« コロナが収束しようがしまいが今日も平常運転な時事通信 | トップページ | 大石泰史著「今川氏滅亡」の感想 »

2020/06/14

小栗旬ついにハリウッドデビュー

https://news.yahoo.co.jp/articles/57fce3913ebd2959512ac40e1dd93fb0e2ecedd8

小栗旬のハリウッドデビュー作、来年5月に公開決定



配信

日刊スポーツ




 

俳優小栗旬(37)のハリウッドデビュー作、「ゴジラVSコング」の公開が来年5月21日に決まった。当初は今年3月公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大のため同11月に延期され、今回で2度目の延期となる。同作は「モンスターバース」シリーズ第4弾。コロナ禍で夏以降の公開スケジュールの見直しが相次いでいる。「ワンダーウーマン」が8月公開から10月にずれたことで、「ゴジラ-」と「トムとジェリー」が来年に延期、来年公開予定だったキアヌ・リーブス主演「マトリックス4」も22年4月に延期が決まった。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)



先日、声優出演していた「天気の子」も目にする機会があって、残念ながら全くの期待外れだったのですが・・・・・・・・・・・・

日本人役者も出演するハリウッド映画と言えば、「名探偵ピカチュウ」も先日地上波放送されてましたが、麒麟の放送中止で独眼竜政宗の名場面スペシャル(個人的に政宗は特に前半生は過大評価認定ですが。あと20年早く生まれたとしても東北地方を平定できたのかどうかも微妙だし)も放送される渡辺謙氏も、日本人じゃなかったら大して印象に残らないであろう役柄で拍子抜けでしたが、「ゴジラVSコング」の小栗氏はどうか。

再来年は「鎌倉殿の13人」も放送予定で、麒麟が越年放送となったから、放送開始は再来年のいつになるのかですが、北条義時が主人公なのは意表を突かれましたね。姉や息子、曽孫(渡辺氏も演じられた事があるけど)の方が有名なだけに・・・・・・・・・・・・真田丸も評判は良かったらしい三谷幸喜氏も、古畑任三郎もキャスト一新で復活するらしく、これもどうかなですが、小栗氏も不惑を前にしてさらに飛躍されるのか。吉沢亮氏も随分推されてきているけど、改めて目が離せないですね。

|

« コロナが収束しようがしまいが今日も平常運転な時事通信 | トップページ | 大石泰史著「今川氏滅亡」の感想 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

洋画」カテゴリの記事