« 親台派だったナウル大統領が国会議員選挙で落選 | トップページ | さらに2020年から2日増えたタイの祝日 »

2019/08/31

金正恩が憲法改正で対外的にも国家元首となった様だが

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000004-nshaberu-int

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20190831-00140674/

折角の休日だけど、これといったブログネタが無いので・・・・・・・・既に今年4月には金正恩が就いている国務委員長は国を代表すると明記された様だけど、特にポンぺオ国務長官が気に入らないアメリカとも罵倒合戦しているし、さらに権限強化して引き締めるつもりなのでしょう。下の方のURの記事に書かれている一連の粛清共々。それでも、対外的な国家元首としての機能は一部はまだ国会議長に相当する、最高人民会議常任委員長が保持している様だけど、その委員長が崔竜海、親父の崔賢は無学ながらも金日成のパルチザン仲間で、裏表がなく、日成に疎まれた面もあった一方で彼の執務室に銃を携帯しながら入る事も許され、後継者問題でも金正日を推した等の人物が漫画「金正日の正体」でも描かれていましたが、2世軍人としては紆余曲折もありながらも一番出世した人でしょうね。国務委員長は形式的には最高人民会議で選ばれる事になって、2019年4月までは正恩は代議員でもあったのが、以降はやめてしまった様だけど、あくまで支配政党は朝鮮労働党で、正恩は党委員長、党政治局常務委員、国務委員長として絶対的な権力を有しているし、やめても全く問題ないという事だよね。そうそう、余談ながら平壌にはゲームセンターもあるらしく、そこではナムコ(当時)製の某ゲームも稼働されているらしいけど、そのゲームが発売されたのは1978年・・・・・・・私が生まれる前の事ですね。国民がもっと日本とか先進国の文化にも触れて、このガチガチの全体主義国家体制が崩壊すれば良いのですかね・・・・・・・・

|

« 親台派だったナウル大統領が国会議員選挙で落選 | トップページ | さらに2020年から2日増えたタイの祝日 »

国際」カテゴリの記事