« コロナ危機も利用して女性政治家を過剰に持ち上げるマスゴミの「胡散臭さ」 | トップページ | コロナ危機で夏休みが無くなってしまった東芝 »

2020/04/18

志村けんもこれからも皆の心の中で生き続ける

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-04180104-sph-ent

高木ブーの「志村は死なないの」を体現…「志村けんのだいじょうぶだぁ」動画が10時間で70万回超再生


4/18(土) 18:02配信

スポーツ報知



 新型コロナウイルス感染のため3月29日に死去した志村けんさん(享年70)の所属事務所・イザワオフィスは18日、志村さんが出演していた番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」を再編集した動画10本を、同日から順次同社の公式YouTubeチャンネルで配信すると発表した。

 この日、1本目が公開されると再生回数は約10時間で70万回を超えた。動画のコメント欄では「高木ブーさんのおっしゃった『志村とずっと一緒にやってきた人間で普通の人とは違うんだね、僕らは。志村は死なないの。ずっと生きている』を実感してます。何時でも会いたい時に会いたい姿で会える。決して志村けんは死んでいません」や「志村が死んだ悲しみを志村が癒してくれる。すごいね」「びっくりするよな。もうこの人いないんだぜ?笑ってんのに泣いてんだぞ。どうなってんだこりゃあ」などの声が寄せら、事務所の英断に賛辞が送られていた。

 同番組は1987年から96年まで、フジテレビ系で放送された。しかし同社は「諸事情によりテレビなどで目にしていただく機会がなく、今後についても、残念ながらゼロに近い状況です」と説明。スタッフの間では、志村さんの全盛期ともいえるこれらの作品が人の目に触れられること無く葬り去られることに葛藤があったとして「志村けんを失った弊社が、社会に対して何を発信し、最前線で働く医療従事者にどのような支援ができるかを検討した結果、当該のコント動画を公開し、得られる収益を諸経費を除いた上で日本赤十字社に全額寄付することを、ご遺族をはじめとした関係各所にご理解をいただいた上で、決定いたしました」とした。

 公開されるのは、同番組で放送されたコントの中から、YouTube配信動画用に30分程度に再編集しまとめた全10本。18日午前7時より順次公開される。同社では「世界中が暗く沈み込んでしまっている昨今、志村けんと共演者、制作スタッフが作り上げた『本来であれば処分されるのを待つのみ』だった本作品群が、新型コロナウイルスと戦い続ける世界各地の家庭を明るくする一助となり、寄付により日本赤十字社の諸活動が、より多くの方々を助けることを、弊社スタッフ一同、願っております」とコメントしている。

藤原啓治氏も先週12日に亡くられていたらしい。クレヨンしんちゃんの野原ひろし等を降板されたままでも仕事はそのまま続けられていたらしいですが、早すぎる・・・・・・・・・・・・クレヨンしんちゃんがホントに面白かった時(ひまわりが生まれるまで)からこの人もその道の一流になられると思っていて、実際その通りとなったのですが、ホントに残念でなりません。

ご冥福をこの場を借りてお祈りさせていただきますであり、志村けん氏も勿論そう、ドリフもだいじょうぶだあもバカ殿も今改めて見ても普通に笑えるけど、お笑いにとどまらず、天才志村動物園以外にも連続テレビ小説、エールや初の主演映画にも出演が決まっていたのにこんな形で人生終わりになってほしくなかった、どうしてだよ・・・・・・・・・ですが、これもイザワオフィスはよく英断されましたですね。

youtubeではまた、カトチャンケンチャンのプレイ動画も見る事が出来るけど、お笑いにとどまらない、何十年に1人の偉大なエンターテイナーだった志村氏の伝説もこういう形でも後世まで語り継がれてほしいです。

|

« コロナ危機も利用して女性政治家を過剰に持ち上げるマスゴミの「胡散臭さ」 | トップページ | コロナ危機で夏休みが無くなってしまった東芝 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事