« 2020年から「体育の日」ではなく「スポーツの日」に祝日名が変わるなんて忘れていたよ | トップページ | ダーリンインザフランキス第54話-ますます暴走するゼロツー!!そして明かされるヒロとのアーリーボーイミーツガール »

2019/10/19

小池百合子の「北方領土でやれば良い」発言はそんな絶賛すべきほどなのか?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000097-jij-int

都知事「北方領土」発言に反発=在日ロシア大使館


10/18(金) 16:57配信

時事通信



 【モスクワ時事】在日ロシア大使館は18日、東京都の小池百合子知事が2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案に関し、「涼しいところなら北方領土で」という趣旨の発言をしたことについて、フェイスブックで「日本には十分に涼しい土地があると確信する。ロシアの南クリール(北方領土)は(日本に)属していない」と反発した。

 
 大使館は「尊敬する小池知事にご参考」とした上で、対立をあおる「冗談」のためにスポーツを利用すべきでないと不快感を示した。 















 

 

 



ヤフコメでは小池都知事を絶賛するコメントも見られて、中には「大東亜戦争はアジア解放の為の聖戦」とかいい加減耳にタコが出来る、マラソン・競歩開催問題とは何の関係もないコメントもしていた人もいましたが・・・・・・・・・・

当然1943年5月の御前会議で話された事もこういう人達は知らないか意図的にスルーしているかのどちらかなのでしょうね。だって、こういう戦前・戦中の日本を美化して、過去の戦争行為も正当化する人達でこの御前会議についても納得いく説明している人にお目にかかった事無いもの。まあ知らないだけなのかもしれず、ヤフコメもやっている自分もこのコメントについては「そう思わない」票が大量につくのも覚悟の上でツッコミましたよ。

確かに、私は長野五輪の頃から五輪の意義について疑問を感じる様になった。IOCは自分達の利益とかしか考えないろくでなしの集まりに見ええて、そんな奴らが勝手に札幌でのマラソン・競歩開催についても勝手に提案して、どんなに無能だとしても東京都都知事なのに小池氏にももっと事前に相談しなかったのは「つくづくロクな事しねえな、チケット買った人達の交通費も当然出すんだよな?」だし、ロシアも小池氏の発言に過剰に反応していた様だけど、日本はもっとそういう領土問題とかについても発信していくべきだとも思います。戦前からそういうのもホント下手だったから孤立化を招いて、第二次世界大戦という大失敗をおかす事になったのですから。(10000歩譲ってホントに東南アジア諸国が日本のおかげで独立したとしても、日本がその大失敗のツケを払いきれていないのである。現実問題)

しかし、ヤフコメ民(自分も前述通り度々コメントしているけど)は半ば無理やり問題や敵を作って、敵を糾弾して、マスコミも利用して正義のヒロインを気取った挙句時間と金を無駄遣いしてしまった豊洲市場騒動の事をもう忘れてしまったのですかね?北方領土問題は東京都都知事よりも国会議員たちが解決していくべき話で、プーチン大統領と会った事もある小池氏が国政復帰したとしても、彼女がその解決にも貢献できるとも思えないですが、それよりも少子高齢化対策とか、令和になっても死者が80人近くも出たけど、自然災害対策とか、企業の内部留保は過去最高となっても、それが国民に反映されている様には見えず、もっとお金を回していかなければいけないけど、国民生活の格差是正とかもっと改善していくべき重要な問題はいくらでもあるでしょう。現実問題、ロシアも経済が良くないとは言え、ソ連崩壊直後の様などん底なほどでもなく、進展させていけるタイミングじゃないのにそういう問題を声高に発信して我々国民がもっと飯が食える様になるのですか?

小池氏がこの件について怒るのは当然ながらも、彼女に何が出来るというのですか?ですが、スポーツについても依然前時代的な封建体質からオサラバ出来なくて、権力者によるパワハラや暴力が絶えないし、マスコミもスポーツ選手を芸能人と区別できないでゴルフの渋野選手をシンデレラとか馬鹿げた報道している有様で、平昌五輪での「井の中の蛙」ぶりも酷かったけど、東京五輪を控えるからこそスポーツはどうあるべきなのかも日本人は真剣に一人一人考えていかなければならないと強く思います。勿論個人が見たりやったりして楽しむのは全く自由だし、選手の方々の頑張りにケチをつけるつもりも全く無いですが、スポーツにハマりすぎるのも変に偏った価値観に囚われ(まあ私のこの意見も偏っているのだろうけど、例えば「〇〇監督が結果を残したとしても、それは前の◆◆監督の遺産によるものだ。」だとか「△△はあくまでレベルの低かった昔の時代だったから一流になれただけで、今だったら通用しない三流以下だ。」とかなんて言う人のスポーツに関する見識は私は全く信用しない。そういう人達って知識も変に活用して、尤もらしい理由を付けて気に食わない特定の人物を貶めたいだけだもの)、国とも自分を同一視し過ぎて目の前のもっと大事ないくつもの問題を直視しなくなる等愚民への近道切符な害毒の面の方が強くなっているではないですか、現状では。まあどうせ何か不祥事が起きたら掌返すのでしょうがね。ヤフコメ民も。以下のHPは先日亡くなられた安部譲二氏のコラムですが、これも一度読まれるべきです。

http://www.abegeorge.net/essay/080518.html

|

« 2020年から「体育の日」ではなく「スポーツの日」に祝日名が変わるなんて忘れていたよ | トップページ | ダーリンインザフランキス第54話-ますます暴走するゼロツー!!そして明かされるヒロとのアーリーボーイミーツガール »

スポーツ」カテゴリの記事