« 独立予定の高杉真宙に覚悟と決意があるのは分かるが・・・・・・・・ | トップページ | 日月完全週休二日制の会社カレンダーの一例 »

2020/11/21

マッチがけじめをつけるのはこれからの行い次第だと思うが・・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c7cf101b4e6d70b09abd1ba45438ebedb2217b9

ケジメは付けたけど…不倫騒動でわかった「近藤真彦」の事務所での微妙な立ち位置



配信






  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮




近藤真彦


 

 

 

 

 

 

 

 

仕事がないのに悠々自適



山下智久

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CM契約解除、損失額は

 

 

 

 

 

 



今年の紅白出場者も発表されて、ファンである鈴木雅之氏も実に28年ぶりに出場する事になったのは数少ない朗報の一つなのですが、ジャニーズ枠が7組も出場なんて多すぎます。

スノーマンとストーンズ、それにヘイセイジャンプは今年ヒット曲が複数あるから当然だし、嵐も最後の花道を飾らせてあげたいとも思いますが、キスマイやキンプリ、関ジャニもオリコン1位の曲はあるけど、1曲だけだし、ちょっと微妙でしょう。

もしかして、草彅氏と香取氏の大河ドラマ出演(それぞれ青天を衝け、鎌倉殿の十三人)を容認する代わりに、今年の紅白ジャニーズ枠7組出場(と、2023年のキムタク氏の大河主演もか?)を飲ませたのか?とも思いましたが、この記事で取り上げられた近藤氏(マッチ)がデビュー35周年という事で出場した2015年にもそういう例はあったらしい。

確かに、近藤氏は同じたのきんトリオの田原氏や野村氏共々郷ひろみ氏が抜けて冬の時代となっていたジャニーズを蘇られた功績は大きいものがある。良い歌だって何曲もあるし、一時代を築いたスターなのも否定はしませんが、その一方で中森明菜氏の件とかジャニー氏の誕生日で息子や不倫相手の女性を連れてきただけでなく、中居氏に息子に挨拶させた件とか印象の悪いエピソードもいくつもありますものね。

そういうのもあるのに、この様な好待遇を受けてきた様では、全盛期だった時はまだ生まれてすらいないタレントだって今は普通に多数派になっているのだから不満に思うのも無理はないでしょう。しかし、山P氏の退所もあったばかりなのにジャニーズ事務所、特に副社長なタッキー氏も大変だよね。そう言えば、株式会社TOKIOには山口氏も入れろなんて言ってた人もいたけど、あんな事しでかした人に需要なんかあると客観的にお思いで?何バカな事を言ってんだとも思ったけど、どうもまだまだジャニーズ事務所の混乱は続きそうです。


|

« 独立予定の高杉真宙に覚悟と決意があるのは分かるが・・・・・・・・ | トップページ | 日月完全週休二日制の会社カレンダーの一例 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事