« 佳子さまもオーストリアを訪問されるのなら・・・・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス第52話-「ヒロ最大の試練?ゼロツーを止められるのは君しかいない!!そしてδの行方は・・・・・・・」 »

2019/09/21

大選挙区制を採用している世界の立法府

折角の3連休ですが、これといったブログネタがないし、今回はタイトル通りの話です。


レバノン・・・完全連記制ですが、少数政党も多数乱立している模様。
アンドラ・・・比例代表との並立制で、教区が選挙区に相当するらしいけど、定員は1教区につき2らしいです。
アイルランド・・・1997年までは日本同様、単記非移譲式だったけど、2002年から単記移譲式となった様です。ただ、フィナ・ゲールとフィアナ・フォイルいずれかの政党出身者が首相になっているのは戦後ずっと変わらない模様。
マルタ・・・アイルランド同様単記移譲式で、1選挙区ごとの定員は5みたいです。
スペイン・・・・上院のみ、制限連記制+自治州議会からの間接選挙で、下院は比例代表制だから単独過半数はあまりないけど、上院は珍しくない様です。
リビア・・・・全土把握できているわけでは無い様だけど、大選挙区・比例代表・小選挙区が2:2:1の定員となっている様です。これらの3タイプが併用されているという点では日本の参議院に似ているとも言えますが・・・・・・・・
ナイジェリア・・・・上院のみ連記制
モーリシャス・・・・基本選挙区ごとに定数3の完全連記制。
ツバル・・・・定員は選挙区ごとに2の単記移譲式だけど、政党は存在しない様です。
ナウル・・・・過去エントリーでも言及した通り、ボルダ式な様です。
バヌアツ・・・・小選挙区との併存である、単記非移譲式で、小党乱立状態な様です。
パラオ・・・・上院のみ完全連記制。
マーシャル諸島・・・・小選挙区との併存。

この他独立国家ではないながらも、ジブラルタルもスペイン上院等同様制限連記制らしいけど、やはり採用している国は多くないですね。採用していても、上院だけだったり、小選挙区とかとの併用だったりする場合が大半ですが、地域的にヨーロッパ・アフリカ・オセアニアでいくつかの国(多くは人口が少ない)で採用されている程度な様です。アジアは現在も参議院選や県議会選等(単記非移譲式)等で使用されている日本以外にも、韓国や台湾、モンゴルでも大選挙区制が採用されていた様ですが、現在は日本だけ(間接選挙ならインド上院も単記移譲式が採用されている)な様で、大選挙区制(中選挙区と呼ばれる事が多いが)を採用している国では1993年までの日本が人口最大の国でしょうね。おそらく。(1993年時点でナイジェリアに抜かされていたかもしれないが、既に)

あと、最近はアルメニアも大選挙区制比例代表並立制から完全比例代表制になったけど、独立以来ずっと与党だった共和党が、選挙制度改定後初の2018年総選挙ではたったの4.7%しか票を得られず、阻止条項も満たせなかったので国政で議席を持つ事すら出来なかった様だけど、1993年のカナダ進歩保守党(その後も僅かに党勢回復した程度で結局カナダ同盟と合併して、現在の保守党となる)よりももっと酷い惨敗でしたね・・・・・・・・・・・・・日本も参議院は改選なんか止めて、スペイン上院みたいに各都道府県定数4の制限連記制+各都道府県議会からの間接選挙(定員は都道府県ごとに1)にすれば良いのにとも思って、衆議院も中選挙区制復活論も聞かれますが、何とかもっと日本にあった選挙制度に変えられないものかです。

|

« 佳子さまもオーストリアを訪問されるのなら・・・・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス第52話-「ヒロ最大の試練?ゼロツーを止められるのは君しかいない!!そしてδの行方は・・・・・・・」 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事