« エイプリルフールはまだまだ先なのだが、東スポよ・・・・・・・・・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス第59話ー「もはや絶望するしかない?強大な敵を前にしてヒロ達は今・・・・・・・・」 »

2020/01/11

2022年大河は小栗旬が主演

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00218972-the_tv-ent

「2度あることは3度ある」3回目の大河ドラマ脚本を務める三谷幸喜が意気込みを語る!<鎌倉殿の13人>


1/10(金) 9:00配信

ザテレビジョン



1月8日に2022年の大河ドラマの制作・主演発表会見が行われ、2022年大河ドラマが「鎌倉殿の13人」に決定、小栗旬が主演を務め、脚本を三谷幸喜が担当することが明らかに。会見には三谷が出席した。

【写真を見る】記者にレクチャーをする三谷幸喜

「新選組!」(2004年、NHK総合ほか)、「真田丸」(2016年、NHK総合ほか)に続き、今回で脚本を手掛けるのが3作目となる三谷は、「2度あることは3度ある、脚本の三谷幸喜です。よろしくお願いいたします」とあいさつし、記者たちの笑いを誘った。

本作の主人公は、源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男・北条義時。義時を中心に、鎌倉殿(鎌倉幕府将軍)に仕えた13人の家臣の姿を描く。

三谷はタイトルについて、「新しい大河ドラマを作りたいということで、今までなかったようなものにしようと思い、このタイトルになりました」と明かした。

主人公・義時を演じるのは、今回が大河ドラマ初主演となる小栗。これまでにも多くの大河ドラマに出演した小栗について三谷は、「小栗さんが主演というのは大河ファンの僕がまず見たかったんです。だからすごく楽しみです」とコメントした。

会見ではホワイトボードを使い、三谷自ら記者に「鎌倉殿の“13人”」たちを説明する一幕も。「ここテストに出ますよ!」と予備校講師さながらに登場人物や時代背景をレクチャーした。

■ 主人公・義時は「酸いも甘いもかみ砕いた男」

――これまで2作品、大河ドラマを手掛けていらっしゃいますが、これまでの作品とどう異なるか教えてください。

1本目が「新選組!」で2本目が「真田丸」なのですが、どちらも実は敗者の物語なんですね。僕はどうしても歴史に名を残した人よりも敗れ去っていった人たちにドラマを見出すタイプの脚本家なので…。

そして北条義時ですが、歴史上では勝者なんですよね。一番最後に笑ったのは北条義時ですが、じゃあ本当に彼は全てにおいて勝ち組なのかというと、犠牲にしたものを多かったと思うんです。

彼はすごく孤独な男だった気がするし、その孤独の中、絶望の中でもしかしたら死んでいったのかもしれない…。

そう考えた時に、勝者ではあるんだけど義時という人物に興味を持ったので、義時の話を書くことになりました。

――主演の小栗旬さんにはどのように義時を演じてほしいですか?

小栗さんとは何本かご一緒させていただいて、初めてご一緒したのは「わが家の歴史」(2010年、フジテレビ系)という作品でした。

高倉健さんの若い頃を1シーンだけやっていただいたのですが、実際小栗さんは高倉健さんと似ても似つかないんだけども、映像を見た時に健さんにしか見えなくて…。

この人は本当に気持ちから入っていく人なんだ、物まねとかではなく、心から高倉健を演じたから高倉健に見えたんだと感じまして、この人と一緒にまた仕事したいなと思いました。

その後、映画やドラマでご一緒したり、大河ドラマに出演しているのも拝見しましたが、出番が短くても役を掴むのが上手といいますか、芝居にうそのない方だなと。この義時という人物はただ強く優しくかっこいいヒーローではなく、すごく人間的なずるい部分とか、酸いも甘いもかみ砕いた男なので、それを小栗さんにやっていただくのは楽しみです。

■ 小栗旬とは「新しい代表作にしましょう」

――先ほども「2度あることは3度ある」とおっしゃっていましたが、3度目の脚本が決まった時の率直な感想を教えてください。

僕は大河ファンで子供の頃から見ていたので、自分も関わることができてラッキーだなと思っています。このところ「大河ドラマは元気がない」と言われたりしている中、いやいやそんなことはないんだ、こんなに楽しい、面白い、わくわくするテレビドラマの枠は他にないんだという信念を持っているので、僕でいいのであれば何らかのお力になりたいと思っていたんです。

だからお話があった時にはうれしかったし、これはがんばるしかないと。

この作品は(大河ドラマ)61本目ですが、ようやく60本で第1章が終わり、これから第2章が始まる、その1本目という思いでやらせていただこうと思います。

――主演を務める小栗さんとお話されたことはありますか?

決まった日に携帯に海外から着信が入っていて、かけなおしてみたら小栗さんで。その時はお互いに「新しい代表作にしましょう」という話をしました。

――放送が1年に及ぶ大河ドラマと他の作品では脚本作りに違いはあるのでしょうか?

大河ドラマを2本やってみて分かったのは大変だということですね。1年間放送されるということで、僕は今からこの仕事に関わっていて…。2年以上、3年近くこの仕事に関わるのですが、そんなことって他にないので、僕の中でもビッグプロジェクトだなと思っています。

やっぱり脚本家である以上、みんなそうだと思うんですけど、大河ドラマやりたいと思うと思うんですよ。ドラマの良さって連続ドラマなわけで…。今、配信ドラマも力を持ってきてますが、毎週みんなが同じ時間に大勢の人が共有するってドラマしかないわけで。その中でも大河ドラマって1年ですから。

1年かけてやるドラマって大河ドラマと「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)くらい…。僕は今後も「渡る世間―」を書くことはないと思うので…(笑)。じゃあ大河やりたいなっていつも思ってたんですね。

僕は2本をやらせていただき、書いてみたことで分かったことがたくさんあるんで、そういうノウハウを自分の中で蓄積し、生かして、自分にとっての集大成、最高の大河ドラマにしたいと思っています。

■ 「ダークな男のダークな人生を、明るく楽しく描いていきたい」

――この時代の北条家は結構ダークなイメージがあるのですが、義時の人物像をどうとらえていらっしゃいますか?

めちゃくちゃダークですよね! こんなダークな主人公が日曜の夜8時にいていいのか! というくらいダークな男だと思うので、そんなダークな男のダークな人生を、明るく楽しく描いていきたいと思います。それが僕の使命だと思っております。

――「鎌倉殿の13人」ということで13人の掛け合いもあるのかと思うのですが、構想はいかがでしょうか?

そうですね。僕の書くドラマはどちらかというと主人公よりもサブの人たちの方が魅力的で輝いていて、その中で主人公が埋もれてしまうみたいなパターンが多くて…。本当に(「真田丸」で主演を務めた)堺雅人さんはよくやってくれたなって…(笑)。

真田幸村に関しては最後に大活躍するのでそういうふうに書きましたが、北条義時は多分ずっと水面下で動いている人物なんですよね。

なかなか表に出てこないので、そういう主人公と彼に翻弄され、滅ぼされていく人々をきちんと描きたいなと思っております。

多分13人プラス例えば源義経や木曽義仲、後白河法皇など当時の有名人たちがたくさん出てくると思いますが、そういう人たちをきちんと描くことによって北条義時像というものが見えてくる、そんなふうに考えております。

まだ書いていないのでどうなるのかさっぱり分かりませんが、一応プランはそんな感じです。

時代としては、頼朝の挙兵、ないしはそれより前の頼朝と北条政子が結婚するあたりから始まり、源平合戦を経て鎌倉幕府が誕生、最終的には承久の変まで描こうと思います。

――視聴率的な目標はあるのでしょうか?

「最低視聴率は更新しない」というのが目標ですけども、正直なことをいうとあんまり僕は数字にはこだわっていなくて。面白いものを作るのが僕らの使命だと思うので、それをどのくらいの人に見てもらえるかというのは二の次だと思っています。

ですけれどもやっぱり大勢の方に見てもらいたいし、もっというならばどんなに僕らが力を込めて面白いものを作っても、もし仮にそれを誰も見なかったとしたら存在していないのと同じだと思うので…。

だとするなら少しでも多くの人に届けたいと思いますし、今、半ば冗談で最低視聴率は更新しないと言いましたが、気持ちとしては最高視聴率を更新したいとさえ思っています。

■ 小栗旬コメント

1年半にも亘(わた)り、ひとつのテーマ、一本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい……体験しなければならない……僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟の要る仕事です。

しかし2年後40歳という節目の年に放送される大河ドラマを演やれることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの練熟した筆先が、どんな義時像を描き出すのか……また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずる事が出来るのか……など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです。

(ザテレビジョン)



他にもネタが無いわけではないですが・・・・・・・・・・・・・・・2021年の吉沢亮氏も驚いたけど、その次の2022年はついに小栗氏が主演ですか。しかも北条義時という、姉や義兄、息子、曽孫とか他の血縁者が有名すぎて相対的にマイナーな人物が主人公という。

三谷氏が脚本だから、またお気に入りの役者を何人も起用するのでしょうね。例えば時政・・・佐藤浩市、頼朝・・・大泉洋、政子・・・篠原涼子、後白河法皇・・・西田敏行、義経・・・藤原竜也、源仲章・・・八嶋智人な感じで。佐藤氏は真田丸にはとうとう出演しなかったけど、スケジュールの都合がつかなかったのだろうし、戸田恵子氏や西村雅彦氏とかも出るのですかね。でも、凄いよね。三谷氏も三度も大河の脚本を担当する事になって。新選組はイマイチでしたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三谷作品もどうも思ったほど面白くなかった作品も少なくなかったけど、大河では久々の平安末期~鎌倉を時代設定とした作品だし、期待しても良いかもしれないですね。

|

« エイプリルフールはまだまだ先なのだが、東スポよ・・・・・・・・・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス第59話ー「もはや絶望するしかない?強大な敵を前にしてヒロ達は今・・・・・・・・」 »

ドラマ・時代劇」カテゴリの記事