« 百人一首の歌人達(24)-15番光孝天皇後編 | トップページ | 埼玉・群馬・栃木県境等訪問記及び栃木県道252・160・173各号旧道走行記(前編) »

2018/09/21

石破茂もマスゴミも勝敗が変わるわけではないのに見苦しい!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000640-san-pol

自民党総裁選 石破茂元幹事長、麻生太郎氏に反論「善戦でないというのは党員の気持ちとずれている」

9/21(金) 20:02配信    

    

産経新聞

 自民党石破茂元幹事長は21日、麻生太郎副総理兼財務相が石破氏の総裁選での得票をめぐり「どこが善戦なんだ」と発言したことを受けて、「党員の45%が(自分を)支持したのはすごいことだ。『善戦ではない』というのは党員の気持ちとずれが起きているのではないか」と反論した。都内で記者団に語った。

 石破氏は「純粋に党のため日本のためを思ってくれる人が半数近くいる。現れた結果を冷静に謙虚に見る姿勢は常に問われることだ」と麻生氏を皮肉った。

http://blogos.com/article/326526/

朝日とかマスゴミはホントは戦う前から結果が見えていると分かっていても、実際現実を目の当たりにしたら悔しいのか、石破氏の善戦を強調していて、石破茂氏ご本人も新潟県知事選挙での野党連中共々何故か(?)その成果等を誇っていた様ですが・・・・・・・・

このblogosの記事コメント欄でもどうして地方票は石破氏も多く得た(約45%)のか分析していた人もいたけど、善戦ねえ・・・・・・・・まあ正直200前後ぐらいじゃないかと私も石破氏の得票数を予想していたけど、戦前の予想を上回ったという意味ではそうかもしれない。でも、6年前と比べたらどうです?国会議員票も地方票も減らしているではないですか。でもマスゴミはそういう自分達に都合の悪い事実はスルーして、特に朝日や毎日なんかどー見ても特に国防観なんか石破氏と相容れる立場じゃない(歴史認識では近いかもしれないけど、「韓国に許してもらえるまで慰安婦問題も謝らなければいけない」は、さすがに特にその歴史認識分野では左寄りな私も同意できない。現実問題、相手は反日じゃないとやっていけない国または国民なのに石破氏も是枝裕和氏も分かってない!!)のに必死こいて大本営発表している。そういう連中なのだとかもう分かり切ってはいるけど、ズルいよな~こいつらって。

ここで、1972年以降自民党総裁選は立候補制になった(1970年以前は選挙活動していない人に票を入れても有効と見做されたらしい)けど、それ以降も通算回以上立候補した人の戦績を見てみます。(数字は個人得票数/全有効投票数及び個人得票数の全有効得票数に占める割合、他に候補者がいなかった例は除く。太字表記は当選)

三木武夫

1968年 107/452(23.67)
1970年 111/464(23.92)
1972年 69/476(14.50)

小泉純一郎

1995年 87/391(22.25)
1998年 84/411(20.44)
2001年 298/484(61.57)
2003年 399/597(66.83※現職総裁)


麻生太郎

2001年 31/484(6.40)
2006年 136/702(19.37)
2007年 197/527(37.38)
2008年 351/525(66.85)

石破茂

2008年 25/525(4.76)
2012年 199/497(40.04)→決戦89/197(45.18)
2018年 254/807(31.47)

(参考)藤山愛一郎

1960年 49/497(9.86)
1964年 72/475(15.16)
1966年 89/448(19.87)

※上記年以外にも若干数の票が入った年有り

石破氏は他の3人と比べると2回目の挑戦時点で得票率を上回っていた。この時他に立候補者が4人もいたから、立候補者が2人か3人ならこの時点で総理になれたかもしれない。しかし、決選投票では逆転されて、今回の3回目の挑戦では一騎打ちだったにも関わらず(?)得票数を減らしているではないですか。小泉氏や麻生氏は3度目の挑戦で得票率を数倍増やして、前者は当選、後者も次の4度目の正直で当選したけど、どこが善戦なんですか。石破氏以上に下馬評では不利とされた3度目の挑戦時点(2007年)での麻生氏よりも得票率が低かったではないですか。しかも、3/4近くもウエイトがあった国会議員票でも福田康夫氏の半分強票を得た麻生氏に対し、石破氏は2割そこそこに過ぎなかった。ヤフコメでは「安倍に追従する国会議員より地方の声を反映する地方議員の声を重視すべきだ。」という様なコメント(うろ覚え)も見られて、確かに2012年よりは減らしたとはいえ、まあ「地方票限定では」4割強は票取れたのだから、来月初めに内閣改造するにしても全く無視する事も出来ないだろうけど、党の体質(勿論問題ないとは決して思わないが)と勝敗の内容はまた別な気もするのですが・・・・・・・・・

負けは負けでも堂々と胸張れるような負けだとはとてもじゃないけど、思えないのですが、何と言っても石破氏その人の、立候補以降の言動だね。最近のエントリーでも、abemaTVに出演した時の言動とか突っ込ませてもらったけど、それ以降も別に選挙で選ばれたわけでもない奥さんの出来不出来なんか夫の政治家としての能力とは必ずしも関係ないのに奥さんも必要以上に出しゃばらせたり、万引き家族の大ヒット(これ自体は未見だから何とも言えないけど、是枝氏の作品も出来不出来の差大きいからなあ~前述した発言も、繰り返し言う通り決して同意できないけど)や亡くなられたばかりの樹木希林氏にも便乗して、広岡達朗氏風に言えば「これはウケ狙いですよ」なくだらない、見え透いたパフォーマンスに走ったのも正直普通に印象悪かった。もう読んでて頭痛くなってくるから、某サヨクツイッター達のツイート共々最近目にしてないけど、他にも加藤剛氏とかそういう亡くなられたばかりの有名人ももう病気レベルな安倍叩き等自分達の独り善がりで、偏った思想を押し付けるリテラとかと何が違うのですか?だったもの!!(加藤氏については、生前特に安保法制について安倍政権を批判した事あったから、「もしかしたら・・・・・」と思っていたら、やっぱりでしたが、リテラーのライター連中は大岡越前とか絶対見た事なんかないだろ!!見たとしてもチャップリン氏の独裁者をレビューしていた某反安倍病患者同様安倍叩きに利用するだけだろうし)

そしてマスゴミも、333人の安倍総理を支持するはずだった国会議員の内、「食い逃げ」造反した4人が誰かなんてのもどーでも良いよ、あまりこういう言葉好きじゃないけど、それで冷や飯食わされたとしても自己責任でしょだけど・・・・・・・・・・・あの斎藤農相への圧力発言の件もそんな実名も出せないほど怖い人に言われたのか?何かすごい弱みでも握られているのか?ですが、そう言えば秋葉原での街頭演説でも2007年総裁選に出馬した時の経験も交えて、その冷や飯でも美味しく食う方法があるとも力説しながら、名指しを避けつつその覚悟の無さを批判した麻生副総理がちょっとそんなマスゴミの大本営発表に異を唱えただけでもこの噛みつき様だ。勝負がついたこの後にも及んで。

石破氏が勝手に擬えてもいたらしい三木氏だって椎名裁定にならなければ総理就任は無理だっただろであり、麻生氏も確かに「これは擁護無理」な発言もいくつもあるけど、あなたは6年前もう少しで総理になれる所まで来たのが、ちゃんと批判の受け皿があれば、その一強体制なんかすぐ崩れる程度に過ぎない安倍総理に惨敗したんだよ?トータルでは。どうしてそうなったのかほんの一瞬でも考えた事あるのですか?あなたは?

そりゃ例えば私みたいにジョジョ4部の露伴先生がTVアニメ版でも「だが断る」の名台詞を披露したのをちょっと喜んだだけで頭おかしい人認定されたり、荒木飛呂彦氏が例の横井軍曹事件での尾田栄一郎氏と同じ事やったら絶賛するだろう(尾田氏は呆れた「だけ」だったけど、荒木氏が同じ事やったらマジで幻滅する。だってまた、最近ジョジョ8部だって正直「微妙」だし、今度の5部アニメも小野賢章氏が主演なのもどうなのかなあ・・・・・だし)とかいい加減な憶測言われたのなら反論したくなるのも分かる。その一方で、ロックマンシリーズについて今まで散々好き勝手言ってきた事等については批判されてもしょうがないとも思うけど、私についてはこれぐらいにしておいて・・・・・・・・「左翼が3割切った歴史無い」や「武装難民」発言もそうだったけど、麻生氏はマスゴミに、時には言葉の一部を切り取りされて叩かれてでも危機意識を持たせてくれているんだよ?裏切ったあなたに対してもだよ。

シャーマンキングのハオ風に言えば「ちっちぇぇな」であり、長くなっているけど、「どうせ最初から勝敗は見えているだろ」と半ば無関心だったこの2018年自民党総裁選は、三木氏とは違って全く悪い意味で党内野党体質な石破氏のダメダメぶりと、2016年アメリカ大統領選挙との類似性を指摘していた人もいたけど、マスゴミ偏向報道の根深さを改めて世間に露呈した「消化試合」だったと思います。

https://www.politicalcompass.org/
https://www.politicalcompass.org/test

0919

Photo

いい加減この辺で終わりにしとくけど、上の画像は私が本場ポリティカルコンパスで最近診断したもので、正のポイントが高いほど右派寄り、負のポイントが高いほど左派寄りですが、下はもし安倍総理だったらこういう回答しただろうと予想した上で診断したものです。

世界基準ならば、私は中道左派で、安倍総理はサヨク界隈には稲田朋美氏とか思想が似ている人達共々極右認定されていますが、まあ中道右派でしょうね。(さすがに自民=中道左派政党説は一笑に付すべきだけど、欧米の保守・右派政治家でも安倍総理らよりももっと右寄りな手合いも珍しくはないだろうし)思想は違うし、今までも何度もこのブログでも批判してきたけど、もし私が自由に投票できる自民党員で、安倍か石破どちらか選べと言うのならば非常に不本意だけど、安倍総理に票入れますね。こんなの安倍総理の良し悪し以前の問題だと言うか、安倍総理程度の代わりも見つけられない日本がスゲーなんてあり得ないのも変わりはないけど、石破氏にはポスト安倍すら無理、器じゃない、荷が重いと強く確信せずにはいられないです。マスゴミに媚びる為に憲法改正についての持論も半ば封印していたのも時が経てば石破四条件共々忘れられると思ったら大間違いですよ。

|

« 百人一首の歌人達(24)-15番光孝天皇後編 | トップページ | 埼玉・群馬・栃木県境等訪問記及び栃木県道252・160・173各号旧道走行記(前編) »

自民党」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/74248906

この記事へのトラックバック一覧です: 石破茂もマスゴミも勝敗が変わるわけではないのに見苦しい!!:

« 百人一首の歌人達(24)-15番光孝天皇後編 | トップページ | 埼玉・群馬・栃木県境等訪問記及び栃木県道252・160・173各号旧道走行記(前編) »