« 新テニスの王子様第288・289・290話ー「海賊とバイキングの最強ペア?今度のダブルス戦は絶対勝利だ!!」 | トップページ | アイルランド下院総選挙で初のシン・フェイン党出身の首相誕生もなるか(2月11日追記あり) »

2020/02/08

ブディジェッジが躍進してますます内ゲバするのはトランプを喜ばせるだけ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-35149151-cnn-int

米民主党討論会、初戦で躍進のブダジェッジ氏に集中砲火


2/8(土) 13:00配信

CNN.co.jp



(CNN) 米民主党は7日、大統領選に向けた候補指名争いの2戦目の舞台となるニューハンプシャー州でテレビ討論会を行った。初戦のアイオワ州党員集会で躍進したブダジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長に他の候補から集中砲火が浴びせられた。

批判の口火を切ったのはバイデン前副大統領。ここ1カ月あまり繰り返してきた主張をここでも展開し、今年は経験の浅い候補を選ぶリスクを冒す時ではないと述べた。

特に前サウスベンド市長というブダジェッジ氏の経歴に言及し、「素晴らしい男で真の愛国者だが、小都市の市長として若干成果を上げた」に過ぎないと指摘。アフリカ系やラテン系を含む幅広い層の支持を集める能力は示していないとの見方を示した。

これに対しブダジェッジ氏は、トランプ大統領の対抗馬を決める今回の指名争いは米政治の新たな節目であり、新しい形のリーダーシップが必要になると反論。「我々はトランプ大統領のもとで全く新しい問題に直面している」と力説した。

そのうえで、極端な路線を突き進んで国民を分断する候補を選ぶのは間違いだと付け加えた。

司会者からサンダース上院議員のことを言っているのかと問われると、「その通りだと」と答え、「このプロセスにはできる限り多くの人を巻き込む必要がある」とした。

サンダース氏は討論会に先立つCNNとのインタビューで、ブダジェッジ氏をエリート候補と位置付ける構えを示し、「40人を超える億万長者や大手製薬企業の最高経営責任者(CEO)、化石燃料(でもうける実業家)、金融街から献金を受け取っている」と批判していた。

ニューハンプシャー州の予備選は11日に行われる。


私はアメリカ国民だったら間違いなく民主党支持者になっていたと思います。死刑廃止以外はほぼ民主党の政策・思想と一致します。実際政党座標テストで診断したら、政治的な立ち位置はビル・クリントン氏とほぼ同じでした。(クリントン夫妻やバイデン氏の様な親中ではないですが)ブディジェッジ氏についても同性婚にもどちらかと言えば賛成だし、彼が同性愛者である事にも全く抵抗は無いのですが、やはり経験不足ですね。戦後のアメリカ大統領って、アイゼンハワー&トランプ氏はそれぞれ軍人・実業家と歩んできた畑が違っていた(後者については、就任時NHKはやけに軍歴が無いのを強調していたけど、それ言うならブッシュジュニアだっておそらくコネで州兵になって、ベトナム行き免れているしね)けど、この2人以外はほぼ皆連邦議会議員または州知事等を経験しています。元々は俳優だったレーガン氏もそうだったし、その次のブッシュパパだって議員落選も経験していたけど、そのまま過去の人にならないで国連大使・CIA長官・副大統領を経て大統領になっている。

やはり時期早々と言うか、次の次までにせめて州知事か連邦議会議員(出来れば上院の方)を経験していただきたいものですが、そんなブディジェッジ氏でも・・・・・・・・高濱賛というのが、予備選挙が行われたアイオワ州の事をちっぽけな農業州なんて州民に喧嘩を売った様な記事がJBpressに載っていたのもたまたま目にして、顔見てみたら、言っちゃ悪いけど確かに高い見識なんかある様な顔じゃなかったわ(だったら日本なんか島根や鳥取なんかどーだよ?でもあるし)だったけど、それでも私にとっても予想外な躍進遂げたという事は、他の候補たちに欠けてたものが多々あったという事でしょ?

サンダース氏を「社会の分断を煽る」とか言って名指しで非難したブディジェッジ氏もブディジェッジ氏(まあ実際そういうリベラルも少なくないけど。だから日本でだっていつまで経っても彼らは多数派になれない、現実にはホントの意味でのリベラルではなく、体裁の為にそう名乗っている悪い意味での和製な左翼も何人もいるけど、却ってIRや桜を見る会とかボロ出しまくっている自民も助けてしまっているのだから)だけど、そういう欠けているものを良く認識した上でブディジェッジ氏を全否定するのではなく、政策・主張で議論すべきではないのですか?そういう議論をしてこそ、相手の良い点も受け入れてそれも自分のモノに出来て、もっと支持を得られるだろうにですが、現実はもう内ゲバ状態となっていますね。

そう言えばヤフコメでも、いくら日本の民主党が拙劣な政権運営していたからと言って、民主党というだけで脊髄反射的にディスっていたコメントも、「日本やアメリカだけでなく、世界の多くの国にはそういう名前の政党なんかいくらでもあるんだけど・・・・・・・・・・」(ドイツの社会民主党についても、日本の同名の政党及びその前進政党がダメなだけでディスっていたコメント見られたけど)とツッコまずにはいられなかった(苦笑)ですが、こんな事やったって、トランプ氏と共和党が喜ぶだけですよ。民主党及び候補者達には何のプラスにもならない。

だからと言って、次の大統領選でカマラ・ハリス氏とか祭り上げるの勘弁してね、ルーマニアの元女性首相も舌禍やらかしたらしく、偏見かもしれないけど、マスコミが持ち上げる女性政治家も正直スゲー胡散臭いんだから(フィンランドの女性首相も、運輸大臣時代に言及した週休3日制を首相に就任した直後に言った様に歪曲したしね。所属政党の社会民主党は現在与党だとは言え、他の複数の政党との連立政権で党勢は低落傾向だし、所詮女性票欲しさに祭り上げられた神輿だろですが)だけど、もう本勝負前から結果が見えてきてしまっている感じですね。こう断言するのも早すぎるかもしれませんが、アレだけマスコミに後押しされていたヒラリー氏が負けてしまった教訓も活かせず、50~60代の有力候補者を出せなかった民主党の負けです。個人的には日本にも基地負担が多すぎるとか文句言ったり、中東問題でイスラエル寄りすぎるとかは不満点ですが、アメリカは経済は良い状態だし、中国にも強硬姿勢で臨んでいる、今ここでどーしても政権交代させなければいけない必然性が弱いと言うか、今のままでは高い確率でトランプ再選となるでしょうね。

|

« 新テニスの王子様第288・289・290話ー「海賊とバイキングの最強ペア?今度のダブルス戦は絶対勝利だ!!」 | トップページ | アイルランド下院総選挙で初のシン・フェイン党出身の首相誕生もなるか(2月11日追記あり) »

国際」カテゴリの記事