« 金正恩が憲法改正で対外的にも国家元首となった様だが | トップページ | ダーリンインザフランキス第51話-「ついに最終章突入?叫竜の姫、ゼロツーに接近する!!」 »

2019/09/07

さらに2020年から2日増えたタイの祝日

https://holidays-calendar.net/2020/calendar/thailand_calendar.html
https://www.thaich.net/information/calendar2020.htm

2018年より前国王ラーマ9世(プミポン国王と一般的には言われているが)の戴冠記念日だった5/5が祝日ではなくなってしまった代わりに、崩御した10/13と現国王ラーマ10世の誕生日である7/28が新たに祝日となって、1日増えたタイですが、さらに来年の2020年からはラーマ10世が戴冠した日である5/4と、スティダー王妃の誕生日である6/3が祝日となった様ですね。特に5月なんか、6日も仏誕節だから前後の週の土曜(4/26か5/9)を代わりに出勤日にして、旧戴冠記念日でもある5/5も休日にして6連休にする企業も出てくるかもしれませんね。旧正月であるソンクラーンが終わってから1カ月もたっていませんが・・・・・・・・・・タイではメーデーは一般企業のみ休みで、公務員は土日と重ならない限りは通常勤務日な様ですが、これも土日と重なった場合は他の祝日同様振替休日が発生するらしい。また日本みたいなGWが発生しやすくなったと言うか、年によっては近い日に仏誕節休日も発生して、もっと大型連休が作れるかもしれないですが、タイの仏誕節は旧暦4/15?韓国や香港とかは旧暦4/8な様ですが、どういう連休になるかは、新暦換算のHPでも計算したけど、それは1日ズレる年もあったので、実際その年にならないとちょっと分からないですね。

https://holidays-calendar.net/2020/calendar/korea_calendar.html

ついでに2020年の韓国カレンダーで、3連休以上が旧正月、メーデー、秋夕、ハングル、クリスマスの5回発生する見込みだけど、メーデーは4/30も仏誕節で、5/5のこどもの日と日曜日の間な5/4も特別休日で6連休、8/15の光復節も2015年みたいに前日の8/14が特別休日となって3連休になるかもしれないですね。

 

|

« 金正恩が憲法改正で対外的にも国家元首となった様だが | トップページ | ダーリンインザフランキス第51話-「ついに最終章突入?叫竜の姫、ゼロツーに接近する!!」 »

国際」カテゴリの記事