« 剛力彩芽の恋愛はもう「自己責任」な話 | トップページ | 杉田水脈らもダメだが、サヨクも彼女ら以上にダメ »

2018/07/29

ダーリンインザフランキス7/29(第25話)感想-まさに一心同体!!全てを乗り越えてヒロは復活し、ゼロツーと共に戦う!!

0729

先週はまたまた休載となって、ヒロ×イチゴ×ゴローの描き下ろしイラスト等が代わりに公開されていて、それも載せようとしたら、見つからなかった。

まあいいやですが、今週のダリフラ感想です。この叫竜、今までとは数段違うと言うか、ヒロも万事休すでした。あのアニメ版での「陳腐な」ボーイミーツガールはそんなヒロが見た夢という事になっていて(アニメ版もそうだったかな?もう細かい点は忘れちゃったけど)、さすがにその時の話をダラダラ流すなんて愚は犯さなかった矢吹先生でしたが・・・・・・・・

0729_2
100パー本能で動いている様な獣と化していたゼロツー、そんな彼女はもはや最初出会った時の、あの全裸姿でお魚さんも銜えながら泳いでいた彼女とは全く別人(正確には人ではない様だが)に見えました。

0729_3
しかし、そんな彼女の暴走を止めたのはやはりヒロでした。暴走しかかっていた彼女の姿を見て、ヒロはまだ自分が復活するためとかしか考えていなかったけど、ここでゼロツーと自分は一心同体で、相思相愛でなければいけないとつくづく悟った様です。

0729_4
ここで万事休すになりかけたヒロは復活して、周りの反応は様々、特にミツルは複雑そうな表情を浮かべていましたが、また叫竜が変形し始めた!!これ以上変形されたらさらに厄介だ!!な想像は難くありませんでしたが・・・・・・・・

0729_5
0729_6
皆一生懸命に止めようとしたけど、特にイチゴのこのサービスショットも今回必見!!なポイントだったでしょう。どんなピンチでもサービス精神も忘れない矢吹先生らしいです。つくづく。

0729_7
皆これまで色々思う所もあったのだろうけど、そんな皆のサポートもあって、ついにヒロとゼロツーがこの叫竜を必死の一撃で撃破・・・・・・・・したのか?さあ、勝負の行方は?


アニメ版も、円盤売り上げは良かったらしいから2期制作・放送の可能性は十分ありそうだけど、さすがにまた、この矢吹コミカライズ版では特に伏線とかないまま宇宙人が黒幕でした・・・・・・・なんて事は無く、このまま叫竜を倒して終わりなのかな?まあアニメ2期やるにしても、それまでにゴロー役の梅原裕一郎氏が復帰されていれば良いのですが・・・・・・・・銀河英雄伝説でもキルヒアイス役に抜擢されたらしく、ネットではラインハルト役の宮野真守氏等同様厳しい声も少なくない様ですが、昭和末~平成中期のOVA・劇場版はそれこそあの当時の一流どころで出演していない人を探すのが難しくて、俗に銀河声優伝説と評されたほどですからね。(出演してない人は野沢雅子氏とかぐらいか?)誰が主要キャラ面々の声優やっても荷が重いと思われます。

まあ直接関係ない話に深入りしてしまって、アニメ版にはあまり期待はしていないけど、もし2期制作・放送するのならばまた矢吹先生にもコミカライズしてほしいですね。まだこちらの方は完結してはいませんが、良い結末を期待しています!!

|

« 剛力彩芽の恋愛はもう「自己責任」な話 | トップページ | 杉田水脈らもダメだが、サヨクも彼女ら以上にダメ »

矢吹健太朗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73940697

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンインザフランキス7/29(第25話)感想-まさに一心同体!!全てを乗り越えてヒロは復活し、ゼロツーと共に戦う!!:

« 剛力彩芽の恋愛はもう「自己責任」な話 | トップページ | 杉田水脈らもダメだが、サヨクも彼女ら以上にダメ »