« 山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス8/19(第27話)感想-大仕事をやり遂げたヒロ達のつかの間のバカンス、海水浴と・・・・・ »

2018/08/15

今年も迎えた終戦の日、誰が靖国参拝しようがどーでも良いけど・・・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00000109-jij-pol

安倍内閣、中韓に一定配慮=首相と閣僚、靖国参拝見送り

8/15(水) 19:24配信    

    

時事通信

 安倍晋三首相と全閣僚は平成最後の終戦記念日となった15日、靖国神社への参拝を見送った。

 閣僚が一人も参拝しないのは2年連続。中国、韓国との関係改善に向けて一定の配慮を示した形だ。ただ、首相は例年通り、同神社に玉串料を奉納し、政府主催の全国戦没者追悼式の式辞では、先の大戦の加害責任に触れなかった。

 首相は代理人の自民党の柴山昌彦総裁特別補佐を通じ、靖国神社に党総裁として私費で玉串料を納めた。首相は「先人のみ霊にしっかりとお参りしてください。本日は参拝に行けずに申し訳ない」とのメッセージを託した。

 首相は2013年12月に参拝し、中韓両国との関係悪化を招いて以降、参拝は見送っている。同神社には東条英機元首相らA級戦犯が合祀(ごうし)されており、再び参拝すれば中韓両国が猛反発するのは必至。北朝鮮問題をめぐり、中韓との連携を引き続き重視する立場も踏まえた判断とみられる。

 野田聖子総務相は閣僚就任前は例年参拝してきたが、昨年に続き今年も参拝を控えた。15日の記者会見では、中韓との関係を念頭に「昨年は政治状況を冷静に見詰めた上で参拝をしなくてもいいとの判断をした。今年も同様の気持ちだ」と説明した。

稲田元防衛相や小泉筆頭副幹事長らは靖国参拝したらしいけど、何度も言う通り、過去の大戦を正当化等(意見には反対しても、そうしたくなる心情自体は否定はしない)せず、尊い命の犠牲を強いられた方々を忘れず、鎮魂するつもりなら別に政治家だろうが芸能人だろうがニートだろうが、誰が参拝しても何とも思わないです。でも、真珠湾に行った直後に稲田氏が参拝した事について、アメリカに怒られるのが怖かったのかノーコメントな態度取った様ならば安倍総理は他閣僚達共々参拝しないで「正解」だったでしょうね。と言うかまた、安倍総理は最近暴力団との関係も取りざたされていて、これも何故か東京医大不正に立民と国民の議員も関与していた事等共々報道されてないけど、これホントなの?モリカケもあくまで「黒に近いグレー」な感があるけど、佐高信氏風に言えばつくづく「『超』ダーティーなタカ」じゃん、この人って。

今日はご存知の通り、73年目の終戦の日で、NHKスペシャルでもノモンハン事件が取り上げられていた様だけど、戦争関係者が責任取らないで、中にはその安倍総理の祖父やノモンハンに関与した辻政信氏等のうのうと国政に復帰した面々もいた事等について強い嘆きをぶつけていた声も主にツイッターで目にしました。

そもそも昭和天皇その人の戦争責任が問われなかったのが大問題だ!!という様な事を言ってた人もいましたけど、確かにたとえ権限が象徴的であっても、一国の国家元首、大元帥でしたからね。責任が無かったとは言えないでしょう。東京裁判での判決が全て正当性があったとも思えない(朝鮮人だった某陸軍中将なんか立派な人柄だったらしいですしね)し、戦前・戦中を全否定するわけでもないですが、日本を反共の砦にしたい等のアメリカの思惑もあって、公職追放も解除された等戦争責任の清算が不十分だったのは否めなかった。安倍総理の他にツイッター民が挙げていた、甘利、野田、小渕各氏ら政治家の他、例えばスポーツでもサッカーやボクシング、アメフト等不祥事が起きても偉い人達がマトモな責任取らないこの国の悪い体質(アメフトなんか、直接の加害者だった兄ちゃんが一番立派な対応していたもんね)を促進させてしまったような気がしてならないです。改めて。

しかし、その一方でまた、高畑勲氏が亡くなられて、ホントはコナン劇場版を放送するはずが急遽追悼の意味も込めて放送されたから今年はこの時期にもう一度放送したりはしないのだろうけど、火垂るの墓についてですね。

そのツイッター民の一人で「兄妹といじめた親戚ではなく、清太を罵るのが当たり前な日本及び日本人は冷酷で非情だ。」という様な事言っていた人がいて、思想的には「サヨク」(左翼ではない)ですが、まあ私もあの件で清太を非難するつもりはないですよ。よくこの話題もネットではちょっとした論争みたいになっていて、火垂るの墓も実写ドラマおよび実写映画版も見ても、原作は知らないから何とも言えない所はありますが、野坂昭如氏も高畑氏も「誰が悪い」とかのつもりでこの物語を描いたわけではないと思いますよ。

清太・節子は父親が海軍将校だった、良い家柄の子女だったからなおさら何をすれば良いのか分からなかったのだろうし、あの西宮のおばさんだって、もっと丁寧に彼らに教えてあげれば良かったのにと思う一方で、彼女なりにもその時を生きるのに必死だったんだよですが、そういう家出も含めて、何が彼らにそうさせたのか?そしてその何はどうして起きたのか?今後も繰り返されない為にはどうすれば良いのか?とか改めて考えるべきだとも思います。

しかし、この人も正直憲法改正に関する論議とか良い事も言っている反面で、人としてやっちゃいけなかった「アレ」もしでかしちゃったんで、もう何言っても「お前が言うな!!」(まあ大半のサヨク界隈はダブスタ・ブーメランのオンパレードなのだけど)なのであり、戦争と人の生き死にに関わる話だから今回はあまりクドクドは言いませんが・・・・・・・・日頃の言動からもう分かるけど、この人はとにかく日本という国そのものを憎み、日本人全般を「超性悪説」にも当てはめて見下している様だ。それもあまり度が過ぎると自分のご先祖や自分自身をも否定する事になる矛盾にも気づいていない様ですが、別に清太や節子が可哀想だと本気で思っているわけではない。「誰よりも賢く、歴史の真実を知っていて、極悪人(この場合は日本人全般を指す)を退治する社会的弱者に優しいカッケー俺!!」に酔っていて、火垂るの墓もそんな自分の絶対的正義等の誇示(勿論それが理解できない人間は彼にとってはバカ・クズであり、罵倒・排除の対象)に利用しているに過ぎないのですね。どうしてサヨクってこんなダメな手合いばっかなのかなあ、それもどんなにダメでも、結局自民以外の選択肢がない大きな理由の一つじゃないの?だけど。

だからサヨク界隈は平和とか反戦とか責任とか人権とか叫ぶ前に、いくら昨今の政治劣化が甚だしいからと言って、自分達は無関係!!誰よりも賢くて、誰よりも正しい!!な顔するのいい加減止めろよ・・・・・と言っても馬の耳に念仏でしょう。また、案の定政府要人達の靖国参拝を面白く思わない中国・韓国との確執も収まっていない現状も無視できないですが、天皇陛下も述べられた通り、この国特有のサヨクのダメぶりや慰安婦や南京大虐殺の真偽とかとは別に、「深い反省」を忘れず、戦争で夫を亡くされた等つらい過去を思い出されて、泣き出してしまった102歳の戦没者追悼式参加者のお祖母さんとか戦争経験者の方々の記憶も風化してはいけない、この戦争の悲劇と教訓は次世代以降にも受け継がれなければいけないと第一に強く思います。再来年の東京五輪もサマータイムとかボランティアとか戦前・戦中の国家総動員法とかと重なり合うものも感じられて、色々悪い所もありながらも日本人に生まれて良かったと思う一方、この国はオリンピック終わった後も大丈夫なのか?な強い不安も拭えないですが・・・・・・・

|

« 山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス8/19(第27話)感想-大仕事をやり遂げたヒロ達のつかの間のバカンス、海水浴と・・・・・ »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/74040891

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も迎えた終戦の日、誰が靖国参拝しようがどーでも良いけど・・・・・:

« 山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・ | トップページ | ダーリンインザフランキス8/19(第27話)感想-大仕事をやり遂げたヒロ達のつかの間のバカンス、海水浴と・・・・・ »