« チェブラーシカ良いよね!!だったけど・・・・・・・ | トップページ | 今年も迎えた終戦の日、誰が靖国参拝しようがどーでも良いけど・・・・・ »

2018/08/15

山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161751684/

山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

 

山口・2歳男児を発見した男性に「飴玉あげないで!」 相次ぐ批判に「始末が悪い」

(szefei/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

しらべぇ既報のとおり、山口県周防大島町2歳男児で行方不明となっていた事件で、町民一丸となって行われていた捜索活動により無事保護されたことがわかった。

ボランティアの男性が発見したことで無事解決した今回の事件だが、ネット上では「疑問」の声も相次いでいる。

■飴を噛み砕いて食べる

報道によれば、ボランティアの男性は、北東側山中の沢周辺で男児を発見。「ぼく、ここ」と呼ぶ声があり近づくと、男児は裸足姿でしゃがんでいて「ぼく、ここ」と男性を呼んだという。

男性が飴を渡したところ、噛み砕いて元気よく食べたようだ。

■「飴玉あげないで」「2歳には早い」と批判

ネット上では、男性を含め、ボランティアとして捜索に協力した人々の功績を称える声が相次いだ。

しかし、2歳というまだ幼い年齢の男児に飴を食べさせた行為について、疑問や批判の声も。

2歳の子が発見されたニュースを読んでたら、「発見した男性が飴玉をあげるとこどもが噛み砕いて食べた」みたいなこと書いてあって、や、やめて……2歳児に飴玉あげないで……窒息したらどうすんねん……と思ってしもた。発見できたことは素晴らしいし無事でよかったけど。

— えぬ (@enu_m28) August 15, 2018

山口県の子見つかって良かったけど、詳細記事読んでると、見つけたボランティアの男性が発見当時飴玉を与えたって書いてて、2歳なったばかりの子に飴玉!?もっと他に何かなかったん!?って思ってしまった…

— あきりん (@akirin_go7) August 15, 2018

山口県の男の子の行方不明、発見時に飴を差し出したって話だけど、飴まだ2歳には早くね?空腹で飲み込まなくて良かった。小さい飴だったのかな。飴が喉に詰まって亡くなる子以外と多いから、子供の生態、もっと広まれ。

— つぶあん(チームおかん) (@tstbumosuki) August 15, 2018

■神経質な批判に「始末が悪い」

ボランティア男性に批判が寄せられる中、こういった意見に異を唱える声も。「素直に褒めるべき」「なんでも危険と言うのはかわいそう」と同情するコメントが見受けられた。

山口で2歳の男の子が無事発見されたニュース。
ボランティアの男性に感謝や賞賛が止まらんなと思ったら、
「2歳児に飴玉あげるとかどうかしてる」
「せっかく発見したのに飴玉丸呑みして死んだらどうするんだ」
「私なら絶対にあげない」
って気持ちの悪い奴らがわいてて???

— えーさん@伊達巻一本食いしたい (@e_san_1717) August 15, 2018

2歳の子もちゃんと飴玉を噛み砕けているんだし、一応大人(お年寄りでもボランティアやる位だからちゃんとしてると思う)が横にいて食べさせたんだから大丈夫なんだよ。あまり神経質に禁止事項増やして大きくなっても危険予知出来ないで大怪我される方がよっぽど始末が悪い。

— まさちき? (@masachikimini) August 15, 2018

2歳男児が見つかったニュースで、ボランティアの方が見つけた男児に飴を食べさせたというところにつっかかり、「飢えた二歳児に飴って…喉に詰まったらどうすんだ」と騒いでる人たちを見て、ただただ「クソが」という気持ちを押し殺すのに必死の今日。

— 太田 実香 (@0nDeg) August 15, 2018

男児が見つかって嬉しいという気持ちは同じのはず。喜びも批判も数多く寄せられたが、それだけ多くの人がこの事件を見守っていたということだろう。

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ)

どうやら、親父さんが右寄りなのにも反発して余計偏った思想に染まってしまったらしいけど、「近年の日本人はどーでも良い事で怒って、ホントに怒るべき事で怒らない。善悪の判断が狂っているとしか言い様がない!!」という様なツイートしていた某サヨクツイッターを最近見かけました。

何だか最近は彼らの生態をウオッチするのも半ば趣味みたいになっている(苦笑)と言うか、この人も他のサヨク界隈同様自分と異なった考えの人に対してミョーに攻撃的な「悪癖」があって、その他ツッコまずにはいられなかったツイートもいくつもあったけど、このツイートにはまあ同意しますね。そもそも、たった100メートルとは言え、常住している所じゃないのに2歳児を一人で返そうとしたお祖父さんが迂闊だったんじゃないのか?で、その飴がどれほどの大きさだったのかは知らないけど、ちゃんと大人が横で見てたんでしょ?何でそこまで神経質に批判するのか理解に苦しみますね。あなたらはこの子の何なのさ?だけど。横浜銀蝿風に言えば。

まあそういう声も出るのも、今日で終戦73年を迎えた日本がまだまだ平和という事でもあるのだろうし、一時は猛禽類に攫われたのではな声も出ていた様で、3日間炎天下にあって、崖路をウロウロして飲食もしなかったと思われたにもかかわらず、熱中症にもならず(日陰にいたから大丈夫だったのだろうな医者のコメントも聞かれたようだけど)、なのに随分元気な様だから何やら「怪しい」臭いもプンプンしますが、お祖父さんも今回は運が良かったとご自分の中にいるであろう神様に感謝して今後は気をつけてくださいね。改めて事の真相も探求すべきだとも思いますが・・・・・・・・

|

« チェブラーシカ良いよね!!だったけど・・・・・・・ | トップページ | 今年も迎えた終戦の日、誰が靖国参拝しようがどーでも良いけど・・・・・ »

社会」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口・周防大島の行方不明児、無事だったのは何よりだが・・・・・・:

« チェブラーシカ良いよね!!だったけど・・・・・・・ | トップページ | 今年も迎えた終戦の日、誰が靖国参拝しようがどーでも良いけど・・・・・ »