« 新テニスの王子様第291・292・293話ー「喜劇再び?史上最強のイリュージョン!!そして・・・・・・・」 | トップページ | アニメ映画「宇宙ショーへようこそ」感想 »

2020/03/07

「獣医学部に生物兵器」ネタが先行した新聞記者の3冠で日本アカデミー賞の価値に疑問

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00000036-tospoweb-ent

“コロナ失策”安倍政権さらなる逆風?反安倍映画「新聞記者」が日本アカデミー賞3冠


3/7(土) 17:10配信

東スポWeb



 新型コロナウイルスに対する“失策”で叩かれまくっている安倍政権には、さらに逆風か――。

第43回日本アカデミー賞」授賞式は6日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場に観客や報道陣を入れずに行われた。加計学園問題など実際の政治スキャンダルをモチーフにして話題になった「新聞記者」が、最優秀作品賞など主要3部門を制した。

 同作で最優秀主演男優賞を初めて獲得した松坂桃李(31)は、エリート官僚役を好演。壇上のスピーチでは「実現するまでに二転三転、四転五転。それでもこの作品をしっかり見てくださる方に届けたいという人が集まって、撮りきることができました」と、公開までに紆余曲折があったことを改めてほのめかした。

 最優秀主演女優賞は、同作で政権の闇に立ち向かう女性記者を演じた韓国人女優シム・ウンギョン(25)が初受賞した。

「新聞記者」は“反政権の問題作”とのレッテルを貼られた。同作の原案は、菅義偉官房長官の“天敵”である東京新聞・望月衣塑子記者が執筆した同名ノンフィクション。昨年6月に公開されたころには同作の公式サイトが何者かからサイバー攻撃を受けたと報じられて話題になった。

「日本アカデミー賞で、反政権色が強い映画が作品賞を取るとは思わなかった。主演男優・女優賞まで」と目を丸くするのは永田町関係者。同作に関わり、加計学園問題の当事者の一人でもあった元文科事務次官の前川喜平氏はツイッターで「アベ政権が最も嫌う映画が日本アカデミー賞!」と賛辞を贈った。

「主要3部門を制したことで、昨秋にリリースされた『新聞記者』のDVDとデジタル配信は、さらにセールスが伸びるはず。新型コロナウイルスの感染拡大で世間の人々は外出が難しくなっているから、自宅でこの作品を見ようと需要が急増するかもしれない」(映画関係者)

 コロナ対応に苦慮する安倍政権にとっては泣きっ面にハチ!?



たまたま直前にこの新聞記者、目にする機会があって、某所でも拙文ながらも感想書きましたが・・・・・・・・・・

ヤフコメでもコメントしたけど、松坂氏の主演男優賞には納得だけど、シム・ウンギョン氏(当初は蒼井優氏が吉岡を演じる予定だったのだろうが、政治色が強いという事で逃げられたのだろう)は韓国人だからしょうがなかったけど、日本人が喋る日本語じゃなかった。田中哲司氏も多田の様に「民主主義なんて形だけで良いんだ。」とか口には出さなくても内心そう思っている現実の政治家・官僚だって絶対一定数いるのでしょうが、失礼ながらこの人が演じても冷徹さも重厚感も欠いていて、小者感がぬぐえなかった。結局は「獣医学部に生物兵器」なセンセーショナルなネタが先行していて、民主主義のありかたとか改めて強く訴えかけられたものなんてなかった、こんなアカデミー賞を何部門も受賞する様な映画だとは思えなかったですよ。私からは・・・・・・・・・・・・

4月ドラマは続編ものが多い。ハケンの品格もその一つで、この東スポやアサ芸が、篠原涼子氏がたまたま最近は民衆の敵とか出演ドラマが低視聴率なのを蒸し返して、映画では日本アカデミー賞で優秀主演女優賞&優秀助演女優賞のダブル受賞を果たした快挙をスルーして続編も高視聴率を取れなかったらもう篠原涼子はオワコンだという様な記事を書いて叩いたのも、もうそういうのが彼らの仕事だってえの分かっていながらもちびまる子ちゃんの藤木よりも全然卑怯だろ!!お前らの方が彼女よりも全然終わっているよ!!とツッコみたくなったけど、新聞記者程度の映画が3部門も制覇する様では日本アカデミー賞もその価値に疑問を抱かざるを得ないです。綿矢りさ氏の蹴りたい背中が芥川賞を受賞してしまった時の様に。

でも、しょうがないか、今の日本映画って漫画や小説を安易に実写化したものが目立つものね。キミスイも、その内他の作者の作品も実写化されるかもしれないとも思ったけど、青くて痛くて脆いがホントに実写化される事になって、彼ら彼女らがそれぞれ持っている良さまで否定するつもりは毛頭ないけど、同じ役者ばかりで、彼らにも合わせる為に変に設定も変えているしね。中には漫画の実写版でも翔んで埼玉みたいに面白かったのもあるけど、結局製作スタッフや大手芸能事務所およびその所属タレントの為の実写版になっているもの。ホントに映画または原作が好きな人の事なんて見ていないんですよ。そんな作品が目立つもの、実態は左翼の出来損ないで却って政権を補完してしまっている有様なのに、センセーショナルなネタも見せて、反権力ぶった映画でも高尚に見えてしまうのでしょう。別に無理して狙う必要も無いけど、これじゃあ日本映画はこの先もパラサイトの様に本場のアカデミー賞を受賞するなんて夢のまた夢ですよ。ヤフコメでも言ってた人いたけど、日本映画はどんどんガラパゴス化していくでしょうね。

|

« 新テニスの王子様第291・292・293話ー「喜劇再び?史上最強のイリュージョン!!そして・・・・・・・」 | トップページ | アニメ映画「宇宙ショーへようこそ」感想 »

軍事」カテゴリの記事