« 国道6号は一桁では最弱国道なのか | トップページ | 与党を助けてしまっている民主系はもう要らない »

2020/07/18

天国に行くのが早すぎるよ・・・・・・三浦春馬・・・・・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/855be9fcb418680767429229b72fd675f66b87c9

三浦春馬さん死去に広がる衝撃 9月ドラマ決まっていたのになぜ



配信

女性自身




Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

俳優の三浦春馬さんが7月18日、30歳という若さで死去した。突然の予期せぬ死に、衝撃が広がっている。

 

日テレNEWS24によると三浦さんは同日に仕事の予定が入っていたが、現場に現れなかったという。関係者が自宅を訪れると、首を吊っている三浦さんを発見。搬送先の病院で死亡が確認されたという。また三浦さんの自宅で、遺書のようなものが確認されたとも報じている。

 

97年に連続テレビ小説『あぐり』(NHK)で、子役デビューした三浦さん。その後『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)や『ごくせん』(日本テレビ系)、『TWO WEEKS』(フジテレビ系)といった話題作で幅広く活躍した。

 

三浦さんは、松岡茉優(25)主演の9月ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)にも出演が決まっていた。お金を正しく使うことにこだわる主人公と男性3人の繰り広げる“恋愛合戦”が見どころで、三浦さんは「台本を読み進めるのがとても楽しみでした」と語っていたという。

 

本ドラマ出演者の三浦翔平(32)とは、08年の『ごくせん』(日本テレビ系)と09年の映画『ごくせんTHE MOVIE』以来の共演。約11年ぶりに披露する“W三浦”にも、注目が集まっていた。

 

また来年には三浦さんが武将・松平元康(後の徳川家康)を演じる、映画『ブレイブ 群青戦記』の公開も控えていた。

 

三浦さんのインスタグラムでは、14日に投稿した新ドラマの告知が最後の更新だった。そこには、《テレビの前の皆様に9月から、より笑って頂きたく撮影に励んでおります! 楽しみにいていてください!(原文ママ)》と笑顔の姿が添えられていた。

 

突然の訃報に、三浦さんを偲ぶ声が広がっている。

 

《なぜ、ショックすぎる、、、》
《えっ? 信じられない。今すごい動揺してます。嘘であって欲しい》
《信じられない...どうして...天国で安らかにお眠りください》
《端から見たら人気絶頂で、何の心配もないように思っていました。でも、ご本人にとってはそうではなかったのですね… 何が死に急がせたのかわかりませんが、ご冥福をお祈りいたします》



午後3時ごろ、ヤフコメでもコメントする為に速報をチェックしていたらまさかのこの情報が・・・・・・・・・・「嘘だろ?」、「何故?」と言うか、ただただ衝撃的でした。

大河ドラマの直虎では高橋一生氏や、学年1つ違いだけど、誕生日は6日しか違わなかった柳楽優弥氏に美味しい所を持ってかれてしまったから今度出演される時はもっと良い役を演じていただきたい、主役を張ったっておかしくないと思っていたらブレイブ群青戦記とやらでのちの家康である松平元康を演じる予定だったらしく、他にも松岡茉優氏らとの共演作だったお金の切れ目が恋のはじまりとかコンフィデンスマンJPプリンス編とかいくつも仕事があって、ミュージカルも今年末から来年初めにかけて公開予定だったらしい。

傍から見たら優れていた容姿を活かされて、順風満帆に役者としてのキャリアを築かれていただけに・・・・・・・・・・・前日まではそのお金の切れ目の収録とか普通に仕事をされていたらしく、彼に何があったのか、どうしてこの様な選択を選ばれてしまったのか・・・・・・・三浦氏とは同郷でもあるだけにショックすぎる、全く悲しい、残念でなりません。変なしがらみなんか無くなったであろう天国で安らかに過ごされる事等を願うばかりです。

|

« 国道6号は一桁では最弱国道なのか | トップページ | 与党を助けてしまっている民主系はもう要らない »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事