« イージスアショア配備よりもまずアメリカとの付き合い方とか他にやるべき事があるんじゃないか? | トップページ | ジョジョ黄金の風第34話-「混沌とした中で・・・・・・・・・運命を占う矢の争奪戦へ!!」 »

2019/06/11

女子サッカーW杯初戦はドローだったけど、マスゴミもなでしこOGも一体何故そこまで浮かれているのだ?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00059916-sdigestw-socc

仮にどんなにサッカーが好きでもその日も仕事な人間は起きてなんかいられず、寝ている間に試合が終わってしまったけど、なでしこジャパンは引分だった様ですね。2019年女子サッカーW杯初戦のアルゼンチン戦。

別におかしいのは彼らに限った事ではないけど、前日夜のNHKニュース、池江選手が誰よりもプレッシャーと戦っていたんだ(←白血病の完治は心から願いたいが、そんなのアスリートは皆そうだろ!!彼女に限った事じゃないだろ!!)とミョーに必死に強調したり、小出義雄氏の葬式の模様について長々と報道(←名伯楽なのは否定しないけど・・・・・・・・)したりと最近他にも「?」な報道は目立っていたけど、永里亜紗乃氏が「アルゼンチンは脅威じゃない。」とか「良い流れを作るために4点は取ってほしい。」とかのたまっていたのには、「まるでもう優勝なんかも決まった様な口ぶりだね~随分浮かれている様だけど。」な冷ややかな目を向けざるを得なかったですね。

私がアルゼンチン国民だったら、特にサッカーに興味が無くても、ぶっちゃけ「なめとんとか、このアマ!!」だった(苦笑)けど、アルゼンチンも確かに世界ランキングでは37位と7位の日本よりは全然低いけど、155か国中だから強い方ですよね。

世界ランキングとかですぐ格下とか格上とかこだわるのもマスゴミの悪い点だけど、一流選手だった永里さんがそこまで言うのなら勿論勝ったのだろうと思って、起きてすぐyahooニュースで結果を確認したら引き分け・・・・・・・・・・・・・・・・・ええっ?勝って当然の相手じゃなかったの?どういう事?永里さん?丸山桂里奈氏は前向きに評価していた様で、その一方でまたフランスのあるマスコミはこの上記URの記事の通りな酷評をしていたけど、選手達よりもマスゴミやなでしこOGが何故か過去の栄光もいつまでも絶対視しているみたいで、ミョーに浮かれている様にサッカーには全然詳しくない自分から見えます。そんな浮かれている連中の言動には普通に「どうして?」な強い違和感しか感じません。

平成の30年間は1人当たりGDPの順位がどんどん下がって、非正規雇用がどんどん増えて格差社会と化した等日本がバブル景気の絶頂から転落・衰退していった時代で、第二次世界大戦で数々の悲劇を生んだ昭和とはまた別の性質で未来への教訓にもしなければいけない時代でした。しかし、勿論他にも大坂選手やサニブラウン選手とか快挙を達成したスポーツ選手たちの頑張りを否定するわけではないですが、平成末期からの日本におけるスポーツ及びその報道も、「日本スゲー」なバラエティ番組もそうで、別に日本に限った事でもないですが、そういう悪い現実、克服しなければいけない現実からも目を背ける歪んだナショナリズムの温床みたいになっているみたいだからそういう違和感を感じるのです。平昌五輪や2018年ロシア男子サッカーW杯だって、実際の戦績以上に過剰評価していたのが気持ち悪かったと言うか、まさに「井の中の蛙」だったじゃないですか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00063403-theanswer-socc

今度のW杯ではなでしこジャパンはどれほどの戦績を残すか分からず、一方で永里氏もアルゼンチン戦について上記URの記事で論評を述べていたけど、彼女達の戦いも今後の日本におけるスポーツの在り方についても一石を投じる形とならなければならないとも思います。

|

« イージスアショア配備よりもまずアメリカとの付き合い方とか他にやるべき事があるんじゃないか? | トップページ | ジョジョ黄金の風第34話-「混沌とした中で・・・・・・・・・運命を占う矢の争奪戦へ!!」 »

スポーツ」カテゴリの記事