« 「となりの怪物くん」自体が実写化に値するほどまでの作品じゃなかったという事だろ | トップページ | そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか »

2018/06/03

ダーリンインザフランキス6/3(第20話)感想-もう後には引けない!?ヒロ×ゼロツーの愛の戦い!!そして更なる強力な叫竜現る!!

先週はまたまた本編の話はお休みで、特別描きおろしが数枚公開されただけでしたね。でも、次週は休載しますとか事前告知されてたっけ?何か矢吹先生の急用かなんかで突発的な休載になったのかな?まあそれは良いとして・・・・・・・・・


0603
0603_2
やはりゼロツーを見捨てる事が出来ず、オトナ達に逆らってまでも一緒になろうとしたヒロでしたが、親衛隊、9’Sのフランクス、九式はいかにも超越した強さがありそうだった。


0603_3

実際9’α曰くフルパワーの10分の1も出していないのにこの余裕面しながら、ゼロツーの正体を良く知っている様な発言したけど、猫がゾウに戦いを挑むようなものだは言いすぎか?


0603_4
0603_6
そんな中、一方で叫竜と戦っている第13都市&第26両都市部隊の面々は前者はイチゴはリーダーらしく的確な指示を出していて、ゾロメミツルもそれに上手く応えていて、後者のリーダーな090もその成長ぶりに驚きを隠せていない様だった。


0603_5

0603_7 

ピンポイントで(?)さりげなくまたお色気を見せていたのはいかにも矢吹先生らしいと言えたけど、冷静沈着な印象があった090も驚いていて、どうした?と思ったら、今までよりも断然強力そうな「新手の叫竜」が登場・・・・・・・・・・何だか他の某有名漫画でも聞いた様な表現でしたが、まあそれはどうでも良い。


0603_8

彼らもとんでもない強力な敵と対峙する事になってしまった様だけど、ヒロ×ゼロツーももはや後に引けないところまで行きつきかけてしまっている。もはやこのコンビは一心同体、お互いパートナーがいなくてはいけない様だけど、さあ、果たしてどうなる?



残念ながら休業を余儀なくされてしまった梅原裕一郎氏、代役を立てられた作品も既に数作あるらしいけど、ダリフラはどうなっているのですかね?そう言えば、今週のこの矢吹コミカライズ版でも出番がなく、090は特攻隊員と重なりあうものも感じられると言うか、七賢者達の命令により戦死してしまったらしいけど、ゴローは普通に良い奴なだけにそうなってほしくないですね。

もうアニメ版は見る気ないんで、今どうなっているか知らないし、このコミカライズ版もあと何話続くか知らないけど、ヒロ×ゼロツーのコンビにはこの暗い世界観にも大きな光を刺す様な戦いぶりを見せてほしいものです。繰り返し言う通り、もうここまで来たら後には引けないでしょうしね・・・・・・・・

|

« 「となりの怪物くん」自体が実写化に値するほどまでの作品じゃなかったという事だろ | トップページ | そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか »

矢吹健太朗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73612722

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンインザフランキス6/3(第20話)感想-もう後には引けない!?ヒロ×ゼロツーの愛の戦い!!そして更なる強力な叫竜現る!!:

« 「となりの怪物くん」自体が実写化に値するほどまでの作品じゃなかったという事だろ | トップページ | そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか »