« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019/12/31

浦田直也はAAAを脱退してソロになっても活躍は厳しいだろうが・・・・・・・・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00010005-jisin-ent

浦田直也がAAA脱退を発表、ソロ活動で噂される大物コラボ


12/31(火) 20:27配信

女性自身



男女5人組音楽グループ「AAA」のリーダー・浦田直也(37)が12月31日をもってグループを脱退すると、同日に公式サイトで発表された。

今年4月に暴行事件(不起訴処分)を起こし無期限謹慎中だった浦田。所属事務所は《今後の活動についても考え抜いた結果、AAAを脱退する意志を固めた旨、報告がございました》と説明。今後は、個人で活動を続けるという。

浦田本人は《これからは『浦田直也』として、いろいろな想いを自分の声に乗せ歌にして届けられるよう、一生懸命努力していきたいと思っています》と意気込み。

ほかのメンバーたちは連名で、《時間をかけて話し合い、様々な意見が出た中で私たちが出した結論は、リーダー浦田直也の意思を尊重する、ということでした》とした。

「いろんな仕事が決まっていたにもかかわらず、リーダーとしてあるまじき行為でした。ほかのメンバーたちのことも考えた結果、浦田さんはついに大きな決断に至ったのでしょう」(音楽関係者)

グループのリーダーとして、ダンスと歌そしてトークと磨いて来た浦田。ソロ活動の下地はそろっているが、大物が“救いの手”を差し伸べることもありそうだ。

「浦田さんといえば、事件を起こす前には浜崎あゆみさん(41)のSNSにたびたび登場。浜崎さんが弟のようにかわいがっていることで知られていました。同じレコード会社所属ということもあって、今後の活動で浜崎さんが手を差し伸べる可能性もあるかもしれません」(前出・音楽関係者)

浜崎が自身のSNSで、浦田の脱退についてどうコメントするかが注目される。




今年最後のエントリーとなりますが・・・・・・・・・・・・・・この人が不祥事やらかした時、前園氏の過去の不祥事もその対応の違いで改めて注目されて、前園氏にとっては迷惑な話(これについても過去に取り上げた)だっただろうけど、浜崎氏にそんな余裕ありますかね。AAAって他にも脱退した元メンバー2人いて、2人ともそれぞれ頑張っているらしいけど、浦田氏は記者会見の時の態度もアレだったし、ソロアルバムでランキングトップ10に入った事もあるらしいけど、まあ厳しいでしょうね。ツイッターとインスタグラム見たらどっちも全削除されてましたが・・・・・・・・・・・・・どうせ脱退するのならもっと早く決断できなかったのかでもありますが、まあ残りのメンバーの方々は今後も頑張っていただきたいです。さすれば来る2020年ももっと良い結果を残せるはずですが、皆さんも良いお年を・・・・・・・です。

|

2019/12/30

「沈黙の臓器」肝臓を手術する事になったらしい渡辺正行は大丈夫か?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000109-dal-ent

渡辺正行 来月中旬に肝臓手術 胆石詰まりかけ、肝臓の数値が上昇


12/30(月) 19:33配信

デイリースポーツ



 タレント・渡辺正行(63)が30日、ブログを更新。年明けに肝臓の手術を受けることを明かした。

【写真】渡辺正行 橋本マナミの”チラリ”に嬉しそう?!

 年末、風邪をひいて病院に行ったところ、血液検査を勧められた渡辺。翌日、先生から「肝臓の数値が異常に高い、すぐ精密検査を!」と電話がかかってきて、精密検査を受けたところ、「胆管に小さな胆石がつまりかけ、それで、肝臓から胆汁が送りこまれなくなり、肝臓の数値が上がっている」ことが判明。早めに手術を受けた方がいい、と言われたという。

 本当は「痛くなったら、物凄い痛みですよ、その前にやった方が良い!」と一日も早い手術を勧められたが、年末年始は超多忙なため、なんとか延ばしてもらって、1月中旬に手術を決めたという。

 「それまでは、胆汁が出ないように、脂っこい物は、避けるように」と注意を受けた渡辺。来月手術の予定だが、「胆石が詰まったら、すぐ手術です」と宣告されていることも明かした。

 年末年始は家族でタイ旅行を予定しており、31日に出発予定。熱は微熱にまで下がったが、不安を残しての出発となりそうだ。

 



テレビ自体、映画の地上波放送時以外はホントに限られた時間しか見ない人間なんで、この人の顔見るのも久々だったけど、顔色悪いですね。大丈夫か?海外旅行どころじゃないだろですが・・・・・・・・・・・・・

http://tashiromasashi.seesaa.net/article/149692596.html

胆石って、田代まさし氏がブログで入院して手術を受けた体験記も目にした(関係ないけど、その前のエントリーの讃岐うどん店でうどんを食べた話、自分もこの店で食べたくなってきたけど、残念ながら既に閉店してしまったらしい)事あるけど、のたうち回るような激痛らしいですね。そう言えば、松本零士先生もイタリアで倒れた時医療費どれぐらいかかったのだろとも言うか、もしタイで緊急入院となったら金だってバカにならないでしょうしね。自分も今月後半からやや体調不良気味で、今日昼前まで10時間強寝てやっと疲れがほぼ取れてきたけど、渡辺氏の方が重症なのだから無理はしない方が良いです。

|

2019/12/29

ダーリンインザフランキス第58話-姫とゼロツーはもう分かり合えない!?叫竜サイドの最終兵器ついに姿を現す!!

今度の7巻も来年1/4に発売予定らしいですが、第58話です。

ミツルもヒロへのわだかまりが解けて、皆心を一つにしてまとまったヒロ達でしたが、第13都市部隊の力は全く本物でありました。その頃、ゼロツーは姫と直接対決していましたが、姫が操縦していた兵器を基に、叫竜達のバックストーリーが明らかになっていきました。叫竜人は爬虫類から進化したらしいですが、随分大昔だった時点で現実の地球人よりももっと高度な文明を築いていたんですね。

それ故に侵略者との長い戦争を余儀なくされて、漸く撃退しても折角の文明が全く崩壊してしまった様で、フランクスも改造された叫竜のなれの果てだった様ですが、確かに「実はこんなに可哀そうだったんだ」なアピールは陳腐ながらもそういう歴史をたどった様では人間に恨みを抱いた気持ちも理解できないわけではないです。特にオトナ達、市長なんか典型的な「嫌な奴」でしたが、叫竜よりも彼らの方が身勝手にも見えます。

しかし、ゼロツーも一時早く人間になりたくて暴走気味になってた事もありましたが、ヒロ達との出会いを忘れていなかった。そんなゼロツーを姫は姫でハナから見下していた感じでしたが、「超巨大叫竜兵器」らしいスターエンティティが最後登場・・・・・・・・・しかし、何だか赤ん坊みたいな造形していましたね。果たして最後の決着をつける事が出来るのか・・・・・・・・・・

さすがに今回もエロ描写は見られなかったですが、もう少しでコミカライズ版の連載も2年になるんですか。まあ途中から隔週連載になっていて、To LOVEるの特別編が時代の変わり目に掲載された時もしばらく休載となっていたけど、矢吹先生の事だから最後の「ビッグサプライズ」が待ち受けているに違いない!!来年2月で不惑の40代となられる先生ですが、今年もお疲れさまでした。時代の変わり目においてもあの新井のエロとか漫画界にまた大きな伝説を残されましたが、2020年も東京五輪も目じゃない伝説を見せてください!!であります。

|

2019/12/28

いきなりステーキはますますヤバくなってきたのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000173-kyodonews-bus_all

いきなりステーキ、資金調達 69億円想定、事業立て直しへ

12/27(金) 18:40配信

共同通信

 「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは27日、第三者割当による新株予約権を発行して資金調達すると発表した。調達予定額は約69億円としているが、増減する可能性がある。ペッパーは、いきなりステーキの不振で2019年12月期連結決算の純損益が25億円の赤字になる見込み。財務体質を強化し事業の立て直しを図る。

 SMBC日興証券を引受先とする第三者割当で、20年1月に520万株分の新株予約権を発行する。行使の下限価格は666円で23年1月末までに全てが行使されることを想定している。株価の変動に影響されるが、最低でも40億円は調達したい考えだ。c

 

いきなりステーキも、以前職場の同僚達と県内の某店舗に食べに行った事があります。その時は20分ぐらい待たされながらも、400gのステーキを食べてきましたが・・・・・・・・・・・・・味は値段を無視すれば悪くはなかったのですが、椅子が硬くて寛ぎづらかったのが難点でしたね。

以降食べに行った事は無いですが、急激な拡大、韓国・文政権の経済政策同様ある程度その関連分野に興味があればどうなるかは誰でも予測できた事でした。そして・・・・・・・・・・やっぱり・・・・・・・・・・でしたね。ヤフコメでも否定的なコメントが大半ですが、ペッパーランチ強盗強姦事件なんか置いといても、他にも一瀬社長のあの上から目線な張り紙や中途半端なコースメニュー、ジャンボステーキメニューフェア等どれも効果的どころか逆効果にも見えます。対応策は。

そもそもステーキを日常的に食べる人なんて日本でどれぐらいいるのでしょうか?私だって年に何回かなレベルですが、凄い需要があるわけでもないのに拡大しすぎでした。大都市圏ではまだそれなりに客が入っている様で、私が行った店舗ではまだ営業している様ですが、従業員の人達には可哀そうですが、一旦店舗を整理して、サービスの改善等に努めるべきでしょう。それが無理なら、いっそ前園氏みたいに売却なりした方が良いかもしれないですね。一瀬社長との握手券って、この人はホント自己顕示欲が強いのだなあと言うか、裸の王様みたいな様だから後者の方がどちらかと言えば現実的かもしれないですが・・・・・・・・・・・・年末年始は9連休の人も多いでしょうが、私も来年1/5までの9日間はなるべく全てブログ更新します。よろしく?

|

2019/12/22

キューバ新首相にはマレロ観光相が就任

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191222-00000018-jij-int

キューバ首相にマレロ氏 43年ぶり復活


12/22(日) 12:26配信

 

 



 キューバで21日、新首相にマレロ観光相(56)が選出された。

 AFP通信などが伝えた。キューバの首相は、故フィデル・カストロ氏が国家評議会議長となって全権を掌握した1976年から不在だったが、43年ぶりの復活となる。2月の国民投票を経て成立した改憲で、ディアスカネル国家評議会議長は10月に「大統領」となり「首相」の復活も決まっていた。



時事通信は事実誤認している様だけど、以前にも首相に相当する職はありました。閣僚評議会議長と言って、まあ第一書記や大統領に相当した国家評議会議長と兼任する事になっていたし、そもそもまた、共産国は基本的に一番権力ある人は大統領でも首相でもなくて、支配政党の党首(中国の場合は支配政党の軍隊の司令官、共産党中央軍事委員会主席と言うけど)ですから、廃止されていたも同然だとも見れますが・・・・・・・・・・・

もっと厳密に言えば、今年4月からしばらくはミゲル・ディアス=カネル大統領(と言うかまた、時事は彼の名前表記も間違えているし。いい加減仕事しろよ)が閣僚評議会議長ではなく、首相と兼務していたのですが、ミゲル大統領は2018年に国家・政府の長はラウル・カストロ氏に譲ってもらったけど、第一書記(と政治局局員等)の地位はラウル氏が維持している。2021年4月の党大会で譲ってもらって、ラウル氏はここで完全引退する予定な様ですが、いくら権力の移譲期間も必要とは言え、3年は長いですね。

しかもまた、キューバは国家評議会議長から改編された大統領も連続3選禁止・立候補時の年齢は60歳上限という規定が出来たらしい。国家主席(及び国家副主席)の再選制限撤廃がなされた中国とは対照的ですが、大統領になっても70歳までしか務められないという事になります。政治局局員は70・80代の人も何人もいる様ですが、そもそもどうして国家評議会議長&閣僚評議会議長を大統領&首相に改編して、前者はまた再選・立候補制限も付けて別々の人物が就く様にしたのですかね?表向きは①肥大化した権限の委譲とされていますが、他にも②革命第一世代の中でも核心であるカストロ兄弟の神格化(北朝鮮が国家主席や朝鮮労働党総書記を廃止したのと同じ。兄貴の方は神格化されるの嫌っていたらしいですが)③強権や人権問題とか欧米からの批判かわし④世代交代の促進(これも繰り返し言う通り、政治局局員にはラウル氏の他にも革命第一世代の幹部がまだ何人かいるが、国家評議会議長または大統領は政治局局員から選ばれるようだし)とかいくつか理由はあるのでしょうが、このマレロ新首相も政治局局員ですらないのです。国防相や外相は政治局局員ですが、彼らよりも格下です。

まあ2021年の党大会で昇格となるかもしれませんが、中国の国務院総理やベトナムの政府首相ほどの政治的重要性はやはりないのかもしれないですね。ミゲル氏の権力が揺らぐ事は全く無いでしょうが、大統領は最長2029年10月までの氏はそれ以降どうするつもりなのか。慣例に従えば第一書記はまだ少なくとも2031年4月までの任期となるけど、第一書記は再選制限ないのですかね?いやそもそも第一書記もラウル氏が完全引退するであろう2021年4月以降は筆頭書記とかに改編される可能性も否定できないとも思うけど、その2021年の党大会でどの様な政局の変化が起きるか?要注目であります。

|

2019/12/21

絢香はやはり滝川クリステル以上の「さげまん」だったのか

http://www.officiallyjd.com/archives/841760/

この毒女ニュースの記事では全く触れられていなかったけど、水嶋ヒロ氏はアメリカのテレビドラマGIRLSにも出演した事があったんですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191221-00320655-toyo-soci

でも、その割には大して話題にならなかった様なと言うか、おそらく端役レベルの役だったのだろうけど・・・・・・・・・・・この東洋経済の記事でもハリウッド俳優で、レオ様みたいにしばらく仕事しなくても全然大丈夫な人なんてごく一握り、現実は日本の俳優以上に厳しい事情が言及されていて、「で、赤西仁と何か深い関係でもあるのか?」とか「結局赤西がホントに年収3億も稼いでいるのか確認できなかったのか?」とかツッコミどころもいくつかありましたが、水嶋氏ではなおさら今後の俳優としてのキャリアアップに繋がったわけではないでしょうからね。帰国子女で英語が堪能でもそれは大したアドバンテージにはならないでしょうし・・・・・・・・・・

毒女なんて所詮世の中の成功者も叩いて自分が上に立ったつもりでいたいダメ人間達によるゴシップなのだから、決して「容姿が劣化した」とかの彼らの指摘に同調するつもりなんかないけど、KAGEROUだって、昔このブログでもレビューしたけど、作品自体よりもアマゾンでのレビュー読んでた方が面白かったし、容姿の変化なんか置いといても綾香氏と結婚してからおかしくなってしまったのが改めて残念でならないです。綾香氏も、自身もワーナーミュージックジャパンとの契約が終了となって、紅白には3回出場したながらも、結婚前ほどの勢いがあるのかと言うと、微妙な様に見えますが、やっぱさげまんだったのだろうですね。

|

2019/12/15

ダーリンインザフランキス第57話ー「皆心を一つに!!ついに始まる最終決戦!!」

1か月ぶりの更新ですが、ダリフラ第57話です。

ハチは第13都市部隊の発信をただ見届けていただけでしたが、「接続しているのはあくまで2人」って、どういう意味?と思いきや、ミツルがココロ共々ヒロをゼロツーの所まで乗せてくれた様です。もうミツルはすっかりヒロに対するわだかまりは解けた様ですが、イチゴじゃなくても普通に良かったと思える和解でしたね。一方でコドモ達を見下していた嫌な奴だった市長は火力をマグマエネルギーに転用していたのを見て動揺していた様ですが、七賢人に軽くあしらわれたので今度は13都市部隊に直接命令するも、もはやオトナの為にただ言う事を聞いて命令に従う精神的な奴隷では全く無かった、彼らは。市長はつくづくピエロだったと言うか、悔し紛れにわめていたけど、所詮遠吠えに過ぎません。

δとαも先陣を切って、皆新たな目標の下一つにまとまったけど、その頃ゼロツーは一足早く叫竜の姫に・・・・・・・・さあ果たしてヒロ達は間に合うのか?

もう今年度中(来年3月まで)にこの矢吹コミカライズ版も終わりそうな感じだけど、単行本7巻も年明け早々の2020年1月4日に発売予定らしい。そう言えば、26都市部隊のリーダー、090も今回登場していたけど、アニメ版では戦死してしまった彼も最後どうなるのか・・・・・・・・さすがにお色気シーンはなかったけど、ここでもきっと・・・・・・・・かもしれません。

|

2019/12/14

携帯彼女+を見た感想

折角の休日ですが、これといったブログネタがないので、最近見た携帯彼女+の感想を述べます。

元々はテニプリのミュージカルがキャリアの第一歩となった志尊淳氏の映画初主演作でもあったけど、彼が演じた須藤はアニメは絶対一話から見る事に拘る等典型的なオタクで、そういう役柄とも演技かみ合っていたのは流石と言った所でしたか。当然万人に好かれる様な兄ちゃんではなく、ヒロインの姉ちゃんはどちらかと言えば彼を嫌っていた様ですが、ゲーセンでのデート(プリクラ撮影の時でも須藤は表情が硬かったのはご愛嬌と言った所だったのでしょうが、今ルーズソックスはいている子なんているのですかね?私が高校生の時流行ってましたが・・・・・・・・)等を通したこの2人の関係の変化もそれなりに掘り下げられていたと思います。

しかし、確かプレイするアプリの点数が無くなると死ぬという設定で、通常は姿が見えないアプリでのアイドルに脇役の男が殺されたシーンも見られたけど、ホラーなのにあまり怖くなかった。また、序盤からいきなり友人の兄ちゃんが姿を消して、須藤が「彼と違って、僕なんか別にいなくなっても捜索願なんか出されない。」という様な事を言ったシーンも(実際の志尊氏もこの当時は家族から離れて一人暮らししていたらしい。だから本作に起用されたというわけでもなかったのでしょうが)あったけど、須藤は家族との関係はどうだったのですかね?そこん所もあまりツッコまずさらりと流されていた感じもしたけど、アプリの中の世界(?)から元の世界に戻ったくだりも、アプリのルールとか整合性取れていたのか微妙と言うかご都合主義的にも感じられましたね。その元の世界に戻る直前の追いかけっこも、ここ笑う所だったのか?と言うか、やはり怖いとは感じませんでしたが・・・・・・・・・・

そのアプリの中の世界(?)にいた友人の兄ちゃんはすっかりそこの住人になってしまった様で、家族は気の毒だったけど、まあ本人がそこから帰るつもりなんかなかったのだから、家族はもう交通事故で死んだと思ってあきらめるしか無かったよね。須藤とヒロインの姉ちゃんは良い関係になって、普通のハッピーエンドかと思いきや、また新たな火種・・・・・・・の予感なB級映画によくあるオチだったのもベタで苦笑させられましたかね。当時まだトッキュウジャーで主演張ってもいなかった志尊氏の演技は既に上手かったし、他のシリーズよりは全然マシだったけど、総じて可もなく不可もなくでした。

|

2019/12/10

フィンランドの34歳女性首相の誕生からも見える欧米の「行き過ぎた男女平等」の愚

https://this.kiji.is/577115775411111009


現職最年少34歳の首相が誕生

女性、フィンランド

©一般社団法人共同通信社






10日、フィンランドの新首相に選出され、メディアの取材に答えるサンナ・マリーン氏=ヘルシンキ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】北欧フィンランドの議会は10日、議会第1党の社会民主党の女性、サンナ・マリーン運輸・通信相(34)を新首相に選出した。ロイター通信などによると、現職の首相として世界最年少。フィンランド首相としても史上最年少で、3人目の女性首相となった。辞意を表明したリンネ首相の後任。

 政権は社民党に加えて計5党の連立を踏襲。他の4党の党首は全て女性で、うち3人は30代前半。財務相には中央党の女性党首、カトゥリ・クルムニ経済相(32)が登用されるなど、新内閣は女性12人、男性7人の構成となった。

 議会は賛成99、反対70、棄権30でマリーン氏を首相に選出。





ヤフコメでもコメントしたけど、オーストリアの前首相とも同年代ですね。でも、個人的に政治思想も違う彼は首相就任前に4年間外務大臣やって、その時の手腕もそれなりに評価されたのだろうけど、この人は運輸大臣を半年やっただけでしょ?閣内では。そんな人に何ができるんですか?

この人の所属政党は社会民主党で、前の首相が党首らしいけど、社会民主党は戦後も大抵の期間は与党となっていて、50年代末~60年代を除いて5年以上下野した事がないらしいけど、党勢は低落傾向で戦後は得票率30%を超えた事は一度もなく、2015年総選挙ではついに過去最低の16.51%、今年4月の総選挙では4年ぶりに与党となったものの、17.73%と過去2番目に低い数字だったというから、人気取り・女性票狙いなのでしょうね。能力なんか2の次3の次で。あの所得倍増とかの池田勇人だって、「何であんなのを大臣にしたんですか!!」と言われるほど無能だった中山マサを、女性票が欲しくて、女性の自民党国会議員の中では一番マシだからという理由で入閣させたのだからいつの時代も政治家の考える事は変わらないという事だよね。

しかし、例えばアメリカでは大統領選挙でまさかの敗北、イタリアではローマ市長が無能、カナダでは総選挙で歴史的な大惨敗を喫し、ほかにはインドとオーストラリアぐらいでしか例が無い現職首相の落選、フランスでは日本侮蔑発言をして、退任後汚職疑惑、ドイツでは移民問題に対応できず、ミャンマーではロヒンギャ問題で化けの皮がはがれたとどうも女性を政治でリーダーにするまたはしようとするとロクな事が起きない様に見える。日本ではもっと酷く、一一例を挙げればもう枚挙に暇がない(苦笑)のですが、フィンランドでも過去に2人女性首相が誕生しながらもいずれもスキャンダルと総選挙の大敗(前述のカナダ女性首相ほどは酷くなかったが)で短命に終わったらしい。

それでも、前者は辞任後の欧州議員選挙ではかなりの得票率を得て当選したと言うのだから、人を見る目が無かったのだろうね。その時の有権者たちには。勿論女性を蔑視するわけでもなければ、社会進出を否定するわけでもないのですが、女性は政治には向かないのではないかと悪い疑問を抱かずにはいられないし、そもそも男性と女性は身体のつくりだって違うのに行き過ぎた男女平等に走るのはおかしいだろとも思いますよ。今回のこのフィンランド女性首相も、高い確率でおそらく女性では世界最年少で首相になったのが一番の実績となるでしょうね。ただでさえ、欧州は比例代表制で特定政党が過半数を取りづらくどうしても連立政権になってしまうのだけど、その中で強いリーダーシップを取れるとは思えません。来年2020年6月には前首相に代わって党首にも就任する予定っぽいけど、この人も短命政権で終わるでしょうね。次の総選挙を待たないで、もう首相でも社会民主党の党首でもなくなっているでしょう。軽くだけどそう断言しますよ。

|

2019/12/08

中国の2020年カレンダーが確定

https://holidays-calendar.net/2020/calendar_ja/china_ja.html

チョー今更だけど、今日のブログネタはこれね。中国の2020年カレンダーが発表となった様だけど、特筆すべきは5月の5連休と10月の8連休でしょうね。中国の連休は原則3連休か7連休で、後者の場合は国慶節と中秋節が重なったからですが、前者はメーデーが丁度金曜日だったので前後の土日を振り替えて5連休となった様です。昨年の4連休も国民には好評だったのがこの理由な様ですが、旧ソ連なんかメーデー休日は5/1だけでなく5/2もそうだった様だから、旧暦12/31~1/2が休日な旧正月共々もう1日増やせばいいのにですね。そうすれば振替出勤日1日減るし、実際中国人にもその振替出勤日があるから年3度の7連休は「なんちゃって7連休だ」と言ってる人もいる様ですが、5月は日本もGW(ちなみに私の職場は5/1のメーデーも休日となっている)だし、観光客来てくれますかね。米中貿易戦争も落とし所を見出せない様だし、どうなるかですが・・・・・・・・

|

2019/12/07

国民民主が立憲民主に合流してはいけない一番の理由

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191206-00000087-ann-pol

立憲民主・枝野代表 国民民主などに合流呼び掛け


12/6(金) 23:40配信

 

 



All Nippon NewsNetwork(ANN)

 立憲民主党の枝野代表は国民民主党社民党の党首らと会談し、合流に向けた協議の開始を呼び掛けました。

 今回、呼び掛けた背景には次の衆議院選挙を見据え、年内に野党で結束を固めておきたい狙いがあります。これに対して国民民主党の一部からは、事実上の吸収合併だと否定的な意見もあり、実現するかどうかは不透明です。それに先立って行われた野党の4党首会談では、枝野代表らは「桜を見る会」を巡る疑問点を国会で追及し続けるため、野党で連携を強化していくことを確認しました。9日の会期末には40日間の会期延長を衆議院の議長に申し入れることを決めました。一方で安倍内閣への不信任決議案の提出については、野党幹部が誰も答えを持っていないと漏らすなど、9日に最終判断をすることになりました。

 


ヤフコメでも何度かコメントしたけど、このブログでももう少しツッコんで語らせてもらいます。今回は・・・・・・・・・

国民民主党のそもそもの政治的立ち位置って中道ですよね?まあ完全に真ん中な自称中道政党なんてのもどれだけあるのかですが、政党政治の確立後保守政党が大半の期間政権を握っている印象が強い日本でもです。戦後限定でも国民協同党、民主党(芦田均や田中角栄とかがいた党の方ね)、改進党、民社党、公明党、新自由クラブ、社会民主連合と中道政党もいくつも出てきた。まあ日本の場合、特に55年体制崩壊前は中道は右にも左にも偏らないというよりも「自民(55年体制以前は自由)よりは左、社会よりは右」という意味で、民主・改進は保守だっていくらかはいただろうし、民社も結党直後より右傾化していった。逆に公明や社会民主連合は中道左派だったのだろうけど、これら中道政党も与党経験もあった政党も多い、と言うかここで挙げた政党では改進党(この党も吉田政権期に閣外協力した事ある)以外皆そうでしたね。しかし、公明以外はほぼ全て決まって長続きしなかった上にその直後に自分達よりも右の政党に取り込まれる形で政党が無くなってしまったのです。具体例を挙げれば・・・・・・・・

民主・・・・自由との連立賛成派と反対派で意見が対立、賛成派(こちらの方が思想的には左派?)が日本自由党に合流し、民主自由党となる。(その後自由党へ)
国民協同・・・・前述の民主連立反対派(思想的には右派?)に合流して国民民主党となるが・・・・・・・執行部は旧民主連立反対派の方が多数派だった。
農民協同・・・・これも中道政党と見做して良いかも?右派が国民民主に合流し、改進党となり、左派が右派社会党に合流。
改進・・・・前述の経緯故にもか右派左派の対立が激しく、当初は自由に合流予定だったが、日本民主に合流し、直後日本民主と自由の保守合同、自由民主党の結党となる。
民社・・・・結局結党時の勢力を超えられず。1993年の連立政権にも参加したが、1年足らずで崩壊、その後党全体としては自民より右だったと言えたかは微妙だったが、新進党に合流、この時公明のバックにある創価学会を嫌って自民に移籍した人もいた。
新自由クラブ・・・・自民との違いを明確に打ち出せず、党勢がすぐ伸び悩む。1983年の衆議院選挙後、安定多数確保の為に自民と連立政権を組み、河野洋平共々当時の中曽根総理とは明らかに思想が違った田川誠一も入閣したが、1986年衆参同日選挙での自民大勝により田川以外の殆どの議員が自民に復党する形で消滅。
社会民主連合・・・・社会党での不毛な権力闘争に敗れた江田三郎が結党するも、衆議院では4人当選が精いっぱい、参議院では当選者ゼロだった選挙も珍しくなかった。1993年の連立政権で三郎の息子、五月が入閣するも結局議員は新進や旧鳩山民主(1996年結党の)に合流する。

どうです?皆パッとしなかった事が改めて分かるでしょう。これらの政党出身者の中には田中角栄(民主、娘も奇しくも半世紀後に同名の政党に入党したが、結局そこでも無能で父の命日に実施された2012年衆議院選挙で落選)、三木武夫(国民協同、改進等)、中曽根康弘(民主、改進)、河野洋平(新自由クラブ)、菅直人(社会民主連合)と総理または与党党首になった人も何人かはいたし、国民協同で三木と同僚だった二階堂進も総理・総裁になる可能性がありました。

今回立憲に合流するのではと言われている玉木国民民主は前身の政党(鳩山民主)が与党経験があった、合流先予定(語弊がある言い方ですが)の政党が逆に左寄りの立憲民主、とにかく我慢して次の機会を伺う事が出来ない悪癖があって、その所為で何度も同じ様な失敗をしている「壊し屋」小沢一郎の存在とかこれまでの消滅した中道(とされた)政党とは違う点もいくつかはありますが、結局「歴史は繰り返す」事となるのでしょうね。ダメな者同士がまた一緒になって何の意味があるのか?と言うか、小沢氏もいるし、ブログ「中韓を知りすぎた男」の主(この人もまあビジネス経験とか他の嫌韓・嫌中ブログと一線画している面もあるが・・・・・・・・)も指摘していた通り、絶対2003年に鳩山民主に合流した時みたいに左を取り込んだつもりが逆に主導権を握られて、政策面で色々対立してまた分裂するのは目に見えています。桜を見る会も今度は安倍一家が、遅くとも父・晋太郎の外相在任時よりマルチのジャパンライフと関係あった事が明らかになった等モリカケ以上の疑惑となっていますが、シュレッダーの件もレベル低すぎだし、こんな事してたって、絶対民主系ももう二度多数派なんかにはなれないですよ。でも、モリカケ騒動の時、緒方恵美氏がツイッターで「疑惑の追及も大事かもしれないけど、国民の為になる政治をしてほしい」と苦言を呈したのもそうだったのだろうけど、私がこのブログでこんな事を言っても全くの「馬の耳に念仏」なのでしょうね。

|

2019/12/04

新テニスの王子様第282・283・284話ー「貴様が神なら、俺は大鬼だ!!2020年も続く超絶バトル!!」

冒頭から、またマヨネーズ(Q・P)がどや顔で「ボクはテニスの神になる」なんてほざきやがったwwwwwwww。こんな事も言ってしまうテニス星人達はもはや我々地球人とは姿が似ているだけの全くの別人なのだとは前々から分かった事だけど、全く滑稽でしたなwwwww。

殿(徳川)らにもツッコまれていたけど、自分で敵を強くしてしまうのって、確かにテニスに限らずスポーツ選手としてどーよ?ですよね。ゴウキ(鬼)って。ましてやこいつの場合はボルク曰く、もう究極の品質になったらしいけど、全く劣勢となってしまった。

それでも、最後まで諦めない!!・・・・・・・・つもりだったのが、悪い事が重なった様で手首をが破壊されてしまった。しかし、マヨネーズは全く動じず、こんなセリフを吐きやがった!!さあここで今月のテニプリ語録wwwwwだ!!

「安易に打ち返すからだね」wwwwww

繰り返し言う通り、テニス星人は地球人とは精神回路全く違うの分かってるけど、ひでえよ、貴様はwwwwwwでしたなwwwww。

しかし、その損傷した右手とラケットを固定する様テーピングしてもらって、ゴウキは再び立ち向かう!!ボルクが彼の気迫を砕く様マヨネーズに命じたのも、ボルクなりの礼儀だったのだろうけど、この時マヨネーズは・・・・・・・・・・・ここでまた今月のテニプリ語録だ!!

「人の気迫なんて簡単に挫く事が出来るよ!!また会いましょう鬼十次郎」wwwww

そしてスタンドwwwwも見えた鬼の答えはこれだった!!

「キサマも地獄へ道づれだ!!」

ラケットもガットが破れて、十字線になったと思ったら・・・・・・・・・・・さあゴウキの逆転劇はなるのか?


企画情報では、今月から来年2月にかけてまた全国主要都市でミュージカルやるみたいだけど、立海大メインのベストフェスタも来年GWに開催されるようですね。担当キャラの声優さん達も出演予定だけど、具体的にどんな内容なのですかね?今月号が、テニプリ20周年の年最後の話となったけど、20周年を過ぎてももっともっと読者を笑わせてほしいです。マヨネーズも最初見た印象通りやはり笑えましたが、今の大会で一番爆笑させられたのがやはりカミュwwwwwwでしたね。誰かいい加減こいつを何とかしろよでしたものねwwwwww。2020年になってもテニプリはもっと輝き続ける!!YES!!WE CAN!!YES !!THEY CAN!!

|

2019/12/01

鳩山由紀夫が第2回共和党準備会を開催した様だが・・・・・・・・・

https://togetter.com/li/1421733

先々月下旬にも共和党なる政治団体の準備会を開催したらしい鳩山・ルーピー・由紀夫氏、数日前には今度は2回目の準備会を・・・・・・だったらしいが・・・・・・・・鳩山氏は「棟梁」、首藤氏が党首に相当する「物差」に就任したらしいけど、棟梁と物差って権限とか何の違いがあるのですかね?共産党だったらそれぞれ議長、委員長に相当するのですかね?ただ、共産党議長は名誉職的な性格が強いですが・・・・・・・・

上記togetterのページでは党員になるためのチェック項目を自己採点した人のツイートも載ってましたが、自分もやってみました。結果は「アメリカの核戦略およびアメリカの軍事参加への不参加」20点(ただし、これを一貫するのならやはり憲法改正してアメリカに依存しない軍事力を強化する必要がある)、「再生可能なエネルギーに依存したエネルギー戦略」10点、「消費税率上げ反対・総合税制改革」5点、「夫婦別姓」5点、「高額所得・マネーゲーム課税推進」5点で合計45点でした。どうやら私は党員になるのは無理な様ですね。まあ、別に戦争起こして国土を焼け野原にまでしたわけではなかったし、民主党政権を悪夢だったとか騒ぐのも全くバカバカしかった(勿論、擁護するつもりなんかも全く無いですが・・・・・・・)ながらも、政権運営が拙劣だったのは確かでしたからね・・・・・・・・・・

私の地元(茨城)にも、政権交代直前には鳩山氏は来て、凄い人気ぶりだった様ですが、それも何だったのか・・・・・・・まあこの時点で既に民主党のダメダメぶりは見抜いていたんで、2009年衆議院選では仕方ないから初めて自民またはその擁立候補者(丹羽雄哉氏だったが、残念ながらこの時は落選してしまう)に入れましたが・・・・・・・・・・・・・・・・小沢氏もまた新進党みたいな、政権交代だけが目的な新党を作るつもりでいるらしいけど、どちらも私にとってはもはや「過去の人」ですね。もう出る幕はないでしょう。

|

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »