« 浦田直也はAAAを脱退してソロになっても活躍は厳しいだろうが・・・・・・・・・・・・ | トップページ | 台湾軍制服組トップの参謀総長が殉職 »

2020/01/01

連休の当たり年なんて浮かれている場合じゃないと思うが・・・・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00010002-bfj-soci

今年は連休の「当たり年」?「天皇誕生日」はいつ?2020年の祝日、まとめてみました!


1/1(水) 16:31配信

BuzzFeed Japan



2020年は祝日当たり年……? 3連休が5回、4連休が2回、5連休が1回と盛り沢山の1年間。令和はじめての天皇誕生日を含め、改めて一覧にまとめてみました。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【写真】2019年、世界を襲った異常気象の数々

令和最初の天皇誕生日は、2020年2月23日です。これまで「建国記念の日」(2月11日)だけだった2月には、新たに祝日が加わることになります。

昨年2019年は5月に改元があったため、平成の間「天皇誕生日」だった12月23日は平日に。1948年の祝日法の施行以来、初めてカレンダーのうえでは天皇誕生日がない年になりました。


また、オリンピック、パラリンピックが開かれる2020年には、いくつかの祝日に変化も。

まず、「体育の日」の名前は「スポーツの日」となります。

これまでは1964年の東京五輪の開催日に合わせた10月にありましたが、今年に限り、オリンピック開会式が開かれる7月24日(木曜)が「スポーツの日」になるので注意が必要です。

また、あわせて海の日(7月の第3月曜日)は開会式前日の7月23日(水曜)に、山の日(8月11日)は閉会式翌日の8月10日(月曜)に今年に限り移されます。


今年は連休がいっぱい?

1月には成人の日(1月13日月曜日)は例年通り3連休です。

さらに2月の天皇誕生日(23日)は日曜日なので、24日月曜日が振替休日となり、ここも3連休に。3月にも春分の日(20日金曜日)のおかげで3連休が。

5月のゴールデンウィークは、2日土曜日から、憲法記念日(3日日曜日)の振替休日(6日水曜日)までの5連休となります。昨年の10連休ほどではないにせよ、大型ですね。

また、7月はオリンピックに合わせ、開会式前日に海の日(23日木曜日)、開会式当日にはスポーツの日(24日金曜日)が移されたため、4連休に。8月の閉会式翌日の10日月曜日には山の日が同様に移されたため、ここも3連休です。

9月のシルバーウィークは敬老の日(21日月曜日)、秋分の日(22日火曜日)が並び、4連休。さらに、11月には勤労感謝の日(23日月曜日)による3連休が。

3連休が5回、4連休が2回、5連休が1回。うち2回の連休はオリンピックにも関わります。カレンダー通りのお休みがある人は、いろいろな予定を立てられそうですね。

6月、10月、12月は祝日なし

例年通り、6月に祝日はありません。また、10月の「体育の日」は「スポーツの日」に変わり、2020年に限り7月に移されているので祝日はなくなってしまいます。

さらに、12月にも祝日はありません。「二重権威」などを懸念する声もあることから「平成の日」は作られる予定はなく、12月23日は平日です。

1948年の制定時は計9日だった祝日は、「海の日」(1995年)や「山の日」(2016年)などが次々と「祝日入り」したことで、計16日にまで拡大しています。

データブック国際労働比較(労働政策研究・研修機構、2018年)によると、これはイギリスの8日、ドイツの7日、フランスの8日、イタリアの10日など、先進国の中でも多い数。

働き方が多様化している現在において、こうした「祝日過多社会」を問題視する声もあります。働き方と休み方は表裏一体。うまく休みを活用できる1年にしていきたいですね。




新年あけましておめでとうございます。このブログを見ている人がどれぐらいいるか分からない、最近は1日のアクセス数200超えるのも稀だし、マイナーブログではありますが、今年も細々やっていきますのでよろしくお願いします。

さて、元旦でもこれといったブログネタが無いので・・・・・・・・・・・ですが、2月は10日の月曜日も有給にして4連休の人ももしかしたらいるかもしれないですね。GWは自分の職場は土日祝日休みで、5/1も休日だから最低6連休だけど、4/30を4/29の代わりに休日にして7連休の可能性はあるかなあです。その後は10週連続週5日勤務となって、東京五輪により祝日が移動して7月下旬と9月下旬の2回4連休発生するけど、3連休の後は大抵仕事忙しいんで手放しで喜んでいるわけでもないです。10月の祝日無くなってしまいましたしね。

夏は自分の職場は夏休み1日しかつかないけど、山の日とくっついてこれも4連休・・・・・・・・・個人的にはその次の週の金曜日を休日にしてもらった方が3連休2回発生するんで嬉しかったのですが、まあしょうがないね。年末年始は、今まで大抵1/4も一斉有給となっていたけど、最低誰でも5日は有給取得する様になったので、今年もそうなるかは分からないですね。12/23は昨年同様祝日にはなってないけど、不謹慎ながらももし上皇さまが亡くなられたらどうなるのか?まあ、どのみち仕事納め前も忙しいので復活しなくても良いけど、祝日がこれ以上増えるのも考えものかもしれないですね。山の日は正直いらないかなあです。それよりも、自分も昨年は夏季は前述の休日1日の他にも1.5日休みもらいましたが、もっと休みを取りたい時に好きなだけ取れる様な社会になってほしいですね。サービス業じゃなくても土曜日が休みとは限らない会社だってまだまだあるのだし。まあ桜の会やIR汚職等ますますグダグダになっている今の安倍政権に期待しているわけではないですが、今年はもう日本のさらなる衰退は免れないにしても、真の働き方改革が進む年になってほしいです。

|

« 浦田直也はAAAを脱退してソロになっても活躍は厳しいだろうが・・・・・・・・・・・・ | トップページ | 台湾軍制服組トップの参謀総長が殉職 »

社会」カテゴリの記事