« 小学館学習まんが人物館「明智光秀」感想 | トップページ | 東京五輪だけでなく、ドバイ万博も延期へ »

2020/05/03

新テニスの王子様第297・298・299話ー「世紀の決戦?部長VS信繁のバトル始まる!!」

GWだから忘れていたけど、新テニスの王子様6月号の感想です。

いよいよ部長(手塚)と信繁(幸村)の対決が始まって、中学生同士の試合ながらも張り詰めた空気が会場を覆っていましたが、まあ彼らは錦織・大坂選手ですら雑魚になってしまうであろう、人間の姿をしたテニス戦士なのだからそんなの別に驚くべき事でも何でもない。

部長はラケットに当てさえすれば自在に回転を操れるのも、彼にとっては全く「朝飯前」だったのでしょうが、実はとっくに病気なんか完治していたらしい信繁は彼のさらの上を行ってた感じでしたね。長年の心配事が無くなって、ますますパワーアップ!!もう手が付けられないか?

本来信繁とは敵同士な殿(徳川)もゴウキ(鬼)らと拳を合わせ、手ごたえを確認し合っていましたが、この「新~」では扱い悪いww印象もあったデータ君(乾)も、元々味方だったが故にも部長の3年間分ものデータを提供してくれた様だ。またそのデータの先を集めないとも嘯いていたけど、彼らしい。敵方のボルクもあくまで冷静に信繁の姿を見つめていた様ですが、手塚ゾーンまで封じていたのだからつくづく凄い!!これにはあのバルログ・アトーベ様も関わっていた様だけど、データ君といい、彼といい、かって関わりが深かった人達から情報を提供してもらえたのも強みでしたね。部長は、今のチームメイトで信繁に関わりのあった人なんか殆どいなかったのだろうからそうも行かなかっただろうし。アトーベ様は面白がっていた一方で、晴信(真田)は手塚の強さを侮るな!!という様な忠告をしていたけど、部長も天衣無縫を発動か?さあ、ここで今月のテニプリ語録だ!!

「油断せずに行こう」

そうだね!!部長と言えば、やはりこのセリフだね!!そして越前王子様まで、信繁に「ねえ・・・テニス楽しんでいる?」と声をかけていたけど、信繁は部長だけでなく、王子様とも戦っていたつもりだったのか・・・・・・・・・今は信繁優勢だけど、この後はどうなる?


さすがにコロナウイルスがまだちょっと収束の目途がついていない様だからミュージカルの宣伝はなかったけど、氷帝VS立海対決のアニメオリジナルストーリーが製作決定となった様ですね!!また、アプリ版のライジングビートも提供されている様だけど、天才君(不二兄)は確かに平安装束姿は似合う。テニス戦士達もさすがにコロナにかかっては戦いどころじゃないだろうけど、テニプリはこれからもコロナも吹き飛ばす様な笑いを見せてほしいですね。今月号の話はあまりネタ要素はなかったですが・・・・・・・・・・・・

|

« 小学館学習まんが人物館「明智光秀」感想 | トップページ | 東京五輪だけでなく、ドバイ万博も延期へ »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事