« BBCはイギリス統一地方選でそんなに労働党に大躍進してほしかったのか | トップページ | ジョジョ黄金の風第29話-「ブチャラティ達に接触してきた『あいつ』は一体何者?ついに最終決戦の地・ローマへ行く!!」 »

2019/05/06

長期連休がある世界の国々

今日で早いものでもうGW10連休(まあサービス業とかこの限りではない人達も多々いるでしょうが・・・・・・)終わりですが、皆さんは有意義に過ごされたでしょうか?自分は今年2月にさきたま古墳公園に行った時、そこに周りのいくつもの名所案内図を目にしたので、それらを巡ってみたのですが、さきたま古墳公園の北東にある白山愛宕山古墳以外は案外大した事なかったですね。まあそれはしょうがないし、終わってみればあっという間で、19時のNHKニュースでもシステム対応で証券取引所のお偉いさん自らが出勤していた事とか報道されていましたが、世界の国々でもこういう1週間以上の長期連休があるのかちょっと調べてみました。

https://www.timeanddate.com/calendar/?year=2019&country=85

アゼルバイジャン・・・・中央アジアの国々では3月下旬が旧正月にあたるらしく、7~9連休になるらしいです。また祝日は土曜日と重なっても振替休日が発生するらしいです。

https://www.timeanddate.com/calendar/?year=2019&country=140

(カンボジア)・・・・1週間以上ではないけど、この国も日本以上に祝日が多く、特に5月中・下旬なんか日本の半月遅れのGWみたいな感じですね。

中国・・・・この国の場合は法定上は3日間でその前後の土日を振替出勤日にする様なので・・・・・・・

https://www.timeanddate.com/calendar/?year=2019&country=65

インドネシア・・・・断食明け直後の平日を政令指定休日として9連休にするのが通例になっている様です。なお、振替休日制度は存在しないみたいです。

(マカオ)・・・・12月中・下旬に祝日が4日もあり、しかも土曜と重なっても振替休日が発生するので間の飛び石平日を有給で休めば1週間以上の長期休暇になりますね。大抵。

ロシア・・・・1月7日のロシア正教クリスマスもあるので、新年休暇が7~10連休になります。ロシアの場合は祝日が上半期に偏っていて、下半期は11月に1日あるだけですが、年28日、その内半分の14日は連続して有給を取らせるのが義務付けられているのでまあその点では気にならないでしょう。

台湾・ベトナム・・・・直前の土曜日を振替出勤日とする事で、旧正月連休が9連休になる年もあります。

タイ・・・・4月の旧正月・ソンクラーンはカレンダー上は3連休で、土日とくっついても5連休ですが、実際は7~9連休取る職場が多い様です。

https://www.jetro.go.jp/world/middle_east/tr/holiday.html

トルコ・・・・8月の犠牲祭はインドネシアの断食明け祭り同様、間の平日も特別休日にして7連休にするケースが殆どである様です。

(韓国)・・・・2017年は10月3~5日が秋夕期間でしたが、10月3日は開天節の日でもあって、秋夕と旧正月は日曜・祝日と重なった場合振替休日が発生するので10月6日の金曜日が振替休日になって、10月7・8日の土日及び10月9日のハングルの日とくっつき、さらに10月2日月曜日も特別休日としたので2019年日本のGW同様10連休となりました。秋夕と旧正月は移動祝日ですが、こういうケースはなかなか発生しないと思われます。

アゼルバイジャン以外の中央アジア諸国は旧暦1月1日のみを休日とする国もある様ですが、こうして見ると7日以上の長期連休を一斉に取れる国はなかなかない事が分かりますね。まあフランスみたいに振替休日制度は無いけど、バカンスがある国だってあるし、やはり一斉に休むより好きな時に有給取れるようにしていく方が大事かと思われますが、次の天皇の代替わりの時もまたこういうその年限りの祝日を作って・・・・なケースは出てくるのでしょうかね。いずれにせよ、もう7月中旬まで3連休以上の休みないし、また明日から・・・・・・・・・・・・・

|

« BBCはイギリス統一地方選でそんなに労働党に大躍進してほしかったのか | トップページ | ジョジョ黄金の風第29話-「ブチャラティ達に接触してきた『あいつ』は一体何者?ついに最終決戦の地・ローマへ行く!!」 »

国際」カテゴリの記事