« ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 | トップページ | ジョジョ黄金の風第11話-「ナランチャとホルマジオ、ぶつかり合う執念!!しかし、それはまだ序章だった・・・・・・・」 »

2018/12/11

だから茨城県議会でも依然一強多弱状態なんだろう

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000094-jij-pol

河野氏は外相失格=「トランプ氏よりひどい」―立憲幹部

12/11(火) 17:43配信    

 立憲民主党辻元清美国対委員長は11日、河野太郎外相が北方領土交渉に関する記者の質問を立て続けに無視したことについて「トランプ米大統領よりひどい。情報公開の姿勢にも、誠実さにも欠ける。外相失格だ」と厳しく批判した。

 国会内で記者団の質問に答えた。

 辻元氏は、河野氏が与党議員として政府に情報公開を求めてきたことに触れ、「言っていることとやっていることが違う。安倍政権に染まるとこうなってしまうのか」と酷評。「よほどロシアとの交渉が厳しいものになっているのではないか」との見方も示した。 

たまたま外相会談だった日が誕生日だからと言って、ケーキプレゼントとかご機嫌取りしたのもぶっちゃけ阿保だろだったけど、そんなご機嫌取りなんかしたって絶対北方領土なんて帰ってこない。「これだったら日本に帰さなくて良いや。」と尚更思うだけで、実際「第二次世界大戦の結果を日本が認めないと話し合わない。」なんて言われてしまった有様だ。

ロシア人も中国人と同じ。変にご機嫌取りするのではなく、言うべき所ではガツンと言わないと駄目なのにそうじゃないからこうなってしまった。勿論、「反論してもマスコミに歪曲されるからだ。」とか色々擁護する人にも言い分はあるでしょう。でも、どうして韓国に対してのと同じ様な態度が取れないんだ?と言うか、この人を高評価している人も多いけど、個人的には河野談話(これも東南アジアや中国とかでは証拠はあっても、朝鮮半島には無かった慰安婦強制性を認めてしまったのはやはり褒められる事ではなかったけど)よりも小選挙区制度導入に同意してしまった事の方が汚点な親父とは別の性質でダメです。この河野外務大臣は。

と言うかまた、ついに事実上の移民受け入れ政策も始まる様で、人手不足だとか言うけど、人手不足だからこそ、先進国では最低レベルな日本企業の生産性を高める努力をして、企業の内部留保ももっと従業員に還元する為に給与をなるべく上げていって、非正規雇用も出来るだけ正規雇用に切り替えて、お金を回していかなければいけないんですよ。でも、どうして安倍政権・自民党も、選挙で直接国民に選ばれたわけでもない経団連も先見の明と全く無縁のだろうですが、彼らがやってる事、またはやろうとしている事は逆だものね。

安倍政権・自民党はリベラル?中道左派?最近ネットでよくこんなドヤ顔で言っている人達見かけますけど、リベラルか保守かなんてちゃんと国の為に政治やってくれるのならどっちでも良いです。ホントにそうならば、道徳の教科化とか推進しようなんて考えないと思いますが、自民が中道左派なら、私なんかバリバリ左派(日本版ポリティカルコンパスでは政治が中道、経済が左派判定で、本場ポリティカルコンパスではどちらも中道左派判定でしたが)ですね。

焦点がズレているのだけど、下手すれば今後国民が半永久的にそのツケを払う羽目になる可能性もあるのに、ネトウヨ(私のネトウヨの定義は「国家と自身を同一視過ぎるあまり、時には自分の都合の良い様に事実を歪曲かスルー、またがデマを飛ばしてまで近隣諸国を含む自分達の気に入らない連中へのヘイトスピーチ等に血道を挙げたりと却って日本人の品位をも貶めている歪んだ愛国心を持つ人たち」ですが)も含む保守を自認する人達のブログをいくつか見ていると、これが実際左派政党が政権取って同じ事したら発狂するだろうに、思ったほど厳しく咎めない人達が多い印象を受けます。あくまで印象論に過ぎないかもしれないし、実際私が何回か話した事のある、「保守だけど、安倍は支持しない」あるブロガーは批判していましたが、ホントに「美しい国」日本を心から愛している筈の保守やネトウヨの人達こそが最も怒るべきなんですよ?(以前彼について言及したら某所で叩かれてしまったけど、「安倍応援団」の1人でもあるインティ・クリエイツの會津卓也社長もどう思っているのだろうか?)この入管法の改正については。しかし、制度も煮詰めてないで、会期ありきで結局・・・・・・・・・であり、昨秋の衆議院選挙で比例ではしょうがなく自民に票を入れたのも、同じ右寄りだけど、もっとダメな希望の党の躍進を阻止する為だったのに過ぎなかったけど、こんな有様じゃ猶更自民には憲法改正なんてさせるわけにはいかない。改正の必要性自体は否定しないけど、たとえホントに押しつけでもこれなら9条も護った方が良いです。そうも改めて強く断言できる。

しかし、また河野外相の話に戻るけど、トランプ大統領も引き合いに出して人格攻撃するのはダメでしょ・・・・・・・・辻元氏や山尾氏、蓮舫氏も他人の事言う前に自身の疑惑等についてしっかり禊を済ませたのですか?だけど、おたくらが政権与党だった時に閣僚だった人も、例えば赤松氏なんかあの宮崎口蹄疫騒動では対応を宮崎県に押し付けた等杜撰だったではないですか。

でもそんな人でも衆議院副議長になれるのだから野党もホント人がいないんだなあと言うか、先日茨城県議会選挙が実施されて、私の住む県内某所の選挙区でも立憲民主擁立者が立候補してました。私よりも若い、まだ20代後半で東日本大震災が起きた直後に就職活動する事になった某ブロガーが「民主党の酷い有様を見てきたから、右左に関係なく、僕は民主党系の候補者には目の黒いうちは絶対票を入れません。」と言っていたのを目にした事もあって、その後再検索してもなかなか見つからないからブックマークしておけば良かったと後悔しているのですが、私も彼には入れないで正解だったわと改めて思いました。何としてでも、自分の地元の選挙区で自公が独占するのは避けたかったので、他の異色の経歴を持った某候補も悪い人ではない、真面目に県政に取り組んでくれそうな人なのは分かりながらも結局共産党の某候補者に票を入れました。あっ、ここまで言ったら私がどこに住んでいるかもう分かっちゃうかな?

共産党ほどは少なくとも政治では左ではなく、あくまで自民の暴走に歯止めをかける役割ぐらいはできるだろうのニュアンスで共産党に票を入れる事が多いのですが、結果は周知の通りです。自民は公示時の40と比べて34と減らしはしましたが、定数は62だからこれでも単独過半数は維持だし、17人当選した無所属の内、10人ぐらいは追加公認するのだろうから結局は選挙前と勢力は変わらない。国政同様一強多弱な有様です。統一地方選の前哨戦とも言えたのに私にとっては残念な結果となってしまいました。しかし、そうなってしまうのしょうがないのだろうと、この辻元氏の河野外相攻撃も見ても改めて思いました。来夏の参議院選挙も、茨城選挙区は自民と国民民主の2人が改選となりますが、小林よしのり氏にもアイヌへのヘイトスピーチとかデマ飛ばして喧嘩売っちゃったし、息子が古河市選挙区から出馬して2位当選した中村喜四郎氏も所属していた無所属の会も解散して、行きたい人が個別に立憲民主に合流する見込みな様では2019年参議院議員選挙でも、自民も当然だけど、民主系には票は入れられないです。2007年は右傾化していた自民にお灸をすえる意味で民主に票入れて、その後2010・2013・2016年と続けて共産党に票入れたけど、来年もそうするでしょうね。いや、何で共産党が支持されないか私も分かっているつもりですよ。最初は日本国憲法に反対していたくせに、何の納得いく説明もないまま護憲に転向したのもズルいとは思いますよ。しかし・・・・・・・・・・・・・・

残念ながらこの先日本の衰退は進むでしょう。しかし、たとえホントにそうなるとしても、国民一人一人幸福に生きる権利はあります。当然ネトウヨにもです。戦前・戦中の日本美化には断じて反対だけど、周辺諸国には言うべき事は言って、日米同盟は維持しつつ、地位協定の見直しに取り組み、経済政策では少しずつでも富の再配分を行い、多少の経済成長を犠牲にしてでも格差是正を行うETC・・・・・・・・・・・・・・・周辺諸国がアレな国ばかりだから確かに国防も大事だけど、第一に特に金持ちではない普通の日本国民の生活の為の政治(そういう意味では、西側諸国からは悪者扱いされていて、言論の自由が無かった等確かに息苦しい面もあっただろうけど、リビアのカダフィ政権なんかはかなり理想的だった)をしてくれる政党が誕生してほしいです。そういう政治をしてくれるのなら右だろうが左だろうが必ずしも固執しませんが・・・・・・・・・・

|

« ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 | トップページ | ジョジョ黄金の風第11話-「ナランチャとホルマジオ、ぶつかり合う執念!!しかし、それはまだ序章だった・・・・・・・」 »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから茨城県議会でも依然一強多弱状態なんだろう:

« ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 | トップページ | ジョジョ黄金の風第11話-「ナランチャとホルマジオ、ぶつかり合う執念!!しかし、それはまだ序章だった・・・・・・・」 »