« ダーリンインザフランキス第55話-「過去にあった確かな出会い!!今明かされる秘話!!」 | トップページ | 令和という新時代を迎え、天皇即位パレードも控えても2つ前の時代に作られた「2の悪しき呪縛」から抜け出せないロックマンシリーズ »

2019/11/04

国道6号について思う事その12

https://www.mlit.go.jp/common/001279620.pdf

折角の3連休だったけど、今日は特にブログネタが無かったので、1年9月ぶりのこのシリーズについて。チョー今更で、前からこういう話も聞いてはいたけど、国道6号東海拡幅も漸く事業化されたんですね。仙台方向への国道6号は茨城町から那珂市・東海村境まで両側4車線なのが、東海村に入ると、2車線になってしまって、榊橋付近の数キロはまた4車線区間となるも、そこからまた・・・・・・・・なのですが、まあ早く実現してほしい所ですね。しかし、日立・高萩両市内区間が相変わらずなので、用が無い限りは金を出してでも常磐道を利用するのが無難なのは変わりないでしょうが・・・・・・・・・・・牛久土浦バイパスの方は土浦市内の、学園東大通り~終点(国道354号との交点付近)までの区間が漸く建設始まりそうですね。しかし、国道408号~学園西大通りの区間で点線開通状態となってから、学園西大通り~東大通りの区間が開通するまでも9年経っているわけで・・・・・・・・・・・・一部を除く牛久市内~国道408号の区間はまだ事業化すらされていないけど、全線開通するの一体いつになるのですかね・・・・・・・・・上武道路は事業化から全線開通まで36年かかったけど、牛久土浦バイパスや千代田石岡バイパスは間違いなくそれよりかかりそう、下手すれば全線開通を見ない内に私の人生終わってしまうかも・・・・・・・・・ですが・・・・・・・・

|

« ダーリンインザフランキス第55話-「過去にあった確かな出会い!!今明かされる秘話!!」 | トップページ | 令和という新時代を迎え、天皇即位パレードも控えても2つ前の時代に作られた「2の悪しき呪縛」から抜け出せないロックマンシリーズ »

旅行・地域」カテゴリの記事