« 与党を助けてしまっている民主系はもう要らない | トップページ | 百人一首の歌人達93番右大臣実朝 »

2020/07/23

今もなお、タリバンとの戦いに身を投じる少女もいる現実

https://news.yahoo.co.jp/articles/0548ecf6890b385bc8a00423e182b5b491c28784

タリバン射殺した15歳少女、襲われれば「また戦う」 SNSに称賛の声殺到



配信

AFP=時事




自宅を襲撃してきた旧支配勢力タリバンの戦闘員2人を射殺したアフガニスタン人少女カマル・グルさん。中部ゴール州内にて(2020年7月22日撮影、撮影場所不明)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】アフガニスタンで両親を殺害した旧支配勢力タリバン(Taliban)の戦闘員2人を射殺した少女カマル・グル(Qamar Gul)さん(15)が22日、AFPの取材に応じ、もしまたタリバンなどの過激派が襲ってくるならば「戦う心構えはできている」と語った。

 

【写真】銃撃から8年 マララさん、英オックスフォード大を無事卒業へ

 

 グルさんは先週、中部ゴール(Ghor)州タイワラ(Taywara)地区の村にある自宅でタリバンの襲撃を受け、家にあったカラシニコフ自動小銃(AK47)で戦闘員2人を射殺した。

 

 親族宅からAFPの電話取材に応じたグルさんは、「私はもう彼らを恐れていない。また戦う心構えはできている」と話した。

 

 グルさんの話によると、襲撃があったのは夜半ごろ。自室で12歳の弟と寝ていたところ、男たちが玄関から押し入ってくる物音を聞いたという。「彼らはお父さんとお母さんを外に連れ出して、何度も撃った。怖かった」

 

 だが、グルさんは次の瞬間「怒りに襲われた」と明かした。「家の中にあった銃を手に取り、玄関口まで行って彼らを撃った」

 

 襲撃犯のリーダーらしき男がグルさんに反撃しようとしたが、「弟が私から銃を奪って、その男を撃った」という。その頃には村の住民やアフガニスタン政府寄りの民兵らが駆け付け、長い銃撃戦の末にタリバン側は逃走した。

 

■両親の敵討ち「誇らしい」

 

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)は22日、親族や当局者の話として、襲撃してきた戦闘員の一人はグルさんの夫だったと報じた。夫はグルさん一家と仲たがいしており、妻を「力づくで取り戻そう」としていたという。

 

 当局はまた、グルさんの父親がアフガニスタン政府を支持する村長だったため、タリバンの標的とされたとAFPに説明した。

 

 グルさんは、父親からAK47の扱い方を教わっていたという。「両親を殺害した者たちを殺したことは、誇らしい」と述べた一方、そばに駆け寄ったときには既に両親とも事切れていたと明かし、2人に別れを告げられなかったことを悔やんでいると語った。

 

 頭にスカーフを巻きAK47を持ったグルさんの写真は、アフガニスタンのソーシャルメディア上で広く拡散され、称賛の投稿が殺到している。グルさんと家族を保護するよう政府に求める声や、安全に国外へ避難させるよう呼び掛ける声も数多く上がっている。【翻訳編集】 AFPBB News


ヤフコメでもコメントしましたが、本当だったら日本でも明日東京五輪が開幕となっていた筈が、コロナで1年延期して、そうしても開催できるのかが微妙な状態です。

今日も都内で360人以上も感染者が出て、大阪や愛知でもまた感染者数が増えているのに政府は某幹事長も利権に絡んだGO TOキャンペーンをやって、某エコノミストも机上の計算な試算(東京を除外すると1.5兆経済効果がなくなるとか)をしていたし、長瀬智也氏のジャニーズ退所及び株式会社TOKIOの設立も、マスゴミは得心しかない理由(それ相応の見識も無いのに賢人ぶりたい東洋経済の記事)とか山口元メンバーの再合流はあるのか(朝日系のアエラの記事だが、共演NGの女優も出てくるかもしれないし、どうしても復帰はダメだとか言うつもりはないが、難しいだろう)とか必死こいて憶測混じりの記事を書いていたのも平和なのは勿論良い事だけど、御目出度いと言うか・・・・・・・・・

こんな風にグル氏が取り上げられて、余計危険な目に遭わないか心配ですが、グル氏とかがこんな事をしなくても良い様な世界にいつか必ずなってほしいです。

|

« 与党を助けてしまっている民主系はもう要らない | トップページ | 百人一首の歌人達93番右大臣実朝 »

国際」カテゴリの記事

反マスゴミ」カテゴリの記事