« 嵐が再結成できなくてもメンバーが皆自分のやりたい事をやれば良い | トップページ | サライはやっぱり駄目だという事が今年の最後の最後で良く分かった »

2020/12/30

今川×北条×武田の三国軍事同盟は本当に信玄VS謙信の不毛な戦いの原因となったのか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3427cb1fafa2671a8ef2210e3e3fb84de07d10a

「戦国でもっとも不毛な戦い」のきっかけを作った 武田×今川×北条の「三国軍事同盟」【麒麟がくる 満喫リポート】



配信





  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp




川中島古戦場

 




川中島にある信玄と謙信像。川中島合戦はお互いにとって不毛な戦いだった

 

 

 




三国同盟で背後を気にすることなく尾張に進出できたことが結果的に仇となった今川義元(臨済寺蔵)

 

 


 


政略結婚で他国に嫁いだ姫たちのその後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



最近yahooニュースでもサライの記事も見かけますが、確かに上杉謙信の家臣達にとってはその通りだったかもしれないでしょう。しかし、海が無くて周りを有力大名に囲まれていて、本国(甲斐)も大して豊かでなかった信玄にとっては、どんなに時間がかかろうが信濃は絶対に手に入れなければならなかったのです。ましてや、信玄は中央集権化を進めていた信虎に反感を持っていた家臣や国人達に担がれた身です。ネットでは良く同盟破りの常習者だと言われてますが、それは信玄の人間性とは必ずしも関係ありません。周りがそうさせた面だってあります。

たとえ川中島が不毛だったとしても、三国同盟を結んでそうなったのではなく、たまたま結果的に信玄と謙信が長く抗争する事になるかならないかの時に、今川義元に嫁いでいた信玄の姉貴も死んで、新たな血縁関係も結ばなければいけなかった武田だけでなく、今川は織田信秀が死んで、信長が継ぐも一族にもまだ敵がいたのもチャンスとして尾張も手にしたい、北条は上杉憲実を追い出して謙信と勢力圏を接する事になった情勢の変化もあって三国同盟を結んだだけの事です。結果的に、川中島がひと段落した時はもう信玄の寿命は10年も残ってはいませんでしたが、元々周辺国も豊かな国が多かった信長と比べれば、あとはせいぜい飛騨や東美濃・越中のそれぞれ一部しか伸びしろがなかったのです。

義元が長生きだったら、信玄は海に出れないまま生涯を終えていた可能性が高かったでしょうが、「後からなら何とでも言える。」それがこの記事に対する第一感想ですね。謙信と長く抗争した事よりも、今川領の分割を約束した筈の家康も裏切ってしまった方が信玄の失敗点だと思いますが、前述通り領土を広げなければいけない信玄なりの事情があったのだから仕方のない面もあります。勝頼が信玄のやり過ぎのツケを払わされた面もありますが、領土拡大にばかり目が行って、あまり後先考えない外交をしてしまった勝頼にも武田氏滅亡の責任が無かったとは決して言えません。

https://hajimete-sangokushi.com/2019/12/27/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%8E%84%E8%A5%BF%E4%B8%8A%E4%BD%9C%E6%88%A6%E8%B2%A7%E4%B9%8F/

それにまた、この記事は義元が信玄・謙信間の調停をした事は全く触れてなくて、それもおかしい事だと思いますが、正直サライの記事を読んでなるほどと思った事は無いですね。サライの記事よりも、はじめての三国志や武将ジャパンの方が読んでてタメになる記事を書いています。はじめての三国志は、徳川を過小評価している欠点もありますが、例えば上記URのこの記事ももしホントだとしたら、仮に信玄が信長と直接対決しても局地的には勝てても、信長に大打撃を与えるほどの勝利を収めるのは難しかった様な気がします。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/micin/history/history10.htm

信玄最晩年時点で、信長の勢力範囲なんか既に断トツでトップだったし、「もし信玄と信長が直接対決していたらどうなったか?」の歴史の「IF」についてはこの上記サイト管理者の見解をベストアンサー認定したいと思いますが・・・・・・・偉そうな事を言うけど、サライも後からなら何とでも言えるとかツッコみたくなるほどの見識の浅い記事じゃなくて、はじめての三国志や武将ジャパン程度の記事を書いてほしいです。

|

« 嵐が再結成できなくてもメンバーが皆自分のやりたい事をやれば良い | トップページ | サライはやっぱり駄目だという事が今年の最後の最後で良く分かった »

歴史」カテゴリの記事