社会

2018/08/15

山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161751684/

山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

 

山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

(szefei/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

しらべぇ既報のとおり、山口県周防大島町2歳男児で行方不明となっていた事件で、町民一丸となって行われていた捜索活動により無事保護されたことがわかった。

ボランティアの男性が発見したことで無事解決した今回の事件だが、ネット上では「疑問」の声も相次いでいる。

■飴を噛み砕いて食べる

報道によれば、ボランティアの男性は、北東側山中の沢周辺で男児を発見。「ぼく、ここ」と呼ぶ声があり近づくと、男児は裸足姿でしゃがんでいて「ぼく、ここ」と男性を呼んだという。

男性が飴を渡したところ、噛み砕いて元気よく食べたようだ。

■「飴玉あげないで」「2歳には早い」と批判

ネット上では、男性を含め、ボランティアとして捜索に協力した人々の功績を称える声が相次いだ。

しかし、2歳というまだ幼い年齢の男児に飴を食べさせた行為について、疑問や批判の声も。

2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

— えぬ (@enu_m28) August 15, 2018

山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

— あきりん (@akirin_go7) August 15, 2018

山口県の男の子の行方不明、発見時に飴を差し出したって話だけど、飴まだ2歳には早くね?空腹で飲み込まなくて良かった。小さい飴だったのかな。飴が喉に詰まって亡くなる子以外と多いから、子供の生態、もっと広まれ。

— つぶあん(チームおかん) (@tstbumosuki) August 15, 2018

■神経質な批判に「始末が悪い」

ボランティア男性に批判が寄せられる中、こういった意見に異を唱える声も。「素直に褒めるべき」「なんでも危険と言うのはかわいそう」と同情するコメントが見受けられた。

山口で2歳の男の子が無事発見されたニュース。
ボランティアの男性に感謝や賞賛が止まらんなと思ったら、
「2歳児に飴玉あげるとかどうかしてる」
「せっかく発見したのに飴玉丸呑みして死んだらどうするんだ」
「私なら絶対にあげない」
って気持ちの悪い奴らがわいてて???

— えーさん@伊達巻一本食いしたい (@e_san_1717) August 15, 2018

2歳の子もちゃんと飴玉を噛み砕けているんだし、一応大人(お年寄りでもボランティアやる位だからちゃんとしてると思う)が横にいて食べさせたんだから大丈夫なんだよ。あまり神経質に禁止事項増やして大きくなっても危険予知出来ないで大怪我される方がよっぽど始末が悪い。

— まさちき? (@masachikimini) August 15, 2018

2歳男児が見つかったニュースで、ボランティアの方が見つけた男児に飴を食べさせたというところにつっかかり、「飢えた二歳児に飴って…喉に詰まったらどうすんだ」と騒いでる人たちを見て、ただただ「クソが」という気持ちを押し殺すのに必死の今日。

— 太田 実香 (@0nDeg) August 15, 2018

男児が見つかって嬉しいという気持ちは同じのはず。喜びも批判も数多く寄せられたが、それだけ多くの人がこの事件を見守っていたということだろう。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

どうやら、親父さんが右寄りなのにも反発して余計偏った思想に染まってしまったらしいけど、「近年の日本人はどーでも良い事で怒って、ホントに怒るべき事で怒らない。善悪の判断が狂っているとしか言い様がない!!」という様なツイートしていた某サヨクツイッターを最近見かけました。

何だか最近は彼らの生態をウオッチするのも半ば趣味みたいになっている(苦笑)と言うか、この人も他のサヨク界隈同様自分と異なった考えの人に対してミョーに攻撃的な「悪癖」があって、その他ツッコまずにはいられなかったツイートもいくつもあったけど、このツイートにはまあ同意しますね。そもそも、たった100メートルとは言え、常住している所じゃないのに2歳児を一人で返そうとしたお祖父さんが迂闊だったんじゃないのか?で、その飴がどれほどの大きさだったのかは知らないけど、ちゃんと大人が横で見てたんでしょ?何でそこまで神経質に批判するのか理解に苦しみますね。あなたらはこの子の何なのさ?だけど。横浜銀蝿風に言えば。

まあそういう声も出るのも、今日で終戦73年を迎えた日本がまだまだ平和という事でもあるのだろうし、一時は猛禽類に攫われたのではな声も出ていた様で、3日間炎天下にあって、崖路をウロウロして飲食もしなかったと思われたにもかかわらず、熱中症にもならず(日陰にいたから大丈夫だったのだろうな医者のコメントも聞かれたようだけど)、なのに随分元気な様だから何やら「怪しい」臭いもプンプンしますが、お祖父さんも今回は運が良かったとご自分の中にいるであろう神様に感謝して今後は気をつけてくださいね。改めて事の真相も探求すべきだとも思いますが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2018/08/08

菅野完の事はよく知らないのだが・・・・・・・・

https://www.sankei.com/premium/news/180805/prm1808050010-n1.html
〈680〉菅野完氏という“ジャーナリスト”につきまとううさん臭さ

 

 

 森友問題での籠池夫妻への取り入りぶり、入手した情報で、あたかも自分がマスコミを操っているかのような思い上がりぶり、菅野完(すがの・たもつ)という“ジャーナリスト”にはうさん臭さがつきまとう。

 かつて「性的暴行」事件を起こして女性に訴えられ、敗訴の前歴も。

 その菅野完氏の〈衝撃の過去〉を『週刊現代』(8/11)がスクープ。

 「菅野完氏 米警察が女性暴行で逮捕状 いまも『国外逃亡中』の身だった!」

 21年前、米国留学中、ガールフレンドを電話機で殴ったりなどして逮捕され、裁判で〈罰金650ドルなどの支払い命令と、12ヵ月の保護観察処分〉。

 が、この判決日の直前、菅野氏は〈「第2の犯行」〉を引き起こした。〈罪名は「家族や同居人への傷害罪」。〈菅野氏はすぐさま保証業者に立て替えさせて2500ドルの保釈金を納めた〉。ところが〈保釈中に逃亡し〉日本に帰国。“ジャーナリスト”として活動を始めたというわけだ。
テキサス州ベル郡当局の見解。

 〈「公判期日に出廷しなかった以上、逮捕状はいまも有効です。再逮捕されないかぎり、アクティブ(有効)のままです」〉

 『現代』の取材に菅野氏は〈「全て事実」〉と認めている。

 菅野氏の籠池夫妻への取り入りぶりについては発売中の月刊『Hanada』9月号で、籠池氏の長男が詳細に証言しているので、ぜひご一読を。

 それにしてもこんな人物を重用していたメディア、テレビ局の見識を疑う。

 『週刊文春』(8月9日号)の「杉田水脈(すぎた・みお)衆院議員に『育児丸投げ』『不倫』騒動を糺(ただ)す」は典型的な“水に落ちた犬は叩(たた)け”記事。「育児丸投げ」といったって娘が中・高校時代、政治活動が忙しく祖父母に面倒見てもらっていた、というだけの話。「不倫」も噂話の域を出ない。
最近、読み物に力を入れている『週刊新潮』(8月9日号)、小林信也さん(スポーツライター)の「監督たちのバイブル『甲子園の心を求めて』をめぐる物語」が、感動的。(花田紀凱=月刊『Hanada』編集長)

https://togetter.com/li/1170514
http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3725

 
この菅野完氏については実は(?)私はよく知りません。以前、リテラ(もう最近あまり目にしてないけど)でツイッターアカウントが凍結された事についての記事を目にした程度でしたが、ミョーに触法行為まで犯した彼を必死こいて擁護していた某サヨクツイッター達(「犯罪犯しても当事者同士の問題!!ほとんどの日本国民は関係ない!!人格と業績は別々で評価されるべき」とか)にまたまた違和感感じたので、どういう人なのか調べてみました。

産経だってネトウヨ(ちなみに「中韓とか周辺国の口汚い悪口ばかり言って、同胞に対しても気に入らない人間はすぐ『売国奴』、『反日』とかのレッテルを貼って、戦前・戦中の日本を極端に美化し、一部の事実とかも全ての事実であると都合よく歪曲し、デマも飛ばす連中」なのが私のネトウヨの定義ですが)に迎合している所もあるし、この花田氏の言う事も決して全幅の信頼を置いているわけではないですが・・・・・・・・・・・他にもUR貼ったけど、togetterや週刊金曜日のページ等を見てもマトモな奴じゃないなとはすぐ分かりましたね。少なくとも。だって週刊金曜日なんか本来菅野氏と思想が近いはず(?)なお仲間じゃん。そこにまでこんなダーティーな疑惑書かれちゃってるもんね。

確かに、人格と業績は別とかその通りですよ。他の人ならば、例えばハリウッドでのme too運動も記憶に新しい所だけど、モーガン・フリーマン氏までセクハラやってたのは正直幻滅させられたし、田代まさし氏や清原和博氏が薬物に走ってしまったのも、特に前者はラッツ&スター時代は知らないながらも残念だったけど、前者が志村けん氏やその同じラッツ&スターの桑野信義氏(彼も前科持ちだけど、まあまだ「若気の至り」で済むレベルかな?))共々笑わせてくれた思い出が消えるわけではないし、後者も甲子園で桑田真澄氏らと共に大活躍し、プロでも高卒1年目で記録的な成績を残して、西武黄金期の中心となった栄光が消えるわけでもない。

まあ親の仇よりも安倍総理が憎くて憎くてしょうがない彼らにとっては森友問題(勿論加計学園問題共々政府の対応には私も未だ納得してはいないけど)や日本会議とかについて追及してくれた菅野氏は神様みたいな存在なのだろうし、「たかがこの程度」で消えてもらっては困るのでしょうが、一つ素朴な疑問湧くんですよ。そう、「分かったよ、じゃあおたくらはもし菅野が自分と相容れない右寄りな思想の持ち主でも、彼の良い業績も客観的に評価した上で『人格と業績は別』とか言えるの?」な疑問ですよ。そういう意味では前述の週刊金曜日とかはまだ筋通しているとも言えるけど、おたくらはどうなんだよ?

https://kininarukabu.com/archives/15066

まいん氏も、過去の中韓へのヘイトスピーチが問題視されて、「二度目の人生を異世界へ」がアニメ化中止になったのはハッキリ言って「自業自得」ですが、原作まで出荷停止になったのは、読んだ事ないから何とも言えないけど、やり過ぎじゃないか?とも思わないでもないと同時に、もし逆に左寄りな思想の持ち主で、安倍総理に対して「お前は人間じゃない!!叩き斬ってやる!!」、緒方恵美氏に対して「声優風情が知識人ぶって政治を語るな」、「どうせ彼女はFラン大か高卒だから」なツイートしただけでなく、日本そのものを貶めるツイートしてもここまでの大事になったのだろうか?せいぜい炎上して、緒方氏の件みたいにtogetterでも非難轟々な程度にとどまったんじゃないの?ですが、日本会議の研究も、amazonとかでは評価が高い一方、この上記ブログでも「そこまでの(国政等への)影響力なんてないよ。」と否定している人もいるけど、誇張や歪曲等問題点を指摘する声もある様だ。

勿論ホントに「しょぼい」としても、私自身も日本会議に対しては少なからず警戒心を抱いているのにも変わりはないですが、まあ自分らが排除したいものは実態が10程度でも100程度の巨悪であるとプロパガンダもして、自分の手前勝手な正義に酔っているのがサヨクのどーしようもない悪癖だものね。菅野氏の話とは直接関係ないけど、引用記事で最後触れられていた杉田水脈氏の件もだ。

前にも突っ込んで触れたけど、確かに谷川とむ氏等共々LGBTへの理解に欠けていたのは否めないだろう。だからこそもっとネガティブな表現さける言い方だって出来た筈なのが出来なかったし、これ以上サヨク達に変な歪曲されない為にも落ち度があった所も素直に認めて、自分が何を言いたかったのか改めて杉田氏自身がご自分の言葉で説明すべきだとも思いますが、その杉田氏が言いたかったであろう事自体は別に的外れな事ではないですよ?安倍政権にそれが出来るかどうかはともかくとして。

前述の安倍総理に対する罵倒や緒方氏への学歴・職業差別、短絡的なレッテル貼りも勿論そうだけど、杉田氏の生産性云々や谷川氏の趣味云々よりもダブスタサヨクのヘイトスピーチの方がもっともっと酷いじゃないですか。お前らに彼女らを批判する資格なんてないだろ!!で、菅野氏に対する必死こいた擁護もそうだけど、「何をしたか」ではなく、「誰がしたか」が大きな主張の基準の一つだから平気で何度もダブスタやらかして、しかもそれに気づいていない。

これも前にも言ったけど、私自身はどちらかと言えば左な方よ?本場ポリティカルコンパスで診断したら中道左派判定だったし、このブログでも何度も口酸っぱくして、「戦前・戦中の日本を過剰に美化するな!!」「太平洋戦争は決して無反省で良いなんてありえない、正当化するな」「憲法改正はするにしてもこれまでの日本国憲法の歴史的役割を良く尊重したうえでなされるべきだ」「慰安婦や南京大虐殺(後者はあったのは否定しないが、30万人説には懐疑的)の有無などホントに大事な事と比べれば小さい事であり、下手な歴史戦は愚の骨頂だ」とか言っているけど、それは今も全く変わらないです。

だから尾田栄一郎氏の横井軍曹の件も、尾田氏の場合は「一体何考えているんだ?」と呆れた「だけ」だったけど、荒木飛呂彦氏が同じ事やったらもっと衝撃大きい。ただでさえ、8部ジョジョリオンだって微妙な出来になってきているのにこれでは幻滅する事間違いなしだろうですが、最近根本的にダメな連中はいったい誰なのか分かってきたような気もします。ネットに触れて1年、2年の人間じゃないんで、もっと早く分かるべきだったとも思いますが、ネトウヨだけじゃなくてサヨクとも相容れない。第2次長嶋政権末期に巨人ファンからアンチ巨人に転向しかけた事もあるけど、その時アンチ巨人連中に対して感じたのと似た様な強い違和感がありますね。この国のサヨクにも。そもそもまた、主にこの菅野氏の「必死こいた擁護」している人なんか今まで改憲派のウソと詭弁等今まで言ってきた良い事もぶち壊しなほどの「アレ」もしでかした人なんで、正直何を言ってももう「お前が言うな!!」なのですが、早くサヨクなんかじゃなくて、マトモな左翼が登場してほしいです。

| | トラックバック (0)

2018/07/19

君が代不起立訴訟と一種の「悪癖」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000109-jij-soci

君が代不起立、元教員逆転敗訴=再雇用拒否の賠償認めず―最高裁

7/19(木) 18:17配信    

    

 卒業式などの君が代斉唱時に起立しなかったことを理由に退職後の再雇用を拒否されたのは不当として、東京都立高校の元教員ら26人が都に損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は19日、都に賠償を命じた一、二審判決を取り消し、請求を棄却した。

 元教員側の逆転敗訴が確定した。

 元教員は2006~08年度の再雇用選考で不合格とされており、都教委の判断に裁量権の逸脱があったかどうかが争点だった。

 山口裁判長は、再雇用の合否判断について、「基本的に任命権者の裁量に委ねられている」と指摘。当時は、希望者が全員採用される運用が確立していなかったなどとして、「都教委の判断が著しく合理性を欠くものであったとは言えない」と結論付けた。

 一審東京地裁は15年、「客観的合理性や社会的相当性を欠き、裁量権の範囲を逸脱している」として、都に計約5370万円の賠償を命じ、二審東京高裁も支持していた。

以前この話についても触れて、その際海外でも主要国の殆どは国歌斉唱を義務付けていなければ、罰則も当然ない事も知りました。(例外は中国ぐらい。ロシアも意外に感じたけど、義務規定はないらしい)

先日の死刑廃止についての話同様、これも軽々しく結論づけるべきな話でもないのでしょうが、自分もこのブログを始めた直後と比べて少し考えが変わったと言うか、別に国旗をか掲げるのも国歌を斉唱するのも自由でしょう。それらをしなかったからと言って罰したりするのは行き過ぎです。しかし、某学者の言う通りそこまで強い関心持っているわけじゃないからそう思うのでしょうが、そこまで嫌なら、別にスターリン時代のソ連国歌みたいにあからさまな個人崇拝しているわけでもないし、何故そういう国歌なんか歌わないで済む職場に転職するなりしないのかなあな素朴な疑問が湧いてきます。こういう話を聞くたびに。

この話も色々な意見があるでしょう。実際日教組とかが試みていたらしい、君が代に代わる新国歌を作る案を主張している人も見かけますが、別に私は反対しないです。しかしですね・・・・・・・・・・・ニコニコ動画内での某ブロマガでも「人は誰でも(そのブロマガを配信している筆者自身も)メアリー・スー化して、相手を自分の持つ元々の知識とかだけで安易にレッテル張りし、『自分のとっての理想の敵』として攻撃する『ストローマン』論法に走ってしまう。」という様な主張をしていたのを最近目にしましたが、「ああ、最近一種の違和感を感じていた理由はそれなんだなあ。」と言うか、納得させられましたね。

もうコメント投稿できなくなってから3週間も経っているniftyニュース(別に今後永遠にコメント投稿できなくても良いけど、復活させるにしてもアカウント制にして、ニュースの趣旨とかけ離れた様な発言する人はアカウント停止にするとか改善しないと駄目だと思う)で見かけた連中にもそんな奴らが何人もいた。彼らが自分達の政治的立ち位置がどの様に自覚しているかはどーでも良いけど、特にこの国の左派(左翼)のもう一つの大きな悪い点ってそれなんですね。国歌斉唱を拒否している教員達も、自分達の「正義」の実現の為に自分達の崇高な理念・思想を広めようと頑張っているのからこそ、どんなに歌うのがスゲー嫌でも転職とかなんかしないのでしょうが、自分達が認めたくない人物や社会、文化とかを実態を無視して、それよりも全く巨悪な排除・矯正物としてプロパガンダして、情報弱者たちを騙し、それらと戦う俺らカッケー!な感じで酔っているのでしょうね。

確かに思想的に相容れないだろうな想像は難くなかった。ましてやリベラルから保守に転向して、当時の総理大臣とも親交を結んでいた(実際お悔やみのコメントも発表した)のだから、猶更彼にとってはもっと早くこの世から抹消すべき「悪の政商」に見えたのでしょうが、you tubeでもチャンネル開設した某左派ツイッターが先日鬼籍に入られた某有名劇団の創立者(※)をクズだとかやっとくたばったかとか罵倒したのには「あんた、土井たか子を『売国奴』と罵った百田尚樹と何が違うのよ?違うのは思想の左右とかだけでやってる事は同じじゃん。」(彼の名誉のためにこれも繰り返し強調させてもらうが、共感させられた主張もあり、you tubeで目にした「改憲派のウソと詭弁」も概ね納得はした。私自身は改憲の必要性までは否定しないけど)とツッコまずにはいられず、ドン引きさせられたし、彼同様安倍総理がとにかく嫌いでしょうがないのであろう某映画レビュアーがHPでチャップリンの名作「独裁者」をレビューした際、安倍総理を引き合いに出して罵倒していたのもウンザリさせられた。(※この某有名劇団の創立者と某昔話アニメでもナレーターを務められた某俳優の方々には私からもこの場を借りてご冥福をお祈りいたします)

だって、「安倍なんて、確かに政治を私物化してお友達優遇もしているし、反対意見に対して正面切って耳貸さない狭量さも見せているけど、そんなヒトラーにも擬えるほどの大物なんかじゃないじゃん!!ヒトラーどころかゲッペルスやヒムラーよりも数段以上の格下じゃん!!何自分で勝手に変に過大評価しているの!!」だったもの。まあ私も、2014年時の改造内閣でやや強引にこじつけて、ガンヴォルトと関連付けた事あったから必ずしも人の事は言えないかもしれないけど、彼についても「もう映画を語るの止めてくれ、チャップリンにもスゲー失礼だから。」であり、そういう「悪癖」も凄い違和感感じます。

君が代とは直接関係ない話に深入りしてしまったけど、そもそも1999年に国旗国歌法が成立したのは、その直前に広島県の某県立高校の校長が国旗掲揚・国歌斉唱を通達した文部省とそれに反対した公務員らとの間で板挟みになったのが原因らしい。それに関わっていた野中広務氏について、氏が鬼籍に入られた直後に「やった事は極右への地ならしであり、先見の明には疑問符付きだった。」と批判していた人の主張も目にしましたが・・・・・・・・・

確かに野中氏は自分達の権力を維持するためにはなりふり構わない所もありましたが、それもホントにその通りだとしてですよ。別に皆望んで日本人として生まれたわけじゃないし、愛国心を強制するつもりなんかもさらさらない事には変わりはないですが、当時の日本政府から見れば「そこまでしないと国も国民もマズイのでは・・・・・・」と思わせる様な何かがあったのではないですか?彼らは「日本人=性悪説、周辺諸国国民=性善説」という謎のダブルスタンダード(勿論ヘイトスピーチにも断固反対で、中韓の悪口とかばかりしか言わないネトウヨのブログ等は基本何度も見る事は無いですが)もあって、万引き家族がヒットした是枝監督も例外ではない(いや、勿論これも何度も言う通り太平洋戦争も含めた戦前・戦中の美化や戦争行為等の正当化にも否定的だけど、現実問題、そういう誠意が伝わる相手ばかりじゃないのです、是枝さん)様ですが、自分達が誰よりも歴史や社会の真実を知っており、政府による悪政の被害者で、悪政と戦う勇者だとか思っていたらそれは大きな間違いです。国旗国歌法も日本の左派が、そういうフィフィ氏も指摘した「特有のダメな所」と無縁だったら成立自体無かったんじゃないの?ですが、彼らにもそういう「右派的」(に見える)政策も結果的に推し進めた共犯者に見えます。私からは。(フィフィ氏はツイッターで「自分は母国ではゴリゴリの左翼だが、日本の左翼は他国と違って愛国心を感じない。」とか言っていた。)

安倍一強だって、参議院の定数増法案も正直「人口も減っているのに何そんなふざけた法案通したの?」(なお、私は参議院選で自民に票を入れた事は一度もない)で、これにテレビの中の野党幹部達が怒っていたのは、「今回はまあ当然だろうなあ・・・・・」とも思いましたが、マトモな批判の受け皿があればすぐ崩壊する程度の体制に過ぎないのに却ってその維持・強化に一役買ってしまっているのです。安倍総理や自民党を助けてしまっているのです。自分で自分達の味方を減らして、敵も増やしながら。テロ等準備罪成立の時に「平成の治安維持法だ!!」とか騒いだのもそうだよねでありますが、反安倍も当然含むのであろう左派の人達も、まずそういう「過剰なプロパガンダ」等の悪癖、特有のダメな所ともオサラバしない事にはどうしようもないでしょう。ましてやいくら政治的思想とか相容れないからと言って、鬼籍に入られたばかりの文化人を汚い言葉で罵倒する、自分が同じく大嫌いであろう右派小説家と同じ事するなんて論外だと言うか、某大学教授の「安倍に言いたい!!お前は人間じゃない!!叩き斬ってやる!!」とかよりも酷い。だからネトウヨも出てくるし、千葉麗子氏だってその鬼籍に入られたばかりの文化人同様「転向」して、「さよならパヨク」とか「くたばれパヨク」とかの本も書いちゃうわけですよ。

| | トラックバック (0)

2018/07/14

麻原彰晃らの死刑執行で第一に改めて議論されるべきは死刑廃止の是非なのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000008-ykf-soci

麻原死刑囚ら7人の執行に非難… 人権派は「やりたい正義」を押し付けるな

7/14(土) 16:56配信    

    

夕刊フジ

 【桂春蝶の蝶々発止。】

 地下鉄サリン事件など、オウム真理教による一連の凶悪事件で死刑が確定していた元教団代表、麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚ら7人の刑が6日、執行されました。1日の執行では戦後最多だそうです。

 この刑執行について、欧州連合(EU)などが非難してきました。共同声明の内容はこうです。

 「いかなる状況でも、死刑執行には強く反対する。死刑は非人道的、残酷で犯罪の抑止効果もない」とね。

 はい? 非人道的? 残酷? それは死刑制度ではなく、オウム真理教のテロ行為を表現する言葉ではありませんか?

 共同声明によって、最悪のテロ事件の犠牲者(29人)の遺族や、後遺症に苦しむ被害者の心を踏みにじっている想像ができないんですかね。

 「人権、人権…」という方は、単に自分の「やりたい正義」という価値観を、「偽善的平和」という御旗のもと、罪無き人に押し付けているだけではないですか?

 彼らの思考や行動を例えられる、こんなおとぎ話があります。

 ある国に初めて雪が降った。国王は雪景色に感動し、この景観を守りたいと思いました。家来たちに指示して、人々に決して外へは出ないよう命令を出します。

 家来たちは一日中、その命令をふれ回り続けた。おかげで人々は誰も外に出ませんでした。だが何と…哀れ。家来たちが歩き回ったため、雪景色がめちゃくちゃになっていた…(笑)。

 人権派の方々がやっていることは、これなんです。「人権を守れ!」と主張することが、実は、人々の心を傷付けていることが分からない。

 日本では、1995年5月の麻原死刑囚の逮捕以降、細やかな法的・裁判手続きを踏み、2006年9月に死刑が確定。それから約11年10カ月後の刑執行です。

 EU加盟国では、テロリストを散々、その場で射殺してきたではありませんか。日本では逮捕して、裁判で審理を尽くす。サリン事件で逮捕された中には、死刑を免れた元幹部もいる。モラルがあるのはどちらか、誰でも分かりますよね。

 確かに、死刑が存在することは悲しいですが、罪を犯さなければ死刑になることはない。死刑が悪いのではない。100%、罪を犯した側の問題なのです。

 自国民の虐殺や勾留を続ける国や、他国の領土を軍事行動で略奪する国…。そういう国々に矛先を向けてくださいよ。独立した法治国家の制度に、いちゃもんを付けないでいただきたい。

 あっ、あとクジラね。

 「クジラを捕るな!」

 「なぜですか?」

 「クジラは賢い生き物だからだ!」

 「じゃあ、豚は?」

 「そんなに賢くないからいい!」

 この手の活動家の性根も、差別意識で満ちあふれているのです(笑)。

 ■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

この人も過去には「あのエピソード」が批判された事もあった等社会的弱者の痛みも分からない様だから、正直信頼・信用に値する人物ではないですが、今回の発言はまあ概ね正論なのではないですか?(日本でも犯罪者を射殺した例は皆無ではない様ですが)

この死刑廃止是非についての議論は、廃止推進派も廃止反対派も色々意見あるでしょう。これから私が言う事も、散々反感買っているであろうロックマンについての話題以上に「お前それは違うよ。」と思われる人もいるでしょうし、猶更「これが正しい!!」と強く断言できる結論は無いでしょうが・・・・・・・・・・

確かに、来年は天皇の代替わりあるし、「直近の政策を批判的に検証されない様、『外交の~』もアピールするための目そらし策」と指摘されていたけど、安倍総理の欧州・中東外遊(ツィッターでのあの投稿も、宴会やるなとは言わないながらも危機意識に欠けていた等の誹りは免れなかったけど、西日本豪雨で結局中止となる)も控えていたからその前にさっさと済ませたかった「大人の事情」は絶対あっただろうし、麻原彰晃以外に死刑執行された面々も基準も明確でないと透明性を欠いた面もありました。

少し前の同じ夕刊フジで書かれていた通り「上川陽子は良くやった!!」と単純に絶賛すべき死刑執行だとも思えないですが、この死刑執行を皮切りに「死刑廃止ガーーーー!!」と騒ぎ立てている人たちの言動には、眞子さまや絢子さまの婚約(前者はKK留学するらしいし、実質手切れなのか?)を機に「女性宮家ガーーーー!!」と騒ぎ立てる事と同じかそれ以上の違和感があります。

繰り返し言う通り、特にこの話題については「これが正しくて、これが間違っている」とか安易に断言できる意見はそんな無いでしょう。だから、死刑廃止推進派の言い分も分からないでもなく、ある人のツィッターで死刑を廃止している国でも被害者遺族への手厚い補償を行っている国があるとも聞きましたが、それでホントにその国の被害者遺族の方々が救われる制度ならば、どうだこうだ言うつもりはないです。

しかしですね・・・・・・・・・彼の事は最近何回か言及しているけど、私が度々ツイートをチェックしていて、最近you tubeでもチャンネル開設した別の某ツイッターですね。この人の政治的スタンスは左派または極左と思われ、you tubeでも改憲派の主張がいかにウソと詭弁にまみれているかを説明した動画を最近見ました。それは憲法改正の必要性自体は否定しないながらも、安倍政権と言うよりももっと正確には今の自民党にはやらせたくないと強く思っている私にとっても改めて納得させられたものでしたが、死刑廃止についての話題は・・・・・・・・・・・

確かに「死刑は被害者遺族の復讐を満たす為の社会的制裁行為じゃない」という様な一部主張はその通りではあったのですが、それ以外はね・・・・・・・「私が被害者だった時の復讐感情云々聞かれても、人は日々刻刻感情が変わるから、そういう仮定の話は出来ません」とかの主張は正直首を傾げざるを得なかったですね。それだったら、同じ死刑廃止推進派の坂本弁護士の某弁護士仲間の「彼も(麻原ら)の死刑は望んでいなかったと思う。」も仮定の話だから真面目に聞くに値しないですよね。

と言うかまた、これは他のツィッターに反論した際の発言の一部で、同じ左派ツイッターな某師匠(この人もやはりネットでの評判は良くない様だけど)共々「そこまでゴチャゴチャ言うぐらいなら、是非同じ主張を、どんなに罵倒されても構わず地下鉄サリン事件等の被害者またはその遺族方々の前でも気の済むまでしてこいよ・・・・・・」な感じでしたが・・・・・・・・・正直・・・・・・・・・この死刑廃止是非についての話はどうも禁煙是非のそれ同様必要以上に小難しい論争になっている様にも私から見えますが、そもそも被害者遺族の感情抜きに、加害者が被害者の人権を奪ったのが第一の事実であり、勿論だからと言って、昔の中国とかみたいな車裂きや、アラブ諸国みたいな石打ち等の残酷な刑罰やって良いわけではないけど、他人の未来までも台無しにしたからにはそれ相応の罰を受けるのは当然でしょ?某巨大掲示板でも同じ疑問を呈した書き込み見られたけど、どうして彼らって、明らかな落ち度もなく、普通に生活している人達よりもそういう他人の未来も奪った殺人犯罪者に優しいのですかね?つくづく理解に苦しむ、そういう所も。

性犯罪の場合は、厳罰に処するよりも何故それがいけないか一から教育して更生させる方が効果的だとも聞いた事あるけど、現実この世には真剣に更生させようとしても無理な奴だっている。ましてや麻原らのやった事は冤罪でもなければ情状酌量の余地も無い、立派なテロ行為じゃないですか。金田一少年の事件簿の犯人達みたいに被害者がどうしようもないクズだから憎しみに囚われてやむを得ず殺したのとも事情違うじゃないですか。死刑廃止論を頭ごなしに否定するわけではないですが、そもそもまた、死刑廃止推進ってこの麻原らの死刑執行を契機に改めて第一に議論されるべき話なんですか?

実際麻原や聖地の神格化を懸念する声も出てきていますが、そんな大規模な死刑自体、もうこれからは執行しないで済む様、オウム後継組織への監視も含む、テロも未然に防ぐ危機管理体制の再整備や時間が経っても決してその心の傷が癒えたわけではない、被害者遺族の方々への補償の更なる実行とかもっと優先的に議論されるべき話いくつかあるのではないですか?今まで死刑廃止の是非自体には強い関心なんてなかった(賛成か反対か問われれば反対ですが)私がこういう話もして良いものかとも思ったけど、どうも方向性が違うのではないかと言うか、胡散臭いと正直思いましたね。その記憶もまだ新しい内に、今度は茨城県で、T市出身のおバカさんが同僚の肛門にコンプレッサーを注入してしなせてしまったアホで悲しい事件が起きてしまいましたが、いずれにせよ、もうこういう不幸な事件は起きてほしくない、被害者遺族の方々も辛いだろうし、綺麗事かもしれないけど、希望も捨てないでいただきたい、そうも改めて強く願います。

| | トラックバック (0)

2018/03/12

東日本大震災後7年迎えてすぐに今度はこれではもうますます日本オワタ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000012-wordleaf-ent

稲村亜美の純粋にスポーツを愛する気持ちは、騒動を起こした球児に届くのか

3/12(月) 18:10配信    

    

THE PAGE

 “神スイング”で知られるグラビアアイドル・稲村亜美が、中学生球児たちに取り囲まれもみくちゃになるというハプニングが発生し、「集団痴漢だ」「一歩間違えば将棋倒しで危険な状況」などと物議を醸している。

 
野球大会の開会式でのハプニングとは?

 ハプニングが起きたのは、10日に東京・神宮球場で開催された日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟が主催した野球大会の開会式でのこと。自身も小学生から中学生まで野球に打ち込んだ野球少女だったことから、野球番組への出演やプロ野球などの始球式といった野球関連の仕事が多いことでも知られている。2015年公開のトヨタ自動車のCMにOL風スーツで登場、豪快なスイングを披露して“神スイング”といわれ話題になった。

 そんな稲村が、関東地区202チームの中学生選手が見守るなか、始球式に登板。96キロの見事なピッチングで盛り上げた。しかし、あろうことかその投球後、稲村がマイクであいさつを始めようとすると、弧を描くように囲んでいた球児たちが徐々に稲村との距離を縮め、最終的には先を争うように突進し、稲村の姿が見えないほどの混乱状態となってしまった。場内は騒然となるなか、まもなく混乱は収拾し、稲村は無事な様子で逆に球児たちに怪我がないか心配の声がけをした。

 この場面を撮影した動画がYouTubeなどネット上に公開されるとともに、一部、居合わせた球児らしき人物らが、真偽の程は定かではないが「俺触った笑」「抱き着こうとしたら潰されたw」などとツイートしたことなどが騒動に拍車をかけ、「紛れもない痴漢行為」「大人のいる中で起きたことで運営側の管理責任が問われる」といった非難の声が噴出することとなった。とくに今回の場合は、中学生といえど多数の男子が無防備な女性タレントに対して殺到したことも騒動が大きくなった要因の一つだ。

 
純粋にスポーツ好きの稲村の気持ちは騒動を起こした球児たちに届くのか

 稲村は騒ぎを受けて、ツイッターで「神宮球場にいた選手の皆さんが心配してくれますがわたしは全く問題なく大丈夫ですよー!!!」などと気丈な対応を見せた。開幕式後も関係者らと懇談し、連盟幹部の見送りで球場を後にしたという。連盟側も想像できなかった事態で運営が不慣れだったことを認め、謝罪しており、本人も大丈夫とは言っているものの、あれだけの人数が自分をめがけて突進してくれば、たとえ屈強な男性でも恐怖を感じるだろう。一歩間違えれば混乱のなかで大怪我を負う者が出る可能性もあったし、ヒヤッとさせられる場面だったことは否めない。

 稲村自身もリトルシニア出身であることから今回の始球式に登板したようで、本人としては騒ぎを大きくしたくないという気持ちだろう。

 一昨年、筆者は稲村を取材する機会があった。ちょうどゴルフ番組のアシスタントを始めたタイミングで、ゴルフの猛練習中とのことだった。野球では“神スイング”で知られるものの、ゴルフは同じスイングでも勝手が違うらしく、「普通の始めたての女の子よりはクラブを振れるんですけど、なまじ振れるがゆえにすごく曲がっちゃうんですよ。最近は練習を積んで、曲がらなくなってきましたけど。野球と違って止まるボールを打ちますし、うまくいかないことが多いですね」と、真剣に取り組んでいる様子だった。

 そのほかにも、トレーニングや食事などスポーツに関係する質問をしたが、真摯に答える姿勢から、この人は本当にスポーツが大好きなんだなという感想を持った。

 「野球はもちろん、今後もいろいろなスポーツに関わっていきたいですね。東京オリンピックもありますし、オリンピックで仕事ができたらいいなって思います」

 熱っぽくストレートに語る目は、まさにスポーツ女子のそれだった。

 今回の騒動でも、混乱のさなか、突進する球児たちに怒鳴り声をあげて止めにかかった球児もいたという。有名人を前にした子どもたちが起こした集団パニックのようにも感じられるが、野球とスポーツを愛する者が一堂に会する場だけに、大会のイメージに傷をつけて欲しくはないものだ。今後も同種の始球式を行うのかどうか、行うとすればどのような運営・警備体制で臨むべきか、議論を重ねる必要がありそうだ。

(文・志和浩司)

東日本大震災が起きて7年を迎えた直後に今度はこれかよ(呆)ですね。

本来鉄拳制裁してでも彼女が受けた心の傷以上の痛みを分からせるべき運営側の大人はマトモな対応すらしないで有耶無耶の内に逃げ切る、某学園の国有地払い下げ問題も似て居るけど、マスコミはマスコミで相当な倍率の就職競争を乗り越えたとは到底思えないほどの、貧弱!!貧弱!!な語彙力の無さもさらけ出した「神対応」とかで誤魔化す。太平洋戦争でも兵士達を無駄死にさせて、自分らの言う事を聞かなかった部下をキ〇〇イという事にして戦後も死ぬまでずっと見苦しい自己弁護を繰り返していた某将軍いたけど、その頃からそういう事なかれ体質とか全く変わってないという事ね。

稲村亜美氏、所属事務所どこよ?と思ったら浅井企画かよ・・・・・・・・・・・・そんじょそこらの弱小じゃない、有名芸能人を多数抱える有力事務所なのにどうして「今後厳重に処罰して、再発防止を徹底しなければ法的措置を取ります。」とかぐらいのガツンとした対応取れないわけ?これが宮崎あおい氏(不倫・結婚相手がジャニタレ)とかマギー氏(自身がバーニング系所属)とかだったら絶対こんな事されなかった、タイキックのベッキー氏もそうだけど、何で守ってあげないのよ?まさかグラドルで、容姿の良さをウリにしているのだからそれぐらいサービスと割り切って我慢しろとか思っているわけじゃないだろうな?確かに芸能事務所にとって、所属タレントは金のなる木な商品かもしれないけど、それ以前にまず一人の人間ですよ?彼女には大丈夫というしか選択肢ないのだろうけど、嫌な事はハッキリ嫌だという権利もあって当然じゃないですか。

私も一言コメント(「『心の借り』なんて、ベトナムの人達が受けた傷はそんな生易しいものではないんじゃないですか?」な旨の)した、niftyニュースでの、文在寅大統領が韓国軍のベトナム戦争時の蛮行についての記事でも、「慰安婦は売春婦だった~」とか耳に胼胝ができる様な事言っていたネトウヨ達のコメントもいくつか見られて、既に1990年代には台湾でも性教育について「セクハラは異性間だけじゃなくて同性間でも起こり得る。」とかしっかり教育していたらしいけど、それにひきかえ、それから20年以上経ってもこんな事件を起こす有様な日本人が、どうして慰安婦は高級売春婦で我々の先祖は強制連行しなかったとか性奴隷にしなかったとか言いきれるわけよ?自分達が他のどの民族よりも優れているとか思いあがって、一人相撲的に変なプライドに固執して「なかった事」にしたいだけなんじゃないの?と言うか、他にも相撲暴行やレスリングパワハラ、大企業の不祥事とか記憶に新しいけど、マトモな神経の持ち主がそんな事言われたってどうして信用などするというのか?自分が日本人じゃなくて外国人である立場に置き換えてよーく考えてみたら良い。

実際東南アジアではオランダ人女性とかが被害に遭った例はあっても、朝鮮での強制連行は確実な証拠は無かったと言われている様だけど、某学園の払い下げ問題も見ていたらなおさら「ああそうなんですか。やっぱ韓国人は嘘つきなんだね~」とか納得できるはずが無いし、そもそも強制連行も南京大虐殺も以前からこのブログでも何度も言ってきた様に、それらの有無自体が真に大切な事なのではなく、たとえそういう人権侵害も有ろうが無かろうが自国の国力を過大評価して、大局観の無いまま無謀な戦争の道を選んで、罪のない人達、死ぬ必要が無い人達も死に追いやってしまった過ちをもう二度と繰り返さない真摯な未来志向こそがそうなのですが、違うかね?

確かに、中国や韓国の反日教育等も常軌を逸しているでしょう。別に無理して仲良くしろとは言わないよ。中国についてはまた、領海侵犯とかしてきたらアルゼンチンぐらいの対応でも良いと思うよ。でも、近隣諸国からいつまでも謝罪しろとか言われているのは、中国・韓国が歴史認識を押し付ける等ダメなだけじゃなくて、日本人だってそれとは別にいつまでも謝罪する必要もないながらも、過去の大失敗を客観的に認識して、その過去とはもう俺達は違うんだな姿勢に欠けているからじゃないですか?

近隣諸国との確執も、そういう事なかれ主義もいい加減改めない限りは絶対解消される事は無い、中韓ヘイトやその他沖縄米軍ヘリ事故等のデマをネットでまき散らし、有名書店でも儒教がどうだこうだとか中韓ヘイト本を販売しても他には朝日新聞や左翼等自分達で自分達が大嫌いな連中以下の存在に貶めるだけ、得るものなんて絶対ない、世界の人達から尊敬されず、寧ろ幻滅と軽蔑のまなざしで見られるだけ。これも自信を持って断言できる、話は反れてしまっているけど、この稲村氏の事件も本質的には全く同じなのではないですか?

これじゃあ女性専用車両が出来てしまうのも必然であると言うか、「男性差別だ。」とかがなり立てている連中は、また炎上発言したらしい三浦瑠麗先生のテロリスト云々発言もそうだけど、どうしてそういう車両が存在自体してしまうのか?その背景にあるものは何なのか?一度でも真剣に考えた事あるのかい?絶対ないだろうね、ハナから女性を見下しているんだよあなた達は!!(最近知った、ジョージアの某元女性大臣もちょっとしたスキャンダルになったあのセクシーショットとかゴシップネタじゃなくて、何か国の為になる仕事一つでも在任中にしたのか?だけど。確かに美人だけど、そんなの政治家としての能力とは何の関係も無いよね、特に政治で女性を能力不相応に優遇するのもおかしい話で、却って女性全体の尊厳を貶めているのだな考えにも変わりはないけど)だけど、ダウンタウンガキ使の黒塗りといい、ベッキータイキックといい、これといい、こんな人権後進国だと言われてもしょうがない日本のどこがスゴくて美しい国だと言うのか?

https://twitter.com/kkkkkk315/status/973179980828913665

度々チェックしているこの人のツイートも「正論、全くその通り」であり、浴場盗撮した某陸自1尉も「停職じゃなくて懲戒免職の間違いだろ。」(まあどのみちもう出世の芽はないだろうがね)ですが、自分達に都合の悪い出来事は無かった事にし、受けた被害に声を上げる事を悪として葬り去る、臭い物に蓋をする様な国が美しい国だというのならば、そんな国はさっさとぶっ壊して国自体をなくした方が良い。極論かもしれないけど、そうなるではないですか。国連も、「癌や心臓病等重篤な患者はマトモに治療しないで、風や捻挫とか軽い病気・負傷した患者はインチキな診断して高い治療代ふんだくっている悪徳病院」(または「強盗や殺人事件はマトモに捜査しないが、一時停止違反やシートベルト着用違反は捏造してでも点数稼ぎの為に必死に取り締まる悪徳警察」)である認識は変わらないけど、人権勧告委員会とかこういう問題は取り上げても良いんじゃないですか?まあ「報道の自由」についても政府もネトウヨも開き直っている有様だから「馬の耳に念仏」でしょうが・・・・・・・・・・・いずれにせよ、別にSNSでも彼女に触ったのをあたかも武勇伝みたいに誇っているこのガキ達がどんな不幸な目に遭っても可哀想だとかは決して思わないですが、将来痴漢に走って、何の罪もない女性達がこいつらのせいで稲村氏共々心に傷を負うのは見たくないし、今からでも遅くないから厳重な処罰をすべきです。それぐらいの事も出来ない様なら、2020年東京五輪が終わったらますます日本はダメになり、日本オワタとなる。井の中の蛙でもあるが故に過剰な神格化されているイチロー選手や羽生結弦選手もおそらくその前後に引退、その日本オワタの象徴となりますよ。これで中国や韓国の事もどうして笑えるのだろうか?他国もどうだこうだ言う前にまず自分の顔も鏡で見てみろ!!話はそれからだです。

| | トラックバック (0)

2018/02/13

三浦瑠麗のテロリスト発言とつくづく終わったメディアであるテレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000003-wordleaf-soci

三浦瑠麗氏「北朝鮮の暗殺部隊が潜んでいる」と発言、古谷経衡氏は反論

2/13(火) 13:43配信    

    

 国際政治学者の三浦瑠麗氏が、テレビのワイドショーで、「北朝鮮の暗殺部隊が東京や大阪などに潜んでいる」と発言したことが物議を醸しています。これに対して著述家の古谷経衡氏は、「日本の公安組織が、北朝鮮テロリストの潜伏を簡単に許すほど能力が低いとは思えない」と三浦氏に真っ向から反対しています。日本の公安組織は、本当にそれほど能力が低いのでしょうか。

 

 三浦氏はテレビのワイドショー番組に出演し「スリーパーセル」と呼ばれる北朝鮮の暗殺部隊が日本の大都市、特に大阪に潜んでいると発言しました。北朝鮮の指導者である金正恩氏が殺害された場合には、彼等はテロリストとして一斉に破壊活動などを行うとのことです。三浦氏は米国と北朝鮮が戦争状態となった場合には、日本国内の大都市がこうしたテロの標的になるので非常に心配しているとも発言しています。

 こうした見解に対して、著述家の古谷氏は、一種の妄想だとバッサリ切り捨てています。古谷氏は、一般人である三浦氏がこうした事実を掴んでいるのであれば、当然、公安組織による捜査が進んでいるはずだと主張。現時点では妄想に過ぎないとしています。

 日本には、警察庁が管轄する公安警察や、法務省が管轄する公安調査庁など複数の公安組織があり、内閣府には諜報機関として内閣情報調査室が置かれています。かつて日本の公安組織は国内の過激派対策が主業務でしたが、こうした活動は、現在はほとんどなくなっています。

 現時点において公安組織における最大の懸念事項が北朝鮮問題であることは間違いありません。組織の性質上、活動のすべては明らかにされていないものの、リソースの多くが対北朝鮮問題に投入されていることは確実でしょう。

 工作員が潜伏するには、多額の資金や、資材を保管する場所などが必要となります。北朝鮮関係の資金や資材のルートは、拉致問題などをきっかけに徹底的にマークされており、公安組織による監視の目をくぐり抜けて活動を継続するのは容易なことではありません。特に公安警察は各県警の警察署レベルまで網羅した巨大組織であり、突出した捜査能力を持っています。

 北朝鮮に限らず、どの国も諜報活動に従事する人物を送り込んでいるのは常識であり、これは友好国でも同じです。ジャーナリストや外交官という肩書きで、実際には諜報活動をしている人はザラにいます。

 しかし、本格的な破壊活動を行う工作員が多数潜伏しているというのは、公安組織の能力を考えれば、やはり思い込みという部分が大きいでしょう。古谷氏は「なぜ三浦氏が、そこまで日本の公安組織を信用できないのか不思議だ」とも発言しています。

(The Capital Tribune Japan)

ハッキリ言って私はこの三浦瑠麗氏についても最初顔見た時から「この人にもマトモな見識とかは求めてはいけない。容姿は美人な部類なのかもしれないけど、それだけ。」と思っていたけど、今度は・・・・・・・・・・・・・

確かにまあいないとは言い切れないでしょう。現実拉致事件も発生して、まだ日本に帰れない人だって何人もいるのだし。だからこそテロ等準備罪が野党の猛反対も受けながら国会で可決されて、勿論それでゴールじゃないし、反対している人達の意見も分かるけど、私はどちらかと言えば賛成です。北朝鮮のテロリストがいようがいまいが、彼らの犯罪を未然に防げる様危機管理していくのは現実的な備えでしょう。

だから妄想とまでは言わないし、ヤフコメやブロゴスもネトウヨ達の巣靴だから擁護する意見が多いのも「さもありなん」ですが、そんなのは三浦先生なんかが今さらドヤ顔で言う事では無い・・・・・・・・と言うか・・・・・・・・・・・

まあ同じ思想のお友達と飲み屋かどこかで話する分には左翼の人達が聞いても「何言ってんだ?こいつら。」で済んだ話かもしれない。しかし、色々なツイッターで当然突っ込まれてもいるけど、あなたは何処でそういう発言したんですか?まずそれ分かってるんですか?「大阪が特にヤバい。」の根拠は何ですか?小学生にも分かる様なものはあるのですか?まさか「在日が多いから」だけなんて事なんかないよね?

そもそもまた、「大日本帝国が人権を極端に抑圧したのは1943年~45年の2年間でした。」って、彼女の辞書には大杉栄も小林多喜二(蟹工船なんかも絶対読んだ事ないだろ。私は青空文庫で読んだ事あるけど)も当然ないのだろうなあ(呆)で、ヤフコメで彼女を擁護している連中もこういう頓珍漢な発言もした事あるのもご存じなのかね?

古谷氏の言動も「?」なの目立つし、彼がこういう発言の背景について突っ込んで触れた他のある記事も目にしたけど、少なくとも今回は彼の発言の方がまだ説得力あると思うと言うか、三浦先生やネトウヨ達ごときにあっさり感づかれるほど金正恩委員長もテロリスト達もバカでも無能でも無いでしょう。(苦笑)

私にとっては赤報隊を支持していて、ヘイトデモにも血道をあげている連中の方が明確なテロリストまたはその予備軍に見えるのであり、もし100歩譲ってホントにそうならば、話す相手が違うし、平昌五輪もネガキャンなんかしている場合じゃないけど、大阪万博も東京五輪も当然中止しなければいけないし、日本人拉致はまた少し別かもしれないが・・・・・・・・・

某週刊誌で最近ケント・ギルバード&井上和彦両氏が「日本国憲法はアメリカからの押しつけ憲法」とかいい加減耳に胼胝ができる様な発言(じゃあ天皇制廃止になっても良かったのですかね?まあ私は最近は昭和天皇は退位すべきだったんじゃないかとも思うけど。だって、どんなに軍部とかが天皇を利用していたとしても、国家元首で大元帥だったのだから戦争責任無かったなんてあり得ないでしょうよ)していたのも、「私にとっては日米地位協定の方が全然押し付けに見えるけど、じゃあ韓国みたいにベトナム戦争にも参加させられて戦死者出しても良かったのか?原爆まで落とされて、兵士や一般国民まで英霊と言えば聞こえは良いのだろうけど、無駄死にさせられた日本だってそれを受け入れざるを得なかったほどの失敗点も絶対有ったろ?聖戦とか過去を美化して、歴史を直視し学ぶ事をせず、気に入らない事は自分達の嫌いな連中のせいって、そんなの『日帝36年』とか日本統治等をいつまでも恨んでいる韓国人と同類項だよ。」であり、国辱ものな下町ボブスレーだって、テロだってそうじゃないの?

勿論何の罪も無いのに犠牲になってしまった人達は気の毒とか言い様が無いし、911テロ自作自演説も三浦先生の事もこうして批判する資格無くなってしまうからその真偽について断言はしかねるけど、どんなにテロとの戦いとか勇ましいスローガンを掲げて実行犯を逮捕・処刑したって、彼らをそういう行為に駆り立てるものを根絶しない限りは絶対に無くならない。

だからこそ、歴代の大統領が明言してきた事を実際にやっただけだとも言えるけど、彼らの価値観の中に占める宗教の重みとか全く分かっていない様であるトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都に認定したのも全く愚かな事で、あさっての方向を向いている(ユダヤ人には個人的に悪い印象は無いけど、パレスチナ問題で一方的に彼らの肩を持つ気にはなれない)のだけど、三浦先生はいやしくも日本の最高学府の教員で、特定の分野にそこらの一般人よりはるかに詳しい筈の専門家なんでしょ?

確かにまた、韓国の文政権は北朝鮮に配慮しすぎている所はあると思う。北朝鮮が抗日パルチザンが日本軍と戦って植民地支配から解放(実際は途中でソ連に逃亡し、金正日総書記もソ連で生まれて、少年期まではロシア人風の名前を名乗る)した事になっているのに対し、韓国はそういう捏造できる素材すらないから北朝鮮に負い目を感じているのもまあ否定はできないのでしょう。しかし、北朝鮮にとってはアウトオブ眼中な国まで態々行って圧力云々呼び掛けたり、仮病使ってまで行かないつもりだったのが韓国行ったけど、合同軍事演習とか頓珍漢な内政干渉したり、文大統領の訪朝とかについても売る必要もない喧嘩も売ったりと日本政府はそんなに米朝戦争勃発してもらわないと困るのか?小泉政権期のイラク戦争みたいにだけど、一般のサラリーマンだってなかなか貰えない出演料も欲しくて不特定多数の人達が見ている全国放送下で自分を持ち上げてくれる芸人達とタレント気分で近隣諸国の脅威や民族差別を煽る(そんなのはネトウヨでもできる。テキトーに嘘ついても良いのだから楽だろう)のではなく、本当の脅威は何なのか?その脅威に加担している連中もいるのか?いるとすればそれは誰なのか?その脅威を取り除くにはどうすれば良いのか?我々日本国民に出来る事は何なのか?もっとそういうのご自分が今まで得てきた専門的知識も下地にして、突っ込んだ話して、一般国民にも建設的な議論を投げかけて、政府が悪政に走らない様に監視も促すのがあなたの仕事なのではないですか?違うかね?「まともな安保議論」とか言い訳しているけど、あなたの今回の発言もとてもじゃないけど、そんなレベルじゃないよ。

同じ1980年代生まれの女性有名人でも綾瀬はるか氏とは悪い意味で対照的だわで、もし噂の真相が休刊になっていなければあなた「七人のバカ」コーナーとかで度々槍玉にあげられていたよ?(実際デスクだった人が運営しているリテラでは三浦先生も度々批判されている)ですが、近年における日本の反知性主義を象徴する様なピーマンタレント学者だよね。三浦先生って。でも、フォローもしなければいけないけど、先生やネトウヨ達だけが悪いわけでもないんだよね。

その噂の真相でも同じ芸人で、同じ映画製作経験もあるビートたけし氏共々佐高信氏に批判された事もあった松本人志氏も私の中では2018年評判暴落タレントの最有力候補であり、つくづく失望している、天才だったのはもはや全く過去の事、佐高氏も左寄りだけど、今から見れば先見の明があったのだろうなあですが、他にもマツコ・デラックス氏とかはまだたまに良い事言う事もあるけど、たけし氏の弟子な東国原氏とか上西氏とか杉村氏とか本来マトモに相手にされる様な人物じゃないのに、見識よりも視聴率やポピュリズムとか目先の利益を優先し、視聴者よりもスタッフや出演芸能人とか自分達が面白がる為に中身のない虚言・妄言等を好き勝手に言わせていて、視聴者も視聴者で昨今の右傾化も相まって取捨選択の適切な判断が出来なくなっていて、彼らの無責任な発言の場を与える共犯になってしまっているのだから三浦先生も特別異常なわけでもないのです。

今回の発言も擁護する人達にとっては批判する人達はお花畑にいる平和ボケに見えるのかもしれないけど、ネットでもちょっと調べたら彼女の見識がどれほどのものなのかすぐ分かるだろうに、近隣諸国との確執にも囚われて、一部の事実を全ての事実であるかのように信じ込み、歪曲する人達の方がよっぽど平和ボケに見えますよ?私からは。その他シャンシャンとか貴乃花親方VS相撲協会の確執とか所属芸能事務所とかによって態度違う芸能人の不倫とか必死こいて過剰に報道していて、明日バレンタインという事で義理チョコは有りなのか無しなのか?なゴディバVSユーラクの論争も日テレで報道されていたらしいけど、まだやってるのかと言うか、正直「そんなのゴディバの日本人向けの宣伝だろ、日経新聞にも載せていた事からも『お察し』だろ、こんなくだらない論争するぐらいならもうパキスタンを見習ってバレンタインそのもの止めちまえ!!」だけど、その一方で中国沖のタンカー衝突・炎上事故を報じない(様に見える)のはまたいつもの「報道しない自由」発動か?

また長々と書いてしまって、いくら私がこのブログで好きな事言いたい放題言っても、三浦先生はいっぱしの論客ぶってこれからも真に見識ある人達の顰蹙を買う様な言動を取り続けるのだろうけど、本来人類の進化の象徴である発明品の一つなテレビも今や全く「バカ製造機」と化しているよね。そう言えばまた、東洋経済オンラインも最近高視聴率な連続テレビドラマは一話完結ものばかりでその危険な傾向を指摘した記事書いていたけど、確かにそういう意味では視聴率もアテにならないと言うか、全く終わってますよね。ただテレビが終わっているのなら今や他にもいくらでも娯楽はあるし、見なければ良いだけの話ですが、このままだとそんなテレビとかのメディアどころか日本や日本人が終わった存在になってしまうでしょうね。近隣諸国が侵略なんかするまでもなく。冗談抜きで近隣諸国との確執等感情論とか抜きにして危機感持たなければホントにそうなりますよ?そうなってからでは遅い、もう1950年代後半から70年代前半までの高度経済成長とかもやってこない。衰退していく一方なのは間違いないです。

| | トラックバック (0)

2018/02/01

ゴディバ流「日本人向けの宣伝」に踊らさせているのも「この国のかたち」であり、滑稽の極みである

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-00000034-ascii-bus_all

ゴディバ「義理チョコやめよう」ユーラク「義理チョコ文化を応援」

2/1(木) 18:30配信    

    

アスキー

ゴディバと有楽製菓、どちらの考えも一理あるように思います。

 

 2月1日、日本経済新聞の朝刊に掲載されたゴディバジャパンの新聞広告が話題になりました。
 
 「日本は、義理チョコをやめよう。」という大見出しで、代表取締役社長ジェローム・シュシャン氏からの「義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい」なるメッセージを乗せたものです。
 
 「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです」(広告より)
 
 日本の習慣となった義理チョコにとらわれることなく、バレンタインを純粋に気持ちを伝える日にしようと訴えることは、バレンタインシーズンが1年の中で最大のかきいれ時であるはずのチョコレートメーカーらしからぬ姿勢だと思われるかもしれません。
 
 しかし、恋愛感情を伴わない関係性に対し、とりあえずの社交辞令としての義理チョコを贈答する文化に辟易している人たちも少なくなかったのか、ネットを中心に多くの反響を呼んでいます。Twitterでは、「職場のみんなに渡すのは面倒だった」「もらう方もお返しに気をつかう」などの肯定的な評価も目立っていました。
 
 ただ、否定的な意見として「そもそもゴディバを本命に贈ったりはしない(ブランド力があるぶん義理チョコとして使われやすい)」「コンビニでも販売しているカジュアル路線と相反するのでは」(関連記事)などという声もあるようです。
 
 ゴディバは今年のバレンタイン特設サイトでも、「バレンタインは、今年から自由だ。」として、「あげるって、たのしい。」「これからはまず、女性自身が軽やかにハッピーになるバレンタイン」などの言葉をかかげています(GODIVA | バレンタインコレクション2018)。
 
 一方で、義理チョコ文化の「応援」を叫ぶメーカーもあります。「ブラックサンダー」などで知られる有楽製菓は公式Twitterアカウントで、「とある広告が話題のようですね」と切り出し、「有楽製菓は引き続き『日頃の感謝を伝えるきっかけ』として義理チョコ文化を応援いたします」と宣言しました。
 
とある広告が話題のようですね(‘-‘*)よそはよそ、うちはうち。みんなちがって、みんないい。ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします(‘-‘*) pic.twitter.com/hWi9fd5RJL
 ブラックサンダーさん(有楽製菓公式)@プレミアム義理チョコショップ (@Black_Thunder_) 2018年2月1日
 社内の人間関係にとらわれず、無理にお返しなどを用意する必要もなく、心からの感情を伝えることが大事だとするゴディバの意見に、快哉を叫ぶ人たちもいるでしょう。いささか強引かもしれませんが、日本社会に固有の因習(年功序列など)から生まれる問題を穿つ、鋭いカウンターとして機能するメッセージとも受け取れる要素があります。
 
 ただ、お返しも含めて、すべての義理チョコが義務感にかられているわけではないとみれば、日頃の感謝を伝えたり、コミュニケーションを深めたりするよい機会でもあるとみる、有楽製菓のような考えもあってよいはずです。ゴディバの言葉を借りれば、義理チョコを通じた交遊が“女性自身が軽やかにハッピーになる”機会をもたらすこともありえるでしょう。
 
 所詮、人によりけりでは……としてしまうと、あまりにも玉虫色の結論に思えるかもしれません。ただ、義理チョコを負担に思う人も、円滑に楽しめる人もいるのも事実でしょうし、今回のゴディバの広告は、多くの人の「バレンタイン」に対する価値観を浮き彫りにした面もありましょう。どちらが正しいのかと目を三角にして侃々諤々とするのではなく、バレンタインデーという恒例行事を、どのように楽しむかを考えられるきっかけになるとよいなと感じました。
 
モーダル小嶋
 
1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。ショートコラム「MCコジマのカルチャー編集後記」ASCII倶楽部で好評連載中!
 
人気の記事:「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」「8万円以上する『水沢ダウン』買ってよかった」
 
 
■「アスキーグルメ」やってます
 
 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!
 
文● モーダル小嶋/ASCII

このゴディバという会社、存在自体知らなかったけど、茨城県内にある某大型ショッピングモールにも出店している、ベルギー発祥の会社なんですね。

本場のチョコを作っているのだからさぞかし美味しいのだろうけど「こんなの『私たちの作るチョコをもっと食べて頂戴』な日本人向けの宣伝でしょうよ、ユーラクも然りでゴディバも利用しているに過ぎない。何過剰反応してるんだい?日経新聞に載せている事からも十分お察しだろうに・・・・・・・・」な冷めた目でしか見れないですね。

これ同様すっかりこの冬の季節の風物詩となっている恵方巻とかもそうなのだろうと言うか、商品をどんどん売って、利益を上げたいから正攻法、直球じゃない変化球で必死に勝負しているだけでしょうよ。こんな事言っている私はつくづくひねくれた人間なのだろうけど、最近の日本人ってホント変だよね。いじめや黒人差別、慰安婦、沖縄での集団自決とかはお得意の事なかれ主義でなかった事にしたくてしょうがない一方で、何故か森友に似ている日本航空学園の話も報道されてないけど、他にももっと我々の生活に関わる重大な話題がいくつもあるのに、貴乃花親方VS相撲協会の喧嘩やシャンシャンフィーバー、小室哲哉氏等有名人の不倫(ジャニーズやバーニング等大手芸能事務所のタレントが当事者の場合は無視するか寧ろ祝福するくせにね!!絶対ベッキー氏みたいにタイキック公開処刑なんて出来ない。やったら最後、ダウンタウンとかは間違いなく報復される)とかを過剰に報道して、ギャーギャー騒いでいるのだから。

経営が苦しくなった時点で東京チカラめし(私が行った事ある野田市の某店舗も閉店してしまった。過去エントリーで書いたけど、2014年GWに鎌ヶ谷市の名所巡りした帰りに寄った鎌ヶ谷店はまだ営業している様だけど)とかみたいにさっさと不採算店舗を閉店していればこんな最悪の事態にはならなかっただろうに、はれのひの被害者達や常磐線乗車中に妊娠・出産した女性を叩くのもおかしければ、ネトウヨを含む右翼・保守の人達って、そういう言動って中国、韓国、左翼、在日、朝日新聞ETC自分達が大嫌いな連中以下になるだけで、全く得るモノなんて無いのに何故それに気付いていないのがつくづく理解に苦しむけど、デマまで飛ばして2000億以上の金もらっている加害者側の駐留国軍を擁護し、被害者側である沖縄県民を罵倒・中傷するのもおかしい。

松本前副大臣の更迭だって、決して沖縄県民の心の痛みを理解し、彼らと平和への願いを分かち合おうとしか反省しているわけではなく、ただ名護市長選挙で負けると困るからさっさと臭いものにフタをしたに過ぎないのであり、慰安婦合意だって勿論韓国も元慰安婦の人達や慰安婦団体とのコミュニケーション不足もあったのだろうし、何故かこの国の大統領は皆平穏に政治生命を全うできないけど、政治思想が違う前政権を糾弾して自分達の思う通り(今の文政権ならば従北路線等。対話するのは良いし、この国にも日本の日教組の様な組織があるらしいけど、何故そこまで北朝鮮に気を遣うのかも理解に苦しむし、南北合同チームだって高い支持率の割には反対している人が大多数らしいじゃん)に国や国民を操りたい政治的思惑があるだろうから決して肩を持つわけじゃないけど、また然りですよね。

女性だけの街云々の話も、これも何故か叩いている人がいて、私だったらネトウヨのいない街に住みたいわと言うか、今度またゲゲゲの鬼太郎が放送開始されるらしいけど、もし悟空(今回の目玉の親父は彼と中の人同じだけど)とかルフィとかドラえもんとか好きなアニメキャラの世界に住めたらとかとも大差ない夢想話であり、もし改善すべき点がその話の背景にあるとすれば、具体的にどうすべきか考えていくべきじゃんですが・・・・・・・・・

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54234
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54234?page=2
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54234?page=3

これは5歳まで日本に住んでいた中国人が日本や日本人のダメな点を指摘した事を紹介した記事のページで、案の定ネットでは叩いている連中もいて、中国が「刻一刻と進歩を模索」とか細部では正直「?」だけど、概ねその通り、正論だよね。

https://twitter.com/feedback515/status/958830900749385728

確かに「日本スゲー!!」な自画自賛症候群に罹っている人達は死んでも認めたくないだろう、日中戦争でも日本は負けてないなんてマジで思っているのだろうけど、ましてや中国人の言う事なのだからでもありますが・・・・・・・・・このツイッターでもそうした「日本スゲー!!」の周期について指摘されていたけど、私はちょっと意見は違いますね。明治維新後は25~30年周期で発病していると思います。

①1870年代 台湾出兵や江華島事件、征韓論等
②1900年代 義和団事件や日露戦争、朝鮮統治
③1930年代~40年代初頭 満州事変、日中戦争、太平洋戦争
④1960年代 東京五輪等高度経済成長
⑤1980年代後半~90年代初頭 バブル経済
⑥現在(自民政権与党復帰後)

しかし、①・④・⑤はまだしもホントにダメなのは③・⑥ですね。まあ一番大失敗したのは③で、②が結果的にその伏線となってしまったけど、という事は、「歴史は繰り返す。一度目は悲劇、二度目は喜劇として。」とかも良く言ったものだですが、次の「日本スゲー!!」発動は2040~2050年代の事で、もっと悲惨な衰退が待っているという事か?実際2050年には日本は先進国でなくなってしまう予測も出ていて、⑤の時のアメリカをも追い抜かす勢いだったのとは落差がありすぎるよでもあるけど、もしそうなったらもう④・⑤の様な復活は無理だろうなあ、わが国日本。

日本は確かに近年ダメな点の方が目立つけど、10年にも満たないGHQ統治程度で骨抜きにされ、腑抜けになるほど日本人は阿保でもノータリンでもない!!いつまでもそういう洗脳ガーで、自分の思い通りにならない事を何でも自分達が気に食わない連中だけのせいにする奴らの方が一番の自虐史観の持ち主だ!!とも何度も強調したけど、それは日本が今日まで現在進行で右傾化していった小泉政権が成立するまでの話であり、もし黒船来航の時、日本人の民度が近年のレベルだったら他のアジア諸国同様植民地にされていたのではないか?とも正直思ってしまいます。大げさかもしれないけど、このゴディバ宣伝話及びそれに対する反応も見ても。

結局この話で得をしたのはゴディバとユーラクと日経新聞だけでしょう。そう言えば海外でのレースクイーン廃止の話も「好き好んでやっている人の価値観を否定するのか!」って「はあっ?」で、でゴディバの話について言えばまた、確かにそういうの半ば強制的な習慣になっているのは面倒に感じられるかもしれないけど、それを今後も続けるかどうかはまたちょっと別ですよね。是非職場で何時間も必死こいて会議やって気の済むまで話し合ってくださいだけど、自己中心的で事の本質を掴めず、お釈迦様の掌での孫悟空みたいに踊らされるのは滑稽で馬鹿げています。右から左に聞き流すべき話であり、私自身はこの会社のチョコを食べてみようなんて思いません。

でも、「この国のかたち」になりつつあると言うか、ホントにそういう話ばかりだよね、まあ私も2012年衆議院総選挙で自民に票入れてしまったから、あの時誰が国民の生活を良くしてくれる可能性が一番高いか、現政権の欠点とかに囚われないでもっと良く考えるべきだったと後悔しているけど、だから杉原千畝氏の名前もロクに読めなくても、エンゲル係数の定義を理解してなくても安倍総理の支持率も55パーもあるんだよね。今度の名護市長選挙も勿論もし私が名護市民だったら自民擁立候補にはいれないし、実際昨年夏の茨城県知事選挙もそうしたけど、この中国人の指摘も、中国が反日国だとかそんなのもう置いといて、隣人からのありがたい忠告であると受け取り、自己改善に努めなければホントに日本は③の後以上の大失敗をしでかし、もう衰退したまま立ち直れなくなるでしょう。そうなったらもう遅いです。

| | トラックバック (0)

2017/12/26

芸人と焼肉食べるのは翁長知事と面と向かって話し合ってからにしようよだけど・・・・・・・・(※12/28追記あり)

http://lite-ra.com/2017/12/post-3687.html

安倍首相との焼肉会食を松本人志が被害者ヅラで言い訳! 武田鉄矢も「権力批判はカッコつけ」と松本擁護

安倍首相から挨拶されたのを自慢する松本人志(フジテレビ『ワイドナショー』12月24日放送回より)

「雑談で、他愛もない話して、割り勘で帰っただけなんですけどね。最初で最後でしょうしねえ。なんかそういうふうに(批判的に)言われてしまうんですね」

 松本人志御一行と安倍首相との会食が発覚して初めての収録にあたる24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ)。本サイトは松本人志がいつもの開き直りトークを全開するだろうと予測していたが、結果は予想以上のひどい内容となった。

 番組ではまず、いっしょに焼肉にいったレギュラー出演者・古市憲寿の〈単純に安倍さん出演回の番組出演者で打ち上げに行きましょうという話が、今月まで延び延びになっていただけ、というだけ〉というツイートが紹介され、これにやはり焼肉に同行した松本の子分でMCの東野幸司が「安倍総理も(番組に)いらっしゃって、食事の約束もしてまあ実現したという形なんですけど」とコメントして、安倍首相との会食は“単なる番組共演の打ち上げだった”と強調する。

 すると、これを受けて、松本が冒頭のように「なんかそういうふうに(批判的に)言われてしまうんですね」と被害者ヅラのコメントを発したのだった。いったいこの芸人はなぜ、自分たちが批判されているのかわかっているのだろうか。

 そもそも、ジャーナリストや情報番組のMC、コメンテーターが取材でもないのに、政治権力者と仲良く会食するということじたい、倫理的にありえない話だが、さらに問題なのは『ワイドナショー』がこの間、選挙期間中に安倍首相を番組に呼んだり、安倍政権のPRに積極的に協力してきたことだ。松本自身も安保法制に大賛成し、共謀罪に対する批判の声を「冤罪があっても仕方ない」と打ち消したり、閣僚スキャンダルに対して全力で擁護してきた。

 安倍首相はこうした報道姿勢への感謝の意味で食事に誘ったのであり、そんな誘いにホイホイ乗っかるというのは、自ら「応援団」であることを宣言するようなものではないか。

 いや、連中だってそのことはとっくにわかっているのだ。古市は「打ち上げ」と言い訳していたが、この「打ち上げ」というのは、ひとつのプロジェクトを一緒にやりとげた仲間内の慰労会のことだ。ようするに、あの安倍出演の時点で、『ワイドナショー』と安倍首相はともに安倍PRをやりとげた“仲間”だったのである。

 しかし、松本は「政治家転身」というどうでもいい話題をもちだし「全然ない」などと否定するだけで、こうした癒着問題への批判については巧妙にネグって、答えようとしなかった。

安倍首相から「ヨッ!」といわれたことを自慢げに語る松本人志

 もっとも、ここまでならまだ予想の範囲内。問題はその後だった。松本はなんと、この日、安倍首相と晴れて“お友だち”になったことを自慢し始めたのだった。

松本「これが偶然に今日、楽屋が隣、安倍首相だったのよ、俺の。ちょうどまた安倍さんと会うって。安倍さんすごい(感じが良くて)『ヨッ!』と(挨拶された)」(右手をあげるジェスチャー)
スタジオ「おー(笑)」
松本「するとまたねえ、『蜜月関係』みたいに言われたら嫌なんですけど。いや、ホントたまたまなんですけど。またここで会うかっていう」
東野「(安倍首相は)『ヨッ』っていう感じですか?」
松本「『ヨッ!』っていう感じですね」(右手をあげるジェスチャー)
東野「(松本さんは)どうしたんですか!?」
松本「『ヨッ!』っていう感じで」(右手をあげるジェスチャー)

 スタジオは爆笑だったが、いやはや、微塵も笑える話ではない。実際、『ワイドナショー』の24日放送分を収録した22日、安倍首相はフジに別番組の収録のために訪れていたのだが、ようするに松本は安倍首相から「ヨッ」と挨拶されたのがよほど嬉しかったのだろう。政治権力とベッタリであることを恥じもせず、むしろ“アベ友”になったことを誇る。まったく頭が痛くなってくる。

 実際、番組ではその後、先日の『THE MANZAI 2017』で政治を批判する漫才を披露したウーマンラッシュアワーの話題に移ったのだが、やはり松本は安倍政権側丸出しで発言。上から目線で「いや、僕もすごくよかったと思うんですよ、うん、よくできてたし」と一応評価しながらも、続けてこうウーマンに苦言を呈したのだ。

「あればっかりになっちゃうとね、また彼らが狭くなっていくからね。あと、あの後、出てくるコンビがちょっとやりづらいかなーみたいな。調和みたいな部分では、あのー、少しね、どうなんやろ?って部分はあるんですけど」

 つまるところ、安倍首相を大好きな松本が言う「調和」とは、政治批判のネタを封印することなのだろう。そのお笑い界での地位を考えれば、ほとんどファシズム的発想としか言いようがない。

 だが、最悪なのは、こうした態度の松本を番組が一丸となって擁護していたことだ。なかでも下劣だったのがゲストの武田鉄矢。松本らの安倍首相との会食について「そんなんいいんじゃねえの? それも割り勘なんだから。妙な食事会じゃないわけですから」と徹底的にかばったかと思えば、逆に、世間の批判の声に対してこんなふうに攻撃すらしたのである。

「なんか、みんなやたら反権力とか、政治を批判したり、首相にむかってバカと言ったりなんかすると、ちょっとカッコよがるっていう。なんかそういう風潮ありますよね」
「相手が殴り返してこないことを見てて、『かかってこい』って言う人いますよね。それはズルいと思うんだよね。だから、誰とでも飯を食うっていうのは、とても大事な人間の部分じゃないかなって」

いやはや、最近の武田鉄矢が“頑固オヤジキャラ”を通り越してほとんどネトウヨになっているのは知っていたつもりだが、これはあまりにもトンチンカンすぎるだろう。ようするに武田は「カッコつけて権力批判する人は、相手が殴ってこないとわかって言っているだけの卑怯者」という風に批判したいのだろうが、実際には、安倍政権は批判的言論に対してえげつない報復攻撃をやりまくっている。

 とりわけ報道機関に対する圧力は凄まじく、昨年には国谷裕子、岸井成格、古舘伊知郎など気骨のあるニュースキャスターたちが同時に降板に追い込まれた。今年も、加計学園問題をめぐって前川喜平・前文科事務次官が批判的な証言の動きを見せると、御用新聞を使ってスキャンダルを見舞った。他にも森友学園の籠池泰典前理事長の不当長期勾留や、沖縄の米軍基地反対運動に対する不当逮捕、少女像設置に対する政権の対応を批判したといわれる釜山総領事の更迭などなど、枚挙にいとまがない。

 圧力だけでない。政権批判をすれば、テレビから干され、仕事がなくなり、安倍応援団やネトウヨだけでなく、“冷笑系”や“中立厨”からの攻撃も飛んでくる。それでも、この民主主義の危機をなんとか食い止めたいと考えている心ある数少ないジャーナリストや官僚、メディアが、自分の中にある恐怖心と戦いながら、安倍政権を批判しているのである。

 これのどこが「卑怯者」だというのか。「卑怯者」というのは、自分の既得権益を守ってもらいたいと最高権力者にしっぽをふり、仕事ほしさに政治的主張を右転回させ、ネトウヨからの喝采を浴びたいがためにヘイトを連発している安倍応援団のジャーナリストや評論家のほうだろう。そして、松本や武田はこの「卑怯者」の代表選手ではないか。

 しかし、残念ながら、この国のテレビは「卑怯者」が幅をきかす仕組みになっているらしい。おそらく、これから先、松本は何の反省もなく安倍首相と親交を深めながら、『ワイドナショー』で安倍タイコモチをどんどんエスカレートさせていくだろうし、武田鉄矢も今回の擁護発言が松本に評価されて『ワイドナショー』の出演回数を増やしていくだろう。

 まったくなんだかな〜、である。

| | トラックバック (0)

2017/12/03

平戸市長は朝日新聞購読止めた、私はガキ使大晦日見るの止める

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00010001-huffpost-soci

松本人志、日馬富士を擁護 「土俵以外で暴力ダメは無理がある」

12/3(日) 11:48配信    

    

ハフポスト日本版

現役引退する必要なかったと持論 ⇒ ネット上では「発想が昭和」と反発する声も

貴ノ岩への暴行事件を受けて現役引退した元横綱・日馬富士に関して、お笑い芸人の松本人志が「引退する必要なかった」と持論を展開した。大相撲の力士にとって「土俵以外で暴力ダメは無理がある」というのが理由だという。

【画像集】日本の相撲は驚くほど美しかった。貴重な19世紀の写真は伝える

12月3日にフジテレビ系で放送された「ワイドナショー」の一幕だ。(安藤健二 / ハフポスト日本版)

 
日馬富士の暴行事件、少しずつ詳細が判明

11月30日の日本相撲協会の中間報告によると、暴行事件の詳細は以下の通り。

10月末に鳥取市で開かれた食事会で、白鵬が話している最中にスマートフォンを操作していた貴ノ岩を日馬富士が注意。貴ノ岩は「彼女からのメールです」と苦笑いしたという。その態度に腹を立てた日馬富士が謝罪させようとして平手で顔面を殴った。

貴ノ岩がにらみ返した上、謝罪しようとしなかったため、さらに謝罪を要求しながら平手で多数回殴り、カラオケのリモコンで頭を数回殴った、とした。シャンパンのボトルを振り上げたが、手から滑り落ちたという。

 
松本人志の見解

松本人志はワイドナショーの冒頭で、日馬富士の問題について言いたいことが「大きく2つある」として、まず日馬富士は引退する必要はなかったという趣旨の発言をした。

「日馬富士に関しては、僕は引退する必要は、なかったと思いますね。なぜ、相撲協会が(引退届を)受理したのか。根底にあるのは正義感だったと思ってるんですね」

「もちろん酒の場で、物を使ってやりすぎたというのはありますね。でも、一般人ではないし。(相撲は)人を張り倒して投げ飛ばす世界じゃないですか。その世界で土俵以外で一切暴力ダメというのは、僕は正直、無理があると思うんですよ。だったら、稽古ってどうやってつけるんやろうと。稽古と体罰って、すごいグレーなところで、それで強くなる力士もいると思うんですね。だから、僕は日馬富士に関しては味方ですね」

その上で、横綱4人のうち3人がモンゴル人力士であることなどを念頭に、「日本人力士がもっと強くなればいい」と持論を述べた。

「これを言っちゃうと身も蓋もないんですけど、簡単な話、この話全部ひっくるめて、日本人力士がもっと強くなればいいんですよ。モンゴル人力士に押されちゃってるんですよ。相撲協会はがっつりモンゴル相撲に、ふんどしを掴まれてあたふたしているのが僕は見てて情けない。日本人力士がもっと強くなれば、モンゴル人同士が酒を飲んでようがどうでもよくなるんですよ」

 
ネット上では松本発言に反発も

ネット上では松本の意見に賛同する声もあるが、「学校でのいじめや暴行もなくならない」「発想が昭和」「格闘技界はプライベートでも暴力ありとか、やっぱりおかしい」などと非難する声が相次いでいる。

今回の松本発言、あなたはどう思いますか?

まず、私は体罰はどういう状況だろうがやってはいけないとまでは思っていないです。口で言っても分からないのなら身体で分からせなければいけない場合も時にはあるでしょう。(あの某ミュージシャンの体罰事件とか)

しかし、例えば集団的自衛権もあくまで「最後のカード」であって、アメリカやアメリカに過剰な追従している現政権の都合の良い様に濫用される事などあってはならない、なるべく使用しない様にするのも政治家先生達に求められる仕事であるのですが、体罰もまた然りです。

個人の一時的な感情とかでやってはいけないのですが、ましてやこの貴ノ岩の場合は「これで良く我慢していたなあ。」と思えるほどの傷だったんでしょ?確かに彼の態度も褒められたものではなかったかもしれないけど、ああまで痛めつけたのは常軌を逸しているし、松本氏も、「冤罪で共謀罪となっても・・・・・」云々発言とかもそうだけど、自分や、ガキ使とか自分のレギュラー番組にもたまに出演している家族が同じ目に遭ったら同じ事言えるんですか?いや、そういう反応以前にこれ日頃稽古とかで身体鍛えている貴ノ岩だったからまだ大怪我で済んだだけで、貴方だったら死んでたで?下手すれば。

貴乃花親方も自分達の思い通りに動かないし、優勝した白鵬には膿がどうだこうだとか、上っ面でも美辞麗句並べた演説(彼がそんな事言えた立場じゃないと言うか、実際ホントに協会に言わせられたと思う)で誤魔化させて、日馬富士にはさっさと引退させて早い所幕引きさせような相撲協会の隠蔽、事なかれ体質という病巣の根深さを改めて痛感させられた。

いい加減そういうのから少しでも卒業しようよだけど、最近の松本氏ってどうもこういう首を傾げるような発言が目立ちます。まあ松本氏と言い、和田アキ子氏と言い、この事件ってどうもバーニングも関係していて、バーニングも怒らせると怖いから忖度せざるを得ないのでしょうが・・・・・・・・・・・・

和田氏もゴッド姉ちゃんの異名は返上した方が良いねだけど、そういう意味では・・・・・・・・・左傾文化人達のプロパガンダに化してもいるし、便所の落書き以下の価値しかないんだからいい加減止めちまえな否定的な意見に変わりはないけど、今年のユーキャン流行語大賞(忖度)には比較的納得ですね。森友・加計両学園問題も、安倍総理の違法行為とか決定的な証拠を掴めていないのに野党がいつまでもダラダラ追及するのも、それよりもっと大事な課題いくつもあるんだからそっちの方を優先してくれ、政権側もやましい事がないのならさっさと下村氏とか佐川氏とか疑惑の人物達に証人喚問するなりしてホントの事を洗いざらいぶちまけさせろ、ましてや伊藤詩織氏の件(この件についてもホントは山口氏と夫婦ぐるみで付き合いあったのになんで安倍総理、また嘘つくのよで、山口氏も完全なシロなんて事は無いだろうけど、伊藤氏も十分胡散臭い。だって、彼女の支持者達があの面々だし、何よりあの目には真っ直ぐさとか全く感じられない)なんて・・・・・・・・ですが、こういう忖度疑惑が濃厚な事件でいつまでも騒いでいて、安倍総理の言う国難とやらは何処に行ってしまったのですかね?

北朝鮮の核開発問題も、北朝鮮を擁護するつもりなんか全く無いし、実際そうだけど、自国に米軍基地が沢山あるからもっと脅威に見える面もあるんじゃないの?憲法改正して、9条2項を削除して自衛隊を明記するのは別に反対しない。しかし、やるならやるで集団的自衛権の厳しい行使条件や責任の所在等も含めた、自衛隊の運用範囲とかアメリカの走狗にならない様な改正して、平和主義とかは絶対堅持、日米地位協定の見直しもセットでやって米軍基地を可能な範囲で縮小させないと絶対ダメです。憲法改正は、日本国民が今後も世界情勢にも即した上での平和と幸福を享受する為になされるのであって、政治家達の遺産づくりやネトウヨ達、右傾論者達の自虐史観ガーとかGHQによる洗脳ガーとかの私怨晴らし、戦前回帰の為になされる事は絶対にあってはならないと信じて疑わない。なのにトランプ一家にも今度は自分達が逆に忖度しまくっていて、しかし、野党だったらもっと良い対応出来るのかも甚だ疑問ですが、それはともかくとして、松本氏がこういう失望させる様な発言を続ける様では、今年以降のの大晦日はもうガキ使見ないですね。紅白のNHKもジャニーズや韓国(だからと言って、某葛飾区議の梅毒云々とか中国ヘイト発言にも全く共感出来ない。近隣諸国へのヘイトも却って日本人が自分で自国を貶めるだけで、全く得るものなど無い。まあ次の選挙ではこの人を落選させる事だ)にも忖度しているし、松重豊氏主演の孤独のグルメの方を今年は見ますね。

| | トラックバック (0)

2017/11/25

皇太子さまの即位の礼は2019年11月中旬ごろ?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00000073-san-soci

大嘗祭は31年11月 宮内庁、ご即位年の儀式「自然」

11/25(土) 7:55配信    

    

産経新聞

 皇太子さまが新天皇に即位されるのに伴う大嘗祭(だいじょうさい)について、宮内庁が平成31年11月に行う方針を決め、具体的な準備に着手することが24日、分かった。山本信一郎長官は同日の定例会見で、ご即位が政府案の一つである31年5月1日になった場合でも、同年11月に大嘗祭を行うことに支障はないとの考えを示した。

 安倍晋三首相は12月1日、陛下の譲位と皇太子さまの即位の日程について意見を聞く皇室会議を開催。陛下が31年3月31日に譲位し、皇太子さまが同4月1日に即位される案と、4月30日譲位、5月1日即位の案を提示する。首相は後者を推す意向を示している。

 いずれの案の場合でも、平成で「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」が行われた2月より遅い時期となるが、山本長官は24日の会見で、過去に「斎田点定の儀」が旧暦の4月、現在の5月に行われた例があることを理由に挙げ、5月即位の場合でも同じ年の11月に大嘗祭を行うことに「特段の問題はない」との見解を示した。

 別の宮内庁幹部は「田植え前であれば『点定の儀』は可能。今回のように服喪期間がない場合、ご即位年の11月に大嘗祭を行うことが自然で、伝統に反するものではない」としている。

 平成の大嘗祭は皇居・東御苑内で執り行われたが、宮内庁は今後、大嘗祭を行う場所や規模などの検討に入る。

 大嘗祭は天皇が即位後に初めて行う新嘗(にいなめ)祭。平成の場合、天皇陛下が昭和64年1月7日に即位されたが、大嘗祭は1年間の服喪期間を経た上で平成2年11月に行われた。

 大嘗祭を行うには新穀を育てる特別の水田(斎田)2カ所を準備し、儀式を行う大嘗宮(だいじょうきゅう)を造営する必要がある。平成では2年2月、亀の甲羅を用いた占いで斎田を決める「斎田点定の儀」が、皇居で行われている。

一時皇太子さまの即位が有力視されている平成31年(2019年)5月1日に即位の礼もやるののではと一部言われていましたが・・・・・・・・・

即位の礼が実施された日はその年限りの休日になる。元々メーデーである同日が休日となっている国(韓国の場合は政府機関や学校等は通常日だが、一般企業は有給消化を義務付けられている。余談だけど、5月1日が月曜日で3日が釈迦誕生日、5日金曜日が日本と同じこどもの日、次週の9日火曜日が大統領選挙でこの日も休日だったので飛び石大型連休の様相だった)は少なくないけど、近年祝日と祝日の間の日もかっての5月4日(1988~2006年、85年は土曜日、86年は日曜日で、87年は憲法記念日の振替休日で、後楽園での巨人戦も2~4日の対ヤクルト3連戦が組まれていた)以外にも休日となる様になったから4月30日と5月2日も休日になって、4月27日~5月6日まで10連休になるのではと期待していた人もいた様です。

逆にSEの人なんか返上になってしまう可能性大ですが、第一そんな大型連休になっちゃサービス業の人達大変だし、どこに行っても混むし、あまり大きなメリットはないでしょう。
皇太子さまの即位、いくら統一地方選が控えている(4月の第二日曜日予定だから、2019年4月14日か)とは言え、年度の始まりになる4月1日じゃダメなの?ですが、今の天皇陛下も11月12日(第二月曜日で、所謂ハッピーマンデーとなった。もっとも、この当時まだ公務員は完全週休二日ではなかったが)が即位の礼、大嘗祭が11月22・23日にやったらしく、不謹慎ながらも天皇陛下(と皇后陛下)に何かあった時はまた変わる可能性はありますが、まあ皇太子さまの即位の礼も同じく11月の第二月曜日、11月11日あたりになるんじゃないですか?11月5日だったら前日の4日月曜日が文化の日の振替休日(予定されている眞子さま×小室圭氏の結婚日から丁度1年経つ日でもある)だから4連休になりますが、どっちが良いですかね?まあそういうのも来月1日の皇室会議で決まるのだろうし、いずれにせよ、個人的にそれなり以上に敬意を持てる天皇はこの今の天皇陛下で最後になる可能性が高そうですが・・・・・・・・・・女性宮家反対である事には変わりは無いですが、皇室も少子高齢化という大きな壁に直面しているのもまた事実だし、なのに山東昭子氏は「子供を4人産んだ人には表彰」って、派閥のボスまでやった人だったのにその程度の見識しかなかったのかと言うか、やっぱこの国の女性政治家は他の国のそれに輪をかけて出来が悪い(特にネトウヨが大嫌いであろう朴槿恵氏の韓国とスーチー氏のミャンマーの事も笑えない)と改めて 認識せざるを得なかったし・・・・・・・・・

他にも竹下総務会長は、招く立場じゃないのにその国で認められている同性カップルの晩餐会参加を拒否(自分も同姓婚まで認めるのはどちらかと言えば反対だけど、ホントに同姓しか愛せないのならもうしょうがないと思うし、理解できないのも分かるけど、口に出して言うべきではなかった)したり、山本前地方創生相は黒人差別発言したり、神谷氏も現金供与が発覚してしまったけど、あの都議選での大敗からもまだ半年もたってないのだけど、自民ってホント過去の失敗すぐ忘れて奢って慢心する悪癖治らねーよなーですね。

これだって、あくまで日本国民の、世界情勢にも即したこれからの平和と幸福の為にやるのであって、安倍首相をはじめとする特定の政治家達やその他右寄りの人達が、所謂押し付け憲法論を含むGHQによる「洗脳」という黒歴史への私怨を晴らし、歴史に名を残す名誉欲の為にされる様な事は断じてあってはならない(古今東西占領者が被占領地及び被占領者を自分達の都合の良い様に改造するなんて当然の権利であり、それは道義的な善悪とはまた別です。後からならいくらでも言えるし、日本もそういう選択に追い込まれた面もあったけど、だからこそ、たとえ「欧米諸国による植民地支配からの解放」という大義名分がホントにあったとしても、勝てる可能性の低い相手に喧嘩挑む無謀な事など猶更してはいけなかったのである。逃げ回ってばかりだったとか右寄りの人達は彼らも過小評価したがるようだけど、そういう意味では占領地が広がった所を見て、正面切った戦いを避けながら日本軍を国民党軍と落としどころが見えない消耗戦をさせながらその統治を骨抜きにし、勢力を拡大させて天下を取った毛沢東はやはり革命家、戦術・戦略家としては卓越していた)けど、憲法改正とか一面しか見ないで「自民がリベラルで共産、社民等の護憲左翼が保守」(実際、かっては石橋湛山氏とか三木武夫氏とかリベラルも珍しくはなかったと言うか、自民って本来そういう包括政党の面もあった筈である。リクルート事件や金丸氏の北朝鮮との土下座外交、河野談話、経世会・宏池会の分裂、加藤の乱等とハト派が絶滅危惧種になりつつあるのも彼ら自身が招いた事態であるとも言えるけど、小泉政権以降の自民はかっての自民ではない。だから私も自民に票を入れた事など片指で数えられる程度の回数しかない)かドヤ顔で言っている人達の弁もまあこれでは空しく響くというものでしょう。

話はややそれながらも、天皇陛下の生前退位も、方向性には疑問符を付けざるを得ないそんな憲法改正に掣肘を加えた意図があったと指摘する意見もあります。多感な少年期を敗戦、そして焼け野原からの復興の中、天皇も神から人間となった価値観の変化を目の当たりにして過ごしてきたのだから当然なのだろうし、先日感想述べた「安倍晋三 沈黙の仮面」でも実際そんな姿が描かれていたけど、BBの談話室とか一部皇室ブロガーが叩いているのもこの人達から見ればまた然りなのでしょう。今までの天皇はその時代その時代の象徴となっていて、何も戦後から始まった事では無いけど、さあ皇太子さまはどういう日本の象徴になられるのだろうか?もっともっと不安なのは実際地元・茨城に来た時にこの目で見た事あるけど、皇太子妃が即位に伴うこうした様々な儀式とかこなせるのか?皇后の責務を果たせるのか?です。さらに右旋回を進め、ビジョンを描き間違い、社会不安が増大してもっと希望が感じられない混沌の時代の象徴とかになってしまっては何より国民が不幸ですが、今の皇室を見ていると、正直今後の存在自体その意義に疑問を感じる様にもなってしまっているけど、ホントにそうなってしまいそうな強い不安を隠させずにはいられないのです。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧