« 天国に行くのが早すぎるよ・・・・・・三浦春馬・・・・・・・ | トップページ | 今もなお、タリバンとの戦いに身を投じる少女もいる現実 »

2020/07/19

与党を助けてしまっている民主系はもう要らない

https://news.yahoo.co.jp/articles/5206c23ff99813250e31cb87da5e2676cda4cdbf

立国合流急ぐ枝野氏 党内の突き上げに焦りも 鈍い玉木氏にしびれ



配信

産経新聞




横浜市内で記者団の質問に答える立憲民主党の枝野幸男代表=18日、横浜市内(千田恒弥撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表が国民民主党との合流を焦っている。枝野氏は新型コロナウイルス対策や東京都知事選で存在感を発揮できず、党内から次期衆院選を見据えた動きを加速するよう求める声が出ていた。旧民主党勢力の糾合をテコに“野党の盟主”として求心力回復を狙うが、仮に合流がうまくいっても険しい道が待ち受けている。

 

【写真】餃子が風評被害に?物議醸した枝野氏のツイート

 

 「15日に福山哲郎幹事長から国民側に申し上げたことに答えてもらっていない。答えをいただいた上で検討したい」

 

 枝野氏は18日、横浜市で記者団の質問に答え、国民に対し、合流条件を逆提案する前に立民の提案内容に回答するよう求めた。立民は15日に両党が解党して新党を立ち上げた上で新党名を「立憲民主党」、略称を「民主党」にすることなどを提案したが、国民の玉木雄一郎代表は党名を民主的な手続きで決めるよう主張している。

 

 国民に合流を提案した翌日の16日夜、枝野氏は都内で党の若手議員らと会食した。自らが立ち上げた「立憲民主党」の党名維持にこだわる枝野氏はその場でも「党名は絶対に譲らない」と繰り返した。「早々に決着をつける」とも語り、玉木氏が持ち掛けてくる条件闘争に応じない考えもにじませたという。

 

 昨年末からの国民との合流協議では条件が折り合わず、1月に頓挫した。だが、立民の若手・中堅からは現状のままでは与党だけでなく、日本維新の会やれいわ新選組にも対抗できないとして協議を再開すべきだとの機運が高まっていた。合流に再びかじを切った枝野氏の心境ついて、国民中堅は「立民の政党支持率も頭打ちで焦っているのだろう」と推測する。

 

 一方、今回の合流協議で新党への参加が見込まれる野田佳彦前首相ら旧民主党政権の重鎮も水面下で動きを活発化させている。野田氏を慕う勢力は今も両党内におり、新党結成後の代表選で野田氏を担ぐ案も浮上する。立民の最大グループを率いる赤松広隆衆院副議長も執行部への不満を募らせており、「枝野1強」と言われた党内基盤は揺らいでいる。(千田恒弥)


来週22日から実施予定のGO TOキャンペーン、東京は対象の除外となるらしいですが、東京だけでなく、コロナ感染者数が比較的多い千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫、それに豪雨被害を受けている熊本も対象外としなければだめでしょう。確かに経済を回すのも大事ですが、その為に日本政府は必要な対策をしたのですか?どうも梯子をかけないで屋根に登ろうとしている様に見えますが、情勢も無視して自分達が決めた原則を変えないって、「自称」最高傑作2という過去の成功をいつまでも絶対視して、それに頼っているカプコン開発スタッフとロックマンの一部ファンと同じですよ。またコロナが感染拡大しているのにVRを予定通り昨日から稼働開始したのにはそれぐらいもう自己責任と言うか、別に文句言うつもりはないですが・・・・・・・・・・・・

しかもこのGO TOキャンペーンって1兆7000憶も金をかけたらしく、そんな金があるのならワクチン開発とかオンライン授業体制の確立とか他にいくらでも使い道があるはずです。主要国のそれで日本の政治家ほど金の使い方が下手なのなんていない、これももう世界でも有名だけど、第一野党の立憲民主が、党首がコロナ対策についてもつっこんだ話も出来ないまままたこんな話している様では、自民がどんなに失政を繰り返してもよほど国辱的なものではないかぎりは安泰でしょうね。この先も。

思えば民主党も、中道右派から極左に近い左派までバラバラ(西村眞吾氏なんて中道右派よりももっと右な政界最右派だったけど)で、これでよく20年近く持ったなだったけど、大きなまとまり作ってもそれが長続きしたためしなんてないじゃん。遅くとも2012年の政権交代以降は。何年も政治家やってるくせにどうして1+1=2になるとは限らない程度の事も分からないのかね?仮に合流になっても、私の選挙区でも国民民主で比例復活当選した人がいて、その人には別に恨みなんかないけど、その人と民主系の政党なんか次の衆議院選挙も絶対票なんか入れないですよ。それならまだ共産党の方がマシです。

|

« 天国に行くのが早すぎるよ・・・・・・三浦春馬・・・・・・・ | トップページ | 今もなお、タリバンとの戦いに身を投じる少女もいる現実 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事