« 2022年大河は小栗旬が主演 | トップページ | 確かに毎日新聞の言い回しも「ズルい」かもしれないが・・・・・・・・・・ »

2020/01/12

ダーリンインザフランキス第59話ー「もはや絶望するしかない?強大な敵を前にしてヒロ達は今・・・・・・・・」

単行本7巻も好評発売中だろうけど、今年初のダリフラです。

巨大な、角の生えた赤ん坊みたいだったけど、確かにどうやって倒すんだ!?な感じでしたね。スターエンティティというらしいけど、博士は一体何を言ったのか・・・・・・・・・・・

ゼロツーももはやなすすべもなかった様に見えましたが、博士はどうやら若い頃に研究仲間でもあった恋人がいて、ゼロツーも彼女の面影も重ねて・・・・・・・・・・・・だったらしい。

ピンチなゼロツーのもとに早く行きたかったのに行けなかったヒロだったけど、αとδがイチゴ・ゴローと共に他の叫竜を足止めしてくれる様だ。この2人もやはり最後はアニメ版同様・・・・・・・なのかでもあったけど、イチゴからもヒロに一言が・・・・・・・・・・・・ホントはまだまだヒロへの未練を捨てきれていなかったけど、だからこそ(?)ヒロを自分と一心同体のつもりで守ってほしいな強い愛が感じられましたね。さりげなくまたエロでも魅せていたけど。

ミツルに自分を下ろすように指示して、ミツルのかけた一言もわだかまりも超えた友情が伝わったけど、七賢人はどういう目的を持っていたのかと思いきや・・・・・・・・・叫竜の姫もその為に利用しようとしたのだからなかなかの狸でしたね。七賢人と叫竜どちらがホントの「悪」なのか半ば分からなくなってきたけど、果たしてヒロはゼロツーのもとにたどり着けるのか?


早いもので、連載が始まってからもう2年経ったけど、再来週の26日でついにコミカライズ版も最終話を迎える様で・・・・・・・・・・アニメ版はwikiでもネタバレ載ってるけど、果たしてヒロ達の運命は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1月26日が楽しみですね!?

|

« 2022年大河は小栗旬が主演 | トップページ | 確かに毎日新聞の言い回しも「ズルい」かもしれないが・・・・・・・・・・ »

矢吹健太朗」カテゴリの記事