« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/27

主演ドラマの視聴率がちょっと低い「だけ」で必死こいて叩く連中も何なんだろうな

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00555822-shincho-ent&p=1

坂口健太郎「イノセンス」は期待外れの声 戦犯扱い「川口春奈」は低視聴率女優か

1/27(日) 6:00配信    

デイリー新潮

 昨年ヒットした「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系) の影響か? 

 今期は、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)、「グッドワイフ」(TBS系)、「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)と3本もの弁護士ドラマ が激突――それぞれの初回視聴率を見ると、「スキャンダル」(1月10日放送)9.3% (ビデオリサーチ調べ:関東地区・以下同じ)、「グッドワイフ」(1月13日放送)10.0% 、最後発の「イノセンス」(1月19日放送)は8.3% で、3本中最低のスタートだった。

 その戦犯として、早くも川口春奈(23) の名が挙がっているというのだが――。

 ***

「日テレとしては、新年3週目の19日スタートにしたのは、自信の表れだったようです。主演は演技力も人気もある坂口健太郎で、冤罪を科学的に証明し、罪なき人を救っていく硬派なストーリー。ジャニタレを使わず、若手ながら演技派の声も高い趣里、有馬聡子、杉本哲太、藤木直人、草刈正雄などをレギュラーに、第1回のゲストには吉田栄作を起用していました。それに初回放送は15分の拡大放送 ですし、『最初くらい見てみようか』というご祝儀がつくものですからね。他局の弁護士ドラマは9.3%と10.0%だったので、日テレとしては『うちは2ケタはいける!』と思っていたそうです」(業界関係者)

 が、ふたを開けたら、最低の8.3%だったというわけだ。

「3番組中のみならず、今期のドラマで最低じゃないかと言われていた、深キョン(深田恭子)の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の初回8.6% すら下回っていたわけです。そのため局内では早くも戦犯捜しが始まって、そして早くも川口春奈が名指しされています」(同・業界関係者)

 彼女が演じるのは、新米弁護士で坂口の無茶な弁護方法に反発しつつも調査活動をする、いわゆるバディである。普通に考えれば、低視聴率の原因は主演となるはずだが……。

「今期の弁護士ドラマは“女性弁護士”がキーだと言うんです。『スキャンダル』は6年ぶりに地上波の連ドラ主演に帰ってきた竹内結子が、危機管理専門の弁護士を演じています。 『グッドワイフ』で常盤貴子が演じるのは、16年ぶりに弁護士に復帰した主婦という設定 。いずれも女性弁護士が主役で、『イノセンス』での女性弁護士といえば川口です。彼女が数字を持っていないのではないかと――」(同・業界関係者)

未だ破られぬ最低記録

 

 川口と言えば、Instagramではフォロワー200万人を誇る人気者である。しかし、竹内や常磐という海千山千のベテラン女優相手に、まだ23歳の可愛い女子に責任を負わせるなんて、少々気の毒な気がする――。だが、芸能記者はこう言うのだ。

「今回は脚本もよくないから可哀想な面もあります。ただ、彼女には前科がありますからねえ。彼女がその名を広めたのは、三井のリハウスガールの選ばれたことでしょうね。宮沢りえに始まり、蒼井優や夏帆など女優の登竜門でもあるCMに出演したのが09年のこと 。この頃からモデル活動をしつつドラマにも出始め、11年に深夜ドラマ『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)で連ドラ初主演し、映画化もされました 。12年には“来年のスターは誰!? そろそろブレイクしそうな若手女優ランキング”(マイナビ) で見事1位となり、翌13年には満を持してゴールデンの連ドラは初主演 となったのですが……」

 これには記憶のある方も多いだろう。

 13年10月期に放送された「夫のカノジョ」(TBS系) である。川口を夫の浮気相手と勘違いした主婦(鈴木砂羽)がもみ合っているうちに体が入れ替わってしまい……というコメディで、初回視聴率は4.7%、第2話でちょっと上がって4.8%――その後、この数字を超えることはなかったばかりか、第5話で3.0%を叩き出し、今世紀最低とまで言われた。結局、その後も持ち直すこともなく、打ち切りに。平均視聴率は3.87% だった。

「15年にEXILEのAKIRA主演の『HEAT』(関西テレビ/フジテレビ系)の第6話が、最低視聴率2.8%で記録を更新しましたが 、ゴールデン帯・プライム帯を合わせても全話平均3.87%(テレビ東京を除く)という記録は未だ破られていないはずですよ」(同・芸能記者)

 だが、「夫のカノジョ」には“打ち切り女王”との異名を取った鈴木砂羽も出演していたではないか。

「確かに当初は、砂羽さんが原因とも言われていました。しかし、川口がその後に出演した連ドラ(ゲスト出演を除く)は、北川景子主演の『探偵の探偵』(フジテレビ系)が平均8.1% 、天海祐希主演の『Chef~三ツ星の給食~』(フジテレビ系)が平均7.0% 、福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)が平均8.6% 、昨年夏に放送された窪田正孝主演の深夜ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)も途中で打ち切られ 、汚名挽回とはなりませんでした。彼女自身は一生懸命にやっています。でも、美人過ぎて視聴者の共感が得られないのではないか、と言われています。波留や綾瀬はるかみたいに、一見綺麗なんだけど、よくよく見るとちょっと崩れているくらいの方が、視聴者は入り込めるんですよ。もっとも、“1000年に一度の美少女”と言われた橋本環奈は、映画『銀魂』で福田雄一監督に出会ったことでドラマ『今日から俺は!』(日本テレビ系)へと繋がりブレイクという例もある。川口もいいスタッフに出会えるかどうかが今後の鍵になるでしょうね」(同・芸能記者)

 美しすぎることが罪だというのか……。いやいや、まだ始まったばかり。下を見れば、真木よう子主演の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す! ~この女(ひと)に賭けろ~」(テレビ東京系)の初回(1月21日)4.6% だってあるのだから。今後に期待しよう。

週刊新潮WEB取材班

2019年1月28日 掲載

http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-6e61.html
(関連過去エントリー「出演映画がちょっとコケた『だけ』ですぐ主演役者を叩く連中って何なんだろうな」)

約2か月半前にもそういうのに強い違和感を感じてこういうエントリーを投稿しましたが、何なんだろうね?ちょっと映画がコケたり、ドラマが低視聴率だった「だけ」で主演役者を叩く風潮って。

http://d.hatena.ne.jp/fakegrit/20110813/1313258125

2012年以降は更新されてない様だけど、このはてなブログでの「○○が主演のせいで視聴率が惨敗なのは、〇〇が人気者である証拠で、高い期待値故に意味不明な責任を要求しているのだ。」の意見、「ああ確かにそういう見方もあるよな~」でしたね。だからこそ、勝手ながらも紹介させていただいたのですが・・・・・・・・・・

https://bad-ideas.net/tv-stupid-factory/

そうかと思えば、何故そうなのか丁寧に分かりやすく力説していたこのHPも見つけたけど、しょうがないだろうよ、そもそもテレビ自体が馬鹿製造機なのだから。(ドラえもんでも、家出したのび太とドラえもんが子供のいない中年夫婦の家に行ったけど、嫌いだからという理由でテレビを置いていないのを見てがっくりきた話があった。何で家出したか細かい経緯はもう忘れてしまったけど、この夫婦はテレビのダメぶりを見抜いていたのだろうな)

バラエティだけ見たって、どーでも良い芸人の内輪話したり、同じ事なんて絶対ジャニーズやバーニングのタレントにはできない癖に不倫した「だけ」でタイキックあびせる弱い者いじめしたり、独り善がりな現実逃避に過ぎない日本スゲー番組で公開オナニーしたり、弟子持つ以前に靴職人ですらない、靴職人ごっこしているに過ぎない二世タレントや国会議員としてはほぼ実績ゼロな某筑波大OBも出演させている等惨憺たる有様だものね。

当然川口春奈氏にも、鈴木砂羽氏にも真木よう子氏にもテレビが馬鹿製造機である責任も全くありません。寧ろ川口氏は昨年末のダウンタウンガキ使スペシャルでのスケバン役は好評だったらしいですが、他にもいくらでも今は代わりの娯楽があるのにこんな有様では尚更テレビなんか見るわけないじゃないですか。そんな中でも一人で視聴率を左右する役者なんてせいぜいキムタク氏ぐらい(でも、その彼にしたって最近イメージ回復にミョーに必死な有様だものね)で、ほぼ絶滅状態でしょうよ。大河ドラマだって、花の乱なんかつい最近まで20年近く視聴率歴代ワースト記録を保持していたけど、実際見てみたら荒唐無稽な脚色もやや目立ったながらも、駄作化が決定づけられた利家とまつ以降の作品よりは少なくとも内容あったけど、今全く同じ内容で放送したら、ワーストの花燃ゆよりもさらに下回っちゃうんじゃないですか。なんせ、南北朝・室町時代を「クズしかいない時代」とかのたまった歴史観な某有名作家の作品が根強い人気を誇っていて、当然大河ドラマ化も何回かされた事のある国だもの。

http://dokuritu.hatenablog.com/entry/2018/12/20/110538

と言うかそもそもまた、こういう風潮ってそんな前から見られた事ではなく、つい最近からの話の様な気もします。このブログのエントリー、コメントしたのは実は私自身で、スターリンのペンネームをもじったここでのHNとはまた別だったのですが、自民党が小泉改悪政権の負の遺産を清算し切れなかった内に、マスゴミの偏向報道もあって民主党に政権取られてしまって以降だよね。おそらく。前述の2011年8月付のはてなブログでのエントリーも丁度その民主党政権期に投稿されたものだったけど。

他にも山田優氏や原千晶氏が不謹慎狩りに遭ったり、東尾理子氏もやり玉に挙げられたりしたけど、こういう映画の不発やドラマの低視聴率の戦犯探しも、格差社会の進行ゆえの他人への寛容の欠如と無関係だとは決して思えません。週刊誌もぶっちゃけ女の裸を拝める事以外は存在価値なんて全く無いですが、彼らだって彼らなりに読む人・見る人のニーズをくみ取ってもいるのでしょうからね。その方向性の是非は取りあえず置いといて。

しかし、週刊新潮なんてwikiでも書かれているけど、今までも散々不祥事を起こしてきて、ほぼ何一つマトモに謝罪していないではないですか。自分で自分のケツも拭けない奴らが、実際はその人の責任でも何でもない(確かに川口氏出演ドラマや映画は駄作だったのもいくつかあったが、川口氏がダメだったのが理由だった作品なんて一つもないよ?私の見た限りでは)のにちょっと映画やドラマが不発だっただけで必死こいて戦犯探しして糾弾するなんて何のギャグですか?レーダー照射等韓国との外交問題にはダンマリだが、モリカケや厚生労働省の不適切な統計等与党の糾弾には必死な野党と同類項じゃないですか。貰っている給料は数字一桁以上は違うかもしれないけど。別に新潮に限った事じゃなくて、文春もミョーに研音タレントを目の敵にしているらしいけど、主演役者の事とかどうたらこうたらいう前に自分達の最低限の責任を果たしなさいよ!!話はそれからだよ!!せめてゴミから普通の人間になれよ!!だけど、その程度の事も出来ないのならばさっさと廃業しなさい。いらないよ、君達も。

| | トラックバック (0)

ダーリンインザフランキス(第38話)感想-「あの親衛隊が!?コード001の探し求めていたもの!!」

190127

来月4日は、矢吹健太朗先生の誕生日で、俳優の桐谷健太さんとは同年同日でもあるらしいけど、その記念すべき誕生日に単行本4巻が発売だ!!表紙を飾るのはいかにも仲良さそうなヒロとゼロツー!!カラーイラスト4Pとエロ無修正ももはやお約束だけど、今から楽しみですね!!

さて、今回の話ですが、第13都市部隊の面々は出番ありません。コード001というらしい叫竜の姫と戦うのは親衛隊の面々です。

190127_2
早速、あの9’αが押され気味!!

190127_3
190127_4
今度はδに接続してその意識の中を探ろうとした様だけど、δペチャパイやなあ。顔は普通に可愛いのだけど、今回もお色気は比較的控えめでした。

190127_5
ゼロツーを探していた様だけど、彼女との関係は?

190127_6
どうやらδとεも取り込んでしまった様ですが、「なじむ」って、貴様はジョジョのDIOかwww。しかし、笑いどころじゃないと言うか、あのαがここまで追い詰められた事ってあっただろうか?それほどこの001はバケモノという事なのだろうけど、親衛隊の運命やいかに?

どうやら、この001がラスボスっぽいけど、ゾロメのあのエピソードは漫画化されないままこのまま第13都市部隊の面々と決戦になって終わるのだろうか?いや、その前に親衛隊面々か。いずれも嫌いなタイプのキャラではないだけにもっと実力を発揮してほしいものですが、まあ露払い役となるのだろうね。漫画の次回更新は2月10日となりそうだけど、さあどうなるか・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/26

2019年プロ野球公式戦の開始時間付き日程が発表

http://npb.jp/games/2019/
http://npb.jp/games/2019/schedule_all_cl_20190124.pdf
http://npb.jp/games/2019/schedule_all_pl_20190125.pdf
http://npb.jp/interleague/2019/schedule_all_20190123.pdf


今年のプロ野球も今週遂に開始時間付き公式戦日程が発表されました。セパ両リーグごとに気づいた点についてざっとあげます。

セントラルリーグ(セリーグ)

巨人のデーゲーム数はリーグ戦35・交流戦6の計41試合予定。
開幕の広島―巨人戦は丸選手のFA移籍もあって大荒れになる事間違いなし?
・巨人はまた4月中旬にも九州で地方ゲームを開催予定。ヤクルトも阪神との3連戦、1戦目のみ松山で主催試合を開催。
GWは巨人、横浜以外は12連戦。(この2チームは5/7は移動日)中日と横浜はデーゲーム9連戦。広島と、神宮を本拠地とするヤクルトはデーゲーム少なめ。5/6はナイトまたは薄暮ゲーム。
・交流戦前はまたひたちなか(巨人、交流戦後は新潟・前橋でも)、三次(広島)、岐阜(中日、交流戦後は浜松・豊橋でも)と本拠地に近い地方の主催ゲームも有り。
・阪神は後半戦、8月は末まで甲子園には帰ってこれない。今年も死のロードあり。
・横浜は7/30~8/1の対ヤクルト3連戦は開始時間が15分早い準(?)ナイトゲーム。
・8/10~12は山の日の振り替え休日発生で3連休となったが、10・11と12は別カード。
9/21~23の3連休は21の阪神対広島戦、23の広島対中日戦以外は全ナイトゲーム。

パシフィックリーグ(パリーグ)

注目はソフバン対西武だが、開幕日は18時30分開始と通常のナイトゲームより少し開始時間が遅い。
・楽天は今年もまだ開幕直後の仙台は寒さが残るという事か平日のデーゲーム3連戦あり。
・日本ハムだけでなく、ソフバンやロッテも東京ドーム主催ゲームあり。
GWはセリーグの様に10連戦以上にはならず、祝日法により休日となった4/30は移動日。新元号1日目の5/1はナイトゲームだが、その日以外の24試合は全デーゲーム。
楽天はまた、GWが終わった直後の5/8及び5/14・15にも平日主催デーゲームを予定。
・オリックスも5/11・12にほっと神戸でデーゲームを予定。と言うか、もっと神戸でのデーゲームも増やしてほしい。
・5/21・22には西武が沖縄で主催ゲームを予定。でも、5月の那覇は既に暑いだろうなあ・・・・・・
・後半戦開幕日の7/15は2カードデーゲーム予定。
・8/10~12はソフバン主催でデーゲーム3連戦。
・8月末はオリックスが京都で主催試合開催予定。日本ハムも釧路と帯広で平日デーゲーム3連戦
・9月の3連戦は21の楽天対西武戦以外は全試合デーゲーム予定。

と言うか、前にも言った通り25回総当たりはいささか多すぎる気もしますが、3連休となる9/14~16と9/21~23(来年2020年の場合は9/19~21)は同一カードの組み合わせにしてほしいですね。そうすれば、移動とかで休日(まあサービス業とかの人はこの限りではないですが)なのにナイトゲームにしなければいけないなんて事もなくなるだろうし。特にパリーグなんか近鉄消滅等の球界再編でそれなりに地域分散されましたからね。吉田投手も初めてのプロでどれほどの実力を発揮できるかですが、何はともあれ、2019年もファンを感動させるようないくつものドラマが起こるのを期待します。

| | トラックバック (0)

ジョジョ黄金の風第16話-「だからぶっ殺す言うな!!ブチャラティの覚悟!!そしてさよならだ・・・・・・・・」

16
16_2
16_3
16_4
16_5
16_6

そう言えば、ジョジョリオンまだ19巻読んでないですな。こちらの方も・・・・・・・ですが・・・・・・・・

列車でブチャラティとプロシュートの対決となりましたが、前者が後者の裏をかいた事もあって、プロシュートはすぐ瀕死の状態となります。メインは寧ろペッシとの戦いで、さすがのリーダー・ブチャラティもビーチボーイズから逃れるのには苦労していた様ですが、マンモーニとダメ出しされた事もしばしばありながらも、プロシュートとは強い絆で結ばれていた事が改めて伺えましたね。

何が何でもブチャラティをホントにぶっ殺して、トリッシュを手中におさめる決意をした様ですが、ついにブチャラティはステッキ―フィンガースで自分の身体をバラバラにしただけでなく・・・・・・・・・再びビーチボーイズに捕まらない為に心臓まで真っ二つにした。これはDIOとの戦いで心臓を停めかけた事もあった承太郎も吃驚だったでしょう。

と言うかまた、NO.6も同じ立場なら見ていて気が気でない気分になってしまうのも分かるながらもちょっと五月蠅い、いい加減もうちょっと落ち着けだった(苦笑)けど、ビーチボーイズの追跡からかわすのは成功しながらも、バラバラにした身体を再結合できなくてもう万事休す・・・・・・かと思われましたが、ペッシがやけになって電車を停めて、そのはずみでバラバラになった身体が集まってきた。辛くも最大のピンチを脱した。

某格ゲーキャラでも運を呼ぶ事の必要さを力説していたのもいたけど、確かに容姿だけでなく心もイケメンなブチャラティのリーダーらしい、誰よりも強い覚悟もこうして運を呼び込んで、道を切り開いたとも言えます。

そしてプロシュートの前でついに・・・・・・・・・でしたが、たとえ自分もプロシュート共々死ぬ事になっても仲間達が中にいたカメも道連れにしようとした。アレだけプロシュートからぶっ殺すと言った時は既に実行しているのだから・・・・・・と注意されていたのに、今度はブチャラティから指摘されてされてしまったけど、結局最後はゲスな本性晒してブチャラティに怒りのアリアリラッシュを食らってジ・エンドとなったのだから、限界は超えられなかったという事だったのでしょう。あの世でもプロシュートに説教されていたのでしょうか。

どうやらまた、トリッシュもスタンド能力が発現してきた事も判明してしまいましたが、早くも新たなる暗殺チームのメンバーが・・・・・・・・ブチャラティの血液まで採取した様だけど、列車から降りてもまだまだ過酷な戦いは終わらない!!ブチャラティだけでなく、他のメンバーも改めてこれからはもっと覚悟を試される事になった話だったとも言えるでしょう。と言うかまた、もう16話消化したけど、ホントにこのペースで消化し切れるのか・・・・・・・・・まあ今までの実績ならそれぐらい出来るとも信じたいですが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/22

だからそういう数合わせも安倍自民一強体制をアシストしているんだよ(1月25日追記あり)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190122-00000083-mai-pol

国民民主、自由合流へ 玉木代表と小沢共同代表が会談

1/22(火) 20:50配信    

毎日新聞

 国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日、東京都内のホテルで会談し、両党を合流させる方針で一致した。今後、両党内で協議した上で最終決定する。

 関係者によると、両代表は国会対応や夏の参院選を有利に進めるため、合流が必要と判断したという。自由(衆院2人、参院4人)が国民と合流すると、衆院では立憲民主党会派を上回ることはできないが、参院で国民会派は27人となり、25人の立憲会派を逆転して、野党第1会派となる。参院で自由と統一会派を組んでいる社民党は加わらない見通し。

 無所属議員らの立憲加入が相次いだことを踏まえ、参院で主導権を取り戻すことで立憲への流入に歯止めをかける狙いがあるとみられる。小沢氏は、立憲の枝野幸男代表が政党同士の合併に否定的なため、「野党再編の次善の策」として合流に傾いたという。

 玉木氏は同日夜、小沢氏と会談したことを記者団に認めた上で「とにかく連携を強化する。さまざまな選択肢を排除せず、党内で議論したい」と述べた。【遠藤修平】





小沢氏は、2012年12月の衆議院選で生活の党が2017年衆議院選の希望よりも全然酷かった惨敗を喫したのももう忘れてしまったのですかね?一応今も現役政治家なのだし、ボケるにはまだ早いと思いますが・・・・・・・・・・・衆参両院で最大野党になるかと思いきや、思ったほど集まらず、玉木代表が野党政治家では数少ないレーダー照射問題に言及したのにはほんの少しは見直したけど、支持率は泡沫政党レベルな国民民主(国民)と、沖縄県知事に転じたデニー氏(保守中道を自称している様だけど、この人がホントにそうならば私なんかバリバリの右翼だな)の代わりに立民から1人入党させた自由が合流するらしいけど、新政党の名前は国民自由党?

そう言えば、私より若い、平成初期生まれのあるブロガーのブログを以前たまたま見たけど、こんな事言っていたのが印象的でした。

「東日本大震災も民主党政権の時で、民主党政権期は僕自身も就職とか苦労したけど、暗黒期だった。だから僕は目が黒い内は民主系の政治家には絶対投票しません。」

言っておきますが、彼はネトウヨでもなければ保守でもなく、自民党支持者でもない中道か中道より少し左で、右左の傾き具合は私とはそんな大差ない人です。東日本大震災と言えば、小沢氏もこの時民主党員資格を停止されていたとは言え、地元も被災地だったにも関わらずな対応も叩かれていますが、ホント民主系ってくっついたり離れたり取り込んだりばかりしているものね。選挙前後は。

立民の枝野代表らが伊勢神宮に参拝したのは保守票を得ようとしたという指摘についても、「小池や前原は結果的にきっかけを作ったに過ぎないけど、元々考え違うから右派連中と別れたんだろ?それよりも他にやるべき事あるだろ!!百田尚樹ごときに『日本の皮を被った韓国の政党だ』とか非難される様じゃ全然ダメだろ。」ですが、なんでそういう数合わせとかも却って安倍自民一強をアシストしているんだって事が分からないのかね・・・・・・・・・・・吉田輝星選手が、プロ入りしたのなら当たり前だのクラッカーな140キロの球投げた程度でまるで快挙と言わんばかりにバカ騒ぎしているマスゴミとも同レベルですよ。

前述のブロガーがそう言いたくなった気持ちが改めて分かると言うか、今度の参議院選挙では、茨城選挙区では国民の藤田幸久氏が改選予定で、もし1980・1986年みたいにダブル選挙するとすれば、衆議院の青山大和氏(小選挙区では元土浦市議の共産党候補者に入れましたが)も危ないだろですが、たとえ玉木代表がレーザー照射について言及しようが、国民と自由が一緒になろうがならまいが、私も藤田氏または民主系には絶対票入れないですね。しょうがないから今回も共産党またはその候補者に票を入れるでしょう。衆参ダブル選挙になっても。共産党ほど左ではないし、憲法改正も今の自民には絶対させちゃダメとは思ってはいても、必要性を否定しているわけでは決してないのですが、他に・・・・・・・ですからね・・・・・・・・・・・・・

【以下1月25日追記】















https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00459034-nksports-soci

小沢氏が立民を批判、社民と「数合わせ」統一会派

1/25(金) 20:35配信    

    

日刊スポーツ

自由党の小沢一郎共同代表は25日、立憲民主党国民民主党が展開する野党第1会派をめぐる争奪戦に関し、立民が社民党と参院限定での統一会派を組んだことを「数合わせ」との認識を示し、厳しく批判した。

小沢氏はこの日、自由党が衆参両院で統一会派を組むことで合意した国民民主党を訪れ、玉木雄一郎代表とともに同党が新設したスタジオで動画生配信に出演。終了後の取材に、立民と参院社民の統一会派結成について「統一会派をつくるのは、党と党の中でやっていくこと。数合わせはダメだと言っている」と述べ、「数合わせとの認識か」と問われると、「そう思いませんか?」と述べた。

野党第1会派をめぐる動きは24日、ジェットコースターのように動いた。国民と自由は午前、衆参での統一会派結成で合意。自由の衆院2人、参院4人の計6人が国民の会派に合流することで、参院の会派人数は一時、立民を上回り、参院では国民&自由が野党第1会派の見通しになった。

しかし、衆参両院で野党第1会派を維持したい立民は、午後に社民党との参院会派結成を提出。この時、2会派の所属人数は参院で27人と同数になったが、夜に国民の参院議員1人が離党の意向を示し、立民に入党届を提出。これで立憲&社民が28人、国民&自由が26人となったが、25日の参院議院運営委員会では手続きが完了していないとして、どちらが第1会派になるか結論は出なかった。

共闘を目指す野党が、主導権争いで2つの塊に“分裂”。野党結集を目指す小沢氏は「我々は、参院の数を増やすためだけに会派をつくったのではない。片方(参院)だけというのは分からない」と述べ、野党の主導権争いを過熱させた立民に疑問を投げかけた。

誰も小沢氏だけにはそんな事言われたくないでしょう。(呆)今までそうやって数合わせして「大きな塊」作って、しかし長続きしないで壊してを繰り返した人ってどこの何方さんでしたっけ?(皮肉)今まで具体的にこんなバカな事ばかり繰り返してきたではないですか。

・93年非自民非共産連立政権→政権の主導権をめぐってしだいに対立が表面化。衆参共に連立政権内では最大勢力だったのに社会党を排除した統一会派を作る自殺行為の為に少数与党化で1年足らずで離脱組の社会・さきがけと組んだ自民に政権が戻る。

・94年末に日本新党や民社党、旧公明党を合わせて新進党を結党。結党大会には故・岡田眞澄氏を司会に起用。この時点で過半数には達していないが、衆議院では初の非自民政党での最大勢力を誇る。が、96年衆議院総選挙では敗北し、また内紛も起こって純血路線をうたって分裂。

・分裂後、かって父・佐重喜が所属していた政党と同じ名前の自由党(ただし、提案したのは河村たかし氏)を結党し、衆参で100人集まるのを見込んだが実際は衆42・参12の計54人に過ぎず、それも直後の選挙ではそれぞれさらに半減。それでも99年1月からは公明党と共に自民との連立政権を組んで、4年7か月ぶりに与党議員となったが、1年そこそこで連立政権離脱。

2003年に民主党と合併し、この時を境に小沢氏自身も左傾化。09年にはもう少しで総理になれる所まで来たが、西松建設事件で代表辞任、その後まもなく代表代行、幹事長に就任する等復権はし、自民を出てから3度目の与党議員にもなったが、今度は陸山会事件で党員資格そのものが停止。

・非自民非共産連立政権時代は国民福祉税を裏から画策していたくせに消費増税にも反対して結局民主党も離党、国民の生活が第一から日本未来の党に2012年衆議院選挙直前に合流したが、公示前の議席数が61の、民主、自民に次ぐ第3勢力だったはずが僅か9議席しか取れなかった記録的大惨敗を喫する。

・その後またまた内紛が起こり、生活の党の代表となるが、2014年総選挙でとうとう政党要件を喪失、しかし、元々思想が全く違うはずの山本太郎氏と組んで「生活の党と山本太郎となかまたち」を結党、政党交付金もゲットだぜ!!(ポケモンのサトシ風ww)

・その後2016年にまたまた自由党に改称し、新自由主義思想と完全に決別したわけではないと指摘する声もあったが、デニー氏が沖縄県知事に転じても立憲民主から移籍させてもはや絶滅危惧種レベルな党勢は維持。

本来2016年自由党はその立憲民主との方が制作近いはずなのに、旧民主系右派の中道政党、国民民主との合併を模索。当分は統一会派を組むにとどまる模様だが、今夏参議院選で改選予定な藤田幸久氏等が離党届を提出。立民と数合わせし合っているが、一強多弱な、コップの中でのちっぽけな争いに過ぎず、離合集散ばかり繰り返して、国民の更なる失望と嘲笑を買っている。(←今ココな)

改めて簡単に自民を出てからの小沢氏の壊し屋ぶり・政治屋ぶりを振り返ってみましたけど、2012年末以降は現役国会議員では最古参でもあるのに、一度権力争いに敗れたら取りあえずその時は我慢して、次のチャンスが来るまで待つ事が出来ない、1+1=2には必ずしもならない事も全く分かっていない、だから似たような失敗を何度も繰りかえす。そしてその似たような失敗を繰り返す内に二階氏等最初は付いて行ってくれた側近達にも見限られて、どんどんスケールがしょぼくなっている有様だ。今回一度喧嘩別れしたはずの旧民主系とまた組んだのは小沢氏だってこんなこと繰り返している内にもう70代後半になってしまったし、最後の悪あがきと言った所なのでしょうが、韓国とのレーザー照射問題等内外に色々問題点を抱えているのに、離合集散の繰り返しばかりしている旧民主系の現状認識能力のなさ、信念・信条のなさは酷すぎます。そんな事したって、却って自民を助けるだけなのにそれすらも全く分かってない。まあ参議院選では少なくとも自公で過半数または安定多数確保でしょうな。

こんな事はしない分、たとえ公安の監視対象であっても共産党の方がまだ信用できる。現実に彼らも多数派になるなんて事は、かってのイタリア共産党とかみたいによほど現実路線に転向しない限りはないのだろうから、自民が暴走しない様監視させる意味である程度は議席確保させてやりたいとはまだ思えますよ。前にも言った通り私は共産党ほどは左じゃないですが、旧民主系はそういう存在価値すらないです。彼らもホントにマトモな人以外全然消えない限りはこの国に明るい未来なんて無い。今回のこの過去の失敗からも全く学ばない、国民不在・政局的な数合わせを見ていて改めてそう思いますよ。

| | トラックバック (0)

カーマラがホントに2020年大統領選の対抗馬ならばトランプしか選択肢ないだろ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00025068-forbes-int&p=1

再選を目論むトランプの強敵が出馬表明、彼以上の「攻撃型ディベイター」

1/22(火) 17:00配信    

    

Forbes JAPAN

カーマラ・ハリスというカリフォルニア州選出の、移民2世の黒人女性上院議員が、来年の大統領選挙でトランプ大統領の再選を脅かすのではないかと、いま話題になっている。このハリス上院議員、トランプに負けず劣らずの激しい性格で、空前絶後の罵り合いになるのではと盛り上がっている。

今年に入って出版されたハリス上院議員の半生を書いた本も、アマゾンのベストセラーリストの上位にランクされている。アメリカで政治家が本を出すときは、次の選挙で大きな勝負に出るときか、政治の世界を去っていくときの最後の「金儲け」としてか、どちらかだ。

黒人公民権運動の指導者でノーベル賞受賞者のマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師を記念する祝日の1月21日、自らの大統領選への出馬をツイッターで表明すると、ABC放送にも登場して、「わたしは戦う政治家だ!」と、インタビュー中、「ファイト」を10回以上繰り返した。このハリス上院議員が来年の大統領選挙での、民主党の最有力候補とみられている。

当年とって54歳、移民二世の元検事であるハリス上院議員は、ジャマイカ出身のスタンフォード大学教授を父親に、インド出身の癌の研究者を母親に持つ才女だ。父母が出会ったバークレー大学の近隣にずっと住み、カリフォルニア州選出の上院議員をつとめている。

彼女は、弁護士免許を取得すると、地方検事を皮切りに検察畑をずっと歩み、2003年にはサンフランシスコ市の地方検事局長になる。州によって違うが、アメリカでは検事局長は選挙で選ぶケースが多く、同州も同様で、ここから司法職につきながら選挙の経験を積む。2010年にはカリフォルニア州の司法長官に当選し、おととしの2017年までその職に就いていた。

フォード、クリントン、オバマなど、弁護士が議員や知事に転じ、大統領になるケースはアメリカではとても多いが、同じ法曹界でも、検察一本やりの大統領候補は珍しい。つい去年までは、ほぼ全国区では無名だった1年生議員の彼女が、いきなり次の大統領選挙の最有力候補者というのは、今のアメリカの政治の混迷をよく表している。

なにより「攻撃力」が魅力

トランプ政権の行政シャットダウンの交渉でも見られたように、ナンシー・ペロシ(下院議長、民主党下院院内総務)のような従来型の上品な政治家は、結局トランプを理論でどれだけ論破しようとも、市民の視線では負けているように映る。

中間選挙で民主党は下院で圧勝したのに、この状態だ。なのでトランプを選挙で打ち負かすとなると、強烈なディベート力、それも攻撃的なディベート力が必要だと民主党は考えている。

その点、この筋金入りの「攻撃型ディベイター」はすごい。彼女の「攻撃力」がよく市民に浸透したのは、トランプ人事の指名を受けた相手(証人)への公聴会だ。議会は委員会をもち、民主党と共和党の議員から成り立っている。野党である民主党は政権を批判する立場にあるが、ハリスの質問攻めは見ているだけでもハラハラする。

例のブレット・カバノー最高裁判事への公聴会や、メキシコとの国境でグアテマラ人の子供が亡くなった事件でキルステン・ニールセン国土安全保障長官への証人喚問などは、今でもユーチューブでその様子が見られるが、極めて激しい。

彼女は弾劾のプロなのだ

 

多くの委員(議員)は、自分の主張に終始し、だから自分が正論であり、証人は間違っているというスタイルだが、多くの場合、論点のすれ違いで終わって噛み合わない。しかし、ハリス上院議員の場合は、検事流なので違いが目立つ。法廷での検事の仕事は、被告人の罪を立証することと、弁護人の連れてくる証人を弾劾して証拠能力を貶める、この2つしかない。彼女は弾劾のプロなのだ。

従って、彼女は自分の主張は冒頭にまとめて言ったら、あとは相手の発言の矛盾を探すことに徹底している。彼女は頻繁に、過去の公聴会などで証人が言った発言を手元にもち、それを読み上げ、今の発言とのわずかの矛盾を逃さず、それをマイクに向かって声高に主張して、「あのときが嘘なのか、今が嘘なのか!」と気色ばんで攻める。

そこで、相手が事情の複雑性を訴え、そんな簡単な問題ではないと述べ始めると、相手をただちに遮り、「イエスかノーか!」と迫る。

さらには、証人の責任が大きなことをおだやかに確認した後で、では、「それを知っているか」「あれを知っていたのか」と攻めに転じる。

日本の国会のように、質問の事前通告があるわけではないので、多くの場合、証人は記憶で答えねばならないシーンがあり、そこをハリスは突っ込む。「あなたは長官なのに、そんなことも知らないのか!」「そんなことを聞いているんじゃないの!」と強い言葉が続く。

ザッカーバーグも顔色を失った

去年、フェイスブックが個人情報保護違反の疑義で、マーク・ザッカーバーグCEOが公聴会に出たときにも、ハリス上院議員は質問に立っていた。

無難にこなし、株価を戻したザッカーバーグだったが、あのとき、唯一、彼が答えに窮して押し黙り、顔色を失ったのは彼女の質問だった。彼女は彼を厳しく責めるときには決して手元のメモに目を落とさず、相手の目をぐっと睨みこんで絶対に視線をそらさなかった。

このようにハリス上院議員は相手と相手の言説を弾劾する、プロ中のプロであり、まさに民主党にとってトランプの癇癪玉にぶつける相手としては最適なのである。さらに選挙経験も長いので、カメラの前で自分がどう映るかについてもとてもよく意識している。

この劇場型選挙がほんとにいいのか?

ベストセラーとなっている彼女の本には、アメリカの巨大銀行、JPモルガンに対し、司法長官の前任者がまとめた3千億円程度の和解金を、「これでは被害者が救われない」として一度合意したものを引っ込め、上司である知事が止めるのも聞かずに銀行の頭取を電話口で怒鳴り上げ、最終的に(複数行合わせて)2兆6000億円の和解金を引き出し、被害者に分配したという武勇伝も書かれている。検事出身で大統領選に出た、もしくは出ようとした人には、ルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長や、クリス・クリスティ元ニュージャージー州知事などがいるが、いずれも検察時代の業績はマフィアの締め出しや治安の維持などで、大統領選挙の政策ディベートではそれらはあまり多くを語らず、むしろ行政の長としてのリーダーシップスキルをセールスポイントにしていた。

しかし、党のトップのペロシ下院院内総務を出してもトランプを止められない民主党やその支持者は、政策よりもトランプを言い負してくれるかもしれないハリス上院議員の弾劾スキルに目を奪われ、それをメディアがさらに煽る。

もし、ハリス上院議員が民主党の大統領候補になるとしたら、トランプの劇場型選挙は、さらなる対ハリスの劇場型選挙を招く。それがアメリカにとって本当にいいことなのかどうかは、大いに疑問が残る。この国の選挙は、もっと建設的なものであった気がするのだ。



















http://route-125.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-f9de.html
(過去エントリー「ヒラリー・クリントンのだから私は嫌われる」)

これ、一昨年2017年8月に公開した過去エントリーで、近年の主要国の何人かの女性政治家のダメぶりも見てきている(EU離脱で混迷しているイギリスのメイ首相も、嫌いではないけど、実行力不足だと言うか、転換期のリーダーとしては不適なのは否めない)だけにこの当時からカーマラ・ハリス氏には否定的でしたが、そんな攻撃的な性格なんですか。私もまだまだ無知でしたね。

ホントに彼女をトランプ攻撃・糾弾の為に来年大統領選挙の候補に擁立するとして・・・・・・・手段が目的になってないかい?確かにそういうディベート能力も政治家には必要不可欠なのだろうけど、弾劾スキルよりも政策の方が大事に決まっているじゃないですか。他に報道された民主党の某大統領候補も、「パッとしないなあ、物足りないなあ。」でしたが、ホントに民主党にはこの程度の大統領候補しかいないの?安倍総理程度の代わりすらマトモに国政に出せない我々日本人の事も笑えないだろうですが、悪い事は言わないから、カーマラ氏は下手にアメリカ初の女性大統領になって国民に失望されるよりも、そういう司法のエキスパートとして特にマイノリティとか社会的弱者の為に頑張った方が良いですよ。

建国以来200年以上ずっと民主主義国家としてやってきたのに、女性の大統領が1人も出ていないのは勿論昔は男尊女卑な風潮が強かったのもそうなのだろうけど、他にも理由があるんですよ。サッシャー氏みたいな例外もいるし、政治じゃない他の分野ではいくつも男より優れているのも当然あるけど、女性は政治家には向いてないんですよ。カーマラ氏が大統領になったってそれを改めて世界に証明するだけです。「トランプの強敵」って阿保だろと言うか、弾劾スキルとかだけでは政敵を追い落とす事は出来ても、世界のリーダーなんか到底務まらない。私は政治思想的には共和党よりも民主党の方がずっと近い(死刑廃止についてはどちらかと言えば反対ですが)ですが、もし私がアメリカ国民で、2020年大統領選挙でトランプ氏とカーマラ氏どちらか選べと言われれば、ホントはどっちも選びたくないけど、トランプ氏の方を選びますよ。あと1年半以上あるのだから、民主党がホントにアメリカを愛しているのならば、もっとマトモな候補を見出すべきです。韓国のレーダー照射問題でも、野党政治家の殆どがダンマリ(特に立憲民主は普天間の方に夢中になっているものね。欧米の左派政党、例えばイギリスの労働党だってフランスの社会党だってドイツの社会民主党だって同じ立場ならば絶対こんなダンマリなんかしないよ。フランスの社会党については、徴兵制廃止を反対していた事とかについても是非護憲サヨクの皆さんのご感想をお聞きしたいものだけど)でもある日本と違って絶対いる筈です。

| | トラックバック (0)

2019/01/20

稀勢の里の悲劇は今度こそホントに教訓としなければいけない

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12136-169793/

史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

 

涙の会見(C)日刊ゲンダイ

まるで「大横綱」のような扱いだった。

 横綱稀勢の里の引退を報じるスポーツ紙には、例によって美辞麗句が並んだ。東京版の日刊スポーツは「惜別8P」と題して、涙の引退会見を詳報し、17年間の力士生活の足跡を振り返った。

 稀勢の里は中卒で角界入りし、最高位に上りつめた叩き上げ。新入幕から初優勝まで史上ワースト2位の73場所を要した非エリートの苦労人に、ファンが感情移入をするのは分かる。が、横綱としては「史上最弱」だったのは事実である。

 横綱在位12場所で皆勤したのはたったの2回。通算成績は36勝36敗の97休で、勝率5割はもちろん歴代最低である。スポーツマスコミは、17年春場所の千秋楽で負ったケガが実は筋断裂の重傷だったとか、それでも愚直に稽古に打ち込んでいたとか、横綱という地位と孤独に真摯に向き合っていたとか……今になって訳知り顔でかばってみせるのだが、初日から連敗したその数日前の紙面では、「引退危機」「引退待ったなし」「もうダメなのか」と1面で書き立て、これでもかと稀勢の里にプレッシャーをかけていた。手のひら返しもいいところである。

「稀勢の里が横綱として短命に終わり、晩節を汚す結果になってしまった原因はスポーツマスコミにもあると思う」

 好角家の人事コンサルタント、菅野宏三氏がこう言って続ける。

「稀勢の里は『2場所連続優勝、あるいはそれに準じる成績』という昇進基準を満たさずに横綱になった。結果的にこれが稀勢の里を苦しめることになったわけです。大関で精進を重ね、本当の力をつけてから昇進していれば、こんな不幸なことにならなかったと思う。長く不在だった和製横綱の誕生を待望する相撲協会や横綱審議委員会によって『つくられた横綱』という背景を、スポーツマスコミは批判せず、一緒になって盛り上げた。力士寿命を縮めることになった17年春場所での大ケガも、負傷を押して土俵に上がることに警鐘を鳴らさず、むしろ美談に仕立てて報道しました。メディアに必要なのはお涙ちょうだいではなく批判的視点です。稀勢の里の引退を惜しむだけではなく、なぜこうなってしまったのか、厳しく指摘する必要があります」

 まったくだ。そうでなければいずれ、「史上最弱横綱」の汚名を着る稀勢の里のような“被害者”がまた出る。

まずは稀勢の里、お疲れさまでした。横綱昇進前後人々を感動させるドラマをいくつも作りましたが、それだけにその後はケガで思う様に実力を発揮できなかった現実、辛かったであろう心情は察するに余りあります。

しかし、引退会見、「一片の悔いなし」ってラオウかよで、それで喜んでいる人達もハッキリ言って何も分かってないですが、もう変に優等生ぶる必要なんてないんですよ。もっと正直に話したら良かったのですよでしたが、マスコミや文化人、その他コメンテーター達がこぞって稀勢の里を悲劇のヒーローみたいに扱って過剰に礼賛等するのには自分も強い違和感があります。

特に最近のマスコミっていつもそうだよね、藤井7段とか大坂選手とか競技に関係ない所でもバカ騒ぎしていて、特にスポーツ報道での劣化ぶりが酷い。だからNHKニュースももうスポーツとか将棋とかは見る気ないですが、今回のこのゲンダイの記事は「マトモ」ですよね。ビートたけし氏も「(稀勢の里は)被害者」とか言っていた様ですが、日本人だからと言って、特別視して、北尾氏の失敗も忘れて横綱にしてしまった横綱審議委員会の責任やマスコミの報道姿勢の是非等反省すべき点はいくつもあるでしょう。

と言うか、天皇・皇后両陛下も相撲観戦にこられたのだから尚更の事で、相撲に強い興味があるわけじゃないから尚更そう思うのかもしれないけど、何故そこまで日本人横綱に拘るのか自分には分からんのです。移民には反対ですが、今や外国人力士なんて珍しくないし、彼らが強いのなら日本人力士がもっと頑張って彼らよりも高い実力を身につければ良いだけの事じゃないですか。そんなに日本人横綱を出したいのなら外国人力士なんて今後一切お断りにすれば良いでしょう。

現実はそんな事やったら、緊急事態だったのに女性を土俵に入れないようにした例の事件並みに非難轟々となるでしょうが、いずれにせよ、稀勢の里についてただ可哀想だとか同情して、一生懸命やったのだからとか悪い点を見せないで全て良い風に見せては進歩なんか無いです。やくみつる氏にコメント求めていて、確かに私より相撲には詳しいのかもしれませんが、遠藤一彦氏が巨人を完封した「だけ」で横浜ファンになった様な人ですからね。野球漫画もゲラゲラ笑えたわけでもないし。

| | トラックバック (0)

2019/01/19

ジョジョ黄金の風第15話-「ミスタ最大のピンチ!?そしてブチャラティの『覚悟』!!」

15
15_2
15_3
15_4
15_5
15_6

今回は未出演に終わってしまいましたが、皇太子さまの誕生日でもある2月23日に賢章氏主演映画が公開される予定らしい。元子役で、舞台や実写映画でも出演経験はありましたが、凄いですね。さあヒットするかな?ですが・・・・・・・・・

それはそうと、ビーチボーイズに捕まってピンチ!だった所、ミスタはセックスピストルズにグレイトフルデッドによる老化を抑える氷が入っていたコップを攻撃してペッシを動揺させてこのまま一人始末かと思いきや・・・・・・・・・・老化していた観客、ミョーにしつけーなあでしたが、プロシュート自身も老化していた!!これにはそれなりの期間コンビを組んできたであろうペッシも気づいてなかった様ですが、ピンチを脱した後ただペッシを蹴りながら叱っただけでなく、熱く説きながら成長を促した。目の治療を受けていた時のナランチャがパッショーネ入団を志望した時にブチャラティが急に叱ったのとも通ずるものがあった様にも見えたけど、マンモーニと呼びながらも、スタンド能力も含めて心の底から彼を信頼していた様だ。

実際また、彼がブチャラティらの居場所について少しでも心当たりのある証言が手掛かりになった時には普通にほめていたのだけど、ミスタも転んでもただは起きぬと言うか、下手すればこの時点で死亡となっていたのが、何とか助かった。そして今度はブチャラティがプロシュートと戦う事になったけど、部下も守りながら任務を遂行する彼なら出来ない事ではない!!ブチャラティの辞書にも不可能なんて言葉ないのだろうけど、ここで今週のジョジョ語録だ!!

「覚悟は良いか?俺は出来ている!!」


ブチャラティホントにカッコ良すぎる!!誰だよ、中村悠一は加齢で声が汚くなっているとかなんて言ってたの?一時老化が進んでいたのも彼にとっては想定内だった様ですが、ここでブチャラティはまた予想外の行動に・・・・・・・・・・


勿論プロシュートにもプロシュートなりの覚悟はあったのだろうけど、初登場時はいくらボスの娘だったとは言え、お遣いを頼んだ事等自分の立場を理解していたのかも微妙と言うか、態度デカかったのが、繰り返し言う通り特に重傷だったナランチャを何とかしようとした等トリッシュも良い意味でブチャラティに感化されていったのでしょうかね?そして間もなく彼女は・・・・・・・でしたが、まあ先走りになってしまうのでこれ以上はもう触れない。年が明けても敵味方双方共にある正義も強調しながら熱いバトルが展開されていますが、さあブチャラティとプロシュート、果たして勝つのは・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/14

ZOZO前澤の勢いは一体いつまで続くかね

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000120-sph-ent

ZOZO前澤社長、一部批判に反論「人の行動に文句つけたって誰も得しないよ」

1/13(日) 17:20配信    

    

スポーツ報知

 株式会社「ZOZO」の代表取締役社長・前澤友作氏(43)が13日、自身のツイッターを更新した。

【写真】前澤社長、月旅行で乗るロケットのテスト機をインスタで初公開

 前澤社長はフォロワーから、同日放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)で上原良太さん(38)、歩さん(38)夫妻の息子で「拡張型心筋症」を患い海外での心臓移植手術が必要な旺典くん(3)が特集されたことを知らされると、「3歳のおうちゃんを救いたい。@genki_ochan この活動を多くの人に知ってもらえるよう、このツイートをRTしてください。僕の個人的な寄付に加え、みなさんのRT1件につき10円を付け加え寄付します。皆さんのRTパワーで寄付と情報拡散にご協力ください!」と自身の寄付金に加え、RT1件につき10円の寄付をすると明言した。

 再びツイートした前澤社長は「例えば、自分の目の前でおばあちゃんが倒れたら反射的に助けると思う。周りの人にも、手伝ってとか、救急車呼んでとか、協力を求める。何もかもはできなくとも、目の前にできることがあるなら、行動する。それだけ」と改めて募金を呼びかけたが、一部のフォロワーから「個人的に静かに寄付してください」「他のお子さんを助けてはあげないのでしょうか??」「RTこなくても募金したらいいのでは?」と批判の声が寄せられた。

 前澤社長は、これに再び反応すると「他にもどこかで倒れてるおばあちゃんがいるかもしれないから、目の前のおばあちゃんだけ助けたら不平等になるから助けないの? いや、助けるでしょ。みんなも」と反論。続けて「それぞれが気づいたこと、やれることをやればいいじゃん。人の行動に文句つけたって誰も得しないよ」と各人が行動に移す大切さを説いた。

実はと言うか、ZOZOについては以前から知ってました。ろくじろう時計をもらった事があったからです。合理的であると言うか、私の職場でも6時間労働出来れば良いなあ(まあちょっと無理だろな職種もいくつもあるのですが)とも前々から思っていましたが・・・・・・・・・・

付き合っている剛力彩芽氏もとうとうランチパックのCMも山崎賢人氏に取られちゃいましたが、前澤氏は100人に100万円寄付の件も、ちゃんと寄付すべき相手を選んでいたんですね。先日花田優一氏について取り上げた際、「彼は前澤氏や山根氏共々相手にしちゃダメだ。」と言ったけど、さすがにこの2人と同列に扱ったのは失礼でしたね。今回のこの話も、一種の宣伝でもあるし、リツイートしたい奴だけがすればいいじゃんですが、まあ自分のお金をどう使うかも他人に迷惑かけない限りは自由だし、貰った人も自分の気の済むままに使ったら良いでしょう。同列に扱った事については謝罪します。

しかし、一時はZOZOの株価確か5000円以上もあったのが、先週末には2000円台そこそこまで下がってもいるんでしょ?この人がどういう宣伝しようがどーでも良いし、リツイート数の世界記録の話も、ツイッターやった事もなければやろうとも思わないんで(特に政治的な話題についてツイートしたら、ネトウヨとサヨクどちらに対してもかなり批判的なんで、絶対に炎上する。私はツイッターなんかやっちゃいけない人間なのである)なおさらそう思うのだろうけど、そんな価値ある名誉な記録なんですか?ですが、果たして前澤氏の勢いはいつまでもつのでしょうかね。繰り返し言う通り、動機がどうであれそうやってお金を寄付したりするのも自分の金でやってる限りはどうだこうだ言うつもりは無いですが、浮かれすぎていて、一番大事な所を半ば見失っている様に見えます。ホリエモンは逮捕された後もしばしば話題になりますが、前澤氏は5年後・10年後はどうなっているのかね?7割方「ああ、そんな人もいたなあ。」な感じで半ば忘れているだろうなあですが、日本という国自体、残念ながら時代が平成から新しい時代に変わっても、例えばスポーツ選手とかは世界でも十分通用する一流どころが次々と登場しても衰退がさらに進む可能性が高いのですから、前澤氏のパフォーマンスなんかに一々注目する余裕なんか無いのです。

| | トラックバック (0)

2019/01/13

ダーリンインザフランキス第37話感想-「それぞれのカップルの愛!!そしてついに登場コード001!!」

190113

先週漫画更新だった筈が公開されてなかったからどうしたんだ?でしたが、今日は無事(?)更新されてました。まずゾロメとミクでしたが、喧嘩するほど仲が良いを地で行ってましたね。

190113_2
当のヒロ×ゼロツーは後者が何やら意味深な事言っていたけど、ホントにお互いもっと変われると良いね!!

190113_3
そしてゴロー×イチゴはお互い相手には他にも好きな人がいるのに葛藤を抱えていた模様。まあ無理もないのですが、実はこの2人も・・・・・・・・・だった様で・・・・・・・

190113_4
特にイチゴはさすがリーダーと言うか、人並み以上に人を見る目があり、ゼロツーがヒロを見ている様でちょっと違っていたのも見抜いていた様です。ヒロもこれまで自分と関わって死んでいった他の面々と同じになってしまうのではないかな不安等を抱えていた模様。

190113_5
そしてヒロ達だけでなく、親衛隊もεとδは叫竜退治を楽しんでいた模様。そんな所、αがただの叫竜とは違う反応を感じた様ですが・・・・・・・・・

190113_6

叫竜の姫らしいけど、コードは001、ゼロツーに近い様ですが、彼女との関係とか果たして?


そうだ、この場を借りて触れなければならないニュースが他に1つありますね。それは、To loveるのララちゃんやこのダリフラでのゼロツーも演じられた戸松遥氏が一昨日1月11日に結婚された事です!!おめでとうございます!!矢吹健太朗先生も、今日まで開催予定の幕張メッセでの某イベントで展示された車に描かれた初音ミクも描き下ろした等好調なのが伺えて、今回はそれぞれのカップルの愛と絆を再確認させられた様な話でしたが、宇宙人らしき生命体も登場してたよね?ゼロツーも人間になれるのか?ヒロとの関係はどうなるのか?まだまだ気になる点が残っている矢吹コミカライズ版ダリフラですが、2019年も先生の活動にはますます目が離せませんね・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/12

ジョジョ黄金の風第14話-「ぶっ殺すは禁句!!兄貴とカメとフィレンツェ行き超特急!!」

14
14_2
14_3
14_4
14_5
14_6

本当だったら、昨年最後の放送話だったこのフィレンツェ超特急の話、急遽総集編に差し替えられた様で、今日放送されましたが・・・・・・・・・

なかなか鍵の差し込む所が分からなかったブチャラティでしたが、まあそれも無理もなかったでしょう。リアルタイムで連載されていた時も何の鍵なのか予想当てられた人なんてかなりの少数派だったのでは?でしたが、カメの中に入って、気づいたのがもう少し遅かったら攻撃されていたであろうプロシュートとペッシの追跡をかわしたかに見えました。

しかし、やはりこのTVアニメ版でもぶっ殺すと吐いたペッシを注意したプロシュートでしたが、姿は見えなくなっても列車のどこかしらにいるのではないかと直感した様だ。暗殺チームはいずれも自分達の目的を達成する為なら何でもやる冷酷非情で強靭な意志の持ち主ですが、この2人も例外ではなかった様です。

特にプロシュートの方が、スタンド、ザ・グレイトフルデッドを発動した影響で・・・・・・・・・カメの中に入っていても決して安全ではなかった様ですが、老化のスタンドで、特にこの画像6枚目のナランチャは酷い。その一方で、ブチャラティとトリッシュ、ミスタはあまり大した影響はなかったけど、「女性は脂肪があるから体温の変化が少ない。」ってホントジョルノは物知りだねえ。

参謀らしく、不測のアクシデントに直面しても冷静に分析していたのはさすがと言った所なのだろうけど、感心ばかりしていられる場合でもない。ネアポリスのモデルとされているナポリから目的地のフィレンツェって、約470キロもあるらしい(東京から、荒木先生地元の仙台までの距離の1.3倍強)けど、無関係の乗客達も巻き込まれてしまった!!水分を多く含んでいれば影響を軽減する事が出来るらしいけど、被害が今の所少ない一人だったミスタがペッシのビーチボーイズの罠にかかってしまって・・・・・・・・・・

今週の話から、EDのアニメーションも変わりましたね。葉がどんどん伸びていって、ブチャラティチーム&トリッシュがいつも通りのポーズを見せながら最後は・・・・・・・・でしたが、こちらの方が5部らしいと言うか、歌自体もOPよりこのEDの方が好きな歌だけに感動させられました。これからも過酷な戦いがブチャラティチームを待ち受けている事でしょう。ミスタが声優ミスキャストなのがほぼ唯一の大きな不安要素なのですが、彼らなら何でも乗り越えられる!!改めてそう信じずにはいられなかったEDの新アニメーションでした。

| | トラックバック (0)

2019/01/11

新テニスの王子様第254・255・256話-「ついに決着?2人の王子様の女を巡るバトル?そして世界のライバルたちは今・・・・・・・・」

201902
201902_2

1/4が仕事始めの人もいるでしょうが、自分1/6まで9日間も正月休みを過ごしていたんで(9連休以上は2013年度の年末年始以来です。ちなみに)、正月気分(?)で2月号の新テニプリ感想をすっかり忘れていました。1週間遅れですが、アップしました。

ワンピースも今年でアニメ20周年ですが、テニプリも早いもので連載20周年なんですね。という事で、表紙及びカラー扉絵を飾ってましたが・・・・・・・・

201902_4
これまで、彼がこんなに苦戦していた姿を見た事なかった(多分)けど、越前王子様、いよいよ反撃に転ずるかに見えた。

201902_5
プルシ(プランス)も負けじと思いきや・・・・・・・・

201902_6
壁に弾がめり込んだけど、ついに1P返した!!赤ちゃん(切原)も大喜び!!

201902_8
しかし、プルシは動ずるどころか、不敵な笑みを浮かべている様に見えた。と言うかまた、カミュwwwのリアクションはホント一々笑えるwww。だって、ホントにこいつが初登場した時久々に大爆笑したものwwww

201902_9
間もなく、また押され気味になっていた所にアメリカチームの面々が。一時はアメリカ代表の一員として出場するはずだったのだから、王子様もなおさら無様な姿なんて見せるわけにはいかないよね!!

201902_10
アメリカチームの中にはプルシの事を良く知っていたメンバーもいたけど、ここで王子様のツイストサーブ!!

201902_11

そして今度は光る打球!!15-0!!これに対してプルシは・・・・・・・・・

201902_12
201902_13
ここで一時他国チームの動向も描かれたけど、ドイツも強い!!ボルクに厳しく鍛えられたであろう部長(手塚)もこの平然とした態度!!そしてスパロウ(アマデウス)等を擁するスイスが次に当たる相手はアメリカ!!

201902_14
プルシも対策を講じながらも5-0で王子様の反撃ムードは変わらないかと思われた。しかし・・・・・・・・・・・

201902_15
201902_16
201902

どうやら光る打球の対策法を見出した様だけど、対する王子様もサムライの・・・・・・だからさあ、桜乃とのデート中にゲーセンで器物損壊して、謝罪も弁償もせずにトンズラこいたこいつのどこがサムライなんだよ!!wwだけど、プルシの打球が王子様の胸に直撃!!さあ勝負の行方は?部長やアメリカチームとの対戦はならないままここで終わってしまうのか?

201902_2

大坂選手も、最近やっとたまりにたまったであろう疲れを取って、新たなる伝説を作らんとしている様だけど、ついにこのコラボも・・・・・・・・ですね。まあテニプリの世界ではこの3選手皆雑魚な方でしょうけど・・・・・・・・だって、彼らは人間の姿をしたテニス星人で、我々の常識なんか全く超えているのだから。

201902_3

しかし、真に楽しみなのは来年2020年新春に公開予定らしい、新劇場版ですね。何でも、無印と新の間の空白の3か月間に起きた話を書くらしいですが、見てくださいよ、この王子様の美しいお顔と鍛え上げた上半身を!!新のカミュの出番共々楽しみで楽しみでしょうがないですよ!!全く別の意味でwww大のテニプリファンな私としては!!

今の実写映画なんか、1800円も払ってまで見てみたいと思える映画なんてカメラを止めるなぐらいで、しかし、これにしたって近々地上波放送予定らしいですが、このテニプリ新劇場版なら映画館に見に行って見てみても良いかも・・・・・・・・・昨年は連続休載した事もあった許斐剛大先生でしたが、2019年と2020年はこれまでにない新たなる伝説と栄光を築く年になるッ!!これはもう間違いありません!!その為にも今年こそは大先生ご自身が紅白歌合戦にも出演だ!!2019年はまだ始まったばかりですが、テニプリの夢は全く無限大なのです。YES!!WE CAN!!

| | トラックバック (0)

2019/01/06

台湾与党・民進党の新党主席が決定

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000043-jij-cn

台湾与党主席に卓氏

1/6(日) 19:54配信    

    

 【台北時事】台湾の与党・民進党は6日、党員投票による党首選挙を行い、行政院(内閣)秘書長だった卓栄泰氏(59)が当選した。

統一地方選挙で民進党が負けたから、総統と兼任していた蔡英文氏が責任取って辞職・・・・・・という事で選挙やったらしいけど、1978~2003年の自民党総裁同様任期は2年で1回のみ再選可能らしい。民進党主席は。しかし、2014年5月に再就任した蔡氏は2018年5月で既に任期切れだったはずですが、現職総統には再選制限は適用されないのですかね。

党主席が総裁(自民党等)または代表(旧民主党系等)に相当するのなら、秘書長が幹事長に相当するらしく、秘書長経験者が党主席や行政院長(首相に相当)に就いた例はいくつかあるだけでなく、党主席経験者が秘書長に就任した例もある様です。党主席と総統を兼務した例はあっても、党主席とまたは秘書長と行政院長を兼務した例はないみたいですが・・・・・・・・・・・最近も蔡総統は一国二制度を明確に拒否したらしいけど、このままじゃあ2020年の総統再選も厳しそうですね。しかし、尖閣領土問題も抱えているとは言え、日本と仲良く付き合える国である台湾が中国に吸収合併される事などあってはならないのですから、何とかあと1年少しで民進党には求心力を回復してほしいものです。個人的な政治思想も国民党より民進党の方が近いですし。野嶋剛氏が蓮舫氏を蔡総統に擬えた記事も目にして、これについても、いくら何でも蔡総統に失礼でしょでしたが・・・・・・・・・まあ元朝日記者らしいからさもありなんなのでしょうが・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/05

立憲民主の場合は伊勢神宮参拝よりも先にやるべき事がいくつもあると思うが・・・・・・・・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000002-ykf-soci

保守票狙い? 立民ご一行の伊勢神宮参拝が“大炎上”…左派の支持者からは「自民と同じことをするなら支持しない」

1/5(土) 16:56配信    

    

夕刊フジ

 立憲民主党枝野幸男代表は4日、伊勢神宮(三重県伊勢市)に党幹部らとそろって参拝し、その様子を同党の公式ツイッターで発信した。すると参拝に反対する立場の左派の支持者から「保守層へのアピールですか?」「自民党と同じことをするなら、支持しない」などと総スカンを食い、大炎上してしまった。

 枝野氏は、福山哲郎幹事長や蓮舫副代表、三重県連の幹部らと外宮、内宮の順に回り、今年1年の無事を祈願した。

 ただ、党内には、歴代首相が年明けに伊勢神宮を参拝することを「宗教と政治の分離原則をうたった憲法20条に反し、不適切だ」とかみつく国会議員も少なくない。

 それだけに、「国家神道が先の戦争に利用された」と主張する同党応援団は枝野氏らの参拝に違和感を覚えたようだ。

 同党の公式アカウントにはたちまち「クリスチャンとして御党を応援する立場としては、ケンカを売られた気分だ」「信仰、宗教に関わることはそれぞれの個人アカウントでツイートしたらどうですか?」などと、猛批判する書き込みであふれた。

 伊勢神宮には安倍晋三首相も同日、参拝したが、あくまで「私人」としての立場で行っているものだ。

 自民党の議員も個人として参拝し、個々に情報発信は行っても、今回の立民のように集団で参拝し、しかも、軽率にも、党としてツイッターなどで公式にアップすることまではしない。

 枝野氏らは今回のお伊勢参りで、大切な一票を失いかねない事態を招くとは、思いもしなかったのだろうか。

このニュースだけど、確かに政府・自民党が宗教をも利用して愛国心を煽って、入管法改正等強引な国会運営への不満からも目をそらさせて散々好き勝手やらない様国民は監視せねばなりません。しかし、昨年1月30日の閣議決定でも政治家の伊勢神宮参拝については「それ自体が宗教的意義を持つわけではないのだから・・・・・・」と反論した様ですが、参拝するだけでもダメならその他神社のイベントで政治家が私人としていくのもダメでしょう。年明けに初詣にいくのもダメなのですかね?もはや安倍総理が北方領土問題の解決とか経済の立て直しとか新年における「新年、国をこうしたい」な意気込みを述べても、何にも伝わるものなんて無いですが、年明けに伊勢神宮に参拝する事ぐらい何とも思いませんけどね。自分は。

この「政権応援団」夕刊フジの記事も見当違いだと言うか、別に彼らも参拝しようがしまいが、立民の支持率が上がるとも思えないし。まず蓮舫氏とか辻元氏とか福山氏とかダメな人切らない限りは保守票なんて無理、と言うか別に日本の為の政治してくれるのなら保守だろうがリベラルだろうがそんな拘らないけど、あの改正入管法を通した時点で自民だって保守政党を名乗る資格なんて全く無くなったのですから。

昨年末の茨城県議会選挙でも自分の選挙区で立候補した立民候補者は落選してしまいましたけど、例のレーザー照射問題だって「自分達がもし与党だったらこうする!!」な態度示せば支持率なんかすぐ数パーセントぐらい上がると思いますよ。まあこれでは今度の参議院選挙でも自公で過半数は維持となるだろうけど、いい加減早くマトモな野党が出てきてほしいです。渡辺喜美も最近また何か活動している?もう熊手事件で過去の人でしょ、あの人も。

| | トラックバック (0)

2019/01/04

今やすっかりダメ2世タレントの代表格だろ、花田優一って

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000102-dal-ent

花田優一 「週に3回」会う大物芸能人の娘…TVで明かす

1/4(金) 0:01配信    

    

デイリースポーツ

 元貴乃花親方こと花田光司氏と元フジテレビアナウンサー・河野景子さんの長男で、靴職人でタレントとしても活動する花田優一氏(23)が3日、フジテレビ系で放送された「キスマイ超ブサイク!? 新春SP」に出演。落語家・立川談志さんの長女でタレント・松岡ゆみこ(55)との意外な交遊を明かした。

【写真】花田優一、妹を溺愛「来世結婚したい」

 優一は松岡について「週に3回会うほど仲がいい」と説明。一方で「毎回家まで送っていくんですけど、家に入れてくれない」と悩みを明かした。

 親しくなったきっかけは、自著で談志の落語について記述していた優一が、長女の松岡に会いたいと希望し、知人を介して、母・景子さんと一緒に会ったこと。意気投合し、優一がいろんな相談を松岡にするようになったという。

 番組では松岡が夫と住む自宅を訪問。家には食器などもほとんどなく、優一を招いてもおもてなしができないことから、家には入れていないことが判明。長嶋一茂から「逆にすっごい大切にしてるかも分かんない」と家に入れない理由をフォローされると、優一は「あ~、じゃ、入っちゃって危ない関係になる可能性があるんですね」と口を滑らせ、カンニング竹山から「もう余計なこと言うの、やめよう」とツッコミを入れられていた。

そう言えば、最近「忘れないと誓った僕がいた」という映画を観て、確かに演技は下手ではないけど、彼も父も俳優である村上虹郎氏が情熱大陸に取り上げられているのを見ると、「菅田将暉とかなら分かるけど、彼ってそこまでの役者なの?つくづくレベル下がったな。」で、同じ世代なら火村英生で経験浅かったながらも難易度低いとは決して言えなかった役をこなした小野寺晃良氏とかにブレイクしてほしいと思っているのですが、まあスターダストって人材豊富ですからね・・・・・・・・・・・・・勿論、太賀氏とか工藤阿須加氏とか神田沙也加氏みたいに親の名声なんかなくても立派にやっている人もいる一方でですよ。

いやあ、映画に出演すらしていないのに映画の賞を送るとはいっぱしの芸能ウォッチャーでもあるこの私も予想だにしなかった、そんな事したって得するのはせいぜいマスゴミだけなのにだった。koki氏の事で、彼女の場合はぶっちゃけ周りがバカすぎるのであり、彼ももう前澤氏や山根氏共々テレビに出すなよ、まあ別に映画(録画視聴)とジョジョを除けばテレビ見る時間なんてせいぜい1日数十分程度なんで別に良いけど、花田優一氏も今やすっかりダメ2世タレントの代表格ですよね。

しかも番組がフジテレビ、見当はずれの事しか言わないくせにこの世の本質を一番分かっているつもりでいる平井文夫氏が解説委員やっているだけでも「お察し」と言えるのだろうし、そうやってテレビに出れば共演者はチヤホヤしてくれるし、適当に喋っているだけでサラリーマンの給料1ヶ月分をも上回るギャラ貰えるのだから確かに2週間かけて靴作るのなんてバカバカしく感じるのも無理ないのだろうね。でも、それならそれでもう一切靴作りとは縁を切るとかハッキリ宣言して、落書きもされてしまったらしい靴工房も廃業した上で出れば良いのに。だって靴職人って、若い頃から始めても40代に入ってやっと認められるほど熟練を要する仕事なんでしょ?

昨年末にたまたま目にした、某特番での火垂るの墓をネタにしたコントも笑えねーよ、以前過去エントリーで言及したら、私がワンピースにどちらかと言えば否定的なのを良く思っていない連中に某巨大掲示板で叩かれた(批判されるのはしょうがないけど、「荒木飛呂彦が同じ事やったら絶賛するくせに」は聞き捨てならなかったと言うか、心外だった。尾田氏は呆れた「だけ」だったけど、荒木先生だったらマジで幻滅するよ。いくら作者の人間性と作品の出来なんか必ずしも関係ないとはいえ)けど、89巻の横井軍曹よりも全然酷い。花田氏や前澤氏の外に瀬戸内寂聴氏(いや、90過ぎても元気なのは結構な事だけど、人間なかなか悟りは開けないんだなあと)の事も最近持て囃していたけど、ホントテレビって愚民製造マシンだと言うか、NHK19時のニュースですら見るのがバカバカしく感じる。今年2019年も株が下がったり、ワンピースの尾田氏の故郷でもある熊本で地震が起きたりと波乱を思わせる幕開けとなったけど、今年もテレビを積極的に見る事は無いでしょうね。もはやギャオとyou tubeがテレビ代わりになっているし。

| | トラックバック (0)

2019/01/03

第5共和政以降のフランスの首相達

もうすぐで平成も終わるという事で、女性セブンでは平成の短命総理ランキングが載っていた様です。30年で延べ17人(安倍現総理は再就任したので、実際は16人)だから平均で1年9か月です。安倍現総理を除けば1年半ですが、交代が頻発していましたね。しかし、第4共和政のフランスなんかもっとひどく、1871~1959年の88年間で延べ113人も首相が誕生している。1年も持たなかったのです。この時期、大統領は儀礼的な権限しか持たず、中には大統領を退任してから首相になった人もいましたが、これではいかんという事で、ドゴールが第5共和政憲法を成立させて、大統領の権限を大きく強化したのですが、第5共和政以降60年で延べ22人首相が登場したから平均在任期間は3年弱と大きく改善されました。

この第5共和政以降の歴代首相の就任前の主に歴任した要職を見ると、概ね閣僚経験はそれなりに豊富です。ピエール・モーノワは社会党が初めて政権与党になった時(大統領も同じ社会党のミッテランが就任)の首相だったので、閣僚経験はなかったけど、リール市長を務めていて、在任時も兼任していたらしい。近年公職兼務制限が大きく制限される様になって、その所為で2017年国民議会選挙では200人以上も立候補を辞退した現職議員が登場する異常事態も発生して、これが共和国前進大勝の大きな原因となったらしいけど、フランスは国会議員と地方議員や市長、共同体議長等地方公職の兼任が可能で、国民議会議員も元老院議員も兼職者の方が多数派だったらしい。日本も、戦前は兼職可能で、尾崎行雄(東京市長)や鳩山一郎、浅沼稲次郎(以上東京市議会議員)等戦後まで活動した大物政治家達達が何人か兼任していたけど、首相を辞めた後も党第一書記や元老院議員等と兼任して2001年まで28年も務めていたらしいです。

首相を退任してからまた閣僚として起用された例もそんな珍しくない様ですね。中には退任してからの方が経験を重ねた人や、首相就任前後で国民議会議長を務めた人もいましたが、まあヨーロッパには年功序列なんてないだろうし、またフランスは国会議員と首相を含む閣僚の兼任はダメらしい。歴代首相が概ね比較的閣僚経験が豊富なのも、そういう兼任禁止規定と全く無関係でもないのかもしれないですね。ただ、マクロン政権も支持率下がってきていて、やはり経験不足な感が否めないですが、エドゥアール・フィリップ現首相もル・アーヴル市長は7年間務めた(2012~17年は国民議会議員と兼任)けど、閣僚経験はなくて、年齢もまだ48歳と若い様だ。彼自身は共和国前進ではなく、かっての保守政党、国民運動連合の流れをくむ野党の共和党の党員で、マクロン政権の中では高い評価がされている様だけど、果たしてこの難局をどう乗り切るのか?将来の大統領就任はなるのか?現状ではパリ五輪時にマクロン氏が大統領でいられる可能性は低いと思われますが、要注目ではありますね。

| | トラックバック (0)

2019/01/02

KOF98の改造版?「THE KING OF FIGHTERS'98 Anniversary Edition 」

https://www.youtube.com/watch?v=ArETQ99xhB8

もう知っている人は知っているだろうけど、「THE KING OF FIGHTERS 98 Anniversary Edition」というゲームのコンボ動画です。おそらく改造版だけど、ADVとEXの外にSPもあるみたいですね。98UMみたいにそれぞれのシステムを選択・カスタマイズできるやつなのですかね?98ベースながらも2002のどこでもキャンセルみたいなのも出来る様だけど、コンボ補正も比較的厳しく設定されていて、バランスは取れてますね。暴走庵みたいに酷いコンボあるキャラもいますが・・・・・・・・・・・登場キャラも98UMで新たに参戦したキャラもしっかりいるみたいですが、クラウザーはプロレスをモチーフとした96での没技も超必殺技として実装されている様です。ぶっちゃけダサいんでしなくても良かったですが・・・・・・・個人的には・・・・・・・ギガンティックサイクロンも実装されているけど、他にもデッドエンドスクリーマーとか投げ技系の超必殺技はダウンしている相手もつかめる特殊判定がある様ですね。

オメガルガール、95の半裸バージョンだけでなく、98バージョンも存在する様であるALL STARもオロチ編ベースな様だし、オロチ編を中心としたシリーズの根強い人気が伺えますが、まあ多分プレイする事は無いだろうけど、某所で最近SNKヒロインズをレビューしていた人がいたんで、そっちの方はプレイしてみたいですね。まあその前にいい加減ロックマン11を進めなければいけないのですが、もう年末年始休みも残りあと4日ですし・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2019/01/01

2019年最初の吃驚ニュース?ワンピースがついに(?)日本でも実写化!!(※1/6追記あり)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00000122-spnannex-ent

ワンピース IndeedのCMで実写化!ルフィに斎藤工、ナミに泉里香、サンジに窪塚洋介ら

2018/12/31(月) 22:00配信    

    

スポニチアネックス

 世界ナンバーワン求人検索エンジン「Indeed(インディード)」の日本法人「Indeed Japan」(東京都港区)が人気漫画「ONE PIECE」とコラボレーションCMを制作。12月31日からオンエアが始まった。米ハリウッドで連続ドラマ化されるのに先駆けて(?)実写化。ルフィ役に斎藤工(37)、ナミ役に泉里香(30)、ウソップ役に千鳥・大悟(38)、ゾロ役に池内博之(42)、サンジ役に窪塚洋介(39)が起用された。

【写真】セクシー!ナミ役に扮し、抜群のスタイルを披露した泉里香

 好きな仕事を自由なキーワードで検索できる「Indeed」と登場キャラクターたちが自分の“好きな仕事”で活躍する「ONE PIECE」の思いが一致し、コラボCMが実現。「麦わらの一味募集」篇(「キャンペーン中」篇と「条件」篇の全2篇)は「仕事探しはIndeed」というおなじみのメロディーに乗り、「ONE PIECE」のキャラクターが岸壁上に現れる。原作のイメージを忠実に再現し、リアルな麦わらの一味を追求しつつも、「Indeed」らしくクスッと笑える新CMに仕上がった。

 精悍な顔つきのルフィ(斎藤)、見る者の心を奪うかのようなセクシーな表情のナミ(泉)、自信満々の笑みを浮かべるゾロ(池内)、ユニークな渦巻き型の眉毛が印象的なサンジ(窪塚)、チューリップハットの縁よりも長い鼻を強調するかのようなアングルのウソップ(大悟)。ルフィ「未経験OK」、ウソップ「学歴問わず」、サンジ「まかない有り」、ゾロ「髪型自由」、ナミ「完全歩合制」と麦わらの一味たちからメッセージが送られる。

 ルフィ役の斎藤は「過去最大規模の撮影でした!Indeedは色々な職業やイベントとコラボレーションすることでスケールアップをしてきましたが、今回、(世界的に知名度の高い)ONE PIECEと結びついたことで、一つの“頂”に達したと思います!」と一味を代表してコメントした。

 ハリウッド連続ドラマ化は昨年7月、週刊少年ジャンプ(集英社)連載20周年の記念会見で中野博之編集長が明かした。同作の実写化は初。米国以外で放送される地域や時期、配役などは「ノーコメント」した。

 集英社によると、世界的米人気ドラマ「プリズン・ブレイク」のプロデューサー、マーティ・アデルスタイン氏が指揮を執り、同氏が率いる「TOMORROW STUDIOS」が制作。漫画の原作者・尾田栄一郎氏は「紆余(うよ)曲折あり、良いパートナーに出会えた」とコメントを寄せた。

 その後、キャスティングなどの発表はなく、今回のCMが一足早い(?)実写化となった。











新年あけましておめでとうございます。今月下旬で早いものでこのブログを始めて10年になりますが、今年もよろしくお願いします。

さて、今年一番聞いてちょっと吃驚したニュースでしたが・・・・・・・・・昨夏、例の89巻の横井軍曹事件について取り上げたら某巨大掲示板で叩かれてしまいました(苦笑)が、ワンピースがインディードのCMで実写化ですか・・・・・・・・・・・・

まあ歌舞伎にもなったし、海外ドラマ化も決定したし、凄い衝撃的だったとまではいかなかったけど、失礼ながら年齢の高いキャスティングですな。ナミは胸デカくてスタイルも良いけど、失礼ながらあまり可愛くないし、ゾロはちょっと太りすぎだし、ウソップにいたっては「お前誰だよ?」だった。(苦笑)サンジが一番原作のイメージに近いですかね。ルフィも、斎藤工氏は実年齢より若く見えて、実際三浦春馬氏が主演の某難病ものドラマでも、三浦氏と歳が離れているにも関わらず大学の先輩役で出演されてましたけど、さすがに10代と自称するのは苦しいでしょう。

まあ総じて完成度は100点満点なら60か65点ぐらいですかね。同じWJの3本柱は、ブリーチは実際見てみたらやはりちょっと微妙だったけど、実写映画化されたし、ナルトもハリウッドでの実写映画化が進行しているらしい。ワンピースは前述通りだけど、まあCMの範囲でならシリーズ化しても良いんじゃないですか。実写版。今年で連載22周年を迎えて、もう最近はアニメシリーズは度々目にしても原作は全然読んでないですが、シリーズ展開はどうなっていく事やら・・・・・・・・・・・・

(以下1月6日追記)

http://www.officiallyjd.com/archives/782080/

毒女ニュースでの、泉里香氏がナミに扮した事についての記事です。整形&豊胸したかどうかについても、豊胸はもしかしてこの実写CMに合わせたのか?だけど、それよりも確かに化粧濃かったですよね。だからぱっと見であまり可愛くないと感じたのかもしれない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161946711/

いずれにせよ、ファンの方々の思い入れを理解できないわけでもなければバカにするわけでもないけど、この米津玄師スゲー記事共々ファンの人達の絶賛は過剰に感じられて、正直違和感を隠せないです。ワンピース実写CMについて言えば、斎藤氏らに失礼だけど、そもそも役者陣の年齢高すぎるでしょうよ。個人的な好悪抜きにしても、そこまでスゲー絶賛するほどまでとは思えないです。まあ私はマスコミ大嫌いなんで、ファンの人達がどうのこうのよりもまずそんな大嫌いで全く信用できない人達が押しているからそういう違和感があるのでしょうが・・・・・・・・・・・・もうniftyニュースはサイゾー・アサジョ・毎日実話・リアルライブ、そしてこのしらべぇの記事を取り上げるのは止めろよ、いい加減もうちょっとレベル選べよですが、今年はアニメ20周年を迎えるワンピースはこれからも果たして・・・・・・・・・・確かに某所である人が言っていた通り、原作全て把握できている人達どれぐらいいるのだろうね?ですが・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »