« 得失点差が最大だったが、優勝できなかったNPBチームの一覧 | トップページ | 1946~93年までのイタリアと日本の各閣僚延べ就任者の比較について »

2019/08/10

ダメな者同士が数合わせしたって安倍自民一強体制は終わるどころか寧ろ補強される

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000536-san-pol

ヤフコメでもコメントしたけど、何でこの人達(旧民主系の政治家達)は「政治の世界では1+1=2になるとは限らない」という事が分からんのかね?政策の違い以前におたくら民主党政権時代の失敗すら未だ総括出来ていないではないですか。それよりも、その総括をした上で自分達は自民に出来ない事で、何が出来るのか国民に真摯に示していかなければならないのです。

ニッポン放送でもそういう話があったらしいけど、海外では中道政党が一定以上の強い勢力を保持している国もいくつかあります。しかし、日本の場合は、戦前においては立憲民政党は中道よりの人も少なくなかっただろうけど、国民協同(三木武夫は中道左派だっただろうけど、三木の他にこの政党出身で長く活躍した政治家は二階堂進とかごく少数しかいない)、民主(芦田均や田中角栄とかがいた党の方だけど、角栄については娘の真紀子氏も約60年後に同じ名前に政党に入党して、父の愛弟子達とまた同僚になったのも因縁か)、改進(右派左派の対立を抱えたまま日本民主党に合流し、それから間もなくさらに保守合流となる)、民社(結党して間もなく右傾化して、保守的な議員も何人か見られる様になったが、結局結党時の党勢がピークとなってしまった)、新自由クラブ(河野洋平氏ら他中道政党との連携も主張した方は中道左派で、西岡武夫氏らあくまで保守路線にこだわった方は中道~中道寄りの中道右派だっただろう)、社民連(江田氏はいっそ鈴木善幸とかみたいに自民に入党して、もっとウィングを左を広げさせて欲しかった所?)、新党さきがけ(改進同様中道右派~中道左派までの思想の幅があった)、新進(小沢氏ら旧自民竹下派メンバーの主流派は保守だっただろうが、中道や中道左派の議員も少なからずいただろう)と中には政権与党を経験した政党もいくつかはあった。しかし、結局党勢が伸びなかったり、長続きしなかったりで、有権者も保守か革新かハッキリしないのを嫌う傾向もあるのが相まってか結局どれもパッとせず、中道が弱いのはもう伝統となっている感があります。

別に保守か革新かハッキリしなくても国や国民の為の政治をしてくれれば全く問題ないし、保守政党とされている自民党だってかっては三木武夫・宇都宮徳馬・河野洋平・加藤紘一・野中広務・田中秀征各氏みたいに海外だったら左派政党にいてもおかしくなかったであろう人達も何人かいたのですが、ましてや旧希望の党右派を除いた連中と旧民進に残った連中が合流してできたこの国民民主だってです。

https://wpmu.hidezumi.com/?p=14072

このHPでも「フラフラ加減にはウンザリだ」とか「動くたびに誰かを怒らせる稀有な才能がある」とか皮肉られたり酷評されたりしている。玉木代表は。「憲法改正は日本をもう二度と無益な戦争に巻き込まない信念を持った人こそがその必要性等を説得すべきだ」な、まさに「我が意を得たり」な意見も言っていたので勝手に紹介させてもらったけど、顔見たって分かる通り確かに玉木氏は官僚としてもっと上の政治家に使われる立場としては優秀だったのかもしれないけど、自らリーダーシップを発揮して、実行して政界に新風を起こす器では全く無いです。軽く断言しますが。

だって、旧民主党なんてかっての小沢氏とかみたいに保守の人もいれば、赤松氏とかみたいに社会党にいた革新の人もいて、特に安全保障とかの面では意見の隔たりが大きかったけど、そういう特に大事な所で考えが違ったから分裂したんでしょ?小池百合子氏の排除発言もあながち的外れではなかったけど、ダメな者同士がまた統一会派なんか結成したって、絶対安倍自民一強体制は崩壊なんかしない。ホントに国益を大きく損ねる様な大事件が起きない限りは寧ろ補強されるだけです。それでも立憲民主の方は今後もしばらくは保守(自民)に対する革新の雄として、かっての社会党ほどではないにせよ、それなりの支持は保持出来るだろうけど、国民民主は今の党勢を維持するのが精一杯、私の地元の選挙区でも青山大和という先の衆議院選挙で比例復活当選した議員いるけど、青山氏その人には恨みはないながらも次の選挙でも自民の国光氏か彼どちらかしか候補者がいない限りは絶対票なんか入れないし、れいわ新選組やN国の頑張り次第ではそれらにも票を取られる可能性だってある。どうしても政界に良い意味での新風を起こしたいのなら玉木氏が代表となっている様ではダメです。他にも京アニ放火事件の絡みで失言しちゃったのもいたし、果たしてそんなのがいるのか?ですが、旧民主系に対する国民の不信を払しょくできる様な見識と実行力を持っている人が代表にならないとこの党は全くダメ、かっての中道政党以上にトホホな運命をたどる可能性が高いです。

|

« 得失点差が最大だったが、優勝できなかったNPBチームの一覧 | トップページ | 1946~93年までのイタリアと日本の各閣僚延べ就任者の比較について »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事