« そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか | トップページ | ああ、あの「強奪」発言した人が書いた記事か »

2018/06/04

新テニスの王子様第242・243話-「史上最悪のダブルスコンビ?今度もフランスが勝ちか?」

るろ剣も連載再開となったけど、新テニスの王子様7月号の感想です。

日本VSフランス、惜しくも1戦目は日本が敗れてしまったけど、気を取り直してダブルスの2戦目です。元就(毛利寿三郎)は立海OBだけど、どうやら彼と直接共にプレイした事は無いようである赤ちゃん(切原)が詐欺師福山(仁王)に彼の事を聞いていた模様。



201807

しかし、才能はあるけど、練習にはまともに参加しなかった彼を良く思っていなかった後輩面々も少なくなく、特によりによってダブルスコンビの相手である烏丸(柳)は信繁の体調について反応しただけでこの怒り心頭な有様。 烏丸がこんな感情をあらわにしたのは珍しい。


201807_2
201807_3
対するフランスも、早乙女(ジョナタン)はこの漫画のテニス戦士では少数派であろう、年相応のあどけない少年だけど、どうも頼りない。「ウドの大木のように~」も、それ貶してるんだぞと突っ込みたくなったのは私だけではあるまいで、超主観的だけど、どうも見ていてイラついてくる様なキャラですね。他のフランスチーム面々みたいにネタとかにはならないです。


201807_5
対するキオス島(ドラクロワ)の方は良く野球選手もやるペイントを目にしたにやってもいたけど、見かけ通りのDQNで、烏丸にも喧嘩を・・・・・・と思いきや、副部長君(大石)に喧嘩を売っていた様です。この漫画のテニス戦士としては奇跡的に(?)良い人過ぎと言うか、どうも最近なめられていて、特に序盤の扱いの悪さwwwが目立ったデータ君(乾)共々青学メンバーではパッとしない感があるけど、良かったな、相手が超温厚な兄ちゃんで。これがジョジョの仗助だったらもう大変だったぞwww


201807_6
201807_7
バトルが始まっても日本が優勢、相変わらず頼りない早乙女もいやしくもフランス代表の一角なのだから「能ある鷹は爪を隠す」という事なんだと信じたいけど、 特に烏丸はその仗助の父でもあるジョセフ・ジョースターのお株も奪うこの台詞の先読みぶり!!しかし、彼も相変わらず元就には心を開かない。なんせこんな事面と向かって言うほど敵意を抱いているのだから。さあ、ここで今月のテニプリ語録だ!!


「俺は・・・アナタを一生許さない」

201807_8

いくら信繁(幸村)の事を思っていたとは言え、ここまで言ってしまうのはもう尋常じゃない。しかし、元就もいつまでもいい加減な気持ちでいたわけではなかった。彼も確かに自分の実力を過信して、練習さぼっていたのも事実だったけど、それ故の挫折も味わっていた。

201807_9
その相手が月光仮面(越智)で、もう完敗と言って良かったのだけど、リハビリに励んでいた信繁の姿も目にして完全に心を入れ替えた様だ。そしてU-17にも選ばれたけど、やったじゃん!!


201807_10
そして、彼がスポーツドリンク飲んでいた姿を見て、烏丸も感づいたようだけど、信繁のリハビリも陰ながら支えていて、その他後輩たちの姿も見つめていたらしい。元就も普通に良い奴じゃん・・・・・・・・・挫折で一回りも二回りも大きくなって、烏丸もわだかまりはすっかり解けたようだけど、さあこのまま2戦目は日本が勝利をつかむのか?




今回は総括よりも先にミュージカル出演俳優さんへのインタビューについて。部長(手塚)役の青木瞭さんと副部長君役の江副貴紀さんだ!!竹下元総理と誕生日が同じでもある青木さんは見るからにスラっとしている美青年ですが、城田優さんが目標としている役者らしい。そう言えば彼も部長演じた事あったなだけど、数字に弱いありがちな弱点も抱えている一方で普段持ち歩いているものからお洒落かつマメな性格である事も伺えた。部長とは努力家な所は共通している反面統率力は及ばないと客観的に比較してもいたけど、これからは部長の良い点ももっと真似してほしいものである。油断せずに行こう!!

江副さんの方はワンピースエンターテイメントという事務所所属らしいけど、創立者はワンピースのファンなのか?HPもちゃんとあって、所属タレントは彼以外も知らない人ばかりだったけど、目標としている人物は山﨑賢人さんとの事。これはまた若い人を挙げたね~歳いくつなのと思ったら、まだ先月に二十歳になったばかりなんだね!!中川大志さんとかと同年代でもある様だけど、いつか彼とも共演できると良いね!!高橋一生さん系の顔しているイケメンな彼だけど、みそ汁の具材を持ち歩いていて、レッスン着もみそ汁のイラストが描かれているのを着ている意外な一面も見られた。

まあ二人とも今後も頑張って下さいですが、肝心の本編の話は元就×烏丸コンビがわだかまりが解けて、お互い絆を深めていったのは良かったけど、過去エピソードの挿入を多用しすぎですね。最近。それと、対するフランスの、キオス島×早乙女のコンビですね。後者もどうやらタカさんみたいにラケットを握ると性格が変わるわけでも無い様だと言うか、前述通り「能ある鷹は爪を隠す」とかを信じたいけど、前者も亜久津の下位互換みたいなキャラで、他のフランス代表面々が色々ぶっ飛んでいるwwwだけにどうも物足りなさを感じます。喧嘩も副部長君みたいな手痛い反撃なんかしなさそうな人に売ってましたしね。


しかし、掲載順も高かったとは言えなかったけど、そこはわれらが許斐剛大先生、勿論このフランス戦も史上最強(最狂の間違いかww)の笑劇となる事間違いなしと言うか、我々テニプリファンの予想を上回る展開が絶対待っていると思います。それでこそテニプリなのです。許斐大先生も頑張れ!!大谷翔平選手が、左腕を打てない弱点も露呈して勢いが落ちてきた所にタイミング良く(?)デビューし、親の十四光でゴリ押しされまくっているKokiという小娘にも対抗だ!!真のアーティストは誰なのか今思い知らせるべき!!2018年ももう少しで半分終わるけど、大先生もテニプリも飛躍し続ける!!これも間違いない!!

|

« そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか | トップページ | ああ、あの「強奪」発言した人が書いた記事か »

テニプリ・許斐剛」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73621793

この記事へのトラックバック一覧です: 新テニスの王子様第242・243話-「史上最悪のダブルスコンビ?今度もフランスが勝ちか?」:

« そして今度はKokiが新たなマスゴミがヨイショする対象となるのか | トップページ | ああ、あの「強奪」発言した人が書いた記事か »