« 1/11まで年末年始休暇延長を要請できてもその通りにできる企業はかなりの少数派だろう | トップページ | 前から良くないエピソードも聞いたが・・・・・・・伊藤健太郎の逮捕についてだけど・・・・・・・ »

2020/10/25

戦国武将が大河ドラマの主人公になる条件(修正有り)

https://ameblo.jp/eiichi-k/entry-12177689291.html

このブログでは、特に戦国武将が大河ドラマの主人公になる条件について述べられてますが、以下の6つの条件が必要らしい。

1.歴史上の有名人物(特に戦国三英傑)がレギュラーで出てくる
2.教科書にも書かれる大イベントが何度も起きる事
3.主人公が1年かけて成長していく様子が描ける事
4.主人公が死んだ時に志を受け継ぐ人が出てくる事
5.日本と言う国の歴史が始まりから進歩していると思える事
6.子孫が国持大名として明治維新まで生き残った事

内6については、国持はちょっと厳しいだろうと言うか、国持レベルじゃなくても大名として生き残れたかにちょっと勝手に修正するけど、今まで大河で主役を張った戦国武将達(直虎以外は男のみ。直虎も男説もあるらしいけど)が1~6の条件を満たしたか否か検証しました。(信長・秀吉・家康より下は主人公になった順。左から1、2、3、4、5、6)


信長 〇、〇、〇、〇、〇、×
秀吉 〇、〇、〇、〇、〇、×
家康 〇、〇、〇、〇、〇、〇
謙信(輝虎) △、〇、〇、〇、〇、〇-
道三 〇、〇、〇、〇、〇、△-
政宗 〇、〇、〇、〇、〇、〇
信玄(晴信) 〇、〇、〇、×、〇、×
元就 ×、△、〇、〇、×、〇
秀忠 〇、〇、〇、〇、〇、〇

利家 〇、〇、〇、〇、〇、〇
一豊 〇、〇、〇、〇、〇、〇-
勘助 ×、〇、〇、△、△、×

兼続 〇、〇、〇、×、〇、×
官兵衛(孝高) 〇、〇、〇、〇、〇、〇
幸村(信繁) 〇、〇、〇、×、〇、×
直虎 〇、〇、×、〇-、〇、〇-
光秀 〇、〇、〇、×、〇、×

全部条件を満たしているのは家康・政宗・秀忠・利家・一豊・官兵衛のわずか6人(〇-でも満たしている事にする)しかいないですが、ここで各人物ごとに補足を。

秀吉は後継者とはちょっと違うかもしれないけど、4はもう一人の戦国三英傑である家康が本当に麒麟を呼んだので〇としました。勘助も、そうだけど、主君の信玄がさらに領土を広げていったので同じ様にしました。謙信は、1は信長が絡んだのはもう晩年になって以降なので△としました。6も直系子孫じゃないけど、甥で養子の景勝の子孫が米沢藩藩主として続いたので〇-としました。山内一豊も比較的近い血縁者がそうなったので△としました。道三(彼の場合、2についてはもう一人の主人公だった信長とのセット故にで〇)については6は娘が稲葉に嫁いだので△-としました。信玄は息子の勝頼が信長・家康に滅ぼされて、別の息子の系統が高家としては残っても近世大名にはなれなかったので4と6は×ですね。元就は、実際は信長とは文書のやり取りもしていて、援軍も要請、秀吉も毛利との外交も担当していた様ですが、戦国でも三英傑が全く登場しなかったのは異例でしたね。2はちょっと微妙だったけど、大寧寺の変と厳島合戦がそうだという事で〇としました。天下の趨勢に影響を及ぼしたわけではないので5は×ですが、大内・尼子という大勢力に挟まれ、苦労しながらも50を過ぎて漸く戦国大名として独り立ちし、あっという間に中国地方の大部分を制圧した大器晩成ぶりや、三本の矢等有名な逸話故に主人公になれたと言えるでしょう。利家は条件自体は全部満たしている人物の1人ですが、後から家臣になった秀吉・(滝川)一益・光秀に遅れを取ってしまったのが単独では主人公になれなかった大きな理由でしたか。勘助はセリフもなかった信長がやっと戦国の主役の一人になった直後に退場なので当然1は×ですね。直虎はそもそも何をやったかも前半生の光秀以上にハッキリしないし、後半は直政に実質主人公交代となったので、3は×で、4・6を△としました。

元就と勘助は例外だけど、やはり最低4つ(内2は絶対に〇で)は条件を満たしていないと大河主人公になるのは難しそうですね。北条氏康も主人公になれば良いなあともちょっと思っていたのですが、1から×、×、〇、〇、×、×ですね。難しそうですね。他の実際誘致活動がある武将も三好長慶は×、△、〇、×、〇、×で、石田三成は〇、〇、△、×、〇、×、ウィリアム・アダムスは〇、〇、〇、×、〇、×、本多忠勝&忠朝親子は〇、〇、〇、〇、〇、〇ですね。本多親子については、他の主な家康の家臣達にも4つ以上〇がつく人何人もいるかもしれないけど、本多親子が一番可能性高いかもしれないですね。クライマックス(大坂の陣)で真田丸と被ってしまいますが、アダムスも、もし実現した場合は家康も準主人公的な位置づけになるらしいから、4と6も△-ぐらいにはなるかもしれないですね。2023年は戦国が時代設定でキムタク氏が主演だとの話もありますが、本当にキムタク氏が忠勝を演じるのでしょうか。でも、大イベントの1つである桶狭間の時はまだ忠勝12歳だし、その時は50台に突入しているキムタク氏をそこから使うのは厳しいでしょう。忠勝を演じる可能性は低いでしょうね。条件は微妙だけど、石田三成を演じるのか?いずれにせよ、キムタク氏の件もどうなるか注目ですね。

|

« 1/11まで年末年始休暇延長を要請できてもその通りにできる企業はかなりの少数派だろう | トップページ | 前から良くないエピソードも聞いたが・・・・・・・伊藤健太郎の逮捕についてだけど・・・・・・・ »

歴史」カテゴリの記事

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事