各々の人生にも反映させていくべきなのに、過去の反省点(自分もたとえば太平洋戦争はアメリカに戦争しなければいけない立場に追い込まれた面も強いとも思うけど、だからと言ってそれは無反省で良いのだな言い訳には決してならない)もあたかも良い様に見せる偏った愛国心の押し付け(もっと言えば「洗脳」)を公言しているのだから、これだけでも「危険、マトモじゃない」というのも良く分かろうというものです。

http://shiratorijun.blog4.fc2.com/blog-entry-22.html

実際また、運営幼稚園では「中国と韓国が嫌いです。」とも書かれた文書も見られて、流石にこうしたヘイトについては謝罪したらしいですが・・・・・・・・・・その嫌いな国に、おたくと付き合いのある安倍総理が10億も金払った事についてはどう思うのかね?とても愛国心のある人がやる事だとは思えないですが、これでは日本をクソミソにやっつける、児童達の絵を堂々と展示しているその韓国の事も笑えない。程度の違いは有れど、同じヘイトという軽蔑される様な事をこの森友学園はやっているのだから。

実際福島議員やガソリーヌとかも追及している様で、そのガソリーヌが別件で嚙み付いていた保育園での国家・国旗の件も「国旗と国歌に親しむ」って、ガソリーヌの言う事にも決して全面的に同意するわけではないし、別にそこまで強い反対するわけでも無いけど、待機児童解消の方が先だろ・・・・・・愛国心で必ずしも物質的にも精神的にも豊かな生活を送れるとは限らないって、周辺諸国も見れば分かるだろう(むしろソ連なんかそういうイデオロギーに囚われすぎて国自体崩壊しちゃったし、ロシアになっても資源依存を克服できず、クリミア問題で得たもの以上に大きい代償であろう制裁も受けてブレジネフ時代以上な停滞の時代に突入しちゃっている。困った事にお人好しなどこかの国はそういう国にも見返りが望めそうにないのに助け舟を出しちゃっているのだけど)にですが、普段ダメダメなのも相まってどうも攻め手を欠いていますね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170220-00000045-san-pol

民進、自衛隊日報もブーメラン 民主政権時に南スーダン「戦闘」報告

産経新聞 2/20(月) 7:55配信    

 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の派遣部隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、衆院予算委員会で野党による追及が続いている。15日には民進、共産、自由、社民の4野党が稲田朋美防衛相の辞任を求める方針で一致した。

 確かに、当初は「不存在」とされた日報が再調査で見つかった経緯自体は粗末だった。もっとも、再調査を指示したのは稲田氏であり、日報が見つかったのは当初は調査範囲外だった端末なので、隠蔽(いんぺい)との指摘はあたらないだろう。

 民進党は、日報に記載された「戦闘」という文言を問題視している。PKO参加の前提となる紛争当事者間の停戦合意は崩れているという主張だ。

 だが、ここで民進党が触れない事実がある。旧民主党の野田佳彦内閣時代の平成24年春、隣国のスーダン軍が国境を越えて南スーダンを空爆し、他国のPKO部隊に被害が出るなどした。そして当時の報告にも「戦闘」と記されていた。

 それでも野田内閣は自衛隊の派遣を継続した。このとき自民党の佐藤正久参院議員の質問主意書には「主として(PKOの)活動地域外で発生し、規模も限定されている」と答え、武力紛争を否定している。

 いつものブーメラン芸だが、本当に懲りないとしかいいようがない。彼らが安全保障関連法の廃止を要求したときも、同党幹部らがかつて集団的自衛権の必要性を主張していたことが次々と指摘されていた。

 民進党が稲田氏を追及している最中の12日には、北朝鮮が新型の弾道ミサイルを発射した。それでも2日後の国会では防衛相を相手に日報の話ばかり。国民の生命財産に関わる重大事を脇に置く民進党に政権を担う資格があるとはとても思えない。(小野晋史)

http://logmi.jp/93108

産経新聞もそのガソリーヌによる森友学園事件の追及もちゃんと報道していた様で、もう元々全く期待なんかしていなかったけど、「またかよ・・・・・・」ですね。ヤフコメ民のコメントなら特にteb★氏のそれに強く同意ですが、一体ブーメランいくつあるんだ?人間の煩悩なんかも軽く超えてそうとも言うか、確かに凄いですね。全く悪い意味でですが・・・・・・・・どうもこの国は左右どちらかに偏っている人が大半な様で、靖国問題や慰安婦問題も日本人が日本を貶めている「笑えない現実」なのだけど、それが近代以降の歴史認識を歪なものとし、いつまでも戦争でたまったツケを払いきれないである大きな要因となっているのです。報道の自由度が72位(それも去年よりも11位も下がって)なのもそれに大きく拍車をかけているとも言えるのですが、これも何とかしない事には、いつまで経っても健全な野党なども生まれないでしょう。大阪維新が某アナウンサー(この人も、上西氏だけには「有権者なめるな!!」なんて言われたくないだろうけど)を擁立したのもやっぱりと言うか、「ああ市町村政レベルで頑張ってくれると思う人までしか票を入れられないなあ」な自分の判断は間違っていなかったなあとも思ったけど、東京都の小池都政も、都議自民の既得権益はぶっ壊せても、その先にあるべきな東京大改革は絶対実現できないでしょうしね。

| | トラックバック (0)

2017/01/31

蓮舫にまたまた標的にされた稲田大臣、何故こんなに打たれ弱い?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01772392-nksports-soci

稲田防衛相、蓮舫代表の「口撃」に声震わせる…

日刊スポーツ 1/31(火) 9:50配信    

 民進党の蓮舫代表が30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相に対し、女性の働き方などに関する約10年前の寄稿と現在の立場の「不一致」をめぐり、昨年10月に続いて“口撃”した。稲田氏は一部発言を事実上撤回。「10年たち、その過程で私も政治家として成長したんだなと思う」と、「成長」を理由に釈明し、失笑が漏れる場面もあった。

【写真】険しい表情の蓮舫氏

 蓮舫氏が指摘したのは07~08年、雑誌に掲載された「女性の割合を上げるため、能力が劣っていても登用するなどというのは、クレージー以外の何物でもない」「数値目標にどのような意味があるのだろうか」などの発言。「活躍できるなら平等に活躍できる機会を提供するのが、今の政府の働き方改革。稲田氏は過去、正面から否定するかのような寄稿をしている」と指摘され、当該部分の読み上げまで求められた。

 稲田氏は「10年前の一議員の発言」「長い対談の一部」と拒んだが、蓮舫氏の追及に、「どうしても読めというので読みます」と朗読。唇をかみ、声が震える場面もあった。

 別の寄稿では「尊属殺人罪を復活せよ」の記述があると指摘され、「(今は)復活せよとは思っていない」と否定した。「政治の間違いは政治がたださなければ。修正しますか」と指摘され「(今は)この時と同じ考えではない」と述べた。

産経新聞の「レン砲」には不覚にも「上手いっ!!」と思ってしまったけど、まあ蓮舫代表の存在自体(他にも何人も酷いのがいるけど)、皮肉にも如実に証明しているじゃないと言うか、そもそもこのクレージー云々発言は全く正論でしょう。もっと議論すべき政策とか色々あるのではですが・・・・・・・・・口が上手くない私でも「10年経ったら、少しぐらいの価値観とか変わる事だってあるじゃないですか。そんな重箱の隅突っついて他人の過去を穿り出す暇があるぐらいなら、あなたこそいつになったら二重国籍問題について誰もが納得できる説明するんですか?他人への文句よりもまず自分のけじめをつけなさいよ」ぐらいの事は言いますよ。こんな事言われたら。

稲田大臣は元々弁護士だったのだから、私よりももっともっと上手く反論できるはずなのだけど、学校での狭い意味での勉強とか、一つか、せいぜい二つしかない答えを導き出すのはほぼ完璧に出来ても、何か予期せぬアクシデントとかに追い込まれると柔軟な対応ができない、「主体性に乏しい優等生タイプ」なのでしょう。そういう人もよくいるじゃないですか。

太平洋戦争に負けたのも、そうした学歴を第一基準とした明治以降の学力偏重主義に毒された官僚や高級将領が国のかじ取りを誤ってしまったというのもあるのでしょう。稲田大臣は安倍総理にそれが近いという事で気に入られてはいる様ですが、政治思想も他の右翼・保守系の人達が日頃主張している事とも何か良い意味で一線を画している見識もあるというわけでもなさそうだし、実際また、昨年末に靖国に参拝したのも安倍総理の真珠湾訪問直後の靖国参拝も日本会議とかそれ自体良く思っていなかった右翼連中への配慮と言うか、ご機嫌取りの為だったという。

以前にも話した通り、10年前どころかもっと昔まで遡って、外国要人まで参拝していた画像とか態々載せているHPも目にするけど誰々がいつ靖国神社に参拝したとか私はぶっちゃけ興味ないです。太平洋戦争はアジア解放の為の聖戦だとか、過去の反省点も都合良く美化しない、純粋な愛国心がホントにあるのなら1年365日毎日でも是非参拝してくれ、俺は知らんし、政治家先生達にそんな暇なんかないだろうけどです。

しかし、民進もブッシュジュニアや森元総理、廬武鉉元大統領みたいにネタとかにもならないのだから大概なのだけど、この様な打たれ弱さ、主体性の弱さでホントに日本の国防を信頼して任せる事が出来るのだろうか?安倍総理も彼女の参拝についてノーコメントはないでしょ、慰安婦合意もホントにやったかどうか分からないのに、約束守る筈ないのが分かり切っている相手に十億払ったのも、国際的な評判も落としただけでしたが、そうした数、割合ありきで女性を起用する意味の無さ以上に安倍政権の内弁慶ぶりを象徴している人物だとも言えるのかもしれません。まあ民進が今のまんまなら「こいつらいい加減うぜーな」とはしばしば感じても楽勝でしょうけどね。自公安倍政権は。トランプ大統領は二期目はないだろう、下手すれば途中辞任もあるだろうですが、安倍総理は健康を著しく害さないか、もっと超ド級の失政しない限りは2021年まで総理大臣でいられるでしょう。投げ飛ばすなんて夢のまた夢とも言うか、稀勢の里とも同業者である某有名格ゲーキャラに言えば、出来たとしても「ふんどしかつぎ」になる事ぐらいでしょう。

| | トラックバック (0)

2017/01/21

こんな事言ってて2017年は小池都知事大丈夫か?(※2/4に追記しています)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170121-00000069-jij-pol

「ファースト」が共通点? =トランプ大統領就任―小池都知事

時事通信 1/21(土) 15:17配信    

 東京都の小池百合子知事は21日、民放の番組収録で、トランプ米大統領について「ファースト」という言葉が自身との共通点だとする認識を示した。

 強大な権限を持つ都知事は大統領に例えられることもあり、トランプ氏の就任早々、自身と重ね合わせた。

 小池氏は「(トランプ氏は)ずっと『米国ファースト』と言っているが、米国がファーストではなくなっているからこそスローガンにしたのではないか」と指摘。「私も都民がファーストではなかったから『都民ファースト』と申し上げている」とした上で、「その意味では共通しているような、していないような」と笑みを浮かべた。 

いよいよ就任した様ですね。トランプ大統領。TPP離脱以外、彼はホントに何か偉業と言える様な大きな仕事をやってのける事が出来るのか?アメリカ国民が彼を大統領にしたのは一種の「博打」みたいなもので、下手すればマスコミとも関係悪い様だし、スキャンダルとかも暴かれてレームダック化してしまうのではですが・・・・・・・・

勿論特に白人の中間層とか格差問題とか彼に何とかしてほしいと思う気持ちも分かるのですが、この小池知事の発言も・・・・・・・・マスコミからコメントを求められたのか?それとも小池知事の方から発言したのか?まあおそらく後者なのでしょうが、このような発言は自分のイメージアップの為にトランプ氏大統領就任にも便乗し、利用している印象を与えかねないし、ポストセブンも彼女に直撃した提灯記事を書いた様ですが、「小池百合子知事、コンビニサラダのドレッシング別売りに異議」って、それが東京都民の将来の生活にどう影響すると言うのか?自分は別に気にしないですけどね。

「劇場」とか安易にレッテル貼りして、その人となりを単純化、型に当てはめるのにも違和感はありますが、首相でも官房長官でもないのに(だからコメントしちゃダメではないけど)便乗して、自己のイメージアップに利用しようとしているのもまた然りです。私立高校の無償化も、やる事自体は良いにしても、その年収の基準がぬるすぎないか?ですが、人気取りなど過剰なパフォーマンスとかしなくても、日常の生活とか都民が「昨日より今日、今日より明日」の実感を感じられれば、今まで通り小池都知事を支持してくれます。色々大変な難題を抱えているのも百も承知だし、既得権益でがんらじめになっている東京都を変えてくれるだろうと、多くの都民が期待して票を入れてくれたのだろうから、2020年東京オリンピックも原発いじめとか嫌な事も吹っ飛ばせる様な成功を収められる様頑張って下さいですね。

【以下2月4日追記】

本エントリーへのアクセス数多いから追記しますが・・・・・・・・意見交換会には普通に一般都民の方々を招けばよかったのに、伊勢谷友介氏はまだしも、エンターテイメント云々とか陳腐な一般論語っていた、場違いなたかみなとかで変に話題作りしたり、豊洲問題で過剰に石原元都知事や側近の浜渦氏の責任追及をしたり、流石に民進党との連携は拒否している様だけど、都議選での小池新党からの擁立候補者は強姦疑惑を抱えているらしい人等民進出身者ばかり(旧民主だけでなく、旧みんなや旧維新出身者も多い)と、最近の小池都知事、どうもおかしくないか?それとも、改めて「本性」が浮き彫りになったに過ぎなかったのか?

小池新党については、まあ訴訟を起こされた事もあったゲンダイの某記事は勿論鵜呑みには出来ず、HPとかで政策等を見る限りではまともそうな人もいるにはいますが、豊洲問題は、実際ネットでも私以外にも指摘する声はありますが、政敵攻撃の為に利用しているみたいであざといです。勿論石原氏らを擁護するつもりはない・・・・・と言うか、丸投げして、十分にフォローをしなかった等の責任は免れないでしょう。息子の良純氏もどんなに人間性が悪くたってたった一人の父親であることには変わりないから擁護したい心情は理解は出来ながらもノーコメントを通した方が良かったとも思います。しかしです。

例えば野球でも、たとえば90~00年代のヤンキースなどはバック・ショーウォルター氏が「遺産」を残した功績は無視できないとしても、ポストシーズンでの戦績は良くなく、名監督ではあっても野球殿堂入りは今のままでは可能性は高くないであろう事も事実ならば、ジョー・トーレ氏が長いMLBの歴史でも数えるほどしかいない3度以上の世界一を実際にその「遺産」を上手く使って成し遂げたのもまた事実である(実際、98~00年の3年連続世界一はプレーオフの無い時代に成し遂げた49~53年の5年連続世界一と同等の価値があるとの意見もあるし、トーレ氏は選手としてもそれ限定では殿堂入りは微妙ながらもMVPに輝いた事もある、打撃も一流な名捕手だった)様に、石原氏らには問題を引き起こした責任はありますが、小池氏にも都知事になった以上は問題を解決していく責任があります。石原氏らの責任追及は自分の責任にもっとある程度以上目途をつけてから本腰入れたって遅くはない。優先順位を間違えています。

そうした豊洲とかオリンピックとか確かに少なくとも色々問題提起したのは評価されるべきです。これが舛添氏や増田氏とかだったらそうした問題提起すらなあなあなまま森氏や内田氏の言いなりになって、既得権益に囚われ続けてもっと大きなツケを払わされる羽目になっていたかもしれない。しかし、特にこの豊洲問題については自分を正義に仕立て、政敵を不倶戴天の悪としてマスコミも利用して叩くのに利用し、来月上旬ごろまでの再調査もその為の時間稼ぎではないか?との穿った見方をせざるを得ない。

既に就任直後から某ブログで偽善者と酷評していた人もいますが、この再調査でいい加減豊洲問題について進展させていかないと都政における「小池劇場」も三部作構想だった筈が、第一部で爆死して以降は計画白紙(第二部が都議選、第三部がオリンピックか?)なんて事にもなりかねないでしょう。消費増税もやらない方が良かったと某経済学者にも言われてしまって、一人当たりGDPの世界順位は下がっている一方な日本を元気にしていくにはまず東京都からです。2017年はまだ12分の1が終わったばかりですが、政治を私物化した政敵攻撃や見え透いた話題作り等をしている暇は小池氏にはない筈です。何事においても時間は無いのです。2016年の評判暴落四天王は私的には「キムタク、川谷氏、成宮氏、高畑親子」ですが、2017年のそれの中に小池都知事が入らない事を願います。勿論それは小池氏の為ではなく、日本の為に、そして東京都・東京都民の為にですが!!

| | トラックバック (0)

2017/01/02

民進も大概だが、いい加減右左いずれかに偏り過ぎ?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000507-san-soci

「菅直人を応援する会」事故損倍、山尾志桜里氏「ガソリンプリカ」…ザル法でやりたい放題のセンセイ

産経新聞 1/2(月) 12:15配信    

 「政治とカネ」の問題が浮上する度に抜け穴が指摘される政治資金規正法。平成27年の政治資金収支報告書などでも相変わらず不透明な支出が目立ったが、規正法には政治資金の使途に明確な制限がないため「カネの『出』について、適否を判断するのは難しい」(検察幹部)のが現状だ。実態は政治資金のあるべき姿からはかけ離れている。(大竹直樹、今仲信博)

 ■菅氏側から回答なし

 「政治資金で交通事故の賠償金を支払ったケースは聞いたことがない」

 政治資金に詳しい立正大の浦野広明客員教授(税法学)が疑問視するのが、菅直人元首相が代表を務める「菅直人を応援する会」の収支報告書の記載。昨年6月12日に「交通事故損害賠償金」として、女性とみられる人物に45万5227円を支出していたためだ。

 24年12月の衆院選の選挙期間中、菅氏の乗った選挙カーが東京都府中市内の交差点で中央分離帯の鉄柱にぶつかり、菅氏と選挙スタッフら計3人が病院に搬送される事故があった。

 産経新聞社は11月24日、菅氏の事務所に対し、政治活動費からの支出理由などを質問した。その後何度も事務所側に質問に対する回答を促したが、12月末現在、菅氏側から回答はない。

 浦野教授は「政治活動に関連するのかどうか。政治活動に関連するというのであれば、事故の内容がどういうものだったのかということによる。それをきちんと説明すべきだ」と話す。

 ■1年間で地球2周分

 「使途がブラックボックスになっている」。日大法学部の岩井奉信教授(政治学)がこう懸念するのが、ガソリンのプリペイドカード(プリカ)だ。プリカを支持者らに配布することもできるため、岩井教授は「プリカの使途も公表すべきだ」との考えを示す。

 民進党の山尾志桜里前政調会長が支部長を務める「民主党(現民進党)愛知県第7区総支部」の収支報告書。支出先に「ガソリンプリカ入金」の文字が並ぶ。27年の1年間で計50回、2万~3万円のプリカを購入。計104万円分を計上していた。1日に2回、2万円のプリカを購入していた日も。5月21日~30日には、プリカ8万円分と、現金でガソリン2万円分を支出していた。10日間で10万円分のガソリンを購入したことになる。

 石油情報センターなどによると、愛知県内で昨年販売されたレギュラーガソリンの価格は1リットル平均約135円。燃費10キロ程度の車の場合、1年間でほぼ地球2週分(約8万キロ)に相当する延べ約7万5千キロを走行した計算になる。

 同支部では今年3月、24年に多額のガソリン代を計上した問題が発覚。山尾氏は12月27日、名古屋市内で記者会見し、元公設秘書が23~24年に165件、計217万円の不正利用を認めたと明らかにした。山尾氏は金の使途について、「元秘書側に確認できなかったが、総支部や後援会などの政治活動に使われた事実はない」と説明した。

 ■「プリカ購入は問題」

 プリカを購入していたのは支部から約300メートル離れた同県尾張旭市内のセルフガソリンスタンドだ。自動販売機で販売されているプリカでタイヤなどの物品を購入することもできる。スタンドの従業員は「セルフだから誰が買ったかも、ガソリンに使われたかも分からない」と話す。

 支部では5~7台の車を使っているといい、事務所は「法令に従い適正に処理している」としている。

 ちなみに、山尾氏と同じ愛知県選出の議員では、民進党の古川元久税制調査会長が代表を務める「ふるげん未来塾」と「民主党(現民進党)愛知県第2区総支部」が「ガソリン代」として27年の1年間にガソリンプリカを計54万円分を購入。同党の岡本充功衆院議員が代表を務める「民主党(現民進党)愛知県第9区総支部」は「ガソリンプリカ代」として計6万円を計上していた。

 古川氏の事務所は「プリカは事務所として3枚所有、管理しており、街宣車を含めた4台の車が政治活動を行う上で給油が必要な場合に限って利用している」と回答。岡本氏の秘書は「プリカを使うとガソリンを一番安く入れられるのでプリカを使っている」と説明。「不適切な利用は一切ない」としながらも、「何月何日に誰がどのくらい(ガソリンを)入れたとかの記録はいちいちしていない」と話した。

 日大の岩井教授は「プリカを払い戻せば裏金をつくることもでき、プリカの購入には問題がある」と指摘している。

 ■「出版不況で買い取り」 

 民進党の小西洋之参院議員が代表を務める「小西ひろゆき後援会」は、小西氏の自著の購入代として政治資金から計約260万円を支出していた。

 収支報告書によると、後援会は27年9月9日、自著「私たちの平和憲法と解釈改憲のからくり」の購入代として、約1200冊分の194万4千円を発行元の出版社に支出。11月と12月にも計約260冊分、約42万円を同社に支出した。

 また、別の出版社から刊行された自著「日本を戦争する国にしてはいけない」の購入代として、11月30日に約320冊分、23万5千円を支出していた。

 26年にも自費出版の自著の購入代として約319万円を支出していた小西氏。産経新聞の取材に「出版不況の中、著者が買い取りしないと出版できない。安い印税は入っているが、まっとうな政治活動だと思っている。政党交付金は使っていない」と話した。

 ■判あれば氏名代筆OK

 「記名押印または署名とし、署名は必ず会計責任者本人が自署してください」。収支報告書が真実であると誓う「宣誓書」には備考欄にこう書かれている。

 だが、判が押されていれば、宣誓書の会計責任者の氏名も事務担当者らが代筆できる。実際、ある東京都議の関連政治団体では、宣誓書に会計責任者ではなく、事務担当者が記入していたことが判明した。

 会計責任者が異なる複数の政治団体で筆跡が酷似。日本筆跡鑑定協会指定鑑定人のトラスト筆跡鑑定研究所(相模原市)が鑑定したところ、すべて「同一人の筆跡」と認定された。

 代筆については21年7月3日、衆議院で開かれた政治倫理の確立および公職選挙法改正に関する特別委員会でも議題に上った。政府参考人として出席した総務省の担当者は「会計責任者に事故がある場合、あるいは欠けた場合に職務代行者が宣誓書の署名することはあるが、ごく例外的」との見解を示している。

 岩井教授は「署名欄に異なる氏名を記載していたことになり、虚偽記載に当たる可能性がある」と指摘している。ただ、実際は判が押されている限り、会計責任者が宣誓したものとみなされ、「印鑑が押してあれば、会計責任者の自筆でなければいけないということはない」(東京都選挙管理委員会)のが現状だ。

 26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に現金を配ったとして公職選挙法違反罪に問われた元航空幕僚長、田母神(たもがみ)俊雄被告の資金管理団体では、元会計責任者の後を引き継いだ税理士が収支報告書の作成に関わっておらず「名義貸し」だったことが判明した。

 報告書の提出先となっている総務省や各都道府県選管も、書式や記載の不備などは形式的にチェックするのみとされる。

 ■いまだ抜け穴多く…

 21年分の報告書から国会議員の関係政治団体については政治資金監査人制度が始まった。だが、弁護士や税理士らによる監査でも、収支の適切性まで踏み込んで調べる調査権限は与えられておらず、実効性に疑問が生じている。

 政治資金規正法は昭和23年、政治資金を国民が監視することなどを目的に制定された。「規制」ではなく政治家自身が襟を正す「規正」という言葉が用いられている。

 規正法には「政治資金の収受にあたっては国民の疑惑を招くことのないよう公明正大に行わなければならない」と理念が記されている。自由な政治活動を保障する観点から、一部を除いて使途は制限していない。そのためか、同法にも支出を含めた「収支」ではなく「収受」と記されている。

 とはいえ、政治資金の「公私混同」問題で辞職した東京都の舛添要一前知事のように、国民感覚ではおよそ納得できない支出も相次いでいる。今のままでは、規正法は抜け穴の多い「ザル法」と言わざるを得ないのが現状だろう。

そうねえ、蓮舫代表も糸魚川事件の視察の件についての発言は「ダメだこりゃ」と言うか、この人はまず自分がカッコよく目立っていれば良いのであって、政治家になってしまったのがそもそもの大間違いだったのだろうなあと改めて認識せざるを得なかったのですが・・・・・・・

この産経の記事も、規制法の抜け穴の多さ等もそれなりに問題点として提起していて、ただの民進ヘイト記事だとも必ずしも言い難い面もいくつかはあるけど・・・・・・・・・靖国も慰安婦問題も日本人も(日本人がと言った方がもっと正確か)問題を何倍も大きくした、笑えない事実がある様だし、そうした問題とか悪くない事、やってもない事までやったと言われて、子孫までいつまでもそうした過去の過ちについて責められてもいて、悔しい気持ちも分かるけど、右が左か、いずれかに偏った人達が大半で、戦後70年が過ぎても依然近現代以降の歴史認識等歪で、そうした歪さが日本人の進歩を大きく妨げ、逆に劣化してきている様に思えますね。

産経新聞のこうした一連の政治関係の記事もそうした歪さ、劣化とかを象徴している感じで、左についても福島の放射線被害についてもプラカードでの集会等で騒いだだけでも世の中変えられると勘違いしているから、実際よりも被害が今もなお酷い間違った印象操作してしまっていて、原発いじめだって余計起きているけど、そのふがいなさに愛想をつかしている若者の有権者達も自民しか選択肢を見いだせないんだと言っていたある人の記事も目にしたけど、右も天皇陛下の生前退位について検討する有識者会議、wikiでのページ見ただけでもこれヤバいわというのがすぐ分かるほどの右寄りな日本会議のメンバーが多く参加している様ですからね。明治の時なんて男はまだおそらく平均寿命30代後半~40代前半(勿論乳幼児の死亡率も高かったから、成人した人に限定すれば、50代前半ぐらいだっただろうが)で、将来の高齢化社会の事とか想定されて無かっただろうし、そりゃ止めたくなったからすぐ止めまーすなノリも問題だろうけど・・・・・・・

オランダとかルクセンブルクとかスペインとか欧州の君主達も何人かは大体70代後半ぐらいで生前退位している様だし、日本の天皇は彼らとは性質は大きく異なるけど、退位予定らしい2018年11月には間に合わなくても、安倍総理の思想の近い人達ばかり集めないでもっと色んな考え持つ人達も参加させて、皇室典範の改正とかまで突っ込んだ議論すべきだとも思いますが・・・・・・・・明確な定年制ではなくとも、もう75歳過ぎたら今まで以上に定期的に健康状態等観察して、日常的な公務を支障なく行えるかどうか宮内庁も慎重に配慮するなりしてね。

要するに、自分は高齢で公務等の負担に耐えられるのかも微妙になってきたら、今の天皇陛下に「限らず」、そうした状態とか鑑みた上で引退させてあげていいだろな考えですが、あと昨年末の真珠湾訪問と靖国参拝についてもね。

ブログ「世に倦む日日」でも管理人の田中宏和氏は前者について、「陳腐な和解プロパガンダ」であると評していて、ハルノートについて触れなかった事についての批判や東京大空襲・原発投下等の「真の和解への宿題」の存在について言及していて、この人は安倍政権や安倍総理に前々から批判的ですが、直後の安倍総理に思想が近い稲田防衛大臣の靖国参拝もですね・・・・・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11118691916

まあ既に1955年頃にはB・C級との区別はその罪の重さではなかったらしいA級戦犯も法務死扱いとなって、これには共産党や旧社会党も賛成していた様だし、いつまでも戦争犯罪者扱いするのも法治国家のやる事じゃないのだろうけど、一方でこのyahoo知恵袋のベストアンサーでも言及されていた通り、サンフランシスコ平和条約で「極東軍事裁判所の裁判を受諾」している立場も堅持している様である。

田中氏も言う様にアメリカに追い込まれた面もあったし、戦犯かどうかは取りあえず置いといて現在もそのツケを払いきれないでいる戦争を指揮してきた人達まで靖国に祭るのは積極的に肯定はしないけど、我が国の政治家先生達や右寄りの人達がしばしばどや顔で強調している、外国の要人政治家・軍人達(同盟国では戦時中のエースパイロットで、戦後はNATO軍事委員会委員長、大将として軍歴を極めた故ヨハネス・シュタインホフ氏等も参拝している)の中で誰々がいつ参拝したとか自分はぶっちゃけそんな興味ないです。

過去の過ちに目を背け、悪い事も何でも言い様に見せてそういう戦争も正当化するつもりでなければ、靖国参拝も別に悪い事でも何でもないでしょ、他国(中韓とあとはアメリカぐらいか)に文句言われる筋合いもないでしょ、政治家先生達にそんな暇ないだろうけど、毎日でも参拝してくれ、俺は知らんだけど、状況的に「いつやるの?今でしょ?」だったのか?真珠湾訪問と矛盾してないか?チグハグしてないか?(田中氏の指摘する「陳腐さ」故に余計)ですね。以前から参拝もその戦略的意味とかも指摘されていた様だけど、それなら改めて真珠湾訪問する必要なかったし、その見返りだから行かざるを得なかったのだろうけど、そのアメリカの責任とか突っ込んで言及されたわけでも無かったし、被爆者の方々に怒られるのを承知の上でさらに言うけど、オバマ大統領に広島に態々来てもらう必要も無かったよねですね。

いくらゴルフを楽しみたかったと言っても、アメリカにも実際文句言われようが、別に「それ自体」は悪い事ではないから、堂々と正論述べれば良かったのにノーコメントでは歯切れ悪かったでしょ、アメリカにもっと怒られるのが怖かったのか?

まあ大事なのはもうあと少しでトランプ氏が新大統領に就任するのだし、以前にも民進に朝貢だとか的外れな非難されようが、トランプ氏と会って会談してきたのだから、そうした会談もどの様に日本の国益にかなえていくか等反映して、経済に限らない、道半ば「ですらない」改革を進めていくかですが、要するに、右に偏っている人も左に偏っている人も特に安倍総理や稲田大臣等をはじめとする前者ですね。内弁慶ともしばしば揶揄されているけど、そうした偏りも故に何がしたいのかイマイチ良く分からないし、彼ら自身も何をすべきなのか良く分かってない様にも見えるんですよね。欧州でも移民やテロ事件等そうした右傾化は日本以上な様で、特に某女性が行方不明になった事件も起きたフランスがヤバそうですが、尾崎豊氏風に言うならばいい加減「この左右二元論からの卒業」しないか?ですね。

「YOUは何しに日本へ?」とか「日本スゴイ、日本万歳!!」なバラエティ番組が目立ってきているのも、現在もそのツケを払えないでいる過去の失敗を忘れ、現在の問題点から目を背けている様に見えて、とても建設的ではないですが、これは2020年東京オリンピックも控えているがゆえに猶更大きな「宿題」であるとも思えます。昨年大みそかにも一度同じ趣旨のエントリー投稿したのを削除して、今回改めて長々と述べましたが、天皇陛下曰く「心安らかに過ごせる」未来が来るか否かもそうした絶対破らなくてはいけない「殻」を破れるか否かにかかっていると信じて疑わないのだけど・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧