ロックマン

2017/10/15

MVC INFも発売したばかりのロックマンももうすぐ30歳になるが

http://www.4gamer.net/games/383/G038313/20170922112/

「ロックマン」が12月17日で30周年。記念に登場するグッズ情報が公開

 

 

 

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

世界中のファンから、愛され続けて
2017年12月17日、「ロックマン」は30周年を迎えます。
 1987年12月17日に1作目が発売された「ロックマン」。以降多くの方々に支えられ、様々な作品が生み出されてきました。そして今年の12月17日は、いよいよ30周年を迎えます。これを記念して本報では30周年のデザインロゴを公開。30周年として大きな節目を迎える今後の続報にぜひご期待ください。

 来たるべきシリーズ30周年を記念して、ファンの皆さんはもちろん関係各社様、企業様からもお祝いのコメントを募集中!お送りいただいたメッセージは、公式サイトや「ロックマン ユニティ」で紹介させていただく予定です。もしかしたら30周年の新たな企画に繋がるかも?どしどしお寄せください!

お祝いコメントはこちら!
http://www.capcom.co.jp/game/content/rockman/30th/716/

ロックマン30周年記念
ねんどろいど ロールちゃん 2018年発売予定!


 株式会社グッドスマイルカンパニーの大人気シリーズ「ねんどろいど」。これまで、「ロックマン」や「ロックマン エグゼ、エックス フルアーマー」などシリーズの様々なねんどろいどが発売され、好評を得てきました。そして、6番目となるのは、なんと30周年記念デザインの「ロールちゃん」が登場!本報ではイメージデザインを公開。詳細につきましては今後発表していきますので、ご期待ください!
ロックマン30周年記念ジャケットが12月15日発売!
ロックマン ユニティで製作段階の記事も掲載予定!
■種類数:1種
■素材:綿100%(本体)、ポリエステル(ワッペン)
■サイズ:S・M・L・XL

※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

商品名
ロックマン30周年記念ジャケット M-65(M-ROCK-GO)モデル
発売日
2017年12月15日(金)発売予定
希望小売価格
25,000円+税
発売元
株式会社カプコン
取扱先
カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店、各種通販サイトほか(一部取り扱いのない店舗有)
ロックマン公式サイト
http://www.capcom.co.jp/rockman/

ついに着ぐるみになって登場!
ロックマンになりきって30周年をお祝いしよう!


 初代ロックマンのシルエットにこだわってボディは可能なかぎりタイトに、手足は先端にいくほど大きくなるバランスを再現しました。更にバスターも完全再現!バスターの内側に持ち手がついているので男性はもちろん、女性でもしっかり装着することが可能。一目でロックマンとわかる鮮やかなブルーは目立つこと間違いなし!
【仕様】
●素材
フリース/ポリエステル100%
●サイズ
身丈(NP~)155cm(リブ巾5cm含む)
身幅60cm
裄丈86cm
袖丈61cm(リブ巾5cm含む)
前開き73.5cm

◆商品名
ロックマン着ぐるみ
◆発売日
2017年10月6日予定
◆予価
5,500円+税
◆発売元
株式会社サザック http://www.k-sazac.co.jp/products/cate1.php
◆取扱先
ドン・キホーテ ネット通販各店
◆問い合わせ先
株式会社サザック
TEL:06-6260-7370(平日10時~17時・祝祭日除く)

「ロックマン」コラボ腕時計&バックパック 発売決定!

『ロックマン30周年』を記念した、腕時計&バックパックが登場!
 腕時計はロックマンをイメージしたモチーフを様々な箇所に詰め込んだ豪華な仕様のクロノグラフ腕時計。文字盤には走っているロックマンやゲーム中で使用されているフォントを使用し、バックルには1UPアイコンをあしらうなど細部にもこだわったアイテムです! ロックマンのロゴが箔押しされた特製BOX付きでギフトとしても喜ばれること間違いなしです!
 バックパックは、「ANONYM CRAFTSMAN DESIGN」とのコラボレーションモデル。
 正面にあしらわれたブランドのロゴとロックマンの刺繍は、ブランドロゴもロックマンカラーに合わせたブルーベースのドット絵風に仕上げることでコラボレーションを表現しました。「E缶」を再現した織ネームや、ロックマンらしいブルーカラーの引手にも注目です!どちらのアイテムもファン必見です!
【仕様】
腕時計:ケース・バンド・裏蓋・リュウズ/ステンレススチール 文字盤・針/真鍮 風防/ミネラルガラス 機械/TMI VD53 サイズ:W42mm×H50mm×バンド最長19.5cm(最小15.5cm)
バックパック:外装、内装/ナイロン 外装下部切り替え、ファスナー引き手/スウェードレザー サイズ:W32cm×H42cm× D14cmmm

◆商品名
(1)ロックマン モデル 腕時計
(2)ロックマン モデル バックパック

◆予約期間
(1)(2)とも2017年9月21日(木)~ 10月9日(月・祝)
◆お届け予定
(1)腕時計/2018年2月下旬
(2)バックパック/2017年11月下旬
◆希望小売価格
(1)腕時計/23,000円(税別)
(2)バックパック/15,000円(税別)
◆発売元
SuperGroupies (スーパーグルーピーズ)
◆取扱先
SuperGroupies http://www.super-groupies.com/
◆特集ページURL
http://www.super-groupies.com/feature/detail.php?id=451
◆著作権表記
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
◆問い合わせ先
SuperGroupies お客様相談室 Tel:03-6434-5525(土日祝を除く平日 10:00~18:00)
お問い合わせフォーム:https://www.super-groupies.com/inquiry/

「ロックマン」シリーズの生誕30周年を記念して発売する
特大ぬいぐるみが登場!


サイズは、ほぼ等身大の132cm。存在感が抜群!30周年のこの機会にしか手に入らない、100体限定生産となっております。
≪特別仕様≫
・足裏には30周年ロゴ入り
・シリアルナンバー入り、オリジナル織ネーム付
※シリアルナンバーはお選びいただけません。

【予約スケジュール】
9/21(木)~(無くなり次第、受付終了)
お届け日:12月下旬頃予定

※仕様および外観は製作中の為、変更の可能性がございます。

◆商品名
ロックマン 特大 30周年アニバーサリーぬいぐるみ
◆発売日
予約開始:9月21日(木)
お届け日:2017年12月下旬予定
◆価格
30,000円+税
◆発売元
三英貿易株式会社
◆取扱先
イーカプコン、Amazon
◆著作権表記
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
◆問い合わせ先
三英貿易株式会社 TEL:03-3556-7789(代)(平日10時~17時・祝祭日除く)

『ロックマン』シリーズ30周年を記念して、
ロックマンとE缶のデザインのかわいいキャンディが登場!


 ロックマンの顔をおなじみのE缶をモチーフにした組み飴が登場!「組み飴」とは、切っても切っても同じ絵柄が出てくるお馴染みの飴菓子。
 「ロックマン」はレモン風味。「E缶」はサイダー風味。どこか懐かしい味がしますのでロックマンをプレイした、あの頃を思い出しながら、お召し上がりください。
※飴職人による手作りの為、引き延ばし時に生じるねじれや歪みにより、一つ一つの絵柄に差が生じます。予めご了承ください。

【内容量】10粒
【サイズ】Φ約23mm(飴一つ)
【味】レモン風味(ロックマン) サイダー風味(E缶)

※画像はイメージです。実際のデザインは異なる場合がございます。

◆商品名
ロックマンキャンディ/E缶キャンディ
◆発売日
2017年秋発売予定
※東京ゲームショウ2017 カプコン物販ブースにて先行販売
◆価格
各324円+税
◆発売元
株式会社大藤
◆取扱先
全国のキャラクターショップ、ホビーショップ、土産菓子店など
◆問い合わせ先
株式会社大藤 お客様相談室
TEL:0120-39-1246(平日9時~17時・土日祝除く)
まあ今さらな感もあるけど、まず触れなければならないのは来年発売予定らしいロールのねんどろいどについてでしょうな。

なんか微妙に違うなあと思いきや、このロールは8バージョンは8バージョンでも半袖姿な様だ。そう言えば、西尾維新氏の作品にもそういう名前のキャラもいたけど、このねんどろいどを企画した人は実際8やフォルテ等もプレイした事もある、彼女のファンなのだろうか?この様な微かなこだわり(?)も見せているあたり。いや、確かにこの8衣装のセンス自体は悪くないし、発売そのものを否定するわけではない。買いたい人は幾らでも買えば良いでしょう。しかし、このシリーズはそういう30周年とか節目の記念事業も商業面以外にもそれ自体が目的となっているきらいがある様だけど、遅くとも40周年または50周年を迎えるまでには、忍者とか猫とかロックマンロックマンでのダウンロードコスチューム姿も全てねんどろいどシリーズ化されるのだろうか?このロックマンロックマンも、小林由美子氏は好きな声優さんの一人だし、ホントに稲船敬二氏の構想(「俺の中では『2』、『3』と続いていくはずだった。」とか明言していたけど、最高傑作とされる「2」に対する異常な特別視が史実よりもっと酷くなっていた可能性も否定はできない)通りシリーズ化できる様正しいエネルギーを注いでほしかったものだけど・・・・・・

Inrr

まあ彼女については今回はこれ以上は深入りしませんが、その他グッズですね。30周年記念ジャケットや腕時計、バックバックは普通にデザインのセンス良くて、特にシリーズのファンではなくても買ってみたいなあと思わせる魅力はあると思います。しかし、どれも15000~25000円する様で、高いですね。逆に着ぐるみはダボダボしていると言うか、普通に微妙で、思ったよりは安い印象を受けましたが、特大ぬいぐるみはもっと高いですね。ぬいぐるみもロックマンじゃなくてロールにした方がもっと売れそうな気もしないでもないですが・・・・・・・・・・・・

https://tmg-games.net/post-10017/

さすがにロックマン&E缶キャンディは相応の値段で、これだったら容易に入手できるなあですが、そう言えばまた、マーベルVSカプコンインフィニット(以降MVC INFと表記)も先月発売されたばかりですね。今回はX勢を推している様で、まあゼロは既にタツカプやエスカプカオス(後者はロックマンゼロバージョンで、声優も同じ人)、MVC3にも出ているし、あまり新鮮味とかは無いけど、シグマがボス格として参戦し、ライト博士もサブキャラとして登場しているらしい。

ここ数年新規の格ゲーは殆どプレイしていないし、そもそもまたPS4持ってないから(今更だけど、NEWスーパーマリオUとスーパーマリオ3Dワールドプレイしたいから、PS4よりはwii Uのゲームパッドが欲しい)このゲームをプレイする事は無いだろうけど、初週販売本数が8000本弱で、アマゾンでの評価も芳しくないらしい。まあカプコンは未完成のまま一度発売しても、焼き直しすれば良いんだろ、そうすればファンなんかすぐ忘れるな意識で最近ずっとやっているのだろうからそういうのもある程度は想定内なのだろうけど・・・・・・・・・つい先日、ストⅤについて「ストⅢ(繰り返し言う通り春麗復活は禁じ手であり、彼女を復活させた時点でどんなに対戦ツールとしての完成度が高くとももうⅢシリーズは存在意義を失ったと言って良い)の不発も反省材料として世界中からネット対戦等を利用して新たな格ゲープレイヤーを作る。」という様な記事も目にしたけど、そうした綾野氏とか彼らなりにあるのであろう意気込みもこれでは空しく響くというものでしょう。でも、SNKだって、リョウ・サカザキなんか出身シリーズはもう20年以上前から打ち切り状態なのに出演作品なんかテリーや京をもしのぐほど(近年はいくらかは抑えられながらも極限流がお笑いキャラ化してしまった悪弊も無視できないけど)ですが、ロックマンシリーズの登場キャラクター達もこれからは外部出演でも、史上最高傑作とされているロックマン2とか過去の栄光にいつまでも縋らず、今までとは違った輝きを見せていくしかないです。また30周年を迎えた時に触れる事になるだろうけど、そういう意味ではこのMVC INFにかかっている様である暗雲も即ちロックマンシリーズの将来への大きな不安要素の一つにもなりかねないでしょう。

| | トラックバック (0)

2017/07/15

ロックマン版マリオメーカー「MEGA MAKER」登場と改めて浮き彫りになった「限界」の根深さ

http://gigazine.net/news/20170710-mega-maker/
2017年07月10日 12時30分00秒

マリオメーカーならぬ「ロックマンメーカー(Mega Maker)」をファンが作成

 


「スーパーマリオメーカー 」のようにロックマン(海外タイトルはMegaman)のステージを作って遊べるファン制作のゲーム「Mega Maker」の登場が予告されました。ロックマン1~6に登場するロックマンの特殊武器24種類、地面オブジェクト129種類、背景40種類、46種類の敵キャラクター、12種類のボス、BGM63種類などを自由に組み合わせて世界にひとつだけのロックマンのステージを作ることができ、インターネットを通じて世界中のユーザーが作ったステージを遊ぶことも可能です。

Mega Maker
https://mega-maker.com/

Mega Makerがどんなゲームなのかは、以下の予告編ムービーを見るとよくわかります。

Mega Maker - Create your own Mega Man levels! - Official trailer - YouTube

Mega Makerはファミコンソフト「初代ロックマン」から「ロックマン6 史上最大の戦い!!」までに登場するオブジェクトを使って、自由自在にロックマンのステージを創造できるゲーム。それぞれのオブジェクトの選択画面は、オリジナルのロックマンシリーズのメニュー画面を模したデザインになっています。以下では敵キャラクターを選択しています。


ステージ上で好きな位置に敵キャラクターを配置することが可能。以下のように赤いラインで敵キャラクターの動く範囲を決定。


すると敵キャラクターが赤いラインがあった範囲内で動くようになりました。

 


各オブジェクトはシリーズごとにまとめられています。

 


地面セット129種類、背景40種類、46種類の敵キャラクター、12種類のボス


ロックマンシリーズのBGM63種類


歴代のボスからゲットできる特殊武器は24種類から選択可能。


オリジナルのロックマンでは存在しない組み合わせのステージを作成することができます。


特殊能力を発動しないと絶対クリアできないルートを作ることも可能。


ロックマンのHPをめちゃくちゃ少なくしておいて、ボス戦では弱点の特殊武器ではなく、HP吸収能力を使わないと即死するように設定してもOK。


空中でスライディング可能なチャージキックを使わないと通り越せない場所に敵キャラクターを配置


大量の敵キャラクターを配置された場所は、バリアで弾丸を反射しないと先に進めない仕組み。


タップスピンでホバリングしないと落下して死んでしまう通路など、アイデア次第であらゆる難易度のステージを作り出すことができるわけです。


スタート画面はこんな感じ。


インターネットシェア機能もあり、公開されているステージを表示したり、お目当てのユーザーを検索したりすることが可能。


スーパーマリオメーカーと同様に評価システムもあり、高評価のステージをソートしてプレイすることもできるようです。


なお、「Mega Maker」は日本時間で2017年7月15日(土)の19時59分にダウンロードリンクが公開されます。開発チームのWreckingProgramsは、2016年9月からそれぞれが空き時間を利用してこのゲームを開発したとのこと。今後はロックマン7以降の要素もアップデートする予定で、ゲームのダウンロードやプレイは無料です。ステージのシェア機能を維持するにはサーバー料金が必要になるため、Patreonで寄付を募っていますが、集まった寄付はサーバーの手数料のみに使われる予定で、開発陣が利益を得る予定は一切ないそうです。

マリオメーカーはyou tubeでプレイ動画を何度か見た程度ですが、「絶対マリオに対抗(?)して作るファンとか出てくるだろうなあ。」と思ったら、案の定・・・・・・・でしたね。

出典シリーズは1~6までらしいけど、特にBGMも特定のシリーズに偏重せず、全シリーズ全ステージでで使用されたものを自由に選べる、特殊武器を使用しないとクリアできないステージを作れる、さらに出典シリーズにはないオリジナルの特殊武器も使えるとかは良いんじゃないですか。この引用記事内ページでのPV動画も見たけど、やってみたいなあと思えるものはあります。FCシリーズ非直撃世代の人達への発信力も確かにあるかもしれない。

しかし、基本出典シリーズを6までにしたのは、それ以降のシリーズは発売まであと1か月切ったロックマンクラシックスコレクション2に収録されるからというのもあるから?今後アップデートされる予定との事らしいですが、まあ当然(?)7・8も他のシリーズ同様FCグラフィックなのでしょうね。いや、実際7・8もFCグラフィック風に改造したゲームをプレイする動画(中にはプレイヤーをロックマンからロールにしたものも)も見かけて、どう楽しむかは勿論勝手であります。制作自体は決して否定せず、また反感買うのは承知の上で言いますが、同時にまた、魅力を良く理解し、昇華もさせながらも過ぎ去った幻想にオサラバしきれない(一部)ロックマンファンの限界も改めて痛感させられた様なニュースだとも言えます。自分にとっては。

http://jin115.com/archives/52136272.html

ロックマン9やロックマン10だって、どんなに出来が良くても所詮はあくまで史上最高傑作とされている2の亜流に過ぎず、一時的な中興に過ぎない、10年どころか5年も持たないと9の配信直後から私は言っていて、実際その通りになったじゃないかですが、スマブラに参戦しても浮いていた感は否めず、そもそも稲船氏はキャラデザ担当でゲームルール作りには関与しておらず、ロックマンの産みの親よりも育ての親らしいですが、昨年登場したmighty no.9こそいい加減過去のシリーズに敬意は払いながらも、それが副作用として生み出してしまった幻想からオサラバする、ロックマンロックマン以来10年ぶりのチャンスとして生かさなければいけなかった。

マリオもマリオで、NEWスーパーマリオシリーズはプレイしていて普通に面白いながらもマンネリ化も否めず、Uは不遇な印象も強い、永遠の2番手ルイージが主役の有料コンテンツも用意されていたけど、ハードのwii U自体短命に終わってしまった。今秋発売予定のオデッセイは間違いなくワールドもそうだった様に新ハード(ニンテンドースイッチ)成功の大きな鍵を握るのでしょうが、しかし、現実はアマゾンでも低評価レビューが多く、一般にクソゲー認識されてしまっている様である。特にこのスレ348番レスの「懐古の敗北」は本質を鋭く突いていますが、何度も言う様にこの「Mega Maker」の制作やプレイ自体は決して否定しません。シリーズに対する深い愛情や強いこだわりとか伝わるし、懐古布教活動とかはしない範囲で各々満足するまで楽しめばいいでしょう。と言うかまた、本来ならカプコンが任天堂に先んじてこういうゲームも作らなければならなかったのですが、まず彼ら自身がその348番レスの「敗北」を自覚し、その「敗北」からの新スタートはどうすべきか?30周年を迎えるからこそ一時限りではなく、もっと先の未来も見据えながら新スタートラインにいい加減立たなければこのシリーズに明るい未来はやってこないと断言します。

| | トラックバック (0)

2017/06/27

ロックマン4に登場していた「幻の中ボス」が26年ぶりに公開される

http://news.nicovideo.jp/watch/nw2848621

『ロックマン4』幻の中ボス映像が発掘!―91年の東京おもちゃショーより

2017/6/27(火)7:39

 Game*Spark         

               

『ロックマン4』幻の中ボス映像が発掘!―91年の東京おもちゃショーより

Game*Spark

【大きい画像を見る】『ロックマン4』幻の中ボス映像が発掘!―91年の東京おもちゃショーより

1991年に発売されたファミコン用アクションゲーム『ロックマン4 新たなる野望!!』において、製品版では削除されてしまった中ボスの映像が発掘されました。開発途中版に存在していたことは以前にも確認されていましたが、動いている映像は初とのこと。


上記の映像は海外ゲーム誌Electronic Gaming Monthlyのスタッフがが1991年に開催された“東京おもちゃショー”を訪れた際に撮影したもので、開発途中版『ロックマン4』での幻の中ボスとの戦闘シーンは4:13から始まります。この中ボスは画面を大きく覆うスフィンクス型のロボットとなっており、口からは巨大な球を吐き出し、頭部の蛇からは通常弾を発射します。没になった理由は不明ですが、映像からも伝わるように攻略が難しかったのではないかと予想されています。ちなみに製品版に残されていた未使用スプライトでは球などのサイズを縮小して調整した形跡があるのだとか。

当時はスクリーンショットの撮影も一苦労
『ロックマン』シリーズの熱心なファンはこれまで目にすることができなかった開発途中版『ロックマン4』の映像に興奮しているのではないでしょうか。なお、その他にも貴重なシーンが多数収められているので要チェックです。

奇しくも(?)クラシックスコレクション2の発売発表直後に明らかにされたニュースですが、スフィンクスからしてファラオマンステージの中ボスですか。自分も全然知らなかったですが、リングマンステージなんかカバトンキューとワッパー、確か合わせて4度もステージ上に登場したし、その他8ボスで中ボスがいたステージってトードマンとダイブマン各ステージぐらいだったからファラオマンステージにも中ボスいて良かったですよね。

未使用スプライトがあったほどだから容量不足で没になったわけではないのだろうと言うか、ロックマンシリーズって「2」だけじゃなくて「7」も開発期間僅か3ヶ月だった(ソースはカプコン公式HP内カプコン伝説より)らしく、元々短期での開発を宿命づけられていたシリーズだったからその関係だったのでしょう。コサック博士からすればカリンカを人質に取られていて、無理やりワイリーに協力させられていたからとか言い訳できたのだろう(実際また、トードマン初心者でも楽に倒せるほど弱いし、ダストマンステージもGBのワールド3よりもステージ全然簡単で、ワールド3の方を先にプレイしたから拍子抜けさせられた程だったけど)けど、もしロックマンロックマンがシリーズ化されて、4もリメイクされていたらこの中ボスも日の目を見ていたのだろうか?まあいずれにせよ、この中ボスが没にならなかったとしても、シリーズの方向性とかさほどの影響とかは無かったでしょうし、クロスオーバーも、カプコン伝説では大ヒットと宣伝されていて、まあこのコーナー自体どうも過去の成功を自画自賛している面もある様なですが、実際は下のHPみたいにクソゲーとか酷評する声も珍しくないようですしね・・・・・・・・・・iPhoneなんて持っておらず、やっとこれからスマホにガラケーから切り替える予定である私には関係のない話ですが、下のコメント、特に「カプコンにしてもナムコにしても、先代の偉業によくもまぁ泥を塗ってくれる…ゲームメーカーがゲームを大切にしてないよね。」には強く同意であります。

http://iphoneac-blog.com/archives/7608068.html

| | トラックバック (0)

2017/06/07

ロックマン30周年記念事業の次なる目玉はファンコレクション2

https://mantan-web.jp/2017/06/07/20170607dog00m200033000c.html

ロックマン:旧作を集めた「クラシックス コレクション」第2弾8月発売

2017年06月07日

      

ゲーム                   

 

 カプコンは6日、往年の人気アクションゲーム「ロックマン」シリーズを集めた「ロックマン クラシックス コレクション2」をPS4、XboxOne、PC向けソフトとして8月10日に発売すると発表した。

 ロックマンは高い難易度で知られるアクションゲームの人気シリーズ。「ロックマンX」「ロックマンDASH」「ロックマンエグゼ」などの派生作も人気を集めた。同ソフトは、昨年発売された「ロックマン クラシックス コレクション」の後編にあたり、「ロックマン7」から「ロックマン10」までシリーズの後期4作品を収録。前作と合わせると、全10作のコレクションが完成する。

 前作で好評だった「チャレンジモード」を搭載。リミックスされた70以上のステージがあり、本編をクリアした人でも楽しめる。また、キャラクターのイラストやパッケージを閲覧できる「ミュージアムモード」もある。

 PS4版はパッケージ版とダウンロード版で販売。XboxOne版はダウンロード版、PC版はSTEAMフォーマットで販売される。価格はPS4のパッケージ版が2990円、ダウンロード版が2769円。XboxOne版が2780円、PC版は2769円(いずれも税抜き)。

まあPS4もXBOX ONEも持ってない私には関係のない話ですが、フォルテは収録対象外ですか。9のエンディングでのワイリー土下座集にはちゃんと入っていた記憶がありますが。7や8もFC風グラフィックにした改造版のプレイ動画も以前目にした事があって、そう言えば、ハイパースト2でもキャミィとかCPSシステムⅡを採用したスパ2からの登場キャラのステージBGMはそれ以前のCPSシステムⅠ風にアレンジしたのも聴けたけど・・・・・・・敵からのダメージを半減できるモードも設けているのも初心者への配慮とか感じられて、その点では好印象ですが、今回のこのクラシックコレクション2でも7や8もホントにFC風のグラフィックやBGMに設定変更する事も出来るのですかね?スマブラでもアレだったし、それぐらい難しい事ではないでしょうが・・・・・・・・・・次はワールドシリーズ全5作を収録するクラシックコレクション3が発売される?ワールドシリーズも、10で中途半端に意識するぐらいならDSが現役だった時にワールド6とかでも出せばよかったのにですが・・・・・・・・・あと、「星に願いを」と「未来が危ない」の日本上陸シリーズも現在は絶版になっているらしいけど、これも復刻とかできないのですかね?海外アニメ版の放送決定記念という意味でも・・・・・・・またあのファンブック(えんもち屋とか仲が良いのは結構な事だが、わざわざ金払って買う価値は無い)とか勘弁してくれよでもあるけど、折角スマブラでもマリオら任天堂キャラと共演果たしたし、ここらでそろそろ過去のシリーズにも敬意を払いつつ、スーパーマリオオデッセイ(今更ながらスーパーマリオ3Dもアマゾンで中古品を注文したけど)にも対抗して、今までの懐古主義とか変な固定観念なんかも綺麗さっぱり取っ払う様な新作が見たい所ですね。本来カプコンが作るべきだった、新世代型のmighty no.9もどうやら微妙な出来だったらしいし。

| | トラックバック (0)

2017/04/26

30周年記念事業の新たな目玉は失敗反らしの一面も?

https://www.famitsu.com/news/201704/25131817.html

コミック版『ロックマンX』の名シーン「懐かしい未来へ…」がフィギュア化! 徹底的にこだわりぬいたクオリティで再現

コミック版『ロックマンX』の名シーン「懐かしい未来へ…」をモデルとしたフィギュア“ロックマンX-コミック版- エックス&ゼロ「懐かしい未来へ…」”が発売決定。本日2017年4月25日より予約受付を開始した。価格は17500円[税抜]。

●傷、質感までこだわった逸品

 コミック版『ロックマンX』の名シーン「懐かしい未来へ…」をモデルとしたフィギュア“ロックマンX-コミック版- エックス&ゼロ「懐かしい未来へ…」”が発売決定。本日2017年4月25日より予約受付を開始した。価格は17500円[税抜]。

 以下、リリースより。



コミック版『ロックマンX』フィギュアが登場! 岩本先生徹底監修!本日予約解禁!

                     

 独自の解釈と熱い内容が話題を呼んだ、伝説のコミック版『ロックマンX』。その屈指の名シーン「懐かしい未来へ…」が、ついにフィギュアで登場!
 AMAKUNI製作の本フィギュアは、エックス、ゼロともに岩本佳浩先生監修の元、徹底的にこだわりぬいたクオリティで再現!伝説の「ロックマン」と自負する方から、一匹の鬼(イレギュラー)と自負する方まで、全ての「ロックマンX」ファンにオススメしたい商品になっております!

【仕様】
・素材:PVC,ABS
・サイズ:1/7、全高約15cm

▼特典としてもれなく、本エピソードをイメージした岩本先生描きおろしのイラストを使用したクリアファイルが付属!名台詞に溢れたクリアファイルを、ぜひあなたのコレクションの歴史の「シミ」として加えてください!


                     

◆商品名: ロックマンX-コミック版- エックス&ゼロ「懐かしい未来へ…」
◆発売日: 2017年10月~11月発送予定
◆受注期間: 2017年4月25日~6月12日まで
◆予価:17,500円+税
◆発売元:株式会社ホビージャパン
◆取扱先:月刊ホビージャパン2017年6月号&7月号 誌上通販アイテム、ホビージャパンオンラインショップ、ポストホビー厚木店、60階通り店で予約可能。
◆問い合わせ先:株式会社ホビージャパン カスタマーサポート
TEL:03-5304-9114(平日10時~12時、13時~17時 土日・祝祭日除く)




(C) Yoshihiro Iwamoto
(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
今度はこれですか。正直個人的にゼロはあまり好きではないけど、懐かしい未来へは名シーンなのは確かであり、その勇気も与えてくれる友情と絆の強さを噛み締められるのならば、17500円(税抜き)など安いものでしょう。しかし・・・・・・・・・

http://blog.esuteru.com/archives/20011586.html

岩本先生も自ら監修されたらしく、こんな事言う私はつくづくひねくれているのでしょうが、また反感買うのは承知の上で話します。随時話題を提供してくれるこの一連の「ロックマン30周年記念事業」、20周年記念事業の一環だった筈のゼクス、特にアドベントがいくらゲームとして微妙な出来だったとは言え、声優も小林沙苗氏(ジョジョダイヤモンドでは別に彼女じゃなくても良い様な役でしたが・・・・・・・)等を起用しておきながら無視され過ぎ(?)なのも違和感あって、このシリーズもそうですが、微妙な出来だったIRREGULARS REPORTも一体何だったんだろうなあですね。このフィギュアを見て余計そう思います。

実際アマゾンでも総合評価は良くはなく、それも頷けるし、一方でマグカプINFINITEではXとシグマ(後者は、声優はまた麦人氏が演じてほしい)が参戦予定との事らしいですが、才能不相応な打ち切りも多い岩本氏の経歴にも傷がついた失敗(と少なくとも私からはそう見える。轟氏では普通に力量不足だった)からも目をそらさせようと必死にも見える・・・・・・と言うのはあまりに捻くれた見方というものですか。しかし、どうもタイミング悪くも感じられるアナウンスですね。しかし、特に本家シリーズ、スマブラでも相変わらずでしたが、いつまでも2とかシリーズ初期の演出に拘っても現実問題1988年以前に戻れるわけでも無いし、その初期シリーズをリアルタイムでプレイした事がある人達もいつかは必ず死ぬ。(私が初めてプレイしたシリーズはワールド3で、4でのダストマンステージの低難易度ぶりには初めてプレイした時には拍子抜けさせられたのも以前語りましたが)だからこそ、二軍でも7失点炎上と伸びしろが感じられないハンカチ(今年の成績は3勝か4勝、防御率は3.80~4.20の間で投球回数は80~100イニング程度と「甘めに」予想しているけど、外れてしまうかもなあ)が実力不相応にチャンスが与えられているのも戦力としては失格でも商品価値はまだあって、大谷選手への彼との態度の違いとか変にノムさんの影響も受けているのか知らないけど、余計批判されている栗山監督だって球団の意向を汲んでいるに過ぎないとも思いますが、一般企業だってボランティアじゃないし、利益を出し続けなければやっていけない。勿論節目節目でそういう記念グッズも色々出すのは決して悪い事ではないです。
しかし、その一方でガンヴォルトは高評価を得ている一方、カプコンがもう作れないであろう「新世代型本家ロックマン」だった筈のMighty No.9は微妙な評価だった様で、「そういう懐かしさとかどの様に楽しむかも勿論人それぞれで、それは他人に迷惑かけない範囲でならとやかく言われる様な事でもないのですが、カプコンはこれからのロックマンシリーズをどうしたいのだろう?」な強い疑問も正直拭えない。30周年記念事業自体が商業面だけじゃなくて色々ひっくるめた目的みたいになっている気がする。同じ30周年時でもマリオやジョジョ(実写映画版は・・・・・ですが・・・・・)とかにはこんな違和感は無かった。ロックマンシリーズだけです。

放送はその30周年を過ぎる2018年予定らしいけど、今度の新作アニメ版はそんなシリーズ(特に本家)の一歩前進のきっかけにもなるのか?いや、是非していかなければならないのです。そう個人的に重要視するほど、今後のシリーズの展開にも大きな影響を及ぼすとも思いますが、この某巨大掲示板での書き込みでは否定的な意見ばかりですね・・・・・・・まあ勿論ここには書き込まないだけで楽しみに思っている人だっているのでしょうが、確かにどうせアニメ化するなら有賀版にすれば良かったのに、でも大人の事情と言うか、権利の関係で結局アメリカ製になってしまったのか?DASH3も、ホントに作り直す気があるのなら、アイスマンを演じた事もあった神田朱未氏を声優起用する予定だった新ヒロインをウリにする路線をまず見直してくれですが、シリーズの懐古とまやかしの歴史をこれ以上重ねてはなりません。それこそ最悪の不幸に他ならず、一時的にはロックマン9とか成功はしても最終的には行き詰まり、閉塞と空虚感とか残してくれないからです。

| | トラックバック (0)

2017/02/18

「ROCKMAN X THE NOVEL IRREGULARS REPORT」も感想述べる!!(※ネタバレ有り、未読の方は注意のこと)

今年で30周年を迎えるロックマンシリーズ、当然何作もコミカライズ版も登場している。本家では有賀ヒトシ先生のロックマンメガミックス等で、「?」な描写も皆無ではないながらもこれらを原作にしたアニメ化も一度やってみる価値あるんじゃないの?Xシリーズでは岩本佳浩先生のボンボン連載漫画を一番の名作として挙げる人が多いでしょう。岩本先生と言えばまた、トランスフォーマーの某コミカライズ版も目にした事あったけど、おそらくそうした節目の年に・・・・という事で発売された「ROCKMAN X THE NOVEL IRREGULARS REPORT」も目にする機会があったので、これも拙文ながら感想述べます。

シリーズ序盤の、涙を流したエックスにゼロが思わず驚きを隠せなかった一コマが最初に印象に残ったシーンであると岩本版を読んだ事のある人の多くが思っている事でしょう。本小説版も、片目から涙を流した、無限大の可能性を象徴したエックスの立ち姿が表紙となっていて、期待せずにはいられなかった事でしょう。しかし・・・・・・・・・・・・・・・・

作者の轟つばさ氏、昨2016年11月にアカウント取得されたらしいツイッターもざっと目を通しましたが、本業は広告デザインで、商業目的の小説家としては本作がデビュー作らしい。そんな人に任せて大丈夫なの?でしたが、残念ながら結論から言ってそうした心配は杞憂ではありませんでした。

第一に文章が硬いと言うか、説明的で、表現もおかしい言い回しがいくつか目立ちました。例えば、ドクターケインからの視点でエックスとの出会い等が語られた第4章、80ページの「思考型ロボットという技術が封印されて『長い』」、「長い」ではなく「久しい」でしょう。同章最後96ページの「安らかな顔で眠るエックスを見ながら、この戦いの果てに何が待っているのかをワシは改めて心の中で『噛み締める』事にした」?噛み締めるって、喜びを~とかポジティブな感情とかの意味を十分感じ取るという意味でしょ?この場合は「噛み締める事にした」ではなく、「思いを馳せていた」とかでしょう。あと、これもちょっと細かいかもしれないけど、第8章172ページの「全部背負って、全部受け止めて、全部おれが自分の意思で『手にした』道のりなんだ。」も「手にした」ではなく「選んだ」とかでしょう。そうそう、ライト博士が変態・・・・・というのも、この爺さんは彼の何を見ていたのかなあでしたが・・・・・・・

ボス達との戦いも、深海の武装将軍の名が泣くぜと言うか、ランチャー・オクトパルドなんか漫画版ではエックスのあの一撃で非道な振る舞いに相応しい最期を遂げた筈が、VAVAの引き立て役に過ぎなかったのは哀れでしたが、「攻撃する→しかし通用しないでピンチ→成り行きで反撃の糸口をつかんで倒す」な、ボス達各々のキャラは違えど概してテンプレ的でした。漫画版でもあの「誰がやったんだぁぁぁ!!」とか、酒場でのVAVAとの接触後の涙を流しながらの「ごめんよ・・・・・・(中略)絶対強くなってやる!」とかのセリフも強く印象に残った名エピソードが見られたアーマー・アルマージも一度エックスを倒して流石と思いきや、ゼロとは良きライバルでもあったストーム・イーグリード共々結局気が付いた時には・・・・・・で最期があっさりしすぎ。前述通りエックスだけではなく、その他一部主要キャラの視点でも描かれていて、原作ゲームでは殆どのプレイ経験者が最初のステージを選んだであろうアイシー・ペンギーゴバーニン・ナウマンダーとの戦いへの伏線にはいくらかはなってはいましたが、VAVAももっと清々しいほどの戦闘狂っぷりを見せてくれたのかの思いきや、「なるほど、おれは死んだのか」とかこれまた何だか薄味風味で折角いくつもあった筈の見せ場を悉く活かし切れていませんでした。

シグマが反乱を起こした理由とか、どうやら本小説版ではロックマンロックマン(こちらもロール萌え押しとかベクトルもズレていて、普通に酷かったのだが。DASHシリーズにも伝染しかかっていたけど、そういうのに特化した別のゲームでやってくれな感じ)共々商業的に失敗したイレギュラーハンターXの設定も一部反映されていた様ですが、エックス、ゼロに対する葛藤もあの1ページ分ほぼ丸々使った、超大文字の「憎い」とかの演出も見られた様では、上っ面だけの薄っぺらい私怨みたいだったし、さすがにラスボスなだけあって、最後、大逆襲も試みた様ですが、そんなシグマの執念にエックスが涙を流し、「みんなありがとう」と8ボス達との戦い(と言うか、オクトパルドとはそもそも・・・・なのだが)も思い出しながら最後の一撃を込めて応えても、拙劣な文章力とぶつ切りな脚色(冒頭でイレギュラー戦争の経緯とかミョーに詳しく説明したのも何だったの?とも言うか)で盛り上げるべきポイントを外し続けていたのだから凄い白々しかったのであります・・・・・・・・

随所で見られた、岩本先生のイラストも含むプロットは往年と変わりなく、それだけにこのシーンは特にそうで、視点変更もペンギーゴとか彼なりの苦悩も描かれていたのはほんの部分的には評価はできるのですが、それも概して中途半端だったし、余計悪い意味でのギャップには結局終始違和感がぬぐえませんでした。アマゾンでもあるレビューアが言及していた、スペシャルサンクスの件についてはまだそんな目くじら立てるほどの事でもないと個人的には思いますが、この小説版ってどの世代の人達を対象にしたのだろう?そもそも270ページ程度で原作及び漫画版の魅力を引き出すなんて、轟氏には余計ムリゲーだったとも言えたけど、シリーズ30周年という節目の年を迎えて、カプコンはこれからのロックマンをどうしたいのだろう?PROJECT X ZONEシリーズでもエックスとゼロが登場したらしいけど、これから先40周年、50周年を迎えて歴史の重なりとか確かな満足と誇りを感じられるのだろうか?先日言及した「ロックマンクラシックスコレクションファンブック頂上決戦」もさらに高い1667円も払ってまで買う価値など無かったと言って良いけど、何か今後のシリーズ展開とか悪い意味での暗示とかにもなってしまうのだろうか?この小説版も。轟氏はまた、あとがきで第二部「ゼロ編」の執筆等についても言及されていましたが、この経験を無駄にしないで、次こそはもっと原作や漫画版への理解と愛情が感じられる文才を磨かれる事を強く望みます。原作も5以降不作が目立って、8でやっと試行錯誤が花開いたと思ったら迷走に愛想をつかしたファンを呼び戻すには至らず、イレギュラーハンターXも一発花火に終わってしまった様ですが、本作もそんなシリーズの負の連鎖の一つでもあるとも言うか、このままではお世辞にも期待などは出来ません。

| | トラックバック (0)

2017/02/15

ロックマンクラシックスコレクションファンブック頂上決戦もレビューしてみる

FCシリーズ全6作を収録し、その上いくつかのおまけモードが用意されていた「ロックマンクラシックスコレクション」・・・・・・・まあ私は2~6のPS復刻版所有しているんで、ニンテンドー3DSでプレイできる環境でも購入とかは全く考えていなかったのですが・・・・・・・・「ファンブック頂上決戦」なる本を目にする機会があったので、拙文ながらレビューしてみたいと・・・・・

全収録6作のウリ(例えば史上最高傑作とされている2ならば、以降のなくてはならないお約束となったE缶やパスワード、次作3のラッシュの原型とも言える、「シタマエ!!」なサポートアイテムとか)を、ロックマンやライト博士、ロール等主要キャラの当時のイラストやボスキャラ紹介、そしてファンの人達のちょっとした思い出話等を交えながら「それぞれにある面白さ」を宣伝し、締めはチャレンジモード&ミュージアムモードと各種グッズの紹介で終わる・・・・・・かに思えました。

ここでちょっと突っ込んで言及したいのがその思い出話です。

>とら「(ロックマンについて)こういった、懐かしくも古めかしさを感じさせない要素が何度やられてもあきらめずにプレイできた理由かなぁと。」
>てんが「『ロックマン』はそういった縛りプレイをすることで楽しむことが出来ておもしろいですね!」


そうですね。シリーズの魅力を良く理解されていると思います。

>とら「Dr.ワイリーが憎みきれないキャラクターで好きです。」

9のEDの様な仕打ちも見られましたが・・・・・・・・

>志麻「(ロックマン3について)正直、クリアできませんでした!!!くっそ難しい!!悔しい!」


3がクリアできないなら、E缶がない1やラスボスがバブルリードしか効かない2、ワイリーカプセルが史上最強な7、E缶が廃止された8、ワイリーがラスボスじゃなかった・・・・・と思いきやなフォルテ、チャージショット&スライディングが廃止された9、ワールドシリーズも意識した10もクリアは無理でしょう。出来なそうなシリーズの方が多いね。6もボスよりもボスまでの道中の方が難しいと言っていたけど、ナンバリングシリーズでは5の次に難易度低かったでしょう。6って。あと、メットールDXってそんな可愛いかな?まあ主観の問題ですが・・・・・・・

>てんが「(チャージマンについて)「弱点である特殊武器が当てにくて」

確かにチャージマンは特殊武器無しだと5の8ボスでは最強ですが、その弱点特殊武器を近くで当てたらすぐポーズをかけるとまた発射できる様になるので、それを繰り返す事で楽に倒せるようになります。

>まさし「(ケンタウロスマンについて)攻撃方法も瞬間移動をしたり、時間を止めたりと、ほかのボスにはない斬新なもので」

やや細かいけど、時間停止はフラッシュマンとか過去のシリーズにも例があった様な・・・・・

グッズコーナーは、このブログでも以前触れたロックマンのポーズを自由に変えられるねんどろいどやデザインを差し替えられるファイヤーマンとアイスマンのタンブラーが目を引いて、こだわりとかは伝わりましたが、ここまで目にした時点でもこの本はまだ半分も終わってなかった!!次は何かなあと思いきや・・・・・・・・・・・

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-~%E9%A0%82%E4%B8%8A%E6%B1%BA%E6%88%A6~-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF/dp/4047340499


私は彼らについてはこの本を目にするまでは存在自体知らなくて「誰?」状態だったけど、えんもち屋はニコニコ動画で活動している実況グループで、志麻とやらは歌い手、とらとやらはツイキャス主らしい。幼馴染らしいえんもち屋は確かに君達ホント仲良いね~武者小路実篤さんの理想も地で行っているね~で、志麻氏ととら氏はそのえんもち屋の一人、そでやま氏共々イケメンだね~ですが、ロックマンという30年近く続いている名作アクションゲームを純粋に愛する人達にとっては彼らの職業や容姿なんか「どーでも良いのだ!!」(DIO風)でしょう。ならば、彼らはその名作ゲームを遊びつくした昔なつかしさとか思い起こされたようなディープなトーク等を繰り広げたのか?それは残念ながら「NO!!」でした。

正直真剣に読むのも失せてしまったと言うか、彼ら6人それぞれのグラビアまで中途半端に織り交ぜられていたけど、毒にも薬にもならない、ダラダラとした雑談なんか、1667円(税抜き)も払わせてまで不特定多数のロックマンファン達に見せつけるほど高尚なものだったのか?人通りの少ない公園とかで話してくださいですが、そんなわけないでしょう。

これぼったくりもいい所でしょうと言うか、特にえんもち屋は前述通り仲が良いのは結構な事で、その魅力を良く理解していた面々もいなかったわけではなかったのですが、残念ながらこの本を読んで、彼らの事をもっと良く知りたいとも思った事もなければ、彼らのロックマンにまつわる思い出に共感させられたとかも全く無かったです。これではアマゾンでも低評価なのも無理ありません。そのアマゾンのレビューではこの様な苦言を呈していた人もいましたが・・・・・・

「編集が悪いのか、出版社が悪いのか、企画したやつが悪いのか、カプコンが悪いのか、グラビアに載ってる彼ら主たちが悪いのか、それともこんな状態になるまで新作を買い支えなかったファンが悪いのか…そういう意味では、凄まじい問題提起を投げ掛けている良書であると言えなくも…いや、言えないだろう…これは。」


はい、軽く個人的な回答をしますが、一番悪いのは2の成功経験に囚われすぎて、そのシリーズに占める位置づけを必要以上に重視してしまっているカプコンとファン(勿論、後者については初期シリーズ及びその悪い意味での亜流な9・10を特別視していない人はこの限りではない)で、その次が編集と企画したやつだと思います。(えんもち屋らにはそんな責任はないと思う)特にこの時点で既にシリーズ30周年に近かったのに、カプコンは一体何がしたいのだろうか?つい最近も、某楽器自作バンドが2の曲をカヴァーしたらしく、勿論誰にも迷惑かけない範囲でならば人がどういう趣味を持とうと全く自由ですが、そういう話とか、平成も終わりに近づいている2017年現在もニュースになるという事は何か問題があるのではないか?ファンが3以降のロックマンに不満持っているという事でしょ?実際、ワールド4・5が出た時には、メガワールドも発売されて新しいロックマンに脱皮するチャンスもあったけど、結局そういういくつかのチャンスも色々ベクトルがズレていたりして潰してしまった。9・10も配信直後から私が指摘した通り所詮は2の亜流という限界をすぐに露呈した。現実問題、リアルタイムでFCシリーズをプレイした世代の人達だってどんどん年を取っていくのに、こういう半ば「イケメン好きホイホイ」である本が出る様では、このシリーズの未来も猶更明るいものではないでしょう。なお、岩本佳浩先生イラストの、ロックマンXの小説版も目にして、これも正直微妙な出来でしたが、また近日別途感想を述べます。

| | トラックバック (0)

2016/12/19

ロックマンFCシリーズスマホ版配信は2017年のビッグな「お年玉」か

https://app.famitsu.com/20161216_922278/

『ロックマン』シリーズ6作品が一挙登場! ファミコンで生まれた2Dアクションの名作がスマホに

2016-12-16 14:57 投稿

『ロックマン』シリーズ6作品がスマホで蘇る!

根強いファンの多い2Dアクションの名作『ロックマン』シリーズ。その6作品が『ロックマン モバイル』シリーズとして2017年1月6日に一挙配信される。

※6作品まとめたセット商品ではなく、1作品ずつの配信となる

『ロックマン』は、歯応えバツグンの難易度でありながら、攻略しがいのある絶妙なバランスで構築された2Dアクションのお手本のようなゲーム。ボスを倒し、手に入れた武器で新たなボスに挑むというシステムも攻略の自由度が高く、多くのユーザーを熱狂させた。

今回の『ロックマン モバイル』シリーズは、オート連射やチャージショットの自動チャージ、ゲームスピードの変更など、スマートフォンで遊びやすいように最適化。新年早々、歯応えバツグンの『ロックマン』がスマホで楽しめるようになる!

『ロックマン モバイル』シリーズ公式サイト

ロックマン好きのための『ロックマン ユニティ』

カプコン公式の『ロックマン』シリーズ情報発信アプリ『ロックマン ユニティ』にもご注目。

本アプリでは、『ロックマン』シリーズをこよなく愛する管理人“ウッチー”がシリーズの最新情報を届けてくれる。さらに、1日1回挑戦可能なミッションでは、ボスキャラを倒すとオリジナルの待ち受け画面などもプレゼント。『ロックマン』ファンはこちらも要チェックだ。

ジョジョも連載30周年を迎えたけど、ロックマンもいよいよ来年でシリーズ生誕30周年ですか。そう言えば、県内の某大型古本屋で幼い女の子がFC版2、クラッシュマンステージをプレイしていたのを見かけた事もあるけど、まあ本家やXはおろか、エグゼですらプレイした事のない世代の人達も出てきているだろうし、節目の年のお年玉プレゼントとしては決して悪くはないんじゃないですか。

http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1033220.html

「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」を発表! ロックマンとリュウがアイアンマンと闘う!

PS4「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」の配信も開始

12月3日~4日 開催(現地時間)
会場:Anaheim Convention Center
「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」のPS4版のダウンロードが12月3日から電撃的に開始

 カプコンは米国で開催中の「PlayStation Experience 2016」において「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」を発表した。発売は2017年を予定。

 会場で公開されたムービーでは攻撃を受け膝をついたロックマンに支える別の手が……それは「ストリートファイター」シリーズのリュウだった。映像ではアイアンマンとの戦いがあがかれる中、アイアンマンのピンチに登場したのがキャプテン・マーベル! 2対2の戦いの結末はつかないままに戦いは終わりを迎える。

 協力して戦うという胸が熱くなるトレーラーの展開に会場は大きく盛り上がっていた。また、ラストには敵となる黒く大きなシルエットが……期待が高まるところだ。

 米国で絶大な人気を誇るマーベルキャラクターなだけに、アイアンマンが画面に登場したことで「MARVEL VS. CAPCOM」シリーズの予感に会場は大きな歓声に包まれた。

 さらに、「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」のPS4版のダウンロードが12月3日から電撃的に開始となった。

「MARVEL VS CAPCOM INFINITE」でもロックマンはロックマンでも、Xが参戦予定な様で、まあ特にゼロやロールが既に何度も客演しているからやっとな感もしないでもなく、ストⅣもグダグダになっていた等問題点も皆無ではないながらも、格ゲー畑でも鉄拳7でも豪鬼が三島一家との関係等単なるゲストにはとどまらない活躍を見せていた様だし、ストⅤ(これもアマゾンでの評判は散々な様ですが・・・・・・・)やこのマグカプINF格ゲー注目作の展開等もアニメ版今後のシリーズ展開とか追い風になっていくかですね。そう言えば、ガンヴォルトのOVAの話はどうなった?確か今冬に配信予定と聞きましたが・・・・・・・・無印に新ゲームモードが追加はされたらしいですが・・・・・・・・まあ色々記念イベントの開催や記念グッズ等の販売はしても、過去の成功経験に囚われてしまっているままな本家ロックマンで出来ない事をそのガンヴォルトやストーリーも1に酷似しているmighty no.9等でやっていくべきな核心とかは大きな変化はないかもしれず、この下のページによれば、前者が概ね高評価を得ているのに対し、後者はどうも微妙な評価な様ですが、稲船氏にはこれまで培ってこられたノウハウ等確かにあるはずですから、引いては本家にも良い反映もなされる様ガンバ!!ですね。

http://blog.esuteru.com/archives/8611681.html

| | トラックバック (0)

2016/11/23

ラスボスはライト博士?ロックマン2の改造版プレイ動画とDRNシャツ等の販売

https://www.youtube.com/watch?v=IdzOxrDUiIU&index=1&list=FLR_OSclZ9dFa_g6SlW7CjFA

これは昨2015年に作られた、ロックマン2の数多い改造版の一作な様ですが、タイトルは「ROCKMAN CX BETA5」と言うらしい。今回の主人公はロックマンはロックマンでもどうやらワイリーサイドが作った偽ロックマンな様で、有賀ヒトシ先生(別の先生の某漫画でもコサック博士に容姿が似たキャラが登場していたが。コサック自体、名前のそれはゴルバチョフ元大統領で、容姿のモデルは絶対スターリン時代の国家元首だったミハイル・カリーニンでしょうけどね。)も大のお気に入りらしいけど、クイックマンが副主人公で、途中彼も使用できるパートも存在した様です。

この偽ロックマンはスライディングがない代わりにフォルテや後のエックスみたいにダッシュが出来た等機動力はモノホンのロックマン以上ですが、通常のショットは貫通力がロックバスターよりも低く、雑魚敵もなかなか楽に倒せなかった様です。あと、最大体力も初期値は低かった様です。最初戦う8ボスは殆どは他有名ゲームや有名漫画のキャラとモノホンのロックマンだったのですが、この動画のプレイ主が最初に戦ったYOSHINOMANって、代ゼミの名物講師だった吉野敬介氏がモデル?(錦織一清氏や竹内力氏等が出演されていた「だからお前は落ちるんだやれ!」も見た事あって、血尿流したシーンとかが印象に残ってますが)ステージセレクトのBGMも7のそれをFCアレンジしたのが使用されていたけど、構えもジャンクマンのそれでしたね。もろ。2番目はそう言えば昨日藤岡弘氏が某バラエティ番組に出ていたのもたまたま目にしたけど、超有名な特撮ヒーロー、仮面ライダーで、最初はバイクを乗り回していたのが残り体力が少なくなると行動パターンが変わった様ですが、ライダーキックはカッコいいけど、特殊武器としては使いづらそうでしたね。実際・・・・・・・・でしたが。

モノホンロックマンは3番目に戦ったボスでしたが、9のギャラクシーマンのBGMも良曲ですよね。改めてそうも思ったけど、モノホンロックマンの行動パターンは1のコピーロックマンに準じていた様である。しかし、特殊武器を切り替えたり、体力回復したりと、プレイヤーからすれば当然の行為でも敵に回すと反則に感じられる。背景のアレはヤシチか?4番目のボスはファイアーマリオでしたが、前半が1・2の水中面で後半が同城面でした。水中面はまだしも、城面はそう言えばまた、スーパーマリオコレクションでは正解だったらピンポーン、間違っていたらブーの音でご親切にも知らせてくれたのですが、正解ルートを探さない限りずっと行ったり来たりするループとなっていて、それを探すのに苦労していた様である。5番目も任天堂キャラで、カービーシリーズの有名な敵キャラなウィスピーウッズでしたが、木だから火が弱点な想像は容易でしたね。彼は楽に倒せたようです。

6番目はエアーマンでしたが、姿を消したり、瞬間移動出来たりと元ネタよりも全然強かったですね。まさに「エアーマンが倒せない」と言った所でしたか。道中も、ピピとか普通にウザったい・・・・・・・・・と言うか、この改造版の特殊武器って、マリオからゲットしたファイアーボールもジョーとか特定の雑魚敵を楽に倒すには重宝したけど、バリアー系なリンゴシールドだけがずば抜けて性能高かったですよね。燃費が凄い良い上にシールドを飛ばして攻撃する事も出来たけど、雑魚敵が密集する所ではもうこれだけでOKな感じ。回復武器の回収率も高かったようだし。モノホンロックマンを倒すとチャージショットも撃てた様ですが、、燃費は消費する様である。どうせなら9や10でも廃止するのではなく、この様な制限にとどめた方が良かったのではですが・・・・・・・チートマンは、ゴリラとか普通にウザかったステージはクラッシュマンがベースだった様ですが、名前通りこいつも反則的で、攻撃したらいつの間に瞬間移動させられてダメージを受けたりなど厄介でしたね。最後の8ボスはボンバーマンだったけど、移動足場のパートは一定間隔で飛んでくるトゲも厄介そう。触れたら勿論即ミスだったのだろうし。ボンバーマンも行動パターンはまだそこまできつくはなかったけど、バトルフィールドの地形が偽ロックマンに不利なのは厄介な点でしたね。

8ボスを倒すと、ワイリーもその雄姿(?)を見せながらも、次に向かったのはライト博士の研究所で、博士やロックマン、ロール、ガッツマンのやり取りも見られる演出も挿入されていたのも特徴的でしたが、ステージ1は2のワイリーステージのそれに酷似していて、BGMも同じもの(所謂「億千万」)が流用されていた。そしてボスはドラゴン・・・・・ではなく、ウルトラマンで、元ネタみたいにクイックブーメランで瞬殺とはいかなかった様ですが、ウルトラマンがラスボス本拠地のボスの一角で、仮面ライダーが8ボスの一角では仮面ライダーの方が格下な印象を与えてしまいますね。どっちが強くて人気があるかはとりあえず置いといて。

ステージ2ではまたクイックマンを使用できて、ステージのスタート地点まで戻っていく様でしたが、もしホントにロックマンロックマン2が実現したらこういう性能になっていたのか・・・・・・・まあ、ブービームトラップとか特定の武器じゃないと倒せないボスはどうするの?な問題はあったけど・・・・・・・・・ステージ3はビームの応酬がこれでもか!!だった感じ。ガッツタンクもエアーマン同様強化されていたけど、さりげなくキラーも飛ばしていましたね。(笑)ステージ4は前述通りこの改造版の特殊武器はどうもリンゴシールドに使用頻度が偏ってしまった等全体的に性能は今一つな印象を受けますが、折角ファイアーマンとアイスマンが同時にさっそうと登場したのにチートサーベルで瞬殺とはあっけなさすぎでしたね。ボスはエレキマンで、キャラクターもロックマンロックマンに準じたフシが見られましたが、ここではYOSHINOMANから回収したプリントシールドの数少ない出番となった様です。そして最後は・・・・・・・ですが、どうやらアップ時点では100パー完成していなかった様で、ボスラッシュで実質御終いでした。まあ、よう作ったわと言うか、私は積極的にプレーしてみたいとは思わない・・・・・・と言うか、多分ノーコンティニューでのクリアは無理だろうなあですが・・・・・・・・・2だって今改めてプレイしたら・・・・・・・2が名作なのは否定はしないのだけど・・・・・・・・・

http://www.famitsu.com/news/201611/22121256.html

ロックマンとブルースをイメージした“DRNシャツ”や『ロックマン エグゼ』デザインのアクリル時計が発売

カプコンは、ロックマンとブルースをイメージした“DRNシャツ”や『ロックマン エグゼ』のデザインのアクリル時計などを発売する。

●『ロックマン エグゼ』の缶バッジセットも発売

 カプコンは、ロックマンとブルースをイメージした“DRNシャツ”や『ロックマン エグゼ』のデザインのアクリル時計などを発売する。

 以下、リリースより。



■ロックマン DRN シャツ、ブルース DRN シャツ
ロックマンとブルースをモチーフにしたカジュアルなシャツ
 ロックマンとブルースをイメージした「DRN(ドクター ライト ナンバーズ)シャツ」を発売。ロックマンファンなら思わずニヤリとするような、キーモチーフを刺繍で襟、胸元、背面の裾の3ヵ所にさりげなく縫い込み、カジュアルな普段使いでも着こなせるテイストに仕上げました。


                                           
                                           

※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合があります。

■商品情報
商品名:ロックマン DRN シャツ、ブルース DRN シャツ
発売日:2017年3月23日(木)発売予定
希望小売価格:各9,800円+税
素材:綿100%
サイズ:M~XL
発売元:株式会社カプコン
取扱先:
 カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」 ★予約受付中★
全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)


■ロックマン エグゼ アクリル時計 ロックマン&熱斗
ロックマンと熱斗くんデザインのアクリル時計
 今なおファンからの熱いエールが絶えない『ロックマン エグゼ』を壁掛時計にしました! 主人公の熱斗くんとロックマンのかっこいいイラストをアクリルにプリントした、ソリッド感あふれる仕上がりです!


                     
                                           

※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合があります。

商品名:ロックマン エグゼ アクリル時計 ロックマン&熱斗
発売日:2016年11月24日(木)発売予定
希望小売価格:6,900円+税
仕様:動作確認用単三電池1本付属アクリル時計
素材(文字盤):PMMA(アクリル)
サイズ:約H260×W260×D40mm
発売元 株式会社カプコン
取扱先
 カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン
 全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)


■ロックマン エグゼ 缶バッジ2個セット(ロックマン/ブルース)
ロックマン エグゼ』の缶バッジ、2個セット!
 今年でシリーズ15周年を迎える『ロックマン エグゼ』の缶バッジ2個セットです。ロックマン、ブルースのイラストをデザインした四角型缶バッジと、それぞれのナビマークをデザインした丸型缶バッジの2個セット。四角型、丸型共に、約5cmのビッグサイズです!


                                           

▲パッケージイメージ

                                           

▲パッケージイメージ

※商品画像はイメージです。実際の商品とは若干異なる場合があります。

商品名:ロックマン エグゼ 缶バッジ2個セット(ロックマン/ブルース)
発売日:2016年11月24日(木)発売予定
希望小売価格:各926円+税
素材:ブリキ、スチール、紙、PET
サイズ:約W53xH53mm(四角型)、直径約56mm(丸型)
発売元:株式会社カプコン
取扱先:
 カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン
 全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)




(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
そう言えば、あと1か月弱でシリーズ29周年を迎えて、30周年も間近という事で色々グッズとかも販売されている様だけど、特にロックマンとブルースのDRN(ドクターライトナンバー)シャツは工場の作業着みたいでもありますね。デザインとしてはまあ悪くはないんじゃないですか。次はピンクと赤がカラーのワンピース風ロールのシャツと、赤と紺がカラーの8風ロールのシャツが発売されるのでしょうね。そういうシャツ発売するのならいっその事、カットマンやガッツマン、エレキマン等他の兄弟ロボ達のカラーのシャツも発売してもらいたい所ですがね。ストーリーが1にかなり似ているMIGHTY NO.9も配信開始されたし、このシリーズの悪い点として最高傑作とされている2を、過去の成功経験に囚われすぎて、カプコンも一部ファンも必要以上に重くその中で位置づけている(ジョジョも八部は一巡後のその世界である様だし、四部とかそういう傾向少なからずありますが。これでもし実写映画版がこけたら・・・・・・・正直あまり期待はしませんが)所があって、ロックマンが参戦したスマブラとかだけでなく、各種改造版にもそういう影響が表れている。勿論、各自そういうのを制作するのは迷惑とかかけない限りは全く自由ですが、そういう原点の確認とかの為にも・・・・・・・・ですね。

| | トラックバック (0)

2016/09/30

30周年が近い今だからこそロックマンも丸裸にする?今治バスタオルのこと

http://www.famitsu.com/news/201609/26116776.html

●バスターマグカップなども登場

 カプコンのアクションゲーム『ロックマン』を題材とした新作グッズが、2016年9月29日(木)より発売される。

 以下、リリースより。


ロックマン 今治バスタオル 内部図解

                     

ロックマンの内部メカニック図解をデザインしたバスタオル
ロックマンの内部メカニックの図解を使った、かっこいいデザインがキラリと光るバスタオルです。
デザインだけでなく、実用性の高さも追求。吸水性と肌触りの良さで老若男女問わず幅広い層に愛用され、100年以上の歴史を持つ「今治タオル」製です。

■素材:綿100%
■サイズ:約600×1,200mm

商品名:ロックマン 今治バスタオル 内部図解
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:4,500円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン E缶&ロックバスター リバーシブル2WAYクッション

リバーシブルで2WAYのロックマンクッション
 ロックマンの「E缶」と「ロックバスター」モチーフのリバーシブルクッションを発売。展開すると、41×50cmのフラットタイプのクッションとして、ジッパーを閉じるとロール状にしてロールクッションとして使えるだけでなく、E缶として立ててディスプレイしたり、ロックバスターとして腕に通したり、といった楽しみ方もできます。

                                           
                                           

■サイズ:約W500×H410mm (広げた状態)

商品名:ロックマン E缶&ロックバスター リバーシブル2WAYクッション
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:4,500円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン バスターマグカップ(ロックマン/ブルース)

ロックマンとブルースのバスターをデザインしたマグカップ
 ロックマンの武器「ロックバスター」と、ブルースの武器「ブルースバスター」をモチーフにデザインしたマグカップを発売します。側面の黄色のラインや銃口など、各バスターの特徴的なモチーフを入れ込みつつ、それぞれのイメージカラーであるブルーとレッドが鮮やかなオシャレなテイストに仕上げました。

                                           
                                           

■素材:陶器
■サイズ:約H90×直径80mm

商品名:ロックマン バスターマグカップ (ロックマン/ブルース)
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:各1,500円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン スマートフォンカバー iPhone 6版 着地…/ ロックマン エグゼ スマートフォンカバー iPhone 6版 電脳

ロックマンシリーズのiPhone 6/6s 対応カバー
第1作の発売から30年近くたった今もなお人気の『ロックマン』と、今年で15周年を迎える『ロックマン エグゼ』のデザインのiPhone 6/6s対応スマートフォンカバーを発売。「敵の攻撃を華麗にかわして見事に着地…と思ったら一発アウトなトゲの上!?」といった『ロックマン』あるあるシチュエーションデザインの「着地…」と、ネットワーク世界を駆け抜ける躍動感溢れるイラストをデザインした「電脳」の2柄です。

                                           

■素材:ポリカーボネイト、アクリル
■サイズ:iPhone 6/6s対応サイズ( iPhone 6 Plus 非対応)

商品名:
ロックマン スマートフォンカバー iPhone 6版 着地…
ロックマン エグゼ スマートフォンカバー iPhone 6版 電脳
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:各2,500円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン マルチアクリルマスコットコレクション

マルチに楽しめる、ロックマンのアクリルマスコット
 台座に設置してディスプレイする事も可能な、ロックマンのアクリルマスコットを発売! 『ロックマン』シリーズに登場したキャラクターに、付属のボールチェーンを使えばカバンなど身の回りのものに付けて楽しめ、台座に差し込めばディスプレイとして楽しめます。全10種集めてズラリ並べると、ロックマンワールドのようで圧巻!開封するまでどれが当たるかわからないブラインドパッケージでの発売です。

                                           

▲台座の穴は全種共通なのでマスコットをマルチに差し替えられる!

▲全種付属のボールチェーンを付けてカバンなどに付けて楽しもう!

                                                                 
                                                                 
                                               

■種類数:10種(ロックマン1/ロックマン2/ブルース/ロール/ラッシュ/ライト博士/アイスマン/エアーマン/マグネットマン/Dr.ワイリー)
■素材:アクリル、鉄 ■サイズ:約W70×H80×D3mm(プレート枠)

商品名:ロックマン マルチアクリルマスコットコレクション
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:各750円+税/1BOX(10個入)7,500円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン ダイカットコインケース (1UP/メットール) ロックマン エグゼ ダイカットコインケース (ロックマン/ロックマン&熱斗)

ロックマン』と『ロックマン エグゼ』のコインケースを発売
 人気のオリジナルシリーズの『ロックマン』と、今年で15周年を迎える『ロックマン エグゼ』デザインのコインケースを発売します。『ロックマン』からは、ゲーム中に見つけるとうれしい1UPアイテムと、おなじみのメットール、『ロックマン エグゼ』からはロックマンの凛々しいフェイスとロックマン&熱斗くんのペアイラストをデザインしました!

                                           
                                           

■素材:PVC、鉄
■サイズ:約120×120mm

商品名:
ロックマン ダイカットコインケース (1UP/メットール)
ロックマン エグゼ ダイカットコインケース (ロックマン/ロックマン&熱斗)
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:各1,200円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)

ロックマン ダイカットパスケース (ロックマン&ブルース/E缶) ロックマン エグゼ ダイカットパスケース (ロックマン&熱斗/PET-EXE5)

ロックマン』と『ロックマン エグゼ』のパスケースを発売
 人気の『ロックマン』と、今年で15周年を迎える『ロックマン エグゼ』をパスケースにしました。『ロックマン』からはドットデザインのロックマンとブルースに、おなじみの回復アイテムE缶を、『ロックマン エグゼ』からはロックマンと熱斗くんのかっこいいイラストと、デバイスの「PET」の『ロックマン エグゼ 5』デザインです。コイルコードとフック付きなのでカバンに付けたまま改札に楽にタッチできるパスケースです。同日発売の別売りコインケースと合わせて使うと、いっそう『ロックマン』テイストなコーディネイトが楽しめます。

                                           
                                           

■素材:PVC、EVA、鉄
■サイズ:約W118×H168mm

商品名:
ロックマン ダイカットパスケース (ロックマン&ブルース/E缶)
ロックマン エグゼ ダイカットパスケース (ロックマン&熱斗/PET-EXE5)
発売日:2016年9月29日(木) 発売予定
希望小売価格:各1,380円+税
発売元:株式会社カプコン
取扱先:カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」、全国ホビーショップ、家電量販店ほか(一部取り扱いのない店舗有)


(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

特に今治バスタオルだけど、ワールド1でも武器ゲット画面でロックマンの内部メカニックの図解も表示されてたでしょ?確か。セルフパロディというやつですか。アクリルマスコットやマグカップチェーンもまあロックマンシリーズらしいと言うか、シリーズの世界観とか良く理解したデザインだと思うと言うか、ロールは兄のロックについてどんな事を思っていたのだろうか?どれも高いですが、まあ、シリーズ30周年も近いし、愛情さえあれば4500円も全然安いというもの?ガンヴォルトもゲームのダウンロードは難しくとも、せめて発売予定らしいOVAは見てみたいですけどね。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧