« 丸を獲得するのは良いが、巨人は過去の失敗から学んでいるのか? | トップページ | ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 »

2018/12/08

ジョジョ黄金の風第10話-「早くも皆大集合!?ナランチャとホルマジオの鬼ごっこ!!」

10
10_2
10_3
10_4
10_5

合間のウルトラジャンプのCM、ずっとブチャラティがナレーション担当だったのが、アバッキオに漸く変わったけど、前回から引き続きナランチャ対ホルマジオの戦いです。

後者のスタンドはリトルフィートと言って、ドンドン相手の身体を小さくする能力な様で、自身の身体も小さくする事が出来て、隠れていたかと思いきや、何故かナランチャには自分の位置が分かっている様である?

思ったよりも・・・・・・だったホルマジオの過去回想が挿入されてもいたけど、いきなり暗殺チーム全員登場しちゃってました。良いのか・・・・・・・・・・その中でもやはりホルマジオが最初の刺客にして、今回の中心人物だから具体的に相手をどう暗殺していたのかも描かれていたけど、いやあ死に方が惨い・・・・・・・・・・・

勿論原作でも描かれていた、ボスの正体を探るタブーを犯したソルベ&ジェラートの悲劇についても触れられていたけど、こちらも原作以上に描写が残虐で、何故そうしたタブーを犯そうとしたのか、組織的な観点から丁寧な説明がなされていました。日産のゴーン前会長が逮捕となってしまったのも同じだったのだろうけど、大川透氏のナレーション、テンション低いですね。病み上がりでまだ体調は万全ではないのか・・・・・・・・まだ病気療養中とされていた八奈見乗児氏は、戸田恵子氏のブログによれば、元気になられたらしいけど・・・・・・・・

声優と言えばまた、ギアッチョ役は岡本信彦氏で、この人ホントよくジャンプ系漫画が原作のアニメに出ているわで、今回彼の出番は展開上少なかったけど、ミスタはミスキャストだとも改めて思いました。もっと声が低く、野性味も感じられるはずが高く、お坊ちゃん系で若さが無いですね。今までのジョジョTVアニメシリーズでは杉田智和氏の次にキャラのイメージと合ってないです。

まあ声優の話はここまでにして、ホルマジオも待遇への不満だけでなく、そういう悲劇を目の当たりにしたからなおさらボスの正体を突き止めるのに必死なのは当然だったわけです。エアロスミスが呼吸で相手の位置を探知する事を理解して、排水溝に多数潜んでいたネズミに乗って逃げようとするも、いくら自身も小さくなっていたとはいえ、ゾウとかと比べるまでもなくちっちゃいのだから負担にならない筈もない。呼吸も大きくなってしまったせいで特定されて、今度こそ・・・・・・・と思いきや、ナランチャ自身もどんどん小さくなっていて、当然エアロスミスの攻撃力も落ちたからあと少しの所で仕留めそこなってしまった。ナランチャとホルマジオ、最後はどちらの執念が勝つのか?

3クールだとすれば、今回の話でもう4分の1以上終わって、5部は単行本47巻途中から63巻までですが、今大体51巻途中まで進んだ所です。ほぼペース通りに進んでいますが一番の注目ポイントはやはり暗殺チームが全員姿を現した事ですね。特にプロシュートとペッシはこの頃から相変わらず・・・・・・・でもありましたが・・・・・・・・・

|

« 丸を獲得するのは良いが、巨人は過去の失敗から学んでいるのか? | トップページ | ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 »

ジョジョ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョジョ黄金の風第10話-「早くも皆大集合!?ナランチャとホルマジオの鬼ごっこ!!」:

« 丸を獲得するのは良いが、巨人は過去の失敗から学んでいるのか? | トップページ | ダーリンインザフランキス12/9(第35話)感想-「イチゴよ待っていろ!!大事な人を救うゴローの想い!!」 »