« 新装版ロックマンマニアックス上巻感想 | トップページ | 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート »

2018/06/17

吉見百穴等来訪記

今日、梅雨らしくすっきりしない天気が続いていながらも雨降ってはいなかったので、埼玉県比企郡吉見町にある吉見百穴に行ってきました。

Photo
車で2時間強かかって、着いたときにはもう午後4時前でしたが、駐車場近くの建物には山口泰明氏のポスターが。

Photo_2
Photo_3  
入場料300円払って入って、パンフレットも渡されたけど、説明の立て札と吉見町のキャラクターよしみんも出迎えてくれました。


Photo_4
Photo_5
どうやらこの百穴は故人を葬るのに利用された様ですが、さっそくその穴に入ってみました。中はどんな様子だったのかは実際行って感じてみてくださいですが、体感的に22、3度ぐらいだった外よりもヒンヤリしていて、冷たく感じられました。もっと暑い時に涼むのにも丁度良いかもしれませんね。


Photo_6
Photo_7
Photo_8
この百穴は頂上に登る事も出来て、吉見市街や東松山市街も拝めましたが、木が邪魔で、眺めはあまり良くは無かったです。

Photo_9   

Photo_10
Photo_11
Photo_12
その後玄室の形とか色々な説明を見ながら降りて、残念ながら閉鎖されていたルートもありましたが、この吉見百穴はヒカリゴケの自生地でもあり、見えづらいけど、この12枚目の画像左寄りに生えているのが見えました。


Photo_13
Photo_14 

吉見百穴はまた、正岡子規ゆかりの地の一つでもあり、ここで詠んだ句の碑も立っていました。これも知らなかったです。


Photo_15
ここで百穴の見物は終わりでしたが、すぐ近くに松山城跡の史跡があるのも目にしたので、駐車場(なお、午後5時に閉鎖されるので行きたいなあと思った人は注意!!)に車を停めたままそこに向かう事にしました。なお、この15枚目の画像は百穴温泉の看板で、ジンギスカンが名物料理だったらしく随分錆びているなあと思ったら、既に4年前の2014年に廃業となってしまったらしい。


Photo_16

Photo_17
Photo_18
Photo_19   
Photo_20
その途中で岩室観音なる史跡もあったので、そちらも見てみましたが、100パー確証はないながらも平安初期からのもので、戦国期に一度焼失してしまったけど、その後江戸期、徳川四代将軍家綱後期に再建されたらしい。


Photo_21

Photo_22
Photo_23 

そして松山城跡へ。途中ゾウやキリンの模型や、馬の埴輪も目にしたけど、松山城は戦国期、扇谷上杉氏と後北条氏の間で激しい争奪戦が繰り広げられ、歴代城主を務めた上田氏もこの2勢力の間を行ったり来たりしながら生き延びてきたけど、秀吉の関東征伐でその命運も尽き、松平家広が僅か13歳の少年ながら城主になったらしい。名前からしてもしやと思ったら家康の曽祖父、信忠の弟だった信定の玄孫で、徳川宗家とは遠い親戚、秀忠らと同年代だったけど、残念ながら24歳の若さで早世、信定系は桜井松平家とされるらしいけど、その後は異父弟の忠頼が跡を継いだけど、忠頼は間もなく石高も倍増(2.5万→5万石)された上で浜松藩に転封され、城も廃城となってしまったらしい。

Photo_24
Photo_25
Photo_26
案内も当然あって、4枚目左に見える階段を登ってみたけど、まもなく獣道に。しかし、また階段が見えてきてどうやら頂上はもうすぐだ。

Photo_27
Photo_28

曲輪とは城の内外を石垣等で区画した区域の名称の事だけど、400年以上前までは確かにここに城があったんですね。案内図もしっかりありました。

Photo_29
Photo_30
Photo_31

また来た道を通るのも面白くないので、違う道を通って降りる事にして、途中兵糧蔵があったと思われる印も見られたけど、進むにつれて足元が滑りやすくなっていて、気が付いたらさっき見たばかりだった岩室観音にたどり着いていました。年配の人は通らない方が良いですね。私も滑りそうになりました。


これで百穴等吉見町の大きな目玉であろう史跡の来訪は終わりでしたが、帰りに通った県道271号と同5号のそれぞれ旧道と思われる道も通りました。しかし、画像も沢山入れて長くなってしまったので、その走行レポートはまた稿を改めて・・・・・・・・・・・

|

« 新装版ロックマンマニアックス上巻感想 | トップページ | 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート »

旅行・地域」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73701150

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見百穴等来訪記:

« 新装版ロックマンマニアックス上巻感想 | トップページ | 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート »