« 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート | トップページ | 遺族じゃなくてもこれには閉口 »

2018/06/24

ダーリンインザフランキス6/24(第22話)感想-ついにクライマックス?すべてを乗り越えてヒロはゼロツーと飛ぶ!!

先週はまた急遽(?)休載となってしまった様ですね。代わりにまた描きおろしイラストが数枚公開されていましたが・・・・・・・・・・

0624

カブトムシのツノみたいなのがトレードマーク(?)な、この新手の叫竜ですが、いかにも強そうです。


0624_2
実際強く、第26部隊のメンバーは090を除いて(?)あっという間にやられてしまった。第13部隊よりずっと経験積んでたはずの彼らがです。

0624_3
0624_4
冷静沈着な印象が強かった090も流石に動揺を隠せなかった所、主人公らしく颯爽とした大活躍を遂げるかに見えたヒロでしたが、ゼロツーとコンビを結成して以来の身体の異変は収まっていなかった!!

0624_5
しかし、それまで翼を無くした鳥だったのが、ゼロツーという新たな翼を得てここまでやってこれたのだから、これしきの事で諦めるわけにはいかない!!どんな結末が待ち構えていようともはやヒロとゼロツーは運命共同体なのです。


0624_6
0624_7
0624_9
そんなヒロの姿を見て、ゴローとイチゴも叱咤またはアドバイスを送った。そしてヒロ以外の人間なんか認めている様に見えなかったゼロツーも珍しくイチゴを褒めた。悪く言えばやや手垢がついていたとは言え、ここらは王道的な展開だったと言えたでしょう。

0624_10

そして終盤の方で、流石矢吹先生こっちの方も忘れていなかったと言うか、またまたイチゴの乳首も拝めてしまったけど、そんなイチゴの想いもヒロに改めて伝わるのか・・・・・・・さあ、激戦の行方は?
   


アニメ版は14話で切ったけど、ネットで知った情報によれば、何の伏線もなく宇宙人が登場して、そいつらがラスボスみたいな流れの話になっているのだとか。「矢吹にアニメの脚本もやらせれば良かったんだよ。」な書き込みも目にして、グレンラガンともしばしば比較されている様だけど、まあ制作スタッフの力量不足だったのでしょうな。普通に。こういう話を聞いた限りでは、やっぱ視聴打ち切って正解だったなあと。

この矢吹コミカライズ版では勿論そんなの無かった事にしたまま終わらすつもりなのだろうけど、ヒロの仲間達、ゴローとイチゴだけでなく、ゾロメやミツルらも登場させて欲しかったかも。特にミツルは今回の戦いでは良い意味で彼らしかぬやる気も見せていたけど、ヒロに突っかかってもいた背景とかも描かれないまま終わるのだろうか・・・・・・・・・・・まあ次週の話では他の仲間達共々登場するのかもしれないけど、さあどうなるのか?ですね。改めて・・・・・・・・

|

« 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート | トップページ | 遺族じゃなくてもこれには閉口 »

矢吹健太朗」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73739738

この記事へのトラックバック一覧です: ダーリンインザフランキス6/24(第22話)感想-ついにクライマックス?すべてを乗り越えてヒロはゼロツーと飛ぶ!!:

« 埼玉県道271号&5号旧道(?)走行レポート | トップページ | 遺族じゃなくてもこれには閉口 »