« 鈴木奈々もしょうがねえ姉ちゃんだなあとは思うが・・・・・・・・・ | トップページ | 長期連休がある世界の国々 »

2019/05/05

BBCはイギリス統一地方選でそんなに労働党に大躍進してほしかったのか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-48158910-bbc-int

イギリス統一地方選が最近実施されたらしいですが・・・・・・・・・BBCは尤もらしい事言っていて、たしかにそれに対して労働党も議席増にならなかったのはコービン党首らからみたら計算違いだったのかもしれないけど、やっぱ保守党が地方議員全議席約20700に対し、6%強の1300強も議席失った方が全然ヤバいでしょう。EU離脱をめぐる混迷で既存2大政党に愛想をつかした人が増えたのもあるのだろうけど、特に保守党だよね。勿論自身がEU離脱反対派でも、首相なのだからそういう人達のせいにはしないで、それ相応の責任を取らなきゃいけないのだろうけど、離脱賛成派であるボリス・ジョンソン氏とか大臣の仕事も途中で投げ出して知らんぷりしているものね。そういう保守党内の離脱賛成派の態度って、今まで好き勝手に世界を侵略して、現在に至るまでの様々な紛争とか起こしても知らんぷりなイギリスという国そのものとも重なり合う・・・・と言ったら偏見かもしれないけど、国民もそういうEU離脱をめぐる混迷ぶりを解決できない国政での政治家達を良く見ているんだという事なのでしょうね。そもそもまた、EU離脱は国民投票で決めた事だし、そうでなくても、そういう政治家達を国会に送り出してきたのはイギリス国民その人達なのですが・・・・・・・・・そして今度は中国・ファーウェイの半導体拠点を受け入れる事になったけど、帝国主義の時代の時は散々いじめていたのにもう力関係が逆転してきている感じ。日本にも二階幹事長とか親中派いるけど、確かにある人の言う通り安倍政権の方が欧州より対中国外交では上手くやってるかもしれないと言うか、中国のこのしたたかさも、日本も良い意味で見習わなければだめだよな。一方でイギリスはホントにこの先ヤバいかもしれないぞですが・・・・・・・・・・・

 

|

« 鈴木奈々もしょうがねえ姉ちゃんだなあとは思うが・・・・・・・・・ | トップページ | 長期連休がある世界の国々 »

国際」カテゴリの記事