« メキシコ前国防相が麻薬密売で逮捕 | トップページ | 京~伏魔殿編に突入してもオリキャラ達が盛り上がりに水を差すのは変わりないのか、麒麟がくるは »

2020/10/18

麒麟がくるの濃姫はいつ再登場するんだ?

https://news.yahoo.co.jp/articles/934c4af33469131c7ae8567ee06d054ab0c76969

帰蝶さまのいない「麒麟がくる」なんて……放送再開後、川口春奈はなぜ出演しない?



配信






  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮




帰蝶さまのいない「麒麟がくる」なんて……

 今週も帰蝶さまは見られなかった――。NHK大河「麒麟がくる」のファンが嘆いている。コロナ禍による撮影中断、放送休止を経て、ようやく再開されたものの、信長の妻・帰蝶(川口春奈[25])が一向に出てこないのだ。今頃になって、スケジュールの無理が祟ってきたようで……。

 

【写真】抜群に美しい「川口春奈」

 

 ***


 帰蝶役に抜擢されたことで、あらためて川口の魅力に気づかされた視聴者は少なくなくなかった。それもあって、彼女の姿が見られないとなると、SNSに綴られる嘆きは一層大きくなった。

 

〈帰蝶様はいつ出てくるんや!!  ワシ永遠の帰蝶様推しで信長夫婦推しやぞ!!  全然興味なかった川口春奈ちゃんのドS眼差しに一気にファンになったんや! はよ帰蝶様!〉

 

〈来週こそ、帰蝶様にお目通り願いたく…〉

 

〈帰蝶役の変更やらコロナやらでかなり端折らざるを得なかった麒麟が来るだけれど、ちゃんと放送出来てれば、利家とか成政とか、もう少し出番があったのかなぁ。帰蝶ですらもう殆ど蚊帳の外〉


撮影スケジュールに余裕があった



足利義昭を演じる滝藤賢一

 ご存知の通り、もともと帰蝶役は川口ではなかった。沢尻エリカ(34)で撮影は進んでいたが、昨年11月に麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことから、急遽代役に立てられたのが彼女だった。

 

 それまで沢尻で撮影済みのシーンもすべて撮り直したことで、1月5日に予定された初回放送も、2週間後の19日に延期された。民放プロデューサーが言う。

 

「川口は端役ならともかく、ヒロインと言っていいほどの重要なポジションですからね。所属事務所のスケジュール管理も大変だったと思います。もっとも、『麒麟がくる』は例年と違って、東京五輪開催期間中の5週分は放送を休止する予定だったので、全44話と少なかった。だから、撮影スケジュールに余裕もあって、代役を受けることができたのだと思います。しかし、予想がつかない事態になってしまった」

 

 言うまでもなく、コロナ禍により撮影を中断せざるを得ない状況に追い込まれたのだ。


民放ドラマに流出



光秀の妻・煕子(ひろこ)を演じている木村文乃

「4月から6月まで、丸3カ月収録できなかったのです。そのため、6月7日の21話を最後に、6月14日から8月23日まで放送休止となりました。8月30日にようやく22話を放送したものの、翌週は台風10号の報道に切り替えられた。9月13日(23話)から無事に放送されていますが、放送再開後、川口は一度も出演していません。そのせいか、初回は19・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)の高視聴率を記録した『麒麟がくる』は、再開後は13%程度となっています」(同)

 

 実は、帰蝶に関しては、信長に嫁いで以降の歴史的資料はほとんど見つかっていない。しかもドラマの舞台は京都が中心になりつつある。京にいるはずもない彼女が出てこないのは不思議ではないが、それを見越した書き込みもSNSにはあるのだ。

 

〈駒ちゃんファンには申し訳ないが、架空の女性キャラを前面に押し出すのなら、帰蝶様、吉乃様、光秀殿の母上、煕子殿など実在の女性をもっとプッシュして活躍させた方がいいといつも思いながら見てます。合戦も少ないし、なんか残念。〉

 

「確かにそうなんです。門脇麦(28)の演じる駒や、尾野真千子(38)の伊呂波太夫は架空の人物ですが、光秀は彼女らに頼りまくりで、ストーリーを引っ張っています。しかも、引きの映像が少なく、彼女たちのアップが非常に多い。まるでファミリードラマのようになっています。一方、帰蝶は実在の人物ですからね、資料がないならないなりに脚本も自由に書けるはず。京都にいるのが不自然なら、岐阜なり尾張から信長や光秀を思うシーンがあっても良いはずです」(同)




主人公の明智光秀を演じる長谷川博己

 10月11日の27話では、堺の豪商・今井宗久(陣内孝則[62])が、帰蝶とは昔からの知り合いであることを語るものの、川口が登場することはなかった。

 

「出演のクレジットにも彼女の名前は出てきません。やはりスケジュール調整に無理が出てきたのでしょう。大河の出演はなくても、11日にスタートした新ドラマ『極主夫道』(日本テレビ系列/読売テレビ制作)のヒロインですからね」(同)

 

「極主夫道」は、“不死身の龍(たつ)”と呼ばれた元・最凶ヤクザの龍(玉木宏[40])が足を洗って、専業主夫として妻(川口春奈)や娘(白鳥玉季[10])を守りつつ、家事に命を賭けるコメディドラマだ。家事全般が得意な龍に対し、川口演じる妻は武闘派らしく、元気に演じている。

 

「初回視聴率は11・8%と上々の船出でした。主演の玉木は9月15日に最終回を迎えた『竜の道 二つの顔の復讐者』(フジテレビ系列/関西テレビ制作)に出演していましたから、9月上旬には『極主夫道』の撮影に入ったはずです。もちろん川口も一緒でしょう。8日には二人で番宣のため、日テレの『ZIP!』にはじまり、『スッキリ』、『バゲット』、『ヒルナンデス!』、『news every.』、さらに『行列のできる法律相談所』など立て続けに出演していました。麒麟ファンにすれば、番宣なんかやってないで、大河の収録に参加してよと言いたいところかもしれません。しかし、『極主夫道』は、大河の代役よりも先に決まっていた話です。大河を優先したら、読売テレビや玉木にまで迷惑をかけることになります。事務所にしてみたら、民放プライムの準主役のほうがギャラもいいですからね。NHKだって、これ以上無理は言えないといったところでしょう」(同)
極主夫道」にはもう一人、「麒麟がくる」に出演中の役者がいる。今後、信長を手こずらせ、光秀を謀反に駆り立てることになるかもしれない足利義昭を演じる滝藤賢一(43)である。

 

「『極主夫道』の1話では、まだ獄中にいるヤクザ役でチラッとしか出ませんでしたが、彼が出所するシーンで終了しました。つまり2話からは出番が増えるでしょう。まさか、大河から将軍義昭までいなくなることはないのでしょうが……」(同)

 

 さらに、光秀の妻・煕子(ひろこ)を演じている木村文乃(32)は、10月22日から主演ドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系列)がスタートする。

 

「『麒麟がくる』は東京五輪を見越した5話分を遙かにオーバーして放送中止になりました。NHKは今後、何回放送するのか発表していませんが、このまま全44話を放送するとすれば、最終回は来年になります。大河はまだ27話までしか放送されていませんが、そんな中、大河の重要な出演者の複数が民放ドラマの主役級に同時進行で出演するなど聞いたことがありません。このまま大河の撮影は無事にできるのか、心配になります」(同)

 

週刊新潮WEB取材班

 

2020年10月18日 掲載

 

 




あれっ?川口氏が放送再開後まだ再登場しないからか麒麟がくるの視聴率が下がった様な言及もしていたけど、坂口健太郎氏らと共演した某ドラマがたまたまちょっと低視聴率なだけで叩いていたのはどこのどなたさんでしたっけ?

まあそれはともあれ、放送休止になったのはスタッフのせいではないけど、桶狭間以前は信長の参謀みたいな役どころだったのにいくら他の出演ドラマもあるとは言え、不自然ですよね。桶狭間の少し前、信忠が生まれた時も複雑な表情を浮かべていて、信長との関係もどうなるのか気になるものがありましたが・・・・・・・・・木村文乃氏は、元々出番なんか多くなかったし、夫よりも先に亡くなる役柄だけど、他にも佐々木蔵之介氏も、来年6月に公開予定の、役所広司氏主演の某映画に出演予定なのですが、撮影はもう終わったのですかね?秀吉だって、これから主人公のライバルとしてもっと活躍する・・・・・・・「はず」なのですからね。

信長と義昭の関係とか、史実では息子を先に失ったり、義昭にリストラされたりと不遇な晩年の印象が強いけど、悪役・摂津晴門と光秀の対立とか見どころはいくつもあるけど、まあどうせこの後も駒達オリキャラにも尺を割くんでしょ?

駒については、これも放送終了したらまた突っ込んで触れるけど、同じ池端氏脚本の太平記でも庶民代表なポジのましらの石がいたんですよね。戦乱で肉親を失った点とか駒とも共通した点もあるけど、彼は残り1/3まで来た所でフェードアウトとなってしまった。

配役の柳葉敏郎氏も、その後10年も大河ドラマ出演なしで、その後も全く縁が無い(故郷の秋田に戻ってしまったという事情もあるのだろうけど)様ですが、オリキャラ、特に駒をゴリ押ししているのは、太平記でましらの石を扱いきれなかった無念があり、失敗を繰り返したくない池端氏の執念故なのか?ですね。

完全にこの麒麟がくるを見限ったわけでもないけど、駒が無敵(?)のアイテム、芳仁丸(戦国が時代設定の大河ドラマで薬が重要アイテムなんてのも今まで聞いた事もないけど)も所有して、歴史上の人物誰とも親密になっている、あり得なさすぎる人脈がある時点で、歴史ファンタジーとしてはともかく、歴史ドラマとしては半ば破綻している。「男女平等」とか「平和主義」(鎧もつけないで織田軍団が上洛した事等)とか現代的価値観も持ち込んだ等結局は利家とまつ以降のいくつもの大河ドラマ作品と同じ様な失敗をしている。良い点まで否定するわけでもないけど、どうしてそんな作品高評価できるのか?大河の撮影が無事できるのか?とも言うけど、年内で放送終了となっても、他のドラマ等に出演している役者さんが出てこなくなっても惜しいなんて思わないですね。越前編以降の麒麟がくるにはそう思う価値なんかありません。光秀も好きな戦国武将なだけにこんなふざけた脚色をしてしまったのは全く残念でなりません。

|

« メキシコ前国防相が麻薬密売で逮捕 | トップページ | 京~伏魔殿編に突入してもオリキャラ達が盛り上がりに水を差すのは変わりないのか、麒麟がくるは »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事