ゲーム

2018/01/08

NewスーパールイージUも今更ながらレビュー

U

これも今更だけど、Newスーパー ルイージUも完全クリア(スターコインワールド9分までコンプリート)したのでレビューします。

ルイージってマリオとの性能差別化がされていると思ったら、単なる色違い(スーパーマリオブラザーズ3、ワールド等)だったり、隠しコマンドで使用可能(Newスーパーマリオブラザーズ等)だったり、ある程度攻略進めて初めて使用可能(スーパーマリオ3Dランド等)とシリーズによって扱いはまちまちでいかにも「永遠の2番手」らしく、しかしそれでも、本作前にもルイージマンションとか主演作も皆無ではなかったけど、今回はマリオが登場せず、コースの制限時間が100で、仕掛けもいやらしくなっていて、中間ポイントも無しと「裏NewスーパーマリオブラザーズU(以降マリオUで表記)」とも言える様な上級者版でした。

しかし・・・・・・・・まあ確かにワールド1のドングリへいやからしてマリオUのワールド3並み以上の難易度でしたが、まあ思ったほどではなかったです。残り人数も比較的早く99人までいったし、マリオUとルイージUはそこまで凄い極端な難易度の差があったわけでもなく、マリオ1(スーパーマリオブラザーズ)と2のそれほどではなかったとは思いますが、ネットでの評判通りの難易度だったのは確かでした。

早くもワールド3からスターコインがかなり取りづらいコースが見られる様になりましたね。ワールド3は何処だったのかと言うと、3-4とお化け屋敷ですね。前者は特に3枚目でしたね。ムササビの扱いに慣れてないと何気に何度も失敗します。ワールド5-塔の3枚目も然りでしたね。5-2もスーパードングリがストックされているのならそれを使った方が良いかもしれないですね。

ホントにマリオUと明確な難易度の差があったのはワールド5までで、6以降は総じてマリオUに毛が生えた程度(マリオU自体もNew~シリーズではWiiの次に難しいと思う)でした。8-1なんか逆にマリオUの方が難しかった(ただクリアするだけもそうだけど、隠しゴールに行くのならばそれこそ9-2に次ぐ高難度コースだったと思う)ですね。ボス戦は、戦い方は同じで扉に入った時点で残りタイム100加算されるからタイムオーバーになる事はない(イギーとルドウィッグが比較的強いのも同じ)だろうけど、クッパ戦もマリオU同様アイスで臨むと楽ですね。クッパの炎を消せるだけでなく、クッパJr.が投げてくるボム兵も凍らせる事が出来るから一石二鳥です。

ワールド9は、マリオUでは前述通りこれまでの2Dマリオシリーズの中でも最高級だった9-2(改造マリオでも普通に見られそうと言うか、マリオUの9-9もそうだったのだろうけど、制作陣も意識してたのだろうなあ)はルイージUでも結構急がないと落ちてくるコンテナに下敷きになってミスとか結構あるので、難しい事には変わりなかったけど、マリオUと比べると8-1等同様楽に感じられました。3枚目のスターコインはゴールポストまで一度走っても戻って取れるしね。ルイージUはファイアーバーだらけの9-6が一番難しかったですね。その次が9-8でしたね。まあ、実はこのマリオUの上級者版なルイージUには抜け穴もあって、多人数プレイでしか使用できない筈のトッテンを隠しコマンドでルイージの代わりに使用する事も出来るのです。敵や仕掛けのダメージ食らわないので、どうしてもクリアできない時は使ってみると良いでしょう。ただ、パワーアップ出来ない(当然クリア後のルイージにも反映されない)し、毒沼や穴、溶岩に落ちたら当然ミスとなる等全くのチートだったわけでもないです。

全ステージにドットグラフィック等のルイージも隠れているのもちょっとしたお楽しみ要素で、普通に価格以上の価値がある良作だったと思うけど、一方でこのルイージUも含めれば5作登場したNewスーパー~シリーズもマンネリ化してしまったのも否めないでしょう。プロペラやペンギン等比較的レアなパワーアップアイテムはハンマーとか他の過去シリーズで登場したものにして、コースも例えば3Dランドみたいに特定のザコ敵を倒した時でも残りタイムが加算される(その代わり道のりはマリオU並みに長い)のとかも用意すればなお良かったかなあでもありましたが、もしニンテンドースイッチでも続編を出すのならそろそろ世界観やパワーアップアイテム、BGM等色々な面で一新しないといい加減飽きられるかもしれないですね。まあそういうのは操作感覚が2Dベースな3Dワールドで既にやり尽くした感もあると言うか、2Dマリオの新作登場は当分無いかもしれないけど・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2017/12/10

NEWスーパーマリオブラザーズUを今更ながらレビュー

Wii U本体やゲームパッド、その他周辺機器はコンビニ決済で、ソフトの方はアマゾンで購入したけど、今日昼前に3日がかりでNEWスーパーマリオブラザーズUを全クリしたので今更ながらレビューします。

NEW~シリーズも何作も制作されていて、大本はスーパーマリオブラザーズ3だろうけど、全体図を俯瞰できる、食べ物の名前がついたワールド名や大人だけじゃなくて、使い様によってはコースクリアが楽になる事もあるちびも登場したヨッシー、トーピード等一部雑魚キャラの復活等、今回はスーパーマリオワールドの決定版みたいな面もありましたね。

目玉は何と言ってもムササビマリオで、スーパードングリで変身でき、いきなり1-1から操作の練習が出来る等の配慮もしっかりされてました。1回だけ高く飛べるのは便利で、当然と言うか、ムササビに変身していないと取れないスターコインや入る事が出来ない隠し部屋も少なくは無かったですが、壁張り付きのおかげでカベキックがしづらい感じもしました。トッテンを捕まえる事等によって、強化版のパワードングリも入手でき、それを使った場合は延々と飛び続けられるけど、パワームササビマリオでクリアしたコースはありませんでした。

難易度はワールド8(ピーチ城)までは概して丁度良い感じで、最初は優しすぎずでだんだん難しくなっていった絶妙な調整がされていました。地下なのはもはや1(スーパーマリオブラザーズ)からのお約束な1-2から既に雑魚敵が多かったり、不安定な足場もいくつもあったりでしたが、ワールド3(ミントしょとう)からそれなり以上の難易度なコースが見られる様になって、ワールド5(ソーダジャングル)からスターコインも意地悪な配置が目立つ様になった感じでした。以降ワールド8まで特にスターコインが取りづらかったと感じたステージは以下の通りです。

5-1・・・3枚目はスタージャンプ(無敵状態での回転ジャンプ)じゃないと取れない模様。
5-4
5-隠・・・2枚目が一番難しい。3枚目は下の方の土管に入らないと取れないけど、パタメットの高度調整は何回かやり直しも利く。
6(ロックさんみゃく)-2・・・フグマンネンがしつこいので出来ればファイアーマリオで臨みたい。
6-4・・・2・3枚目はムササビならば比較的楽。
6-6・・・3の7-7要素も混ぜたコースだったけど、3枚目は連続無敵状態じゃないと絶対取れない。クリアするだけならそこまで極端に難しくはない。
6-7・・・3枚目は移動するクロスリフト上からノコノコの甲羅で取るのだけど、その前にバサバサやパックンフラワーを倒しておいた方が良いです。
6-城・・・取りづらいと言うよりも、3枚すべて取るには隠しスタートからも入らないといけないからその点では面倒。ロイは後半の子クッパにしては楽です。
7(マシュマロうんかい)-3・・・3枚目はキラーをアイスで凍らせながら先回りしてリフトから落ちてきたところをキャッチ。
7-砦・・・特に2枚目。スライドリフトの動きに合わせてムササビで上空を飛ぶタイミングがなかなか掴みづらいかもしれない。
7-6・・・3枚目はムササビでも取れるけど、パタパタの甲羅で取った方が安全です。
8-1・・・3枚目はアイスでPスイッチの足場近くにいるトゲメットを凍らせてその近くにいる他のトゲメットを倒しながら取る。一度に後述する隠しゴールに行こうとしない方が無難です。
8-3・・・2枚目も上下する溶岩に当たないで取るタイミングシビアですが、3枚目もムササビじゃない場合今回出番少ない印象もあるケロンパを踏み台にしないといけない。
8-城2・・・3枚目はクッパJr.が落下した直後に取りに行くのが安全です。

ここまで何とかスターコイン全部集めて、ルートも全開通した上でクッパも倒したけど、今回のクッパはアイスで戦うのが一番楽です。巨大化した後に吐いてくる炎も消せるからです。クッパJr.からクラウン奪えれば落下攻撃もう出来た様なものなのでクッパを倒すのはそんなには難しくありません。ここまで何とかアイスで来ましょう。それが無理なら負けて中間ポイントからの再チャレンジに備えてアイスをストックして、10個以上たまらない様に他のアイテムは積極的に使いましょう。

さすがにワールド8も、特に1は炎と上下に動く足場のダブルコンボで、隠しゴールにいくにはスピンジャンプも駆使しなければいけないし、3も道のりが長い上に溶岩が上下に変動して、でかメットも上手く利用しなければいけない等最後まで気が抜けない。2や城1はパワーアップアイテムとしてアイスフラワー設置されているけど、実際はファイアーの方がクリアが楽とこういう所でも一種の意地悪さが感じられたけど、ピーチ姫を助けて終わりではまだない。

ネットでも多数見られる改造マリオにインスパイアされた様なコースも見られたけど、8-1や8-3並みに難しいステージばかりな上級者用のワールド9(スペシャルスター)でプレイできる様になるのです。特に9-2が今回のこのNEWスーパーマリオUでの最難関コースだと個人的に思います。6つ目~7つ目のPスイッチが置いてある区間が鬼門ですね。その少し前の2枚目のスターコインは、パタパタを踏んで取るには上がってくるのを少し待たなければいけないのがさらにこのコースの難易度を上げていて、6つ目のPスイッチはパタパタを踏みながら押すのはコツだけど、他にもスピンジャンプやカベキック(7つ目のPスイッチを押すのに)、そして音楽が切れた瞬間にコインからレンガブロックに変わった足場に乗って3つ目のスターコインを取る等これまで覚えるべきなテクニックを要求されます。ワールド9は中間ポイントもなければルイージによるおてほんプレイも無い様だけど、途中ノコノコの甲羅を転がす事で3UPも出来るのはせめてもの情けと言った所ですか。このおかげで10回以上死んだけど、残り人数あまり変わりなかったです。

3は6-2等同様なるべくファイアーで臨みましょう。しかし、後半はそれでもトゲプクが厄介です。4はムササビでもぶらぶらハンマーが足場だから決して楽ではなかった。5は前述通りカベキック絡みで、3枚目のスターコインを取るにはムササビじゃない方が楽ですが、これがある隠し部屋に入るにもしゃがみながら進まないと毒沼に落ちやすい意地悪な地形になっているし、ムササビじゃないとゴール直前の回転足場も神経使う等やはり難しい。6はスターコイン取るのも含めてファイアーバーの動きを良く見切るに尽きる。7はワールド9にしては比較的簡単。ジュゲムの雲に乗り続けられればそのままスターコイン取りながらゴールまで楽に進めます。勿論倒さないとお話にならないので、6-6の空中版とも言える9-1同様ファイアーで臨みましょう。この時点でいつでもセーブ出来る様になっているのでアイテムストックが無くても、1-2とかに戻ってパワーアップできるはずです。8はまた一転してトップクラスの難易度。鉄球に当たらない様にしながらちくわブロックをダッシュするのは何度かタイミング測れば掴む事が出来るけど、赤いブロックがある地帯の少し前の大きな鉄球と小さな鉄球の間にいるほねメットが曲者。ここも最後までちくわブロックと気が抜けず、ここで落ちて死んだ時には泣きそうになった(苦笑)けど、これがまあアイスでも倒しづらい意地悪な配置がされているのです。ここでダメージ受けるのは計算の上で、ここまでアイスで来ましょう。3枚目のスターコインはスピンジャンプすると取りやすいです。

そしてここまでスターコインも全部取ってクリアしたらホントに最後の最後な9-9が解放されます。ただクリアするだけなら全然楽ですが、2・3枚目のスターコインを取るにはノコノコの甲羅を追いかけながら途中Pスイッチを押してつるを出していかなければいけません。途中ノコノコやクリボーも蹴散らせて残り人数も増殖できるお得なステージでもあります。

1

2
ピーチ姫を助けるとひみつの島も解放されて、このプレイ記録も見れる様になるのですが、上記2つの画像は9-9まで全クリした時のプレイ記録です。スターコインは82コースあるから全部で246枚の筈ですが、一度クリアした後もスターコインが全部とれなくて再挑戦(だからゴールをクリアした回数も本来なら82+隠しゴール12=94なのが125となっている)したり、隠しゴールを目指したり等してもっと多く記録されていると思われます。クリボーを踏んだ回数が思ったより少なかったのは意外かな?逆に残りタイム10と1の位を揃える事で発生するゴール花火はこんな多かったっけ?でしたが、トッテンが一人称である「オイラ」呼ばわりされているのは何だか哀愁感じると言うか・・・・・・・・・次はもっと難易度が高いらしいNEWスーパールイージUを挑戦してみたいですね。キノピオ隊長の方も購入したからそれも遊んでみたいけど、もう少しコース多ければ尚良かったかなあとも思えたながらも名作である事には間違いないでしょう。ただ、ニンテンドースイッチでもNEWスーパーマリオブラザーズSとして作るつもりかどうかは知らないけど、マンネリ気味なのも否めないし、次は「ここが違うなあ」と思える要素をいくつも打ち出してほしいと思います。ロックマン11発売決まったからスイッチを買うのも考えているけど、次回作も期待しています。任天堂ならこれからももっと面白いスーパーマリオを作っていけるはず!!

| | トラックバック (0)

2017/12/08

mugenオメガルガールの面白動画その21

https://www.youtube.com/watch?v=s5qPXLJbxak

オメガじゃないけど、ちょっと興味を持ったので。まあmugenだから何でもありと言うか、ギガンテックプレッシャーからラストジャッジメントなんて夢の様な(?)まで出来てしまうようだけど、ゴッドルガールよりもその相手の兄ちゃんですね。

「Rozwel J」って、誰?と思いきや、mugenのオリジナルキャラクターの様だけど、技(当て身投げの様な技や、笑いをあげながら相手を攻撃する技もある)から察するにKOF11に登場したオズワルドのイケメン青年バージョンで、この動画の彼は黒髪だけど、元々は金髪らしい。「まだ苦痛が足りない」とか「ゆっくり悲鳴をあげろ」とか中二病的なセリフも目立つけど、彼は声優も誰なのですかね。声質的に緑川光氏系かと思われますが、もしかしたら名前を聞いたら「ああ、あの人か」な若手・中堅どころの声優さんかもしれない?

ゲーニッツの女性バージョンとしてのゲニ子も有名だけど、こういうキャラも作られているあたり、オズワルドの人気もそれなり以上という事なのですかね?そう言えばまた、KOFの年配熟練者ポジのキャラって、リー・パイロン(元々は彼がリョウ、ロバートとチームを組む予定だった)の代わりに(?)94から多くのの作品に出演している鎮やタクマもいると思えば、柴舟は正史は95以降プレイヤーとしての登場作品が無い(お祭りな98やNEOWAVEではプレイヤーキャラとして登場し、KOF京や2001のEDでも登場)し、このオズワルドもシェン・ウーとのあの一騎打ちには勝ったらしいけど、決して嫌いなキャラじゃないと言うか、、設定上しょうがない所もある(しかし、同じ暗殺者でも元なんか春麗と関わりがあるという事で一時優遇されていたもんね。あの某実写版では吹き替え版の声優も井上和彦氏だったし)けど、12が未完成品のまま発売される事がなければ、13が94や98、2002みたいにお祭り版となって鎮やズィルバー(SNKのボスキャラって他にギースやクラウザーとかドイツ系目立つけど、95以降サザエさん方式を採っているKOFでは、1950年生まれの彼は45歳か。ただし、BURIKIでは本来1957年生まれのリョウは10歳年齢若く設定されている)と共にマスターチームでも結成していたのでしょうかね?そういう意味では中国の企業に買収されたのも追い風となったのか、11以来久々に登場したタンと、ビリーには三下なんて酷評されてしまった事もあったアントノフもどうなるかですが、ハイデルンも96以降は後方での指揮を執っている事が殆どだし、出番の多いキャラとそうでないキャラの差が激しい様な気もしますね。オメガルガールと関係ない話になってしまったけど、もし彼とこのRozwel Jが戦う動画を見つけたらまた取り上げます。

| | トラックバック (0)

2017/12/02

NEWスーパーマリオブラザーズ2コイン稼ぎ記録

通常ワールド数が6、通常ステージ数が59(大砲・レインボーは除く)と他のシリーズと比べやや物足りない面もあるNEWスーパーマリオブラザーズ2ですが、コイン稼ぎの楽しみはそれにはない要素で、全クリした後でも長く楽しめます。2017年12月2日午前時点でですが、各ステージのコイン最高記録を晒します。(ゴールドマリオまたはシルバールイージプレイが前提、平均は()は大砲・レインボーコースを除外した場合の記録)

W1

1・・・8125
2・・・3285
3・・・2232
塔・・・729
4・・・3797
5・・・1878
A・・・4224
城・・・2146
大砲・・・172
レイ・・・401
平均・・・2699(3302)

1はゴール手前のタワークリボーを最後の1匹だけ残して連続で踏んで、少し戻るとまた復活しているのでそれを踏んで・・・・・の繰り返しですね。2は巨大になって8匹の緑ノコノコがいるあたりの障害物を破壊した後その土管の入って、出た後前述の緑ノコノコ達を赤ノコノコの甲羅で蹴散らしてさらに少し前の中間フラッグ地帯の赤ノコノコも倒して土管に入ってまた・・・・の繰り返し、3は最初のクリボーが無限に出てくる土管少し前の地帯でノコノコの甲羅を転がして踏んでまた転がす・・・・・これだけで15稼げて、クリボー土管の近くで甲羅を置いてクリボーが落ちない様にしつつ踏んでいく方法もあるけど、こちらの方が楽です。(このパターンは以降1-3パターンと呼称)5はルーレッドブロックの周りを泳ぐプクプクが重なった時にゴールド(シルバー)ファイアーを当てて、少し前のスターコインがある土管に入ってまた・・・・・・を繰り返すけど、やや安定しなかったのでもう少し稼げるかも?塔はほねクリボーがいる地帯で左の方に常にいながらゴールドファイアーを当てるパターン。Aは1と同じ。ゴールドリングがある土管(2回目以降は無し)がノコノコの甲羅をパックンフラワーにぶつけてまた・・・・・・なパターンでは3500~3700枚程度しかいかないです。城はカロンがいる地帯で右を向いている状態で踏んで、復活するまでロープにつかまってまた・・・・・なパターンで、左を向いた状態で踏むと頭が溶岩に落ちて復活が遅くなるのが注意点ですが、慣れれば難しくないです。

W2

1・・・2176
2・・・2536
3・・・2621
A・・・574
塔・・・869
屋敷・・・507
4・・・7633
5・・・745
B・・・1505
城・・・940
レイ・・・273
平均・・・1853(2011)


1は1回ゴールドフラワーがある部屋でノコノコやクリボーを倒しつつコインを取って出た後もう1回入って、ノコノコの甲羅を転がしてクリボーらを倒した後残りタイム60ぐらいまで1-3パターン。2-2はメガブロスやブーメランブロスの近くにいるノコノコを踏んで持ってって、残りタイム50ぐらいまでゴール直前の地帯で1-3パターン。3もクリボーが無限に土管から出てくる地帯で1-3パターンです。塔はカロンとでかカロンがいる地帯で残りタイム130ぐらいまでどちらも踏むパターンでやっと850強程度。後述する6-Aパターンも出来そうだけど、難しいです。Aはルーレットコイン50枚とってやっとこの程度。Bはゴール直前のボム兵が3匹一斉に出てくる所をゴールドファイアーで当てて、また出てきたら・・・・・を残りタイム15まで繰り返しました。

W3

1・・・2425
2・・・2140
A・・・1260
3・・・817
塔・・・501
4・・・9999
B・・・680
屋敷・・・463
5・・・3298
城・・・905
大砲・・・155
レイ・・・293
平均・・・1911(2249)


1はゴール直前の土管までスーパースターで無敵になって、ゴールドリングも取りながらとにかく突っ走る。その後は土管近くで飛んでくるプクプクをなるべく2匹セットでゴールドファイアーで当てるのを残りタイム20か25ぐらいまで繰り返します。3は2つ目のスターコインがある土管に入って出たらその近くにいるガサゴソを倒してまた土管に入って・・・・・を繰り返しますが、土管に入って出るはテンポ置かないで繰り返すと、残りタイムが100を切って音楽が早くなった時は特にエラーとなって強制終了、3DSのホーム画面に戻ってしまいやすいので注意!!4はネットでも出回っている有名な方法で簡単に稼げるので説明不要でしょう。Bはパタパタの甲羅を、土管前の地帯で1-3パターンに持ち込めるけど、ここまでノーダメージで来るのはマメじゃないとかなり難しいです。5は8匹のゲッソーがいる部屋で、1回目は普通に8匹とも体当たりして倒して、出た後またスターで無敵を継続させて2匹ゲッソー倒した後Pスイッチを踏んで入れる隠し部屋で青コインを取った後、8匹のゲッソーがいる部屋に戻る。2回目以降はスターは無くなっているけど、まず左の2匹だけゴールドファイアーで倒した後下を泳いでゲッソー達の間に回り込んで残りの6匹を倒します。また入って同じ方法で倒すのを残りタイム80になるまで繰り返したけど、部屋に入る際、その少し前からゴールドファイアーを撃つとゴロゴロ岩に倒された子連れゲッソーに当たってこの時でも90枚コイン稼げます。城はガリガリの隠し部屋まではマメで入って、スターで無敵になって、カベキックして上に登ったらストックしておいたゴールドフラワーで変身して、扉前まで連続スター、ウェンディ戦も彼女が呼んだプクプクも倒してなるべく稼ぐけど、もっと行くかも?

W4

1・・・9999
屋敷・・・455
2・・・2355
A・・・1253
B・・・2252
塔・・・1983
3・・・2326
4・・・1794
C・・・3446
5・・・1540
城・・・1183
レイ・・・243
平均・・・2402(2599)


1はロープ地帯を超えるまではしっぽで進んで、ノコノコを持ってった後ストックしておいたゴールドフラワーで変身して、ロープに掴まりながら甲羅を転がすだけで後は3-4同様ですが、残り時間にはあまり余裕は無いです。塔は前半は1-3パターン、後半はスターをゲットして無敵状態で出来るだけほねパックン達を倒す。Aは2つ目のスターコインがある地帯で左右の土管から出てくるクリボーを踏み続けて稼ぐ事が出来るけど、クリボーもトランポリンキノコの上で跳ねてくるので難しいです。Bはノコノコが歩いている地帯で甲羅を転がした後ルーレットアイテムがある隠し部屋に入って出たらまた・・・・・を繰り返します。城はトゲ鉄球が無限に落ちてくる地帯で残りタイム170あたりになるまでゴールドファイアーで倒すのを繰り返し。モートンも楽勝です。

W5

1・・・9999
2・・・2905
3・・・3275
屋敷・・・507
A・・・9999
塔・・・410
4・・・2932
5・・・2312
6・・・3374
城・・・2350
レイ・・・386
平均・・・3495(3806)


平均獲得コイン数はこのワールドが最多ですが、1とAは3-4パターン。Aはゴール直前のつるが伸びるブロックの所まで甲羅を持ってくるのがややめんどくさいですが・・・・・・2は3匹のジュゲム達がいる隠し部屋でクモに乗り継いで移動しながら延々と倒す繰り返しでここまで。5は隠し部屋に入れる土管が見える地帯で左右の大砲から発射されるキラーを倒し続ける繰り返しで難易度は高くないけど、思ったほどは稼げない。6はスタート地点付近のノコノコ達を踏む繰り返しですが、音楽に合わせて踊るので、タイミングが狂う事もあります。城は1-城と同じパターン。ルドウィッグはなるべく短期決戦で。

W6

1・・・2069
屋敷・・・655
2・・・850
A・・・1007
B・・・1203
3・・・1880
塔・・・490
4・・・680
5・・・1889
城・・・633
レイ・・・276
平均・・・1057(1136)


このワールドはとにかく稼ぎづらいです。1はスタート地点の火山弾が当たらない地帯で1-3パターン。3-4パターンも出来るらしいですが、ブロックを上手く火山弾に壊してもらう事と中間フラッグ少し前にいるメットの甲羅を持ってくるのがかなり難しいです。オバケ屋敷は残りタイム70までテレサを倒しながら同じ部屋を行ったり来たりする。2は停泊したほねリフトをヒップドロップして出てくるコインを取るだけでも100強は違います。3はゴールドリングもある、ファイアーブロスの部屋に入って倒してまた入って・・・・・を繰り返す。土管出口近くのゴールドリングは無理に取らない方が無難です。ゴール直前の階段でノコノコを破裂するまで踏み続けて1000枚稼ぐ事も出来るけど、これも難しいです。Aはスターがある地帯まではしっぽで進んで、そこでゴールドマリオ、またはシルバールイージになってコインやスターも取って無敵状態となってカロンを倒しながら土管近くまで行きます。その土管近くにいるでかカロンを踏み続けながら、カロンを踏み続けるのですが、このステージ自体タイムが長くないし、画面端じゃないと失敗しやすいです。Bはゴール直前の土管から出てくるキラーを、時間切れ寸前まで倒し続け、フラッグも画面以上にキラーが数匹以上いる状態でゲットします。4はつたがある地帯でテレサとクロスケ―を倒して登って、降りてきたらまた・・・・・・の繰り返しですが、苦労の割にはやはり多くは稼げない。5は2つ目のスターコインがある所を少し先に進んで所にいるノコノコの甲羅をゴール直前の地点まで持ってって1-3パターンに持ち込みますが、ここも面倒です。

WM(キノコ)

1・・・9696
2・・・682
A・・・1184
屋敷・・・596
B・・・2135
3・・・1764
城・・・488
大砲・・・143
レイ・・・348
平均・・・1893(2364)


1は9匹のパタパタがいる部屋でその内上段で飛んでいる1匹をノコノコにして破裂させない程度に無限1UPするのを繰り返すパターンあるけど、2回目以降は土管を出たら一度倒しても復活しているノコノコとクリボーを倒しながら入って、パタパタ達を一度にゴールドファイアーで倒してまた・・・・・を繰り返す方が楽です。この方法でも9999枚にかなり近い枚数を稼げました。2はオバケ屋敷や塔とは対照的であると言うか、全般的に水中ステージはコイン稼ぎやすいけど、このM-2は隠し部屋から出て復活している敵を倒すのを繰り返すパターンが出来ないので例外です。Aは4-城と似たようなパターン。Bはゴール直前までしっぽでつたを登って進んで、3-4パターンに持ち込めるけど、助走して飛ぶのが難しい。スタート地点でつたに掴まりながら、残りタイム250切るまでノコノコを踏み続けても2000強程度は稼げます。3は巨大マリオ(ルイージ)に変身してゴール前のコインを出来るだけ取った後メットを倒さないでまたゴールドマリオ(シルバールイージ)に戻って1-3パターンで1500枚以上行きました。城は実質的に強制スクロールなので大して稼げません。

WF(フラワー)

1・・・958
A・・・1848
屋敷・・・599
2・・・2213
3・・・3934
B・・・1543
城・・・4815
レイ・・・348
平均・・・2032(2273)


1はもっと稼ぎづらい印象あるけど、3つ目のスターコインがある地帯付近で1-3パターンが出来ます。Aはスターで出来るだけ多くの敵を倒して、かつ足場の上にあるコインを取る事。2はフグマンネンはそこまでは怖くないけど、終盤の5匹のガサゴソがいる地帯が最大の難所です。こいつらを踏んで、ルーレットコインブロックがある隠し部屋に入って出てまた踏んで・・・・を繰り返す事も出来ます。3は1-1や1-Aと同じパターンですが、一緒に仲良く(?)歩いているノコノコは踏んで甲羅にしてタワークリボーが足場から落ちない様にした方が成功しやすいです。Bはゴール近くのジュゲムを倒して、少し一旦戻るとまた復活しているジュゲムを倒して・・・・の繰り返しです。城はほねクリボーが土管から出てくる地帯で連続6匹踏めますが、5匹目を踏もうとして6匹目に当たってしまいやすいリスクもあります。なるべく1匹目と2匹目はベルトコンベアーの左側まで引き付けて踏んで、2匹目以降もなるべく早いテンポで踏まないのがコツです。これを残りタイム170程度切るまで繰り返しますが、その少し後にあるツタを登ってスターで無敵になって稼ぐのも忘れずに。レミーはベルトコンベア上で戦う故に甲羅の転がるスピードが左右異なる事に注意すれば楽勝です。

WS(スター)

1・・・4512
2・・・1880
3・・・2094
4・・・552
5・・・1726
6・・・734
7・・・5082
城・・・398
レイ・・・385
平均・・・1929(2122)


1はノコノコまたはパタパタがいる4つの地帯の内ゴール直前以外ではM-1みたいにブロックを階段状にして、ノコノコが2段目に降りてくる所を破裂するまで踏み続ける事が出来ます。ゴール直前ではオレンジ色のPスイッチが見える階段状になっているブロックの内一番左の1マス分だけ突出しているブロックを壊してパタパタをゴール手前のブロックまで誘導、一番上の段でノコノコにしてあとは他の地帯と同じパターンに持ち込めますが、この時点で残りタイム100切りがちだし、4つとも成功させるのは難しいです。私のこの記録も最後だけ失敗してしまった記録です。2はM‐1以上に一見稼ぎづらい印象あるけど、1-3パターンで2000枚近くまで稼げました。3はテレンが大量にいる隠し部屋で倒して出て、また・・・・を繰り返すだけでなく、つたを登った部屋でスターで無敵になってテレンや(でか)バッタン達を倒すのも忘れずに。しっぽになってなくても、赤リングがある地帯から少し進んだ地帯にいる、倒れたでかバッタンを足場にしてさらに左の足場に登ってまたさらに左にダッシュジャンプすればいけます。4はフグマンネンは一旦倒しても時間が経つとまた出てくるパターンを利用してもこれ以上稼ぐのは難しいかも。5はノコノコ達が天秤リフトを歩いている地帯が最大の難所。そこを超えてすぐのブロック地帯にいるノコノコを転がしながらジュゲムが投げてくるトゲゾーをぶつけ続けて稼ぐ事も出来ますが、投げてくるテンポが速くないし、何よりマリオ(ルイージ)にも当たってしまいがちで苦労の割には効率よく稼げない印象です。7は残りタイム70程度になるまで4つの火の玉が出てくる地帯で延々と倒し続けるだけ。稼げるコイン数はそれほどの大きな差は無いけど、1より全然楽です。

今の所、まだ100万枚強しかコイン稼げてないし、ニンテンドースイッチとなってまたNEWスーパーマリオブラザーズシリーズが展開されるかどうかも分からないけど、もしまた任天堂が製作する気があるのなら、クリア後の特典としてまたこういうコイン稼ぎが出来る様にしてほしいですね。まあ悪く言えばマンネリ化が進んでいたのも否めないし、2D感覚でプレイできるスーパーマリオ3Dワールドが集大成の側面もある様だから2Dマリオもまたしばらくは新作出ないかもですが・・・・・・・・・・・・・それに3Dワールドよりも前に、3Dランド、まだスペシャルワールド4の途中までしか進んでないから早くそっちの方も全クリしないとね・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2017/11/18

アリカ製伝説の(?)格闘ゲーム、ついに19年ぶりに新作出る!!のか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000005-famitsu-game

アリカの“謎の格闘ゲーム”の正式タイトルが『Fighting EX Layer』に決定!

11/16(木) 17:47配信    

    

 これまで何度か情報をお伝えしてきたアリカの“謎の格闘ゲーム”(仮題)。現地時間2017年11月15日、アリカの西谷亮氏がPlayStation.Blog USにて、本作の正式名称が『Fighting EX Layer』となったことを発表。さらに、カイリ、ガルダ、スカロマニア、ダラン・マイスター、アレン・スナイダー、シラセを実装したプレイステーション4向けのベータテストを2017年12月11日に開始することも合わせて公開された。

◆PlayStation.Blog US






 アリカ公式Facebookには国内向けの情報が公開されていて、システムの概要のほか、ベータテスト期間は2週間を予定していることを掲載。そのほか、現地時間2017年12月9日、10日にアナハイムで開催されるPlaystation Experience2017にて、試遊台が出展されることも明らかとなっている。

日馬富士による暴行事件や国連人権理事会の日本叩き、そして既に大河や連続TV小説共々オワコンなのは分かり切っているけど、今年も不可解な選考した死に体紅白(日本人メンバーも3人混ぜたあたり、TWICEのゴリ押しも「一種の用日」であるとも言える)等嫌なニュースも相次いでいますが、格ゲー関連ならばまずストⅡ劇場版でもイライザ役だった鶴ひろみ氏の急逝ですね・・・・・・・・・・高速自動車道でハザードランプをつけたまま車を停止していた状態で発見されたらしいですが、早すぎるよ・・・・・・・・・ドキンちゃんやブルマだけじゃなくて、美神やよし子(湘南爆走族)とかの声ももう聞けないなんて実感ないけど、ご冥福を私からもこの場を借りてお祈りいたしますです。

その鶴氏出演作の一つだったストⅡ劇場版の公開数年後、同シリーズの生みの親である西谷亮氏がアリカ(設立当時は別社名)を設立して、EXシリーズ等を発表した。その傍らファイティングレイヤーも開発して、これにもブレアアレン(声優が細井治氏で、火引弾役でも有名で長く担当していたが、テンション高い兄ちゃんで波動昇竜系キャラと因縁あったのも似ている)が登場していた。私はこのゲーム、ゲーセンで見かけた事すら未だなく、家庭用への移植もされてないままですが、大会が行われた事はあったらしく、you tubeでその動画を見た事あります。

ブレアとアレンはEXシリーズをプレイした事がある人ならあまり違和感なく使っていけそうかなと言うか、ストⅡ開発経験者で、ダッシュのゲーメストムックでもその際の苦労話も掲載されていた西谷氏(アリカ)とナムコ(現・バンダイナムコゲームス、販売担当)のタッグにしてはマイナーな印象を受けました。それが、まさかの(?)続編(?)な様ですね。

アレン以外にもEXシリーズおなじみの面々が何人も参戦するらしいけど、シラセってほくとの幼名ですよね。(なお、ほくとはたまたま旅中出会ったリュウを慕っていたという設定もあったが、2以降は餓狼シリーズでの不知火舞対望月双角の因縁等共々半ば忘れ去られた設定になってしまった感があったし、Ⅲシリーズではいぶき役だった天野由梨氏はゲーメストムックでのインタビューで「リュウ、ケンはあまり好きではない。」と語っていた)ファイティングレイヤーとEXシリーズの詳しい世界観の繋がりは知らないけど、EXの前日談なのですかね?EXはSFシリーズ正史じゃないけど、一部のキャラ設定から時系列的にはZEROとⅡの間の話であると推測できるから1989、もしくは1990年頃、カイリが水神家分家当主(ほくとの父)に谷底に突き落とされたと思いきや、どうやらⅤの発売でまだシラセだったほくとに海に突き落とされたという設定に変更されてしまったっぽい(身長も若干縮んでいる)ですが、ほくとは17、8歳ぐらいだったのでこの事件はストEXシリーズより5~10年ほど前で時代設定はその直前で、1980~85年頃?リュウ、ケンはまだゴウケンの元で修行していただろうし、春麗もアニメ版Vでは真面目な毛利小五郎だった親父とも生き別れてない「普通の女の子」で、ガイルやナッシュも空軍士官学校で学んでいた(ガイルは既に30歳で少佐と最速ペースの昇進していたから士官学校は卒業していただろうし、ナッシュはガンスパイクではキャミィより7歳年上という事になっていたが、その場合だとガイルとも年の離れた友人という事になってしまう)、サガットも帝王として君臨していたのでしょう。

そうなると、アレンはまだケンの存在すら知らなかっただろうし、スカロマニアはまだせいぜい係長(EX2でリストラ推進係の部長に昇進したという設定)あたりか?しかし、you tubeでPVも見たけど、シラセは確かにEXシリーズのほくとより幼く感じられる容姿な一方、カイリはEX2以降の白髪半裸姿と食い違いも感じられたあたり実際は全くのパラレルなのでしょう。(KOFだって、本来それぞれ芸能人ならばシンゴジラにも出ていた竹野内豊氏や藤原紀香氏ら、鈴木雅之氏らラッツアンドスターのメンバーや大竹しのぶ氏らと同世代なボガード兄弟とリョウ・ロバートが同じ20代前半の若者姿で共演している事が多いし、ギースなんかNEOWAVEではついに龍虎2時の洋装青年姿で・・・・・・・)いずれにせよ、ストEXシリーズは今の所3が最終作だけど、ちょっと予想外でしたね。餓狼伝説シリーズも、旧SNKの知的財産権を継承した芋屋が中国の企業による買収も経てSNKに社名変更した直前にはKOF14開発スタッフがインタビューで続編製作への意欲を明かしていましたが、半ばオワコンになってしまっていたこうした格ゲー群続編とかへの良い流れにもなると良いですね。

| | トラックバック (0)

2017/10/29

mugenオメガルガールの面白動画その20

https://www.youtube.com/watch?v=Tgq1GfuxVU4

今回のこのシリーズはルガール達のチームバトルですが、BRUGALってあの98UMと2002UMの良い所どり(加えて、声優が同じ新居利光氏なだけなのにオリジナルゼロの超必まで使用可能)したルガールをさらにドラゴンボールのブロリー化したバージョンで、初めてお目にかかりましたな。95風のルガールは2体登場して、内1体は若本ボイスの、以前にも何度か見たものでしたが、最も特筆すべきは2P側大将だったRUGALCLONEBだったでしょう。雄たけびを上げながら髑髏の気柱を立てる超必等がオリジナルの技な様で、一定時間相手を行動不能に出来る効果を持つ様ですが、いやあ、カッコいいですね!!KOF14も、先日ギース・ビリー・山崎のチームのプレイ動画も目にする機会があって、あの矢吹先生の稀有な代表作の一つ、黒猫(問題点はいくつかあったが、ただの駄作と切り捨てるには惜しい要素もいくつもあったと思う)のトレインがテリーになっている様で、シリーズ名は明言されてない様ですが、16で完結して17でまたストーリーの無いお祭り編になるのですかね。と言うか、アーデルハイトとローズも何やってるんだろ。エリザベートはストーリーに関与しているらしいですが、彼ら兄妹の再登場もなるのですかね。12はグラフィック一新にエネルギーを割き過ぎて、明らかに作りかけのまま出してしまった黒歴史みたいになっているけど、ルガールも今度のお祭り編は・・・・・・ですね。95オメガが歴代KOFボスキャラ達の中では一番キャラ立っているのだけど。

| | トラックバック (0)

2017/10/22

東京魔人学園シリーズについて少し思う事

http://www.nicovideo.jp/watch/sm3746245

東京魔人学園シリーズという、かって人気を博した学園伝奇ジュヴナイルものがあるらしく、私はゲーム版は全くプレイした事ないですが、シリーズ一作目の剣風帖を題材としたコミカライズ版を地元の大型古本屋で目にした事があります。全4巻中、3巻だけが無かったけど、そのシリーズの主人公、緋勇龍麻に非常に感情移入が持てた等の理由で残る第3巻も中古でアマゾンで買いましたね。

2009年まで発行されていたガンガンWINGに連載されていたらしく、作者先生である喜名朝飛氏は現在はペンネーム(喜名柚日名義)を変えて、地元の沖縄で活動されているらしいですが、このシリーズそのものにも興味を持っている所です。この喜名コミカライズ版では卒業後、龍麻は京一と共に確か中国に旅立った事が最後描かれてましたが、後日談である九龍妖魔学園紀でも条件を満たせばクリア後、中国に行った筈の(?)この龍麻が、手違いで本来の主人公、葉佩九龍の代わりにトレジャーハンターとして舞台の高校に送り込まれ、24歳にして高校生をやり直す超展開な設定で主人公として操作できるらしい。ニコニコ動画では九龍編は最後までプレイした動画はあっても、黄龍妖魔学園紀とタイトルも変化している龍麻編は序盤までしか見れない状態な様です。

この間に前日談である外法帖(時代設定が幕末らしいから龍斗らは龍麻らの4代か5代前の先祖か)も発売され、同じく喜名氏によるコミカライズもされた様である。人気を博したから当然他のメディア進出も積極的になされ、特に剣風帖は下野紘氏主演でアニメ化もされた(しかし、設定はゲーム版とは異なるらしい)らしいですが、もう少しで直虎も終わるし(えっ?それは関係ない?)、下野氏は最近もガンガン系のACCA13区(しかし、円盤の売り上げは振るわなかったらしい。下野氏も良い声優さんだから続編を期待したい所だが・・・・・・・・)で主役を務めたらしいけど、剣風帖アニメ版も近い内に見て、このブログでも余力有れば感想も残すつもりです。そして外法帖や九龍(黄龍)妖魔学園紀も喜名氏がキャラデザ担当としてアニメ化してほしいものですが、まあ昭和初期が時代設定だったらしい帝戦帖(登場人物は龍麻らの祖父か曽祖父という事になったのか)も発売中止になって久しいし、実現の可能性は低いかな・・・・・・・・・・・・・・・

https://twitter.com/hashtag/%E4%B9%9D%E9%BE%8D%E5%A6%96%E9%AD%94%E5%AD%B8%E5%9C%92%E7%B4%80

http://ru-mi1.wixsite.com/yuzuka/gallery


このツィッターでも龍麻と九龍の2ショット画像も見れるけど、龍麻の容姿は下野アニメ版ではなく、喜名版にかなり近いですね。喜名版の様な優しげな雰囲気はあまり感じられないですが・・・・・・・・・・しかし、ガンガンWING連載作品はまほらばや瀬戸の花嫁等何作か実際アニメ化されたものもあるし、HPからも他作品共々ギャラリー拝める様だけど、喜名氏の作品もこのままアニメ化もされないままなのは惜しいと思います。まあまずは剣風帖アニメ版と外法帖喜名コミカライズ版をチェックしてみます。

| | トラックバック (0)

2017/05/28

mugenオメガルガールの面白動画その19

https://www.youtube.com/watch?v=zm3uhs6I60E&list=FLR_OSclZ9dFa_g6SlW7CjFA&index=2

このルガールは見かけは98(UM)風で、カイザーフェニックスやディストラクション・オメガからのどこでもキャンセル(なお、対戦相手のリアンには実装されている様である)の実装確認は出来なかったけど、ドリームキャンセルは存在するようですね。ディストラクションオメガからあたMAX版へのドリームキャンセルなんか「まだまだルガールのターン!!」な感じですね。14は新ストーリーに入ってしまい、ついにアッシュ編ではルガール未登場(代わりに息子達が登場しましたが・・・・・・)となってしまいましたが、もし12という作りかけ品がなければ登場できていたのでしょうかね。その14でもルガールはラスボスに取り込まれてしまったらしいし、ギースなんか原作では既にリアルバウトで死んでも、久々に新たな部下も連れて正式参戦果たしたけど、MIシリーズもニコニコ動画の「総統閣下シリーズ」でもネタにされていたけど、残念ながら既に打ち切りになって久しいし、この組み合わせもmugenだから実現するのでしょうね。まあルガールの次の登場はドリームマッチの17あたりで、17の発売は2024年頃か?2024年ならシリーズ30周年を迎えるからキリ良いけど、もう声優は新居氏ではなくなっているかも。実際、その他既存キャラも大半は声優変更されているらしいし。

| | トラックバック (0)

2017/04/15

もしニンテンドースイッチで2Dマリオ新作も登場するとして

http://jin115.com/archives/52162575.html

Wiiuもいつの間に生産終了する等思ったほど振るわなかった様で、次世代機のニンテンドースイッチは背水の陣なつもりで売り出さなければいけないという様な指摘がされてましたが、売り上げ、特に北米では絶好調な様ですね。

マリオシリーズでは「スーパーマリオオデッセイ」がその最大の目玉商品とされている様ですが、NEW~シリーズの今後の製作・発売はどうなるのでしょうね。任天堂によれば、「一つ越えた様な新作を作りたい」との事らしいですが・・・・・・・・・・正直箱庭マリオの方は興味ないんで、ついに64もゲームキューブも買わなかったけど、NEWスーパーシリーズの発売に合わせて、DSやWii、3DSは買いました。まあDSは他にもソフトはマリオVSドンキーコングシリーズ(でもドンキーコングシリーズで最も楽しんで遊べたのはゲームボーイ版です)やスーパープリンセスピーチ、wiiはロックマン9・10(ダウンロード)、マイルストーンシューティングコレクション2とか買って、やはり多くはマリオシリーズですが・・・・・・・・・

NEWシリーズで最も完成度が高くて楽しめたのはWiiですね。まず残り人数が無くなってゲームオーバーなんて事は無いであろう2も勿論良作だったけど、ナンバリングワールド数が少なくなってしまった(ただし、隠しワールドが3つある)のはやや物足りなかったかな?ただ、wiiuは現在も購入していませんが・・・・・・・もしニンテンドースイッチでも2Dマリオ新作が出るとすれば、ざっと思いついたに過ぎないですが、こういう風になれば良いなあです。以下の通り。

・ワールド数は基本9、1~8までのボスはコクッパ達とクッパJr。(1・・・草原、2・・・湖、3・・・岩山、4・・・氷原、5・・・地底、6・・・海、7・・・空、8・・・砂漠)
・ワープはあっても無印(DS版)の様なボスを倒して先に進むワールドの分岐は無し。
・各ワールドは必ずしも全コースをクリアする必要は無し。
・隠しコースは各ワールド1コース存在するが、お化け屋敷はワールド9のみ設置。
・ワールド9はWii同様火山で、ボスはクッパだが、全コースをクリアした場合はUみたいにピーチ城を乗っ取ったワールド10が出現、クッパはカメックにより復活、パワーアップした状態でマリオに再挑戦して、最後の城でこのクッパを倒した場合は別のエンディングとなる。ワールド10までは全90コース。
・さらにここまでスターコインを全部集めた場合、おまけのワールド11と宇宙ワールドで遊べる。ラスボスはほねクッパ。全110コース。
・アイテムストック数は全種20から28個に。
・プロペラマリオ、ペンギンマリオ、マメマリオは廃止。代わりにハンマーマリオ、カエルマリオ、しっぽマリオが復活。ムササビマリオは存在するも、出現頻度は下げる。
・ヨッシーはWii版同様、協力してもらったコースをクリアした場合別れる。
・3やWiiの様な敵コース(3はハンマーブロスだけだが)も有り。3にあった神経衰弱は無いが、キノピオの家や絵合わせ(キノコなら2UP、ファイアーなら3UP、スターなら5UP)は有り。

まあ過去のシリーズの焼き直しに過ぎないですが、3とその過去のNEWシリーズの良い所どりになればですね。ニンテンドースイッチよりもまずは、アマゾンでも本体は漸くWii Uは7000円台で入手可能となっている様だし、アドバンス4も結局当時は叶わなかったカードeコースも普通に遊べるようになっているらしいから、もう少し安くなったら購入してみようかなあですが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2017/03/31

mugenオメガルガールの面白動画その18

https://www.youtube.com/watch?v=UZhWziTyhR0

その3同様、ギースVSオメガルガールの半裸同士の対決(そう言えば、前者はKOF正史では14が初めての半裸姿での登場作でしたっけ)動画ですが、このオメガルガールは98(UM)と2002UMそれぞれのオリジナルを折衷した様な性能ですね。しかし、バニシングラッシュはどうやら近くでガードされると反撃を受けるほどの硬直時間がある様だし、超必→MAX(?)超必へのドリーム(?)キャンセルも実装されている模様。そしてファイナルダウン時のみ何故か若本ボイスなのも謎ですね。(苦笑)そう言えばまた、14ではルガールはバースというらしいラスボスに取り込まれているという設定らしいけど、もしまた次回作またはそのまた次回作がドリームマッチ設定ならば「もしバースに取り込まれていなかったら」のIF設定でラスボスとして登場するのでしょうかね。14はロシア人らしい中ボスは悪人ではないらしいですが・・・・・・話は反れて、mugenではオメガルガールも色々な性能バージョンあるけど、特に95風はどのバージョンもカッコいいですね!!

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧