« 皇位継承について議論を深めるのは重要だが、それを声高に叫んでいる人達に限って・・・・・・・・な様なだが | トップページ | ジョジョ黄金の風第30話-「ローマが滅茶苦茶になる!?史上最悪のコンビを前にブチャラティの今が・・・・・・・・」 »

2019/05/13

確かに最近も安倍総理の言動には「?」な点も目立つが・・・・・・・・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190513-00000008-jct-ent

自分も某所で不適切な発言しちゃったから人の事言えないかもしれないけど、確かに佐藤浩市氏にも氏なりの役者としてのこだわりがあったのでしょう。それは分かります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9322632.html

安倍総理も、また「民主党政権は悪夢」って新時代・令和を迎えてもまだそんな事言ってるのかよ、確かに民主党政権は色々ダメなエピソードあったし、戦後最低の政権だったのは間違いないでしょう・リアルタイムでは何回か批判してきて、更に不幸な事に東日本大震災もこの時に起きてしまった。擁護するつもりなんて全く無いですが、戦争で国が焼け野原になって、何百万人も戦死した事の方がホントの悪夢じゃん。実際この教えてgooとか、ネットでも鳩山・菅両氏より近衛・東条両氏(余談ながら、GW中旧東条英機邸の近くを通った。途中吉良邸跡にも行ってきたけど)の方を低く評価している人だっています。戦後最低の政権ではあっても、近代以降最低の政権ではないですよ。拉致被害者の一部回収とか勿論評価点もいくつかあるけど、非正規雇用を増大させて格差社会を進行させた小泉政権だって、外交・国防ではともかくとして内政面では民主党政権より断然良かったとは思えない(自分が選挙権を得たのもこの小泉政権期の事だったけど、イラク派兵にも当時から反対だったし、地方・国政共についに自民またはその擁立候補には選挙では1回も票を入れなかったもの。小泉政権以降もそんなの稀ですが)のですが・・・・・・・・・

その他にも山口元メンバーがあんな不祥事やらかしたし、ジャニーズ事務所としてもイメージ回復の為に快く事前に了承したのだろうけど、TOKIOと会食したのも参議院選に向けての人気取りが見え見えと言うか、どうしてそんな子供騙しみたいな事を平気でするのだろうですね。菅官房長官もアメリカに行っている時に何やってるとも言うか、何だかんだ言っても自民党はこの60余年殆どの期間政権与党であり続けているのにどうして経験者らしくもっとどっしり落ち着いて構えないのか、野党のあの体たらくでは冷静に見て2007年の再来となる可能性だって低いのに。えっ?憲法改正に必要な改憲勢力の維持の為?いや、その前に何を改正すべきか1~10まで丁寧に説明する事の方が先でしょう。祖父(国家観や歴史観とかは違うけど、有能だったのは間違いないと思う)だったら絶対こんな事はしない、人間としての器が小さいわですが、佐藤氏もですね・・・・・・・・・・

近年は、変にいじらなくて良い所をいじって、結局制作サイドの為の世界観みたいな日本映画も何作も見られる。具体的に自分が目にした限りで例をあげればひみつのアッコちゃんや魔女の宅急便(だって、大人達の醜い権力闘争または自分達と異質な存在に対する偏見なんて原作者が一番に描きたかったテーマじゃなかったでしょうよ。前者について言えばまた、ホリプロまたはスターダストにも原作の年齢設定にも合う良いタレントだっていただろうにですが・・・・・・・・・)で、この空母いぶきは原作は知らないけど、また違った性質でそういう映画になってしまったのですかね。ヤフコメでも言ってた人いたけど、別に腹を下すではなくて、胃薬を常に服用していたとかでもそういう背負っているものの重みとか総理像描けたはずですからね。

自分だって安倍総理または安倍政権については批判しようと思えばいくらでもそういう点見つかるし、百田尚樹氏が三流俳優とし貶したのも、言い過ぎだと言うか、別に少なくとも私個人はそれで佐藤氏の役者としての価値が下がったとは思わないけど、佐藤氏が安倍総理を批判するのも嫌うのも全然勝手ですが、他にも何万人か疾患者がいる病気を連想させる様な脚色はやはり拙かったと思います。まあリテラあたりは、ゲンダイ以上に安倍総理を憎んでいて、安倍叩き自体が生き甲斐そのものみたいになっているのだから、藤波俊彦氏のあの漫画を描いた時みたいに必死になって佐藤氏を擁護するのでしょうけどね。もうリテラの記事も読んでて頭痛くなってくるからチェックする気すら起きませんが・・・・・・・・・・・

|

« 皇位継承について議論を深めるのは重要だが、それを声高に叫んでいる人達に限って・・・・・・・・な様なだが | トップページ | ジョジョ黄金の風第30話-「ローマが滅茶苦茶になる!?史上最悪のコンビを前にブチャラティの今が・・・・・・・・」 »

邦画」カテゴリの記事