« ダーリンインザフランキス5/20(第19話)感想-ついに決断!?ヒロとゼロツーのコンビ再結成と行方を阻むもの!! | トップページ | うぐいすライン等走行レポート »

2018/05/23

安倍政権支持率を下げるにはどうすれば良いかって?難しくないよ、まずリベラルが自分達の「ダメぶり」を良く認識する事だ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00000032-sasahi-pol

田原総一朗「麻生舌禍、柳瀬虚偽でも安倍支持率が下がらない理由」〈週刊朝日〉

5/23(水) 7:00配信    

    

AERA dot.

 柳瀬唯夫元首相秘書官の国会招致、麻生財務相のセクハラ問題発言などに揺れた安倍政権。ジャーナリストの田原総一朗氏は、そうした問題が続出しても支持率が下がらない背景を語る。

*  *  *
 前回、私は5月10日の衆参両院の予算委員会に参考人として出席した柳瀬唯夫元首相秘書官の答弁について、国民の誰もが虚言だと捉えているのではないか、と書いた。中村時広愛媛県知事の怒りの抗議が、ますますその思いを強くさせ、柳瀬氏批判が高まっているが、私はむしろ柳瀬氏に同情している、とも書いた。彼はひたすら安倍首相を守るために、虚言を繰り返していたからである。

 その批判について安倍首相は、柳瀬氏は正直に語っていると全面的に認め、彼が首相に報告しないのは当然で、途中段階でそのような説明を受けることはほとんどない、と言い切った。獣医学部新設を政府に申請している加計学園の願いを聞くことを“そんなヒマはない”と言い切る安倍首相の言葉が事実だとすれば、安倍首相の判断力は相当おかしくなっているのではないか。

 さらに森友学園疑惑だが、財務省が国有地売却についての決裁文書改ざんを認めたとき、私は当然、麻生財務相は責任を取って辞任するものと思っていた。自民党の何人かの幹部たちに確かめたが、誰もがそう思うと答えた。

 ところが、麻生財務相は辞任しなかった。それどころか、最近「文書改ざんは一部の人間が勝手にやったことだ。こういうことはよくある話である。だから、組織としての財務省はまったく責任がない」という、理解しがたい発言をした。とんでもない発言だ。それだけではない。麻生財務相はこのところ、福田淳一前事務次官のセクハラ問題でも、わざわざ国民の反発を呼ぶような発言を繰り返している。こんな失言を繰り返している麻生財務相を、なぜ安倍首相は擁護し続けているのか。

 とにかく、安倍内閣では国民の不信を買う問題が続出している。

だから私は、当然支持率が大きく落ちるだろうと予測していた。ところが、4月29日に日経新聞が発表した安倍内閣の支持率は、なんと43%とあった。もっとも、日経新聞はアベノミクスに肯定的なので、こういうこともあるのか、と捉えたが、5月12、13日に実施された共同通信の世論調査では、前回の4月の調査よりも、安倍内閣の支持率が上がっているのである。前回は37%であったのが、今回は38.9%となっている。そして、自民党の支持率も前回よりも微増ではあるが上がって、37.1%である。

 これはどういうことなのか。こんなに問題が続出しているのに、なぜ支持率が上がっているのか。

 野党6党は、麻生財務相の辞任など4項目を政府に要求して、国会の審議を拒否し続けてきた。ところが、要求は何一つかなえられていないのに国会に出席することになった。これ以上拒否し続けると、国民の反感を買うのではないかと自信を失ったのだろう。野党には政権奪取の意欲が感じられない。

 そして、何より問題は自民党だ。

 かつて自民党には主流派、反主流派、非主流派などがあり、主流派と反主流派の間で激しく、リアリティーのあるダイナミックな論争が繰り返された。その意味で自民党は、自由で民主的な政党であった。選挙制度が変わったためもあり、現在ではほとんどの自民党議員が安倍首相のイエスマンとなり、論争の類はほとんどなくなった。自由でも民主的でもなくなってしまったのである。

 これをどのように捉えればよいのだろうか。

まず最初に言っておきたい事があります。今回のエントリーは愚痴話になってしまうので、そういうのが嫌な人はスルーして読まない事を勧めます。

https://news.nifty.com/topics/yomiuri/180523243842/

そういう注意した上で話しますが、私は今年に入ってからは態々このブログで話すまでも無い事はniftyニュースのコメント欄で一言コメして、今日はこの安室ちゃんが沖縄県民栄誉賞を受賞した話等についてコメントしましたが、先々週12日の事ですね。

立憲民主の枝野代表が「自民に会期中に踏み絵を踏ませる。」と発言したニュースについて、私は「まず辻本氏を役職から外しましょう。それだけでもいくらかは違います。決して安倍政権を擁護するわけではないですが、モリカケ追及ばかりに力を入れていても支持は得られません。」とコメントしました。すると、反論のコメントがきて、ただ事実誤認であると反論しただけならまだしも、「お前は中立ぶって、政権支持に誘導しようとしているクズだ。」とまで罵倒されちゃったんですね。

そこまで言われたら私も聞き捨てならないと言うか、「私は自民批判の受け皿になってほしくて改善案を述べただけです。それも理解できないで過剰にかみついた貴方こそクズだ。ネトウヨとかと同じだよ。」という様な反論しました。そしたら、そいつストーカーみたいになって、猪狩ともか氏とか香取慎吾氏とか別の政治とは全く関係ないニュースのコメント欄でもモリカケ追及云々の話を蒸し返して、再び私をクズだと罵倒し、他にも私が皇室関連ニュースで小室圭氏を批判した事共々告げ口もしたんですね。その後他の政治ニュースコメント欄でも数回コメントしたのですが、こいつ以外の数人の匿名にエセ中立だとか非難されましたね。確かに「モリカケの追及ばかり」は事実誤認だったかもしれない。私にも落ち度がなかったとは言いません。しかし、パワハラもセクハラもしたわけでもなければ、その他相手の名誉を著しく傷つける様なデマを飛ばしたわけでもないのに、何でそこまで言われなければならないのかなあと。最初にクズだと罵倒した奴には「私だって安倍総理なんかさっさと辞めてほしいとか思っているんだ。」とか「自民支持者ではなく、選挙ではしょうがないから大抵共産党に票を入れているんだ。」(特に参議院選は2007年以外は全て共産党に入れている)とか何度も政権寄りの人間じゃないとか説明しても分かってもらえなかったですね。もう自分の歪んだ解釈をして、思いこんだ事だけが絶対的に正しいと言った感じで。

https://togetter.com/li/1222872

これは、彼女は私の好きな声優さんの一人でもあるけど、緒方恵美氏のGW前半の、国会審議を拒否する野党の姿勢を疑問視するツイートに対する他の、リベラルだと思われるツイッター達の反応及びその反応についてのネットでの意見をまとめたページですが、まさに「これはひどい」ですね。

なにがひどかったのかと言うと、緒方氏に対するツイッター達のバッシングです。まあ緒方氏も炎上後のあの言い訳はちょっと拙かった。緒方氏らしくなかったけど、特にアカウント@so6287の反応ですね。この人はちょっと前には表現の自由の大切さとかを訴えていたくせに「声優風情が知識人ぶって政治の話をするな。」とか「どうせ彼女は高卒かFラン大学卒だから」(実際は東海大学中退)とか平然と職業・学歴差別発言していたのには噴飯もの(本来はそういう意味じゃないらしいから語弊のある言い方だけど)でしたね。

職業や学歴にも関係なく、政治でも各々言いたい事が言えるのが民主主義なのではないですか?ですが、この人は会社員で法務担当らしい。勿論法務もその分野での高い専門性とかがないと出来ない仕事なのだろうけど、この人がノーマルかハードモードでプレイしているのなら、緒方氏ら一般的にその分野で一流と評価されている声優さん達はベリーベリーハードモードでプレイしているのですよ?しかも解雇される可能性も低いであろうこの人と違って、ギャラは低く、同年代のサラリーマンより低年収な人だって珍しくなく、またどんなに一流でも10年後、20年後も同じ様に売れている保証なんか無い。緒方氏同様常に第一線で活躍されている大塚明夫氏だって、自著(私も買って読みましたが)で「声優だけはやめておけ」と謳っていたほどだ。別にファン止めるのもアニメを見る見ないも勝手だけど、この人は声優という仕事に対してあまりに無知・無理解すぎますよ。過去1ヶ月分のツイートをざっと見て見たら、それほど政治的な話は多くなく、専門的知識について語っているブログもやっているらしいけど、小林よしのり氏のゴーマニズム宣言の画像をまじえながら「立憲民主はネトウヨと繋がっているから、票は入れない。」とか嘯いていたほどだったから政治的スタンスはおそらく左派または極左なのであり、私も彼から見たら間違いなく右派なのでしょう。(立憲民主だって、枝野氏とかは中道かもしれないけど、辻本氏みたいな左派だって少なくないだろうに)

https://www.change.org/p/%e5%ae%89%e5%80%8d%e6%99%8b%e4%b8%89%e5%86%85%e9%96%a3%e7%b7%8f%e7%90%86%e5%a4%a7%e8%87%a3-%e9%81%8e%e5%8a%b4%e6%ad%bb%e5%90%88%e6%b3%95%e5%8c%96-%e6%ae%8b%e6%a5%ad%e4%bb%a3%e8%b8%8f%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%8a%e3%81%97%e6%b3%95%e6%a1%88-%e9%ab%98%e3%83%97%e3%83%ad-%e3%81%ae%e6%92%a4%e5%9b%9e%e3%82%92%e6%b1%82%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%99?utm_medium=email&utm_source=petition_signer_receipt&utm_campaign=triggered&j=319113&sfmc_sub=379144541&l=32_HTML&u=57423153&mid=7233052&jb=421694

別に緒方氏のこのツイートに強く同意するわけでもないです。だからやって良いわけでもないけど、自民だって野党時代に審議拒否した事あったし、自分達の要求が通るほどの実力とかあれば、いくらでもしたって良いでしょう。しかし、現実は野党の要求は何一つ通らないで18連休とかネットでも揶揄されて、再開に応じる羽目になったのではないですか?野党もアテにならないから、この高度プロフェッショナル制度撤回運動にも今日署名して、お金もわずか1000円ながらも寄付しましたが、政治的スタンスが右派だろうが左派だろうが国会運営に疑問を呈する事自体もそんないけない事なんですか?私はハッキリ言ってネトウヨなんてこの世でも最も嫌いな人種の一つですが、このツイートをもって、緒方氏もネトウヨだとか、悪の手先だとか、安倍昭恵と顔も思想も似ている(これは@so6287の5月3日付のツイートによる)とか飛躍し過ぎだろですよ。彼女はその後の言い訳はやや拙劣でも、ツイート自体はそんな叩かれる様なものじゃなかったでしょ。違うかね?

http://www.mag2.com/p/news/327377
http://www.mag2.com/p/news/327377/2
http://www.mag2.com/p/news/327377/3
http://www.mag2.com/p/news/327377/4


これは昨秋の衆議院総選挙直後に投稿した、宮脇睦という人のいかに日本のリベラルとされる人達がダメなのかを指摘した記事です。宮脇氏も正論とか右派・保守系雑誌で主張している人だから100パー鵜呑みにするつもりはないですが、概ね「ああその通りだよなあ。」と納得させられた記事ですね。

まず立憲民主に寛容性がないのがその通りですね。今日も職場食堂のTVをつけて、昼食取ろうとしたら、福山幹事長の怒りドアップの顔が映っていて、亡くなったばかりの人(高畑勲氏とか岸井成格氏とか)も自分達の偏った主張を押し付ける為に利用するリテラ等共々安倍政権を親の仇よりも憎いと言わんばかりに非難していたけど、辻本氏とは別の性質でウンザリさせられて、飯も不味くなりそうでした。(苦笑)

こういう人もいる党なのに自民批判の受け皿になってほしいとまだマジで思っていた私はつくづく優しい人間なのだろうとかはまあ自惚れというものなのでしょうが、「彼らに耳の痛い言葉には即座に罵倒と中傷が投げかけられます。」とか「言論の多様性などそこにありません。対立意見への寛容性も、都合の悪い指摘にたいして目をつぶると言うことをせずに攻撃してきます。反論のつもりが論拠を示さず、罵倒語だけを投げつけます。」とかリベラルまたは左派であると自覚しているか否かは別として、前述の、私をクズ扱いまでしたniftyニュースコメント欄での匿名投稿者とかにほぼ見事当てはまるし、緒方氏の、ただ国会運営のあり方に疑問を呈したに過ぎないツイート(繰り返し言う通り私自身は審議拒否するなと言うつもりは無いが)に鬼の首を取った様に嚙み付いてきたツイッター達にも当てはまるでしょう。

今度発売されるファイティングEXレイヤーでもストリートファイターEXシリーズの七瀬に相当するのであろう紗波音を演じられた緒方氏も災難だったなあ、薙刀で蹴散らすわけにもいかないからなあ~としみじみ思ったけど、自分も実際この緒方氏と似た様な目に遭って、いかに日本のリベラル・左派とされる人達が嫌われていてダメなのかを改めて認識せざるを得なかったです。


もうniftyニュースコメント欄で政治の話をするのは止めるつもりで、もしまた関係ない分野でのコメント欄で蒸し返されたら、「あなたがそこまで言うなら、全く不本意ながら『モリカケ追及ばかり』は事実誤認だったと認める。しかし、それだけじゃない、他にも色々与党の暴走を食い止めているのであろう野党がホントに有能だったら、どうして野党の支持率上がらないんだい?無党派層が自民の支持者よりも多いんだい?こんな事実誤認した見識の無い私にも分かりやすく納得のいくような説明してよ、マスコミの偏向報道のせいとかは無しでね!!」とか反論するつもりですが、そういう悪い意味で日本特有なリベラル・左派の人達のダメぶりが、ネトウヨやネトウヨを中心にウケている右派文化人とかもっとダメな人達を生み出す大きな温床の一つになっているんだよ。あなた達はそうやって自国を良くしようとしているつもりなのだろうけど、実際は逆の事をしている。(そう言えばまた、先週18日には少し前には「みんなに愛される」とか頓珍漢な事言っていた吉川社民党幹事長がペヤングの異物混入事件及びその後の再発防止策を引き合いに出して、働き方改革関連法案成立の為の労働時間調査の杜撰さとかを批判していた様だけど、あなたら政治家先生なんてペヤングなんか普段食わないだろ(苦笑)、私も腹に大してたまらない割にはカロリー高いからあまり食べた事は無いけど、職員をリストラした
だけでなく、拉致問題とか痛恨の失策に対しても真正面から向き合わず、清算しないおたくらが社会的弱者の味方面しても説得力なんかない。何でこの様な人が社民の4人しかいない国会議員の1人なのだろうかとも思いましたが・・・・・・・・・・・)

https://twitter.com/sharenewsjapan/status/990830515098812418

別のある人のツイッターでは、緒方氏の発言について擁護している人が殆どなのはまだ救いも感じたけど、確かに特に第四次以降の安倍政権は色々酷いよ。下手すれば民主党政権の事も笑えないレベルだろう。モリカケ追及もするなとは決して言わない。寧ろドンドン悪い膿を出して、嘘ばかりついている安倍総理その人にもさっさと辞めてほしい。そしてその次は保守は保守でももっと穏健な保守である人に総理やってほしいけど、そんなリベラル・左派の人達も安倍政権がどうだこうだよりもまずそういう自分達の何がダメなのかを正しく認識して、それを直して、どんなに思想が違う相手の主張でも良い点は認められる「大人」にならない事にはどうしようもない。まあでも無理だろうな。緒方氏を叩いたツイッター達も日大アメフト部の前監督ら共々反省の念なんてこれっぽっちもないだろうしね。

|

« ダーリンインザフランキス5/20(第19話)感想-ついに決断!?ヒロとゼロツーのコンビ再結成と行方を阻むもの!! | トップページ | うぐいすライン等走行レポート »

国内・世界政治一般」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1159637/73541315

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権支持率を下げるにはどうすれば良いかって?難しくないよ、まずリベラルが自分達の「ダメぶり」を良く認識する事だ:

« ダーリンインザフランキス5/20(第19話)感想-ついに決断!?ヒロとゼロツーのコンビ再結成と行方を阻むもの!! | トップページ | うぐいすライン等走行レポート »