« 韓国のマスコミにまで東京五輪の「将来」について指摘されてしまったが・・・・・・・・・・・ | トップページ | ベネズエラの国道1号 »

2021/02/08

この結末もどこに意外性が?麒麟がくるは大河ドラマには全く期待できない現実を受け入れざるを得ないと思うほどの愚作だった

昨日、最終回を迎えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、「こんなはずではなかった・・・・・どうしてこうなった・・・・・・・・」というのが第一感想です。

今から思えば、沢尻エリカ氏(帰蝶役)の逮捕がケチのつけ始めだったのかもしれません。どうせ発覚するのならもっと早く発覚していればまだ良かったかもしれない(前からそういう話も聞いてはいたが、やはり驚いた)ですが、結局再撮影に・・・・・・・・・・代役の川口春奈氏にとっては、腐っても鯛ならぬ腐っても大河ドラマと言うか、箔はついたし、女優として間違いなく得たものはあったと言えたのでしょうが、さらにコロナ禍により放送中断となって、撮影が進まず、再開しても他のドラマにも出演していた役者陣(例えば、川口氏は極主夫道、木村文乃氏は七人の秘書とか)のスケジュールを把握しきれなくなり、合戦シーンも感染リスクがあるという事でやりづらくなってしまったのは不運だったでしょう。

それでも、放送中断前はまだ良かった。主人公の明智光秀を通して、室町幕府のオワコンぶりや、美濃斎藤家の内紛、その他有力戦国武将達の動向等が生き生きと描かれていました。いち早く経済の重要性に目を付けて、信長が飛躍する基礎を作った信長の父・信秀、勢力範囲は当時断トツでトップ(その次が大内義隆あたりかな?)で、上司の細川晴元に暗殺されそうになって光秀に助けてもらったけど、信長の前の天下人だった三好長慶及び彼を支えていた松永久秀、歴史考証だった小和田哲男氏が今川氏研究にも詳しくて高く評価していた事もあったけど、全然マロじゃなかった、猫を抱いていた姿も印象に残った駿遠三三国の支配者・海道一の弓取りだった今川義元、その他面々も魅力的に描かれてましたがが、しかし、何と言っても放送中断前のMVPは最終的には息子の義龍に討たれた斎藤道三でしたね。

「操り人形に毒は盛りませぬ」な名言もマジで怖い!!流石はマムシ!!と言った所で、配役のモッくんはおそらく歴代一イケメンな道三だったけど、裏主人公だったみたいと言うか、しっかり戦国ドラマを盛り立てていました。信長との会見も、見ていてゾクゾクさせられるものがあった。まさに戦国群雄割拠真っただ中な面白さがあったけど、絶頂期に竹中秀吉でも家康を演じた事もあった光安役の西村まさ彦氏も忘れてはいけないと言うか、特に光秀との別れ際で見せた熱演も光るものがありました。勿論、最終的には周知の通りとなってしまいましたが、光秀と信長の出会いも、いずれ後にこの2人はそれぞれ不世出の英雄・織田家臣団随一の切れ者として共に天下統一を目指した・・・・・・とか思うと感慨深いと感じました。

桶狭間も、まぐれ勝ちではなくて、しっかり情報収集をして、今川方の本陣にいる兵力等を計算した等信長の戦術勝ちだった事が描かれていて、毛利新介役だった今井翼氏も・・・・・・・・・義元を討ち取ったシーンはどこまで飛ぶんだよ?だったけど、あの年代のジャニーズタレントでは現在副社長で、義経等でも共演したタッキー氏や、再来年のどうする家康で主役を張る事になった松潤氏と並んでトップクラスだっただけにもっと売れてもおかしくなかった、勿体なかったとも改めて思ったけど、カッコ良かったです。家康(この当時は松平元康)も、当然桶狭間に参戦していて、出陣命令を拒否したのも人質にはなっても奴隷にはならない彼なりのプライドを見せたと言えたのでしょうが、母親の於大の方の親子愛も強く訴えかけられたものがありました。(松本若菜氏も、可能性は低いだろうけど、同じ「松本さん」が主演のそのどうする家康でもまた於大を演じてほしいとも思った)

それが、おかしくなったのは道三が退場して、その桶狭間も終わって、放送中断も経て再開した後・・・・・・と途中までは思っていましたが、実はそうでもなく・・・・・・・・・・その時は問題視していなかったけど、実は放送中断前から尺配分で既に失敗していました。脚本担当の一人、池端俊策氏は道三にも思い入れがあった様ですが、それにしても美濃編で18話は多すぎでした。その2/3でも十分だったぐらいです。yahooテレビでも私は麒麟の感想を何回か書いていて、そこでは国盗り物語を意識した配分をしていたんじゃないのかと指摘した人もいましたが、ホントにそうだとしても、麒麟は東京五輪が予定されていた事もあって、例年より話数が短縮される事を知らないスタッフなどいなかったはずです。

意識するのなら国盗り物語ではなく、キングオブジパング(例えば、桶狭間はもう13・14話目でやった)だったんじゃないのか?でしたが、それだけならまだ後述する様な愚作認定はしなかった。これもそのyahooテレビとかネットで散々指摘されているけど、架空人物が明らかに必要以上に出しゃばる様になってしまった。東庵も、堺正章氏の演技は何を言ってるのか聞き取りづらいと言うか、演技はお世辞にも褒められたものではなかったですが、特に駒です。

放送再開後も、坊さんの時は聖人君子だった足利義昭や、太夫とは姉弟みたいな関係だった近衛前久とかやはり前述の信秀ら同様それまでの時代劇作品ではあまり描かれなかった面をクローズアップしていた所もありました。架空人物達の関り自体を全否定するつもりはありませんが、それにしても、義昭が将軍になった時も御所に気軽に出入りして、蛍を見にデートしていたのも何だよ!!このラブコメみたいなノリは!!(失笑)でしたが、秀吉に字を教えてあげたり、今川の人質(実際は準一続扱い)になっていた家康の心をいやしたり、今井宗久と取引して信長上洛を後押ししたり、戦が嫌いだったはずなのに鉄砲の調達に関わったりと光秀や義昭に限らず幾多もの歴史上の人物との濃密な関りが有り得なさ過ぎました。(そんな人脈があったのなら、あの転売少年も助けてやれよだったし)駒達を庶民代表のつもりで描いたのだろうけど、自分で考えたレシピじゃない、他人に教えてもらったレシピで無敵の(?)アイテム、芳仁丸を作って、それでリア充となっていた彼女(や東庵)なんか別に麒麟がこなくたって全然困らないじゃない。これのどこが庶民代表なのよ?この架空人物達のゴリ押しについては、かって池端氏は太平記で、柳葉敏郎氏演ずるましらの石を扱いきれず、途中でフェードアウトさせてしまった失敗(それや、筒井道隆氏がミスキャストなのを差し引いても太平記は十分名作レベルでしたが、柳葉氏の大河出演も以降は北条時宗のみで、それも政争に敗れて滅びた役)が忘れられなくて、執着してしまったのかなあ(プロデューサーが門脇麦氏を気に入ったというのもあるが、いずれにしてもそんな私情なんか視聴者の知った事ではない)でしたが、結局は、現代的価値観な「男女平等」(ジェンダーフリー指数が121位なのは決して良い事ではないし、某会長のあの失言も全く擁護できないけど、数字ありきの女性起用も馬鹿げていると言うか、却って女性を侮辱しているんじゃないのか?とも思うけど)や「平和主義」とか大河ドラマの駄作化を決定づけてしまった利家とまつ以降のいくつもの作品と同じ失敗も繰り返してしまったと言えます。吉田松陰の妹や直虎なんか1年も引っ張るには無理な題材だったし、この時点で、2022年の鎌倉殿の13人まで、少なくとも5年連続男が大河主人公予定となっていたから少しは反省したのかなあと思いきや、全く違っていた様です。

繰り返し言う通り、コロナ禍で決して暇人などではない出演者のスケジュールを把握しきれなくなった等の情状酌量の余地も無かったわけでは無いですが、ただでさえ、桶狭間まで尺を割きすぎて、しかもその後義龍の死(ナレーションでは触れられた)や信長・家康の同盟とかも省略して4年も一気に飛ばしもしたのにその後も架空人物にも場面を割きすぎたあまり、光秀が越前にいた時には深く関わっていたはずの朝倉義景や山崎吉家、それに主君(信長)の義弟だった浅井長政(信長は弟も殺したから裏切ったとも言ってたけど、他にも毛利元就や今川義元だって兄弟殺している、義龍は父も殺したし、大友宗麟だって父・弟殺しに関わっていた可能性が高いのに何言ってるんの?な感じだった) はやっつけ仕事みたいにあっさり退場させられてしまったし、武田信玄も出てきてすぐ死亡って、かって信長も演じた事があった石橋凌氏を態々起用する意味があったのか?武田と言えば、親父さんも大河ドラマにも何作も出ていた大塚明夫氏も序盤登場させて鉄砲の重要性も強調したのに長篠もスルー(いくら光秀が参戦していなかった説もあるとはいえ)、石山本願寺や、駒達よりもよっぽど日本の歴史に影響を及ぼした筈の宣教師達も顔見世程度の登場にとどまった等・・・・・・・・・やはり光秀と比較的関わりが深かった松永久秀討伐の件も、あの茶器・平蜘蛛とか思いつきで描いたとか言っちゃダメでしょで、秀吉の母・なかが東庵の所に出入りしていたのも何だったん?yahooテレビではスパイだったんじゃないかとか言ってた人もいたけど、そこまで深い意味なんかなかったのだろうと言うか個々のシーンは一つの点としてはそれなり以上に描かれていたのもあっても、行き当たりばったりで伏線回収もおざなりな脚色も目立つ様になってしまいました。悪役だった摂津も、腐った蜜柑にたかる蠅みたいと言うか、片岡鶴太郎氏の演技は太平記の二番煎じみたいで、太平記の時は良かったけど、もっと小物な役柄で同じ演技をされても正直興ざめでした。私事で恐縮ですが、歴史に詳しくない家族も「見ていて不愉快だけど、鶴太郎が演じている人って、子孫いるの?もしいたら嫌な思いをするだろうね。」と言ってたほどでした。(苦笑)

主人公である光秀その人も、放送中断前はそもそも史実の彼はまだまだ信長に仕えるまで何やっていたか分からない点が多いから、道三の使い走りにされていてもしょうがない面もあったのですが、道三が退場して越前に逃げてもいかにしてデキる男、麒麟も呼べるかもしれない男になっていったのかもロクに描かれていないモラトリアム侍、かって長谷川氏が出演したデートの戦国版みたいになってしまいました。その後も、麒麟を呼べると見込んだ人にはついていくけど、やっぱり駄目だと思ったら見限る等は一貫してはいたのですが、彼の大きな功績の一つだった筈の丹波攻略も、繰り返し言う通り、コロナ禍があったにしても、前久に「この有力者に会いたい」とかちょっと相談した程度でロクに描かれてなかったものね。(赤井直正や波多野秀治の出番も無し)でも、周囲からの評価はほぼ終始不自然なほど高くて、従五位に過ぎなかったのに正親町天皇まで直々に呼んで、信長が道を誤りそうになったらそれを正せという様な事も言われていたけど、そんな事言われても全く説得力なんか感じませんでした。

寧ろ、特に終盤は、もう敵(毛利)の領土となっていて、丹波もまだその時点では攻略していなかったのに義昭がいた備後に行って魚釣りなんかしたり、それも知っていた秀吉に突っかかったり、信長に正親町天皇から言われた事を頑として語らなかったりと自分で自分の立場を悪くする様な言動が目立ちましたものね。読売新聞では、池端氏がインタビューで光秀は自分とか光秀の人物像をじっくり描きたいとか言っていた記事も掲載されたけど、言ってる事とやってる事が違うとも思いました。信長も信長で・・・・・・・・・・・・・最初から月代にしていた他の作品は、1940年公開の映画「織田信長」(1954年にも改題の上で再公開)ぐらいしか知りませんが、若い頃は前述の道三との会見以外にも、自分を殺そうとした弟の信勝に「飲め!!飲め!!お前が飲め!!」と逆に殺して、母の土田御前に罵倒(母との関係は家康とはまさに対照的だったとも言える)されて、帰蝶に「ワシは何もかも失った・・・・・・」とこぼした話等今までとは違う、「ピュア」な信長像を見せたかに見えました。しかし・・・・・・・・・

染谷氏って、江での森坊丸だけでなく、中山優馬氏主演の恋して悪魔でも、信長が名前の由来であろうクラスメート(93歳まで生きたと言われている信長の庶長子、信正の子孫にも同名の人物がいるが、この信正その人が非実在説もある)を演じた事があって、その約10年後に信長を演じるとは思っていなかったでしょうが・・・・・・・・・・・摂津を叱責した様とか迫力あったし、二条城の石垣に地蔵を使ったのも信長らしいとも言えなくなかったのですが、その一方で一人で変に唸ったり、本願寺との戦いで鉄砲を打ってた相手に丸腰で向かったり、久秀討伐後、直前に彼と会った光秀に持っていた茶器・平蜘蛛等について詰問した後に嘘をついたと怒った筈が、目的の平蜘蛛を手にしたら金に換えると言ったり、武田征伐後、その祝いで家康を接待した時光秀が用意した料理に些細な事でケチを付けたりと・・・・・・・・・・・・家康にも明らかに不信感を持たれていたけど、どうも壮年期以降は苦しい、確かにピュアと言えば聞こえは良いのでしょうが、古い人物像からも抜けきれない、短慮な言動が目立ってカリスマ性が感じられませんでした。さすがに、高橋幸治氏(太閤記では本能寺が予定よりも2か月も延ばされたほどだけど、2001年に知ってるつもり?で信長が取り上げられた時に初めて見た、宣教師が描いた三宝寺所蔵の肖像画ともイメージが近かった)や高橋英樹氏、渡哲也氏、役所広司氏、渡辺謙氏らと比べるのは可哀相だけど、染谷氏はやはり家康の方が良かったです。風間俊介氏は秀吉役(草彅秀吉では弟の秀長を演じた事もあったが)にして。

本能寺についての解釈も、松永討伐の件も引き金みたいになっていて、それは前述した通りですが、正親町天皇が蘭奢待で信長と毛利の対立も煽った等朝廷との関係微妙説を執ったのも、信長の意向で家康が長男の信康と生母の築山殿を粛清した事共々古臭い解釈で面白くなかったですね。そういう説を唱える人物の一人である今谷明氏が、著作「信長と天皇」で大内義弘を滅ぼした後の義満には光秀の様な存在などあり得なかったなんて信長と義満について的外れな比較していた(義弘その人を滅ぼす事には成功しても、幕府が望む後継ぎを立てられなかったし、明徳の乱で大きく勢力削減した筈の山名氏だってまた6か国も領有するになってしまったし、結局守護大名を抑えきれなくなってしまうリスクを抱えていたのは義満時代だって変わりなかったでは無いですか。京及び山城国限定では一番絶大的な権力を持っていたのは事実だったし、春秋戦国時代の周とかよりはマシだけど、足利将軍が15代続いたのなんてどや顔で強調すべき話じゃない)から尚更否定的だけど、足利義昭を殺せも・・・・・・・・・・

https://ameblo.jp/eiichi-k/entry-12623030519.html

そもそもまた、信長が義昭という神輿を担いで上洛できたのだって、三好三人衆らが義輝を殺しちゃって、三好三人衆も、対立していた松永一族どちらも大義名分に欠けていてグダグダになってたからじゃないですか。彼らは信長の敵であるのと同時に反面教師でもあった。このえいいちのはなしという個人ブログでも、「主君より実力があるから、周りの人達も認めているからと言って殺すのはNG。殺すのはそうしないといけないほどの小物である事を世間に発信する様なもの」という旨の見解なエントリーも公開されているけど、追放してさらに、敵の領地にいたとはいえ今度は殺そうなんて、三好三人衆や松永一族よりももっとダメなパターンじゃん。確かにホントにこんな事やったら世間の信長に対する評判なんかがた落ちだよね。余計毛利にも大義名分を持たせちゃうじゃん。帰蝶も、「信長は父・道三と光秀が作った」とも言ってたけど、道三は土岐頼芸を殺したっけ?せいぜい追放した程度でしょう。それでも、反感持ってた土岐旧臣も少なくなくて、美濃編ではそういう内紛も描いた筈だろ?だったけど、いくら信長が変わってしまったとは言えですよ。女にちょっかい出した足軽を自ら斬った等京都の民に支持されるほど厳しい規律を保ったのも、義昭に、世間の評判を重視していた事も伺えた十七カ条の異見書(これもさらりと触れられた程度だったけど)を出したのも何だったのよ?になってしまうけど、信長がこのえいいちのはなしのブロガーの見解も分からない阿保だったのならばもそも信長は天下人にすらなれない、せいぜい尾張一国の主で終わっている。当然本能寺も起きない。キングオブジパングでも登場した斯波義銀だって、一度追放した後和解して、尾張への帰国を許して、さらに清須会議で登場した弟の信包の息子と彼の娘を結婚させる筈もないでしょうよ。発達障害型天才だったと言うか、良い意味で何をしでかすか分からない人物として描いたつもりだったのだろうけど、今までとは違う人物像を現出しようとして、どんどん矛盾が出てきて、却って墓穴を掘って、これではまだステレオタイプの方がマシだと思わざるを得なかった。信長の脚色も。

長曾我部(元親が登場した大河ドラマ作品は黄金の日日ぐらいかな?)の絡みもさらりと触れられた程度で、これだって尺配分に失敗しなければもっとツッコんで描けた筈なのに・・・・・・・・・・・・・本能寺本番は、光秀が信長に会ってから今までの事を回想する脚色も見られたけど、これは良かったです。信長は佐久間信盛への折檻状でも光秀を、秀吉や柴田勝家、それにBLアニメ「若き信長」でも副主人公的ポジだった池田恒興以上に高く評価していたし、光秀も光秀で、本能寺の変を起こす丁度1年前に不遇だった自分を出世させてくれた信長に感謝して、一族や家臣も奉公を忘れてはいけないと訓示したほどだったのにどうしてこうなってしまったのか?ホントにさけられなかったのか?矛盾していると思うかもしれないけど、信長も光秀も思い入れが強い(麒麟での彼らの事じゃないよ、史実の彼らの事だよ、念のため) だけにつくづくそう思いました。

秀吉が、光秀による謀反の可能性を知りながらも、それを黙認して、自分は畿内に戻る準備をした解釈も悪くは無かったのですが、光秀を主人公とするのなら本能寺で信長を討ってあとはエピローグではダメでした。その後も、細川藤孝らに味方になってもらおうと動いて、これも周知の通り山崎合戦で秀吉に敗れるまで二話は割かないとダメでした。折角、佐々木蔵之介氏の秀吉だって、身長高いけど、キャラクター自体は実際の秀吉に近かった(と思われる)のに、主人公に引導を渡す大事な役だった筈なのにですよ。

そしてそのエピローグです。制作統括とかが意外性があるとか強調していたからどれほどかと思いきや・・・・・・・・・確かに他のいくつもある本能寺がビッグイベントとなっていた時代劇と比べれば変化球だったのかもしれないけど、史実では死んだはずが実は生きていましたな可能性が高いって・・・・・・・・・・義経=チンギスハン説共々信じてない天海との同一人物説にも含みを持たせたようだけど、そんな結末なんか他のアニメや漫画、ゲームで何回も見ている、何処がだよ?この程度かよでしたね。正直な話。駒の光秀ラブ(義昭ともイチャイチャしていた一方で)や平和主義等最後の最後も薄っぺらかった。どうしてこれで感動しろと言うのか。太平記で、足利尊氏が金閣と壮大なOP曲をバックに姿勢を正した姿で締めたのとは全く雲泥の差でした。

確かに、視聴率的には放送開始されたばかりの昨年2月にちょっと視聴率が下がっただけで、鈴木祐司というメディアアナリストを使って「失速する」なんてネガキャンしたフライデーの予測通りにはならなかった。成功したと見て良いのでしょうが、良くも悪くも知名度は信長らに劣らない光秀が題材なのだからそれは当然の事です。太平記はホント名作で、今まで某所で悪評をつけた作品なんか一つも無かった池端氏の最近の作品も夏目漱石の妻とか良かったのいくつもあっただけに、信長・秀吉・家康さえも大河ドラマの主人公のなったのなんて数回しかないのに光秀が大河ドラマの主人公になるのなんて、今後当分なし、仮に実現したとしたとしても多分私自身はもうこの世にはいないだけに終わってしまえば残ったのは猶更強い失望でした。月並みながらも、信頼を失うのは一瞬、それをまた築くには何倍ものエネルギーが要るとも改めて痛感させられて、岸辺露伴は、ジョジョアニメ版でもシリーズ構成だった小林靖子氏と、原作のキャラクターを完全に再現した演技だった高橋一生氏のコンビだったからたまたま良かったけど、 紅白もニュースもダメ(連続テレビ小説も、茨城も舞台となったひよっこは例外的に見たけど、純と愛が酷過ぎて、それ以降は基本的に見る気も起きない)な今のNHKに良い大河ドラマが作れるなんてまだ思っていた私はホントにバカだった。そう自己批判もせずにはいられない心情です。

面白かったと思っている人達もいる事も無視しないし、それでも少なくともどうする家康は一応見てみるつもりですが、もう無理して続ける必要ないでしょう。こっちももう期待なんかしないから、無理してもう出来ない事なんかしないで、スタッフ一同がちゃんと視聴者にそれなり以上のクオリティを提供できる様な枠に改編なりすべきです。私にとっての麒麟がくるは、実はまた、放送開始前から「結局は扱いきれないまま終わるのではないか」とも薄々感じていたのですが、最終的にはホントにその通りになってしまった。大河ドラマはもうほぼ完全に見限る判断をせざるを無い現実を痛感させられた愚作です。それとは別で、長谷川氏ら一部を除く出演役者の方々は良く頑張られました、お疲れさまでした、今後の役者活動も頑張ってくださいですが、当然評価は最低レベルです。

|

« 韓国のマスコミにまで東京五輪の「将来」について指摘されてしまったが・・・・・・・・・・・ | トップページ | ベネズエラの国道1号 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事