« アメリカ陸軍もいつの間に軍服が先祖返り | トップページ | ウクライナ上級大将もいつの間に廃止となっていた »

2020/11/28

中国が2021年のカレンダーを発表

https://holidays-calendar.net/2021/calendar/china_calendar.html

今週発表されたらしいですが、メーデーは旧正月・国慶節同様前後の土日を振替休日として5連休となった様ですね。今年も。中国では「なんちゃって7連休だ」だと不満に持っている人もいるらしいですが、旧正月は旧暦1/1~3ではなく、旧暦12/31から、メーデーは旧ソ連みたいに5/2も祝日扱い(旧ソ連では振替休日は無かったが、1970年はレーニン生誕100年という事で誕生日の4/22がその年限りの祝日になったらしい)にすれば良いのに、振替出勤日は1日発生するだけで済んで、年間休日も117日に増えるしだけど、メーデーについては1919年の反帝国主義運動を記念した5/4を、現行の青年のみ半日休から祝日にした方が良いかも?まあそれはともあれ、今年の旧正月は2/11~17らしいですが、また多くの中国人が来るのでしょうね。共産党の覇権主義・抑圧政策には批判的でも中国人は嫌いではないですが、その時にはコロナもどうなっているのか。開催できるかどうかも不透明なのに東京五輪に合わせた祝日移動なんてやってる場合じゃないだろですが・・・・・・・・

|

« アメリカ陸軍もいつの間に軍服が先祖返り | トップページ | ウクライナ上級大将もいつの間に廃止となっていた »

国際」カテゴリの記事