芸能・アイドル

2020/09/22

元TOKIO・山口がさらに作ってしまった「残念なエピソード」

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-09220631/



山口達也容疑者は酩酊はせず?事故現場は「裏街道」






山口達也容疑者の乗るバイクで信号待ちの自動車後部に衝突した事故現場(右側の車線、写真は一部加工)(撮影・狩俣裕三)



 

TOKIO山口達也容疑者(48)が22日、酒を飲んでバイクを運転したとして道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、警視庁に現行犯逮捕されたことが分かった。

現場は東京・練馬区桜台2丁目の区道で、氷川台駅方面から環七通りに抜ける、地元住民によると“裏街道”的な場所だった。ちょうど山口容疑者のバイクから乗用車2台をはさんでバイクで後方にいたという近所の住民の話によると、信号待ちで停止線に止まっていた乗用車に、山口容疑者のバイクが後方から追突。動かない両者に後方の車からクラクションが鳴らされたというが、乗用車から人が出てきて話していたことから、事故があったことが分かったという。「音もしなかったし、車のバンパーも壊れていなかった。乗用車から人が出てきて、バイクの人に確認をしていた」。

山口容疑者はフルフェースのヘルメットをした状態で、表情を含めてうかがいしれなかったというが、フラフラした様子などはなかったという。同住民は「山口容疑者だとは思わなかった。裏街道とも呼ばれる道で、土地勘のある人が通るところ」と説明した。


そう言えば、ジャニー喜多川氏が亡くなってもう義理は果たしたとか思っているのか、所属タレントの退所が後を絶ちません。

もう10数年も活動停止状態である少年隊も、バトルファイターズ餓狼伝説シリーズでもテリーを好演された錦織一清氏と、息子も一時ジャニーズタレントだったけど、バーニング系に移り、舞台出演が主な様である植草克秀氏が今年いっぱいで退所されるらしいですが、少年隊って、もう一人メンバーがいたんですね。

https://jpedia.jakou.com/matsubara2.html

松原康行という人で、お姉さんが履歴書を送ったのがジャニーズ事務所入所のきっかけだったらしいですが、叔母が勝手に履歴書を送ったキムタク氏とか他にも似た様なきっかけだった人も何人もいますね。3年B組貫八先生の出演がきっかけで脱退したらしいですが、その後、その貫八先生で共演した女優と駆け落ち騒動を起こして、結局退所、結婚相手もファンだった別の女性となって、2013年末まではメーカー経営をしていた様だけど、芸能界引退はどちらかと言えば後悔していたらしい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/007c4b1c113524a7946afbfd828a369263393a4d

また、同業者でもある鈴木雅之氏と同日でもあるけど、今日が39歳の誕生日である渋谷すばる氏もニューアルバム発売が決定して、こちらは同じく元ジャニーズの今井翼氏が某歌舞伎に出演する事になったのと同様おめでたい事だったと思いきや、今度はコレですものね・・・・・・・・山口達也氏の酒気帯び運転による逮捕ですが・・・・・・・・・・・・・・・・

私事ながら、私も2007年の2月か3月ごろですね。常総市内(旧石下町内)を深夜車で走っていた所、酒気が無いが検問を受けた事あって、勿論日常的に酒を飲むことは殆ど無い(ちなみにタバコも2006年秋以降1本も吸っていない)ので引っかからなかったですが、一部復帰の話(こういう話も出るあたり、芸能界は一般人にはない芸も持っているとは言え甘いですが、伊勢谷友介氏もその内復帰となるのでしょうか?)も出たのに、これで台無しとなってしまいましたね。でも、ジャニーズは、今井氏もそうだったけど、錦織氏も植草氏ももっと売れたっておかしくなかったけど、他にももっと良い人もいくらでもいるのでしょうから、女性がらみのトラブルを起こしたこの人を態々復帰させる必然性は正直感じられないです。だから山P氏もバカな事をしたなとも改めて思いましたが、ちょっと救い様がないですね。これでは・・・・・・・・・・・・・・

|

2020/09/12

吉瀬美智子も多分伊勢谷友介の「おかしさ」に気づいていたのだろうが・・・・・・・・・

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12239-790921/



伊勢谷友介と『未満警察』で共演 吉瀬美智子のSNSに「異変に気づいてた?」勘繰る声も






伊勢谷友介と『未満警察』で共演 吉瀬美智子のSNSに「異変に気づいてた?」勘繰る声もの画像



 

日本テレビ土曜ドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』が9月5日に最終回を迎えた後、キャストを務めた伊勢谷友介が8日に大麻所持容疑で逮捕されたため『未満警察』公式インスタグラムには視聴者から様々な声が寄せられている。さらに同番組で伊勢谷と共演した吉瀬美智子のSNSにまで反響があった。


『未満警察』で伊勢谷友介が演じた警察学校の教官・片野坂譲は元プロファイラーという経験から主人公の生徒2人、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)が事件を解決するのを助ける重要なキャラクターだった。

一方で吉瀬美智子が演じた警察学校の助教・及川蘭子は規律を重んじており、無鉄砲な行動を繰り返す本間と一ノ瀬に対して厳しく指導しながらも、2人の良さを伸ばそうとする片野坂教官には一目置く関係だ。

感動の最終回からほどなくして伊勢谷の逮捕報道が流れると、『未満警察』公式インスタグラムには「せめて放送後で本当に良かったです! キャスト、スタッフさんがショックを受けないことを願います」という声が寄せられていた。

同ドラマで伊勢谷友介と同じ警察学校関係者という近しい役柄を演じた吉瀬美智子が9月6日、インスタグラムに及川助教の画像を用いて「未満警察ロスに注意しろーいいなー」と呼びかけていたが、その投稿に8日の逮捕報道でショックを受けたフォロワーから「伊勢谷友介さんがーー」と訴えるコメントが届いた。

また吉瀬が8日、10日と『未満警察』とは無関係な内容を投稿したところ、それにも伊勢谷の逮捕について「なんか残念でしたねドラマ面白かったのに!」というコメントや「吉瀬さんは伊勢谷さんの異変に気が付いていたんですか」と勘繰る声が寄せられた。

ちなみに吉瀬が6日に投稿した「未満警察ロスに注意しろーいいなー」という及川助教の画像には、「もうすでにロスです 最終回、なみだがとまりませんでした」、「家族で犯人を推理しあっていましたが、最終話の展開は想像以上に深く悲しく 引き込まれました」、「衝撃のラストでしたwすごく面白く感動する作品でした!」などの反響があったが、その後に伊勢谷の逮捕が報じられたことでフォロワーは二重のロスを感じているかもしれない。

なお有料動画配信サービス「Hulu」では『未満警察 ミッドナイトランナー』を最終回まで全話配信しており、一部報道によると『未満警察 ミッドナイトランナー』のDVDなど映像作品も予定通り発売される方向だという。

画像は『Michiko Kichise 2020年8月28日付Instagram「未満警察クランクアップ」、2020年9月6日付Instagram「最後までご視聴頂きありがとうございました!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)




2人目のお子さんの出産もあってか、最近吉瀬美智子氏を見かけた作品はコンフィデンスマンJPロマンス編ぐらいで、ドラマではオトナ女子が最後に見かけた作品ですが、未満警察にも出てたんですね。

今週一番の驚いたニュースだったと言うか、伊勢谷友介氏が逮捕されたのもその未満警察が放送終了した直後の事でジャニーズに忖度したのではとも言われてますが・・・・・・・・・映画を中心に色々な作品に出ていて、中には勿論面白いと思えた出演作品もあったのですが、その割にはあまり印象に残らなかった。同じ織豊時代に活躍した文化人を主人公とした映画で、同じ信長を演じても、花戦さでの中井貴一氏の方が利休にたずねよでの伊勢谷氏より全然印象に残った(ちなみに清須会議では弟の信包を、女信長では秀吉を演じた事もあった。)し、翔んで埼玉も、やはり同じ魔夜先生のパタリロでも主役を張った加藤諒氏や息子もやっとCDデビューした京本政樹氏、同じく信長・秀吉を演じた事があった竹中直人氏とか他の脇役の方が印象に残ったし、あしたのジョーの力石も死んだ後に葬式もしてもらった割には・・・・でした。

しかし、その一方でジョジョでの承太郎は、祖父のジョセフと電話で話した際堪能な英語を披露したシーンは普通に上手いと思った。だからこそ、他にも絶対ある良い点を今後はもっと活かしていただきたいとも思っていたのですが・・・・・・・・・女性関係では既に文春とかでDVとか書かれていてこの人は結婚なんか無理だろとも思ったけど、立ち上げたリバースプロジェクトも、数千万の赤字を出していて、俳優活動で得た収入もその補填に消えていたらしい。そして今回の逮捕・・・・・・・・・

まあ常習性が認められても初犯だし、執行猶予となる可能性が高いだろうけど、どうするんですかね?損害賠償は。5億以上だとも言われていて、勿論出演予定作の一つであるいのちの停車場を、伊勢谷氏の出演シーンもカットしないで公開するのは別に性犯罪ではなかったし、反対はしませんが、普通に俳優だけやっていれば多忙でも普通に勝ち組でやっていけた筈です。

そう言えばまた、黄泉がえりも原作者が山本圭壱氏、草彅剛氏に続いて伊勢谷氏と逮捕者が出た事について呪われているのかなな旨のツイートをしたのも、草彅氏逮捕からもう10年以上経ってるだろで、それと同じくJCASTニュースが龍馬伝に出演した役者の明暗って、それだって他の出演作でも書けるテンプレ的な記事じゃないか、だからJカスなんて言われる無能なんだよ!!お前らはでどちらもバカバカしい話ですが、伊勢谷氏の逮捕のニュースを聞いて、人生って何なんだろうなあ、どう生きるのが本当の幸せなのかなあと改めて自問自答せずにはいられなかったです・・・・・・・・・・・・・・

|

2020/08/16

まだまだ猛暑続きそうだから無理しないで

https://news.yahoo.co.jp/articles/53dacda278ca05928222038d46962942b150f0e3

海老蔵 長男・勸玄君が「熱中症気味」になり「本当にヤバかった。心配した」

配信

デイリースポーツ

市川海老蔵

 歌舞伎俳優・市川海老蔵が16日、ブログを更新。この日、長男・勸玄君(7)が「熱中症気味」になり、心配したことを明かした。

 

 この日、いつものように早朝に起床し、自宅マンションの広いバルコニー(テラス)にある巨大プールに入るなど元気いっぱいに見えた勸玄君。ご飯を食べ、羽田に足湯につかりに行き、帰宅して再びプールに入り…という1日で、海老蔵も「だいぶ焼けましたね」と日焼けした上半身の写真を投稿していた。

 

 しかし、夕方には「カンカンが少し熱中症気味に」と投稿。その後、回復したようだが、「本当にさっきまでヤバかったです。もう心配したわ、まじに、コロナと熱中症 少し紛らわしい感もあり不安になりました」とコロナかと不安になったことも明かした。

 

 夜には再びブログを更新し、「熱中症の怖さ知りました。皆様も気をつけてくださいね。具合悪くなる感じはドキッとします」と改めて注意を喚起していた。


今日でお盆も終わりだけど、ホント暑かったですね。車を運転している時も、冷房は1~4までの4段階あるけど、午後4時頃までは2でやらないとだめですね。それでも、背中は汗が出てきますが・・・・・・・・・・

息子さんも、まだ育ち盛りだし、お爺さんやお父さん以上の立派な歌舞伎役者になっていただきたいものですが、海老蔵氏と言えば、今年の夏放送予定だった桶狭間も竹中直人氏や北村一輝氏、中尾明慶氏の新キャスト発表以来もう4ヶ月強も新情報聞かないですが、どうなったのですかね?団十郎襲名披露もコロナ感染も収束の気配を見せないし、それどころじゃないでしょうからね。安倍総理も、18日までは私邸で一応夏休みを取る予定らしいですが・・・・・・・・・・・直虎での信長の演技も決して悪くはなかったし、下手すればナレーションやっている麒麟がくるも・・・・・・・・・ですが、麒麟も桶狭間もコロナに勝った上で面白く作られてほしいです。麒麟は明日また総集編第二集の感想を書く予定ですが・・・・・・・・・・・

|

2020/08/13

プレジデントは日本のエンタメに物申す前に自分達の劣化の酷さを何とかした方が良い

https://news.yahoo.co.jp/articles/73ee6b8f1261b12934ba7713c9f08cf2393d2196

なぜNiziUは世界を興奮させるのか…日本のエンタメが「韓国に完敗」した理由



配信

プレジデントオンライン




2019年1月15日、韓国・ソウルのコチャック・スカイドームで開催された「2019ソウル・ミュージック・アワード」の期間中、フォトコールに登場した韓国のアイドルグループ「TWICE(トゥワイス)」 - 写真=Penta Press/時事通信フォト

■低迷の日本と世界で戦う韓国

 

 NiziU、BTS、『愛の不時着』と、韓国のエンターテインメントが日本で爆発的ヒットを記録し、世界に打って出ている。一方、日本のエンターテインメントは低迷が続き、産業としての価値が大きく損なわれてきている。かつてより韓流ブームなどと騒がれてはいたが、ここ数年で日本と韓国の差はより大きくなったように思われる。

 

【写真】2019年1月15日、フォトコールに登場した韓国のアイドルグループ「TWICE」

 

 そもそも、韓国エンターテインメントが国境を超え世界市場に打って出たきっかけは、1997年のアジア通貨危機が韓国経済を直撃したことだった。国内市場が大幅に縮小して、エンターテインメント業界も外に目を向けざるをえなくなったからだ。

 

 しかも、海を越えると世界第3位(当時は2位)の経済大国である日本がある。韓国勢が日本市場に参入しようと考えたのは当然だろう。2001年にBOAが日本デビューして人気を博し、2004年にNHKで韓国ドラマ「冬のソナタ」が放映されて社会現象化した。さらに、男性ボーカルグループの東方神起(のちにデュオ)やBIGBANG、女性アイドルグループの少女時代やKARAが日本でも人気を博し、日本参入を狙って結成された男女アイドルグループが次々と登場した。


■日本人は「未成熟」を応援する

 

 2000年に入ってインターネットが普及すると、アニメや漫画を通して世界的に日本のサブカルチャーが注目されるようになった。とくにフランスやスペインなどのヨーロッパで、“kawaii”をキーワードとする原宿や渋谷のファッションが関心を集め、J-POP人気に火がつき、日本で大人気だったモーニング娘。(1997年~)が注目された。ところが、モーニング娘。はメンバーが入れ替わり、歌やダンスの実力をつけていくごとに、肝心の国内での人気を落としていく。

 

 日本のファンは、アイドルに高いパフォーマンス力ではなく、「頃合いの下手さ」や「一生懸命」を求め、下手だけれどがんばっているといった「未成熟の一生懸命」を応援するのが、アイドルファンの伝統的なスタイルである。完璧なルックスや高い歌唱力はむしろアイドルには邪魔になる。愛らしく透明感のある外見のタレントが、「下手」をカバーしようと一生懸命になる姿に「萌える」。

 

 初期のモーニング娘。がまさにそうだった。何の訓練も受けていない「普通の少女」たちが、「敏腕プロデューサー」の手で試練にあいながらもヒット曲を連発していく。そんな物語が注目を浴びた。

 

■AKB48が国内市場を押さえたが…

 

 ところが、モーニング娘。が高いパフォーマンス力を身につけるたびに、ライトなファンが脱落。そのあいだに「未成熟の一生懸命」をシステム化したようなAKB48が国内市場を席巻した。

 

 日本市場でアイドルとして人気を博すためには、宿命的に「未成熟」を抱え込まなければならない。だが、国際市場では「未成熟」は求められず、AKBの国際戦略も一部を除いて失敗している。

 

 モーニング娘。が開いた国際化の道は、むしろ少女時代などの韓国勢によって広げられていった。2012年以降の「嫌韓ブーム」からは、韓国勢は日本より東アジアや東南アジアを中心とした国際市場を広く目指すようになった。日本のアイドルのフォーマットを使いながら、韓国アイドルが国際市場で活躍できた裏には、韓国では「未成熟」ではなく、外見的な完成度や高いパフォーマンスを求める文化があるからだろう。また、日本のエンターテインメントが無意識的に国際的に受け入れられ、そのあと大して努力しなかったのに対して、韓国勢は国家を挙げて世界進出を後押しして、国際市場に必死でアクセスし続けた努力が結実した。

■AKB世代が日本のエンタメを破壊した

 

 中東サウジアラビアでは女性の地位向上が進み、公共の場に一人で出かけられるようになっている。その一環として、2019年10月に韓国の人気グループBTS(防弾少年団)のコンサートがおこなわれた。

 

 BTSは、東方神起やBIGBANGを原形に、本格的なラップを軸に高いダンスパフォーマンスを見せる男性ヒップホップグループで、ビルボードでも1位を獲得している。日本では2018年にメンバーの一人が原爆Tシャツを着た画像をSNSにアップしたことで大バッシングになったことを記憶している人も多いだろう。Tシャツ事件のあとは日本のテレビでは見られなくなったが、世界的には着実にファンを拡げ、上述のサウジアラビアのコンサートでは3万人を動員している。

 

 一方、日本ではAKBの姉妹グループが次々に結成されて、アイドル市場がAKB系に寡占されてゆく。また、AKBの特徴としてCD購入と握手会・総選挙の投票権を組み合わせた「課金システム」を導入して、経済的な余裕のあるファンを優遇した結果、ファンの高齢化が進み、アイドル市場から若者層が逃げていった。

 

 そんな若者の一部が、レベルの高いパフォーマンスを見せる韓国アイドルに注目するのも自然な流れだと言える。かたや、日本のテレビでは、アイドルは「ポンコツさ」をアピールさせれてオヤジ目線での仕事をさせられるばかりだ。その中には、YouTubeで見たTWICEやBLACKPINKなどを通じて、韓国エンターテインメントに憧れるアイドル志望者もおり、いまや「エンターテインメントの本場」として韓国に留学することも珍しいことではなくなっている。

 

■日本発の韓国アイドルグループ“NiziU”の快進撃

 

 ソニーミュージックと、TWICEを輩出した韓国最大手のJYPエンターテインメントが組み、選抜したガールズグループが話題となっている。9人のメンバーで構成されたNiziU(ニジュー)である。まだプレデビューながら、2020年6月30日に4曲が配信されて、オリコンデイリーデジタルのシングルランキングで初登場1位、3位、4位、6位を獲得した。1位を獲得した「Make You Happy」では「縄跳びダンス」が話題になり、「踊ってみた」の動画も次々上がっている。

 

 NiziUがデビュー前からこれほどの話題となったのは、日本で開催されたオーディション「Niziプロジェクト」の様子をインターネット番組やテレビ(日本テレビ系『スッキリ』など)が追っていたからだ。

 

 NiziUのプロデュースを担当するパク・ジヨン(J.Y.Park)氏も、自らもオーディション映像に露出して、候補者に対する的確なコメントや独自の哲学でも注目された。多くのK-POP好きな少女が憧れているであろうTWICEを手がけたこともある「辣腕プロデューサー」だ。

 

 このやり方は、言うまでもなくテレビ番組でつんく氏がモーニング娘。を手がけたときに酷似している。ただ、NiziUでは、アイドル性とともに、高い表現力も求められており、オーディションの時点で水準以上の音楽性と表現力が問われる。

■プロ志向の韓国に魅力を感じるのは当たり前

 

 近年は子供の頃からプロから歌やダンスを習っている若者も少なくない。プロ志向が強いほどに韓国エンターテインメントに魅力を感じる者が出てくるのは当然だろう。

 

 このプロジェクトは、いわば、日本のアイドル志望者が、韓国エンターテインメントを通して世界を目指すものである。日本のテレビで「ポンコツ」を演じさせられるくらいなら、韓国のプロダクションでやってみたいと考える者にとって、日本か韓国かなどは二の次の問題だろう。

 

 ところが、私の周りの日本人にNiziUのことを聞くと肯定的な反応が返ってくることは少ない。実際にミュージックビデオを見ると、韓国の景色がちりばめられ、メイクや衣装なども韓国流である。日本人メンバーだけであるはずのNiziUに「日本人らしさ」がないことに拒否反応を起こしているのかもしれない。

 

■日本には世界で通用する若い人材がたくさんいる

 

 だが、NiziU「Make You Happy」のYouTubeにおける再生回数は8月1日時点で7000万回を超えている。この曲は日本語で歌われており、最初に日本市場を狙っているのは確かであるが、7000万回という再生回数は日韓だけで達成するのは難しい。おそらく中国や東南アジアなどでも注目しているファンがすでに相当いるということだろう。日本のエンターテインメントが国際化において韓国に大きく後れを取ったことは認めざるをえない。

 

 AKBが握手会や投票権などで儲け主義に走ったことでファンの高齢化を引き起こし、「歌とダンスで楽しませる」という本来のアイドルグループの在り方を見失った結果、若者に見限られてしまったのではないだろうか。

 

 ただ、NiziUの活躍は、日本には世界で通用する若い人材がたくさんいることを再認識させてくれた。NiziUは日本に韓国人アーティストではなく、韓国エンターテインメントそのものを売り込むという挑戦なのである。次は、国際的な視野で日本のアイドルを売り込めるかどうかという「日本エンターテインメントの力」という大人たちの力が試されている。

 

 

 

----------
白川 司(しらかわ・つかさ)
国際政治評論家・翻訳家
国際政治からアイドル論まで幅広いフィールドで活躍し、海外メディアや論文などの情報を駆使した国際情勢の分析に定評。

 

 


確かに、韓国人も世界でも通用する実力を持っている人はいるでしょう。どの分野でも。

映画も面白いのはまあいくつかあるし、役者も日本での何人かのそれみたいに大手事務所に所属しているから不相応に良い役が貰えている人もほとんどいなさそうだし、AKBも彼女らに限らず数字がつく秋元グループすべてに否定的(個々ではそれなり以上の才能がある人もいるのは否定しません)ですが、どうしてそんなに必死こいて喧伝しているのですかね。別にこの人程度の人物がそこまで必死にやらなくたってホントに良いものはどの分野でも受け入れられるものだとも思いますが・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/3da1ffbd024d6de59b71459c69c85280f58ab623

その一方で、プレジデントはこんな記事も載せて、日本企業が韓国から撤退する事自体には文句は言わない、寧ろ、現実反日国なのだからこれからもっと進めるべきなのですが、文化と政治経済で随分韓国に対する態度が違いますね!!どー見ても親韓ではない、保守文化人な長谷川幸洋氏の記事も載せて嫌韓を散々あおっている一方で、世界の人達は嫌韓日本人を良く思っていないからドイツみたいに反省しろとか、嫌韓・嫌中の中高年にKPOP大好きな若者はついていかないな、和製左翼・リベラルの言い分そのものな記事も載せた現代ビジネスと同じじゃん!!ちょっと過激な見出しでも釣って注目を浴びようとする所も。

そういう注目の浴び方も、あんな暴露本みたいなのを書いた手越祐也と同じ三流・四流なのだけど・・・・・・・・・・高視聴率とは言っても、半沢直樹には遠く及ばないし、一時期ちょっと下がっただけで鈴木祐司という、メディアアナリストを自称しているけど、実はそんな高尚なものではなく、テレビや映画以外の娯楽も増えて価値観が多様化している現実も受け入れられない、何年か前で頭が止まっている人(さすがに、その後持ち直したのはスルーしてなくて、真田丸越えもあり得るとかのたまっていたけど、まずフライデーごときゴシップでそういうネガキャンに加担した自分の見識のなさを恥じて謝罪するのが先じゃないのか?そうも強く思ったよ)も使って「失速する」とかネガキャンした麒麟がくるよりも視聴率は低い、私の家政婦ナギサさんがたまたま当たった多部未華子氏について「新・視聴率の女王を目指す」とか頓珍漢なヨイショ記事も書いたフライデーの元編集長の雅子皇后ヨイショ記事を載せた等プレジデントの劣化の酷さも相当なものという事なのでしょう。この元編集長の記事を載せた事だって、大学生がレポートで、禁止されているwikipediaから引用した事以上の怠慢行為だったけど、そんなプレジデントにもAKBも批判する資格なんかないですよ!!AKBとか秋元グループ以上にプレジデントやそこで記事を載せてもらっている多くの人達の方が全然オワコン、だってホント週刊誌と大差ないレベルだもの。フライデーや新潮もだけど、少し前までのプレジデントはこんな酷くなかったぞ?だけど、日本のエンタメについて物申す前にそんな自分達のダメぶりを何とかした方が良い。まあ別にプレジデントが無くなったって私は全く困らないですが!!

|

2020/07/26

そもそも石橋凌の娘も芸能人だなんて知らなかったが・・・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/869570a04b4af112b86205147dd74711f29a843e

女優・石橋静河、“二世”の肩書き不要の図抜けた演技力



配信

NEWS ポストセブン




父は石橋凌、母は原田美枝子の俳優一家に育った(時事通信フォト)

 役者としてどれほどキャリアを積み重ねても、なかなか手に入れることができない“演技派”という称号。デビューからほんの数年でそんなポジションを確立しつつある女優がいる。このところ映画ファンやドラマの視聴者から大きな注目を集めている石橋静河だ。

 

【写真】「ベストジーニスト」次世代部門に輝いた石橋静河、スタイル抜群の全身ショット


 バレエ留学を経てコンテンポラリーダンサーとして活動していた石橋が、女優としてのキャリアを歩み始めたのは2015年のこと。芸能界ではほぼ無名の存在だった彼女だが、役者を志してからの活躍はめざましく、2017年には池松壮亮とのダブル主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でブルーリボン賞の新人賞をはじめ数々の映画賞を受賞。さらに2018年には、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』でヒロインの幼なじみである萩尾律(佐藤健)の妻・より子役を演じ、幅広い層からその存在を認知されるようになった。


 邦画や若手俳優に明るいライターの折田侑駿氏は、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』における鮮烈な印象を「キャリアの浅さをまったく感じさせない堂に入った佇まいで、新しいタイプの“映画女優”の誕生を印象付けられました」と振り返る。また石橋の出演舞台『こそぎ落としの明け暮れ』と『神の子』を鑑賞し、「身体をうまく扱える」という資質が女優としての魅力に結びついていると感じたという。


「彼女の一挙一動には目が離せなくなるような美しさがあり、それが映像作品における自然な佇まいにも反映されているのだと思います。物語の世界や人物設定など、求められているものに自身の身体をフィットさせる優れた身体性を持っているのではないでしょうか」(折田氏)


 そんな石橋の父は、人気ロックバンド・ARBのボーカルとして1980年代に一世を風靡し、現在は俳優として活躍する石橋凌。そして母は黒澤明、増村保造、神代辰巳、深作欣二といった巨匠たちに重用された名女優・原田美枝子だ。芸能界を目指すには恵まれた環境であると言える一方で、「親の七光り」と謗られることも少なくない“二世”という属性を背負いながら、石橋は両親の威光とは関係なく自分自身の芝居でその実力を証明してきた。


熱心なドラマウォッチャーであるライターの苫とり子氏も、石橋が“二世女優”であることを知らないまま、令和版『東京ラブストーリー』を通じてその魅力の虜になった視聴者のひとりだという。動画配信サービスFODおよびAmazonプライムビデオで配信された約30年越しのリメイクドラマで、石橋は奔放なヒロイン・赤名リカ役を好演。苫氏は鈴木保奈美が演じた平成版リカと、石橋による令和版リカの違いを以下のように解説する。


「鈴木保奈美さんのリカは声や言動のキュートさと、強い意志のギャップが魅力的でした。対して石橋さんが演じるリカはよりサバサバしていて、会社の先輩としてカンチをリードするお姉さん、といった印象。令和版の『東ラブ』は価値観が現代的にアップデートされ、恋愛や仕事における女性の自主性を大切にした作りになっているのですが、石橋さんのナチュラルな演技はそれを後押しする形で視聴者に強烈なインパクトを与えました」(苫氏)


 苫氏が「“演技をしている感”が全くない」と絶賛する石橋の資質が存分に活かされた代表作のひとつが、柄本佑、染谷将太という若手屈指の実力派俳優との即興的なアンサンブルが魅力の映画『きみの鳥はうたえる』(2018年)だろう。同作で高い評価を受けた気鋭の映画監督・三宅唱は、2020年6月にリリースされた星野源の楽曲「折り合い」のMVを手がけるにあたり、ふたたび石橋を起用。苫氏は同MVで石橋が見せる「動きと表情による芝居にも注目してほしい」と語る。


「MVなのでもちろん台詞はなく、ただ日常を送っている姿が映し出されているようにも見えますが、“コロナ禍で生まれたラブソング”だけに、時折見せる寂しそうな姿がじつに印象的です。パンを作りながら音楽に乗って小躍りしたり、ストレッチするシーンで体の柔らかさを披露したりと、彼女の素顔も垣間見える作品となっています」(苫氏)


 映画やドラマに詳しい識者がこぞって「“これからの女性像”を体現していく存在になるのでは」(折田氏)、「20代とは思えない洗練された美しさを持ち、淡々としているのに存在感がある」(苫氏)と称える石橋の女優としてのポテンシャル。先の折田氏は、彼女と同じく1994~1995年生まれの女優と比較して特異性を強調する。


「石橋さんの同年代には、子役時代から活動している伊藤沙莉さんや松岡茉優さんといった実力派女優がおり、彼女たちには豊富な経験値に裏打ちされた存在感やテクニックがあります。そこに石橋さんは10年以上も遅れて名乗りをあげてきたにも関わらず、その“遅れ”をまったく感じさせません。すでにこの世代のトップ女優のひとりだと言えるでしょうし、あらためて末恐ろしい存在だと思います」(折田氏)


 9月4日に公開予定の映画『人数の街』で、石橋は今をときめく人気俳優・中村倫也の相手役を務める。役者としてのキャリアはまだまだ始まったばかりだけに、今後その才能がどのように磨かれていくのかにも注目したい。


●取材・文/曹宇鉉(HEW)

 





4連休も今日も終わりで、例年だったらもう明けている梅雨もしつこいですが・・・・・・・・・・・

そもそも石橋氏の娘も芸能人だった事自体知らかったと言うか、この人の出演作は多分見た事無いからこの人については何とも言えませんが、随分必死に持ち上げてますね。(苦笑)所属事務所も、昨年5月に設立したばかりで、他の所属芸能人も知らないですが、どこか大手の系列なのですかね?まあシネマトゥディも、富田望生氏について「令和の名女優になる」とか持ち上げていて、確かに下手ではないけど、出演作、例えばソロモンの偽証も教場もそれぞれ板垣瑞生氏・味方良介氏の方が彼女よりもっと良い演技していたし、こういう持ち上げ記事は別にその人に恨みがあるわけではないですが、まあ信用できないですね。ましてや、ポストも「韓国要らない」とか嫌韓(韓国がただ嫌いなだけなら問題ないけど、過剰な嫌韓煽りにも絶対同調しない。ちなみに中国についても「漢民族は絶滅した」も自分達が一番真実を知っている顔をしたがる悪癖がある保守・右派のヘイトスピーチとしか見なしていない。漢民族に限らず、大陸の民族なんて大抵他民族の血も引いているでしょう。こんなヘイトスピーチする事自体も平和ボケしている証拠です)に便乗して、ちょっとブーイング食らったら謝罪した情けないエピソードも残しているのですから。

何度も言う通り、マスコミの持ち上げる人物、特に政治・芸能・スポーツ分野のは絶対安易に信用しない、それは私個人のその人に対する好き嫌いやその人の人間性とは全く関係ないですが、そんなに持ち上げるのならこの人の出演作もいつかは必ず見てみたいですね。ヤフコメでは「そんな大した事なんかない」なコメントも多いようですが。

|

2020/07/25

長瀬智也の裏方転向も意外だったが・・・・・・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/92ae1e05d1654a62dcbf0ff88cabd363554db1af

TOKIO脱退 長瀬智也の「高い演技力」を再評価すべき理由

配信

FRIDAY

「ジャニーズで一番演技がうまいかも」

来年3月いっぱいで独立することになったTOKIOの長瀬。リーダーの城島はグループ解散を頑なに否定したとか……

TOKIOの長瀬智也(41)が、来年3月いっぱいをもってジャニーズ事務所を退所し、グループから脱退する。同4月以降はフリーとなり、裏方としてクリエーターになるという。

 

【写真】浜崎、相武とのデート…本誌が撮った長瀬智也の”プライベート姿”

 

『宙船(そらふね)』(2006年)など数々のヒット曲を持つグループのメインボーカルであるため、本人の希望であろうが、裏方という選択を惜しむ声が音楽界内には強い。

 

残念がるのはドラマ・映画関係者も同じ。グループがCDデビューする前年の1993年に『ツインズ教師』(テレビ朝日)へ出演してから、2017年の『ごめん、愛してる』(TBS)まで、長瀬はほぼ毎年、ドラマに登場していた。

 

長瀬は「本業はTOKIOというバンドの一員」(長瀬)と強調してきたが、役者としても高い評価を受け続けていた。かつて日本テレビのスタッフは「ジャニーズで一番うまいかもしれない」と評していた。決して、オーバーではないだろう。

 

事実、長瀬は医者などのインテリが演じられる(フジテレビ『フラジャイル』2016年)。一方で無教養な不良も得意(同『3億円事件 20世紀最後の謎』2000年、ほか)。専業のベテラン俳優でもインテリも無教養な人物も出来る人はそう多くない。

 

また、シリアスなラブストーリー(フジ系『砂の上の恋人たち』1999年、ほか)もやれるが、コメディ(TBS『タイガー&ドラゴン』2005年、ほか)もOK。この幅の広さもベテラン役者並みか、それ以上だ。

 

実のところ、本人はラブストーリーだけは嫌だったらしく、出演に違和感を抱いていた時期もあったという。

 

「恋愛に左右される男なんてだせぇと思っていた」(2017年7月23日付読売新聞朝刊)

 

もっとも、自分は表現者だと気づいたことで、役柄への拘りはなくなったそうだ。

 

ドラマ史に残る大ヒット作となったTBS『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』(2000年、2003年)は、長瀬が主人公のトラブルシューター・真島誠に扮していなかったら、成功していたかどうか分からない。凡作になってしまった気がする。

 

誠は男気と正義感が強いものの、照れからそれを隠し、口癖は「めんどくせぇ!」。だが、助けを求められると、すぐに立ち上がり、捨て身でその相手を守る。相手がヤクザであろうが、ストリートギャングだろうが、ひるまない。誠に平成のニューヒーロー像を見た人は少なくなかったはずだ。

 

長瀬が誠役を成功に結び付けられたのは、高い演技力を持っていることに加え、自身のキャラクターも誠役に合っていたからに違いない。

 

長瀬は誰もが認める二枚目であるものの、現代風のすっきり爽やか系ではなく、野性味がある。この顔と雰囲気でなかったら、ストリートギャングらに迫力負けしていただろう。すっきり爽やか系はヤクザとの対峙も似合わない。

 

また、誠はときに頭脳戦を演じたが、これも長瀬だからハマった。野性味オンリーの役者では難しかった。医者役も出来る長瀬だからこそ、知恵比べに不自然さを感じさせなかった。おまけに長瀬はコメディも得意だから、シリアスなストーリーに挿入される息抜き的な場面で、見る側を笑わせることもできた。

 

ちなみに長瀬自身のストレス解消法はこうなんだそうだ。

 

「パンツ1枚になって爆音で音楽を聴くとスカッとします。あ、靴下もはきます、足元が冷えないように。ジャンルはジャズからメタルまで何でも」(同)

 

どうやら素のキャラクターはやはり誠に近いらしい…。

 

そもそもTOKIOに所属する音楽人という意識が強かったため、ずっと役者をやっていくつもりはなかったようだ。

 

「役者じゃないからこそ、今までもできてきた気がする。僕の場合は主演でやらせてもらうのがほとんど。自分というキャラクターを使って、このメッセージを伝えるんだという気持ちでやらせてもらっている。僕が役者だったら、ほかの作品で脇役をやったりしていますよ」(2017年7月7日付、スポーツ報知)

 

音楽人としてはヒット曲の作詞・作曲を手掛け、役者としては簡単に名演を見せる。天才肌なのだろう。勿体ないが、クリエーターとして裏方にまわりたい気持ちもうなずける。

 

やはり名作の誉れ高い『白線流し』(フジテレビ、1996年)も長瀬の存在が極めて大きかった。長瀬の多面性が生きていた。

 

長瀬の役柄は松本市の松本北高校の定時制生徒・大河内渉。母親が家を出て行ったあと、父親が病死し、引き取られた親戚の家で肩身が狭い思いをしたため、中学卒業後は工場(相馬製作所)で働きながら高校に通っている。夢は天文台で働くこと。

 

抱えているものが一般的な高校生よりずっと大きいため、笑顔を見せているときも陰がある。孤独も抱えている。長瀬は繊細な演技を求められたわけだが、見事に演じきった。

 

酒井美紀(42)や柏原崇(43)らが全日制に通う友人たちの役を好演したこともあって、視聴者はこのドラマの続編を希望。シリーズは2005年まで制作が続いた。見る側は10年にわたって渉たちがどう成長するのか楽しみにした。制作者と長瀬ら出演者、視聴者が幸福な関係で繫がったドラマだった。

 

また、視聴者の年齢層が比較的高い放送枠で流されたため、それまではアイドルに興味がなかったものの、このドラマを見て長瀬のファンになったという人は多かったようだ。今も「TOKIOのほかのメンバーにはあまり関心がないが、長瀬のドラマは必ず見る」という人は少なくないはずだ。

 

1993年以降、ほぼ毎年ドラマに出演していた長瀬が、『ごめん、愛してる』を最後にドラマに出ていなかった。これもジャニーズ事務所退所の予兆だったのかもしれない。もともと長瀬にとって関心が薄かったドラマに対し、気持ちが向かわなくなっていたのかも知れない。

 

それにしても役者・長瀬智也がもしもこのまま消えてしまうのだとしたら、あまりに惜しい。

 

取材・文:高堀冬彦
ライター、エディター。1964年、茨城県生まれ。スポーツニッポン新聞社編集局文化社会部記者、同専門委員、毎日新聞出版社サンデー毎日記者、同編集次長などを経て独立。スポニチ時代は放送記者クラブに所属

 



正直、1週間たった今でもその喪失感は大きいものがあって、受け入れる事が出来ないけど・・・・・・・・・・・三浦春馬氏の自殺もオーバーワークが原因だったんじゃないかと言われていますが、この記事で取り上げられた長瀬氏も特に2002年は1日しか休みが無くて、その休みの日も確か国分氏とかと朝から海でサーフィンとかやって遊んでいたらしいですね。

麒麟がくるも一時期ちょっと視聴率が下がっただけで「失速する」とかネガキャンしたし、三浦氏の自殺についてもゲンダイとか東スポとかと同様に憶測記事を書いたフライデーだから、この記事も鵜呑みにするつもりはないけど、長瀬氏が音楽のみならず俳優としても長身端麗な容姿も活かしたダイナミックな演技で魅せてきたのは確かに事実です。

それだけに・・・・・・・・・親族が経営しているブランドの手伝いや音楽活動をしているとも聞いたけど、ジャニーズ事務所内に株式会社TOKIOを設立する事と、来年3月末を持って退所予定でもある長瀬氏自身も裏方に転ずるのは意外でしたね。結局は、華やかなスポットライトが忘れられなくて、また俳優とかやりたくなってしまうんじゃないか?でもありますが・・・・・・・・・・・・

今度24時間テレビで、早くも志村けん氏の追悼企画ドラマを後輩の重岡大毅氏主演(サンスポがほめるほど高い演技力があるとは思えませんが)でやる一方で、有名タレントの流出が絶えないジャニーズ事務所ですが、どんな形であれ、長瀬氏がこれからやりたい事をなされて、今よりももっと充実した人生の新章となる事を願います。

|

2020/07/18

天国に行くのが早すぎるよ・・・・・・三浦春馬・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/855be9fcb418680767429229b72fd675f66b87c9

三浦春馬さん死去に広がる衝撃 9月ドラマ決まっていたのになぜ



配信

女性自身




Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

俳優の三浦春馬さんが7月18日、30歳という若さで死去した。突然の予期せぬ死に、衝撃が広がっている。

 

日テレNEWS24によると三浦さんは同日に仕事の予定が入っていたが、現場に現れなかったという。関係者が自宅を訪れると、首を吊っている三浦さんを発見。搬送先の病院で死亡が確認されたという。また三浦さんの自宅で、遺書のようなものが確認されたとも報じている。

 

97年に連続テレビ小説『あぐり』(NHK)で、子役デビューした三浦さん。その後『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)や『ごくせん』(日本テレビ系)、『TWO WEEKS』(フジテレビ系)といった話題作で幅広く活躍した。

 

三浦さんは、松岡茉優(25)主演の9月ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)にも出演が決まっていた。お金を正しく使うことにこだわる主人公と男性3人の繰り広げる“恋愛合戦”が見どころで、三浦さんは「台本を読み進めるのがとても楽しみでした」と語っていたという。

 

本ドラマ出演者の三浦翔平(32)とは、08年の『ごくせん』(日本テレビ系)と09年の映画『ごくせんTHE MOVIE』以来の共演。約11年ぶりに披露する“W三浦”にも、注目が集まっていた。

 

また来年には三浦さんが武将・松平元康(後の徳川家康)を演じる、映画『ブレイブ 群青戦記』の公開も控えていた。

 

三浦さんのインスタグラムでは、14日に投稿した新ドラマの告知が最後の更新だった。そこには、《テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります! 楽しみにいていてください!(原文ママ)》と笑顔の姿が添えられていた。

 

突然の訃報に、三浦さんを偲ぶ声が広がっている。

 

《なぜ、ショックすぎる、、、》
《えっ? 信じられない。今すごい動揺してます。嘘であって欲しい》
《信じられない...どうして...天国で安らかにお眠りください》
《端から見たら人気絶頂で、何の心配もないように思っていました。でも、ご本人にとってはそうではなかったのですね… 何が死に急がせたのかわかりませんが、ご冥福をお祈りいたします》



午後3時ごろ、ヤフコメでもコメントする為に速報をチェックしていたらまさかのこの情報が・・・・・・・・・・「嘘だろ?」、「何故?」と言うか、ただただ衝撃的でした。

大河ドラマの直虎では高橋一生氏や、学年1つ違いだけど、誕生日は6日しか違わなかった柳楽優弥氏に美味しい所を持ってかれてしまったから今度出演される時はもっと良い役を演じていただきたい、主役を張ったっておかしくないと思っていたらブレイブ群青戦記とやらでのちの家康である松平元康を演じる予定だったらしく、他にも松岡茉優氏らとの共演作だったお金の切れ目が恋のはじまりとかコンフィデンスマンJPプリンス編とかいくつも仕事があって、ミュージカルも今年末から来年初めにかけて公開予定だったらしい。

傍から見たら優れていた容姿を活かされて、順風満帆に役者としてのキャリアを築かれていただけに・・・・・・・・・・・前日まではそのお金の切れ目の収録とか普通に仕事をされていたらしく、彼に何があったのか、どうしてこの様な選択を選ばれてしまったのか・・・・・・・三浦氏とは同郷でもあるだけにショックすぎる、全く悲しい、残念でなりません。変なしがらみなんか無くなったであろう天国で安らかに過ごされる事等を願うばかりです。

|

2020/06/21

手越祐也がついにジャニーズ退所となってしまった様だが・・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/df6bc219fee32d11514d872a5ce32d504f0e1be6

元NEWS・手越 ボランティアは継続 母子家庭に弁当無償で配達



配信

デイリースポーツ




 NEWS・手越退所

 19日付けでジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)が、シングルマザーの家庭に弁当を無償で配達するボランティアを今後も継続していくことが20日、分かった。

 

 ボランティアを管轄する支援プロジェクトの関係者は、デイリースポーツの取材に「これからも参加していただくことになっています」と説明。今月末にも手越の活動予定が入っているという。今後、起業家を視野に入れた新たな活動を展開するとみられるが、その傍ら、社会支援活動も積極的に行っていくことになる。

 

 退所を発表した19日夜に、手越を名乗るツイッターアカウントが開設され、報道各社に「手越祐也記者会見運営事務局」名義でPR会社を通じて週明けの会見開催が予告されている。関係者の話を総合すると、手越本人で間違いないという。



 

 



しゃばけシリーズやマイボスマイヒーロー、デカワンコとかに出ていた時は悪い印象は無かったのですが、調子に乗り過ぎたのでしょう。彼は。

まあ河井夫婦とか線路に置き石して脱線事故を起こしたバカとかの方がもっともっと悪い事をやっていたのですが、タッキー社長に土下座してでも謝罪して許してもらって心を入れ替えるべきでした。彼は。早稲田大学も折角入学したのに、もう少しで卒業な所で中退してしまったのも勿体なかったですが、後先をあまり考えずその時が楽しければ良いやと思っているのでしょうか。

YouTuberや実業家をやりたいと言っていた様で、前者はそれなりに再生回数とか稼げるかもしれないけど、後者は下心ある人しか寄ってこないんじゃないですか?今井翼氏は麒麟がくるでの毛利新介カッコ良かったし、もっと売れても全然おかしくなかったほどの逸材だったのだからこれからも頑張っていただきたいと思うけど、この人は・・・・・・・・・・・・そう言えば光GENJIも今もジャニーズにいるの2人しかいない様で、人生いろいろと言った所なのでしょうが、まあ最近またゴリ押しされていて、失笑しか湧かないキムタク&工藤静香両夫婦の娘2人共々やってみれば良いでしょう。この先どうなるか色々な意味で見ものであります。

|

2020/06/14

小栗旬ついにハリウッドデビュー

https://news.yahoo.co.jp/articles/57fce3913ebd2959512ac40e1dd93fb0e2ecedd8

小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定



配信

日刊スポーツ




 

俳優小栗旬(37)のハリウッドデビュー作、「ゴジラVSコング」の公開が来年5月21日に決まった。当初は今年3月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のため同11月に延期され、今回で2度目の延期となる。同作は「モンスターバース」シリーズ第4弾。コロナ禍で夏以降の公開スケジュールの見直しが相次いでいる。「ワンダーウーマン」が8月公開から10月にずれたことで、「ゴジラ-」と「トムとジェリー」が来年に延期、来年公開予定だったキアヌ・リーブス主演「マトリックス4」も22年4月に延期が決まった。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)



先日、声優出演していた「天気の子」も目にする機会があって、残念ながら全くの期待外れだったのですが・・・・・・・・・・・・

日本人役者も出演するハリウッド映画と言えば、「名探偵ピカチュウ」も先日地上波放送されてましたが、麒麟の放送中止で独眼竜政宗の名場面スペシャル(個人的に政宗は特に前半生は過大評価認定ですが。あと20年早く生まれたとしても東北地方を平定できたのかどうかも微妙だし)も放送される渡辺謙氏も、日本人じゃなかったら大して印象に残らないであろう役柄で拍子抜けでしたが、「ゴジラVSコング」の小栗氏はどうか。

再来年は「鎌倉殿の13人」も放送予定で、麒麟が越年放送となったから、放送開始は再来年のいつになるのかですが、北条義時が主人公なのは意表を突かれましたね。姉や息子、曽孫(渡辺氏も演じられた事があるけど)の方が有名なだけに・・・・・・・・・・・・真田丸も評判は良かったらしい三谷幸喜氏も、古畑任三郎もキャスト一新で復活するらしく、これもどうかなですが、小栗氏も不惑を前にしてさらに飛躍されるのか。吉沢亮氏も随分推されてきているけど、改めて目が離せないですね。

|

2020/06/02

早すぎた引退だったけど、まゆゆもお疲れ様!!

https://news.yahoo.co.jp/articles/281a155888711b9c0bb30216f1a3ec81ae73c808

公式サイト閉鎖、SNS削除…まゆゆ 痕跡残さぬ去り方にも称賛「即退くの美しすぎないか?」



配信

スポニチアネックス




2017年10月、さいたまスーパーアリーナでの卒業コンサートで涙する渡辺麻友

 AKB48から女優に転身し、1日に芸能界引退を発表した渡辺麻友(26)の公式SNSが、1日深夜までに次々と閉鎖された。

 

【写真】2017年の紅白歌合戦で、歌い終えてマイクをステージに置くAKB48の渡辺麻友

 

 公式サイトは1日に「『渡辺麻友OFFICIALSITE』閉鎖のお知らせ」と題し、「当サイトは、2020年6月1日(月)をもちまして閉鎖させていただきました」と通知。渡辺の大好物である唐揚げをアカウント名に盛り込んだ「@karaage_mayu」のツイッターも、アカウント削除を意味する「このアカウントは存在しません」のコメントが表示されるようになった。インスタグラムのアカウントも削除、所属事務所「プロダクション尾木」の公式サイトからも名前が消えた。

 

 渡辺は所属事務所が1日に芸能界引退を発表した後、自身のツイッターで引退を報告した。「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」。これが芸能人・渡辺麻友としての最後のメッセージとなった。

 

 17年にAKB48を卒業した渡辺は、卒業シングル「11月のアンクレット」で、曲の最後にステージにマイクを置く、山口百恵の引退時を思い起こさせる振り付けが話題となった。しかし、今回はSNS上には一つの痕跡も残さず、去って行った。これ以上ない引き際の潔さに、ツイッターでは「最後までヲタに弱いとこを見せなかったな かっこいいまゆゆのままで終わってしまった」、「まゆゆ引退発表からsns、公式サイト閉鎖で即退くの美しすぎないか?」と称賛の声が寄せられている。

 

最近はあまり触れてないけど、正直アンチAKBでもある私から見ても、今回のこの話は驚かされましたね。w-indsのメンバーの脱退や、東京でのコロナ感染者数の増加よりも・・・・・・・・・

私の職場でも一時期彼女の髪型を真似していた女性社員いますけど、どんなにAKBアンチでも、彼女がその中でトップクラスのアイドルだった事実も否定しようがない。最近はドラマや映画を見ていても見かけてなかったけど、だからこそ心身疲れ切ってしまったのでしょうか。詳しい事情は知らないし、詮索するのも野暮というものでしょうが、それに際しての対応もまさに「立つ鳥跡を濁さず」ですね。

お疲れ様です。これから何をされるつもりなのかですが、芸能界だけが人生じゃないし、まずはゆっくり休まれて、自分のやりたい事をやられたら良いと思います。第二の人生も充実としたものになる事を祈ります。

|

より以前の記事一覧