« ジョジョ黄金の風第9話-「早速下された指令!!そして早速ナランチャに襲い掛かってきた『新手のスタンド使い』!!」 | トップページ | 新テニスの王子様第251・252・253話-「越前王子様絶体絶命の大ピンチ!?女を巡る王子様同士の熱きバトル!!」 »

2018/12/02

イタリアキリスト教民主主義の首相、党首、書記長について

早いもので来年1月で10周年を迎えるこのブログは出来るだけ土日祝日は更新するつもりですが、今回はこの話ですね。何の話かと言うと、最近イタリアキリスト教民主主義(以降DCと表記)を中心とした戦後のイタリア政治史にも興味を持っていて、中公新書の「イタリア現代史」という本も買って、ざっと読んでみたのですが、冷戦終結直後までずっと政権与党で、保守~穏健なリベラル・左派まで幅広い考えの人達が集まっていて、首相交代が頻繁で、最後は汚職等の腐敗から与党の座を失う・・・・・・・と55年体制時の自民党と似ていました。違っていたのは選挙制度の違い故にDCは単独過半数の議席を得ていたのはごく一時期で、最大野党・共産党との勢力差は自民と社会よりは小さくて、殆ど他の政党と連立政権と組んでいた事と、政党自体が無くなってしまった事とかですが、それだけではなく・・・・・・・・

自民の場合は党のトップを選出する総裁選挙は事実上の首相選挙ですが、DCは書記長が党のトップかと思いきや、さらに別にPRESIDENTE DELLA DEMOCRAGIA CRISTIANAという役職が存在したのです。キリスト教民主主義党首と訳して差し支えないだろうけど、それぞれ歴代の面々を見たら、首相在任期間は吉田茂とほぼ重なっていたアルチーデ・デ・ガスペリは殆ど党首と首相を兼任していたけど、他は党首も書記長も首相と兼任した事がある人はそれぞれ数人しかいなくて、しかもごく短期です。

DCの党首、書記長はそれぞれ自民の総裁、幹事長に相当するのだろうけど、自民は総裁の後幹事長になったのは谷垣禎一氏しかいないのに対し、DCはもっと例があった様です。また党首は、5代目のベニグノ・ザッカグニーニまでは1期3年だったのが、6代目のアミントレ・ファンファーニが元老院議長に就任するためにすぐ辞任した後はしばらく1期2年に短縮されて、9代目のアルラルド・フォルラーニからは1期3年で連続3選まで(首相も兼ねたが、8ヶ月で辞任し、数年後に副首相としばらく兼任し、退任後は今度は16年ぶりに書記長に就任する)に戻った・・・・・・・・・

と思われると思っていたら、この党首はPRESIDENTE DEL CONSIGLIO NAGIONALEとも表記される様なのです。直訳すれば国民議会会長となります。日本でも例えば自民の場合は橋本聖子氏が参議院議員会長を務めていますが、日本に当てはめれば、実際は存在しませんが、参議院だけでなく衆参両院における国会活動を取り仕切る役職という事になるのか?と思いきや、それも権限の一つなのだろうけど、CONSIGLOは会議とも訳す事が出来て、国民会議議長と訳するのがより適当な気がします。、つまり、党会議(党大会)時に議長として取りし切る役職だった様です。ただ、何年に1度と厳密に決まっていたわけでもなかったらしいですが、次の党会議(党大会)開催を待たない交代も見られた様です。

要するに、党会議議長は議会における元老・代議両院での国会活動の統括(実際また、日本の参議院とは違い元老院も必ず代議院と同時に解散する)及び2~4年に1度開催される党会議の議長、党書記長は日常的な党務の統括が主な権限(日本の政党の幹事長にそのまま相当すると見て良いだろう)で、首相と明確な権力分担がなされていたのでしょうね。前述通り首相と党会議議長または党書記長が同一人物だった時期はガスペリ政権期を除けばごく短期に過ぎず、またいくつも派閥もあったのもDCと自民は似ていて、党議会議長・党書記長・首相がそれぞれどの派閥に所属していたかまでは知りませんが、今後時間あらば色々調べてみたいと思います。

|

« ジョジョ黄金の風第9話-「早速下された指令!!そして早速ナランチャに襲い掛かってきた『新手のスタンド使い』!!」 | トップページ | 新テニスの王子様第251・252・253話-「越前王子様絶体絶命の大ピンチ!?女を巡る王子様同士の熱きバトル!!」 »

歴史」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/74704012

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアキリスト教民主主義の首相、党首、書記長について:

« ジョジョ黄金の風第9話-「早速下された指令!!そして早速ナランチャに襲い掛かってきた『新手のスタンド使い』!!」 | トップページ | 新テニスの王子様第251・252・253話-「越前王子様絶体絶命の大ピンチ!?女を巡る王子様同士の熱きバトル!!」 »